2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【隷属】もてあそばれて悪の虜に11【MC】

1 :名無しさん@ピンキー:2010/01/25(月) 23:34:50 ID:???
キャラが悪の手先の手によりHに屈服させられるシチュエーションのスレです
キャラは版権でもオリジナルでも構いません。
シチュエーションがシチュエーションなのでロールに入る前にお互いの希望を確かめ、お互いを尊重し合いましょう。

前スレ
【隷属】もてあそばれて悪の虜に10【MC】
http://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/erochara/1253711975/

注意事項
・合意なく相手を殺さない
・相手の嫌がることはしない
・アラシ、叩きは華麗にスルー
・相手のいない名無しの待機

版権キャラはプロフは使用しなくても構いませんが希望とNGだけは有ったほうが良いかも知れません。
オリジナルは必須
【キャラ名】
【原典】
【容姿】
【性格】
【備考】
【希望】
【NG】

2 :名無しさん@ピンキー:2010/01/26(火) 00:24:38 ID:???
即死回避

3 :名無しさん@ピンキー:2010/01/26(火) 04:57:40 ID:???
復活おめ

4 :名無しさん@ピンキー:2010/01/26(火) 13:08:52 ID:???
>>1


5 :名無しさん@ピンキー:2010/01/26(火) 15:56:32 ID:???
明乃採子と書くとなんだか萌キャラっぽい。
そして回避。

6 :名無しさん@ピンキー:2010/01/26(火) 18:01:08 ID:???
即死回避

7 :リリィ ◆igWWVBiVl. :2010/01/26(火) 22:43:06 ID:???
【キャラ名】リリィ・シアフィールド
【原典】DUEL SAVIOR
【容姿】赤く長いポニーテールにマント
【性格】強気で割と短期。責めされると弱い
【希望】強姦、輪姦、拘束プレイ、異種姦
【NG】ショタ相手、汚物関係


>>1乙とはじめまして、待機するわ】


8 :名無しさん@ピンキー:2010/01/27(水) 23:18:57 ID:???
誰か来ないかなと思いつつ、即死回避。

9 :名無しさん@ピンキー:2010/01/27(水) 23:27:42 ID:???
即死回避

10 :春麗 ◆ukJUlUiNGk :2010/01/28(木) 00:21:24 ID:???
【コスはスト2仕様で】
【力負けしたり不意打ちから犯されたりが希望よ】

11 :名無しさん@ピンキー:2010/01/28(木) 00:25:25 ID:???
前来てた春麗とは違うのか

12 :春麗 ◆ukJUlUiNGk :2010/01/28(木) 00:27:25 ID:???
>>11
【別人だけど?】

13 :春麗 ◆ukJUlUiNGk :2010/01/28(木) 00:57:43 ID:???
【とりあえず落ち】

14 :キュアドリーム ◆iCYVqz88zw :2010/01/29(金) 21:34:02 ID:???
大いなる希望の力、キュアドリーム!!

15 :名無しさん@ピンキー:2010/01/29(金) 21:52:43 ID:???
>>14
どんな調教されたいの

16 :キュアドリーム ◆iCYVqz88zw :2010/01/29(金) 21:56:53 ID:???
>15
こんばんはっ!!
うーんと、コワイナーみたいな人外に捕まってやられまくるとか
仲間を人質にとられて羞恥プレイとか…かな?

17 :名無しさん@ピンキー:2010/01/29(金) 22:04:17 ID:???
>>16
ふむふむ、それじゃ希望する展開は大雑把にどんな感じだろ
場所的に展開は大まかに2パターンあると思うんだ
快楽の虜となり、奴隷になるパターン
悪堕ちして悪の戦士になるパターン



18 :キュアドリーム ◆iCYVqz88zw :2010/01/29(金) 22:07:17 ID:???
>17
そのどっちかだったら、奴隷の方かな?
悪の戦士にはなれそうにないし…

今日はちょっと時間がなさそうだから、また改めて時間が取れた時に来てみるね!

19 :名無しさん@ピンキー:2010/01/29(金) 22:10:14 ID:???
>>18
お疲れ様

20 :名無しさん@ピンキー:2010/01/30(土) 16:27:46 ID:???
モンスターを植え付けられた後乗っとられたり同化して悪に転身する正義の少女をぼしう
保守も兼ねて

21 :オクタヴィア ◆EQaOuVPb/6 :2010/01/30(土) 20:38:32 ID:???
【キャラ名】オクタヴィア ◆EQaOuVPb/6
【原典】ティアーズ・トゥ・ティアラ
【容姿】金髪ストレート、ブルーアイ 
【性格】プライドの高い戦士
【希望】陵辱、緊縛、奴隷調教、スカトロetc
【NG】殺害、過度の暴力、猟奇

22 :名無しさん@ピンキー:2010/01/30(土) 21:02:42 ID:???
りっちゃん!りっちゃんじゃないか!

23 :名無しさん@ピンキー:2010/01/30(土) 21:05:02 ID:???
箱入り娘きたこれ

24 :オクタヴィア ◆EQaOuVPb/6 :2010/01/30(土) 21:08:25 ID:???
【お相手希望の方がいらっしゃらないようなので落ちます】

25 :名無しさん@ピンキー:2010/01/30(土) 21:10:11 ID:???
いやまぁ、お相手希望なんだけど
帰ってしまったなら仕方ないな

26 :名無しさん@ピンキー:2010/01/30(土) 21:14:34 ID:???
そこで聞き返せないマグロ待機の時点で期待出来ないし
好きなキャラなのに残念だ、中身がこれが演じてしまってるのが

27 :名無しさん@ピンキー:2010/01/30(土) 21:42:37 ID:???
半分オリジナルみたいになっちゃうけど、
モンハンとかで付き合ってくれる人いるかな…?

28 :名無しさん@ピンキー:2010/01/30(土) 21:45:03 ID:???
モンハンは衣装=キャラみたいな感じだからなー
でも、イイんじゃないの?

29 :リン ◆pt1aJzUZJM :2010/01/30(土) 22:10:03 ID:???
よぉし、待機してみるねっ!

【名前】リン
【原典】モンスターハンター
【容姿】キリン装備/グライメドゥーサ
【性格】元気で素直な性格。子供の頃、教われてた自分を助けてくれた狩人に憧れ、狩人になった。
    依頼も、困っている人を助けられるような依頼を優先的に受けている
【希望】狩人や武器屋に罠に嵌められて、調教・洗脳されて、奴隷猟師になったり
    装備した防具とかから侵食されてモンスターの手下になっちゃったり…とかを希望するよ
【NG】スカトロ


30 : ◆GWXbr5ty52 :2010/01/30(土) 22:40:18 ID:???
>>29
他の狩人にハメられて…って感じでお願いしていいかな?
一緒に狩に出て、食べ物に薬を盛られてといった流れで

31 :リン ◆pt1aJzUZJM :2010/01/30(土) 22:41:49 ID:???
>>30
うん、ボクの方こそ、よろしくお願いします!

32 : ◆GWXbr5ty52 :2010/01/30(土) 22:42:42 ID:???
>>31
よろしくお願いします。書き出しはどっちから?

33 :リン ◆pt1aJzUZJM :2010/01/30(土) 22:51:04 ID:???
>>32
うーん、お願いしちゃってもいい?


34 :ガル ◆GWXbr5ty52 :2010/01/30(土) 22:55:12 ID:???
>>33
【了解です】

よーし、肉が焼けたぞー
(ある依頼のために一時的にリンと組んだ男)
(食事のために肉を焼いていたが、こっそりとリンの分にだけ)
(体の筋肉を脱力させ、抵抗力を奪う薬を仕込んでおいた)

がっつり食わないとこの先続かないからな。
遠慮なくいってくれ。
(そう言って自分の分の肉をむしゃむしゃと食べ始める)

【簡潔ですがこんな感じでお願いします】

35 :リン ◆pt1aJzUZJM :2010/01/30(土) 23:07:40 ID:???
>>34
え、もう焼けたの? 早いなぁ、流石だねっ!
…でも、お腹も空いてきてたし、丁度いいや!
(肉が焼けたと聞くと、あわてて走って行き)

えへへっ、それじゃ…遠慮なくっ。
いただきますっ…んっ…んくっ…うんっ、おいしい!
(肉にかぶりつくと満面の笑みを浮かべ)

でも…組んでくれるなんて、ボクちょっと意外だったかな。
こういう人助けみたいな仕事、キミは嫌がるかなって思ったんだけど。
ババコンガ相手じゃ、余り高い素材は取れないし…
(肉をほおばりながら)

【こっちこそ、よろしくねっ】

36 :ガル ◆GWXbr5ty52 :2010/01/30(土) 23:11:43 ID:???
>>35
ははは、俺をどんな奴だと思ってるんだ。
俺はこういう仕事は嫌いじゃないぜ。
(豪快にむしゃむしゃと肉を平らげながら)
こんな可愛い子と一緒に出来る上に

……その子を食っちまえるんだからなあ
(意味深ににやりと笑みを浮かべると)
そろそろ薬が効いてきたんじゃないのか?
(リンの意識ははっきりしているが、手足が鉛のように重くなり)
(姿勢を保つのも困難な程に全身の力が抜けてゆく)

37 :リン ◆pt1aJzUZJM :2010/01/30(土) 23:18:59 ID:???
>>36
えーと、割と欲望に素直って言うか、
人助けみたいなのって余り興味ないのかなぁって…。

かっ…かか、可愛く、なんて、ないよ…
元々、可愛くなんてないし…
モンスターを追ってばかりだから、肌とか傷だらけだし、
手も荒れ放題だし…
(肉を取り落としかねない勢いで、しどろもどろになって慌て)

え? くう?
(男の意図はわからなくても、その笑みに本能的な恐怖を覚え)

じょ、冗談、だよ、ね…?
薬だなんて、そんな…
(今度こそ手から肉が零れ落ち、それどころかリン本人も尻餅をついてしまい)
(手足に力が入らないという現実に、思わず後ずさりをしながら)

38 :ガル ◆GWXbr5ty52 :2010/01/30(土) 23:25:01 ID:???
>>37
確かに人助けなんか興味ねえなあ。
興味あるのは女と金ぐらいのもんだ。

冗談でこんな事しねえよ、ハハハ
(笑みに邪悪なものが入り混じり始め、リンににじり寄る)
リンは知らないだろうが、俺はこうやって有望な女ハンターをひっかけて
金持ってる好事家に奴隷として売り飛ばす仕事もやってるのさ
(リンの手をぎゅっと握って引きずっていく)

ちょっと待ってろ、これぐらいは敷いてやるからな。
(厚手の毛布を地面に敷いてその上にリンを寝かせる)
さあ、みっちり調教してやるからな、覚悟しろよ、リン
(リンのふとももに指を這わせながら撫で回し)
(様々な薬や道具類の準備を整えていく)

39 :リン ◆pt1aJzUZJM :2010/01/30(土) 23:39:49 ID:???
>>38
や、やっぱり…
キミと組もうとしたボクが馬鹿だったんだな…
こ、このっ…はなせぇっ!
(男に抗おうとするが、薬の回った体は赤子ほどの力もなく)
(簡単にずるずると引きずられ)

きゃっ…
…っ、くぅ…うぅ…!
(男に良いようにされる屈辱と、女の子らしい悲鳴を上げてしまった恥辱に)
(幼さの残る白い顔を真っ赤に染め)
や、やめろっ、変態痴漢強姦魔ッ!
お前なんか、お前なんか、これ、でッ……くあぁっ!
(咄嗟に引き寄せた愛剣で男に切りかかろうとするが)
(薬で力が入らない上、太ももを撫でられる感覚に力が抜けてしまい、剣は地面に乾いた音を立てて落ち)

40 :ガル ◆GWXbr5ty52 :2010/01/30(土) 23:47:30 ID:???
>>39
おっとと危ない危ない…こいつは預かっておくぜ
(リンの愛剣を奪うと、手の届かない遠くへ放り投げる)

あんまり暴れるなよ、大事な体なんだからさ。
(リンのおっぱいをぐにゅ、ぐにゅ、と揉み潰して感触を味わう)
いい乳房だ…俺に絶対服従する淫乱奴隷狩人になってもらうぜ
(おっぱいを揉みながらどろどろの液体をリンの胸にかける)
(液体は服に染み込み、リンの乳房に浸透しながらじわじわと効果を現す)
(本来大型の生物に使う程の強烈な媚薬がリンの乳房を敏感にさせていき)
(胸を中心にリンの体を発情状態にさせていく)
さて…どんな感じだ?ん?並の女なら1分に10回以上気をやるほどの媚薬だ。
そんな薬塗れにされた上にもみくちゃにされてたまらんだろう?ハハハ!

41 :リン ◆pt1aJzUZJM :2010/01/31(日) 00:01:03 ID:???
>>40
あっ…こ、このぉ…!
許さないっ…薬が抜けたら、ギタギタにしてやるからっ…!
(苦労して作った愛剣を放り投げられ、恨めしそうな目でガルをにらみ)

ぐっ…ぅ、く…やめろ、触るなッ
い、痛っ…ぁ…あぁ…あ? 
な、何、これ…うく、くぅ、ああっ、はぁっ!?
(胸を揉まれ、痛そうに眉をしかめていた顔が)
(薬が回ってくると、その未知の快感にとろけて行き)
ひ、ひぐっ…ぅ…こ、こんなものぉ…!
毒なんかで、ボクをどうこうできると…ふあ、ああっ…!!
(残った理性をかき集めて、男に抵抗しようとするが)
(薬に犯され、体は勝手に熱く敏感になって行き、桜色の唇からは厚い吐息が漏れ)


42 :ガル ◆GWXbr5ty52 :2010/01/31(日) 00:08:36 ID:???
>>41
そんな強気な事を言っても無駄だぞ。
薬はあと半日は抜けないからな、我慢できるものならしてみろ。
じゃあ、足を広げろ。こっちにも媚薬をかけてやるからな
(そう言って無理矢理足を広げたポーズにすると、股間にどろどろと媚薬を降り注がせる)
(…だが、股間に薬をかけた後は全くそっちに触れることなく乳房を弄り続ける)

いい感じだな。おっぱい弄られて気持ちいいだろう?ん?
それじゃあ、お前のおっぱいを拝ませてもらおうか。
(そして、胸部の服をぐいっと押し上げて下からリンの乳房を露出する)
くくく…このおっぱいも極上ものだな。涎がとまらねえぜ
(直接乳房をこね回し、乳首を押し潰したり捻ってみたりと弄び)
(リンの乳房が玩具にされ続ける一方で)
(媚薬まみれにされた秘穴は放置され続け、薬がもっとも敏感な粘膜に浸透していく)

43 :リン ◆pt1aJzUZJM :2010/01/31(日) 00:23:17 ID:???
>>38
半日っ…!?
そんな長い間、こんなの、されっぱなしになったら…
(予想よりもはるかに長い薬の効果時間に目を白黒させ)

くっ…ううっ…やだ…こんな、格好…
くそ、だめ…力入らなくて、閉じられないッ…
(股を開いたまま固定され、羞恥の色に顔面を染め上げ)

き、気持ちよくなんか、ないっ…
キミみたいな変態の卑怯者にされたところで
気持ち良くなんか絶対になってやらな…ぃっ…あぁ…!
っ…や、やぁ…!
見るなっ…見ないでよぉ…!
(服を押し上げられると、ボリューム感のある乳房が零れ落ちるようにして出てくる)
(薬の影響で乳房はパンパンに張り詰め、乳首は硬く勃起しており)
うぁ…あぁ…見られてる…こんな…やだよぉ…!
(自分の体が薬に屈服しつつあること、それを見られていることに思い知らされ)

44 :ガル ◆GWXbr5ty52 :2010/01/31(日) 00:33:07 ID:???
>>43
嫌でも何でもこれが現実だ!受け入れろ!
お前が感じてきているのはこのスケベなおっぱい見てもバレバレだ。
とっとと奴隷宣言するなら手心加えてやってもいいんだぜ?ハハッ
(ボリュームのあるおっぱいをひしゃげるほど揉み潰し)
(乳首をつまんだりこねたりと一通り玩具にして楽しみ)

それじゃあこっちもそろそろ遊んでやるかな。
(リンのパンツ部を脱がし始め、股間の秘穴を露にする)
(更にリンの股間の割れ目を指で拡げ、そこにどばどばと薬を降り注ぐ)
ほらほら、お前の大事なアソコが丸出しな上に
媚薬塗れになっちまってるぜ?大変だな、このままじゃあ
マンコにチンポ突っ込んで貰えないと頭がおかしくなるぜ、ハハハ!
(大量の媚薬でリンの股間と内腿の部分がびちゃびちゃになってしまっている)

45 :リン ◆pt1aJzUZJM :2010/01/31(日) 00:45:19 ID:???
>>44
奴隷になんて、なってやるもんか…あ、ああっ…!?
ひあっ…あ…おっぱい、おっぱい、熱いよぉ…!
何で…こんな下種にされてるのにぃ…こんなにぃ…
(普通なら痛みを感じるほどの激しい愛撫にも)
(薬に感覚を狂わされた今のリンには猛烈な快楽となって襲いかかってきて)

や、やだ、やめろ、見るな、みるなぁっ!!
(足をばたつかせて、秘所を男の視線から逃そうとするが、力がはいらず)
ひっ…うあ、ああっ…あああっ!?
あ、熱い…熱い、熱い、熱い、熱い、熱いよぉ!
ボクの、ボクのあそこがっ…ああ、ああああっ!?
やぁ…ああ、うああっ…はあああっ…!!
(猛烈な疼き、燃え上がるような熱に、リンの理性が一瞬で焼けていく)
(大量の媚薬に一気に冒された秘所からは愛液が後から後から溢れ

46 :ガル ◆GWXbr5ty52 :2010/01/31(日) 00:53:05 ID:???
>>45
ははは、すごい量のスケベ汁だな?
奴隷が嫌なら肉便器が相応しいぜ、こいつめ
(媚薬の容器を投げ捨てるとリンの体をまさぐり)
(左手でリンのおっぱいをこね潰しながら)
(時折パァン!と叩いて刺激を与えて)
(右手ではリンの愛液溢れる穴をかき回す)
(小指が巧みにリンの穴の中をひっかき、膣壁を掻いて)
(あくまでも浅い場所のみを撫で回しながら愛液を掻き出していく)

さて、そろそろ頃合かな。俺も限界だ。
(勃起したペニスを取り出してリンに見せ付けつつ)
(リンの股間の前に陣取り、そのペニスの先端を)
(リンの愛液まみれの穴にゆっくりこすり付ける)
そろそろ入れるぞ、いいな?駄目か?ん?
(割れ目をペニスの先端が上下に擦りつけながら)
(入れるフリを繰り返し、じっくりと膣奥に狙いを定める)

47 :リン ◆pt1aJzUZJM :2010/01/31(日) 01:14:30 ID:???
>>46
あぁっ…はぁ…ああ…
もう、だめぇ…ボクだめになっちゃう…!
おっぱいも、あそこも、熱くて、気持ちよくって、うずいて…!
壊れちゃう…! ばかになっちゃうぅ…!
ひんっ…ああ、はぁぁ…!
もっと、もっとたたいてぇ…
指も、指ももっと、奥までぇ…ねぇ…!!
(薬と男の愛撫に精神を支配され、意識は朦朧としていく)
(口が勝手に快感を求めて言葉をつむぎ、腰は男に擦り寄っていく)

あ…あぁ…すごい…それ、すごい…
いい、いいからっ…もう、いいからっ…!
もう、ボク奴隷でいいから、だからぁ!
このままじゃ狂っちゃう、頭壊れちゃうよぉ!!
(ペニスで入り口をこすられるたび、切なそうに鼻声を上げ)
(男の問いに、音がしそうなほど首を縦に振り)

48 :ガル ◆GWXbr5ty52 :2010/01/31(日) 01:22:49 ID:???
>>47
そうかそうか、馬鹿になっちまえ、おるぁ!
リン、お前は今日から俺の奴隷だ。マンコもおっぱいも俺のものだからな!
俺の奴隷として何をされても、どんな命令にも従うと今すぐ誓え!
(力いっぱいリンのおっぱいを叩きながら)
(狙いを定めていた通りに腰を突き出し、膣奥目指して一直線にペニスを突っ込む)

んんおおおっ!!
(ッパァンと一息で一番奥までペニスを突っ込み)
(そのままリンの穴奥をぐっちゃぐっちゃと突き上げながら)
(リンの体を激しく前後に揺さぶりながら穴の中をかき回す)
お望み通りに奥まで突っ込んでやったぞ。指じゃなくチンポだが、もっと嬉しいだろ?
この淫乱雌豚、マンコも頭もぶっ壊れるくらい犯しまくってやるぜ!!
(パンッパンッと腰を密着させてリンを犯し続け、腹の中を激しく突き上げ)
(乳房を乱暴に扱いながら激しくこね回したり潰し、乳首を押し潰して弄ぶ)

49 :リン ◆pt1aJzUZJM :2010/01/31(日) 01:33:39 ID:???
>>48
わっ、わかりましたぁっ…!
ボクは今日からキミの…ご主人様の奴隷ですッ!
ボクのおまんこも、おっぱいも、ご主人様のものですっ!
ご主人様の奴隷として、何をされても、どんな命令にも従いますぅ!
(自分が何を口走っているかもわからないまま)
(ただ男に要求された言葉を口走り、腰を必死で動きを合わせていく)

んっ…くあああああっ!!
は、はいってるぅ…奥の奥まで、全部入ってるぅ…!!
嬉しい、嬉しいよぉ! これが欲しかったのぉ!!
犯して、壊して…ボクのあそこも頭も壊れてぐちゃぐちゃになっちゃうまで犯してぇ!
あは、あははっ、ひあっ、ぎっ、ああっ!!

50 :ガル ◆GWXbr5ty52 :2010/01/31(日) 01:41:25 ID:???
>>49
よしよし、それじゃあこいつを飲ませてやろう。
(リンの口の中に粒状の薬を放り込み)
解毒剤だ、すぐに体が自由になるぞ。これからしっかり励めよ。

(そして、リンの体を反転させて四つんばいの格好にして)
(後ろからぱんっぱんっ!と思い切りリンの穴を突き)
(お尻も叩きながらリンを奴隷として仕込んでいく)
いいか?ご主人様のチンポは大事に扱えよ。
お前のマンコは俺の精液を流し込む為の肉精液袋だ、いいな?
俺のモノってのはそういうことだ。分かったら復唱しろ。お前のマンコは何だ?
(硬く反り返ったペニスがリンの穴を穿り返しながら)
(じっくりとリンに奴隷としての心構えを教え込んでいく)

51 :リン ◆pt1aJzUZJM :2010/01/31(日) 01:56:48 ID:???
>>50
んくっ…んっ…あ…あぁ…
ありがとうございます、ご主人様ぁ…
えへへ、これでもっと気持ちよくなれるぅ…
(体が徐々に自由に動くようになると、大きく腰を動かし、快楽をむさぼり)

はぁい、ご主人さまぁ…!
ご主人様のちんぽは大事に扱いますぅ…
ボクのおまんこはご主人様の精液を流し込む為の肉精液袋ですっ…!
奴隷のボクのおまんこは、ご主人様の精液を流し込むためにあるんですぅ!
あはぁっ、はぁっ…あははっ!!
(男に穴を蹂躙されるたび、狂乱に近い態で嬌声を上げ)
(そのたびにリンの心に奴隷としての心構えが打ち込まれ)
(代わりに大事だった何かが剥げ落ちて行く)

52 :ガル ◆GWXbr5ty52 :2010/01/31(日) 02:04:46 ID:???
>>51
そうだ、よく言えたぞ、リン。お前は物覚えがいいな。
(ぷにぷにとリンのおっぱいを揉みながら機嫌よく笑い)
これからは俺の気が向いた時はいつでもどこでも犯すからな。
逆に俺以外の男のペニスを勝手に咥え込んだらお仕置きだ。
(ペニスの先端がゴツゴツと子宮口を叩きながら犯し)
(リンの乳房をぎゅううっときつく揉み潰していく)

さて、出来のいい奴隷のお前に早速中出ししてやろう。
マンコの奥に、子宮にたっぷりをザーメンをぶっかけて
俺の奴隷の証を刻み込んでやるからな。
(射精の近づいたペニスがガチガチに硬くなり)
いくぞっ…んん!
(リンの穴の一番奥深くでびゅるっびゅるるっ、と射精が始まり)
(第一射が子宮めがけてびちゃびちゃと浴びせられていく)

53 :リン ◆pt1aJzUZJM :2010/01/31(日) 02:14:04 ID:???
>>52
わ、わかりましたぁ…
これから先、ボクはご主人様の気が向いたときにいつでも犯されます
ご主人様以外の人を勝手に咥え込んだりしたらお仕置きされちゃいます…
あ、ああっ…気持ちいい、気持ちいいよぉ…
溶けちゃう、ボク、ぐちゃぐちゃになって溶けちゃいそお…
(うっとりとした目で男の与えてくれる快楽に酔い)

は、はいっ…中にくださいっ…
ボクのなかに…ボクがご主人様の奴隷になったって言う証
たっぷり精液でマーキングしてくださいっ…!!
(硬くなったペニスをむさぼるように、自らも腰を打ちつけ)
ボクも…いく、いっちゃうっ…!
んっ、は、あああああっ!!
(膣内を満たしていく精液の感覚にうれしそうに笑いながら絶頂を迎え)

54 :ガル ◆GWXbr5ty52 :2010/01/31(日) 02:21:47 ID:???
>>53
自分からそんなに腰を動かして本当に淫乱だなお前は!
(精液を出しながら中を深く突き上げ、更にもう一回射精し)
(どぷどぷどぷっ!と膣内に収まりきらないほどの精液を注ぎ込む)
(入りきらなかった精液が結合部からあふれ出し二人の股間を汚し)
(リンのマンコが男の所有物になった事が一目瞭然となる)

ふうう…よし、じゃあ改めて誓ってもらおうか。

これからは俺の奴隷猟師として働きながら
性欲処理の肉精液壷としても毎日俺にマンコを使わせる事。
それを破ったら、どんな非道な罰を受けても構わない事。
マンコ拡げて俺がマーキングしてやったところを見せながら
俺のチンポにキスしながら宣言しろ。
(そう言ってリンの顔に精液と愛液交じりのペニスを近づけながら命じる)

55 :リン ◆pt1aJzUZJM :2010/01/31(日) 02:32:47 ID:???
>>54
はい、ボクは淫乱です…
淫乱でどうしようもない雌豚ですっ…
あはっ…またいく、いっちゃう…精液出されて、またいっちゃうっ…!
(全身を包む甘い官能の中、夢を見るような顔で再度絶頂を迎え)

はい、ご主人様…
(上気した顔のまま、自ら性器を押し広げると)

リンは、ご主人様の奴隷猟師です…
ご主人様のために働いて、性欲処理の肉精液壷として毎日まんこを使っていただきます。
それを破ったら、どんなお仕置きを受けても、ボクは文句を言いません
(にっこりと笑って亀頭にキスをする)

56 :ガル ◆GWXbr5ty52 :2010/01/31(日) 02:40:47 ID:???
>>55
よしよし、いい子だ。
俺の出してやった精液がたっぷり中に入ってるのが見えるぞ、ハハハ
(リンの股間をじろじろと眺めながら笑い声をあげて)

おっぱいもオマンコも最高級の奴隷だな、お前は。
さて、今日の調教は終わりにしてそろそろ休むか。
(リンの頭をくしゃっと撫でながら誉めて)

ほら、一緒の毛布に包まれ。
(大きな一枚の毛布に自分とリンを包み込んで)
(半裸のリンの体に密着するような形で就寝しようとする)

【では、そろそろ締めにしようと思うのですがいいでしょうか?】

57 :リン ◆pt1aJzUZJM :2010/01/31(日) 02:51:28 ID:???
>>56
あんっ…さっき、膣内に注いでもらった精液…こぼれちゃう…
せっかくの精液、勿体無いなぁ…あははぁ…
(主人にこびるように自らも笑みを浮かべ)

はい…ありがとう、ございましたぁ…

それでは、失礼します…
(ふらふらと夢遊病者のような足取りで近づくと、主人とともに寝ようとする)
(リンの心の奥底に刻まれた快楽は、彼女を狩人から奴隷へとかえていた)

【はい、それではこちらはこれで締めにしたいと思います】

58 :ガル ◆GWXbr5ty52 :2010/01/31(日) 02:52:56 ID:???
>>57
【お疲れ様でした。お付き合いありがとうございました。】
【それではこれにて。おやすみなさいませ〜遅くまでありがとうございました〜】

59 :トウカ ◆MNflN3o8ro :2010/02/02(火) 23:45:58 ID:???
【キャラ名】トウカ
【原典】ドラゴンクエスト3
【性格】元気が良すぎる性格、明朗快活
【希望】シドーやボスクラスの魔物に調教されて、専属奴隷にされたいネ
【NG】四肢切断とかはしないでほしいかナ

少しだけまたせてもらうヨ


60 :名無しさん@ピンキー:2010/02/02(火) 23:48:59 ID:???
3の戦士?商人?魔術師?武道家?僧侶?遊び人?だれ?

61 :トウカ ◆MNflN3o8ro :2010/02/02(火) 23:50:02 ID:???
>>60
ア?! ゴ、ゴメンネ。
完全に職業、書き忘れてたネ。
武道家だヨ!

62 :名無しさん@ピンキー:2010/02/03(水) 00:02:08 ID:???
>>61
ちびっ子武道家だな
バラモスの三段腹でも相手していいのか?


63 :トウカ ◆MNflN3o8ro :2010/02/03(水) 00:03:49 ID:???
>>61
むー、ちびっ子って言わないでほしいネ!
あんまり否定できないけド…。
相手に関してだけれど、バラモスでも構わないヨ。

64 :トウカ ◆MNflN3o8ro :2010/02/03(水) 00:04:24 ID:???
>>62
ごめん、62ネ。
なんか、変なミスしてばかりネ。

65 :バラモス ◆99SSF3KD1vtk :2010/02/03(水) 00:07:04 ID:???
バラモスでどんなことされたい?

勇者一向の唯一の生き残りとして
調教三昧の孕み奴隷とかそんな設定ならしてみたい

66 :トウカ ◆MNflN3o8ro :2010/02/03(水) 00:11:47 ID:???
>>65
そうネ。
パーティ唯一の生き残りで、調教されつくして、
バラモスに忠誠を誓って、バラモスの子を孕んで産む事が生きがいの
バラモス専属の孕み奴隷、とかどうネ?


67 :バラモス ◆99SSF3KD1vtk :2010/02/03(水) 00:18:14 ID:???
>>66
異論無しだそれで行こう
NGは判った
ワシから書き出すか?

68 :トウカ ◆MNflN3o8ro :2010/02/03(水) 00:19:33 ID:???
>>67
お願いしていいかナ?
それじゃ、書き出しをおねがいするネ。
よろしくお願いするネ。

69 :バラモス ◆99SSF3KD1vtk :2010/02/03(水) 00:27:55 ID:???
(勇者一向を劇破したバラモスは)
(その根城であったアリアハンとルイーダの酒場を襲撃し)
(その反抗の芽を完全に摘み取った)
(最後まで抵抗した武道家トウカを見せしめもかねて連行し)
(【ありとあらゆる調教を施した)
(既に忠誠を尽くすまでになったトウカを今宵はいかに味わうか・・・)
トウカよ今宵も我が僕として奉仕するのだ
(ぶよぶよに垂れたトカゲの肌を震わせてトウカに情欲の目でみつめる)

70 :バラモス ◆99SSF3KD1vtk :2010/02/03(水) 00:28:32 ID:???
【ではよろしくお願いします】
【NGはグロ系でなければ大丈夫】

71 :トウカ ◆MNflN3o8ro :2010/02/03(水) 00:39:09 ID:???
(バラモスとの闘い、途中でバシルーラを受け戦線離脱した自分)
(その後間もなく、勇者たちが敗北したと聞き、いてもたってもいられずに)
(アリアハン、ルイーダの酒場で仲間を集め迎え撃つが、ついに敗北)
(最後まで立っていたものの、ついに力尽き、殺されると思ったが、殺されなかった)
(だが、それから数日にかけて、ありとあらゆる調教を施されてしまい)
はイ、バラモス様。
今日も、バラモス様のシモベ、トウカにご奉仕をお許しいただき、ありがとうございまス。
(バラモスの前で衣服、と呼ぶにはあまりに粗末な薄布一枚だけまとって)
(深々と礼をした後に、まずは挨拶とばかりにバラモスの手をとり、指先を一本一本)
(音を立ててしゃぶり始めて)
んちゅ、んぅ、お力を…抜いて、くださイ…ィ。
(その目は、抵抗していたころとは違い、情欲、肉欲、忠誠心に満ちた瞳で)

【こちらこそ、宜しくお願いいたします】

72 :バラモス ◆99SSF3KD1vtk :2010/02/03(水) 00:51:43 ID:???
>>71
おお愛い奴だほっほっほっ
(自らの指を愛おしげに舐めるトウカを見つめて)
早速お前の秘肉を味わいたいぞ
(トウカを四つんばいにさせてお尻をこちらに向けさせる)
犬のようだなトウカよ良い格好ぞホッホッホ
(からかうようにトウカに声を掛けて)
(小ぶりなお尻をその乾いた皮の手を食いこませる)
(ムニムニと尻肉を広げるように揉み上げると)
(トウカにたずねる)
どうだワシの指使いは?
もう濡れておるのではないか?
(そうなるように調教したトウカにわざとらしくたずねる)

73 :トウカ ◆MNflN3o8ro :2010/02/03(水) 00:58:27 ID:???
>>72
お褒めいただいて、うれしいでスぅ。
(見つめられ、言葉とともに四つんばいにされていく)
(もちろん抵抗もするはずなく、お尻を向けて、揉まれやすいようにお尻の位置を高くして)
バラモス様ァ、トウカのすみずみまで、どうか、ご堪能くださイ。
は、ぁっ、ん、っ、ぁ、ア、ァ。
(小ぶりな身体に似合っている小ぶりなお尻)
(バラモスの指が食い込むと、応じて柔らかく動く)
(また、触れられただけでも軽く紅くなりながら)
あ、ん、バラモス様の指使いはぁ、とても素敵でスゥ…。
きもち、よすぎて、バラモス様に、可愛がって、ほしくテ…、
すごく、濡れて、います…ゥ。
(言葉の通り、既に秘所はうっすらと光を反射しており)
(見やすいように少し膝も開いて見せて)

74 :バラモス ◆99SSF3KD1vtk :2010/02/03(水) 01:08:50 ID:???
>>73
既にヌレヌレであるかほっほっほ
(濡れた秘所を満足げに眺めながら)
ワシのチンポを欲しがって涎を垂らしておるわ
(ヒクヒクする淫裂を指先でなぞっていく)
どうだ欲しいか?その淫らな口ではっきりねだってみろ
(波打つ腹の下から牡を現す体に見合った大きな性器が首をもたげる)
(トウカパクパクと生き物のような肉ヒダにその先を擦り付けながら)
(尻肉を鷲掴みにして素股のように前後させる)
どうだ?せつないか?しっかりおねだりして見せろ、ほっほっほ

75 :トウカ ◆MNflN3o8ro :2010/02/03(水) 01:17:03 ID:???
>>74
グショグショ濡れ濡れで、バラモス様に可愛がってほしいんでスゥ。
(腰を軽く左右に振って、それをアピールする)
(指先でなぞられれば、それだけで身体が跳ねそうになって)
ひゃうッ?! 涎をなが、して、ひ、ィッ?!
(何度かなぞられ、更に性器で入り口の辺りを擦られる)
(秘所から漏れる愛液でバラモスの性器を濡らしながら)
(命令にこく、こく、と何度も頷いて、自分からも尻肉を割り開いて)
バラモス様ァッ、どうか、どうか、トウカの、トウカのおまんこにィ…。
涎とろとろのトウカのおまんこにィ、バラモス様の素敵おちんぽくださいィ!
バラモス様のトウカにぃ、バラモス様の素敵チンポくださイィッ!!
(広間中に響く大声でおねだりをしてみせて)


76 :バラモス ◆99SSF3KD1vtk :2010/02/03(水) 01:27:13 ID:???
>>75
ほっほっほ良いお返事だ
(淫猥な返事を満足げに聞くとその大きな亀頭をトウカに沈めていく)
ずぶっ、ずぶ、ぬぷぷぷ、ずぶうぅぅぅぅっ
(濡れそぼった淫裂に卑猥な音を立ててバラモスの肉棒が埋め込まれていく)
(柔らかな膣肉を逞しい肉竿が擦りながら)
お前のココは柔らかくて美味だぞ
流石は性奴隷だぞトウカ
ウネウネさせて悦んでおるな
(バラモスの肉竿が幼い肉壷を突くと子宮口に到達して)
(その子宮口から更に子宮の中へ入り子宮の壁を擦る)
鷲のちんぽでメロメロの性奴隷にすっかりなったなトウカ
ワシは嬉しいぞほっほっほ
(容赦なく出し入れして膣内全てを使わせて奉仕させる)

77 :トウカ ◆MNflN3o8ro :2010/02/03(水) 01:40:31 ID:???
>>76
はうっ?!あ、はぁッ?!あ、あぁ、キた…あぁッ!?
(亀頭が埋まってきて、もどかしさを埋めていく感覚だけで一回、達してしまう)
(だが、一回達した程度で、気を喪うはずもなく、受け入れれば自分も腰を揺らして)
ふぅっ?!あはぁっ、ば、バラモス様の、チンポォ…。
チンポ、い、い、ィ。
(ぐちゅぐちゅ、と水音を響かせて奥へ奥へ、と招いていく)
(堅さと太さを味わいながら、褒められれば全身を揺らして)
は、いィ、バラモス様ァ、うれしイです…ッ。
と、トウカのおまんこで、気持ちよクなって、ください…ィ!
(うっとりした表情のまま、答えて、子宮口を突かれると)
(再度、身体を小刻みに震わせて)
ふあ、ぁンッ、そう、ですゥ。
トウカは、バラモス様の性奴隷ですゥ。
バラモス様の素敵チンポで仕込んでいただいて、マンコ処女も、アナル処女モ、
全部、バラモス様に仕込んで、いただきましタァ!
バラモス様に犯される事が、トウカの幸せですぅッ!
バラモス様に喜んでいただけるならぁ、なんでもしますかラァ…。
(全身を使い、腰を前後させながら声を上げる)
(今までの性経験すら誇らしげに語るほどで)

78 :バラモス ◆99SSF3KD1vtk :2010/02/03(水) 01:51:30 ID:???
>>77
流石は丹精こめて仕込んだ性奴隷だ褒めて遣わすぞほっほっほ
(ググット下腹部を押し付けバラモスの亀頭がトウカの子宮を圧迫する)
(そしてバラモスの亀頭の形を感じさせながら小刻みに腰を動かす)
判るか?ワシのチンポの形が?
ココがお前の中の終点だな
ホレホレ〜
(ノックするような感覚で子宮の壁を小突く)
(リズム良く中を抉るようにかき回してから)
(先端が疼き先から熱い塊が集まっているのを感じながらトウカに囁く)
それでは御褒美にまたワシのザーメンをぶちまけてやろう
種付けセックスだからココまま行くんだぞ良いなトウカ
(たまりに溜まったが快楽のマグマを爆破させ)
(トウカの中に射精の脈打ちが判るほど勢い良くはなっていく)


79 :トウカ ◆MNflN3o8ro :2010/02/03(水) 01:58:56 ID:???
>>78
ひ、ィッ!? はいッ、トウカも、バラモス様に仕込んでいただいテ、
とても幸せな性奴隷、ですゥッ。
トウカのマンコもアナルも、クチマンコも、全部バラモス様専用ですゥ!
はうっ?!あ、お、おぉっ、ば、バラモス様の素敵チンポぉ…ッ。
ひ、あヒっ、わか、りますゥッ!太くて、と、とても、逞しいでスぅ!!
あひぃっ?!ひゃあうぅっ!?おふぅっ?!
(小突かれ、かき回されるたびに悲鳴と嬌声を上げ、時折白目をむきかけながら)
ひゃ、あぁ、は、ィ、バラモス様ァ。
バラモス様の、特濃魔族ザーメン、くらヒャい…ィッ。
トウカぁ、種付けセックスで、孕みますから、ぁひっ?!
(答えた瞬間、射精をされ、そのリズムがわかるほどに注がれていき)
おほぉっ?!ひッ?!あひぃっ?!ざ、ザー、メンきた、ぁっ?!
ザー汁、きて、きっ、あひっ、あつイィ!? あはあああぁぁあひゃ、ああぁんぅぅぅっ??!
(全身をびくびくり!と激しい痙攣をさせながら、絶頂を迎える)
(下腹部はぽっこり、と膨らんでいるほどで)

80 :バラモス ◆99SSF3KD1vtk :2010/02/03(水) 02:06:01 ID:???
>>79
ほっほっほいい眺めだ
(精子ぽっこり膨らんだトウカのお腹を眺めて)
ズリュッ、ゴボッドボドボドボ
(バラモスの性器で入り口がパックリと開いたままになり中から精子が音を立ててこぼれていく)
もったいなこれで栓をするか
(巨大なバイブのついた黒いパンツを取り出すと)
(トウカに掃かせてバイブで栓をする)
良いかまたワシが来るまでこれを履いておるのだぞ
性奴隷のお前の孕んだ姿しっかりとみせてもらうぞ、ほっほっほ
(黒い色がまるでバラモスの所有物を表すかのようにトウカの肌に映える)

【夜も遅いので一度終わりにしたいのですが】
【長時間ありがとう】
【また来たら続きをしたいな】

81 :トウカ ◆MNflN3o8ro :2010/02/03(水) 02:15:12 ID:???
>>80
はぁっ、はァ…。
(呆然と視線は空を泳ぎながら、性器が抜かれると)
(体をもう一度震わせる)
(零れていく精子の感覚に身震いをしながら)
ひっ、あッ、こぼ、れちゃ、イや…ァ。
(それを見たかのように、パンツをはかされ、バイブが埋まれば)
は、ァイ、バラモス様ァ、しっかり履いていますからァ。
また、こちらに、お越しくださいィ!
(白い肌に黒いパンツが映えながらその姿を見送って)

【こちらこそありがとうございました】
【不定期なので、確約はできませんが、機会があったら是非】
【重ねてですが、今夜はありがとうございました】
【それでは、これにて失礼致します】

82 :バラモス ◆99SSF3KD1vtk :2010/02/03(水) 02:17:23 ID:???
>>81
【こちらこそお相手していただきありがとうございました】
【では続きは次の機会に】
【お疲れ様でした】
【こちらも落ちます】

83 :魔法少女 ◆QnH/VaEGvA :2010/02/03(水) 20:03:49 ID:???
【キャラ名】リリム・フォール・セリア
【原典】オリジナル
【容姿】金髪ツインテの典型的なロリ体系
【性格】甘えん坊
【備考】ひょんな事から魔法少女になり、悪の組織と戦う羽目に。性の知識はそれなりにあるが経験は少ない
【希望】悪の組織に抵抗する魔法少女を戦闘員にさせる…または雌犬化させる設定。屈するまでの流れは洗脳でも調教でも特殊な感じでもお任せします。異種姦やSMをメインにして頂きたいです。
【NG】重スカは絶対にやめて頂きたいです。また人間同士の本番も少なめがいいです。

84 :リリム・フォール・セリア ◆QnH/VaEGvA :2010/02/03(水) 20:06:19 ID:???
【あげます。】

85 :名無しさん@ピンキー:2010/02/03(水) 20:18:26 ID:???
大人体型で希望とかは無し?

86 :リリム・フォール・セリア ◆QnH/VaEGvA :2010/02/03(水) 20:19:26 ID:???
>>85
【ちょっと質問の意味が分からないのですが…】

87 :名無しさん@ピンキー:2010/02/03(水) 20:23:06 ID:???
キャラを大人の体型に変えられないかっていう意味だと思われ
オリジナルだからキャラ変更も融通きくとかそんな所かと

88 :名無しさん@ピンキー:2010/02/03(水) 20:23:52 ID:???
つまり魔法で巨大化とか、
大人の身体に変形してからの行為を希望してるのでは?

89 :リリム・フォール・セリア ◆QnH/VaEGvA :2010/02/03(水) 20:26:05 ID:???
>>87>>88
そうですね…多少なら大丈夫ですがやはり高校生くらいが限界ですね。

90 :リリム・フォール・セリア ◆QnH/VaEGvA :2010/02/03(水) 20:56:04 ID:???
【もう少し待機します】

91 :名無しさん@ピンキー:2010/02/03(水) 20:58:26 ID:???
声かけてた人は居なくなっちゃったのかな?
どれくらい幼いかイメージが沸かないけど、牛ぐらいのサイズの喋る犬の相手とかペニス触手に犯されるとかそういうのが良いのかな?
強情に抵抗するのを立て続けに媚薬を打ち込んで、少しずつ体の方から堕としていくとかそう言う流れを提案してみるけど。

92 :リリム・フォール・セリア ◆QnH/VaEGvA :2010/02/03(水) 21:01:29 ID:???
>>91
そうですね…大体中学生くらいです。そういうプレイも好きですし寄生されたり洗脳されたりとかもいいですね。


はい。最終的には戦闘員か雌犬になっていれば構いません。

93 :名無しさん@ピンキー:2010/02/03(水) 21:13:30 ID:???
中学生のロリ体系だね。
寄生ってのは色々有ると思うけど、たとえば背中に触手を持った相手が同化して朝から晩まで抉り倒すとか、
逸物の形をした相手が腰に寄生して扱かせるとかかな?
それとも外見は変わらず単に体を乗っ取る感じで本人の意思とは別に悪の組織の戦闘員を慰めて歩く方がいいのかな?

戦闘員か雌犬ね、幼い体に似合わず色々仕込まれてその辺の人間を戦闘員に仕立て上げられるような改造を施され、夜な夜な男の上にまたがるようなエンドでいいかな?
肉体改造(巨乳化)とかアナル責めなんてのはどうかな?

94 :リリム・フォール・セリア ◆QnH/VaEGvA :2010/02/03(水) 21:21:53 ID:???
>>93
身体を乗っ取り調教の手伝いをする感じがいいです。

エンドは幹部の怪人達の性欲処理を自らする戦闘員になるか…卑猥な怪人に改造され夜な夜な男達を…みたいな感じでお願いします。肉体改造などは全然大丈夫ですよ。

95 :名無しさん@ピンキー:2010/02/03(水) 21:27:14 ID:???
体の自由を奪うとか、そういう感じだね。

了解、ではだらしない体と共に、心を屈服させていく感じで行きたいね。
他に何か希望はある?

96 :リリム・フォール・セリア ◆QnH/VaEGvA :2010/02/03(水) 21:28:07 ID:???
>>95
特にはないですね。

97 :名無しさん@ピンキー:2010/02/03(水) 21:36:49 ID:???
それじゃあ、もし時間が有るなら始めちゃおうか?
捕らえて狭い部屋に押し込んだら実はそこは触手部屋で…で後は忠実な戦闘員が出来上がるまで一匹と一人でねっとりと、と言う感じを考えているけど。

もし他の流れも欲しいなら途中で試しと称して部屋から引きずり出して犯してみるとかかな。

98 :リリム・フォール・セリア ◆QnH/VaEGvA :2010/02/03(水) 21:42:52 ID:???
>>97
はい。じゃあその流れでお願いします。

99 :名無しさん@ピンキー:2010/02/03(水) 21:57:32 ID:???
【それじゃあ、こっちからかな?】
【改めてよろしくね】

ほらほら、リリムちゃんだっけ?
女って言うにはまだまだかなぁ…。
(と屈強そうな全身黒タイツの戦闘員が下衆な感じの声をかけ、子供の足ほどもあるタイツを持ち上げるモノをお尻へと押し付ける)
ふひひひ、お楽しみって感じでもなさそうだなぁ…ま、我々の邪魔をする相手は徹底的に、とのお達しだからなぁ…壊れるまでたのしんでなぁ…ひひひ。
(男臭い筋肉男が少女を鉄の扉の監獄へと押し込み、有無を言わせずにガチャリと扉を閉めて、先ほどまでの好色そうな雰囲気はどこかに捨ててしまったのかと言う感じに名残惜しそうな雰囲気も無く廊下を歩いていく)

100 :リリム・フォール・セリア ◆QnH/VaEGvA :2010/02/03(水) 22:05:17 ID:???
>>99
くっ…ひっ…そんなもの押し付けないでっ…!
(屈強そうな全身黒タイツの戦闘員がお尻に子供の足ほどの大きさの男性器をタイツごしに押し付けてこれば激しい嫌悪感露にし)
こ…壊れるまでって…!?ちょっと…出してよっ…!くっ…
(相手が壊れるまで楽しめと言えば動揺し相手に問いかけようとするも鉄の扉の監獄に押し込まれ閉じ込められてしまえば必死に扉を叩くも意味はなく仕方なく周りを見渡しながら脱出方法を考え始め)

101 :名無しさん@ピンキー:2010/02/03(水) 22:21:40 ID:???
「おんな…ぁ」
(リリムの脳裏に囁くように響く声と共にリリムの背中を撫でる柔らかく、滑る感触)
(それと生暖かい肉の感触が手足、それに腰に巻きつくと扉から引き剥がすように壁の方へと引きずり込み、それが肉の触手の姿をしていると思い知らせうるように肉のムチのような姿を見せつける)
ひひひ、たねつけ…。おんなぁ…。
おまえも、戦闘員を生む…ひひひ。
(どこから声を出しているのか分からないような姿をしながらも、薄汚れた感じのしゃがれた声を響かせ、血管を浮かべた逸物を模した触手の頭で下腹部を撫で回し太股の付け根から大事な部分まで透明な先走りを撫で付け)
(手馴れた感じに刺激していく)

【そういえば魔法少女と言えばコスチュームはこだわられると思うんですが、どんな感じでしょうか?】
【イメージの役に立つような物があれば描写も濃くなると思いますので…。】

102 :名無しさん@ピンキー:2010/02/03(水) 22:24:30 ID:???
おいお前ら
せめて改行しろ

103 :リリム・フォール・セリア ◆QnH/VaEGvA :2010/02/05(金) 17:41:55 ID:???
>>101
【アクセス規制に巻き込まれて書き込み出来ませんでした。また深夜に来ます。】

104 :リリム・フォール・セリア ◆QnH/VaEGvA :2010/02/05(金) 23:56:01 ID:???
【再募集します。】

105 :名無しさん@ピンキー:2010/02/06(土) 01:13:38 ID:???
まだいるのか?

106 :リリム・フォール・セリア ◆QnH/VaEGvA :2010/02/06(土) 01:16:31 ID:???
>>105
いますよ

107 :名無しさん@ピンキー:2010/02/06(土) 01:19:15 ID:???
ごめん。希望の内容みたらきつかった。

108 :リリム・フォール・セリア ◆QnH/VaEGvA :2010/02/06(土) 01:20:48 ID:???
>>107
気にしないでください。再募集します。

109 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/06(土) 22:27:19 ID:???
【出典】ストリートファイターW
【コスチューム】ノーマルコスチューム(後に変更は可)
【希望シチュ】シャドルーのアジトに関する情報を入手し潜入する。
しかし、大量の部下を相手にしだんだん体力を消耗していきベガにたどり着くまでもなく倒されて捕らえられてしまう。
そのあと、調教部隊に身柄を渡されベガの性奴隷兼シャドルーの資金調達用のポルノ映像の女優にされてしまう。
【NG】スカ、グロ
【備考】凍結しながら何回か続けていただける方を希望します。また、基本的には週末(金、土)の夜になると思います。
いろいろ聞きたいことがあれば聞いてください。

110 :名無しさん@ピンキー:2010/02/06(土) 22:29:58 ID:???
微妙に日本語が変なのが気になる

111 :名無しさん@ピンキー:2010/02/06(土) 22:37:20 ID:???
>>109
【シチュ希望を見ていると、調教部隊に調教されたいのかな?】
【ベガ自身ではダメだろうか?】

112 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/06(土) 22:52:10 ID:???
>>110
【ちょっとおかしいですね。気にしないでください。】

>>111
【もちろんベガにもいろいろされてもかまいませんが、調教部隊中心でお願いしたいです。ベガは調教部隊のトップにも命令は出来る感じですね。】

113 :名無しさん@ピンキー:2010/02/06(土) 22:56:42 ID:???
【性奴隷調教と撮影はどちらから先に、とか】
【プレイ内容の希望はあるかな?】

114 :111:2010/02/06(土) 22:58:37 ID:???
>>112
【と言うことは、調教部隊(複数)をこちらが扱うのかな?】

115 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/06(土) 23:04:48 ID:???
>>113
【調教されていく過程も調教された後の堕ちた姿も撮影しても堕ちた姿だけ撮影でもいいかな。】
【希望はお相手が決まったらちょっと打ち合わせして、さらにその都度【】で伝えたりするかもしれないです。】

>>114
【そういうプレーもあってもいいと思っています。】

116 :111:2010/02/06(土) 23:16:50 ID:???
>>115
【出来れば調教師一人でやっていきたいですね】
【複数は苦手ですので……】
【また、ベガの性奴隷となっても、オリジナルマスターとしてこちらにも隷属する感じでお願いしたいかもです】

117 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/06(土) 23:23:19 ID:???
>>116
【別に複数でなくても構いませんので問題ないですよ。オリジナルマスターも問題ありません。】
【ただ、調教する際にはベガやシャドルーの存在を利用して堕として欲しいと思ってます。】

118 :111:2010/02/06(土) 23:29:23 ID:???
>>117
【ありがとうございます】
【ふむ、ベガのサイコパワーを解析して作られた機械で、とか言う感じでしょうかね】

119 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/06(土) 23:41:09 ID:???
>>118
【詳しい堕としかたはあまり決めないでいた方が楽しめると思いますのでロールしながら何かあればまた聞きますね。】
【春麗が捕えられて意識を失うことなないまま調教部屋に連行されたところから始めたいと思っています。】
【最初の拘束状態などで希望がありましたらお願いします。また屈辱的なコスチューム等も希望がありましたら遠慮なくどうぞ。】
【それをみて私から書き出したいと思います。】

120 :111:2010/02/06(土) 23:45:03 ID:???
>>119
【なるほど、了解です。一応は機械で洗脳しつつ性的快感を与えて、とか考えています】
【拘束状態としては、電気椅子のような椅子に結わえられて、と言うのを希望します】
【コスチュームに関してはある程度調教が進んでから、と思います】
【はい、それではお願いいたします】

121 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/07(日) 00:00:56 ID:???
>>120
(1ヶ月前に入手したシャドルーのアジトの情報を間違いがないか調べてからアジトに侵入した。)
(確かにアジトはあったけれど警備の厳重さを舐めていて、一緒にいた仲間達は次々と減っていきついには多勢に無勢で私もベガの姿をみることすらできず捕まった。)
(そのまま誰もいない部屋に連れて行かれ、訳の分からない椅子に座らされ、手足を固定されてしまった。)


くっ…やっぱり罠だったのかしら…
こんなことなら刑事だけではなくストリートファイトの仲間も連れてこれば…
いやそれでも…
ならまだ希望は残されているわ
それにしても今から何をするつもりなの…





【よろしくお願いします。トリつけお願いしていいですか?】
【機械もいいけれど、肉体的にも精神的にもバランス良く堕としてくれた方がうれしいです。】

122 :111 ◆KzzsK1u9Pk :2010/02/07(日) 00:13:12 ID:???
>>121
(愚かにもシャドルーのアジトに侵入してきた女刑事)
(腕はたつものの、厳重な警備の前に善戦空しく捕らわれる)
(捕らえた女刑事をいつものように調教するよう、ベガより直々に命じられた調教師は女刑事を調教室に運び込ませる)

ふむ、カメラで見ていたが、良い体をしている。
これなら仕込めばいい性奴になりそうだ。

(無遠慮に春麗を評しつつ、その身体を撫で回し、満足げにして)
(春麗の頭に機械のごちゃごちゃとついたヘッドセットを被せる)


【了解です、なるべくバランスよく行くようにしますね】

123 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/07(日) 00:29:26 ID:???
>>122
(いかにも怪しいヘッドセットを装着され、体も触られ不快な思いを抱く)

性奴…ってどういうこと?
もしかしてこの変な機械で私を洗脳しようとしてるの…
私にそんなものが聞くとおもったら間違いよ。
ベガのサイコパワーか何かを利用するんだろうけど…私の精神力で跳ね返してみせる。
まだ殺しておいた方が後々のことも考えたら楽なんじゃない。

(自信満々に調教されないと宣言しながら脱出の方法を探している。)

(ベガ本人に調教されるならまだしもこんなやつには何されても問題ないはずだわ。それともベガは私を舐めているのかしら?)

ちなみに、あなたこの洗脳に失敗したら命はないんじゃない?
そういう事態も想定していた方がいいかもね。





【トリありがとうございます。】

124 :111 ◆KzzsK1u9Pk :2010/02/07(日) 00:40:41 ID:???
>>123
なるほど、察しが良い。
ただの猪突猛進な愚か者ではないようだ。
クヒヒ……それでこそ調教しがいがある。

(ヘッドセットを調整しながら)

殺すなとベガ様の命令なんでな。
ふひ……? ひゃははははは!
確かに、これに失敗すれば殺されるだろうな。
だが、失敗などはありえない。

(春麗の自信満々の宣言と同等以上の自信を滲ませる)

まずは、第一段階。ふひ。

(スイッチを入れれば、ベガのサイコパワーを分析して作られた機械が唸りを上げる)
(サイコパワー……精神の力が春麗の脳に働きかけ、性感を高めていく)
(そうしておいて春麗の頬から首筋、肩口に乳房と手を這わせ撫で回していく)

125 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/07(日) 00:53:36 ID:???
>>124
私の状況把握はだいたい当たっていたようね。
ただまだ解せないこともいくつかあるけれど…いずれわかるでしょう。
(まだこのヘッドセットには警戒しないといけないわね。ベガがどんなものを作ってるかわからないし油断してはいけない。)

あなたもたいそうな自信ね。今までこの仕事で失敗したことがないのかしら?他の女とは一緒にしてもらいたくはないけど。

(遂に電源の入ったヘッドセットからは特に影響を感じなかった。体を撫で回されるまでは。)

この機械…直接洗脳出来るわけではないようね。
せいぜい媚薬の代わりくらいってとこかしら…
(まだまだこんなものではなんともないわと言わんばかりの反応を示す。)

126 :111 ◆KzzsK1u9Pk :2010/02/07(日) 01:10:43 ID:???
>>125
この状況でもまだそんなことを考えていられるとは、大したものだ。
まあ、おいおいわかるだろうさ。
その頃にはそんなことどうでも良くなるだろうがね、ふひひ。

失敗などありえないな。
これは完璧な装置なんだよ。
第一段階、と言っただろう?
これはサイコパワーで脳味噌を弄れる機械だ。
ただの媚薬と同等で終わるわけないだろう?

(スイッチをもう一つ入れ)

第二段階……脳内麻薬の異常分泌だ。

(突如春麗の頭の中に耐え難いほどの「幸福感」が押し寄せてくる)

127 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/07(日) 01:23:35 ID:???
>>126
殺されないってわかっているなら私にとって安心していられる状態に等しいから。
早く無能なあなたに耐えかねたベガがやってくることを期待してるわ。

そういえばそんなこといってたわね。
まあ、それでも所詮その機械はベガの劣化版に過ぎない。
第二段階だけじゃなく何段階あろうが問題ないわ。

(第二段階として発動された脳内麻薬に対してもそこまでの反応を示さない)

あいにく、今のこの環境を幸せと思えるほど私の脳はおかしくなっていないみたいだわ。
こんな機械だけで洗脳するならまだ腕のいいポルノ男優でもつれて来た方がいいんじゃない?



【ベガの力を使いながらも最終的にはベガにはなくて調教師にだけにあるような能力で堕ちたほうがオリジナルマスターになれる気がします。】

128 :111 ◆KzzsK1u9Pk :2010/02/07(日) 01:43:28 ID:???
>>127
なるほど大した自信だ。
それに見合っただけの精神力もあると認めよう。
劣化版か……ククク、ハハハハハ!

(いきなり哄笑をあげ、更にスイッチを入れていく)

そうだ、確かにこのままではただの劣化版に過ぎない。
だが、それだけではないぞ……

(突然春麗の股間に違和感が生じる)
(何もないはずのそこに、ビクビクと脈打つ何かがあるような、そんな感覚)

……そこにないはずのものを感じさせる。
ファントムセンス、とでも名付けてやろうか。

(スイッチを弄くるたびに存在しない自分の肉棒が激しく弄くられ、感じたこともないような快感が春麗の脳を灼く)


【こういう能力付加にしてみました……拙かったでしょうか】

129 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/07(日) 01:49:01 ID:???
>>128
【ふたなりはちょっと…】
【申し訳ないですが破棄でいいでしょうか?】

130 :111 ◆KzzsK1u9Pk :2010/02/07(日) 01:58:23 ID:???
>>129
【はい、申し訳ありませんでした】
【勿論破棄で結構です……すみません】

131 :シェリー ◆saKB.mTFnXZI :2010/02/08(月) 23:12:42 ID:???
【キャラ名】 シェリー・バーキン
【原典】 バイオハザードシリーズ
【備考】 2から数年後、ちょっと成長した時期を考え中(4の時代ほど)
【希望】 新種のウィルスやプラーガを植え込まれて、植え込まれた人に従順な生物兵器になりたい、かな?
【NG】 大スカトロだけは絶対にイヤかな

少し待たせてもらうね。 


132 :名無しさん@ピンキー:2010/02/08(月) 23:20:19 ID:???
アシュリーならなぁ…

133 :名無しさん@ピンキー:2010/02/08(月) 23:21:55 ID:???
トラウマ引きずったままのシェリーで幼女なら

134 :シェリー ◆saKB.mTFnXZI :2010/02/08(月) 23:22:59 ID:???
>>132
ごめんね、アシュリーもありかな、って思ったんだけれど。

>>133
トラウマを引きずったまま、って言う事はラクーンシティから逃げた直後、っていうこと?

135 :名無しさん@ピンキー:2010/02/08(月) 23:27:39 ID:???
>>134
その位の時期だね
ハンクが暇と趣味(ロリコン)でシェリーの軟禁場所に忍び込んで
暗闇から特殊装備を着たままレイプしたい

136 :シェリー ◆saKB.mTFnXZI :2010/02/08(月) 23:29:49 ID:???
>>135
ごめんね。
せっかく言い出してくれたんだけど、希望とは少しずれちゃうプレイになっちゃうかな。


137 :名無しさん@ピンキー:2010/02/08(月) 23:31:38 ID:???
>>136
了解そうだね別の機会があったらそのときはお願いする
ではありがとう落ちる

138 :シェリー ◆saKB.mTFnXZI :2010/02/08(月) 23:33:32 ID:???
>>137
声をかけてくれてありがとうね。
また、何かあったらよろしくね。

139 :名無しさん@ピンキー:2010/02/08(月) 23:49:52 ID:???
2のイメージしかないから、成長した姿が想像しにくいな…
どんなイメージか聞かせてもらえるかな?

140 :シェリー ◆saKB.mTFnXZI :2010/02/08(月) 23:54:42 ID:???
>>139
イメージとしては年数にも寄るけれど、5,6年経過してると仮定して…。
クレアに憧れを持ってるから、クレアみたいに強い女性になろうと努力をしてる、かな。
ただ、どうしてもラクーンシティの事とかを振り切れなくて、あまり前向きになれない性格。

髪の毛は長くしてクレアを見習ってポニーテールにしてる。
体型は…ママの事を考えると期待できない、と思うな。

わたしはラクーンシティから脱出した後、明確なエピソードが出ていないから、
実際、想像するのは難しいけれど、こんなところでいいかな?

141 :名無しさん@ピンキー:2010/02/08(月) 23:56:52 ID:???
>>140
なんだか健気で汚すのが忍びなくなってしまった…

142 :シェリー ◆saKB.mTFnXZI :2010/02/08(月) 23:58:14 ID:???
>>141
そう、かな?
その分、堕ちちゃうとダメになっちゃいそうな気はするんだけれど。

143 :名無しさん@ピンキー:2010/02/09(火) 00:05:33 ID:???
>>142
あんな悲劇に逢っても強くなりたい痩せっぽちの女の子は堕とせないよ…

144 :シェリー ◆saKB.mTFnXZI :2010/02/09(火) 00:09:35 ID:???
>>143
そっか、残念だけれど、そういうことじゃしょうがないかな。
声、かけてくれてありがとうね。

そろそろ時間だし、今日はこれで落ちるね。
声をかけてくれた人、どうもありがとう。

145 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/09(火) 04:36:00 ID:???
【今日は希望だけ整理して一言落ちします。また休みの前に来ます。】



【出典】
ストリートファイターW
【コスチューム】
初めは普通のでお願いします。
屈辱的なコスチュームやおもちゃ(バイブやローター)が仕組まれたコスチュームなどに着替えさせられるのは問題ありません。

【大まかなシチュの流れ】
まずはシャドルーのアジトに侵入。(一人でも集団でも可)

ベガにたどり着くまでもなく数にやられ雑魚に捕らえられ、調教部隊(出来れば複数人)に身柄を引き渡される。

調教部隊の肉体的快感による責めと精神崩壊を起こすような責め(言葉でも行動でも)で堕ちる。

シャドルーの資金調達のためのポルノ映像(裏ビデオ的なもの)の女優になる。撮影は調達部隊によるものです。


【希望プレー】
複数による輪姦
肉棒絶対主義の調教(肉棒および精液には刃向かえないような調教)

【NGプレー】
グロスカ肉体改造

146 :名無しさん@ピンキー:2010/02/09(火) 22:48:10 ID:???
晒しあげ

147 :名無しさん@ピンキー:2010/02/10(水) 08:39:59 ID:???
↓は珍しいな

148 :名無しさん@ピンキー:2010/02/10(水) 08:41:21 ID:???
ばぶーん

149 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/10(水) 22:59:48 ID:???
【あんまりああいう一言落ちはよくないみたいですね。今度から気をつけます。】

【待機します。】

150 :名無しさん@ピンキー:2010/02/10(水) 23:03:28 ID:???
シチュは好きなんだがなぁ…

151 : ◆jd2J/ksf3A :2010/02/10(水) 23:04:16 ID:???
【複数が上手くできるか不安はありますが立候補してみます】

>>まずはシャドルーのアジトに侵入。(一人でも集団でも可)
【これは、そちらも複数キャラをやるという意味ですか?】

152 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/10(水) 23:12:47 ID:???
>>150
【私が不安というならどうしようもないです。】
>>151
【複数は難しいと思うので時間とかはたっぷりかけてもらっても構いません。】

【こちらの複数はシチュ的な感じですね。単独なら数の暴力で捕まったシチュにできたり、複数なら他の仲間の男の刑事に犯されるプレーがあったりみたいな感じです。】

153 : ◆jd2J/ksf3A :2010/02/10(水) 23:17:12 ID:???
>>152
【ありがとうございます。頑張ってみます】

【なるほど、分かりました。やり易さで考えると単独で潜入してきたところ数の暴力で捕獲、でしょうか】
【こちらは希望シチュにあるシャドルー調教部隊にします】
【ただの調教師集団よりも、戦闘力もあるエリート部隊(それでも春麗や四天王よりは弱い)でもいいですか?】
【奴隷調教やAV撮影も、実益と娯楽を兼ねてるというイメージで…】

154 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/10(水) 23:29:34 ID:???
>>153
【こちらこそありがとうございます。それでは打ち合わせに入りたいと思います。】


【捕獲のされ方はそれが一番無難なのかもしれませんが、シャドルー程の大組織に単独侵入はちょっとおかしい気もします。】
【いっそのこと名無しさんのやりたいという表には出てこない戦闘部隊に捕獲されたくらいではどうですか?存在を知らなかったため油断してやられたみたいな感じで。】
【あまりひ弱な調教師集団ではなくそちらの方がいいです。一人のブレーンに戦闘部隊みたいなのがいいかもしれません。】

155 : ◆jd2J/ksf3A :2010/02/10(水) 23:35:15 ID:???
>>154
【はい】

【なるほど。その設定の方が自然ですね】
【ありがとうございます。では、ブレーン+隊員のような形で表記したいと思います】

【ロールの場面としては、調教開始からになると思いますが】
【肉体的快感と、精神的な責めについて何か具体的なご希望ありますか?】
【プロフから読み取る限りでは、「とにかく多数の絶倫男によるハードな陵辱&精液漬け」】
【がメインだとは分かるのですが】
【精神的な責めに関しては罵倒や淫語調教などでいいでしょうか?】

156 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/10(水) 23:45:20 ID:???
>>155
【ありがとうございます。】

【肉体的にはそういう感じですね。肉体的にやられてきたところに精神的ダメージを与えて堕とす感じでしょうか?】
【春麗は初めはベガと対等だと思っているので、どんどん春麗の存在価値をおとしめていく感じだとうまくいくような気がします。】
【具体的にいうとベガと対等→戦闘部隊と対等→戦闘部隊の奴隷→シャドルーの末端の奴隷→全世界の男の奴隷みたいな感じです。】

【もちろん淫語もどんどん活用してくれたらうれしいです。】

157 : ◆jd2J/ksf3A :2010/02/10(水) 23:53:20 ID:???
>>156
【なるほど、わかりました。そんな感じでやってみます】

【NGはこちらも同じグロスカ肉体改造ですので問題ないですね】

【他に何か決めることはありますか?】

158 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/11(木) 00:01:31 ID:???
>>157
【よろしくお願いします。】

【この際ですから媚薬やサイコパワー等の特殊能力もNGにしてもらいたいと思います。】
【あと決めて欲しいのは部隊の人数と撮影開始時期です。そちらはありますか?】

159 : ◆jd2J/ksf3A :2010/02/11(木) 00:06:42 ID:???
>>158
【なるほど、わかりました】
【部隊の人数は1人ひとりの動きなどをある程度描写するのであればブレーン+3人が限度でしょうか】
【ブレーン以外はモブ描写でよければ10人は大丈夫だと思います】
【撮影開始時期は、堕とす過程が好きなので「ベガと対等」くらいのプライドを持ってる時期あたりからしたいです】

160 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/11(木) 00:15:55 ID:???
>>159
【モブはちょっと味気ないのでブレーン+三人でお願いします。どうせ穴も3つしかないので。】
【ですので、その三人には特徴や名前をつけてもらえたらうれしいです。】

【わかりました。では、捕獲された時から撮られているということでお願いします。カメラマンは調教には関与しないプロのすごく腕のいい人が撮りたいものを全て撮っているという感じが楽な気がします。】


【その都度疑問や希望があれば遠慮なくいってください。こちらも何かあれば聞いてみます。】

【書き出しはどちらからがいいですか?】

161 : ◆jd2J/ksf3A :2010/02/11(木) 00:17:51 ID:???
>>160
【わかりました。では計四人の部隊ということで】

【はい、では少しこちらのプロフも考えてみます… 少し時間かかりそうなのでよければ書き出しをお願いしていいでしょうか】

162 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/11(木) 00:34:54 ID:???
>>161
【お願いします。では書き出させていただきますね。】

(シャドルーのアジトのありかをしり、中国警察は威信をかけて春麗をはじめとするエリート捜査官達がシャドルーのアジトに潜入させた。)
(初めの雑魚達をなんとか倒したものの、捜査官も数が減りしかも散り散りになってしまった。)
(それでも春麗はその時点ではまだ余裕があり、一人でもベガを倒せるような気さえしていた。少なくともたどり着くことは出来ると確信していた。)
(それはベガの他の四天王もいない情報があったこともあり、さすがに四天王以外には負けないと思っていたからだ。)
(しかし、春麗の前に現れた四人の部隊に翻弄され捕獲されてしまった。)
(1人1人では春麗にかなうはずもない程度だったがリーダーらしき男の指示によって動く連携プレーに屈してしまったのだ。)
(そのままシャドルーのアジトには似合わないスタジオのような場所に連行された。)



……くそっ…ベガが近くにいるというのに…こんな奴らに…

(まだ状況を把握していない春麗にはこれから行われることは予想できず、カメラマンの存在すら気付いていなかった。)

163 :キメラ隊 ◆jd2J/ksf3A :2010/02/11(木) 00:53:28 ID:???
>>162
(春麗の両腕は背中側に鋼鉄の枷で拘束されていた。首にも鋼鉄の輪が嵌められ、そこに繋がる鎖の端は)
(背後に立つ、四人組の1人である巨漢が握っていた)

ベガ様といったか?
くははははっ。こいつはお笑いだ。
このカオスに勝てない女が、ベガ様に指一本、触れられるものかよ!

(春麗の前に立ち嘲笑するのは部隊のリーダー。中背だが骨太で頑強な肉体の持ち主)
(そして、春麗の左右には肥満体の男と、一番若い小柄な少年が立つ)

お前なぞ、ベガ様自ら処刑する価値もない…。
俺たちキメラ隊の暇潰しと小遣い稼ぎの手伝いくらいが、せいぜいだな!

(リーダーが指を鳴らすと、大型のカメラを構えた男が入ってきて、春麗にレンズを向ける)
(それを確認すると、リーダーは部下たちにあごをしゃくって合図した。「好きにしていいぞ」と)

巨漢「自分はライ」
肥満「わ、わたしはゴート」
少年「へへへ、ボクはスネイク」
三人「「今から、お前の飼い主様だよ」」

(口々に名乗りながら、三人が春麗の身体を弄り始める)
(巨漢の無骨な手がチャイナ服に包まれた巨乳を鷲掴みして力強く揉みしだき)
(肥満体の男は横から抱きついて春麗の顔にナメクジのような舌を這わせて、ビチャビチャと嘗め回し)
(少年は黒いストッキングに包まれた太腿に抱きつき、内股を撫で回し股間を指で擦る)


164 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/11(木) 01:11:37 ID:???
>>163
(手と首を鋼鉄で拘束された状態では春麗の持ち味であるスピードを発揮できなかった。)

ベガを倒すには四天王のいない今しかないのに…
なのにお前たちなんかに…油断が命とりだった…
(リーダーの言っていることなど真に受けた感じではなくただただ自分の不甲斐なさを嘆いていた。)

暇つぶしと小遣い稼ぎ?
それはどういう意味?
カメラなんか現れて、趣味が悪い…
ベガの命令…

(事態を飲み込めない状態が続いていたが、巨乳を揉まれ顔を擦り付けられこれからやられようとしていたことに気付いた。)

なるほどね…女である私を最大限辱めるためのベガの命令ということね…甘いわ
(拘束されていない足を少年に向かって振り上げそのままノックアウトさせようとする感じで蹴りをはなった。)



【よろしくお願いします。キャラの設定ありがとうございました。出来ればそれぞれの肉棒にも特徴お願いします。】

165 :キメラ隊 ◆jd2J/ksf3A :2010/02/11(木) 01:22:19 ID:???
>>164
馬鹿め。
ベガ様がお前ごときの処遇を気になさると思うか?
これは俺たちが勝手にやっていることよ。
(ベガにとって春麗など気にとめる価値もない。そう、リーダーは春麗の傲慢をせせら笑う)

ライ「大人しくするんだな」
(蹴りを放とうとする気配を察すると、首輪の鎖を強くひき、春麗喉を締め上げる)

ゴート「ままったく、弱いくせにプライドだけは無駄に高い、ですね」
スネイク「ほんとほんと!」
(少年と肥満男は左右の脚をそれぞれ掴み、春麗をM字開脚にする)
(少年の指と肥満男の太い指が太腿や股間を這い回り、レオタードの布地を引っ張り)
(パンストを引き裂いてオマンコを露出させた)

まあ、まずは自分の立場というものを、しっかりと理解してもらうとするか!
(リーダーが拘束された春麗に近づき、黒光りする太さ長さも十分な肉棒を取り出し)
(無造作に春麗のオマンコに押し付けて、ズブゥゥ! と、容赦なく押し込んだ)


166 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/11(木) 01:40:14 ID:???
>>165
何を言っているの?
ベガは私を恐れてお前たちみたいな秘密部隊をわざわざ私に向かわせたんでしょ…
捜査官のなかで一番強いのは私…正々堂々と戦えばお前たちになんか負けない
ベガは私を始末したいはず
(まだまだ現状を理解していない発言を繰り返す。)

くっ…そんな鎖さえなければ…卑怯だ…
(蹴りを放てずボロクソに言われながらもまだまだ反撃の機会を伺っていたが、M字開脚にされ驚く。)
お前たち…何を考えてる…正気か…
そんなに引っ張られたら…やめろ…
(あっけなく秘部を露わにされただけでなく、あろうことか肉棒をいきなり突き立てられて本気度合いを悟る)

くっ…上半身だけしか拘束しなかったのは…ここまで想定されていなかったということなの…
(しかしこの段階ではまだ濡れてもおらず快感を生むような挿入ではなかったため、嫌悪感しかうまなかった。)
私は屈しないわ…お前達には負けない

(無意識のうちに自分の相手をベガからキメラ隊に下げてしまったことには気付いていない。)

167 :キメラ隊 ◆jd2J/ksf3A :2010/02/11(木) 01:48:05 ID:???
>>166
まだわからんのか、愚かな女だ。
俺たちがお前を捕らえたのも、たまたま俺たちが待機中だったというだけだ。
シャドルーにはお前ごとき1人で倒せる強者はいくらでもいる!
(逞しい腰を大きくグラインドさせ、野太く固い肉棒で春麗の膣を深く抉り続ける)

スネイク「頭はパーでもこの女、エロい身体してるよなー。ケツもムチムチしててさ」
ゴート「この巨乳も大したものですね。牛乳が詰まっているようです」
(巨漢が幼女におしっこをさせる格好で春麗を支え)
(少年は貫かれた春麗の尻に顔を押し付け嘗め回し、尻穴にまで舌先を押し込んで穿り)
(肥満男はチャイナの胸元を破り、じっくり乳房を揉みほぐしながら舌を這わせ乳首をしゃぶった)

ああ、確かにこの身体は格闘家というより肉便器に近いな。
もっともまだまだ開発してやる必要がある!
(巧みな腰の動きで巨根をコントロールし、春麗の膣のいろいろな場所を亀頭で探り、擦り上げる)

168 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/11(木) 02:06:37 ID:???
>>167
…うっ…確かにそうかもしれない…私はシャドルーを舐めていたかもしれない…
ただそれでも…お前たちだけには負けない…
早く解放して私と正々堂々と1人ずつ勝負してみたらわかる…
(もはや完全に自分の存在を格下げしてしまうような発言を連発してしまう。ただこの格下げはまだ起こりやすいものではある。)

牛乳など…詰まっていない…私が魅力的といわれるのは問題ないけど…それを自由に使わせる義務はない…
(リーダーの動きにとらわれている間の三人の動きに意識が分散していき徐々に各所から快感が発生してくる。)
肉便器…この無駄な良すぎるチームワークだけはほめてやってもいいけど…今度は…戦いでは負けても…今度は屈しない…
(言葉では必死に抵抗するも無限に続く愛撫にまずは乳首から反応が現れてしまう。)


【このあたりからキメラ隊がやろうとしている簡単なこと(いかせるなどの小さいこと)先に宣言してから実行していき、さらに最終的な目標(肉棒奴隷化やポルノ女優化)をほのめかして精神的に追いつめていって欲しいです。】

169 :キメラ隊 ◆jd2J/ksf3A :2010/02/11(木) 02:15:13 ID:???
>>168
ライ「1人1人だろうがお前なぞ相手にならんがな」
(軽々と春麗の身体を抱え固定する巨漢が耳朶をしゃぶりながら嘲るように言う)

ゴート「ち、乳首がもう尖ってますねぇ。このままならすぐに、オマンコもドロドロになるんじゃないですか?」
(脂ぎった手でしつこく乳房を揉み込みながら、尖った乳首に吸い付き、ジュルルウゥと激しく吸い上げる)
(唾液でぬれた乳首は指で摘み引っ張って、勃起していることを強調して見せ付けた)

ほう、ずいぶんいやらしい乳首だな。ん……ははは! 確かにマンコがぬれて動かしやすくなってきたぞ!?
これだけ反応のいいエロい身体なら、丁度俺たちの役に立つというものだな! いや、シャドルー全体のためにも、役立つ!
(長く、深いストロークで巨根をオマンコに出し入れし、カリ首で膣壁を擦り汁を溢れさせていく)

スネイク「お尻の穴もヒクヒクしてきたしねぇ。案外、すぐイっちゃうんじゃない?」
(尻穴をしゃぶる少年が片手を股間に伸ばし、クリトリスを摘んで捻り上げた)

170 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/11(木) 02:33:34 ID:???
>>169
だから、離してもう一回戦えば…現に…あの時他の仲間に助けてもらわなかったら…大ダメージだったはず…
(ついさっきの戦闘を思い出しながら、今になっては考えても何の意味のないことを話しだす)


はぅ…乳首がたったからって…それはしかたないことで…心から感じてるわけじゃないわ…
そんなわけないじゃない…濡れるなんて…そんな…
(ちょうど宣言がされた直後から秘部から粘っこい愛液をしたたらせはじめてしまう)

うそでしょ…こんなことで…そんな
…それは…シャドルー全体で私を犯すということ…そんなの…違うわ…ベガに差し出すの…
(先ほどから否定され続けているベガの名前をかろうじて叫びさらなる格下げへの布石を嫌う)

お尻…やめなさい…くぅ…違う…違う…
私がいくわけなんか…お前達にいかされるわけが…
(強がっていたが、少年がクリトリスを刺激始めた瞬間から各所の快感もあいまってさらに大きくよがる)
…はぁ…乳首…クリトリス…やめなさ…ぃ…あぁ…これ以上は…ふはぁ…いゃぁ…めぇ…
(予言通りにキメラ隊に支配されいかされてしまいキメラ隊への敗北を感じてしまう)

171 :キメラ隊 ◆jd2J/ksf3A :2010/02/11(木) 02:40:30 ID:???
>>170
ベガ様にだと?
はははは、まだ思い上がりが治っていないようだなぁ!?
(組織の首領であるベガに差し出す価値もないと宣言した)

実際にレイプされてこんだけマンコを濡らしている変態のくせに強がるなよ!
(ズルズルと太い肉棒を引きずり出し、手で扱いて春麗の顔に粘りのあるザーメンをビチャビチャと浴びせた)

スネイク「ひひ、簡単にイったなぁ。この女、きっとケツ穴犯されてもすぐイクよ?」
ゴート「ほう、そ、それは面白い…ですね。試してみましょう」

スネイク「よーし! そら、下ろしてくれよ!」
(少年が仰向けに寝そべり、若々しくピンク色だが少年らしいサイズの肉棒を反り返らせた)

ライ「ケツ穴レイプでイけるかどうか… ほれ!」
(少年の上に春麗の尻を下ろす。少年の細めの肉棒が、舌で解された春麗のアナルに埋まっていく)

172 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/11(木) 02:53:32 ID:???
>>171
ベガはもう私なんか…興味すらない…のね
(いったあとだと何回も聞かされてきたことでも効果的に認識してしまう)

レイプされていってしまう変態…違う…人間の体はそんなに強くないわ…
そこにつけ込んできてるだけ…何回いかされても私の心さえ生きていればお前達の思い通りにはならない…
(結局いかされることすら仕方ないと思うようになってしまいキメラ隊の思う壷にはまっていく)

お尻なんか…エッチに使う場所じゃない…そんなとこいれられても大丈夫…いくわけがない…
(アナルでのセックスは行ったことがなく、さらに先ほどいかされたリーダーの肉棒にくらべあまりにかわいい少年の肉棒をみても安心していた。)
…何この感覚…嘘でしょ…まだ入れただけなのに…
しかもお尻…こんなにちっちゃいのに…うぁ…またなの…おかしい…いきたくないのに…またぁ…

173 :キメラ隊 ◆jd2J/ksf3A :2010/02/11(木) 02:59:17 ID:???
>>172
スネイク「失礼だなぁ。でも初めてのアナルならこれくらいが丁度いいだろ?」
(少年は春麗の大きく熟した尻の下で激しく腰を使う)
(ただ入っているだけでは物足りないような細さの肉棒が激しく暴れることで、腸の壁をえぐるような刺激を与える)

ライ「くく、やはりケツの穴のレイプでもイく変態か」
ゴート「変態ですなぁ! ははは! 乳首も嬉しそうにガチガチですし、マンコから汁も次から次へと…」
(巨漢と肥満男の四本の手が乳房を掴んで絞り上げ、乳首を摘み、オマンコにも何本も指を差し込んでかきまわす)

さて……まさかこれでイくような女なら、もう恥ずかしくて女刑事や、女格闘家などとは名乗れないよなぁ?
安心しろ!
そうなったお前の仕事は俺たちが世話してやるからな!
(少年のものの何倍も太く大きな肉棒を反り返らせて春麗の前にたち、サオで頬をビンタしながら宣言する)

174 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/11(木) 03:20:05 ID:???
>>173
ちょうどいいなんて…もんじゃない…こんなのでさえ…こんなに…
(感じすぎて精液をかけていたことにも気づかなかった自分の目の前にある肉棒をみてると怖くなる)

私は変態…おまんこも…おっぱいもいっぱい感じさせられて…挙げ句の果てにはお尻でも…
ベガには相手にされず…四天王はおろか…名前も知らなかった部隊につかまり…いかされまくる…
(おまんこ、乳房、アナルの三点責めをされながら、自分の現状をようやく理解したかのようなことをくちずさむ。)

私は女刑事…女格闘家と思っていたけど…結局何も出来なくて…
男にいかされまくる…淫乱な女…
現実はしらされてしまった…そんな私の面倒を見てくれると言うの…
どういう感じで…面倒みるの…
この叩きつけられる肉棒はどういう意味がこめられてるの…
教えて…私のいきる価値を…教えて…
(肉棒にビンタされながらもリーダーを見つめ、キメラ隊に奉仕させてほしいという視線を向ける。)



【次でキメラ隊に対する奴隷化と春麗が完全に堕ちるような感じになります。】

175 :キメラ隊 ◆jd2J/ksf3A :2010/02/11(木) 03:38:45 ID:???
>>174
ほう、ようやく自分の立場が分かってきたようだなぁ?
(春麗の媚びる視線に気付いてにたにたと笑う)

スネイク「名前ならさっき名乗ってやったろー? 馬鹿だなぁ。僕たちからすら、捨てられたいのかい?」
ライ「隊長がカオス、自分がライ。デブがゴートでガキがスネイクだ」
(少年は腰をくねくねと動かし、春麗のアナルにすっかり馴染んだ肉棒を蠢かす)
(巨漢と、肥満体は改めて名前をおしえながら春麗の左右に立ち、ズボンを下ろす)
(ライの肉棒はカオスほどではいが逞しく、特に太さはカオス以上だった。ゴートの肉棒は大きさは普通だったが、無数の真珠を埋め込まれている)

そうだ、お前の面倒はしばらくは俺たちがみてやる。
こうやって暇を見つけては、俺たちのチンポで犯し、ザーメンを与えてやる。
お前は、俺たちキメラ部隊専用の肉便器奴隷になるのさ…。
俺たちのチンポ様に奉仕し、気持ちよくしてもらい快楽に狂う…それがお前の生きる意味であり、価値なのさ!
分かったらさっさと、お前の大事なチンポ様に奉仕しろ!
(左右から、巨漢と肥満体の肉棒。正面からはリーダーの規格外の肉棒が突きつけられている)

176 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/11(木) 03:55:10 ID:???
>>175
いままで気付かなくてごめんなさい。あなた達は真実を述べていただけ。
私がおかしかった…調子に乗っていた…ごめんなさい
(今までとは違った言葉遣いで自らの非を謝り許してもらおうとする)

カオス様、ライ様、ゴート様、スネイク様…私を春麗を可愛がってくださって…ありがとうございます…
でも、こんなことを言いながら…スネイク様の肉棒で感じてる…私です。
キメラ隊の専属肉便器奴隷…私に最適な…役目ですね…
(言葉では言ったが実感がまだわかないところに三本の肉棒が並べられて興奮する)
(カオスの肉棒をくわえるとそのままフェラチオをはじめ、左右の2本はそれぞれ手でしごく。)
春麗に…肉棒の精液の…全てを叩き込んでください…




【今日はなかなかの時間になってしまったのできりもいいですし凍結していただけませんか?】
【希望としては土曜の夜なんですがどうですか?】

177 :キメラ隊 ◆jd2J/ksf3A :2010/02/11(木) 03:58:47 ID:???
【はい、時間的にはさすがにきついですね】
【ちょっと土曜日にこられるかどうかは微妙ですね…あとで伝後板で時間を教えてもらえれば】
【いけるかどうか、お返事します】

178 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/11(木) 04:05:36 ID:???
【長い時間ありがとうございました。あんまり無理してもだめですし。】
【伝言板まってます。ダメだと来週の金あたりになります。】

179 :キメラ隊 ◆jd2J/ksf3A :2010/02/11(木) 04:06:41 ID:???
【いえいえ私も楽しかったですから】
【ではまた後日ですね。おやすみなさい】

180 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/11(木) 04:07:47 ID:???
【おやすみなさい】

181 :シェリー ◆saKB.mTFnXZI :2010/02/11(木) 23:49:00 ID:???
【キャラ名】 シェリー・バーキン
【原典】 バイオハザードシリーズ
【備考】 2から数年後、ちょっと成長した時期を考え中(4の時代ほど)
【希望】 新種のウィルスやプラーガを植え込まれて、植え込まれた人に従順な生物兵器になりたい、かな?
【NG】 大スカトロだけは絶対にイヤかな

>>131と同じ。
少し待たせてもらうね。

182 :名無しさん@ピンキー:2010/02/12(金) 00:01:36 ID:???
おお…2の娘か…
成長しておっぱいやお尻はセクシーになったかな?

183 :シェリー ◆saKB.mTFnXZI :2010/02/12(金) 00:02:39 ID:???
>>182
クレアほどじゃないけれど、小さい時よりは成長したと思うな。

184 :名無しさん@ピンキー:2010/02/12(金) 00:11:00 ID:???
>>183
クレアよりも可能性を秘めていると思ったのに…
2の数年後に騙されてアンブレラの研究機関で実験されちゃう…とかどうかな?

185 :シェリー ◆saKB.mTFnXZI :2010/02/12(金) 00:13:10 ID:???
>>184
ママがあまり大きくなかったから、ちょっと不安かな、って思って。
シチュエーション的にはあってるね、お願いしてもいいかな?

186 :名無しさん@ピンキー:2010/02/12(金) 00:27:00 ID:???
>>185
個人的な好みで大きい方が好きでね…
あのピンチから生き延びたんだから、ママより育つよ

ウェスカーの監視下にあったけど、Gウィルスの抗体を欲しがる機関に狙われて…
Gウィルスを進化させたウィルスの実験に使われてしまう…ってとこかな?
お相手いただけるなら嬉しいな
書き出しはどっちにしよう?

187 :シェリー ◆saKB.mTFnXZI :2010/02/12(金) 00:30:50 ID:???
>>186
そう、かな?
それだったら、嬉しいんだけれど。

うん、わたしの体内にはGウィルスへの抗体が出来てるし、
利用したがる機関なら、結構いるかもしれないし。
それに、もしわたしが捕まれば、クレアやレオンへのけん制にもなるから…。
書き出しはお願いしてもいい、かな? 捕まえられた時の状況とかわかると嬉しいし。

それと、NGは大スカトロで、それ以外は、大丈夫なつもり。
あの、エッチな言葉を言わされるのも、最初は嫌がるけど、効いてくれば
大丈夫だから。 それじゃあ、よろしくね。

188 : ◆gkYUuYfYDU :2010/02/12(金) 00:52:26 ID:???
>>187
【こちらこそよろしく】

(あの惨劇から数年…シェリーは美しく成長していた)
(とはいえ、あの恐怖と悲劇により、シェリーの心には暗く重い闇が潜んでいた)
(シェリーの周りには友人もできたが、闇の中を知る者はいない)
(シェリーはいつしか孤独に捕われていった)
(そんな中で、シェリーは一人の男に会った)

『僕はラクーンシティから来た…』

(影のあるその男は、少し辛そうにシェリーに告げたことがある)
(やがて彼と親しくなり、彼の部屋に招かれたシェリーは出されたコーヒーを飲んでしまう)
(ゆったりと近づく彼の背後にあった棚にアンブレラの社印が入った瓶…)

ようこそ…シェリー・バーキン…
Gウィルスに抗うお姫様…
(シェリーが知る彼の顔とは違う、おぞましい笑みが視界を塞ぐ)
(その瞳の闇に引き込まれるように、シェリーの意識は闇に呑まれた)

189 :シェリー ◆saKB.mTFnXZI :2010/02/12(金) 01:00:34 ID:???
>>188
(あれから数年、クレアやレオンの働きかけにより、表向きの自由は戻った)
(ハイスクールに通い、友人たちと話をする事もある平和な日常)
(それでも、時折、いや、毎晩毎晩うなされる悪夢、どうしても、あの事は忘れられなかった)
(その時に出会った一人の彼、ラクーンシティから来た、という青年)
(初めての出会いから数ヶ月が経ち、色々な事を話すことも多くなった)
(部屋に招かれた際には、少し迷ったものの誘いを受け入れた)
(お邪魔して、コーヒーを飲みながら目に入った瓶に、目を大きく見開いて)

え? あな、たは?
なんで…、どうして、こんな、こ…と…?
(おぞましい笑みが視界に入り、どう言う事かと立ち上がって尋ねようとした時)
(急激に意識が反転したような感覚に襲われ、眩暈に似た感触を覚えた)
(それと同時に、彼にもたれかかるようにして、意識を喪ってしまい)

…っ、クレ、ア…。 ごめ、んなさ…。

(それが意識を喪う前の最後の言葉で)

190 : ◆gkYUuYfYDU :2010/02/12(金) 01:14:39 ID:???
>>189
【申し訳ない…】
【こちらのレスに時間がかかり過ぎてしまうし、】
【今日中に肝心の部分どころか導入も終わるか分からない…】
【本当に申し訳ないけど、破棄してもらえると助かる…】
【本当にお詫びの言葉もない】

191 :シェリー ◆saKB.mTFnXZI :2010/02/12(金) 01:16:02 ID:???
>>190
ううん、こちらこそ声をかけてもらえてありがとう。
もうちょっと具体的に決めておけばよかったんだけれど…。
また、機会があったらよろしくね。
今日はありがとう。

それじゃ、わたしも落ちるね。

192 : ◆gkYUuYfYDU :2010/02/12(金) 01:19:37 ID:???
>>191
いや、こっちから声掛けたのに…本当に申し訳ない
もし今度会えたら、その時はゆっくり…
早く良い相手が見つかるように祈るよ
短い間だけどありがとう

193 :シェリー ◆saKB.mTFnXZI :2010/02/12(金) 23:52:28 ID:???
【キャラ名】 シェリー・バーキン
【原典】 バイオハザードシリーズ
【備考】 2から数年後、ちょっと成長した時期を考え中(4の時代ほど)
【希望】 新種のウィルスやプラーガを植え込まれて、植え込まれた人に従順な生物兵器になりたい、かな?
【NG】 大スカトロだけは絶対にイヤかな

>>131 >>138と同じ。
少し待たせてもらうね。


194 :シェリー ◆saKB.mTFnXZI :2010/02/13(土) 00:48:01 ID:???
待機、解除するね。

195 :草薙素子 ◆HhI6I4u4nw :2010/02/14(日) 07:12:41 ID:???
【キャラ名】 草薙素子
【原典】 攻殻機動隊
【容姿】 ttp://blog-imgs-31-origin.fc2.com/d/e/n/dennnet/8_20090419154113.jpg
【希望】 オーソドックスにウイルスや電脳ドラッグでゴーストを破壊されたり、改竄されて洗脳されるのがいいわね
     洗脳後はスパイや愛人にされたり、奴隷にされたりとかがいいんじゃないかしら
     後は…私のとそっくりに作られた義体の使い手に屈服させられて、偽物に全てを譲り渡しちゃう…そんなのも楽しそうだわ
【NG】  スカトロ系は、物理的に不可能よ

196 : ◆Z7LfofoFHM :2010/02/14(日) 07:17:30 ID:???
【お相手お願いしてよろしいですか?】
【既に洗脳されて奴隷として扱われてるという感じでいいですか?】

197 :草薙素子 ◆HhI6I4u4nw :2010/02/14(日) 07:22:28 ID:???
>>196
【レスポンス早いわね…】

【良いわよ、で、あなたの方はどんな立場の人間なのかしら】

198 : ◆Z7LfofoFHM :2010/02/14(日) 07:26:57 ID:???
>>197
【漠然とですが、奴隷売買の組織の調教師のような奴隷作り担当で】
【素子が潜入捜査しにきたのを組織が返り討ちして奴隷化した…】
【みたいなものをイメージしていました。】

199 :草薙素子 ◆HhI6I4u4nw :2010/02/14(日) 07:31:38 ID:???
>>198
【成程ね、だいたい解ったわ】
【私はもう100%調教完了していて、後は売却を待つばかり、みたいな感じ?】
【それとも調教師であるあなたに気に入られて、専属の奴隷兼アシスタントみたいなことになってるの?】

200 : ◆Z7LfofoFHM :2010/02/14(日) 07:34:06 ID:???
>>199
【そこは、調教師が気に入って自分の奴隷にしてしまったという設定でお願いします】
【調教自体は100%完了ですが】
【書き出しはどちらからにしましょうか?】

201 :草薙素子 ◆HhI6I4u4nw :2010/02/14(日) 07:36:15 ID:???
>>200
【了解】
【じゃあ、そちらからお願いするわね】

202 : ◆Z7LfofoFHM :2010/02/14(日) 07:36:34 ID:???
>>201
【分かりました。では少しお待ちください】

203 : ◆Z7LfofoFHM :2010/02/14(日) 07:40:46 ID:???
>>201
(カチ…ピーッ)
(電子ロックが開錠される音が部屋に響く)
(すぐ後に扉を開けて入ってくる男の影)

よお、大人しくしていたか?草薙素子…雌奴隷
(灯りが点くと、その簡素な部屋に一人転がっていたのが見える)
(首輪以外全裸で股間にバイブをくわえ込まされた雌奴隷がいた)
ほら、ご主人様のお帰りだ。挨拶はどうした?

【では、こんな感じでよろしくおねがいします】

204 :草薙素子 ◆HhI6I4u4nw :2010/02/14(日) 08:03:09 ID:???
>>203
(ヴンッ───)
(男の声を起動キーに、義体が活動を開始する)
(真紅の目が見開かれ、身体を起こすと、首輪を嵌め、バイブを奥深くまで埋め込んだまま)
(身にまとうもの一つ無く、恭しく膝をついて頭を垂れた)

         マイマスター
お帰りなさい、御主人様
スペシャルカスタムセクサボーグ・草薙素子ver.6、起動完了……何時でも、御主人様のご命令を遂行できるわ
(その身体は今や、性処理のために特化した超高性能義体に換装されている)
(勿論、義体と言うハードだけではない。ゴーストと言うソフトも男の手で満足のいくまで改竄され)
(あらゆるセックススキル関係のソフトを積み、何人もの電脳娼婦のゴーストを融合させたことで)
(かつての公安9課の隊長は、男に絶対の服従を誓う、世界最高レベルの性処理奴隷サイボーグとして完成していた)
(顔を挙げ、芸術的なまでの造形にこだわったその美貌が、揺ぎ無い忠誠を目に宿し、男を見上げる…)

205 : ◆Z7LfofoFHM :2010/02/14(日) 08:13:01 ID:???
>>204
うん、よしよし…立派に出来上がっているようだな。
あの反抗的だった頃が嘘のようだ。相変わらず美しいぞ、素子……
(素子の顔を撫でて、その完成度合いに満足した様子を見せる)

まずは一発、ヌいてもらおうか。
(衣類を脱いで裸になると、股間のペニスが大きく反り返って立ち上がる)
お前のそのスケベな肉体の…胸と口を使って奉仕してもらおうか。
(そう言うと同時に素子のバイブが振動を始める)
(ブゥゥン……ヴィィィィ……ウィンウィンウィン)
(性感も高められた素子の膣の穴をこねくり回して奥まで犯しぬいていく)
ただし、子の状況でな。どうだ、バイブは気持ちいいか?この淫乱雌奴隷め。

206 :草薙素子 ◆HhI6I4u4nw :2010/02/14(日) 08:45:39 ID:???
>>205
御主人様……
私のゴーストが、あなたに従えと囁いた時……世界は変わったわ
……ありがとう、今の私があるのは、貴方のお陰よ…
私…草薙素子は、Special EXtraクラスの電脳娼婦として、この身とゴーストの全てを、貴方に捧げるわ…
(頬を撫でる手を取り、その手の甲に口付ける)
(瑞々しく柔らかく、しっとりと肌に張り付く唇の粘膜は、それだけで大抵の男を勃起させるだろう)

お易い御用よ、御主人様
……ああ…素敵なオチンポ…………太くて長くて…それに、こんなに硬い…はぁうんッ!!
あ、あああ……………オマンコ、バイブがっ………んんんッ…!!

き…気持ち良いわ………解ってるくせに…!このバイブは、貴方のオチンポを模ったものじゃないの……ああンッ!!
(艶やかに、蕩けるような微笑を浮かべると、寝台に腰掛けた男の脚の間に陣取って、しなやかな指を幹に絡み付ける)
(頬を染め、息を弾ませ、言われるままに口を開いて…突然始まった振動に、喉の奥から掠れた悲鳴を上げた)
(膣内をかき回し、子宮口を小刻みにノックし続けるその動きに身悶えながら囁くと、改めて唇を寄せていく…)

…はぁ…………んッ…ふ………むちゅッ…ちゅぷッ、ちゅぷッ………
(濡れた吐息で男の陰毛をそよがせながら、ぱんぱんに張った亀頭を、雁首の辺りまで咥えこむと)
(唇で雁首を擦るようにして、小刻みに、唾液を溜めつつ、まずは先端部に集中して奉仕した)

207 : ◆Z7LfofoFHM :2010/02/14(日) 09:00:19 ID:???
>>206
ふふ、さすが俺が目をつけただけはあるな、このいやらしい唇は。
そいつで俺のチンポを咥え込んだらさぞ気持ちいいだろうな。

(硬くそり返る肉棒を素子の唇に押し付けて、存分に口を犯しまくり)
(ガチガチになった先端からとろりと先走り汁がたれ始めてくる)

俺のチンポそっくりのバイブが好きなようだな。後でちゃんと本物をくれてやるから
今はしっかりとこのスケベな口マンコで奉仕するんだぞ。
(振動するバイブが激しく暴れまわり、回転してる為に抜けそうになれば)
(男の手が素子の股間に伸ばされてバイブを押し込み直し、奥をバイブで叩く)
おっと、今抜けそうだったぞ。ちゃんとマンコ締め付けておけよ。
手を使ったり落としたりしたらお仕置きしてやるからな。

そうだ、そうやって舐めるんだ、上手だぞ、この雌奴隷め。
(零れ落ちる先走り汁が素子の喉の奥を潤しながらビクビクと痙攣する)
俺のチンポは美味いだろう、そういう風に調教してやったからな。
俺の精液がなければ生きていけない、俺専用の雌豚奴隷になあ。
ほらほら、もっとしっかり加え込んで奉仕しろ、お前の存在価値はそれしかないんだからな!
(腰を押し付けて更に深く素子の口の中を犯そうとして喉の奥を目指し始める)

208 :草薙素子 ◆HhI6I4u4nw :2010/02/14(日) 09:34:42 ID:???
>>207
……はぁ…はぁ…んぅ……!
ん、ん、んんんッ…ダメ、そんなに擦りつけたら私………っ!
(先汁で濡れた亀頭で唇をなぞられることでDNA認証が行われ、徐々にリミッターが解除されていく)
(まだ咥えてすらいない状態だったが、これもまたある意味粘膜同士の接触…)
(身体はあっと言う間に昂ぶり、ひくひくと身体を痙攣させた)

…ごくッ…………わ、解ってるわ、御主人様…くふぅぅンッ!!
ご、御免なさい…ん………ッ…!はぁ、はぁ……ちゅぱ…ふ…んむぅ…………
むちゅッ、んちゅッ、ちゅぷっ、ちゅぷっ、んちゅばッ、ちゅばッ、ちゅぱッ……………♥
(後でくれてやる…その一言に、思わず唾を飲み込んだ)
(こくりと頷き、咥えなおそうとする前に、抜けかけていたバイブが、ぐいっと押し込まれる)
(背筋を仰け反らせながらも堪え、バイブをしっかり膣穴で食い締めると、再び奉仕を再開した)

んふーっ…んん、んんっ………
…ちゅる、ぢゅるッ……じゅ…すぼぉぉぉぉぉ…ッ♥
んぼッ、むぼッ、かぽッ、がぽッ、じゅっぽ、じゅっぽッ、じゅぽ、じゅぽ、じゅぽ、じゅぽッ♥
(事実、今の自分にとって男の精液は麻薬のようなもので、三日摂取していないだけで禁断症状の果てに発狂死する体質になっている)
(それだけではない。味覚も調整され、男の精液や体液を…それだけを美味に感じるようにされていた)
(………やがて、口内に溜まった唾液と先汁を啜ると、言われるままに、いよいよディープスロートを開始する)
(蛸のように唇を尖らせ、鼻の下を伸ばし、目を潤ませたフェラ顔で、まるで口内粘膜で肉棒を真空パックするかのように舐め、吸引すれば)
(唾液は唇と肉棒の僅かな隙間から泡立ってあふれ出し、男の陰毛を、そして胸元にぼたぼたと垂れ落ちていった)

じゅるッ…ずちゅちゅちゅちゅちゅちゅちゅぅぅぅぅぅ〜〜〜〜〜〜〜〜ッ♥
                                             Special EXtra
(そして己の存在価値=セックスであるという男の言葉にこくこくと頷き、最高級の性奴隷サイボーグの矜持にかけて、ゆっくりとその長大な肉棒を、喉奥へと飲み込んでいく…)


209 : ◆Z7LfofoFHM :2010/02/14(日) 09:48:12 ID:???
>>208
そうだそうだ、お前の雌豚穴はちゃんとすればこんなバイブくらいどうって事はないだろ。
(素子がきちんとバイブをくわえ込んでいるか確かめようとバイブを掴み)
(前後左右にぐりぐりと動かして抜けそうにならない事を確認する)

んおお…おおおお…本当に家畜みたいな顔になり果てたな。
もう人としてのプライドも糞もなくなってしまったようだな、エロ薙豚子!
一生懸命なのは、俺に奉仕するのが幸せだからか?それともザーメンが欲しいだけか?
(素子の頭を掴んで喉奥を犯しながら素子のフェラ顔を見下ろし)
(嘲るように笑いながら素子のフェラ技術を堪能してゆく)

こっちの雌肉の塊も使って貰わないとな。ほら。淫乱雌豚らしいデカ乳だぜ。
お前の口マンコも乳マンコも俺の肉便器に過ぎないんだから好き勝手に犯させてもらうぜ。
(素子の乳房を掴んで持ち上げて、ペニスを一旦途中まで引き抜くと)
(素子の了承を得ずに乳房で肉棒を挟んで擦り、竿をしばらく擦ると)
(今度はまた素子の喉の奥まで肉棒を突っ込み、口マンコと乳マンコを交互に味わう)
ああ、口だけじゃなく胸も最高だな、誉めてやるぞ豚子。
お前の頑張りとエロさに免じてそろそろ精液を出してやろうと思うが、欲しいか?ん?
(硬くなり、射精寸前になったペニスを素子の口に、乳に押し付けながら問いかける)

210 :草薙素子 ◆HhI6I4u4nw :2010/02/14(日) 10:22:28 ID:???
>>209
んむぅッ!?
……ん、ふぅ……!!んむっ、んむぅぅ……じゅぱッ、ちゅばッ、んじゅぱッ…!!
ふーッ…んふー…………ッ…♥
人としてのプライド…?そんなものなんか要らないわ………
私に在るのは、貴方のためだけの、世界最高のセクサボーグであり続けるという矜持だけ…

…………野暮なことは言わないでくれるかしら?
貴方に奉仕し、満足してもらうことが、私の存在理由…飽きたなら、いつでも捨てる権利が、貴方にはある…………
(ふーふーと、鼻息を荒くして、口ピストンを繰り返すと)
(電脳をリンクさせて、しゃぶりつきながらもきちんと受け答えた)
(…………電脳化による通信は、リアルタイムに感情や思考までも伝達する)
(電脳娼婦に堕した元隊長のその言葉には、一欠けらの偽りも含まれてはいなかった)

ええ、好き勝手にして……あんッ、硬くて、熱い…………まるで、鋼みたいだわ…♥
……んはァ………あむ…ちゅぱ、んじゅぱッ、ずじゅぽッ、じゅちゅッ、じゅちゅッ、ちゅずずずッ、じゅぶぽぉッ♥

頂戴………はあァァァ…精液、欲しい………!御主人様、この哀れなオチンポ奴隷の私に、精液、恵んでぇ……………ッ!!
(形よく整った巨乳は、人工だからこそ可能な究極のバランスで上向きに乳首を尖らせ、揺れ動いていた)
(その胸元には、特別製であることを示す、最上ランクのセクサボーグであることを表す略称でもある「SEX」の三文字が)
(さらにその下には、シンボリックに崩された「隷」の一字が、肌に直接プリントされていた)
(男に乳房を鷲づかみにされているぶん空いた手で、甘えと媚を滲ませながら男の腰にぎゅっとしがみつく…)
(下された射精宣言に、電脳を介しておねだりすると顎を上げ、そこで精液を受け止めるべく、口を開いて舌を伸ばした)

211 : ◆Z7LfofoFHM :2010/02/14(日) 10:35:18 ID:???
>>210
模範的な答えだな。時間をかけて調教した甲斐があるぞ、ハハハ
(くしゃっと素子の頭を撫で回して満足そうに笑いかけ、興奮したペニスが更に硬くそり返る)
ああ、分かった。出来のいい奴隷にはちゃんと褒美をやるからな。
ただし、俺の精液は一滴たりとも零さず全部飲み込むんだぞ。言われなくても分かってるだろうが。
(素子の乳首をギリリッと摘んできつく言い聞かせながらペニスを喉奥まで押し込み)

さあ、ほら出すぞ。
豚子の雌豚口便器に、たっぷりと濃いザーメンをぶちまけてやるからな!
(宣言すると素子の頭と首を掴んで引き寄せて、亀頭が素子の喉に押し当てられる)
(ビュルルルッ!!どくっどくっどくっ!ブシュウアァ!)
(そその瞬間射精が行われ、勢いよく噴出した精液が素子の喉に直接叩き込まれる)
んんんっ!!ほらほら、ご主人様に口を便器にされるのは最高か?
マンコにバイブ突っ込まれながら精液便所にしてもらえるなんて幸せな奴隷だなお前は!
(どろっと粘性の高く粘ついた精液を直接流し込みながら軽く腰を引いて)
(口の中にも、舌で味わえるように大量に注ぎ込んで口の中をいっぱいにしてやる)
ちゃんと味わえよ?今口の中に注いだ分は命令するまで飲み込むなよ。
(精液を出しつくし、ゆっくりとペニスを引き抜きながら)
さあ、口を開けてみろ。お前の口が精液便所になっているところをしっかり記録するからな。
(カメラを準備し、レンズを素子に向けながら、汚され尽くした口内を晒すよう命令する)

212 :草薙素子 ◆HhI6I4u4nw :2010/02/14(日) 11:31:15 ID:???
>>211
………♥
はぁ…ごくッ………当然よ、零すなんて…勿体無くてできないわ………んもッ…もごぉぉぉぉッ♥
(男の笑顔に、髪を撫でる手に、下してくれた高い評価に、心の底から幸福感が湧いてくる)
(もう直ぐもらえるご褒美への期待に唾を飲み込むと、艶っぽく微笑んで…根元まで肉棒を突き入れられた)
(鼻先が、整った顔立ちが陰毛に埋まり、喉を突かれて発情した豚のようなうめき声を上げる)
(普段は切れ長の、怜悧な目つきは淫欲に狂い、三日月のように歪んで)
(口便器に相応しい、痴悦に蕩けた雌豚顔で後頭部をしっかりとクラッチされると………肉棒が、弾けた)

ふむッ♥んむ、んんんんんん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ♥
…んぐ、んぐ、んぐ、ごきゅッ……んぐっんぐっんぐっんぐッ……最高、最高よ!
女に生まれてよかったわ私………あはぁぁぁぁッ♥イク、イク、イクイクイクイクぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅッ、口便器イクぅぅぅぅぅぅッ♥
(どくどくと注がれる精液を、胃に直接飲み込まされて)
(アルコール度数の高い酒を飲んだみたいに、身体がかあっと熱くなり、頭の中が白濁で塗りつぶされていく…)
(満面の笑みで強制精飲させられ、絶頂に導かれながら、今度は口内にもたっぷり射精された)
(…………やがて精液を出し切った男は、ゆっくり肉棒を引き抜き、カメラを構える)
(それだけで全てを察すると、口をぐちゅぐちゅと精液でゆすぎ、口内を精液まみれにしてから…)

…………は…………ぁ………♥
(……軽く顎を上げてぬめ光る唇を開き、口腔を見せ付けた)
(ゼリー状の濃い部分と、カルピスの原液のような部分が入り混じり、それを零さないように舌がゆっくりかき混ぜて)
(顔が陰毛に密着するほど咥えさせられたためか、男の陰毛までもがそこに浮かんでいるのが見える)
(歯と歯の間も粘つく白濁が淫靡に糸を引いた口内は、まさに精液便所と化していた)


213 :草薙素子 ◆HhI6I4u4nw :2010/02/14(日) 11:33:12 ID:???
【御免なさい、凄く楽しませてもらってる所だけど…ちょっと私用で席を外さないといけなくなったわ】
【次辺りで一度締めて貰えないかしら。再開できるかどうかは解らないけれど…】

214 : ◆Z7LfofoFHM :2010/02/14(日) 11:41:28 ID:???
>>212
これだけ深く喉に突き刺して出してやってるんだから、零さないのも当然か。
(注ぎ込めば注ぎ込むだけ飲んでいく素子を見て感心して笑みを浮かべ)

いい表情だぞ、雌豚。ハハハ、口の中が汚物塗れだなあ。
俺も随分沢山精液を出したものだな。お前のような美人な豚を虐めれて楽しいぞ。
(パシャパシャッとカメラで丁寧に口の中を撮影し、素子のいやらしい表情を収め)
(素子の唇や頬にペニスを押し付けながら、雌豚と化した素子の顔を汚してゆく)
よし、もう飲んでいいぞ。ちゃんとごちそうさまを言うんだぞ、いいな。

さて、次から調教本番だ。
(素子の首に鎖をつけてひっぱり、四つんばいで引きずらせるように歩かせる)
豚が人間様のように立ち上がるんじゃないぞ?さ、いつも通り隣の調教部屋を使うからな。
(そう言って鍵を開けて隣室の扉を開け、素子を伴って移動する)

(肉奴隷草薙素子の調教はここから始まるのだ――)

>>213
【了解です。ひとまずこんな形で締めますね】
【再開のめどが立ちましたらこのスレか、伝言板スレで連絡してください】

215 :草薙素子 ◆HhI6I4u4nw :2010/02/14(日) 12:02:34 ID:???
>>214
んぅ……はぁ……ああんッ……♥
………んぐッ…ごくッ……………………んぐ…っく………

ふぅ…ごちそうさま、御主人様の精液を処理できて、雌豚便器は幸せだわ………
(残滓で汚れた肉棒を顔に擦りつけられ、卑猥なザーメンメイクを施される)
(主からの許可に口を閉じ、喉を鳴らして飲み込むと…再び口を開いて、言いつけどおりに全て飲み込んだ証にした)
(カメラに向かってそれも見せ付けながら、汚れた顔で、けれどまた凛とした顔立ちに戻って、淫語を並べる…)
(それは最早、今の状態が「正気」であることのしるしに他ならない)
(…………その様子を満足そうに見ていた男の手で、首輪に鎖をつけられ、軽く引かれると四つんばいで歩き出す)

御主人様……今日もたっぷりと、私で楽しんでいって………
全ては貴方の、望むままに──


【このレスで私も落ちるわ。ありがとう】

216 :草薙素子 ◆HhI6I4u4nw :2010/02/14(日) 12:05:38 ID:???
>>214
【伝言板かこのスレ、ね…解ったわ。予定が判明し次第、連絡しておくから、目を通しておいて頂戴】
【改めて落ちるわね。お疲れ様】

217 : ◆Z7LfofoFHM :2010/02/14(日) 12:24:29 ID:???
>>216
【お疲れ様でした。お付き合いありがとうございます】
【それではまたの機会に】

218 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/14(日) 20:29:43 ID:???
>>179
【伝言板のほうで反応がなかったのでこちらにも伝言を残させてもらいます。】

【続きの話がしたいのでお返事お願いします。】

219 :シェリー ◆saKB.mTFnXZI :2010/02/14(日) 23:24:25 ID:???
【キャラ名】 シェリー・バーキン
【原典】 バイオハザードシリーズ
【備考】 2から数年後、ちょっと成長した時期を考え中(4の時代ほど)
【希望】 新種のウィルスやプラーガを植え込まれて、植え込まれた人に従順な生物兵器になりたい、かな?
【NG】 大スカトロだけは絶対にイヤかな

少し待たせてもらうね。


220 :シェリー ◆saKB.mTFnXZI :2010/02/14(日) 23:57:53 ID:???
待機、解除するね。

221 :シェリー ◆saKB.mTFnXZI :2010/02/16(火) 23:42:18 ID:???
【キャラ名】 シェリー・バーキン
【原典】 バイオハザードシリーズ
【備考】 2から数年後、ちょっと成長した時期を考え中(4の時代ほど)
【希望】 新種のウィルスやプラーガを植え込まれて、植え込まれた人に従順な生物兵器になりたい、かな?
【NG】 大スカトロだけは絶対にイヤかな

少し待たせてもらうね。


222 :シェリー ◆saKB.mTFnXZI :2010/02/17(水) 00:39:35 ID:???
待機、解除するね。

223 :名無しさん@ピンキー:2010/02/17(水) 00:44:49 ID:???
空振りばかりで可哀想になるな

224 :名無しさん@ピンキー:2010/02/17(水) 08:38:43 ID:???
個人的にちょっと期待してるんだけどなー

225 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/20(土) 11:08:58 ID:???
>>145
の通りで待機します。

多少の変更はありなので気になる方は何でも言ってください。

譲れないものは肉棒絶対主義調教です。
あと何回かにわたって凍結しながらやってくれる人が嬉しいです

226 :名無しさん@ピンキー:2010/02/20(土) 11:40:50 ID:???
ちょっと難しそうだけど
シチュには興味あるな……

227 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/20(土) 11:43:26 ID:???
>>226
【自分でもあまりに希望が詳細過ぎるのですべてを満たすのは難しいと思っています。】
【複数はやはり難しいでしょうか?】

228 :名無しさん@ピンキー:2010/02/20(土) 12:02:07 ID:???
ロールがスレH並みだったんでやめます

229 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/20(土) 12:05:02 ID:???
>>228
【それでは仕方ないですね。】

230 :名無しさん@ピンキー:2010/02/20(土) 12:08:59 ID:???
春麗まだいる?

231 :名無しさん@ピンキー:2010/02/20(土) 12:09:38 ID:???
>>225
【三つ子の調教師によって精液中毒の肉棒絶対奴隷に堕とされ】
【春麗完全隷属ビデオを撮られ、三つ子のハメ穴として飼われる、と言うのでどうでしょうか】

232 :名無しさん@ピンキー:2010/02/20(土) 12:11:34 ID:???
初めは普通のでってのは
初めは普通に戦っているってことでよろしいのですか?

233 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/20(土) 12:19:06 ID:???
>>230
【まだいますよ】

>>231
【大筋はそういう感じで大丈夫です】


>>232
【普通に戦って負けても、卑怯な方法で負けても大丈夫です】

234 :232:2010/02/20(土) 12:21:12 ID:???
>>233
先客が現れたようなので去りますね

235 :名無しさん@ピンキー:2010/02/20(土) 12:26:08 ID:???
>>233
【三つ子の人が来なかったらお相手いいかな?】
【春麗を屈辱的なコスチュームで犯したいな?】

236 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/20(土) 12:29:29 ID:???
>>234
【すいません。また機会があればお願いします。】

>>235
【それでは少々お待ちください。】

237 :231:2010/02/20(土) 12:30:03 ID:???
>>233
【了解です】
【捕らえる前のバトルから開始と言うことでしょうか】
【それとも捕まってからの調教開始からで?】

【三つ子の精液から作った媚薬軟膏塗りたくって堕としていくとかどうですかね】

238 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/20(土) 12:40:18 ID:???
>>237
【そういう感じでしたら普通に戦って負けるよりも卑怯なやり方で負ける方があってそうですね。】
【戦いの様子をやると時間がかかりそうなので、ロールの最初に戦いのシーンの説明くらいで捕まったあとということでよろしいでしょうか?】


【媚薬精液で堕ちるのは楽しそうです。】

239 :231:2010/02/20(土) 12:51:30 ID:???
>>238
【一人が三人、三人が一人……! とかそういう感じの幻惑系の技とか使いそうですしね、こちら】
【はい、それで構わないですよ】

【たっぷりと媚薬精液で仕込まれて、普通の精液も、と言う具合になるかと】
【塗りたくったあと、放置して疼かせるとかもしてみたいですね】

240 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/20(土) 13:04:11 ID:???
>>239
【卑怯な方法でやられるシーン含めて書き始めお願いしてよろしいでしょうか?】
【春麗は普通に戦っている感じで行動を決めてもらってかまいません。】
【媚薬精液を塗られ放置され、疼いて我慢できずオナニーしてしまいそのシーンをビデオに撮られてしまうとか楽しそうです。】

241 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/20(土) 13:05:23 ID:???
>>235
【ごめんなさい。また機会があればお願いします。】

242 :名無しさん@ピンキー:2010/02/20(土) 13:25:13 ID:???
で、231はいずこへ?

243 :231:2010/02/20(土) 13:25:20 ID:???
(シャドルー本部に単身乗り込んできたICPOの女捜査官・春麗)
(並み居る敵をなぎ倒しつつ先に進むその前に、およそ表情のない男がぬっと立ちはだかる)

ふむ、なかなかの手練れ。
だが、我らに会ったことを不幸と思え。

(その両袖から飛ばす錘)
(ワイヤーに繋がれた鋭い錘の先端が春麗を狙う)
(だが、直線的なその軌跡を春麗は難無くかわす……その先に)

二の影……参る。

(かわした先に現れた同じ顔の男が、またしても錘を飛ばす)
(一撃目をかわしたが故に崩れた体制では左右いずれにもかわせず、だが春麗は上へとそれをかわす)
(だが、その先には)

終影、参る。

(天井に張り付くように待ち構える三つ目の同じ顔)
(さらに飛ばされた錘を、かわすことは能わず……2×3の6本のワイヤーがその身体に絡みつき)

「「「鳥籠」」」

(ワイヤーから電流が流され、春麗の意識を、断ち切る)
(倒された春麗を見下ろす三つの影)

さあ、いかがいたそう。
むろん、我らの手柄故。
我らが持ち帰るは必定。

(三人は同じ顔を同じく頷かせ、春麗の身体を持ち上げ……彼らの部屋、調教室へと連れていく)


【このような感じでよろしかったでしょうか】

244 :名無しさん@ピンキー:2010/02/20(土) 13:33:01 ID:???
>>231
一応、トリ付けたほうがいいですよ。

245 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/20(土) 13:34:22 ID:???
>>243
(順調に進んでいた潜入だが、まさかの三人の攻撃に体の自由を失われてしまい捕らえられる結果になってしまった。)
(電流による失神からやっと目を覚ました時にはこれからどうなるかの恐怖と卑怯なやり方への怒りに満ちていた。)


【もう少し速いテンポでお願いしたいです。あとその口調ですとロールをあまり楽しめない気がします…】
【合わないようなら破棄にしますがどうしましょうか?】

246 :231:2010/02/20(土) 13:35:36 ID:???
>>245
【そうですか、では無理に続けない方がよいですね】
【申し訳ありませんが破棄と言うことでお願いします】

247 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/20(土) 13:38:11 ID:???
>>246
【こちらこそ申し訳ありません。】





【わがままですがまだ待機させていただきます。】

248 :名無しさん@ピンキー:2010/02/20(土) 13:45:50 ID:???
力量ないのに設定にこだわるから…

249 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/20(土) 13:47:56 ID:???
>>248
【それは重々承知してます。なのでいろいろ諦めようとは思っています。】

250 :名無しさん@ピンキー:2010/02/20(土) 13:50:37 ID:???
>>249
捕らわれてから、複数の子供に弄ばれるというシチュでお願いしたいのですが、

251 :名無しさん@ピンキー:2010/02/20(土) 13:50:45 ID:???
他人のロール見るなり小説読むなりして
力量付けてから出直すんだな
そうじゃないとそれ相応の相手しか来ない

252 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/20(土) 13:57:22 ID:???
>>250
【子供はシチュが大幅にずれてしまうのですいません。】

>>251
【時間があまりとれないので焦ってばかりいました。でも、それならロールするのを諦めるしかなさそうです。】

253 :名無しさん@ピンキー:2010/02/20(土) 14:04:52 ID:???
>>252
複数兄弟シチュならOKです?

254 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/20(土) 14:08:03 ID:???
>>253
【すいません。落ちます。もう来ません。】

255 :名無しさん@ピンキー:2010/02/21(日) 03:26:20 ID:???
これはひどい

256 :春麗 ◆l0Q.VfeGh2 :2010/02/21(日) 04:44:00 ID:???
勿体無いわね、いいシチュエーションなのに…

257 :名無しさん@ピンキー:2010/02/21(日) 04:51:44 ID:???
>>256
いいシチュこそ難しいものさ。
で、あんたも奴隷にされたくてきたのかな?

258 :春麗 ◆l0Q.VfeGh2 :2010/02/21(日) 05:09:19 ID:???
>>257
まあ、そんなところね。
私も前に来たことあるんだけど、昔の鳥をなくしちゃって…。

時間が時間だからちょっと厳しいけど、あなたならどんなプレイをしてみたいか、聞かせてもらって良いかしら?


259 :名無しさん@ピンキー:2010/02/21(日) 05:18:31 ID:???
>>258
そうなんだ。確かにこんな時間だしねえ。
俺なら…シャドルーに潜入した春麗を罠にはめて捕らえた後
・シャドルー製筋力増強剤で巨人のように改造された兵士に犯させる
・前述の強化兵士と試合させて戦いながらレイプさせる
・洗脳バイブを入れた状態で外出させて公開オナニーや露出をさせる
・精液を飲んだり中出しされると幻覚や痛みが治まるという麻薬を打って
 洗脳とは違う形で自ら精液を求めさせるように調教する

4つほど面白そうかなと思えるものをひねり出してみた。

260 :春麗 ◆l0Q.VfeGh2 :2010/02/21(日) 05:26:14 ID:???
>>259
本当のこと言うと、レスが来るとは思わなかったのよ…正直甘く見てたわね。

それなら三番目かしら。
洗脳バイブ………って言うのがよく解らないんだけど。

261 :名無しさん@ピンキー:2010/02/21(日) 05:32:00 ID:???
>>260
実際、俺もこんな時間に起きているのは何ヶ月に一回かというレベルなんだけどねw
洗脳バイブってのは、突き刺さっている人間を操れるバイブ型の機械で
それを抜けば洗脳から逃れられるけどそうさせないという風に春麗を弄ぶようなシチュとか
単純にバイブに操られるのは屈辱的だろうなとか
あまり深い設定は考えてなかったんだけどね。

262 :春麗 ◆l0Q.VfeGh2 :2010/02/21(日) 05:49:24 ID:???
>>261
私もよ。

ベガのサイコパワーの受信器の入ったバイブ、とかそんな感じ?
入れてる間、入れられた者は操り人形状態…みたいな。
個人的に洗脳シチュが好きだから、そういう小道具はいいわね。

個人的には洗脳されて、親衛隊コスチュームでベガと…とか、してみたいかしら。

263 :名無しさん@ピンキー:2010/02/21(日) 05:56:03 ID:???
>>262
親衛隊コスってキャミィがかつて着ていたようなあれだね。
完全に記憶を抹消して人形のように洗脳してもいいし
記憶を残して、昔の自分は愚かだったと言わせながら償いとして無茶な命令したり
記憶を改竄して、奴隷だったとか、人間じゃなく犬だと思い込ませたり
洗脳と一口に言っても色々パターンが思い浮かぶね。

264 :春麗 ◆l0Q.VfeGh2 :2010/02/21(日) 06:17:18 ID:???
>>263
キャミィ…というか、ユーリとユーニの着てたアレね。

それなら記憶は残された状態で洗脳、がいいわね。
最初の任務として、実は幽閉されてた父親を犯し殺せ、みたいなのを言いつけられたりとか…。

後はタトゥーを入れたりするのもいいわね。
技の名前にちなんで鳳凰の、トライバル系のなんか似合うと思うんだけど…。

265 :名無しさん@ピンキー:2010/02/21(日) 06:22:51 ID:???
>>264
シャドルーの兵士の性欲処理の役目をさせたり
実際に外に出して悪事をさせて褒美として犯したり、任務失敗でお仕置きしたり…

タトゥー格好いいね。お尻とかふとももに入れてみたいな。
俺がデザイン考えるとなんかダサいものになりそうで困る…

そろそろ眠気も襲ってきたので俺は落ちさせてもらうね。
また機会があったらロールをお願いするよ。おやすみ〜

266 :春麗 ◆l0Q.VfeGh2 :2010/02/21(日) 06:41:34 ID:???
>>265
そう、そんな感じでしてみたいわ。

入れるなら太股かしら。
股を開くと、翼を広げた鳳凰のタトゥーが見える、みたいな…。

お休みなさい、付き合ってくれてありがとう。

267 :春麗 ◆l0Q.VfeGh2 :2010/02/21(日) 07:21:13 ID:???
そろそろ私も落ちるわ。また遊びに来たときはよろしく頼むわね。

268 :名無しさん@ピンキー:2010/02/21(日) 18:11:49 ID:???
春麗もまだまだ下手くそだが春麗いじめた名無しもくそだな
他人の見るのよりエロ小説読むよりうまいやつが誘導してやるのが一番上達するだろ

269 :名無しさん@ピンキー:2010/02/21(日) 18:16:43 ID:???
上手い奴はよほどのことがない限り下手糞を相手にしない

270 :名無しさん@ピンキー:2010/02/21(日) 18:46:21 ID:???
そんなことしてるからどんどん規模が小さくなっていくんだ

271 :名無しさん@ピンキー:2010/02/21(日) 19:19:30 ID:???
スレHを相手にするときは
覚悟しとかないと


272 :名無しさん@ピンキー:2010/02/21(日) 19:24:23 ID:???
「俺は上手い奴だからよほどのことがない限り下手糞を相手にしない」
なんてのたまう奴は好きなように言わせておけばいいよ。

273 :名無しさん@ピンキー:2010/02/21(日) 20:40:10 ID:???
本当に上手いやつは下手な相手でもフォローしながらいいようにもっていくしな


274 :名無しさん@ピンキー:2010/02/21(日) 21:05:40 ID:???
上手い奴は他にいくらでも相手がいる
わざわざ下手なのを選ぶ奴はそうそういない

275 :名無しさん@ピンキー:2010/02/21(日) 21:09:44 ID:???
>>274
ところでお前はうまいのか?

276 :名無しさん@ピンキー:2010/02/21(日) 21:38:39 ID:???
本当に上手い奴は相手を選ばないからいくらでも相手がいる

自称上手い奴は相手をえり好みをしてロールをする機会すらない

277 :名無しさん@ピンキー:2010/02/21(日) 22:04:30 ID:???
相手がうまいかどうかなんてやってみなきゃ分からん時点で
>>274はテキトーにもっともらしい事並べてみてるだけなのである。

278 :名無しさん@ピンキー:2010/02/21(日) 22:07:35 ID:???
定期的に来てる人間なら過去ログ見ればわかる
初対面の人間でも募集の仕方である程度は推測できる
とりあえず話しかけてみて数レスで判断をつけるべし

279 :名無しさん@ピンキー:2010/02/21(日) 22:35:40 ID:???
で、やっぱり春麗はくそだな


280 :名無しさん@ピンキー:2010/02/21(日) 22:59:29 ID:???
結局くそ呼ばわりするやつが1人で暴れてるだけ
春麗は戻ってきたらいい

281 :春麗 ◆l0Q.VfeGh2 :2010/02/22(月) 16:55:27 ID:???
【キャラ名】 春麗
【原典】 ストリートファイターシリーズ
【容姿】 ttp://www.yamaguchi.net/archives/images/chunli021.jpg
【性格】 正義感が強く、芯がしっかりしている 反面「普通の女の子」にあこがれる面も
【希望】 洗脳 悪堕ち タトゥー入れ 親衛隊化
     相手はベガ、シャドルーに捕まり幽閉されていた父親など
【NG】 スカトロ 四肢切断など(ただしサイボーグ化の途中経過等であれば可能)


【とりあえず希望をまとめてみたわ】

282 :名無しさん@ピンキー:2010/02/22(月) 17:22:34 ID:???
肉体改造を含めたセクサボーグ化…もいいのかな?

283 :春麗 ◆l0Q.VfeGh2 :2010/02/22(月) 17:25:05 ID:???
>>282
【大丈夫よ、一応…どんな風にしたいのか、聞かせて欲しいけど】

284 :名無しさん@ピンキー:2010/02/22(月) 17:29:22 ID:???
前々スレにいた春麗さんの設定の受け売りですけどね
バストアップ、口内の膣化、舌のクリトリス化、体液ローション化、感度強化
…といったところですか

285 :春麗 ◆l0Q.VfeGh2 :2010/02/22(月) 17:44:00 ID:???
>>284
【それ、多分あたしだと思う…鳥なくしちゃったから、証明とかできないけど…】

【とりあえず全部問題ないわ】
【セクサロイド機能つきのシャドウレディに改造されて…とか、どうかしら】
【そっちは誰になってくれるの?希望はベガとか父さんなんだけど、それ以外でも応相談よ】

286 :名無しさん@ピンキー:2010/02/22(月) 17:55:00 ID:???
>>285
おっと、それは奇遇ですね
前々スレからずっとお相手したいと思ってました

お互いの希望を集約させるとそうなりますね>シャドウレディ
ベガはちょっと自信無いですが、完全洗脳済みの父親かシャドルーの調教部隊…ですかね
上の春麗さんのシチュにある「ポルノ撮影」もいいですね

287 :春麗 ◆l0Q.VfeGh2 :2010/02/22(月) 17:59:45 ID:???
>>286
【なら、そのどっちかね】

【既に改造されて堕ちてる状態で、最後の試験として幽閉されていた父さんを犯し殺す、みたいなのも考えてたんだけど】
【希望を見る限り、どっちかと言うと、これから堕としてくほうが好みかしら?】

【撮影も面白そうね】
【エンディングはアンダーグラウンドで流通させると同時に、あたしのメッセージつきでインターポールに送りつけちゃう感じ?】

288 : ◆w7MZDPmmBQ :2010/02/22(月) 18:11:16 ID:???
>>287
一応トリップ付けておきます

そのシチュもなかなかいいですね
変わり果てた愛娘に逆レイプされて搾り殺される……という感じですか

ええ、修正ナシで流通させて莫大な利益を挙げると同時に
「特典映像」付きでインターポールの捜査官達に見せつける…ですかね

289 :春麗 ◆l0Q.VfeGh2 :2010/02/22(月) 18:18:37 ID:???
>>288
【そうなるわね】
【おまけに搾り取った生命力は、あたしの体を中継してベガに注がれて利用されちゃう、なんてどう?】

【いいんじゃないかしら】
【あなたのほうで他に問題がなければ、それで始めたいんだけど…】

290 : ◆w7MZDPmmBQ :2010/02/22(月) 18:33:31 ID:???
>>289
いいと思いますが…特にプレイに影響は無い、ですかね?

では、逆レイプで搾り殺す様を撮影……ですね
既に撮影してあるポルノ作品を流すのも面白そうです
コスは親衛隊コスよりも、「妖麗」っぽい露出度の高いチャイナ服…でいいですか?

えと、書き出しはどちらからしましょうか

291 :春麗 ◆l0Q.VfeGh2 :2010/02/22(月) 18:53:41 ID:???
>>290
【ないわね、エンディングとかで描写する程度よ】

【四方と天井を無数のモニターに囲まれた部屋で、今まで撮影した映像を流しながら父さんを…とか?】

【覚えててくれたのね、勿論いいわよ】
【シャドウレディ化してるなら、肌が褐色になっていて】
【コスチュームは元の、チャイナドレス風の衣装をベースに、金の縁取りの入ったレザーかエナメル製で】
【前面と背面に大きなひし形の切れ込みが入ってて、胸の谷間とおへそが丸見えになってる、ってとこかしら】
【色はそっちの自由にしていいわよ、白でも黒でも、ピンクでも青でも、お任せするわ】

【そうね…できたら、書き出しはそっちからお願いしていい?】

292 : ◆w7MZDPmmBQ :2010/02/22(月) 19:10:26 ID:???
>>291
【そんな感じですね…難しければナシで構いません】

【加えて悪っぽいメイク、タトゥーもアリですね】
【色は…シャドルー特製の色が変化する衣装、というのはどうでしょう?】

【では、ドラッグ/精力剤漬けにされて廃人寸前の状態で幽閉されている…】
【というところから書き出しますので少々…いや、しばらくお待ち下さい】

293 : ◆w7MZDPmmBQ :2010/02/22(月) 19:47:03 ID:???
…………はぁッ……ハぁッ……はぁぁッ…………
はぐッ………!?…………くはっ…………はッ…はッ……はッ……………
(シャドルーの地下施設の一室……その中央のベッドで拘束されたまま荒く息し続ける男)
(顔―異常なほど痩けた頬―には滝のように汗が流れ、ボロ布のような服/硬くなった毛布へと染み込んでいく)
(その男は、かつて香港警察の刑事であり、中国拳法の達人であり、春麗の父親であった―――)
(シャドルーを追跡する最中に逆に捕えられ、シャドルーの製造するドラッグの実験台として使われ、今や耐性を超えるドラッグの投与量に廃人寸前となっていた)
(しかし、数日前からドラッグの投与は一切止められ、これもシャドルーが製造する強力な強壮剤が連日大量に投与され、この部屋へと閉じ込められている)
(ドラッグの禁断症状と強壮剤の効能により強大な負荷が肉体に掛かり、時折心臓に走る痛みに顔を顰め/身体を震わせ、生きるか死ぬかのギリギリのラインで無下に生かされ続けていた)

(しかし、そんな状況においても、強壮剤の効能で股間の一物は充血して滾り続け、慢性的な貧血状態に男を陥らせていた)
(常に溢れ出続ける先走りで押し上がった股間の部分には染みが広がり、独特の臭いを部屋に充満させている)


【…時間がかかった割りに短くて申し訳ないです】
【では、よろしくお願いします】

294 :シャドウレディEX ◆l0Q.VfeGh2 :2010/02/22(月) 20:23:31 ID:???
>>293
(──不意に、その部屋の閉ざされていたドアのロックが外される音がした)
(目隠し越しに感じる光が、暗闇に慣れきっていた目を眩く射抜く)
(次に聞こえたのは、規則正しい数人の足音)
(そして直ぐに、拘束されているベッドごと持ち上げられ、そのまま運ばれる感覚がした)
(普通なら、何故出されたのかをいぶかしむ所だろう)
(だがそれよりも……頭を占拠したのは、全く別のものだった)

(女……それもまだ年若い少女の、それも複数の匂い)
(廃人寸前まで昂ぶらされた肉体が貪欲に嗅ぎつけたその匂いに、ますます股間はいきり立つ)
(どれくらい運ばれただろうか、やがてどこかにベッドごと置かれると、足音と共に、匂いも離れていく…)

……………。
(同時刻、かつて春麗の名前で呼ばれていた女刑事は、新たな主の命で、ある部屋へと向かっていた)
(今や心身を戦闘用、及びハニートラップ用に改造されつくし、サイコパワーによる調整を受け、シャドルーの尖兵となった彼女は)
(性能と、洗脳深度の確認のための最終試験を受けるべく、ある男との性交と、殺害を命じられている)
(その相手とは───他ならぬ、長年探し続けていた、己の父)
(余りに忌まわしい命令、だが……)

……………。
(その瞳に躊躇いは無く、父が運び込まれた特別ルームのドアの前に控えていた親衛隊の少女戦闘員たちに敬礼をすると)
(中に入り、目隠しをされて拘束されている父と対面した)
(ドアを閉じると、部屋に明かりが灯り、四方と天井を埋め尽くすモニターに、電源が入る…)
(どこかにあるであろうカメラに敬礼し、春麗───シャドウレディEXは、淡々と宣言した)

シャドウレディEX、これより最終試験に入ります。
(拘束されている父に、この声は聞こえているだろうか。それとも、熟れた女の匂いに惑わされ、惑乱したまま己と交わるのだろうか)
(そう思うと、どこか無表情だったその顔に、かすかに妖しい笑みが浮かんでくる…)
(父に背を向けるようにして腰の辺りをまたぐと、まずはその股間のふくらみの付け根を握ってから、先端を繊手で撫で始める…)

295 :シャドウレディEX ◆l0Q.VfeGh2 :2010/02/22(月) 20:24:47 ID:???
>>292-293
【メイクとタトゥー、了解したわ。衣装の色もそれでいきましょう】
【こっちこそ長くなったけど、最初の状況描写だから、多目に見てくれるかしら?】

296 :名無しさん@ピンキー:2010/02/22(月) 21:17:53 ID:???
ほらやっぱり下手くそには下手くそだ

297 : ◆w7MZDPmmBQ :2010/02/22(月) 21:23:13 ID:???
>>294
………はぁぁッ………はッ……はッ……はッ、くぅぅ…………‥…っ
(なぜ別の部屋へ運ばれたのか、これから一体何をされるのか――運び込まれた先の部屋で男はそれを考えて……いなかった)
(運ばれる最中に嗅がされたうら若い少女の甘い体臭―ドラッグ/強壮剤漬けにされた身体には毒にしかならないその香りに、股間は痛々しいほどにそそり立つ)
(手枷と足枷で拘束され横になったままの男の頭の中に渦巻くドロついた欲望――性欲………「想做愛」「想作愛」「想交合」「想交歓」)

(不意にドアの開く音―目隠しされていても眩しく感じる程のライト―何かの電子機器の電源が入れられたような感覚――部屋中に複数の無機質な視線=カメラ)
(カメラは入室した春麗―現在はベガ親衛隊の尖兵…コードネーム「妖麗(ヤオリー)」ことシャドウレディEX―の以前と似ても似つかない姿を映し、記録していく)
(その身体は戦闘用として強化されただけでなく、セクサドール/ハニートラップとしての様々な改造―口腔性器化、バストアップ、体臭フェロモン化、感度強化etc…が施されている)

………………ッ!?
……………ぐぁぁッ……!…………うぐぁぁっ………ん゙あ゙ぁぁぁぁぁッッ!?
(耳に入る機械的な声に反応を見せる男…どこかで聞いたことがある/忘れかけていた声、誰の声だったか………)
(しかしその男の理性とも言うべき僅かに残された思考は、シャドウレディの全身から放たれる熟れた牝の匂いに掻き消されていく)
(先刻の少女たちの香りよりもさらに濃厚/濃密/芳醇……地球上全ての男を惑わせるその猛毒の匂いに、当然の如く男はベッドの上で悶え苦しむ)
(そんな父の様子など素知らぬ振りで、妖麗は肉親の腰の上へと優艶に跨り、目前に聳え立つ剛直へと奉仕し始める……)
(先走りの染み込んだズボンの上から撫でられるだけでも、強壮剤の効能で神経が剥き出しになったかのように敏感になっている肉竿には電撃のように快楽が走り)
(妖麗の股の下で男は身を捩りながら喚声を上げ、その度に熱棒はドクンドクンッ、と激しく脈動し、白く濁った濃い先走りを溢れ出させる)

【こちらも状況描写ばかりになってしまった……許して欲しい】

298 :シャドウレディEX ◆l0Q.VfeGh2 :2010/02/22(月) 21:57:16 ID:???
>>297
(シャドウレディEX──コードネーム「妖麗(ヤオリー)」)
(それがこの、鍛え込まれた格闘家と、性技を極めた娼婦と、無数の兵器を搭載した戦闘マシンの三つの顔を持つシャドルーの工作員の名前)
(壁と天井を埋め尽くすモニターには、今まで撮り溜めされていた、春麗が妖麗となり)
(様々なシチュエーションで、様々な相手と交わり続けたポルノムービーが流され始めた)
(喘ぎ声が、愛液で濡れた肉を捏ねる音が、まるでオーケストラのように部屋を満たす………)

凄い…ギンギンに勃起しているわね……。
ふふ、どうかしら、我らがシャドルーの開発した、特性強壮剤のお味は…………?
(ねっとりと舌なめずりをして、付け根を強めに握って封精しつつ、先端を五本の手指で摘むと)
(くりくりこりこりと雁首を指で擦って扱き、快楽地獄へとさらに父を追い詰めた)

…あたしが誰かも解らない?
ちょっと詰まらないけれど、まあいいわ・・・後でじっくり教えてあげる。それよりも…。
すんッ…すんッ、はァ…………。

………あもッ♥んふ…れろぉッ………もぢゅッ…じゅちゅるるるる………ッ……&hearts
(性欲に狂った父にからかうように問いかけると、ゆっくり体を前に倒していく妖麗)
(同時に尻を突き出し、父の目と鼻の先に、パンストに包まれ蒸れた雌臭を放つ熟尻を近づけながら)
(薄汚れた服ごと、その下にある肉棒を、鼻の下を伸ばしながら……ぱくんと咥え込んだ)
(舌を刺す染み付いた汚れの味、それすらも快いものと認識すると、じゅわじゅわと唾液ローションを分泌し、染み込ませていく…)

299 :シャドウレディEX ◆l0Q.VfeGh2 :2010/02/22(月) 22:56:46 ID:???
【御免なさい、今日は落ちるわ】
【もしまだ続きをしてくれるなら、伝言スレに連絡を頂戴】

【お疲れ様、スレを貸してくれてありがとう】

300 : ◆w7MZDPmmBQ :2010/02/22(月) 23:05:00 ID:???
>>298
んぐぁぁぁぁぁッッ……!?
や゙ッ、やめろぉぉぉぉッッ……ぎひぃぃッ!……や゛ッ、やめ………っ、ないで……くれッ………!
………ん゙ぎいぃぃぃぃぃッッ!!?―――――がはッ……がッ、ぐぁぁッ…………!
(部屋中のモニターに流される妖麗主演のポルノムービー……)
(それは無修正のままアンダーグラウンドで流通してマニアックな人気を誇り、シャドルーの莫大な資金源となっていた)
(ブロウジョブ/ギャングバン/ダブルペネトレーション/ニプルファックetc...といった激しいプレイの数々がモニターに大音量で流され)
(妖麗の甲高い嬌声/体液の絡みつく音/肉同士が弾ける音が、聴覚から男に僅かに残った理性を狂わせていく)
(洗脳の過程で、格闘技と同等に高級娼婦顔負けのあらゆる性技を習得した妖麗―――その必殺技が炸裂する)
(先走りすら尿道を握られて封じられたまま、数倍も敏感になっているカリ首だけを重点的に指で捏ね回される―無人のカメラが自動的に接近し、その様子を克明に撮影する)
(射精に至らぬ快楽攻め―数々の男達を翻弄し、諜報活動してきた妖麗だから成せる拷問―に、かつて父親だった男は、身を捩らせて堪えることしかできず)

(シャドルーが違法に流通させる独自のレシピの強精剤…男に投与されたのは、用量の数十倍もの量)
(その効能時間は……男が命を落とすまで―男の命の炎が消えるまで勃起は収まらず、精液が尽きることはない)
(度重なるオーバードーズに哀れな父親の心臓はパンク寸前……後幾度か激しい運動、すなわち射精を繰り返せば、間違いなく死が訪れる)

だッ、誰なんだ……………っ!
お前は、一体ッ……………ゔぐぉおおぉぉぉぉッッッ―――!?
お゙ぁぁぁぁぁ……ッッ!………こッ、殺せ…………っ、殺してくれ……………ッ!
(妖麗の問いかけに対し絶叫する男…解るハズがない、思考する余裕すら与えられない、快楽地獄が続く限り――)
(男の眼前に、以前よりも肉感的にサイズの増した尻肉―黒龍のデザインを模したパンスト―が近付き、それから立ち上る汗/体臭が男を虜にする)
(汗と先走りがじっとりと染み込んだズボンごと肉竿の先端を飲み込まれ、染み込む体液を啜り取られると同時に、粘度の増した唾液ローションが染み込まれていく)
(初めて味わう肉親の体液の味は美味と舌は感じ、トロみのついた唾液によって汚れが溶かし出され、その味はより濃厚になり深みを増していく)
(男にとっては微振動を伴なう吸引と唾液の分泌は生殺しに過ぎず、腰がぐぐぐぐッ、と浮きながら突っ張り、うわ言のように「殺せ」とわめき続けた)
(カメラはその美尻/肉棒への快楽攻めを余すところなく撮影、同時にシャドルー構成員が編集し、極上のポルノムービーへと仕上げられていく)

【ホント遅筆で申し訳ないです…】
【今後の予定は伝言スレに連絡します、お疲れ様でした】

301 :シェリー ◆hQTsjIzCUEcT :2010/02/22(月) 23:23:20 ID:???
【キャラ名】 シェリー・バーキン
【原典】 バイオハザードシリーズ
【備考】 2から数年後、ちょっと成長した時期を考え中(4の時代ほど)
【希望】 新種のウィルスやプラーガを植え込まれて、植え込まれた人に従順な生物兵器になりたい、かな?
【NG】 大スカトロだけは絶対にイヤかな

少し待たせてもらうね。


302 :名無しさん@ピンキー:2010/02/22(月) 23:29:09 ID:???
バイオ4の時代なら18歳くらい?

303 :シェリー ◆hQTsjIzCUEcT :2010/02/22(月) 23:32:05 ID:???
>>302
うん、4は2から6年後だからちょうど18歳になってるよ。
ある程度、年齢を動かして、って言う事も大丈夫だけど。

304 :シェリー ◆hQTsjIzCUEcT :2010/02/23(火) 00:28:01 ID:???
そろそろ時間だから、待機解除するね。

305 :名無しさん@ピンキー:2010/02/23(火) 08:26:13 ID:???
お前も下手くそだから出直してこい

306 :名無しさん@ピンキー:2010/02/23(火) 09:58:58 ID:???
シェリーは一期一会に行った方が集まるかも知れんね。

307 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/23(火) 21:27:48 ID:???
【来ないっていったけどやっぱり未練がましくてまた来てしまいました。】
【技術的には何もかわっていないと思います。やっぱりそれではだめなのでしょうか?】

308 :名無しさん@ピンキー:2010/02/23(火) 21:29:52 ID:???
>>307
【お互いが楽しめればいいのではないでしょうか?】

309 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/23(火) 21:37:40 ID:???
>>308
【確かに楽しめれば問題はないと思います。では、お互い楽しめる相手が待つことにします。】

310 :名無しさん@ピンキー:2010/02/23(火) 21:42:11 ID:???
>>309
【シチュはプロフ通りでしょうか?】

311 :名無しさん@ピンキー:2010/02/23(火) 21:47:43 ID:???
>>310
【基本的にはプロフ通りです。希望があればどんどん言ってください。全てが叶えられるとは限りませんがお互い楽しめるようにしたいですね。】

312 : ◆g9R8aGG4XusT :2010/02/23(火) 21:51:50 ID:???
>>311
【前にあったキメラ隊のような流れがよろしいでしょうか?】

313 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/23(火) 21:57:04 ID:???
>>312
【複数が難しいのでやめようかなと思います。】
【キメラ隊の時よりはどちらかと言うとポルノ女優化の方を優先したいです。上の春麗さんとは違ってまだ明るい感じがいいかなと。】

314 : ◆g9R8aGG4XusT :2010/02/23(火) 22:03:08 ID:???
>>313
【複数で調教しながらポルノ女優化ではなく、単数で責めたほうがよろしいのですね?】

315 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/23(火) 22:05:43 ID:???
>>314
【そういうことになります。その分道具なりを使った方がうまくいくと感じました。】

316 : ◆g9R8aGG4XusT :2010/02/23(火) 22:15:11 ID:???
>>315
【単数になった以外はプロフ通りでということですね。】
【こっちは春麗さんの希望通りの流れでOKです。】
【でも人間ではなくシャドルーの改造人間のようなものを希望したいのですが】

317 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/23(火) 22:20:21 ID:???
>>316
【希望にそっていただきありがとうございます。】
【改造人間といいますとセスのような存在でしょうか?性器部分だけは人間と同じようなものでお願いします。】

318 : ◆g9R8aGG4XusT :2010/02/23(火) 22:24:14 ID:???
>>317
【外見はルーファスみたいな感じで 身体はゴム人間といったのがいいのですが】

319 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/23(火) 22:28:32 ID:???
>>318
【ゴム人間ですと某マンガのキャラみたいに伸びる肉棒とかなるのでしょうか?】
【ルーファスみたいなのであればポルノ映像としても成り立つと思うので大丈夫です。】

320 : ◆g9R8aGG4XusT :2010/02/23(火) 22:32:42 ID:???
>>319
【身体は全体的にどこも伸びる設定いきたいのですが、 伸びる肉棒もありですか?】
【もしこれでよろしければ書き出しは春麗さんからお願いしたいのですが】

321 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/23(火) 22:38:13 ID:???
>>320
【伸びる肉棒は別にかまいませんよ。】
【書き出しの方なんですがあまり戦闘の方は長引かないようにしたいと思います。】

322 : ◆g9R8aGG4XusT :2010/02/23(火) 22:40:11 ID:???
>>321
【わかりました。 よろしくお願いします】

323 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/23(火) 22:45:11 ID:???
(なんとかシャドルーのアジトの情報を聞き出し、それが罠ではないというところまで確認が取れたため潜入することになった。)
(集団で潜入するとばれやすい為、極秘潜入という形で最も腕のたつ春麗が単独っ潜入しベガを倒すという計画だ。)

(雑魚の目を交わしなんなく潜入するとそのあとも気付かれないよう最低限の戦闘にとどめ奥深くに進んでいき)
(ある入り口を守っていた太めの男の後ろから急所に一撃放ち倒したはずで次の入り口に向かっていった。)

324 : ◆g9R8aGG4XusT :2010/02/23(火) 23:04:55 ID:???
>>323
(ベガが居る地下へとつながる扉の前に立ちふさがる巨漢の男)

な、なんだ?  うごッ! 侵入者…か
(突如現れた侵入者から急所に不意打ちをくらい あっさりと倒れてしまうが…)
(影が見えなくなるとスクっと立ち上がり、次の扉へと向かう春麗を追いかける)

手ごわそうな女だぜ、普通の身体なら あの一撃で撃沈していただろうな。
(春麗の攻撃を受け埋没していた急所は ムクムクと元の姿を取り戻し)

久しぶりに楽しめそうだぜ!(巨漢からは想像できないスピードで春麗のあと追った)





325 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/23(火) 23:14:41 ID:???
>>324
(太めの男に一撃を食らわせた後の部屋は誰もいなかった。)
(しかし、次の部屋につながる扉を守っていたのは人間ではなく暗証番号の必要なロックであった。)

今までの人間は大したことはなかったけれど、こういうのは少し苦手ね。とりあえず一回うってみようかしら。

(思い当たった暗証番号を押したが、間違っていたようで扉は開かず、何回も間違えると警報がなってしまう恐れもあるので力任せに開けることに決めた。)

さすがに頑丈な扉ね。横の壁壊した方が早かったかもしれない。

(渾身の蹴りを叩き込み続け少しずつ扉にダメージを与えていたが、それに気を取られ全く後ろからの気配に気付かなかった。)

326 : ◆g9R8aGG4XusT :2010/02/23(火) 23:32:21 ID:???
>>325
(次の扉に苦戦している春麗の背後から猛スピードで追いかけてくる男)
(その距離はぐんぐん縮まり、春麗のいる部屋へとたどりつこうとしていた)

ふ〜、やっと見えてきたぜ、 っ? 何か気配が…さっきの女か
(次の部屋の明かりが見えてくると 気配を感じたのか 警戒を強め壁にベッタリと張り付き)

力ずくで壊すつもりか? 無駄なことしてやがるぜ… (蹴りを叩きこんでいる春麗を見ながら笑いがこみ上げ)
だが、壊されちまう前に…  シュルルル… (男の両腕がをゴムのように伸び、春麗に迫っていき脚を絡めとろうとする)




327 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/23(火) 23:44:00 ID:???
>>326
くっ…いつまでも同じ調子で蹴り続けていたらきりがないわね。
こうなったら力を集めて蹴破るしかないわ。
(一旦蹴るのをやめて集中して、気合いを入れながら右脚を扉に向かって叩きつける。)
(今までほとんど動くことのなかった扉が少しめり込んだような感じになる。)
(ニヤリと笑ってもう数回蹴りを叩きこめば扉を壊せると確信した瞬間、軸足の左脚をすくわれ転倒する。)

なにっ…どこからこんなものを…
(とび道具でおそわれたとおもっていたが左脚をつかんでいたものはずっと先まで続いていたのをみて危機を強める)
これ…どうなってるの…まさか…

328 : ◆g9R8aGG4XusT :2010/02/24(水) 00:03:53 ID:???
>>327
(蹴りを放とうとしている春麗の軸足を絡めとり、腕を縮め自分の方へと引き寄せ始めた)
へへへ、 油断したなぁ、侵入者さんよぉ…  (笑いながら春麗を自分の息がかかる所まで引き寄せ)
めちゃくちゃだぜ、扉が…  あとでベガ様に怒られちまうなぁ。 (苦笑しながら扉を見つめた)

あぁ?何驚いてんだ? オレみたいなの見るの初めてかい? お・じょ・う・さ・ん…へへへ
(腕は引き寄せた春麗の身体に巻きつき始め、徐々に身動きの取れない状態へと)
オレはシャドルーの研究所で試作され  ゴムの身体をもって生まれたのさ。

329 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/24(水) 00:06:30 ID:???
>>328
【私がいうのもなんだけどテンポがよくないからなかなか進まなくて時間がかかりすぎる気がするの。】
【破棄していただくというわけにはいかないでしょうか?】

330 : ◆g9R8aGG4XusT :2010/02/24(水) 00:09:56 ID:???
>>329
【ごめんなさい。 早くレスできるよう努力してみますが。】
【それとも破棄いたしましょうか?】

331 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/24(水) 00:14:05 ID:???
>>330
【お互いが楽しめるようなロールがしたいので無理をなさるようでしたら破棄した方がいいと思いました。】

332 : ◆g9R8aGG4XusT :2010/02/24(水) 00:17:38 ID:???
>>331
【もう少しだけお付き合いしてほしかったのですが】


333 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/24(水) 00:19:27 ID:???
>>332
【ごめんなさい。破棄にしてください。すいません。】

334 : ◆g9R8aGG4XusT :2010/02/24(水) 00:23:35 ID:???
>>333
【破棄ですね。わかりました。】
【お付き合いありがとうございます】

335 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/24(水) 00:26:23 ID:???
>>334
【こちらこそありがとうございました。】

336 :名無しさん@ピンキー:2010/02/24(水) 00:31:02 ID:???
15分で6行はないわ

337 :名無しさん@ピンキー:2010/02/24(水) 00:34:31 ID:???
だから下手くそには下手くそだと言ってるだろ

338 :名無しさん@ピンキー:2010/02/24(水) 00:37:32 ID:???
ここで泣きつくくらいなら遅レスの理由を改善する努力しろと思う

339 :名無しさん@ピンキー:2010/02/24(水) 00:38:02 ID:???
春麗はまだいるの?

340 :名無しさん@ピンキー:2010/02/24(水) 00:39:55 ID:???
最近は遅レスの下手くそばっかりだな

341 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/24(水) 00:40:50 ID:???
>>339
【いるにはいるけど…】

342 :名無しさん@ピンキー:2010/02/24(水) 00:41:25 ID:???
>>341
お相手お願いできますか?

343 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/24(水) 00:42:29 ID:???
>>342
【釣りっていうやつじゃないですよね】

344 :名無しさん@ピンキー:2010/02/24(水) 00:52:19 ID:???
>>343
【違いますよ、でもお時間は大丈夫ですか?】

345 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/24(水) 00:55:16 ID:???
【あんまり時間はとれそうにないから今回は打ち合わせだけって言うのはどう?】

346 : ◆knpZoUeiT2 :2010/02/24(水) 00:57:56 ID:???
>>345
【了解しました、こちらは春麗さんにエッチな拳法で抜いて欲しいですけど構いませんか?】

347 :春麗 ◆zpyEaDgJxs :2010/02/24(水) 01:00:27 ID:???
>>346
【それをメインにすると余りにも希望とかけ離れていくということになるんだけど】

348 :名無しさん@ピンキー:2010/02/24(水) 01:00:31 ID:???
スレ違いだから他でやれ
春麗は一期一会で募集しろ

349 :名無しさん@ピンキー:2010/02/24(水) 01:04:28 ID:???
昔格ゲースレで言われてた、この世代自体が地雷って意見が身に染みたわ

350 : ◆knpZoUeiT2 :2010/02/24(水) 01:05:33 ID:???
>>347
【ではシャドルーなどに洗脳されて格闘がエッチになってしまって】
【敵を倒そうとして奉仕してしまうみたいなのはいかがですか?】

351 :名無しさん@ピンキー:2010/02/24(水) 01:28:30 ID:???
これはひどい

352 :名無しさん@ピンキー:2010/02/24(水) 08:31:57 ID:???
何このふざけた展開
もうこのスレ終わったな

353 :INHUMAN:2010/02/24(水) 15:43:05 ID:y0a0XcAv
ちょっと、あんたたち!!
こんなスレッドを立てて非人間的だと思わないの!?
削除依頼を出して消してもらうかどうか、
分からないけど一応の覚悟はしてなさいよね!!

さあ、潰れるざます!
逝くでがんす!
フンガ〜!!
まともに潰れなさいよ〜!!


354 :名無しさん@ピンキー:2010/02/24(水) 16:51:56 ID:???
削除依頼だしてみろよ、負け犬

355 :名無しさん@ピンキー:2010/02/24(水) 17:48:29 ID:???
ところで春麗はただの下手くそなのか荒らすためにやってるのかどっちなのだろうか?

356 :名無しさん@ピンキー:2010/02/24(水) 22:19:20 ID:6fS1/R2Y
>>354はスルー

357 :名無しさん@ピンキー:2010/02/26(金) 15:29:22 ID:???
強い女が屈服させらせるシチュはたしかにいい

358 : ◆w7MZDPmmBQ :2010/02/26(金) 17:46:50 ID:???
【シャドウレディEX ◆l0Q.VfeGh2様へ】
【伝言スレに連絡しましたが、お返事が無いのでこちらにも】
【週末は今日を含めて日曜日の日中以外空いています】
【もし続きをして頂けるならご連絡をお願いします】

359 :名無しさん@ピンキー:2010/02/26(金) 20:14:34 ID:???
すてられたこともわからないとはかわいそうなやつだな

360 :明石薫 ◆8sbmopNpNEcK :2010/03/06(土) 13:36:33 ID:???
【キャラ名】 明石薫
【原典】 絶対可憐チルドレン
【容姿】 ttp://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/book/cabinet/4988/4988102534325.jpg
【希望】 催眠能力の使い手に操られて…
【NG】 ハードなSM スカトロなど

【待機中!】


361 :名無しさん@ピンキー:2010/03/06(土) 13:43:43 ID:???
操って身体を好きにしていいのかな。

ちなみに小学生?処女?

362 :明石薫 ◆8sbmopNpNEcK :2010/03/06(土) 13:51:55 ID:???
>>361
勿論オッケー!
偽の記憶を植えつけてラブイチャ状態とかがいいかなー

小学生でも中学生でも処女でも非処女でも、どーぞお好きな風に

363 :名無しさん@ピンキー:2010/03/06(土) 13:55:50 ID:???
小学生の処女の薫ちゃんに、夫婦だって記憶を植え付けてたっぷりハメたいなあ。

既に催眠状態にした所から始めていいのかな?

364 :明石薫 ◆8sbmopNpNEcK :2010/03/06(土) 14:00:51 ID:???
>>363
つまりあれか…あたしはあんたの嫁、と
………いいじゃんいいじゃん、それで行こ!

無問題!その代わり、書き出しとか頼んでいい?

365 :名無しさん@ピンキー:2010/03/06(土) 14:11:47 ID:???
【じゃあ、こんな感じでどうかな?】

(P.A.N.D.R.Aのメンバーである自分は、今首領の命令とは別にここにいる)
(クイーンを一人おびき出すと、自分の能力である催眠でその心を捕らえ)
(今、アジトのひとつであるマンションの一室に二人で入ってきた所だ)

ふう。
これで二人きりだね。
(彼女に施した催眠は「彼女は自分の嫁」というもので)
(ここを「二人の新居」と信じ込ませている)

さてと。
夫婦といえば、何をするか……分かるかい?
(彼女を骨抜きにすれば、P.A.N.D.R.Aの活動も楽になるはず)
(薫の肩を掴むと、顔をじっと覗き込んで)

366 :明石薫 ◆8sbmopNpNEcK :2010/03/06(土) 14:23:06 ID:???
>>365
へー………結構広いんだな
それじゃ、お邪魔しまーす………って、そういやここ、あたしんちになるんだっけか、へへっ
(通されたマンションの、広々とした部屋を見回し感心したような声を上げる)
(催眠能力で植えつけられた「記憶」や「意思」は、しっかりとその心に根を下ろしているようだ)

えーっと…確かパターンだと…………わっ!?
(物珍しげに見て周り、ベッドの下などを覗いて腕を突っ込んでいると)
(不意に男、いや「夫」に肩をつかまれ振り向かされる)
(ある意味タイムリーなことに……その手には、「夫」が隠していたアダルトDVDが握られていた)
(見つめる視線に赤面して、手にしたDVDと「夫」の顔を何度も何度も見比べる)

め…夫婦漫才?
(耳年増の常と言うべきか、逆にストレートに迫られどぎまぎすると、誤魔化すようにそう答えてみた)

367 :名無しさん@ピンキー:2010/03/06(土) 14:30:43 ID:???
>>366
そうだよ。ここが二人の新居になるんだからね。
そして今日が初夜……これからずっと二人で生きるんだよ。
(二人でアジトの部屋に入ると、辺りを見る薫の顔を間近でみて)

それで、これからは僕の仕事も手伝って……わっ!
(そうして彼女をP.A.N.D.R.Aの為に使おうと考えていると)
(ベッドの下に手を突っ込んでいるのを見て)
(慌てて手を掴むと、その手にはアダルトDVDが握られているのが見える)

そんなはずはないだろう?
ほら……えいっ!
(どきまぎしている薫の肩を掴むと、えいっ!と一気にベッドに押し倒す)
(上からじーっと顔を覗き込んで)
こんな事をするんだよ。ほら。
(彼女を押し倒したまま、片手でリモコンを操作し、テレビでDVDを再生する)
(そこでは、既にセットされていたビデオで、男と女が淫らに絡んでいた)

分かるだろう?
これから僕達もそうするんだよ。
(リモコンを床に放り投げると、その手で薫のスカートをめくり)
(ショーツの上からいやらしく恥丘の膨らみを撫で始める)

368 :名無しさん@ピンキー:2010/03/06(土) 15:11:44 ID:???
【何かあったかな?】

369 :明石薫 ◆8sbmopNpNEcK :2010/03/06(土) 15:15:24 ID:???
>>367
いやほら、ベッドの下とか、そういうの調べるのがこう、礼儀かなーって……
あ、や、やっぱりそう?あはは…
(両手でDVDを抱えたまま、ごまかし笑いをする、と…)

ひゃっ…!!
………う、うわっ……そっか、このシーンで…じゃなくてじゃなくて!
わ、解るけど……こう、ここ、心の準備が……んっ…!
(ぼふっとベッドに押し倒され、赤くなった顔をDVDで隠し…そーっと退けて目を合わせる)
(否やのあろうはずもない、興味だって津々だった)
(でもやはり、その時が来たとなると、緊張せざるを得ないのも事実…)

す、するのか?あ、あんな風に………ごくっ…
…あんな……ふうに………そっか、そうだよ…あたしたちは、「夫婦」なんだから…
(大音量で流れる睦言にかーっとなりながら、画面と「夫」を交互にチラ見)
(丁度、シーンは制服を着た女子高生が男優に組み敷かれ、甘く喘いでいた)
(プリーツスカートをめくられ、チェリーピンクと白の縞々ショーツ覆う土手高の秘所をソフトに撫でられると、小さな身体をぴくぴくと震わせる…)
(反射的に閉じかけた脚を開くと、胸を高鳴らせながら呟いて、小さく頷いた)

解った、でも…………や……優しく………優しく……………だぞ?


【催眠能力で、破瓜の痛みを快感に変えられたりとか…して欲しい、な】

370 :名無しさん@ピンキー:2010/03/06(土) 15:25:12 ID:???
ほら、凄いだろう?
ああやってするんだよ。
(映されたビデオは海外製造の物なのか、モザイクが一切無く)
(男と女が繋がっている部分まで丸見えになっている)
(激しい絡みをテレビに映したまま、それを二人で見てから目を合わせて)

決まっているだろう?
夫婦は子作りするものなんだから。
ほら、しっかり見てごらん?
(「妻」の頬を撫で、テレビの画面をしっかりと見せる)
(その中では、女子高生と男優が合体を始めていて)

(彼女がセックスに夢中になれば、P.A.N.D.R.Aにとっても都合がいいはず)
(土手高の恥丘を撫でながら、更に催眠を加えていく)
(それは……膣内と子宮の痛みを快楽に変え、セックスを至高の行為とさせるもの)

ああ、分かってるさ……んっ!
(縞々ショーツを脱がせると、自分もズボンとパンツを脱ぎ)
(ギンギンに反り返ったペニスを見せつけながら、彼女の足をM字に開かせて)

ほら、いくよ……んっ……!
(まだ明るい部屋の中で、割れ目にペニスの先を押し当てる)
(ぐぐっ、ぐっと押し当てると、中が少しずつ押し広がるのを感じて)


【それじゃあ、これでいいかな……?】

371 :明石薫 ◆8sbmopNpNEcK :2010/03/06(土) 15:54:25 ID:???
>>370
う…うん、まあ、知ってるけど………
やっぱり無修正は違うなーっていうか……で、でも…しちゃうんだよな、あたしたちも…今から、ああいうこと…
…………あ、あんな…おっきなのが………!?
(玩具の水のみ鳥のようにこくこく、と首肯する)
(知識的には知っていたが、実際に映像とは言え目の当たりにすると、その光景に思わず見入ってしまって)
(頬を優しくなでられながら促されると、今まさにモニターの中では、仰向けになって大きく脚を開いた女子高生に)
(男優が身体を割り込ませ、へそにつくくらいの角度で屹立した肉棒を、じっくりゆっくり収めていくところだった)

やっぱり、あ、あんなの無理だって…!
だってあたしまだ、子供だし……は、初めてだし…
……………初めて…のはずなのに………無理なのに…ふあ……な、なんでこんな…してみたいって…身体が、疼くんだ…!?
(あくまで柔らかなタッチで恥丘を撫でられ、さらにそこから催眠を掛けられて)
(僅かに残った危うい理性や常識が徐々に蕩かされ、頭の中が桃色思考に染まっていく)
(セックスは怖くない、セックスは痛くない、セックスは気持ちいい、セックスは素敵なこと、セックスを体験するのは早いほどいい…)
(そして…先に植えられていた、自分と「夫」は愛し合っていて、結婚しているという記憶がそれと結びついたとき)

………!!
あたし、何怖がってたんだろ……愛し合ってるんだから、セックスするに決まってるじゃん…!
……ごめん、何かあたし、ちょっとビビっちゃってたよな………
でも、もう大丈夫だから………………しようぜ、セックス♥っていうか……………ヤリまくろう、だってあたしたち、「夫婦」なんだもんな♥
(躊躇いと余計な緊張が、霧が晴れるように消え、「夫」を見つめて頷いていた)
(ショーツを脱がされると、薄く繁った秘所を、僅かに濡れた桃色の裂け目をさらけ出し、脚をM字に固定され)
(まだ明るい、昼間のマンションのベッドルームで、制服のまま…大音量でかけたアダルトDVDをBGMに、「夫」のそれを受け入れていく)

く…んっ……………凄い、大きいの、くる……あ、あたしの中が…広がって………くっ………!!

【GJ!それとレスが遅くてごめんな…もっと短く、早くしたほうがいいか?】

372 :名無しさん@ピンキー:2010/03/06(土) 16:03:24 ID:???
そうだよ。夫婦なら毎日するのが当然さ。
今からだって、明日も明後日も、ずっとそうだぞ。
(ベッドで彼女を押し倒したまま、二人でテレビの映像を見つめていく)
(そこでは深くひとつになると、ゆっくりと男優がピストンを始めて)
(女子高生は明らかに気持ちのいい顔をして、淫らな喘ぎ声を上げていた)

夫といるなら、身体が疼くのは当然さ……んっ……!
(恥丘に手を当て、子宮から催眠を薫の身体の隅々まで染み込ませていく)
(瞳を覗き込み、そこからも催眠を加え、その効果を確実なものとして)

そうそう、やりまくろう。
あの二人も羨む位にな?
(じっと上から薫の瞳を見つめると、ちらっとテレビの方を見る)
(その行為よりも更に激しい行為を予感させると、足を大きく開かせて)


ほら、もっと、もっと、入るぞ……んんっ……!
(足を目一杯大きく開かせたまま)
(ブチブチっ!と処女膜も押し破り、最奥まで突き入れていく)
(小学生の処女膣を貫く痛みも全て快楽へと転換されているはずで)


ほーら、気持ちいいだろう?
夫婦セックス……子供も早く作らないとな。
(二人の結合部を見つめると、少し腰を引いて)
(ペニスに絡む破瓜の血を妻に見せつけて)

夫婦なら、いつでもどこでもセックスするのが当然なのさ。
今日からずっとここでするからな?
(制服姿の妻を見下ろし、服の上から胸を撫でて)
(ずにゅっ、ずにゅっと、少しずつピストンを始める)

【いや、今のままでいいよ。楽しもうね!】

373 :明石薫 ◆8sbmopNpNEcK :2010/03/06(土) 16:34:37 ID:???
>>372
毎日……毎日かぁ…な、なんか照れるなぁ…………
…うわ、エロい顔………うううん、違う……すっごく、綺麗…………

……そんなに…気持ちいいんだ、セックスって…
(赤面しながら、時折ちらちら画面を盗み見た)
(催眠がより深くかかり、性行為への抵抗感を失わせていくにつれ、受け取り方も変わって行く)
(セックスをすればするほど愛は深まり、セックスをしている時が女にとって一番綺麗な時で、求められたら何時でもどこでもセックスするのが「妻」の務め…)
(小学生で、そして当然処女でありながら、今やその心は性愛の虜に成り果てていた)
(勿論、その性も愛も、向かう先は全て、「夫」一筋………)
(この「初夜」が終った時、そこには絶対可憐愛奴隷・明石薫が誕生していることだろう)

二人?世界中の皆をうらやましがらせてやろうぜ…あたしたちの、ラブラブセックスでさ!!
こう、か………?脚、こんな感じで……んあッ♥熱い、硬い…オチンチンが、入ってくるっ…あたしの奥にいいいっ♥んあああああああッ♥

ふあ………凄っ…これが………………セックス……♥これ、癖になるぅ………♥
(悪戯っぽく笑うと、親指を立ててウインクしてみせる)
(言われるまま、導かれるままにさらに脚を開き、そして…体重をかけた一突きで処女を散らされ、ロストヴァージンと共に生まれてはじめての絶頂を味わった)
(深奥を小突かれて背筋を反らし、目を潤ませて息を切らす)
(軽く引き抜かれたそれに、処女の印があるのを見て、今自分がもっとも大切なものを捧げたことを理解して、深い悦びに涙を滲ませた)

だ、だよなっ………解ってるって、あたしは「妻」なんだから、24時間いつでもセックスOKに決まってるだろっ♥
あんんっ……入れられただけで凄いのに、動くともっと……オチンチンとオマンコがこすれて、溶けて、くっつきあうううぅぅ………♥
イク、またイク…………あたしまたイクうぅぅぅぅぅぅぅぅっ!!

【じゃ、このままで!】


374 :名無しさん@ピンキー:2010/03/06(土) 16:44:43 ID:???
照れる事はないさ。
夫婦ならいつでもセックスするのが当然なんだから。

そうそう。
世界中のカップルが、僕達夫婦のセックスに嫉妬するよ。
ほら、入ってく……んんっ……!
(まだ幼さも残る未開通の膣内、そこを深く押し広げて)
(二人でそこに視線を注ぎながら、深く突き入れていく)

そうだよ。
これが夫婦おまんこセックス……んんっ!
(幼い身体の足を目一杯開かせ、ずんっ!と深く突き入れる)
(処女が散り、膣内が最奥までペニスの形に押し広がったのを感じて)
あぁっ、くぅっ!
まんこイってるね……んんっ……!
(深く突き入れたまま、絶頂に膣内が震えるのを感じる)
(催眠が薫の身と心に深く染み込んでいるのを確信して)

24時間、いつでも「どこでも」おまんこするのが当然なのさ。
学校でも二人の夫婦セックスを見せつけようか。
世界で一番幸せな夫婦の子作りを見せてあげないとね。
(制服を着たまま、深く貫いている姿を見下ろして)
(服の上から胸を揉みながら、ずんっ、ずんっとピストンをして)
おっ、おおっ!またイってるな……くぅっ……!
(薫が絶頂に達すると、また突き入れたまま動かず、中の蠢きを味わう)
(セックスは生涯自分とだけ、最高に幸せな行為でいつでもどこでもすべき、と分からせて)

ほーら、もうすっかり僕専用おまんこになっただろう?
今度は自分で動くんだ。いいね?

375 :明石薫 ◆8sbmopNpNEcK :2010/03/06(土) 17:17:56 ID:???
>>374
っあ………イッ…イク、イクぅぅぅ…♥
オチンチンで、オマンコされて、あたしイッてる………んんんっ……♥
オマンコでイクと、ふわーってなって…きゅんってなって、胸が蕩けそうになって……
………あたし、今、滅茶苦茶幸せだぁ………………♥
(深層心理に刷り込まれた性への悦びに、女としての素質を一気に開花させ)
(念動力で初めて空を飛んだ時以上の開放感と爽快感に包まれながら、愛の虜になっていく)
(ぽろぽろと涙を零し、「夫」にぎゅっと抱きついて……)

そうなんだ、解った、覚えとく!
学校かぁ……きっと皆驚くぜ、それとも…ヤキモチ焼くかな、ラブラブすぎてさ!!
んっ、んんっ、そこ、一番奥、オチンチンでごつごつされると、お腹の奥が痺れるみたいに、気持ちイイっ……♥
(年相応に無邪気に笑いながら、小学生がスカートをめくれ上がらせ、足を限界まで開いてセックスに耽る光景は)
(たまらなく淫靡で、「夫」に力をみなぎらせる)
(女体を知り尽くした巧みなピストンで何度も絶頂に押し上げては動きを止め、じっくり幼い肉を味わうと、「夫」はさらなる催眠を施した)
(セックスは「夫」とだけ、「夫」とのセックスは最高に幸せな行為、いつでもどこでもセックス・セックス・セックス・セックス…)

んっ……おまんこだけじゃない、あたしの全部はお前専用だろ♥
自分で…?こ………こう、か?
………んんんッ!?ふあッ…………今、奥にまた、ずんって……………硬いオチンチンがぁ…♥
(言われるままに念動力で体勢をごろんと入れ替えて、生まれて始めての騎乗位に挑戦する)
(と、上になり、重力でさらに肉棒との結合が深まったことでまた軽くアクメに震え、甘えた声で背筋を仰け反らせた)
(頭を縦に振り、かろうじて応えると、快感に爆発しそうな自分の身体を抱きしめて、拙いながらも自ら上下運動を始めていく)

…セックス……セックスセックス…オマンコ……オチンチン…♥
好き、セックス好き、大好き…オチンチン好き…子宮気持ちイイ……んあッ…♥
はぁ、はぁ、はぁ…んっ…イクの幸せ…ああ、イク…イクイクっ…またイク……イク、あたしイク…ラブラブセックスでイクうぅぅぅぅぅぅぅッ♥



376 :名無しさん@ピンキー:2010/03/06(土) 17:27:56 ID:???
おっ、おおっ……くぅっ……!
(女の悦びに震える薫の頬を優しく撫でて)
(正常位で深く突き刺したまま、中の感触をじっくりと味わって)
そうだね、僕もとっても幸せだよ。
(「クイーンを手に入れられて」とは、あえて言わずに)
(嬉しそうに涙を流しながら抱き締める身体を、ぎゅっと抱き締め返す)

そうだね、クラスメートの皆はきっとヤキモチ妬くだろうね。
クラスでも結婚してるのは薫だけだろう?
(小学生の幼い身体に覆い被さり、無垢な膣内を目一杯押し広げて)
(肉襞をカリで掻き回しながら、更なる催眠を施していく)
(繋がったままの「妻」が更に幸せそうな顔をするのをじっと見つめて)

ああっ、そうだな。
いつでもどこでも、僕だけは薫の身体を使い放題だよ。
おっ、分かってるじゃないか。
んっ……キツいっ……!
(小さな薫が自分の上で腰を振る姿は、まさに淫靡そのもので)
(薫が自ら、その体重を使って深く突き入れていく様を間近で味わっていく)
(ぐちゅっ、ぐちゅっと溢れる音、愛液の匂い……五感で薫を感じて)

あぁっ!はぁっ!おまんこっ!まんこセックスっ!
いくっ!いくっ!子作りっ!中でっ!中で出すからなっ!
(下から手を伸ばして胸を揉み、こちらからも腰を突き上げて)
(いやらしい喘ぎ声を聞き、小学生の処女おまんこで登り詰める感触を味わって)

ああっ、出るでるっ……んんっ!!!
(ずんっ!と腰を突き上げ、子宮を亀頭でぐぐっと押し上げると)
(そのままビクビクっ!と全身を震わせ、勢いよく精子を子宮に注いでいく)


ほらっ……たっぷり味わうんだっ!
夫婦まんこっ、種付けっ……くぅっ……!!!
(勢いよく注ぎ込む精子に、最後の催眠が加えられる)
(それが子宮に染み込む度、「絶対可憐メスまんこ明石薫」は永遠に輝き続けるだろう)

377 :名無しさん@ピンキー:2010/03/06(土) 18:28:08 ID:???
【さすがにもういないかな?】

378 :明石薫 ◆8sbmopNpNEcK :2010/03/06(土) 23:30:43 ID:???
>>376
やっぱり?やっぱそう思う?
あー…そういやそうだったな…………んッ…まあ、あたしらほど愛し合ってる相手がいないんじゃない?
こればっかりは、運命ってやつだし、仕方ないんだろうけど
(照れ照れになりながら、もうすっかりと馴染んだ幼膣で、「夫」の肉棒を存分に味わう)
(時折鼻にかかった喘ぎを上げると、もう何十年と連れ合った仲のように、息を合わせて腰をくねらせた)

とーぜん!あたしの「夫」だもんな!
お前以外の男が言い寄っても、ぜーんぶブッ飛ばしてやる♥
はうんッ、お前のオチンチンだって、硬くて、奥まで届いて………あたしのオマンコ、イかせまくってるぅぅっ♥
奥に届いて、はぁ、はぁ、はぁんッ…ごりごり、来て……!身体中、とけちゃいそっ…!!
ん………?んふふ……それっ、生チチイッとけ♥
(頬を染め、拳を握り締めながら応え、次第に腰を巧みに操るようになりながら、「夫」の上で腰を振り続け)
(下から伸びる手を見ると、にんまり笑って制服の裾をめくり、まだなだらかな胸を見せ付けた)

あんっ、あああんっ、オチンチン、オチンチン最高っ…♥
ずっとこうしてたいよ、あたしもうセックスなしじゃ生きてけないぃぃっ♥
んっ……中、中、中ぁぁぁぁっ♥中で出してよ、精液中で出してあたしをイカせてよっ♥子宮でイク、イク、イクぅぅぅぅぅっ♥
ふあああああっ…中でオチンチン今ビクビクってっ……んんんんんんん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ♥♥

出てる…出てる、精液出てるっ…♥気持ちよすぎっ…もうあたしオマンコセックス中毒になるぅぅぅぅぅうぅっ♥
(ふにふにと胸を弄られ、下からも突き上げられて、小さな身体が「夫」の上で舞い踊り)
(幼膣はみっちり肉棒と絡み合い、リズミカルに肌と肌がぶつかり合う音がして、二人呼吸を合わせて頂を目指す)
(自らも種付けをねだりながら、さらに強力な催眠を、果てる瞬間に施され……至高の幸福と快感の中、中出し絶頂を迎えていった)

……はぁ…はぁ……まだ……出てる…精液びゅびゅっ、って………こりゃもう、妊娠しちゃってる…………よな♥
はあッ………………………………オマンコ、気持ちイイ…………セックス、最高…♥あたし、お前の嫁でよかったよ………ちゅっ♥
(甘酸っぱい汗の匂いを漂わせて余韻に浸り、脱力すると、身体を折って「夫」に愛情たっぷりのキスをする)
(……もう、B.A.B.E.L.のことなんかどうでもいい。頭の中はセックス一色、好きなものは中出し、愛してるのは「夫」だけ…)
       ラブスレイブ
(「絶対可憐愛奴隷・明石薫」は、こうして誕生した)


>>377
【うわっちゃっ…なんか爆睡してた……】
【とりあえず締めとく、ごめんな、それと……ありがと!楽しかったぜ!!また………どっかで会えたら、遊んでくれよな!】

379 :ミカエル@BASTARD!! ◆tUx9W8qP32 :2010/03/11(木) 03:05:36 ID:???
悪魔に犯されて堕天、魔王クラスの悪魔に覚醒……というプレイがしてみたいな

380 :名無しさん@ピンキー:2010/03/11(木) 13:39:49 ID:???
>>379
魔王に悪墜ち済みかな?
だとしたらぜひしてみたい

381 :ミカエル@BASTARD!! ◆tUx9W8qP32 :2010/03/11(木) 23:45:02 ID:???
>>380
既に堕ちた状態から始めるということか?
想定外の希望では有るが、出来ないことも無いな

382 : ◆Y1TEtYl60w :2010/03/11(木) 23:50:19 ID:???
悪堕ち過程も必要ってことね
元々悪魔の素質があって、犯されることで覚醒云々…てトコか

383 :ミカエル@BASTARD!! ◆tUx9W8qP32 :2010/03/11(木) 23:53:30 ID:???
>>382
基本的にここは、その堕ちる過程がメインになるスレだと思っていた…
故に想定外だったが、別段プレイ自体は問題ない

384 : ◆Y1TEtYl60w :2010/03/11(木) 23:56:52 ID:???
そこら辺は曖昧だからねー…あ、自分は上の名無しとは別者なので悪しからず
堕ちる過程→堕ちた後、の流れで問題無いと思う
良ければだけど、テンプレを埋めてもらえると助かる…かな

385 :ミカエル@BASTARD!! ◆tUx9W8qP32 :2010/03/12(金) 00:11:40 ID:???
【キャラ名】 ミカエル
【原典】 BASTARD!!-暗黒の破壊神-
【容姿】 ttp://www.magicalmaker.com/u362/1812170/mmimg/1256045313.jpg
【性格】 正義感が強く、生真面目で融通が利かない
【希望】 悪魔王クラスの悪魔に犯され堕天、自身も八人目の七大悪魔王として覚醒する…というような流れを希望だ
【NG】 スカトロ 残虐

>>384
こんなところか
もっといい画像が有るといいんだが…

386 : ◆Y1TEtYl60w :2010/03/12(金) 00:27:21 ID:???
ttp://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=9102436
pixivで良ければ……

では、色慾を司るアスモデウス系列の悪魔・魔神に姦淫され、堕天
より卑猥な躰付きになり、色慾を司る女魔神として覚醒…でいいかな

問題は堕とす方法……か

387 :ミカエル@BASTARD!! ◆tUx9W8qP32 :2010/03/12(金) 00:38:06 ID:???
>>386
アスモデウス系列か…そうだな、それにしよう
……一番いいのはアスモデウス本人だが、無口すぎてキャラがつかないようなヤツになりきれというのも酷な話だ…

堕とす方法は任せよう
そうだな…神霊力を封じる牢獄などに捕らえられて、ただの無力な羽根つき人間にされじっくりと、などが思いつくが……

388 : ◆Y1TEtYl60w :2010/03/12(金) 00:52:46 ID:???
……まぁ、無口のまま犯しても怖いし詰まらないだろうし

催淫するクスリだの魔法だのは好まないタイプ、だろうか
牢獄…と言ってもラブホテルの一室のような感じ、もアリか
後はプレイ内容の希望、こんな風に犯されたい…という希望があれば教えて欲しい

389 :ミカエル@BASTARD!! ◆tUx9W8qP32 :2010/03/12(金) 01:04:05 ID:???
>>388
魔術や薬物でも一向に構わない
…というより結果に至る過程には、特に希望は無いな…つまり、なんでもいいということだ

そうだな、強いて言えば…激しく荒々しく犯され、口説かれて、初心な私をメロメロにして欲しい………くらいか
後は堕ちた瞬間に、背中か額にでも逆十字の烙印を捺されたい、な…

390 : ◆Y1TEtYl60w :2010/03/12(金) 01:21:51 ID:???
>>389
なるほど、了解した
まぁ、淫魔法を使って感度を上昇させ、体液の分泌を増させる…そんなところか
より卑猥な衣装を着せて羞恥心を煽り立てるのも良いだろう

ふむふむ…肉体だけでなく心も弄んで堕とす、と……
堕天の誓いと共に、……個人的には豊満な胸の谷間辺りに捺したいが
ミカエルが希望するなら額か背中に、漆黒の逆十字の烙印を捺してやろう

……今夜はもう遅いが、時間はあるのだろうか

391 :ミカエル@BASTARD!! ◆tUx9W8qP32 :2010/03/12(金) 01:31:25 ID:???
>>390
魔法も衣装も問題ない
胸と腹部がくりぬかれて丸見えの黒いゴシック調ドレスや、スリングショット水着のようなレオタードとか…か?

そうだな、そしてお前への愛が神への愛を越えた時が、私の堕天する時だ
胸もいいな…
やはり背中には羽根があるし、胸元がいいかも知れない……それでいこう


今日は…流石に厳しいか、今夜は空いているか?

392 : ◆Y1TEtYl60w :2010/03/12(金) 01:43:33 ID:???
>>391
ゴシックドレス…ttp://owob.slmame.com/e356390.html
レオタード…ttp://www.omosirokurabu.com/indexgazou/S13.htm
適当に見繕ってみたが…どうだろうか?

ま、先の話になるが…胸元で了承した

今夜は…22時からになってしまうが、それで平気だろうか?
書き出しをどちらから行うかも決めておこうか

393 :ミカエル@BASTARD!! ◆tUx9W8qP32 :2010/03/12(金) 01:47:23 ID:???
>>392
そのドレスにヴェールを組み合わせて、そのまま花嫁衣裳として、婚姻の誓いを立てるのもいいな…
レオタードならば悪魔王らしく、マント辺りを添えたい所だ

構わない、むしろありがたいくらいだ
書き出しはそうだな…状況的なシチュも考えて、そちらに頼みたいが…

394 : ◆Y1TEtYl60w :2010/03/12(金) 01:53:54 ID:???
>>393
では、途中で着替させることにしようか
レオタードはさらに改造して露出度を増す予定、だ

ふむ…牢獄、と呼ばれる空間―これもどうするか考えないとだな…に監禁されたミカエルを
こちらが訪ねるところから、こちらが書き出す…でいいだろう

さて、そろそろ眠気もキツくなったので落ちさせてもらうよ
今夜を楽しみにしている…お疲れ様だ

395 :ミカエル@BASTARD!! ◆tUx9W8qP32 :2010/03/12(金) 01:54:43 ID:???
>>394
ああ、こちらこそ…よろしくな

【スレを返す】


396 : ◆Y1TEtYl60w :2010/03/12(金) 22:09:13 ID:???
(ガブリエルの堕天に失敗したサタンの次の狙いは、四大熾天使中最大最高の実力を持つミカエルへと向けられていた)
(悪魔と天使との戦争の混乱に乗じて拉致されたミカエルは、地獄の階層の一部―本来堕天した天使が容れられる「ディーテの市」へ監禁されていた)

(……しかし、監禁とは名ばかりに、その中は普通の西洋風のお屋敷であった)
(監禁されている一室も、ベッドを始め一通りの調度品が揃っており、不自由することは無かった…ただ一つを除いて)
(強力な障壁により神霊力を封じられ、今では下位の悪魔すら消失させることすらできない、レベル100未満の羽根の生えた人間と化していた)
(そればかりでなく、部屋中には「魅了」をさらに強力にした「催淫」の魔法が満ち続け、筋の通った生真面目なミカエルの身体を、芯から少しずつ蕩かしていく)
(本来色慾を司るアスモデウス配下の悪魔の計略…純真/初心なミカエルを情慾で堕天させるという企みが、ミカエルの心を蝕んでいく――)

【遅れてしまって申し訳ない】
【説明的な文章になってしまったが、こんな感じでよろしくお願いする】
【…こちらも名前か何かあった方がいいだろうか】

397 : ◆Y1TEtYl60w :2010/03/13(土) 00:59:17 ID:???
【すわて、落ちます】
【以下空室】

398 :名無しさん@ピンキー:2010/03/13(土) 05:01:04 ID:???
このミカエル、良く逃げる奴だから注意な


399 :名無しさん@ピンキー:2010/03/14(日) 06:13:09 ID:???
ミカエルはいいキャラなんだけどな

400 :名無しさん@ピンキー:2010/03/14(日) 07:11:59 ID:???
実に惜しい

401 :名無しさん@ピンキー:2010/03/14(日) 09:40:30 ID:???
ミカエルをメロメロにしたい

402 :フィー ◆PyqYISReoSUc :2010/03/17(水) 23:27:18 ID:???
【キャラ名】 フィー
【原典】 ファイアーエムブレム 聖戦の系譜
【性格】 明るくて元気のいい少女、つい人助けをしてしまうお人好し
【備考】父親はレヴィンを予定、クラスチェンジ済
【希望】 十章、終章を舞台に暗黒教団の司祭に調教されて、暗黒教団の尖兵にされたいな、って思ってるんだけど。
【NG】 大スカトロと、余りに痛いプレイは無理だと思う。

マーニャと一緒に待機してるわね。 


403 :フィー ◆PyqYISReoSUc :2010/03/18(木) 00:25:59 ID:???
待機、解除するわね。

404 :名無しさん@ピンキー:2010/03/18(木) 08:05:12 ID:???
調教のどの段階からスタートによるけど
他のキャラもオーケーなら相手してほしい

405 :フィー ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/19(金) 23:57:49 ID:???
【キャラ名】 フィー
【原典】 ファイアーエムブレム 聖戦の系譜
【性格】 明るくて元気のいい少女、つい人助けをしてしまうお人好し
【備考】父親はレヴィンを予定、クラスチェンジ済
【希望】 十章、終章を舞台に暗黒教団の司祭に調教されて、暗黒教団の尖兵にされたいな、って思ってるんだけど。
【NG】 大スカトロと、余りに痛いプレイは無理だと思う。

少し、ここで待たせてもらうわね。


406 :フィー ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/20(土) 00:50:11 ID:???
待機を解除するわね。

407 :名無しさん@ピンキー:2010/03/20(土) 01:28:15 ID:???
別の人?

408 :フィー ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/21(日) 00:03:58 ID:???
【キャラ名】 フィー
【原典】 ファイアーエムブレム 聖戦の系譜
【性格】 明るくて元気のいい少女、つい人助けをしてしまうお人好し
【備考】父親はレヴィンを予定、クラスチェンジ済
【希望】 十章、終章を舞台に暗黒教団の司祭に調教されて、暗黒教団の尖兵にされたいな、って思ってるんだけど。
【NG】 大スカトロと、余りに痛いプレイは無理だと思う。

連日になっちゃうけれど、待機させてもらうわね。

>>407
ごめんなさい、実はトリをメモし忘れてうろ覚えで打ったら、間違えてたみたいなの。
>>402はわたしになるわ。

409 :名無しさん@ピンキー:2010/03/21(日) 00:06:08 ID:???
こんばんは
フィーよく知らないけど他のキャラとかできませんか?

410 :フィー ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/21(日) 00:12:34 ID:???
>>409
こんばんは。
よく知らない、っていうことだけど誰なら大丈夫かしら?

411 :名無しさん@ピンキー:2010/03/21(日) 00:16:47 ID:???
>>410
出来そうなキャラの中からチョイスするというのはどうかな
FF7のキャラでできるのいる?

412 :名無しさん@ピンキー:2010/03/21(日) 00:19:05 ID:???
無理難題言ってすまなかった。また機会があったらよろしく

413 :フィー ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/21(日) 00:21:32 ID:???
>>411
ごめんなさい、FF7はよく解らないの。
名前くらいしか知らないから、キャラも上手く出来そうにないから。

FFシリーズで出来るのはFF5(ファリス)6(セリス、リムル)くらいかしら。
他はちょっと厳しいわね。

414 :名無しさん@ピンキー:2010/03/21(日) 00:33:16 ID:???
>>413
俺では役者不足でした。ゴメンナサイ落ちます

415 :名無しさん@ピンキー:2010/03/21(日) 00:43:22 ID:???
チキは無理か…?

416 :フィー ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/21(日) 00:45:44 ID:???
>>415
無理じゃない…わね。
ただ、DS版の新・暗黒竜はやってないから、
スーパーファミコン版のイメージでもいいのなら、だけれど。


417 :名無しさん@ピンキー:2010/03/21(日) 01:03:41 ID:???
じゃSFC版でのチキを
第二部のちょっと成長したバージョンならまだ大丈夫かな?

418 :チキ ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/21(日) 01:06:33 ID:???
>>417
うん、おじいちゃまに助けられて、マルスのおにいちゃんと会って、
それで、第一部が終わってから、だね。
それなら、わたしも大丈夫だよ。
えぇっと、相手の人は誰になるんだろう?
ガーネフとか、メディウス、かな?
教えてくれると嬉しいな。

419 :名無しさん@ピンキー:2010/03/21(日) 01:12:16 ID:???
第二部終わって直後だと、もう神殿で眠りに付かされるはずだから
目覚めさせられてから、戦場で不意を突かれて誘拐
その後調教という感じでしてみようか、第一部でも洗脳されていたのだから
またそのときの記憶を蘇らせるというのも一興かもしれない

ガーネフにしてみようか、なんだかスケベ中年のようになりそうだが

420 :チキ ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/21(日) 01:16:52 ID:???
>>419
流れについてはわかったよ。
それじゃあ、第二部でマルスのおにいちゃんがわたしを目覚めさせて、
それから後に誘拐された、って言う方がいいと思うな。
展開も無理がないと思うし、一番やりやすい流れだと思う。

一部での洗脳は催眠術みたいな感じだったから、
今度はより深くするために色々と、かな。
スケベ中年でも、えっと…きっと大丈夫だと思う!
もし、難ならガーネフ配下のオリジナルな魔導師さんでもいいし!


421 : ◆1zagA66st6 :2010/03/21(日) 01:21:25 ID:???
そうか、一部ではただ単に催眠術で操るだけという事で
今回はその反省を生かし、もっと深くさらに心から従わせる意味での調教を施すという事だな
個人的にはメディウスはそういう色めいた欲望無さそうだし、ガーネフはそっちはもう枯れてそう

良かったらその配下の暗黒魔道士という設定でもいいか?
いかにもなキモ中年ってのは、舞台設定に合わないからそこはそれなりに調節するが


422 :チキ ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/21(日) 01:24:33 ID:???
>>421
そうだね、催眠だけじゃなくて、色々として、今度こそは、と言う感じだと思う。
メディウスやガーネフの事を考えると、言うとおりだと思うから、
配下の暗黒魔導師さんで構わないよ。

そう言う事に関してはガーネフよりも、とか、色々と後付しちゃえばいいと思うから。

423 : ◆1zagA66st6 :2010/03/21(日) 01:27:12 ID:???
ありがとう、チキはいい子だねぇ…
出来るだけ怖がらせないように調教してあげるからな
一部と二部では随分雰囲気変わってるから、幼女幼女って感じじゃなくなってるだろうし
イヤラシイ、女としての調教も出来るだろうという事で白羽の矢が立ったと

責めは、快楽落ちを考えてるけど、苦痛系とかが好み?

424 :チキ ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/21(日) 01:30:59 ID:???
>>423
だって、おじいちゃまやマルスのおにいちゃんは、ちゃんと人の言う事を聞きなさい、って言うから。
こ、怖いのはイヤかなぁ、それと、あんまり暗いところも。
ちょっとはシーダのおねえちゃんみたいになれればいいんだけど…、まだちいちゃい、かな。
女として、って言うのは嬉しいな!

責められ方は快楽堕ちがいいな。
わたし、怖いのとか、痛いのは嫌いだから、しないでもらえると嬉しいけど。

425 : ◆1zagA66st6 :2010/03/21(日) 01:35:17 ID:???
雰囲気から、誘拐されてきたけど結構大人しい感じかな?
大人しくしてると怖いことや嫌な事しなくて済むからありがたい
チキは今のままでも十分に可愛いよ、タリスの王女とは違った美しさがある
子供子供と思ってたけど、ちゃんと成長もしているみたいだし

ではご希望通りに気持ちよくして、それが止められない身体にしていこうか
毎日の食事に媚薬を混ぜて、快楽落ちの下地を作っておいて
誰も話し相手も無く、寂しい心に付け込むようにチキの心に忍び込んで…
そしてその発育中の身体を隅々まで…

426 :チキ ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/21(日) 01:38:30 ID:???
>>425
誘拐されてきて、竜石を遠くに置かれてるから、変身もできなくて大人しいつもりだよ。
いつかマルスのおにいちゃんが助けに来てくれる、って思っていい子にしてるんだから。
えへへ、そういわれると嬉しいけど…悪い事とか、考えてない、よね?

流れはそれでいいと思うな、寂しいのとかは嫌いだし、
誰かと一緒にいてもらえるのは嬉しいから、下準備を充分してから、
色々してもらえればスムーズに出来ると思うよ。
えっと、じゃあ、わたしから書き始めていいかな?

427 : ◆1zagA66st6 :2010/03/21(日) 01:42:45 ID:???
そうだな、竜石は預からせてもらってるから、チキはか弱い女の子のままだ
いい子にしてるなら牢屋とかに入らなくて済むように手配してあげよう
屋敷の一室、ちゃんと日が差すところでベッドもちゃんとしたのが置いてある部屋でね
悪いこと…さぁ?
どういうのが悪いことなのか、それはチキから教えてもらわないとね

ではここに連れてこられてもう2週間、毎度毎度媚薬を混ぜ込んだ食事を三度欠かさず
暗黒魔道士たるおじさんは、柔和な顔をしてチキの所に食事を運び
たまに会話もするという関係にしておこうか
チキから書き始めるかい?
では宜しく頼むよ、チキをたくさん可愛がってあげるからね…
我らのために

428 :チキ ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/21(日) 01:49:56 ID:???
(氷竜神殿でガトーによって眠りにつかされていたのも、既に昔の事)
(マルスが星のカケラを集めていた事により封印の盾が完成に向かい)
(それに伴ってガトーは自分をマルスと共に行く事を許した)
(それから、マルスや皆と共に進軍をしていたものの)
(と、ある戦場で孤立した隙を突かれ、何者かによって連れ去られてしまった)
(それから2週間ほどが経過していて―――)

ん、また今日も朝がきたんだね。
(小さく欠伸をしながら、窓の外を見て太陽の明かりを浴びながら)
でも、まだマルスのおにいちゃん、こないなぁ。
いい子にしてるから、早く来てくれれば嬉しいのに。
あ、そうだ。 もうすぐ、いつものおじさん来るかな?
ご飯も美味しいけど…、わたしと話してくれるのはおじさんだけだし…。
(ベッドでいい子に座っていれば、すぐに来てくれるかもしれない、と思って)
(ベッドに座りながら、今か今か、とその人物が来るのを待ちながら)

【こんな感じにしてみたよ】
【おじ…、おにい、ちゃん…? の名前も教えてくれると嬉しいかな】

429 : ◆1zagA66st6 :2010/03/21(日) 02:01:39 ID:???
(以前手駒として使っていた神竜の王女が奪還され、そしてそこを契機としてガーネフもメディウスも敗れ去る)
(地竜メディウスが完全な暗黒竜として復活を果たすため、暗黒司祭は再び策を練り)
(アカネイアの王となったハーディンを傀儡とし、事を進めてきた)
(が、再び神竜の力と鬼門たるスターライトがまた我らを阻もうとしている中)
(僥倖にも神竜の王女は再び我らが手に落ちた、以前よりも女として成長し始めている王女を見るとそれを肉体的に落とすことを考え)
(ガーネフ自らではなく、配下の暗黒魔道士にその役目を任じられている)

ふむ…しかし、これで二週間…
毎食媚薬入りの食事を食べさせられてるとは思うまいて、あの子も不憫な事だ。
しかしこれが役目、そろそろ頃合か…
(昼の食事を運びつつ、暗黒魔道士は呟く、今日からはいよいよあの無垢なマムクートの少女を調教することになっている)
(若干打ち解けてきている様子のチキを思い出すと、その青い身体へと思いを馳せて)

チキ、入るよ、今日の昼ごはんだ。
今日は少し長く居られそうだから、暫くお邪魔させてもらうがいいかい?
あんまり落ち着いて話したことなかったからね。
(鍵を開け、ドアを開けると、二週間の間ですっかり部屋にはチキの部屋としての匂いが漂っていた)
(それを吸いながら、食事を運び、一際強い媚薬が仕込まれているそれを食べるように促しながら)
(チキに柔和な顔を向けて話しかける)

【ありがとうね、ではチキの方からおじさんに名前を聞いてくれるかな】
【そしたら教えてあげよう、まぁおじさんと言ってくれてもいいのだけれど

430 :チキ ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/21(日) 02:07:45 ID:???
(まだかまだか、と、足を軽くパタパタとばたつかせながら、扉の方に視線を向ける)
(一人でいる時間がとても退屈なのはいつもの事で、マルスたちといた時は側に必ず誰かがいた)
(ただ、ここに来てからと言う物、殆どが一人で、そして会話をできる人物はただ一人しかおらず)

あっ!
(聞こえてきた声と、ドアを開く音に嬉しそうな声をあげて)
おじさん、今日もきてくれたのね。
よかった、おじさん以外の人はお話しても答えてくれないから。
(あんまり愉しくなかったの、と困った声をあげながら、食事を勧められれば)
(いただきます、と言って食事をはじめながら)
うん、おじさんが居てもいいなら、たくさん居ていいよ。
だって、わたしもおじさんと話せるのが、ここに居る時で一番たのしい時間だから。
あ、でも…、いつまでもおじさん、だけだといっぱいおじさんが居て大変だから、
おじさんのお名前、教えてもらってもいい?

(小さく首を傾げて、おじさん…男性の名前を尋ねながら、食事を進めて)

431 :ギラトス ◆1zagA66st6 :2010/03/21(日) 02:21:40 ID:???
やぁチキ、昼のご飯だよ。
そりゃこれがおじさんの仕事だからね、ずっと部屋の中で退屈だろう?
大変だと思うけどいい子で我慢しておくれよ。
そうだね、チキのような子がここで一人ってのは、凄く退屈だろう…
(食事はパンにスープ、そしてタマゴ料理にソーセージといった所)
(朝食のようなラインナップだが、物資の都合上仕方が無い、特にスープにはいつもの倍の媚薬が混入されている)
(何の警戒もせずに食べているチキを見つめながら、何気ない会話を続け)

そう言ってくれるのは嬉しいよ。
おじさんもねここは、退屈な場所だからね、こうやってこっそりチキとお話できるのは嬉しいんだよ。
おっと、おじさんの名前かい?
そうだね…本当は内緒なんだけど、秘密だぞ?
ギラトスっていうんだ。
(食事をしているチキにゆっくりと近づき、いつしかすぐ隣にまで接近して)
(同じように腰をかけてたっぷりの緑の髪を結い上げている横顔を見つめ)
(自分の名前を教えながらそっと優しく、桃色の薄絹に包まれた小さな身体に手を伸ばし)
(背中を摩るようにしながら、まるでスキンシップを図ってるかのように見せかけてチキの身体を触り始めていく)
もうここに来て2週間になるね…
なんにも怖いことが無いといいけれど…
(暗黒魔道士らしからぬ言葉でチキの心理に付け込むように囁き)
(あたかも、こちらがそんなに悪い存在ではないとでも言うような、幼い精神を騙すように話しかけ)
(背中から髪を撫でるように手を動かして)

432 :チキ ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/21(日) 02:30:46 ID:???
>>431
でも、お部屋からは絶対に出ちゃダメって言われてるし、それは守ってるよ?
お外で遊んだりとかは出来ないから、ちょっとつまらないけれど、
ちゃんといい子にしてるって決めたから。
(差し出された食事は何の疑いもなく食べていく)
(勿論、好き嫌いなどあるはずもなく、どれも美味しそうに食べていて)

やっぱり他の人とかはお話が嫌いなの、かな?
いつもむすー、っとした顔で、お話しても何も返してくれないし…
(わたし一人でお話しても面白くないよ、と不満を少しだけ漏らしながらも)
(おじさん、の名前を聞けば、満足したように目を輝かせて)

ギラトスのおじさん、ね。 わかった!他の人には言わないね!
(近寄ってきて、内緒話のように言っていることに、内緒話だ、と嬉しそうな笑顔を浮かべる)
(そんな中、スープを飲み干して、ふぅ、と一息つく中、背中を触られると、軽く震えて)
ん…っ、怖い事なんて、ないよ?
えっとね、ギラトスのおじさんは知らないかもしれないけど、
怖い事からはマルスのおにいちゃんが守ってくれるって言ってくれたし。
それに、ギラトスのおじさんがいてお話してくれるから、少し寂しくても我慢できるし。
(ここに居る間、男に助けられている事は心底から感謝をしながらも)
(背中から髪、今日は、やけにくすぐったく、熱く感じてしまって、身動ぎなどもしていて)
なに、かなぁ…? なんか、今日はすごくむずむず、するよ…。
(不思議そうに首をかしげながらも、ギラトスの手には抵抗もせずにいて)

433 :ギラトス ◆1zagA66st6 :2010/03/21(日) 02:42:46 ID:???
他の連中はそういうものだからね、しょうがない。
おじさんはここでも変わり者だから……
今、世の中はアカネイアのハーディンとアリティアのマルスとの前の戦争の立役者が二分しているね。
おじさんの方はアカネイアの立場だけれど、こっちはこっちで色々あるのさ。
(まだ、堂々とガーネフの姿はチキには見せておらず、自分も普通の人間として接している)
(アカネイアの精力とも違う暗黒司祭の勢力という事は知られないほうが都合がいい)
(話をし続けながら、背中を撫で回し、時折ビクビクと揮える反応に効果を確信しつつ)
(子供をあやすような手つきは、女を責めるための愛撫の手つきに変わり始める)

マルスのおにいちゃん、か…
今我らの敵、の立場になってるんだよな。
人間同士の争いって言うのは不毛なものだけど、チキはそんな事の手助けする必要があったのかな。
守ってくれるのは良い事なんだけど、それはおじさんたちではダメなのかな?
(身体を触り、綺麗な緑の髪をさらさらと撫でて、愛しい子供を可愛がるような様子を演じ)
(マルスという絶対の価値観を崩すように、少しずつ心に疑問を感じさせるようにしつつ)
(尻尾のように伸びたポニーテイルを手で梳り、そこから首筋をそっとなでながら)
(肩に手を回してそっと抱き寄せるようにして)
むずむずする?
どうしてだろうね…おじさんが確かめてあげようか、せっかくだからチキと仲良くしたいしね。
(あくまでも仲良くしたい身体という嘘の前提を提示し)
(大きな手でチキの胸を包み込むように収め、まずは力を入れず撫でるように触れるように)
(その成長振りがいかほどのものかを確かめる)

434 :チキ ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/21(日) 02:53:12 ID:???
>>433
おじさんは変わり者じゃないよ!
ちゃんとお話したら返事もしてくれるし、美味しいごはんも持ってきてくれるし。
(自分を変わり者、と言う男性に首を振りながら、否定の様子を浮かべて)
アカネイアとアリティアの戦争…、わたしが眠る前は、仲がよかったはずなのに…。
(どうしてなんだろう、と若干不思議に思いながらも、難しい話は解らずにいて)
みんな仲良くなれれば一番いいのに…、ギラドスのおじさんも、そう思うでしょ?
(小さく首をかしげながらも、手が身体に触れるたび、小刻みながら身体が動き)

え? わたしが、マルスのおにいちゃんの事、助けたらダメ、なの?
だって、マルスのおにいちゃんは、わたしの事、前から助けてくれたんだよ?
(ちょっとだけ疑問を感じたのか、不思議そうに、少し困った様子も併せた顔になりながら)
それは、もちろん、ギラドスのおじさんにも、守ってもらえるのは嬉しいけど…や、ぁっ?!
(当然、守ってもらえるのは嬉しい。 近くに居てくれるというのは嬉しい、と答える中)
(首筋に手が触れれば、一旦、高い声が上がってしまって、不思議そうに自分の身体をみて)
う、うん、なんか、すごくむずむずして、くすぐったいの…。
それが、今日は、わたしの全部が、そんな感じ、するの。
(違和感を感じながら、確かめてくれる、といわれれば頷いて応じる)
(胸を包み込まれれば、当然少女のものではあるが、少しずつは膨らんでいて)
(掌に小さいながらも、膨らんだ感触を返す。 視線はギラドスを不安そうに見ていて)
ギラドスのおじさん、何か、わか、った?
(さっきよりも強いむずむず、困ったような表情が少し強くなって、顔も僅かに赤くなり)

435 :ギラトス ◆1zagA66st6 :2010/03/21(日) 03:09:47 ID:???
ダメという事はないさ、でもね向こうの目的はこちらを滅ぼすことなんだから。
その場合はおじさんも戦争で死んじゃうかもしれないね…
死にたくはないから、おじさんも向こうの人を殺すかもしれない。
お互いを殺しあう戦争になっちゃったから、もう簡単には止まらないんだよ…
おじさんもみんな仲良くがいいんだけど。
(一つ一つゆっくり含めるように話すが、それは立場の違いだけの話)
(互いの理念には触れず、ただ諍いで血が流れるという断片的な言葉だ)
(子供と言っても、疑問を残しては付け入る隙は生まれない)
(言葉以外にも、身体の心地よさを使い、判断を弱らせるべく、チキの身体へと触れていく)

今まではむずむずしたことは無かったのかい?
今日初めて?
(成長の兆しを迎えていると言っても、まだ性の何かも知らない無垢な存在であるからか)
(身体に二週間蓄積され続けた媚薬の効果も性刺激としては発現しなかったようで)
(今初めて感じる感覚を、不安よりも興味へと仕向けるよう優しく声をかけながら胸を慎重に揉み始める)
(薄桃色の衣服の下に感じる仄かな膨らみは、以前操っていた時の幼女の身体とは確実に違っており)
(神竜の王女が女になり始めていることを如実に物語っていた、ギラトスは、その手管を使い)
(幼い乳房に性的な悪戯を加えながら、尖った耳元で囁き続ける)
うーん…このままじゃ分からないね。
もっと触らせてもらうよ。
(背後からチキの身体を抱きすくめる、そして両手で膨らみ始めた乳房を念入りに弄び始めた)

436 :チキ ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/21(日) 03:18:52 ID:???
>>435
え?ギラトスのおじさんも、戦争で死んじゃうの?
(夢で見た悪夢、あのときのように誰かが死んでしまうのか、と)
だ、だって、本当はみんな仲良くなれそうで、
きっと、本当は誰も戦争なんてしたくなんてないのに…っ、ん、んっ。
(血が流れ、人が死んでいく。 そんな怖い夢のような事を思い出して)
(頭をぶんぶん、と振るもののどうしても怖い夢を思い出してしまう)
(ただ、その怖い夢を振り払うように、身体をなでられると、どこか安心もして)

えっと…、ちょっとだけしたことはあったよ。
三日くらい前に、夜、眠る前に身体がすごくむずむずして…、
でも、ベッドの上で、ころころ転がってたら落ち着いたから、眠れたけど。
(身体に蓄積されている媚薬は充分に効果を出し始めている)
(徐々にではあるが、胸を揉まれれば、時折声が途切れさせる)
(衣の下の小さな膨らみ、そして、背後から抱かれ、身体を預ける形になれば)
う、ん…。 あ、あの、ねおじさん…。
見て、もらうと、安心するの、かな? むずむずは止まらないけど、
身体も、ほわぁ、って熱くなるん、だよ…?
(念入りに揉みこまれる乳房、薄い衣だからこそわかる)
(徐々にではあるが、男の手の中で乳房の中心、乳頭が硬くなり始めて)
(同時に、呼吸も少しだが熱を帯びていて)

437 :ギラトス ◆1zagA66st6 :2010/03/21(日) 03:32:08 ID:???
そうだね、戦争ってのはそういうものだから。
死なないなんて誰も約束なんて出来ないんだよ。
おじさんは英雄でもなんでもないただの人間だから。
だから、チキには戦争してもらいたくないからここに居てもらってるんだよ。
(もちろん究極的には、自分の手駒として使えるようにするのが目標だが)
(今はまずその前の段階、ここに監禁されている理由をもっともらしく言う)
(人の死という事を突きつけて不安を呼び起こしておいて、安心させるように頭を撫で身体をさすり)
(生涯の殆どを眠り、人という存在に接する機会の少ない無垢な王女を騙しながら、ゆっくりと心を開かせるようにノックした)

身体熱くなってきているんだね。
じゃ見せてもらおうかな、チキの綺麗な身体をさ。
でもこうやって触ってみて思ったんだけど…
チキもうおっぱい大きくなり始めてきてるんだね。
(チキの感じ始めてきた初めての身体の火照りを、全身に広げるように敏感な乳房を優しく揉み続け)
(膨らみ始めのまだ芯の硬い乳房を時間をかけて、その芯を解すようにしていく)
(次第に持ち上がってくる小さな小さな乳首、それを指で弾くようにしながら)
(淫らな感想を囁きながら、とうとうチキの無防備な言葉に付け込み)
(服に手をかけて脱がせ始める)

さぁ、手伝って…全部脱がせるから…
へぇ…これがチキのおっぱい…可愛いね。
直接触っちゃうよ?

438 :チキ ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/21(日) 03:40:43 ID:???
>>437
で、でも、それが戦争でも誰かが死んじゃうなんてイヤ!
ギラトスのおじさんだって、死んじゃうのはイヤなの!
そんなの、そんなのイヤ、なのに、誰かが死んじゃう、なんて…。
(そんな戦争をさせないために、と言う男の言葉にどこか安堵してしまい)
(頭や身体を撫であげられると、時折、震えながら小さく頷く)
(戦争をさせたくない、と言ってくれる男に、こくり、と頷き返しながら、身体を預けてきて)

う、ん。 身体が熱くて、ドキドキも、してきたの…。
え、っと…おじさんに、見せれば、いいの、かな?
あ、え、お、おっぱいは、で、でも、みんな、女の人は大きいから、
わたしのなんて…、ちいちゃいし、まだ、よく解らなくて。
(大きくなり始めてきた、と言われ、少し困ったように、照れたように返事をしながら)
(身体を男に預けて、時折漏れる吐息が荒く、熱を持ち始める)
(硬くなり始めた乳首が指で弾かれれば、ベッドのシーツを、きゅ、と握って声などを我慢する)
(更に、服に手をかけられれば、小さく頷いて返して)

う、ん…。 わたしの服…脱がないとダメ、だよね?
あ、あの…ほ、本当に、かわ、いい?
おじさんが、触りたいなら、いいよ?

(服を脱ぎ、露になる幼い裸体)
(少し膨らんだ乳房を露にしながら、直接、と言われると少し顔を赤らめたままだが、頷いて)

439 :ギラトス ◆1zagA66st6 :2010/03/21(日) 03:55:54 ID:???
なるほど…チキは小さくても大人の女になりかけているんだね。
だから身体が熱くなってきてるんだろう。
ははは、チキの周りの女の人はみんなそんなにスタイルいいのか。
でも大丈夫さ、チキもすぐに同じようにになるから。
(確かに小さい乳房というよりはまだ膨らみのなりかけという表現が近い)
(しかし、それでも今手の中にあるのは、神竜族のプリンセスの胸なのだ)
(これが興奮せずにはいられようか、ギラトスはいよいよこの無垢なる花を開かせるべく)
(囁いていた口から毒々しい舌を伸ばし、尖った耳を軽く舐めしゃぶりながら尖った乳首をこねる)
(服の上から浮き立つ小さな尖ったしこりを摘み)
(そのまま指が左右に乳首を摘んで擦りたてて、その間にも耳を舐めながらチキを愛撫する)

あぁ…とても可愛いよ…
神竜のお姫様も、こうしていると普通の人間の女の子じゃないか。
チキの今感じている熱いのが、いけないことじゃないというのを教えてあげよう。
皆には内緒で秘密の遊びをね。
(チキへの賞賛の言葉は作らずともに出てきた)
(それ程滑らかな子供の肌に、染み一つ無い美しい色、スレンダーで折れそうな華奢な身体)
(造形としても美しいその姿に息を呑みながらもう下穿き一枚になったチキの身体をベッドに横たえて)
(直接乳房を揉み始めながら、これまでは服の上というフィルター越しの刺激を)
(乳房の直揉みという段違いの行為で甘く痺れるような快感を続けざまに与えていく)
(本来性的に無垢な身体は、性感の感じ方も醸成されていないが、二週間にも及ぶ体内に回りきった媚薬の力を狩り)
(一気にチキに初めての快感を教え込んでいった)

440 :チキ ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/21(日) 04:01:10 ID:???
>>439
【ごめんなさい、おじさん】
【少し、眠たくなってきちゃって、そろそろ危ないかも…】
【おじさんがよければ、凍結して、来週に続きとかしたいんだけれど、いいかな?】

441 :ギラトス ◆1zagA66st6 :2010/03/21(日) 04:04:57 ID:???
【おじさんももうそろそろ限界だったからね】
【丁度良かったよ、凍結は望むところ、次はいつがいい?】
【こっちは一番近くて水曜日かな】

442 :チキ ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/21(日) 04:06:38 ID:???
>>441
【カレンダーを見たんだけれど、今度は26日か27日の深夜になりそう】
【時間は、今日、フィーおねえちゃんの名前で書き込んだくらいになるかな】

443 :ギラトス ◆1zagA66st6 :2010/03/21(日) 04:10:55 ID:???
【うん、大体がこの時間になるのなら、休み前の方が助かるね】
【26日の24時という所が一番良さそうだ】

444 :ギラトス ◆1zagA66st6 :2010/03/21(日) 04:35:58 ID:???
【チキは寝落ちしちゃったようだな】
【おじさんは上の通りだよ、また都合が分かったら伝言をしてくれるとありがたいね】
【お休み、チキ】
【スレをお返しします】

445 :イヴ ◆2tVOUtreFo :2010/03/24(水) 02:59:31 ID:???
【出典】 BLACK CAT
【展開】 捕らえられて改造・洗脳を受ける
【希望】 脳改造による記憶消去・絶対に揺らぐことのない忠誠心の植え付け・殺人に性的快感を覚えるようにマインドコントロール
     爆乳化・大人化・コスチュームチェンジなど

446 : ◆B0.BrKS5pQ :2010/03/24(水) 03:48:26 ID:???
>>445
まだいらっしゃいますか?
ぜひ改造、洗脳の流れでMCやってみたいですね。

447 :桜咲刹那 ◆Y2YN8qSGdg :2010/03/24(水) 10:57:53 ID:???
フェイトに調教され、そのままフェイトの従者として仮契約を結びたい

448 :フローラ:2010/03/25(木) 23:53:20 ID:???
私を犯し、奴隷にしてくださるジャミ様はいらっしゃいませんか?

449 :名無しさん@ピンキー:2010/03/25(木) 23:55:56 ID:???
主人公に調教されたジャミなら

450 :フローラ:2010/03/25(木) 23:57:50 ID:???
>>449
どういうこてでしょうか。
できれば、邪悪なままのジャミ様がいいのですが。

451 :名無しさん@ピンキー:2010/03/26(金) 00:01:33 ID:???
>>450
幼馴染をあっさり見捨てて金と宝目当てに金持ちの娘を選ぶ鬼畜主人公
弱肉強食の奴隷世界でなんだかんだで生き抜いてきた、おそらくずるがしこい主人公
安全な場所から手下のモンスターに戦わせる主人公
鬼畜過ぎます

そんな鬼畜主人公がすっかり飽きた花嫁(笑)を手下のモンスターの性処理道具として与えて何が悪い

452 :フローラ:2010/03/26(金) 00:05:06 ID:???
すみません、落ちますね

453 :名無しさん@ピンキー:2010/03/26(金) 01:06:22 ID:???
これはひどい

454 :名無しさん@ピンキー:2010/03/26(金) 02:17:55 ID:???
ジャミ寝取り好きだから勿体ない…
フローラ帰って来て欲しい…

455 :名無しさん@ピンキー:2010/03/26(金) 02:29:06 ID:???
451みたいなのがいるスレに戻りたくはないだろうな

456 :名無しさん@ピンキー:2010/03/26(金) 02:48:24 ID:???
まっとうにやってればあんなアホは消えるって

457 :イヴ ◆2tVOUtreFo :2010/03/26(金) 04:28:57 ID:???
【出典】 BLACK CAT
【展開】 捕らえられて改造・洗脳を受ける
【希望】 脳改造による記憶消去・絶対に揺らぐことのない忠誠心の植え付け・殺人に性的快感を覚えるようにマインドコントロール
     淫乱化・爆乳化・大人化・変身してのH(獣化・人魚化・天使化・悪魔化・蛇化等等…)・コスチュームチェンジ

【………追記】

>>446
【直後に寝落ちしてた。会えたら相談したいな…】


458 : ◆pXqlj5u51Q :2010/03/26(金) 05:46:08 ID:???
>>457
【こんばんは、以前の人とは別人だけどまだいるかな?】
【時間的に厳しければ打ち合わせだけでも大丈夫だけど…】

459 :名無しさん@ピンキー:2010/03/26(金) 08:12:18 ID:???
>>457
お前マァムとかやってた奴だろ?

460 :名無しさん@ピンキー:2010/03/26(金) 08:48:15 ID:???
まぁまぁ抑えて抑えて

461 : ◆B0.BrKS5pQ :2010/03/26(金) 13:14:34 ID:???
>>457
【追記残してくれてありがとう、もし会えたらよろしくな】

462 :名無しさん@ピンキー:2010/03/26(金) 13:47:31 ID:???
>>461
やめとけよ 時間の無駄になるぜ

463 :ギラトス ◆1zagA66st6 :2010/03/27(土) 00:34:19 ID:???
【伝言無くて、返事も無さそうだけど一応少しだけ待ってみるよ】

464 :名無しさん@ピンキー:2010/03/27(土) 00:36:41 ID:???
チキ伝言スレにいたよ

465 :ギラトス ◆1zagA66st6 :2010/03/27(土) 00:43:36 ID:???
【なんと、見落としていたのか…】
【しまったなぁ…破棄になってしまったかもしれない、確認しにいってきます】
【教えてくれてありがとう】

466 :ギラトス ◆1zagA66st6 :2010/03/27(土) 01:01:51 ID:???
【チキに会えました、教えてくれた方ありがとうございました】

467 :名無しさん@ピンキー:2010/03/28(日) 00:22:28 ID:???
ジャミやるから、この前のフローラ来て欲しいな…

468 :ギラトス ◆1zagA66st6 :2010/03/28(日) 01:10:01 ID:???
【こんばんは、スレをお借りします】

469 :チキ ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/28(日) 01:13:11 ID:???
【スレッドをお借りします】

じゃあ、おじさん。
ちょっとだけ待っててね。

470 :ギラトス ◆1zagA66st6 :2010/03/28(日) 01:13:47 ID:???
【もちろんだ、今夜もよろしく頼むよチキ】

471 :チキ ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/28(日) 01:22:26 ID:???
おと、な…?
わたし、おとなになってる、のぉ?
で、でも、こんなに身体が熱いの、なんて、わたし、はじめて、で…。
シーダのおねえちゃんや、ミネルバのおねえちゃんは、き、れいだし…。
わ、たしも、おなじよぉになれ、るの…ぁ、んっ、ん…ぅ。
(耳朶を舐められるなどと言う初めての刺激にたまらずに身体を預けて)
(甘い声を上げてしまう自分。 身体の熱はこもって、逃げ場は全くなく)
(尖った乳房の先端を、左右から刺激されれば、ギラトスのローブの裾をつかんで)

だ、って、で、でも、こんなこと、されるの、わたし、はじめてだか、ら…ぁっ。
ど、どうすればい、いのか、わかんないのぉっ…。
そ、それに、おっぱいとか、誰かに触らせちゃ、いけない、って言われてた、のに…。
ほんとうは、いけないことじゃ、ない、の?
内緒の、秘密な遊び、なの…ぉ?
(男に尋ねるように聞きながら、ローブの裾を握る手に力が篭る)
(性、と言う物を意識した事がない身体。 当然、異性にされることなど初めて)
(服を脱がされ、直に手が触れてしまえば、感じた事もない熱と刺激にうかされて)
(乳房を直に揉みこまれただけで、顔を赤らめ、熱を更に全身に篭らせていき)

472 :ギラトス ◆1zagA66st6 :2010/03/28(日) 01:33:03 ID:???
そうさ、オッパイもぺったんこから膨らみ始めてきてるだろう?
ちゃんと後何年かしたらそのシーダお姉ちゃんや、ミネルバお姉ちゃんみたいになれるさ。
今でもチキは凄く可愛いと…おじさんは思うよ。
というよりも、おじさんはチキが一番可愛いな。
今まで見たどんな女の子よりも。
(人とは違う形をしている尖った耳を、ぬめった舌が唾液を塗しながら這い回っている)
(部屋の中はチキの熱い吐息と、囁くように呟く言葉によってなにやら秘密めいた雰囲気になって)
(そこで行われている行為が、いかにも内緒の行為だとでも思えるような感じになって来た)
(指に摘まれた小さな乳首が、尖って硬く突き立って、指に硬い感触を返すようになってくる)
(背後から包み込むように小さな子供の身体を抱え込んで、乳首を責め続ける姿は、とても淫靡であった)

どうもしなくていいんだよ、今はチキに内緒の遊びを教えている最中なんだから。
初めてというのは誰にでもある事だからね…
へぇ…誰に言われたのかな?
イケナイ事だったら…チキはやめちゃう?
オッパイ触らせるのダメかな、イケナイからこそ秘密の遊び…というものなのかもしれないよ。
(今まで食事に盛ってきた媚薬が、幼子にも効果を発揮して)
(チキという少女がこんなにも悩ましげな顔を見せることにギラトスも驚きを隠せない)
(小さくても女は女なのだと、ここまで幼い娘を調教するのは初めてなギラトスも)
(そんな禁忌めいた行為に不思議と興奮を感じ始める)

こうやって揉んでいると、オッパイが大きくなるの早くなるんだよ?
どう、少しは気持ちよくなって来たかな…

473 :チキ ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/28(日) 01:45:45 ID:???
ぺ、ぺったんこって…、ひゃうっ、う、ん。
ちょっとだけ、大きくなってる、けど、ほ、本当に…?
シーダのおねえちゃんや、ミネルバのおねえちゃんより、大きくなれる、かな…?
んっ、あ、う、ん、ありが、と。
そ、んなに、わたし、かわいいの、かなぁ?
(面と向かって可愛い、と言われる事がないわけじゃない)
(ただ、誰かと比べて一番可愛い、などと言われることは初めて)
(それも、耳に舌を這わせながらの行為、会話は、まさしく秘密の遊びのよう)
(自分でも気付かない間に、乳房の先端が硬く敏感になって、指が触れてるだけでジンジンしてくる)

どうも、しなくていい、の…? わたし、このまま、じぃ、っとしてて、いい、の?
んっ、そう、だよぉ、こんなことされ、るの、はじめて、で…っ。
お、おじいちゃま、から、絶対にだめ、って言われてた、けど、で、でも…。
イけないことでも、でも、こ、んな、こと、はじめてで、ほ、本当に、いけないことか、わかん、なくって…ぇっ…。
で、でも、これが、秘密の遊び、だったら…ひゃ、んっ…!
(本当なら言う事を聞かなければいけないはず)
(やだ、その言う事を聞かなければいけないはずの事を、頭が理解できず)
(男を拒む事もできないまま、息を漏らし、身体を小さく震わせる)
(男の戸惑いや興奮など感じる事もないまま、尋ねられれば、首を小さく縦にうなずかせて)

う、ん…?おおきく、なる、の…?
き、きもち、よく…は、ひゃ、ん…、ぅ、ん、頭が、ふ、ふわふわ、して、オッパイも、すごく、ジンジン、してきちゃった…ぁ…。

474 :ギラトス ◆1zagA66st6 :2010/03/28(日) 01:59:15 ID:???
今のうちからたくさんオッパイを揉んでおけばきっとそうなるよ。
チキの大人になった姿はとっても綺麗だろうね。
今でもこんなに可愛いんだから。
女の子はね、可愛いって言われて綺麗になっていくものって聞いたよ。
チキもそうなろうね、素敵な大人にさ。
(周りにはかなりの美人が多いらしいと、チキの話しぶりから聞いて推測する)
(正直な所、幼いチキですら極上の美少女と言っても大げさではないだろう、なんといっても、プリンセスなのだから)
(そんな美少女の初めての快感を自分の手が与える興奮、そして誇らしさ)
(暗黒魔道士として、自己の欲望には忠実にして、数々の娘を楽しんできたが)
(これほど執着心を感じる対象は居なかった、知らずギラトスも容赦なく今まで数々の娘を調教してきた手技を使い)
(チキの胸をねっとりと、丹念に揉み続ける)

おじいちゃまか…そりゃ当然だよ。
でもね…女の子はみんな、いずれこのイケナイ秘密の遊びをして大人になっていくんだ。
おじいちゃまは、まだまだチキに子供で居て欲しかったのかもしれないね。
気持ちいいだろう…オッパイがじんじん痺れてくるような感じだろう?
先っちょもこんなに可愛くとんがってきた。
可愛いね、チキ、もっと気持ちいい事教えてあげるよ。
(膨らみ始めで手の中にすっぽり入るだけのものでしかないが、そんな乳房でも柔らかさを感じる)
(まずは青い果実を熟するために、じっくりと痛みを感じさせないよう、媚薬の力を借りて乳房の芯を蕩けさせる)
(声が上ずってきて、みるみるうちに色気を感じさせるようになるまでに、乳房はたっぷりと揉み込まれて)

さぁこのとんがった乳首、指じゃない別のもので感じさせてあげよう。
(そしてギラトスはチキの乳首に吸い付き、指で散々硬く勃起させたそれを口の中で転がし)
(ざらざらとした舌で擦りながら舐め上げる)

475 :チキ ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/28(日) 02:11:00 ID:???
大人に、なったら、綺麗に、なれるか、なぁ…?
そ、そうなったら、ギラトスのおじさんも、うれ、しい?
んっ、ぁんっ、可愛いって、言われると、綺麗になれるなら…、なりたい、よぉ…。
わたし、綺麗なおとなの人に、なりたいのぉ…っ、ひゃ、ぁっ…。
(自分が誰かよりも綺麗、と比べた事がないのだが、綺麗になれる、というのなら言われたい)
(綺麗な大人の人になれば、きっとみんなに喜んでもらえる、と言うのが純粋な気持ちで)
(そして、おっぱいも大きくなれば喜んでもらえるというのも心底思っている)
(それをしてくれるギラトスのおじさんは、いいひとなんだ、と思い込んでもいて)

と、うぜん?
おじいちゃまは、わたしに、子どもでいて、ほしいの?
わたし、だって、大人になったりしたい、のに…んっ。
いけ、ない、秘密の遊びで、大人の、女の人に…、あぁ…っ。
うん、おっぱい、すごく、痺れてきちゃ、ったのっ、ジンジン、して、
か、身体も、もっと、熱くなってきちゃった、の…っ。
(篭った熱が理性を狂わせていく、バヌトゥの言う事は間違ってないはず)
(それでも、自分が大人になるのを止めようとしていることに不思議さを感じる)
(そうしている間にも、乳房の先端は硬く尖り、乳房全体は男の手の中で柔らかく、張りを持ちながら)

ゆ、指じゃ、な、いんっ、ひゃ、あぁんっ!?
あ、お、おじさ、んっ、わ、わたしの、オッパイ、舐め、てるの…ぉ!?
あんっ、ふ、ぁ、ゆ、指、より、指より、きもち、いいよぉっ…!
(舌先で転がされ、熱く湿った、そしてざらついた舌の奇妙な感覚に酔いしれて)
(男の頭を、小さな腕で抱きしめて)

476 :ギラトス ◆1zagA66st6 :2010/03/28(日) 02:24:21 ID:???
ああ嬉しいよ…綺麗なチキは大好きだからね。
おじさんチキの事が大好きだから、チキが素敵な大人になれるなら。
どんなお手伝いだってするし、一杯気持ちいい事も教えてあげるよ。
だって、それがおじさんの望みでもあるんだからね。
(快感と一緒に自分の存在を無防備な心に刷り込み、生まれて初めての感覚を与える存在としてチキの心の中に入り込む)
(チキのような無垢な少女を騙し、自分の良いように操ることに若干の後ろめたさはある)
(しかしこれはガーネフから仰せつかった指令であり…)
(またギラトス自身もチキという存在にのめり込んで、魅入られているからこその熱の篭った行為だった)

おじいちゃまも悪い人じゃないんだよ。
でもチキを可愛がっているからこそまだ子供でいて欲しい。
そう思ったりもするものさ、でもね、そんな子供が大きくなる事を一番喜ぶのもそういう人なんだよ。
だからね、チキは何も心配しないで秘密のイケナイ事をしていいんだ。
チキのオッパイ、小さいけどこうやって揉み始めて、段々柔らかくなってきたね。
(それでもチキの周りの存在を否定したりはしない)
(それはチキの世界を否定することに繋がり、心の反発を招く)
(チキという無垢の存在を淫らに変えていく興奮を感じつつも、頭の一部分ではそのことを忘れず)
(むしろ、自分の言う事を完全に信じるように、チキの心に入り込むそんな方向へと行動方針を変えていた)

オッパイ柔らかくて、こりこりの乳首がおじさんの舌に転がされてえっちだね。
気持ちいいだろう?
そう思ってくれるとおじさんも嬉しいよ…ん…
オッパイもだけどこっちもそろそろ触ってあげようね。
(頭を抱きしめられ、胸に押し付けられたまま乳首を吸い続け)
(乳首を舌で転がしながら快楽の気持ちよさを乳首から乳房全体に広げさせ)
(その感覚に夢中になっているチキに新たな快感を教え込むべく)
(秘所を隠す下着の上から指を這わせて、足の間に指を入れて、擦り始めた)

477 :チキ ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/28(日) 02:35:45 ID:???
う、ん…。 わたし、がんばって、綺麗になる、ね?
ギラトスのおじさんに、好きになってもらえるように、がんばるね…?
あ、んっ、きもち、よくなって、オッパイも、大きくなれば…っ、
綺麗で、おっぱいもおおきく、て…、きっと、よろこんで、もらえる、の…っ。
ギラトスのおじさんの、のぞみ、なら、わたしもぉ、そう、なりたいの…!
(純粋で無垢、疑う事をまったく持って知らない以上、これも大人になるため、と思って)
(男が自分を利用するため、とは露ほども思わずに、大きく、綺麗になりたい、とだけ思い続けて)

お、じいちゃまは…大人になって、ほしくない、のに…、大人に、なって、ほしい、の…?
それ、じゃあ…秘密の、いけない遊びも、た、たくさん、しなきゃ…。
おじいちゃまにも、よろこんで、ほしくて…、いっぱい、しないと…。
ギラトスの、お、じさんが、たくさん、教えてくれる、よね?
わ、たしに、秘密のいけ、ない遊び、たく、さん教えてくれる、よね?
(自分にこの遊びを教えてくれるのは、今のところおじさんだけ)
(マルスやシーダが教えてくれるかわからないし、バヌトゥはもっとない)
(チェイニーなら、と思ったけど、それはなんかイヤで)
(そんな事を考えると、大人になるための秘密の遊びを教えてくれるのは、おじさんだけ、でもあって)

う、ぅん…、ギラトスのおじさんに、舐められて、きもち、いいの…っ。
さっきまでよりも、ずっと、ずぅっと、きもち、いい…の!
(隠すことなく、自分の感じている感覚を素直に述べながら、ギラトスの顔を見つめる)
(そんな事に夢中になっている間に、下着の上からとはいえ、摩られると)
ひやっ?!ふ、ぁ、そ、そこ…そんな、ところ、い、いいの?
き、きたなく、ない、の…?
(戸惑う様を浮かべるが、先よりも興奮し始めている事に気がついてしまって)

478 :ギラトス ◆1zagA66st6 :2010/03/28(日) 02:48:56 ID:???
そうだね、おじいちゃん、なんだろう?
見守ってきた子をいつまでも子供だと思っているのもそうだし、でもそんな子が大きくなるのも嬉しい。
二つの考えを一緒に持っちゃうものなんだ。
だから大人になる事は悪く無いんだよ、それをみんな望んではいるんだから。
でも、まだチキは子供だと思ってる、でもおじさんはチキは大人になり始めてもいいと思ってるんだ。
だから内緒で教えてるんだよ。
おじさんだけしか教えられないからね…
(淫らな悪戯行為を、さも大事な大人への通過点のように言いながら)
(ギラトスは無垢な竜のプリンセスを謀り、淫らな行為の虜にしていく)
(多数の性奴隷を生み出してきたギラトスのテクニックが、容赦なくチキの身体に加えられ)
(まだ未経験の幼い対象だが、その身体を確実に花開かせていく)

舐められるの好きなんだな、じゃ…一杯オッパイ吸ってあげるね。
このえっちな乳首も舌でたくさん転がしてあげる、それに片方もね。
両方してあげないと不公平だから…
(口を離すと、唾液を引きながらヌルヌルになってしまった乳首が現れて)
(ツンと尖ったそれが完全に唾液塗れになって光っているという淫らな光景をチキに見せて)
(もう片方の乳首も同じように吸い付き、唾液塗れになった乳首を今度は指で扱く)
(頭を抱きしめて快感を求めるチキの顔は、既に女のものになっていた)

ん?いいんだよ…チキのここ…大事な場所だからこそ、おじさんが丁寧に気持ちよくしてあげたいんだ。
汚くなんてないだろう?
可愛い可愛いチキのアソコだよ?
まずは下着の上からゆっくりゆっくりしてあげようね…ほぉら、オマンコ指で弄られてどんな気持ち?
(下着の上から、まずは優しいタッチで筋の形に合わせるように指を上下させて)
(そのまま大人の男の指が小さい秘所に食い込むように押し当てられながら秘裂を下着に浮かび上がらせていく)

479 :チキ ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/28(日) 03:04:14 ID:???
ぅ、ん…。おじいちゃまは、いつも、わたしのこと、見て、くれてたの…。
おじいちゃまも…、悩んでるの、かな…?
で、でも、おじいちゃまも、わたしが、大人になったら、喜んでくれる、よね?
んっ、ひゃ、ん…ぅ、わ、たしも、大人になり、たいの!
だ、から、おしえ、て? いけない、あそび、たくさん、たくさん教えてぇ…!
(疑う様子など一変のカケラも見せず、男に縋るように声を上げて)
(自分からも、男に腕を回して、少しでも役に立てるように、と胸を差し出す)
(知らぬ間に、とはいえ、身体の性感は徐々に発達させられていき)

お、っぱい、吸って…っ、ひや、あぁんっ?!
あ、はう、ぅんっ、うんっ、きもち、いいのっ!
みぎも、ひだ、りも…ぉ、両方、両方して、ほしいのぉっ…!
(唾液で僅かに光って見える両方の乳房と乳首)
(その光景を見せ付けられた上に、指で弾かれれば)
(唇を一回かんで、声を押し殺そうとするが、たまらずに上ずった声をあげる)
(吐息をはきながら、ギラトスに乳房を責められる行為を、自らも求めて)

大事な、ばしょ…?
ここが、わた、しの…、汚くなんて、ないの…?
やぁんっ、さ、さわった、こと、ないのに、変な感じ、なの…。
すりすり、されると、あ、たまが、さっきよりも、ほわぁ、ってなってぇ、
な、なにも、かんがえられなく、なっちゃうの…ぉ…っ。
(気持ちよさに理性も蕩けてきたのか、思考に回す事もできず)
(性感と快楽に押し流されていき、下着に筋を浮かび上がらせる)
(はあ、はあ、と悩ましげに息を漏らしていて)

480 :ギラトス ◆1zagA66st6 :2010/03/28(日) 03:08:17 ID:???
【チキ、今夜はここまででいいかな?】
【あんまり悪の虜感が出てないけど大丈夫かなと思ってたりするんだけど】
【次は何時なら空けられるか教えてくれるかい?】

481 :チキ ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/28(日) 03:10:40 ID:???
【うん、ちょっとわたしも危なくなってきてたから、よかったかも…】
【わたしは、これでもいい、と思うんだけれど…ダメなら別の場所、かなぁ?】
【今度は、ちょっと空いちゃいそう…。 来週末はどうしてもダメだから】
【また伝言板でいい、かな?】

482 :ギラトス ◆1zagA66st6 :2010/03/28(日) 03:12:08 ID:???
【チキが大丈夫ならいいかな、チキの希望に合わなくなってきたらいけないなって思っただけだから】
【そうかい、ちょっと残念だけどしょうがないよね、この時間空けるのも難しいものだし】
【では伝言お願いね、おじさん待っているから】

483 :チキ ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/28(日) 03:14:40 ID:???
【うん、また伝言板にかかせてもらうね】
【遅い時間なのに、いけない遊びを教えてくれてありがとう、ギラトスのおじさん!】
【また、わかったら、すぐに書くね!】

484 :ギラトス ◆1zagA66st6 :2010/03/28(日) 03:16:41 ID:???
【おじさんも内緒の行為だからね…秘密の遊びなんだから】
【また会えるのを待っているよ】
【それまで元気に、身体とか壊さないようにするんだよ、じゃまたね】

【スレをお返し致します】

485 :チキ ◆tF9FlU/jUZZu :2010/03/28(日) 03:19:00 ID:???
【おじさんも風邪とか、病気にならないようにきをつけてね!】
【また、おじさんと会えるの、楽しみにしてるね!】

【スレッドをお返しします】

486 :名無しさん@ピンキー:2010/04/05(月) 09:30:01 ID:???
チキたんも規制だったのかな

487 :名無しさん@ピンキー:2010/04/06(火) 04:03:53 ID:???
ここ最近のめだかボックスの展開に超期待

488 :名無しさん@ピンキー:2010/04/19(月) 22:20:10 ID:???
最近廃れてるな
スパロボで誰か来て欲しい

489 :名無しさん@ピンキー:2010/04/19(月) 22:31:04 ID:???
>>488
例えば?

490 : ◆u2qMWrp81s :2010/04/19(月) 22:38:14 ID:???
>>489
エクセレン一択

491 :名無しさん@ピンキー:2010/04/19(月) 22:38:55 ID:???
>>489
エアロゲイダーやアインストに攫われたエクセレンとか
出産後狙われるガーネットとか
ヴィレッタみたいなのを堕とすのもいいね

492 :名無しさん@ピンキー:2010/04/19(月) 22:42:29 ID:???
おれはラトやプレシアとかがいいなぁ
クスハゼオラもいいけど

493 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/19(月) 22:47:09 ID:???
>>490
わぉ、私?
私だとすると、どうやって洗脳するのかしら?

494 : ◆u2qMWrp81s :2010/04/19(月) 22:52:49 ID:???
>>493
エクセレンならではってのは思いつかないなぁ。

・全身の感度を上げ何もしなくても快感が飽和状態。
・しかしこちらからの刺激や許可がなければ絶対にイけない。
・言うことを一つ聞く度にイかせてやり、快楽による条件付けをして
 徐々に命令に従うことに歓びを覚えるようにする。

・ついでにキョウスケとのセックスでは満たされていないという
 心の隙間にも付け込む。

こんなところかな。

495 :488 ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/19(月) 22:59:08 ID:???
【俺ならイングラムで原作拉致後の調教をやってみたいなぁ…】
【キョウスケから離れた孤独を快感と洗脳で埋めて…】

496 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/19(月) 23:00:11 ID:???
>>494
なるほど、
私としては、どうせ感覚操作をされるなら
全身の感度を変えられたあと、SMみらいなのをされてみたいかしらん。
叩かれたり、縛られた上で機材で責められて放置されたりとかね。

勢力としてはエアロゲイターかしら? それとも他の勢力?

497 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/19(月) 23:04:32 ID:???
>>495
【うーん、そうなると、ちょっとラブラブ系の感じになるのかしらん?】
【どっちかっていうと、いかにも『洗脳されてる』って感じの方が】
【やってみたいんだけど…あ、それとも感情操作とか?】

498 : ◆u2qMWrp81s :2010/04/19(月) 23:05:49 ID:???
>>496
なかなかハード嗜好だな! 頼もしい。
責め方としては機械を使って淡々と(しかし内容はハードに)いくのは愉しそうだ。
記憶や人格改造みたいのも入れた方がいいかな?
こちらとしては表面的な性格…ぶっちゃけ喋り方はそのままが魅力的でいいんだが。

こちらの設定にあまり凝っても仕方ないような気もするが、
エアロゲイダーの諜報部隊の指揮官あたりにしておこうか。
外見や性格なんかに好みがあればいってくれ。

499 :488 ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/19(月) 23:10:19 ID:???
>>497
【ラブラブよりは洗脳のための調教メインがいいな…】
【そう、感情操作してキョウスケを好きなのに他の男を好きになるように洗脳したい】
【心の中ではキョウスケを思い続けているのに、あてがわれた男にすがらずにはいられない…とか】
【その手段が快感で、コクピットで機械責めとかしながらキョウスケがくれない快感をくれる相手にすがるようになる…みたいに】

500 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/19(月) 23:23:02 ID:???
>>498
【うーん、やっぱり考えたんだけど、先に来てたのは>>488さんみたいだし】
【今回は、>>488さんと、してみるわ】

>>499
【私は、結構ハードな感じにやってみたいんだけど、それはOK?】
【それと、状況からすると、>>488さんがイングラム少佐になるってことでいいのかしら?】

501 :488 ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/19(月) 23:30:35 ID:???
>>500
【選んでくれてありがとう】
【OGプレイしてからずっとエクセレンを洗脳してみたかったから、とても嬉しいよ】

【ハードなのは望む所だよエクセレンの希望とNGに合わせてやってみる】
【一応イングラムで考えてるけど、それ以外でも構わないよ】
【エアロゲイダー以外でも、洗脳担当の軍医や兵士でも良いし…】
【せっかく選んでくれたんだから、できるだけ希望に添いたいからね】

502 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/19(月) 23:43:17 ID:???
>>501
【私も、私を指名してくれて嬉しいわん】
【イングラム少佐の方が私は好きね】
【それと…今からだと、途中で凍結することになっちゃいそうだけど、それはOK?】

503 :イングラム ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/19(月) 23:48:11 ID:???
>>502
【それじゃ、イングラムとしてお相手願おうかな】
【時間的に結構遅くなったからね…凍結は勿論大歓迎だよ】
【ちなみに今日のリミットの予定はどれくらいか聞いてもいいかな?】
【時間にもよるけど、もう少し打ち合わせしてから始めた方が良いかもしれないね】

504 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/20(火) 00:05:17 ID:???
【とりあえず、1時ぐらいまでは大丈夫かしらん】
【いっそのこと、今日は打ち合わせだけでもいいかもしれないわね】
【私は、とりあえず今週は木曜日以外は大丈夫そうだし】

【期間としては捕まってから、洗脳してでてくるまでの間】
【始まるのは、アタッドから引き取られて眼を覚ましたあたりからかしらん?】

505 :イングラム ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/20(火) 00:15:36 ID:???
>>504
【1時ね…時間までよろしくね】
【そうだね、時間も時間だし、今日は打ち合わせに専念しようか】
【ここでも構わないこど、何だったら、打ち合わせスレに移動しようか?】

【洗脳されて敵として出てきて、キョウスケとの会話に勃起したからね…楽しみだよ】
【始まりはそんな感じだね】
【アタッドにすでに洗脳されかけてるのに、特異体質のおかげで堕ちきれていない】
【それを引き取ってじっくり調教することで堕としてしまう…みたいなのは?】

506 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/20(火) 00:20:29 ID:???
>>505
【こっちこそ、よろしくね】
【了解、それじゃ、向こうで待ってるわねん】

507 :イングラム ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/20(火) 00:23:39 ID:???
>>506
【ありがとう】
【それじゃ、こちらは一旦お返ししますね】

508 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/20(火) 22:13:35 ID:???
【スレをお借りします】

509 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/20(火) 22:15:44 ID:???
【スレを借りるわねん】

510 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/20(火) 22:20:39 ID:???
>>509
【これから、よろしくね、エクセレン】

【それじゃ、そろそろロールを始めちゃおうか?】
【書き出しはどっちからにする?】

511 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/20(火) 22:27:07 ID:???
>>510
【うーん、もし良かったら頼めるかしらん?】
【こっちがどういう状況にあったほうがやりやすいか知りたいし】

512 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/20(火) 22:28:46 ID:???
>>511
【こっちからお相手お願いしたから、それくらい喜んで!】
【それじゃ、少し待ってもらえるかな?】

513 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/20(火) 22:34:26 ID:???
>>512
【ありがとね】
【それじゃ待ってるわ】

514 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/20(火) 22:58:01 ID:???
【お待たせ!】
【こんな感じで書き出してみたよ…長文気味だけど大丈夫かな?】
【それじゃ、よろしくお願いします】

(エクセレン・ブロウニングがエアロゲイダーの手に堕ちて数日)
(その身を案じ、苦悩する仲間たちと離れたエクセレンもまた苦痛の日々を送っていた)

(ネビーイームに捕らえられ、アタッドにより洗脳を施される日々…)
(だが、他のサンプルと違い、不思議なことにエクセレンの洗脳の調整が著しく困難だった)
(エクセレンの体に隠された秘密が、偶然にも自我を守っていた)
(だが、それはエクセレンにとって必ずしも幸運だけをもたらさなかった)
(残忍なアタッドは業を煮やし、拷問に等しい凌辱を伴って心を折り、塗り潰そうとした)
(エアロゲイダーの兵士たち、時にはアタッド自身による凌辱と洗脳の日々は少しずつエクセレンの心を捕らえ始めていた)
(しかし、地球で自分を想う仲間の、そしてキョウスケのことを思うと、エクセレンの心は強く耐えぬくことができた)
(余裕を取り戻したエクセレンは開き直ったように楽しんでさえみせた)

(行き詰まったアタッドの下に、1人の男が現れた)
(レビ・トーラーからの委任状を手にした男はイングラム・プリスケン)
(エクセレンを欺いていたかつての仲間であり、彼女を攫った張本人であった)
(あと一歩で成果が出ないアタッドに代わり、エクセレンの身柄と扱いを一任されたイングラムはアタッドから洗脳の進捗と詳細を引き継いだ)
(その日から、エクセレンに対する凌辱も、洗脳処置も一切中止された)
(代わりに訪れたのは、狭い部屋に軟禁される日々…耐え難い孤独と不安だった)
(娯楽も交流も、脱出の希望もない、絶望的な緩慢な日々…)
(そんなある日、外部から物音一つ漏らさない開かない扉がコンコンと渇いた音を響かせた)
(幻聴かと思う空白の後、もう一度、確かにノックが響き、ドアが開いた)

…エクセレン・ブロウニング、久しぶりだな
俺を覚えているくらいの正気は保っているか?
(青く長い髪を揺らす、長身の冷酷そうな美丈夫)
(イングラムは相変わらず冷たい笑みを浮かべて室内に静かに入ってきた)


515 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/20(火) 23:21:55 ID:???
【よろしくね】
【んふふ、お姉さんも長文は好きよん】
【ただ、こっちが返す速度も遅くなっちゃうから…そこはごめんしてね】

(いつ終わるともしれない陵辱と洗脳の繰り返しを受けるエクセレン)
(アタッドの執拗な行為にもかかわらず、エクセレンは己の意思を保ち続けていた)
(確かにアタッドの処置は、エクセレンの心に傷をつけ、少しずつ自我を侵食することは出来ていた)
(だが、その全ては決定打には至らなかった)
(愛するキョウスケのことを思い、仲間たちを思い、いつか必ず助けに来てくれると強く信じる)
(それが出来るのであれば、エクセレンにとって、アタッドの与える陵辱は何の意味も持たなくなった)
(それどころか、焦燥に駆り立てられる敵の表情を見ていると、一種の余興めいた楽しささえ彼女は覚えていた)

(だからこそ、イングラムによるエクセレンの軟禁処置は、彼女の精神を削った)

(今まで明らかだった相手の手札が今は全くわからないという事実は、エクセレンの心から余裕を奪った)
(加えて、軟禁された部屋では、己の立てる音以外、一切が聞こえず)
(今度は逆にエクセレンの方が、焦りと不安で精神を削られることとなってしまった)
(誰かと話したい、敵に憎悪をぶつけるためだけでも良い、そう思うようになった矢先に)
(エクセレンの部屋にノックの音が響いた)

…お久しぶり、少佐。
お元気そうでなによりですわ。
流石元々エアロゲイターの指揮官様とあっては、
こんな場所でもそれなりに良い暮らしをしているようねん。
(丁寧な言葉の中に、隠しきれない怒りを込めながら)
(青い瞳でじっとイングラムを見つめ、挑発的な笑みを浮かべながら、イングラムに応える)

516 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/21(水) 00:02:52 ID:???
>>515
【こっちも長文の方が好きだし、長文になりがちになっちゃうな…】
【楽し過ぎて待つこと自体、全然苦にならないよ】
【エクセレンの負担にならなければ、のんびり長文で楽しむのも良いね】


地球で足掻くお前の…ふふ…俺の元仲間と戦っても負傷することすらないからな…
お陰様で元気でやっているよ…奴らは元気ではないがな
(エクセレンの嫌味に、更なる悪意を上乗せして易々と返す)

奴らも必死に戦っていたぞ?
お前を返せとやかましい連中だった…
いや、1人だけ静かな奴がいたか…
キョウスケ・ナンブ…奴だけはお前のことなど関係ないようだったな
(静かな強い怒りを向ける瞳を冷たく見つめ返しながら、1人の男の名を口にする)
(攫われてから一度たりとも忘れず、エクセレンの心の支えとなった男の名)
(この孤独の日々で、想い続けた男の名)
(たった一言でエクセレンの怒りを別の感情に揺らがせることができた)

冷たい奴だな…奴だけはお前への心配より、俺への怒りで動いていた
お前はどんなに犯されても、奴のために堕ちなかったのにな
(冷たく笑いながら、エクセレンの屈辱の記憶を掘り起こす)
(犯され、キョウスケを捨てるように追い詰められた時の記憶がドロリと心と体に逆流してくる)

お前のことなど、お荷物にしか思っていなかったのではないか?
奴はお前を愛していたのか?
(孤独にすり減った心はイングラムの言葉に言い様のない不安を膨らませてしまっていた)
(近くで絆を確かめられない今、ほんの僅かにイングラムの言葉に可能性を考えてしまう)

俺なら、お前を必ず助ける…いや、その前に攫わせなどしなかったがな
そう、今のお前をアタッドから助けたようにな
(アタッドに嬲られた心はイングラムの言葉に不思議と引き寄せられていた)
(聡いエクセレンが、イングラムの言葉の真意を見抜けなくなっていた)

犯され、狂わされるお前を見ていることが俺には耐えられなかった…
だから、俺がお前を調整するという名目で、お前をアタッドから奪ってやった
(暗示を刻まれ、孤独の日々に弱った心に楔を打ち込むようなイングラムの言葉)
(特にエクセレンの深層意識に強く影響する暗示が、孤独から解放するイングラムに強く惹き付けられていた)

517 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/21(水) 00:29:09 ID:???
…それはまた、結構なことで。
それだけ元気でやっているなら、
私とヴァイスちゃんを解放しちゃうっていうのはどうかしら?
退屈でしょうがない少佐を、少しは楽しませられると思うわよん。
どうせなら、早く解放するか殺すかしちゃった方がいいんじゃなぁい?
皆に助けてもらったら、私、少佐のこと、ただで済ますつもりはないもの。
(仲間への侮辱に怒りを覚え、その赤い唇に軽口を乗せながらも)
(自分を奪還するために戦ってくれる仲間たちに、すまなさと嬉しさを感じながら)

ッ…キョウスケが?
(思わぬところで出た恋人の名前に、ぱっと表情が変わり)

キョウスケ…
…そんな、違う。そんなはずない。
もしそうだとしても、それは、私やクスハちゃんをさらったことへの怒りのはずよ。
(不敵な表情を浮かべながらも、その声にはいつもの余裕はなく)

私が、キョウスケのお荷物?
違う、そんなはず、ないっ…
いつも、つれない態度ばっかりだったけど…私はキョウスケのこと、信じてた…
キョウスケも、私のこと、信じてくれて…だから、私は、必要以上に干渉しないようにして…
(僅かに芽生えつつある疑念を振り払おうと、キョウスケとすごした記憶を思い出そうとするが)
(それさえも疲弊しきった精神では、満足には思い浮かべられず)

…っ…随分と、甘い言葉を使えるようになったものね。
そうやって、クスハちゃんも騙したのかしらん?
でもね。どうせ、貴方は私をエアロゲイターの兵器として使うつもりでしょ
だったら貴方は私を助けてくれてなんていない…
私は少佐の言うことなんか信じないッ…
そこらへんの小娘と私を一緒にしてたら、痛い目を見るわよん、少佐。
(にっこりと笑うエクセレン)
(イングラムの言葉に揺らいでいく内面を、強引に敵意で纏め上げ)
(恋人役のように振舞おうとするイングラムを拒絶する)

518 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/21(水) 01:05:23 ID:???
>>517
ふふふ…確かにお前の腕前なら少しは楽しめそうだな
…だが、死に急ぐこともないだろう…お前は生き延びなければならない
お前が本当に仲間を想うなら、お前が仲間の仇を討たねばならない時が来るはずだからな
(エクセレンの軽口に心から楽しそうに笑みを浮かべる)
(それは、絶対の自信と、冗談を実現しかねない実力と冷酷さが滲み出る笑顔)

お前は、あの男の何を理解していた?
お前とあの男は恋人として出会ったのか…?
違うだろう…あの男はお前を戦友として信頼していたのではないか?
お前1人が勘違いして、あの男にすがっていたのではないか?
あの男はお前と違う…孤独でも平気なのだ…
お前はどうだ?奴と同じ孤独に棲めるのか?
(畳み掛けるように、エクセレンの判断力を奪う)
(短い間であったが、仲間として共に戦い観察していたイングラムの指摘は今のエクセレンには説得力があった)

クスハか…あれはアタッドの手柄だ
私が連れ出した時には、洗脳は終わり、兵士の性欲処理で壊れかけていた
俺はお前を兵器になどしたくない…
そんなことをしたら、お前の魅力が失われるからな
俺はお前にパートナーになって欲しい…
俺はキョウスケとは違う…お前を戦うためだけのパートナーにはしない
俺がお前の孤独を埋めてやろう…いつか、俺が呪縛から解き放たれるその時まで…
(エクセレンに近づき、その瞳を強く見つめながら、強く説き伏せる)
(キョウスケは決してしなかった熱く強引な誘いに、エクセレンの深層意識に何かが反応を始める)
(エクセレン自身、自覚していない深層意識の反応は暗示により過剰に膨らんでいく)

信用されていないな…当たり前か…
だが、お前が私を拒絶するなら、私もお前を拒絶しよう
俺はお前に呼ばれるまで、お前には会わない
アタッドにももう手を出させない
このまま、お前が俺を受け入れるまで待つだけだ
(力強く強引にエクセレンの心を引き寄せたかと思うと、今度は軽やかに突き放す)
(イングラムの言葉は敵意により勇ましく飾ったエクセレンの心に、孤独への恐れ煽り立てた)

519 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/21(水) 01:41:51 ID:???
>>518
っ…私は…
…そう、よね。
キョウスケは、私のことをただの戦友として
同じ戦場で戦う仲間としてしか見てくれないのかも。
少なくとも、私をそうとしか扱ってくれない。
…でも、私は…キョウスケほど強くは生きられない。
一人じゃ生きていけないのかも…ね。
(イングラムの言う台詞は確かに的を射ており)
(エクセレンの反抗心は次第に揺らいでいく)

私を…パートナーに?
それに、呪縛?
…何を、言っているの?
少佐、貴方は私たちを裏切ったの。
敵、なのよ。
それを、まるで…これじゃ、私を洗脳したいんじゃなくって
口説いてるみたいじゃあない?
私は、孤独なんかじゃ…ない。
もし孤独だったとしても…
少佐に埋めてもらおうだなんて…そんな…
(普段であれば余裕で拒めるようなイングラムの態度も)
(精神をすり減らし、暗示に蝕まれた今のエクセレンには拒めるものではなく)
(強引に迫るイングラムを前に、弱々しく視線をそらす)

っ…ぁ…ま、待ってっ…!
わ…わかったわ。私の負けね。
貴方たちエアロゲイターの出方がわからない以上、
私も、貴方に離れられても困るもの、ね…。
少佐の言うことを、信じてあげる。
…それで、私は何をすればいいのかしらん?
(慌ててイングラムを呼び止め、言い訳を並べ立てる)
(アタッドの陵辱の影響や、イングラムの与えた孤独はエクセレンの心を少しずつ蝕んでいた)

520 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/21(水) 02:03:42 ID:???
【ごめんなさい、連日で悪いんだけど、今日はこのぐらいで凍結をお願いしたいわ】

521 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/21(水) 02:16:29 ID:???
>>519
口説かれるのは嫌いか?
俺はキョウスケと違って、お前への好意は直接ぶつけるぞ
お前たちから見たら、確かに裏切ったように見えただろうな
だが、俺は俺の為すべきことのために動いている
そのためにお前が必要だと判断して、お前にも奴らを裏切らせることにした
アヤでは足りない…だが、お前なら…
(いつの間にかエクセレンの正面に立ち、瞳を反らすエクセレンの肩を掴んで向き直らせる)
(今まで味わった一方的な凌辱とは違う想いをぶつけられる感覚)
(そして、長い孤独の果てに久々に感じる人の感情はすり減った心を何かで埋めていった)

ふふふ…お前は相当な寂しがりなようだな
お前が望む限り、俺がお前に失望しない限り、俺はお前から離れないでいてやろう
(すがりつくエクセレンの頭をそっと撫で、少し穏やかに微笑む)
(エクセレンを安心させる微笑みと同時に、孤独を恐れる潜在意識に逆らえば捨てる、と服従の種を植え付けた)

そうだな…まずはお前にかかっている、アタッドの洗脳と暗示の程度を調べておきたい所だな
お前自身も不安だろう?
毎日洗脳処理をされ、お前ほどの強い女すら乱れ狂うくらい快楽に溺れさせられたのだからな…
お前の心も体も、どんな影響を受けているか分からないぞ?
恐らく、快感への依存性は強く心を縛っているはず…
その影響がどれくらい深刻か、調べておいた方が良いな
…大丈夫…お前が暴走しても、俺がいる…俺を信じろ…
(アタッドの凌辱による依存を、自分が与える快楽による依存に書き換えようと言葉巧みにエクセレンの暗示を刺激する)
(イングラムの言葉にエクセレンの淫らな記憶と体に刻まれた快楽が蘇り始める)
(理性が抑えようとしても、頭でおかしいと分かっても、凌辱されていた時の興奮や快楽、屈辱や欲情が再現されていく)
(自分の言葉に踊らされ、暗示に惑う様子を見ながら、薄笑いを浮かべたイングラムはとどめの一言を口にした)
(「俺を信じろ」…アタッドから引き継いだ、エクセレンの暗示を全開にするキーワード…)

【暗示のキーワードも出してみたよ】
【今のところ、流れに問題があれば教えてね】
【ところで、時間は大丈夫かな?】

522 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/21(水) 02:18:53 ID:???
>>520
【ごめん!レス返す前に気付くべきだったね!】
【連日、遅くまでありがとう、今日はここまでにしよう】

【今日はもうきつそうだから、次の予定は伝言板で相談する?】

523 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/21(水) 02:21:52 ID:???
【そうね…とりあえず、今日はこれでお休みってことで】
【とりあえず今晩22時に伝言板にきてみるわねん】

【今日はお疲れ様】

524 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/21(水) 02:26:33 ID:???
>>523
【連日で疲れてるだろうから、せめて朝までゆっくり休んでね】
【それじゃ、今夜22時に伝言板で…】

【今日も付き合ってくれてありがとう!】
【ほんとに楽しかったよ!お疲れさま!】

525 :ジグレット ◆6RPhCrda9. :2010/04/21(水) 02:30:27 ID:???
>>519
【ええ、今日もクリスの魅力と愛を堪能させてもいましたし…ここまでとしておきましょう】
【病み上がりなのに、良くがんばりましたね?】
【ご褒美に今日は私がベッドまで抱いて運んであげましょう】

【素敵な提案ですね…実に淫らで、背徳的です…】
【喜んで提案を受けさせていただきますよ】
【試しに、軽く掛けてみましょうか…】
【…どうです?この状態でキスして唾液を味わってみた感想は?】
(唇に指を宛て、簡易の鍵をかけてキスをする)

【次回は…木曜は少し難しいかもしれませんね…】
【可能であれば、金曜以降だと助かるのですが…】
【クリスが厳しいなら、木曜で調整してみますから、遠慮はしないでくださいね?】

526 :ジグレット ◆6RPhCrda9. :2010/04/21(水) 02:41:56 ID:???
>>525
【完全なる誤爆です…大変失礼しました…】
【興味のある内容で覗いていたのですが、こちらの投稿を誤爆してしまいました】
【お二人のお邪魔をしたこと、お目汚しになったことをお詫び申し上げます】
【誠に申し訳ありません】

527 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/21(水) 22:37:33 ID:???
【スレをお借りします】

528 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/21(水) 22:40:37 ID:???
【スレをお借りするわねん】

529 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/21(水) 22:45:31 ID:???
>>528
【改めてよろしくね?】
【続きをお願い…の前に、今日から調教に進めそうだけど…】
【調教初期でされたいこととか、プレイとかあるかな?】

530 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/21(水) 22:48:58 ID:???
>>529
【こっちとしてはないわねん】
【強いて言うなら、らぶらぶな感じより、ぎっちりハードに責められたいかしら】
【逆に、少佐の方がしたいプレイとかってある?】

531 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/21(水) 22:58:04 ID:???
>>530
【こっちもハードに躾てあげたいな】
【今は心の隙間を突くために、ちょっと口説く感じで甘く押してるけど、】
【調教の内容自体は暗示に逆らえないのを良いことに快感を教え込んじゃいたい】
【凌辱されて乱れてた時の感想を言わせたり、過去の経験を暴露させたりできたら楽しそうかな?】

【前に縛られたり叩かれたりした上で放置されたいって見た気がしたけど、】
【犯す前にそれもやっちゃう?】
【放置で快感と孤独を味わわせて、犯された時の依存性を強める…みたいな感じ】

532 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/21(水) 23:07:56 ID:???
>>531
【わぉ! 楽しみじゃなぁい】
【それじゃハードにお願いするわね】
【暗示とか、後催眠とか、誤認とかも面白そうだし】

【そうね…どうせなら、感度を上げられた上】
【器具で攻められっぱなしのまま放置されちゃったりしたいかも】

533 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/21(水) 23:18:26 ID:???
>>532
【自分からハードなのをおねだりなんて、何ていやらしいお姉さんなんでしょう…そういうお姉さん、大好きだよ】
【それじゃ、暗示をいっぱい悪用しちゃおう!】
【誤認は面白い発想だね…キョウスケと誤認させて抱きながら、イク途中で解除しちゃったりとか?】
【放置とか酷いプレイをする時には、キョウスケに誤認させたりするのも鬼畜かもね】

【それじゃ、最初は凌辱を思い出させて、洗脳の影響で感度が暴走した体を器具責めして放置してあげようね】
【絶頂地獄と、イキたくてもイケないのどっちが好きかな?】

534 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/21(水) 23:26:10 ID:???
>>533
【そりゃもちろん、エッチなのが嫌いだったら】
【自分から『洗脳して』だなんておねだりしないわよん】

【ダーリンだと思って、安心して抱かれてて、イク途中で元に戻されたりしたら、楽しそうね】
【キョウスケへの愛情は裏切らないって誓ってたのにーみたいな?】

【どっちかっていうと、絶頂地獄とかの方がいいかしらん】
【少し焦らされるくらいなら、今までに経験したことがありそうだしね】

535 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/21(水) 23:36:59 ID:???
>>534
【洗脳されて乱れちゃうエクセレン先生を喜ばせてあげるよう、努力するよ】

【それじゃ、途中で心ではキョウスケを裏切らないって流れを作って、その後誤認→絶頂をやってみよう】

【絶頂地獄ね…了解、ハードで燃えるね…壊れないで耐えられるかな?】
【それじゃ、そろそろ続きいっちゃう?】

536 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/21(水) 23:50:46 ID:???
>>521
っ…私が、必要…?
少佐が…少佐の為すべきことのために…
私が、裏切ることが必要…
(磨り減った精神はイングラムの言葉の裏に潜む悪意に気付くことができず)
(予想だにしなかった返答に、ただエクセレンの思考は流され、誘導されていく)

あ…
(エアロゲイターの元に下ってから、初めて投げかけられる穏やかな微笑みは)
(警戒していてもなお、エクセレンの心を安心させ、その深層に呪縛を食い込ませていき)

私にかけられた洗脳と暗示の程度?
…そうね、正直、どれくらい弄られちゃったのか、不安ではあるかも。
自分で自分をコントロールできてたつもりだけど、
それなりに気持ちよくなっちゃってたのは確かだし…
…本当に、おかしくなっちゃいそうなぐらい、気持ちよかった…
何日も、寝る間もなく犯されて…あそこも、お尻も、口も全部貫かれて…
今でも思い出せる…っ…凄い、鮮明に…どんなふうに、どこを嬲られたかまで…
気持ちよかったけど…でも、それ以上に悔しかったからかしらねん。
どうにか、耐え切れてたわ…
(本来ならば、敵であるイングラムには語らないような内容の告白も)
(思考を誘導されていく今のエクセレンは、素直に口にしてしまい)
(そのたびに、少しずつ、エクセレンの身体が反応していく)
(呼吸は荒く、目は虚ろになり、じっとりとした汗が浮かんでいく)
(そして――)

あ…
…うん…信じます…
私は、少佐を信じる…私が暴走しても…少佐が居てくれる…
だから、安心して…少佐に調べてもらう…少佐を信じる…
(イングラムの言った一言はまさしく止めとなった)
(暗示に飲み込まれていったエクセレンの心は、素直に、イングラムへの信頼を植えつけられていく)

【そうね、こんな感じで、どうかしら?】

537 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/22(木) 00:28:15 ID:???
>>536
俺の本当の目的は、エアロゲイダーによる地球の侵略なんかじゃない…
俺は倒すべき敵を倒すため…運命と戦っている
エアロゲイダーに属するのはそのため…
お前もエアロゲイダーのために働く必要はない
ただ、俺のために働け…お前を孤独から守る俺のために…
(緩やかに流されたエクセレンの心に更にイングラムの心が流れ込む)
(冷静で冷酷なイングラムが見せる、恐らくは真実
が交じる熱い感情はエクセレンの心の流れを加速させる)

お前がどれだけ辛い目にあったか、アタッドから聞いている…
普通なら簡単に壊れ、狂わされ、人形になる凌辱にも耐え抜いたそうだな?
どれだけ犯されても、じきに嬉々として受け入れる真性の淫乱だと報告されている
それが真実なら、お前はその淫乱さで奇跡的に自我を保ったことになるが…
お前自身の誇りや心の強さも強い支えだったはずだ
…お前は強い女だ…偉いな…
(凌辱の記憶をより鮮明に意識させながら、淫乱という側面を強調して呼び起こす)
(同時に、髪をさりげなく、優しく撫でて褒めるとその淫らさすら誇らしく思わせてしまう)

どうやら、淫乱なお前の体は凌辱の快感を刻まれ、洗脳されてしまったようだな
思い出すだけで体は快感を求めて暴走しているのではないか?
お前が悪いわけじゃない…お前の潜在的な淫乱の体質と、アタッドの洗脳が引き起こした最悪の副作用だ
もう我慢するのも辛いだろう?
体中が凌辱の快感を思い出し幻痛のように快感をリフレインしているのだろう?
良いんだぞ?俺を気にしないで、慰めていても…
(エクセレンを慰め、責任を転嫁して正当化しながら、秘かに暗示を刺激しつ肉欲を暴走させていく)
(一度拒絶を解き受け入れたイングラムの言葉は従うだけで安らぎと甘露な幸福感を生む)
(従いながらもギリギリ残る理性が僅かな屈辱に、被虐の欲望を燻らせた)

そう…俺を信じて、俺に従え…
これはお前のため…お前を満たしてやるためだ…
お前が淫乱だということは、キョウスケには秘密にしてやるから…な?
(キョウスケの名を出すことで羞恥を煽り、同時にキョウスケに知られない解放感を与える)
(ベッドの上で身悶えるエクセレンの背中を優しく撫で、凌辱の記憶ではない新鮮で優しい快楽を刻んでいく)

【相変わらずのクリティカルヒットだよ!】
【内容も、口調も完璧!】

538 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/22(木) 00:58:38 ID:???
>>537
少佐のために、働く…
エアロゲイターのためじゃなく…私を守ってくれる少佐のために…
(敵であるエアロゲイターに屈服することへの拒否感をかわされ、エクセレンの心に暗示が食い込んでいく)
(例えそれが、エアロゲイターへの屈服同様、結局は仲間に銃を向ける人形にされることに他ならなくても)
(今のエクセレンにはそれを察することは出来ず)

私が…淫乱…
そうね…少佐がそういうのなら、それが本当なのかも…
私は淫乱…犯されても、嬉々として受け入れる淫乱だから、壊されなかった…
(本来ならば受け入れ難い『淫乱』という評価も、暗示と誘導で判断力を失ったエクセレンは享受し)
(黙って金の髪を梳かれるまま、じっと童女のような視線でイングラムを見つめる)

刻まれた…?
私の体に、あのときの記憶は刻まれてて…私、洗脳されちゃっている…
だから、思い出すだけで…体が勝手に快感を求めて、暴走しちゃう…
っ…ふぅ…くぅん…!
(イングラムの慰めは、エクセレンを安心させながらも、エクセレンに刻まれた洗脳の足がかりを強化していく)
(自分が淫乱であることも、アタッドの責めを思い出すだけで理性を失いそうになることも)
(ごく一部とはいえ、自分が洗脳されつつあったことも今のエクセレンは疑うことが出来なくなっていく)

えっ…ええ…お言葉に、甘えさせてもらうわねんっ…
んっ…ひう、くっ…ううっ…これは、仕方ないことなの…
私は元々淫乱で、しかもアタッドに洗脳されかけてたから…
人前でオナニーしちゃっても仕方ない…の…あはぁぁんっ…!
(言い訳を口にしながら、自慰を開始するエクセレン)
(許可が下りるや否や、両手を秘所に触れさせ、、指先に愛液を馴染ませながら、激しいオナニーを開始する)

信じる…従う…
キョウスケには…っ…私が淫乱だって…黙っててもらえる…
少佐に従い…少佐のために、戦う…ひぅ…ううんっ…
(背中を撫でられ、鼻にかかった泣き声を挙げながら)
(次第にエクセレンはイングラムの与えてくれる快楽に夢中になっていく)

539 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/22(木) 01:42:33 ID:???
>>538
そう…お前は淫乱…だが、恥じることはない
それはお前の魅力の一つだ
お前の美しさを彩り、お前の強さを磨く、掛け替えのない特異体質だ…
お前が、そんなに素晴らしい力と魅力を持っていることを、俺は嬉しく思うぞ
(室内の無機質な照明にすら美しく輝く金髪を優しく弄びながら、虚ろになった瞳を見つめて静かに囁く)
(軽蔑すらされる淫乱という価値観が、イングラムのためになら誇りに思えてくる)
(イングラムに自分の特異な才能を見せ、褒めてもらいたい…暗示により歪んだ自己顕示欲を刺激されていた)

そうだ…お前の体はアタッドや兵士に快楽を刻まれ、洗脳されている…
思い出してみろ…快楽を刻まれた日々を…乱れ狂い楽しんだ快感を…
今までお前が生きてきて、それほどの快感を味わったことがあるか?
仲間は…キョウスケはお前に、快感を与えてくれたか?
(快感を思い出させられると、屈辱と恥辱に拒絶したくなるが、暗示により誘導され意志とは別に体は止まらない)
(そのうち、快感を肯定され、それを与える存在に親しみを覚えるように誘導されてしまう)

そう…淫乱なお前がアタッドの罠に堕ちたのは仕方ないこと…
そして、これはお前を守るため、催眠の影響を調べるテストだ
どれだけ影響を受けているか、限界値を知らなくては測れない
だから催眠の影響のまま、乱れて構わないぞ
その方が、お前の淫乱の魅力も俺に伝わるしな
(エクセレンの言い訳を更に都合良く上書きさて、逃げ道を広げてやる)
(全てエクセレンのため、エクセレンを救うため…)
(そして、エクセレンの魅力を、力を示す絶好のチャンスと騙していく)

そう…俺にお前の本当の力を見せてみろ…
キョウスケが受け入れられないほどの力を、俺が引き出して使ってやるからな
(背中を撫でていたイングラムは後ろからエクセレンを抱き締める)
(肩越しに耳に囁きながら、手を伸ばして脚を大きく広げてしまう)
(開かされた脚の間で疼き狂う秘所を凝視され、強烈な羞恥に襲われるが指は止まらない)

540 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/22(木) 02:08:38 ID:???
>>539
淫乱であることは…私の魅力のひとつ…
恥ずかしく思う必要なんてない…
私の淫乱さも、体質も…少佐は全て受け入れてくれる…
喜んでくれる…認めてくれる…褒めてくれる…
少佐の前なら何も隠す必要はない…
ううん、見せたい…見てもらいたい…
(歪んだ自己顕示欲はどんどん膨れ上がり、エクセレンの意識を侵食していく)
(静かに囁かれる言葉はエクセレンの心を緩ませ、暗示を受け入れやすい下地を作っていく)

私はもう…洗脳されてる…
あんなに拒んでも…もう洗脳は始まっちゃってる…
悔しいけど…でも、少佐の言うことだもの、信じなきゃね…
だって…あんなに気持ちよかった…
今でも思い出せるし…普通のセックスなんかじゃ味わえない…
キョウスケとしたときだって、あんなふうには…
洗脳されて、見も心も支配されて、きつ過ぎるぐらいの快楽を与えられて…
あんな快感、味わったことなんてない…
もし、あのとき…洗脳を拒まなかったら…もっと気持ちよくなれたのかしらん…
(膨れ上がっていく快感と、さらなる悦楽への渇望は、やがてエクセレンの精神をゆがめていき)

はっ…ああんっ…
そうね…これはテストなんだもの…だから、仕方ないのよね…
催眠の影響を図ってもらうためのテストだから…限界値を知らないとわからないから…
だから…くぅうんっ…乱れちゃっても…仕方ないの…
ぐちゅぐちゅにおまんこ濡らして、指でかき混ぜてるの見られたって…
淫乱らしい馬鹿みたいな笑顔で感じちゃってるの見られたって仕方ないのぉ…!
(イングラムに与えられたとおりの言い訳を口にしながら、自慰にふけるエクセレン)
(あたりに水音が響きわたってもかまうどころか、それに快感を覚えながらオナニーを続ける)

私は…私の力は、少佐に使われる…
キョウスケでも…引き出せなかったほどの力を…
やっ…いやぁ…こんな格好…
でも…足が閉じられない…
それどころか…見られてるって、少佐に私が淫乱なところを見てもらえるって思うと…っん…!
指が、勝手に…ますます激しくなって動いちゃうっ…!!
気持ちいい…洗脳されたせいなのかしら…まえ一人でしたときより、ずっと…!!

【ごめんなさい、今日もこれぐらいで凍結をお願いしてもいいかしら?】

541 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/22(木) 02:16:27 ID:???
>>540
【今日も遅くまで付き合ってくれて、ありがとう!】
【ほんとエクセレンの雰囲気が完璧で、すっごくやりやすいよ】

【次のロール予定の打ち合わせする余力はあるかな?確か木曜はダメなんだよね?】
【眠いなら、後で掲示板に…でも構わないからね?】

542 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/22(木) 02:34:05 ID:???
>>541
【ちょっと予定が変わって、明日は大丈夫になったわん】
【その代わり、金曜日が駄目になっちゃった】

【とりあえず私は明日はちょっとはやくして、21時ぐらいに伝言板に来てみるわね】

543 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/22(木) 02:40:25 ID:???
>>542
【そうかぁ…明日だと、早くて23時くらいになりそうだけど…大丈夫かな?】
【遅いスタートになってしまうから、もし良かったでお願いしたいな】
【明日が難しいようなら、空いてる日を聞かせてくれたら調整させてもらうよ】

544 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/22(木) 02:44:41 ID:???
>>543
【明日が厳しいようなら次は土曜日になるわねん】
【とりあえず、一日中あいてはいるけど…】

545 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/22(木) 02:51:20 ID:???
>>544
【それじゃ、土曜日でお願いしてもいいかな?】
【21時くらいから待機できると思う…】
【ごめんね、ワガママ言っちゃって…】

546 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/22(木) 02:56:52 ID:???
>>545
【わかったわん】
【それじゃ、土曜日に】
【今日は楽しかったわ、おやすみなさい】

547 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/22(木) 02:59:23 ID:???
>>546
【ありがとう!土曜日に伝言板で…】
【こちらこそ楽しかったよ!いつもありがとうね?】
【今日もお疲れさまでした。ゆっくり休んでね!おやすみなさい】

【スレをお返しします】

548 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/24(土) 21:24:54 ID:???
【スレをお借りします】

549 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/24(土) 21:25:52 ID:???
【スレをお借りするわねん】

550 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/24(土) 21:31:52 ID:???
>>549
【今日も来てくれてありがとう!】
【レスは出来てるから、いつでも続き入れるよ】
【準備が良ければ教えてね?】

【それと…今日辺り、ご希望のSMもやってみたいんだけど…】
【とりあえずは拘束器具責めで絶頂地獄で放置で良いのかな?】

551 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/24(土) 21:37:59 ID:???
>>550
【お待たせしちゃってごめんねん】
【こっちはいつでもOKよん!】

【うふふ〜、楽しみ】
【そうね、色々好きなようにやっちゃっておくんなまし!ってね】

552 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/24(土) 21:41:24 ID:???
>>551
【それじゃ今日もよろしくね!】
【時間持て余して作ったから、ちょっと長いかも…】
【やりやすいように端折って構わないからね】

【ありがとう…じゃあ、エクセレンにも楽しんでもらえるように考えてみるよ】
【いつも合わせてくれるから、やりやすくてほんと助かるよ!】

>>540
お前の美貌も淫乱も俺を…男たちを魅了するお前の武器だ
お前の武器で、この俺を撃ち抜いてみろ…
俺が与える快楽と恥辱に心を折られず、ただ淫らに全てを受け入れろ…
(楽しみを残すように、わざと完全な隷属へと誘わない)
(洗脳された人形にするより、エクセレンの隠れた欲望を引きずり出すように囁いた)

そう…お前はすでに洗脳されている…もう戻れない…
自我を保てたのは奇跡だ
お前の体が知っているように、お前は快楽の虜だ
男の体臭を感じれば、あの淫らな宴を思い出し、男の視線を感じると体はあの快楽が蘇る…
あの時に堕ちていたら、何も考えられない人形として泥沼のような意識の中で犯され続けただろうな
そう…クスハのように…
お前は自我を保ち、鮮烈な快感の中を味わい続ける…
敵である俺に与えられるままに…それが幸か不幸かはお前が決めろ
(エクセレンに快楽から逃げられないと刷り込みながら、わざと突き放すように冷たく敵を演じる)
(敵に与えられる逆らえない快楽と、かつてキョウスケから味わった快楽を比較させて惑わせる)

ふふふ…いい笑顔だ…そんな淫らな顔…仲間も知らないだろう…
そう…全ては、洗脳されたせいだ…
ここにはお前を慕う仲間はいない…
だから、お前が抑えた欲望のままに狂っても失望する者はいない
お前の淫らな痴態は俺が受け止めてやるぞ
だから、今まで抑えてきた淫乱の本性を解き放て…
(背後から耳に吐息を吹きかけ、微弱な快感で欲望を加速させる)
(だらしなく淫らな笑みを浮かべた美貌を顎を掴んで振り向かせ、冷たく優しい笑みで肯定した)

そう…お前が愛するキョウスケが引き出せなかったお前の力も…本当のお前も俺が引き出してやる
キョウスケを愛してるから、嫌われたくなくて淫乱な本性を出せなかっただろう?
敵である俺になら嫌われる遠慮はいらないし、俺は淫乱なお前を好きでいてやるぞ
(エクセレンの服のボタンをゆっくり外し、薄いインナーに包まれた豊かな胸を解放する)
(背後から伸ばした手で形を確かめる程度に浅く微かに表面を撫でる)

脚を閉じたければ閉じて構わないぞ
だが、お前の指は見て欲しいみたいだな…
さっきより大胆に、淫らに激しく動いている…
ふふふ…体が震えて、吐息が甘いな…もうすぐ絶頂か?
その絶頂は危険だぞ…洗脳されたお前の欲望のスイッチだ…
スイッチが入ったら、止まらない…それでいいなら…イケ…
(首筋に小さく甘く唇を押しあて、軽く甘噛みしながら胸を撫で擦る)
(絶頂の危険を囁きながら、その手も口も快楽を煽っていく)
(乳房を撫でていた指先は柔らかい肉を楽しむようにめり込み、首筋を甘噛みした唇は跡が残るほど吸い付いた)

553 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/24(土) 22:24:43 ID:???
>>552
ええ、そうするわねん…
淫らに、全部を受け入れる…
だって、私は…淫乱なんですもの
(凌辱への期待にぶるりと背を震わせながら)

私の体は、もう戻れない…
快楽の虜になったまま…もう、戻れない…
男の人の臭いをかいでも、男の人に見られても…
あのときの…気分がよみがえっちゃう…っ…はぁんっ…
すっごく気持ちよかった…もうちょっとで堕ちちゃうところだったもの…
クスハちゃんみたいに…なるところだった…
あの気持ちよさの中のまま、ずっと犯され続けて…んんっ…!
(洗脳を受けるときの、魂を磨り潰されるような快楽が蘇っていく)
(暗示どおり、快楽中毒になったエクセレンの思考は、人形のようになったクスハに羨望を覚える)
(自分もあんなふうになれたら…と思うだけで、エクセレンの背筋を悪寒じみた快感が走っていく)

そう、ね…そうだわ…
全部、洗脳されたせいで…ここには誰も仲間はいないんだもの…
だから、もう我慢することなんてない…
淫乱で、快楽の虜になっちゃった私を押さえつける必要なんてない…
本当の自分を出せる…
いやらしい、本当の私を、少佐が見ていてくれる…
敵の少佐に見られたって平気なのよ…ね…あうっ…んっ…
(快感にとろけつつある思考は、イングラムの真意を測ることは出来ず、与えられた暗示を受け入れていく)
(服のボタンが外れると、大きく、張りのあるバストが躍り出る)
(既に熱くなりつつある表面を微かに撫でられるたびに、気持ちよさそうな鼻声が勝手にエクセレンの口から漏れる)

あっ…んっ…だって…閉じられ、ないのぉ…
敵の少佐に、見られてるのに…指が動きっぱなしで、全然止まらないのぉ!
あ、ああっ、いく、いくっ…どんどんきちゃうっ…
スイッチ…とか、やばそう、なのに…っ…気持ちいいのが止まらなくって…
んっ…ひぅっ…ふあ、ああ、ああああああーっ!!
(絶頂の危険を囁かれても、エクセレンの動きは止まらず、水音を立てながら激しい自慰に興じる)
(ずっと焦らされ続けた乳房を握られ、首筋を吸われた瞬間、エクセレンは激しい絶頂を迎えた)

554 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/24(土) 23:23:15 ID:???
>>553
お前の唯一の仲間、クスハもお前が堕ちるのを待ってるいるだただろうな
何しろ、あいつ1人でここにいる男の相手をしているからな…
お前は俺一人が相手だ…その分、お前を満たしてやるぞ
(そう離れていないどこかでエクセレンの羨望する快楽に浸るクスハを想うと、その快感を体が勝手に想像して反応する)
(腕の中で熱くなるエクセレンの体に興奮したように、胸を包むインナーを掴むと、力を込めて破る)
(躍るように揺れた乳房は触れた外気に欲情の種を発芽させ、掌の熱にじわじわと蕩けた)

そうだ…本当のお前を見せてくれ…
俺の手で手伝ってやろう
ただし…本当のお前を引き出すのは、お前自身だ…
(剥き出しになった弾けそうな豊かな胸をやわやわと弄びながら、首筋に唇で侵略の跡を無数に刻む)
(止まらない指が水音を響かせる秘所に、時折冷たい吐息を吹きかけて刺激を与えた)

見られているのに隠せないのは、お前が敵に犯され調教されるのを望んでいる証拠だな
ほら…自分が一番分かるだろう?
俺に見つめられて、ますます快感が強くなり、深くなるのが…
ふふふ…危険なスイッチだぞ…
今、俺が与えた暗示が、お前の潜在意識に刷り込まれ、刻まれる…
お前は本当は淫乱じゃないんだよ…アタッドに与えられた、ただの暗示だ
だが、今、絶頂を迎えた瞬間、お前が思い込んだ暗示はお前の中で真実に変わる…
本当の淫乱に生まれ変わるんだ
(罠を囁かれても、止まることはできない)
(イングラムが与える男の快楽に体を震わせながら、自ら絶頂を、堕落を求め乱れ狂った)

ふふふ…派手なイキっぷりだな…体を震わせて、まだイキ続けてるな…
自分自身でここまで良かったんだ…俺が与える快感はどれだけ良いか想像できるか?
(絶頂を迎えた体をイングラムの手が優しく這い回る)
(たったそれだけで、体は次の絶頂を求めて疼きだす)
(脱力しながら余韻と新たに快楽に震える手がイングラムに握られる)
(火照った肌に冷たい感触が触れたと思った瞬間…)
(金属の枷で両手を頭の後ろで拘束されていた)
(続いて、太ももとふくらはぎをくっつけるように折り畳むと、重ねたまま脚を枷で固定する)

これで手も脚も動かせないな…
実験の続きをしよう…
アタッドの洗脳の影響は分かった…今度はお前がそれにどこまで耐えられるかだ…
繰り返す絶頂に耐え抜けるか、壊れるか…今から試してみよう
(拘束したエクセレンをベッドに転がすと、ベッド下のチェストの鍵を開けて何かを取り出す)
(地球にもある大人向けの玩具から、見たことのない機械まで…)

さぁ、どれが好みかな?
馴染みのある玩具やバイブでじわじわ責めようか?
それとも、快楽拷問用の道具を使ってやろうか?
(そのどれもが、エクセレンの内なる欲情を駆り立てる)
(イングラムはエクセレンの答えを待ち、体をまさぐるだけだった)

【バイブやピンクローターから、乳首責め用の振動器具やマシンバイブまで何でも有りだよ】
【使われたい器具を教えて欲しいなぁ…個人的にはマシンバイブかな…】

555 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/25(日) 00:07:40 ID:???
>>554
クスハちゃんが、一人で…っ…んんっ…
あんな数の相手をさせられたら、壊れちゃうわよ…
私の相手は…少佐が…?
ふ、ふふっ…光栄な、ことね…
でも、少佐に私を満たすことが出来るかしら…んっ…くうっ…!
(挑発的な眼でイングラムを見つめながらも、その息は完全に上気しており)
(豊かな乳房は荒い息がつかれる度、上下に揺れ、そのサイズを表す)

本当の私を引き出すのは…私、自身?
はうっ…くぅ…ん…上手、なのね、少佐っ…
こうやって…アヤのことも…騙してたの…? 
っ…んんっ…! や、やだ…息、すぅって…はあああっ!
(何度もキスをされるたび、金のポニーテールが上下に揺れる)
(冷たい息を熱い秘所に吹きかけられるとたまらず、尻を震わせ、声を漏らし)

私が…犯されて…調教されるのを、望んでる…
調教…私、調教されたがってる…
あうっ…くぅ…ん…わかるわ…少佐に見られてる場所…感じるっ…
どんどん、切なくなってって…あぁっ…
今までのが…暗示…?
でも、それが、真実に変わっちゃう…
本当の淫乱に生まれ変わっちゃうっ…んあっ、ああああ!!
(絶頂の空白の中、イングラムの言葉がエクセレンの意識の中に深々と刻まれていく)

っ…はぁ…あぁ…凄かったァ…
はぁっ…ん…まだ、体、びくびく震えちゃう…んっ…
でも…もっと、気持ちよくしてくれるの…?
少佐に調教されて、洗脳されたら…もっと気持ちよく、なれるの…?
っ…きゃんっ…!
(絶頂の余韻の中、まとまらない思考でイングラムに身を預けながらつぶやく)
(しかし、そのエクセレンをつめたい手かせの感覚が一時的に正気に戻し)

実験の続き…
あ…はぁ…そう、よねん…今のも実験だったんだもの…
だから、敵の少佐の前でイキ狂っちゃったのも大丈夫、よねん…?
で、でも、少佐…こうやって手足を拘束しておいて、
自分で使わせるバイブを選ばせるだなんて…結構、鬼畜なのかしらん…っ…
い、今の私は、少佐の敵だもの…好きなようにすればいいじゃなぁい?
(バイブをみるたびに、それで攻められたらどんなに心地よいかと想像し、それだけで快楽で頭がぼやける)
(次第にその視線は、一個のマシンバイブに釘付けになり、動かなく、動けなくなってしまった)

556 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/25(日) 01:01:09 ID:???
>>555
後で会わせてやる…
だが、壊れてもすぐ治されて…その繰り返しだ…おかげで自我を完全に操られている…
俺はお前を、あんな風に扱わせたくないからな…
そのためには、俺で満足してくれるように努力しよう
(挑発的な瞳に支配欲を刺激され、手の中で揺れる乳房を強く掴んだ)

そう…俺はその手伝いをしているだけ…俺を憎むなり、すがるなりして心を解放しろ
…アヤ…か…騙しているのは、今も同じ…か…
お前は騙されるかな?それとも、踊らされるふりで俺を騙しているのかな?
(アヤの名前が出るとほんの少し顔を曇らせる)
(同時に強く長く息を吹きかけ、熱く蕩けた胸の頂点を、ふいに指先で潰すように転がした)

…これでお前は本当に淫乱に堕ちた…
ああ、お前の体に、心に俺の良さを刷り込んでやる
俺のパートナー…いや、道具として使われる喜びをな
(エクセレンの混乱を突くように、暗示とも本気ともとれない呟きを漏らす)
(その瞳は冷たさを忘れたように楽しそうに熱くなっていた)

ふふふ…実験だと忘れて乱れていたのか?
良いイキっぷりだったぞ…俺を興奮させるくらいにな
そう…俺はお前を犯す敵…だから、遠慮なくお前を辱めてやるぞ
…そう思えば、お前も楽だろう…?
(エクセレンを挑発し、敵意を煽ったかと思うと、今度は心を読んだように優しく理解を示す)
(飴と鞭を巧みに利用し、心の隙間に入り込んでいく)

ふふふ…まずは優しく…と思ったが、淫乱相手の調教に遠慮はいらんな
地球の玩具ではイカせるどころか焦らすだけになるからな…
お前には、とびきりの快感を与えてやろう
(マシンバイブをベッドに載せ、エクセレンの股に近付けると、先端を濡れた入り口にあてがった)
(金属製のバイブに愛液を絡みつかせるうちに、エクセレンの胎内はざわめきだす)

…ふふふ…まだ早い…まずは準備からだ…
(入り口にあてがわれたバイブが胎内に入るのを待ち望んでいるが、なかなか入って来ない)
(代わりにやってきたのは、予想外の乳首への快感)
(イングラムの手が張り詰めた大きな乳房を掴み、交互に薄い乳輪ごと執拗に舐め始めた)

でかい割に素晴らしい感度じゃないか…耐えられるかな?
(唾液でぬめる胸の先に冷たく透明なシートが張り付けられた)
(唾液で吸い付くように張りついたシートは敏感な乳首を浮き上がらせ、乳輪に吸い付く)

準備はできたな…さあ、お待ちかねのバイブだぞ…
まずはゆっくり味わえ
(イングラムの手でゆっくりとバイブが胎内に沈んでいく)
(金属製のバイブは冷たく、エクセレンの膣内をかき回す)
(膣内の真ん中辺りで挿入が止まると、胎内で微弱な振動が伝わる)
(イングラムの手がマシンバイブのスイッチを入れると、バイブ本体を繋ぐピストン装置がゆっくり動き出す)
(もどかしいほどにゆっくりと、恥ずかしい音を響かせながら膣内をじわじわと抜き差しする)

557 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/25(日) 01:43:44 ID:???
>>556
壊されても…すぐ直されて…
それで掌握されちゃったのね…
あんなふうに…くぅん…っ…!

心を…解放する…ひっ…あんんっ…
おっぱいが…ああっ…いいっ…気持ちいいっ…!
心を解放して…いやらしくっ…んんっ…
私が騙すっ…少佐を騙して、皆のところにっ…ふああ!
(乳首を指先で潰されると気持ちよさそうに眼を細め、体を震わし)

私は…淫乱…………本当の、淫乱…
っ…あぁ…ええ…刷り込んで欲しい…
少佐の道具として使われる喜びを、教えてもらえるだなんて…
とっても、嬉しいわぁ…
そうよ、少佐は…私の、敵なんだから…
容赦なく、私を辱めればいいのよ…んっ…ああ…!」

あぁ…このバイブ…大きくて、硬そう…
欲しい…たっぷりかき回して欲しい…
私は…淫乱なんだもの、そう思って当然…よね…
だから、だからぁ…もっと、深くまで頂戴よぉ…
(ゆっくりとだけ入れられていくバイブに、不満そうに腰を振るわせる)
(ひくひくと動きながら、吐き出した愛液をバイブに馴染ませていく)

ひっ…うあっ…あひっ…
気持ちいい、ですわ…あそこも、おっぱいも…全部気持ちいいっ…
バイブがぐにぐにって、膣の中を動き回るとっ…ひあああっ…!
こうしてる今だって、プルプルって細かく震えて…
気持ちいいので、頭の中が真っ白になって…
こんなの、初めて…いい、いいのぉっ…
(自分を貫いたままくねるバイブの動きによりエクセレンも体をくねらせる)
(強い快感を覚えながらも、足りないのか、虚空に向かって何度も腰を打ちあげるように動かす)

558 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/25(日) 02:16:14 ID:???
【ごめんなさい、そろそろ眠気が限界みたい】
【折角だけど、ここで凍結願えるかしら?】

559 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/25(日) 02:21:26 ID:???
>>557
俺を騙すか…良いだろう…覚えておく…
では、これからのお前の発言や行動は俺を騙そうとしていると疑うとしよう
(簡単には堕ちないエクセレンらしい強気な発言に笑みを浮かべて乳首をつねりあげた)

まあ焦るな…今、このバイブはお前の中を調べている
微弱な振動の反応を元に、どこに性感帯があるのか…
どこが弱点で、どうすれば、淫乱のお前を狂わせるのか…とな
絶頂を味わった後のお前には酷かもしれないが、しばらくお預けだ
(硬いバイブは不規則に微弱な振動を繰り返し、エクセレンの性感を刺激し、欲情を燻らせた)
(イングラムは焦れて切ないエクセレンをあやすように、動けない体を撫で回した)

そろそろ胎内のバイブが変化を始めるぞ…?
液体金属がお前の中を満たし、理想の形に変わっていく…
もう我慢できないか?仕方がない淫乱だな…
本格的に始まる前にこわれるなよ?
(エクセレンの胎内の硬いバイブが柔らかく溶けていく)
(膣内を圧迫した感触が手応えのない液状に軟化すると、エクセレンの胎内いっぱいに充満した)
(もどかしいような、痺れるような快感に困惑するエクセレンを見かねてイングラムが胸にはりつくシートを摘んだ)
(シート越しに摘まれた乳首がピンと立った時、エクセレンの背筋に快感が流れ込んだ)

ふふふ…お前のような淫らな胸にはたまらないだろう
一度これで調教されると、乳首の感度が暴走するらしいぞ…
(胸に張りついたシートが密着度を増した瞬間、吸い付かれた部分に振動が襲い掛かる)
(豊かで重く肉が詰まる乳房がフルフルと小さく揺れるほどの振動が敏感な先端を襲う)
(無数の小さな舌で舐められながら、吸出されるような快感は味わったこともなく虜にしていく)

腰をそんなに動かして…物足りないのか?
もうじき、バイブが胎内で完成するからな…
(振動で性感をほじり出され暴走する乳房を形が変わるほどに強く丁寧に揉み潰し、エクセレンの下腹部を撫でる)
(胎内を満たした液体金属は最奥まで隅々を満たし、硬化を始めていた)
(エクセレンの肉襞の形に添って凹凸を作り、最奥まで突きやすくなった形状に…)
(エクセレンの膣肉を満たしたまま、再び振動を始める)
(粘膜が完全に密着した状態での振動は子宮まで響く)

さあ、淫乱エクセレン…お楽しみはこれからだ…
お前の淫らな姿…楽しみだ…
(マシンバイブがゆっくりと、バイブを引き抜き始める)
(引き抜くだけで肉襞を擦り上げ、振動で快感を叩き込む)
(いやらしい形にくびれた亀頭がギリギリまで引き抜かれると、再びゆっくり胎内をかき回して挿入される)
(何度かゆっくりした抜き差しを繰り返した後、そのスピードは少しずつ加速を始めた)


560 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/25(日) 02:25:18 ID:???
>>558
【ごめん、先にレス返しちゃって気が付かなかった…】
【今日も遅くまで付き合ってくれて、ありがとう!】
【今日もほんと楽しくてエロくて最高だったよ】

【次はこっちは明日の日曜以外なら、いつでも大丈夫だよ?】
【都合が良い時に合わせられると思うから教えてね?】

561 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/25(日) 03:43:02 ID:???
【今日はかなり遅くまで無理をさせちゃったね…ほんとにごめん】
【せめて、ゆっくり休めるように願ってるよ】
【次の予定、ここでも伝言板でも、どちらでも構わないから、暇な時にでも教えてね?】

【それじゃ、今日もほんとにありがとう…お疲れさま】

【スレをお返しします】

562 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/26(月) 20:02:15 ID:???
【エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWsへの伝言にお借りします】

【伝言板の方にも書いたけど、今日時間があるから、待機してみるよ】
【一方的な待機だから、来れなくても気にしないでね】

【続きが楽しみだから、いつでも良いから、ロールできそうな日を教えて欲しいな】

563 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/26(月) 22:07:34 ID:???
【スレをお借りするわん】

564 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/26(月) 22:07:43 ID:???
【スレをお借りします】

【伝言板のメッセージ確認したよ】
【では、こっちで待ってるね】

565 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/26(月) 22:10:19 ID:???
>>563
【改めてこんばんは、会いたかったよ!】
【今日は突然の呼び掛けなのに来てくれてありがとう!】

【今日は始める前に一応、限界になりそうな時間決めておこうか?】

566 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/26(月) 22:24:36 ID:???
>>565
【こっちこそ、来てくれて嬉しいわん】
【んふふー、お姉さん、熱烈に求められてちょっと嬉しいかも?】

【そうねぇ、今日は…というか今日も1時ぐらいには終わりにしない?】

567 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/26(月) 22:31:09 ID:???
>>566
【最近、自分でもヤバイかなってくらい、エクセレンにハマっちゃってるよ】
【元々好きなキャラだったのに、キミは雰囲気は完璧でシチュも好み、レスは最高にえろえろだからね…】
【ほんと最高だよ!】

【最近、遅くまで無理させてたからね…了解!1時に終わるようにやっていこう!】
【それじゃ今日もよろしくお願いします!】

568 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/26(月) 22:32:17 ID:???
>>567
【あんまりおだてても、何もでないわよん?】

【それじゃ、こっちこそ、よろしくねん】

569 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/26(月) 22:39:56 ID:???
>>568
【こんなに世話になってるのに、何もお礼できないからね…】
【せめて、心からの絶賛を贈らせて!】

【それじゃ前回の続きをお願いしても良いかな?】

570 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/26(月) 22:42:40 ID:???
>>569
【興奮させてもらってるのは、お互い様よん?】
【それじゃ、ちょっと待っててね】

571 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/26(月) 23:05:19 ID:???
>>559
はうっ…くっ、ひぃぃぃんっ!
だ、駄目ッ、そんなに強くしちゃ…ああああっ!
っ…こんなの、変よぉっ…
感じ過ぎちゃってるっ…気持ち良過ぎるぅっ…!
この程度で、こんなに余裕がなくなっちゃうだなんて、こんなっ…
(乳首をつねられただけで、嬌声を上げ、体を震わせる)
(淫乱という暗示は、エクセレンの理性を蝕み、全身の神経を快楽に貪欲にさせていく)

んっ…く…そ、それじゃ、これってまだ…様子見ってこと…?
っ…くぅ…ん…それって…ちょっちまずいかも…
今、こんなに焦らされて、敏感になっちゃってるのにぃ…
そんなこと、されちゃったら…ぁ…
(一度絶頂の快楽に晒された身体はさらなる快感を求めようと、バイブの僅かな刺激も余さず拾うようになっていく)
(体を撫で回されるたび、小さな音に耳を澄ますときのように、体の感度が上がっていってしまう)

くっ…ひぃ…ぃ…っ…なに、これ…ぇ…
無理やり広げられてるわけじゃないのに
膣内がいっぱいになっちゃってるぅ…
気持ちいいところ、全部いっぺんに触れられてて…っ…
まともに動いてないのに、すっごく気持ちいいっ…!
こ、これで動かれちゃったりしたら…はぐぅっ…!?
こらぁっ…乳首、摘んだら駄目だって…あっ…ああああ!?
(膣内をくまなく満たす液体金属の感覚は、エクセレンですら未知の快楽を彼女にもたらす)
(堕ちてはならないという意識とは裏腹に、そのバイブが動き出したときのことを想像するだけで背に震えが来る)
(恐怖と期待に苛まれるなか、味わった乳首の愉悦はエクセレンに淫らな悲鳴を上げさせる)

あっ…ああ…ひうっ…くぅんっ…す、すごいぃ…乳首、凄いっ…
されたのは、一瞬なのにぃ…気持ちいいのが、ずっと続いちゃうっ…
ぶるぶるって震えっぱなしになってぇ…震えるたび、シートに乳首虐められてるっ…
こんなっ…こんなぁ…
(乳首と膣、同時に、地球では味わったことは愚か、想像したこともないような快楽で責められ)
(エクセレンの理性はぐずぐずにとろけ、思考能力も保てなくなっていく)
(秘所はバイブが始動する前から愛液を垂れ流しにし、腰が無意識にくねるたび、くちゅくちゅと音が響く)

あ…あぁ…完成しちゃうっ…
こ、これ…本気で、やばいっ…今、されちゃったらぁ…
っ…!?
ひ、ひぃっ…ひあ、あ…あぁっ…ひぃ…くひぃぃぃんっ!
やッ…やら、子宮にまで、ひびいっ…ひびい、てぇ…んあ、あひっ…いっ…いくぅぅ!
おまんこ、いくっ、ちくび、いくっ、凄い、凄すぎっ、
いくっ、立て続けにいっちゃう! イキっぱなしで、帰れなくなるッ…んあああああっ!!
(バイブが本格的に始動した瞬間、エクセレンを襲った快感は、彼女の予想したもの以上だった)
(すぐさま絶頂を迎えながら、体を震わせ、大声でエクセレンは快楽を訴える)

あひっ、ふあっ…ああああっ…!
だめぇ…もう、なにもかんがえ…られないっ…!
少佐ぁ…みてぇ!! エクセレンのえっちな姿、いっぱい、みっ…ふあああああっ!
いくぅ、ひうぅ…また…っ…イッたまま、もどれなくなってっ…あぁぁっ…!
(立て続けの絶頂の中、エクセレンの意識がイングラムの言葉にさらに侵食されていく)
(淫乱な自分の姿を見てもらうことだけが、エクセレンの脳を満たしていく)

【おまたせっ!】
【こんなかんじでどうかしらん?】

572 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/27(火) 00:04:42 ID:???
>>571
さっきまでの余裕はどうした?
こんなささやかな快楽で、ここまでの反応…
さすがは淫乱…底無しの貪欲さだな
体が求めるまま、心が乱れるまま、快楽に踊ると良い…
(些細な快楽にも流されるエクセレンを肯定し、その潜在的な淫らさを引きずりだす)

ふふふ…様子見どころか、始まってもいないぞ?
絶頂を味わったばかりの体が焦らされ、貪欲になっているのだろう…?
きっと、お前の期待に応えてくれるぞ
(胎内のもどかしく切ない快感に欲情の火を燻らせ、僅かな快感も拾い集めるエクセレンを、さらに燻らせるようにじわじわと愛撫する)
(これから始まる快楽地獄がより深くなるように、残酷な愛撫で性感を高めていく)

どうだ?地球にないテクノロジーの味は?
この味を覚えたら、淫乱なお前は地球ではずっと欲求不満になるだろうな
まだ地球の仲間を想い、帰りたいなら…この快感に堕ちないように耐えるんだぞ
(未知の快楽で精神まで犯す反面、簡単に堕ちないようにエクセレンの意志を刺激して励ます)
(乳首を犯すシートの上から転がすように乳首を弄り、)
(液体金属が蹂躙する胎内を刺激するように下腹部をマッサージするように圧迫した)
(胎内から逆流しそうになった液体金属は波打ち、うねりながらエクセレンを犯す)

ようやく危険に気がついたか?
だが、もう手遅れだ…自分の腹の奥で感じるだろう?悪魔の囁き…いや、唸りを…
お前を地球の仲間から奪おうとする悪魔の…な…
(危険に気がついたエクセレンがようやく抵抗と拒絶を意識するが、思考も理性も快楽に服従していた)
(ほんの一瞬、冷静になったエクセレンの胎内、体の奥に熱い快楽が弾けた)
(液体金属が完全に変形を終え、動き出した)
(乳首を犯すシートは双乳全てを開発し、敏感な淫肉に変えていく)
(焦らされ続けた膣内は待ち望んだ絶頂を簡単に受け入れて、体の主を狂わせた)

何も考えなくて良いんだ、エクセレン…
お前の望むままに乱れ、狂い、絶頂に踊れ…
俺がお前を見ていてやるからな…
お前が最も美しく輝く、絶頂の瞬間を俺に見せてみろ!
(拘束されたエクセレンの肩を押さえるように抱き、見下ろすように見つめる)
(絶頂に濁ったエクセレンの瞳にイングラムの顔だけが映る)
(キスをねだっても届かない、絶頂を隠したくても欺けない曖昧な距離で目に入る存在が強くなる)

いくらでもイッていいからな
戻れないほどの絶頂の果てでも、俺がお前の側にいる
…キョウスケではなく、この俺がな…
だから安心して、淫乱の本性のままにイキ狂え!
(エクセレンが連続絶頂に陥っても決して責めは止まらない)
(性感を開発された乳房を指先で軽くこねるように弄び、乳首を弾いて強い快感を与える)
(胎内のバイブは、単調な高速の突きだけでなく、リズムを変えてエクセレンを狂わせた)
(浅く素早く深く奥まで突いたかと思うと、膣内を撹拌するように回転しながら深く出入りする)
(時には子宮に押しつけたまま振動だけで責め、意識を飛ばしそうになると入り口まで引き抜いたまま、焦らすように浅く弄ぶ)
(翻弄される様子をイングラムは静かに見守っていた)

【もう最高!!レス返してる途中で我慢できなくなっちゃったよ…】
【素敵なレスをありがとう!】

【この先の展開は、機械責めで更にイカされながら、しばらく放置かな?】
【地球へ通信できると暗示で騙して機械責めしながら偽りの通信をさせても面白いかも…】

573 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/27(火) 00:38:20 ID:???
>>572
余裕もっ…なにもっ…こんなの、おかしいわよぉ…!
乳首だけで、こんなに感じるだなんてっ…今まで、なったことないものぉ…!
これが淫乱ってこと…?
でも、これじゃ…耐え切れないっ…いつもみたいにセーブできない…!
エッチな気分も、気持ちよさも制御できないで、流されちゃうっ…

あっ…くぅ…んっ…やめ、て、少佐ぁ…
今、そんな風にやさしくされたら…かえって、感じやすくなっちゃうっ…
感じちゃまずいのに…感じたくってたまらなくなっちゃう…
(いやいやとかぶりをふるが、拘束された身ではイングラムの手から逃れる術もなく)
(撫でられた箇所はどんどんと感度を増し、エクセレンの皮膚を甘い汗がじっとりと濡らしていく)

っ…こんなの、卑怯よぉ…
こんなの、覚えさせられちゃったらっ…これの虜になっちゃうっ…
これのことしか考えられないようになっちゃうじゃないっ…んああっ!!
ああ、やだ…耐え切らなきゃっ…皆のためにも…いけないのにっ…
頭がおかしくなる…やばい…自分を保てなくなり始めてるっ…
(焦燥感に駆られながらも、乳首と膣の全てを責められるという経験は、エクセレンの意識を快楽一色に塗りつぶす)
(エアロゲイターの技術力を知るなら、意識の空白が生まれつつある今は危険な状態なのだが)
(そう知ってなお、エクセレンは自分の思考が快楽に焼かれていくのをとめられない)

あぁ…っ…うぅ…んんんんんんっ!
や、やば…このまま快楽の虜になっちゃったら…
どんなふうにされちゃうか、わからないのに…
ううん、わかってるっ…私、少佐の…うあっ…あああああっ!!
(豊かな乳房が揺れるたび、エクセレンの脳髄に電気のような快楽が走り、それがエクセレンにさらに体を震えさせる)
(イングラムの手で調整されていく身体は、既にエクセレンの心を快楽で侵すためのものに変わっており)
(まともな思考の出来ないエクセレンのなかに、イングラムの言葉が染み渡っていく)

少佐…少佐が見てくれる…っ…!
え…ええ…みててね…みてぇ! 私のイクところ…一番いやらしいところっ!
んっ、ひぎっ、いっ…い…あ…あはっ…はぁああああああんっ!!
しょうさぁ…しょうさぁ…っ…
(絶頂に次ぐ絶頂の中、間近で自分を見てくれるイングラムの姿は、エクセレンの心にイングラムへの依存を刻み)
(同時に裸で乱れる奴隷としての自分と、服を着て冷静に己を見る主人としてのイングラムとの力関係も刻まれていき)

はひっ…いっ、ひぎぃっ…!
いく、またイキますっ…ひう、あああっ…んひぃぃぃっ!!
イキッぱなし…かんがえ、られないっ…しょうさのいうとおりにする!!
エッチなところ、いっぱいみてもらって…うあああああっ…!
(経験したことのないほどの強い快楽は、エクセレンの心からあらゆる抵抗を奪っていった)
(絶え間のない絶頂と共に、エクセレンは次第に暗示に従うだけの人形になっていく)

【我慢できなくって…いやん、ふふっ、ちょっと恥ずかしいわよ】
【そうね、このまま放置されて、壊れる一歩手前までされて、一気に洗脳って言うのもいいし】
【地球に連絡を取らせるなら、どうせなら通信機とバイブのスイッチを誤認させられちゃっても面白いかも】

574 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/27(火) 00:55:17 ID:???
>>573
【もう少しで1時になるけど、レスを用意すると時間をかなりオーバーしそうだから、今日はここまでにしても良いかな?】
【次の予定を決めておきたいし…】

【ほんと我慢できないくらい凄く良くできたレスだったよ】
【放置した後、通信機を誤認させるのが良さそうだね】
【面白いアイデアをありがとう!】

【それで、次回はいつが良いかな?】
【伝言板見た限り、明日と明後日なら大丈夫なんだっけ?】
【こっちも明日、明後日は大丈夫だよ?】

575 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/27(火) 01:22:25 ID:???
>>574
【とりあえず、9時か10時ぐらいになったら、伝言板を除かせてもらうわん】
【一生懸命、バイブのコントローラーに話しかけたり】
【音量を上げるつもりで、バイブの動きを強くさせられたりとか、ね】
【あとは、なんどもイって無防備になったところで、一気に洗脳したりしてほしいわね】

576 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/27(火) 01:30:49 ID:???
>>575
【ありがとう!9時くらいから待機してみるね】
【今夜がまた楽しみだよ】

【気がつかないで一生懸命…てとこが誤認のポイントだね】
【面白そうだし、楽しいことになりそうだ】
【じゃあ、洗脳のタイミングも考えてみるね…ほんと楽しみ…】

【それじゃ、後はまた今夜のお楽しみにして、今日はそろそろ終わろうか?】

577 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/27(火) 23:12:51 ID:???
【スレをお借りするわねん】

578 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/27(火) 23:19:39 ID:???
>>577
【お待たせ!】
【今日も来てくれてありがとう!】
【無理しない程度で構わないから、よろしくね?】

【…と、言いながらも、レスが結構長めだから、やりやすいように端折って構わないからね?】
【今日は1レスずつ交換くらいが丁度良いのかもね】
【準備が良ければ投下するから教えてね?】

579 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/27(火) 23:21:40 ID:???
>>578
【おっけー、心得たわん】
【そうね、もう結構遅いようだし。無理しない程度で行きましょう】
【私の方は準備オッケーよん】

580 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/27(火) 23:31:46 ID:???
>>579
【それじゃ、投下するね?】
【よろしくお願いします】

>>573
驚いたか?これが本当のお前だ…
いつもは軽妙にふざけているが、本当は誰よりも繊細で臆病…本心を見せるのが怖いのだろう
体も心と同じだな…
淫らなフリをしていても、堕ちないようにギリギリで快楽を制御している
快感を楽しんでいるように見せているが、本当は真の快感を与えられて支配されるのを恐れているだけだ
だから、俺がお前の恐れを消してやろう…
お前の心と体に快感を植え付けて、本当の淫乱に堕としてやる
敵である俺に、無理やり淫乱にされているんだ
お前は良く耐えたが、もう限界だな
(肉体を虜にする快楽を操り、精神をも凌辱し始める)
(快楽に支配されるのを拒み、子供のようにかぶりを振るエクセレンの頬を優しく撫でて瞳を覗き込む)
(エクセレンの性格や隠れた心理を暴き、むき出しの心に淫乱の因子を植え付けてしまった)
(甘く香る汗に手を濡らしながら、まるであやすように優しい快感を染み込ませていく)

何を言っている…これはテストだ…お前にかかった洗脳のレベルが、俺たちの快感に耐えて、地球の快感に戻れるかどうかのな
快感に耐えられなければ、それだけ深く洗脳されているということだ
地球に…仲間の下に帰りたいなら、この程度の快感、耐えてみせろ
それに…こんな機械より、俺の快感はもっと凄いからな…?
(イングラムの言葉に仲間を思い出すが、快感に焼かれた意識は仲間による快感を妄想してしまう)
(機械により与えられる快感は、その妄想の快感を凌駕していた)
(今ですら耐えられない快感に蕩けるエクセレンの耳にイングラムの囁きが妖しく響いた)

このまま快感の虜になったら、もう俺から離れられなくなるな…
淫乱なお前は、今までで一番の快楽をくれた者にすがりつくだろうからな…
お前が拠り所とする存在が、仲間…そしてキョウスケから、敵であるこの俺に換わる…ふふふ…
(拘束された体を捩るたびに揺れ動く豊かな乳房を両手で優しく撫で回す)
(ただでさえシートにより快感を与え続けられて敏感な乳房が更に甘く疼き痺れていく)
(揺れる乳房の先が擦れるように曲げた指先を漂わせる)
(シートの下で起立し快感に震える乳首が待ち伏せた指先に当り、不規則で強烈な快感に弄ばれる)

ああ…俺が見ているぞ…淫乱なエクセレンは俺に見せたいのだろう?
イキまくる恥ずかしい姿を…
お前のイキまくる姿、俺は好きだぞ…だから、もっと見せてくれ…もっと乱れてくれ…
(恥辱の中でエクセレンの中に絶対的な力関係が構築されていく)
(本来なら自我も尊厳も破壊してしまう洗脳だが、イングラムは残酷な甘い罠を忘れない)
(不安そうにイングラムを見ながら絶頂を繰り返すエクセレンを、見守るような優しく暖かい眼差しで、凄艶な地帯を見守る)

(そして、エクセレンが甘えるようにイングラムを呼び絶頂を迎えると、その唇に優しく蕩かすようなキスを与えた)
(奈落に堕ちるような絶頂の度の、褒美のようなキスはエクセレンには甘すぎる)

エクセレンは優秀だな…俺が望んだままに楽しませてくれる
こんなに何度も絶頂を迎えても壊れないなんて、お前は本当に素晴らしい淫乱だ…
(胎内のバイブが暴れ、強烈な快感と絶頂の連続でエクセレンの意志を削り落とす)
(絶頂の度の褒美のキスとキョウスケでは考えられない甘い賛辞はエクセレンの心にイングラムの存在感を刻んでいく)
(甘い愉悦の中でエクセレンが堕ちようとした瞬間、室内に甲高いアラームが響いた)

…いかんな…出撃命令だ…
お前の仲間と戦ってくるぞ…そのまま、良い子で待っていろよ
(堕ちる寸前のエクセレンの頭を撫でると、マシンバイブのスイッチを操作して止めると、拘束されたエクセレンを残し、部屋を後にした)
(イングラムの存在に惹かれていた今のエクセレンにはその状態での孤独は今までの比ではなく重く襲い掛かる)
(胎内で存在感を誇るバイブは絶頂から急に解放されたエクセレンを内から無言で誘惑していた)
(全てを別室のイングラムに監視されていることをエクセレンは知るはずもなかった)

581 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/28(水) 00:16:07 ID:???
>>580
これが…本当の私っ…
真の快楽を与えられて…支配されるのが怖かった…
だから、強がって、えっちなふりをして…でも、こんなの、耐え切れないっ…
少佐が、少佐が悪いの…ぉっ…少佐のせいなの…!
私、堕ちちゃうっ…快感に支配される、本当の淫乱にされちゃうっ…
少佐に支配されちゃうっ…!!
(間近で己を見据えるイングラムの視線に、エクセレンは心の奥底まで覗かれてるかのような気分を味わう)
(子をあやすような優しい手つきの中、エクセレンの心にイングラムへの依存と淫乱の因子が植えつけられる)

こ、これは…テスト…
耐えなきゃ…耐えなきゃ、皆のところに戻れなくなるっ…
でも、でも…無理よぉ…! だって、こんな気持ちよさ、今まで味わったことなんてないっ…
…っ…これより…もっと、凄い…?
そ、そんな…そんなの知ったら、絶対に戻れないっ…
少佐から離れられなくなる…逆らえなくなっちゃうわよぉ…!!
(イングラムの囁きは、快楽に蕩けたエクセレンの思考を虜にする)
(今の時点でさえ、頭がおかしくなりそうなほど気持ちよいのだ)
(これを上回る快楽を与えられたら、自分はきっと『それさえあれば何もいらない』と思ってしまう)
(そしてエアロゲイターの技術は、自分の精神を簡単にその状態に固定してしまうだろう)

あっ…くぅ…ひぅぅんっ! おっぱいがぁ、おっぱいがぁ…!
あぁ…少佐がよろこんでくれてるっ…私のエッチな姿を見て悦んで、褒めてくれるぅ…
見て、見て、少佐ぁ…エクセレンのいやらしい姿、たっぷり見てよぉ!
もう…いい…少佐のものに…なる…なるからぁ…
(甘い囁きと心を蕩けさせるようなキスの中、エクセレンは自分の淫らな姿を見せることに夢中になっていく)
(しかし、エクセレンが屈服の誓いを述べようとしたその瞬間、非常にもアラームが鳴り響き)

っ…ぁ…
ま、まって…私…少佐…ぁ…
(快楽が途絶え、一瞬正気に戻った思考は、イングラムを呼び止めることを許さず)

(しかし、その数時間後)
あぁ……あ…っ…うあ…あぁ…だ、めぇ…
こんな…頭がぼーっとする…疼いて、疼いてたまらなくなっちゃうっ…
イキたい…さっきみたいなふうにイキまくりたい…
だめなのにぃ…今度こそ堕ちちゃうかもしれない…いいえ、絶対に堕ちるのにぃ…
あんなふうにされたい…少佐にして欲しいって思っちゃう…
あぁ…少佐ぁ…少佐ァ…んっ…
(快楽の虜となった身体は、解放されてもエクセレンに正気をもたらさず、逆に絶え間のない疼きをもたらす)
(霞がかかったかのように思考はままならず、孤独と疼きに苛まれるエクセレンの中でイングラムが絶対的なものになっていく)

582 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/28(水) 00:25:21 ID:???
>>581
【レスありがとう!】
【あれだけ無理やり詰め込んだレスに、ここまでしっかり返してくれるなんて…】
【ほんと嬉しかったし、そのスキルに惚れ直したよ!】
【何より、堕ちる感じと依存しちゃう感じがすごくエロくて…また興奮させられちゃったよ?】

【それじゃ、今日はここまでにして、またレスを用意しておくね?】
【次は明日が大丈夫だったかな?】
【もし疲れてるなら、予定をいつでも合わせるよ?】

583 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/28(水) 00:35:24 ID:???
>>582
【ありがと、少佐のレスも緻密でしっかり追い詰めてくれて、最高よん】
【いつも情熱的に求めてくれるんだもの。つい熱くなっちゃうわ】

【よろしくね、楽しみにしてるわ】
【そうね、明日も大丈夫だとは思う】
【それじゃ、明日を楽しみにしてるわよん】

584 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/28(水) 00:43:49 ID:???
>>583
【ありがとう…エクセレンが魅力的で、惹かれているからだよ!】
【楽しんでくれていたなら、嬉しいな…?】

【それじゃ、また明日、21時くらいから伝言板で待機してるよ】
【また明日を楽しみにしてるね!】

【仕事で疲れてたのに、ありがとうね!】
【それじゃお疲れ様でした!おやすみなさい】

585 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/28(水) 00:50:08 ID:???
>>584
【そりゃもう、ばっちり楽しませてもらってるわよん】
【それじゃ、おやすみなさい】
【出来る限り、21時までに来るようにするわねん】

【お疲れ様、おやすみなさい】

586 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/28(水) 21:30:46 ID:???
【スレをお借りします】

587 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/28(水) 21:45:43 ID:???
【スレをお借りするわねん】

588 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/28(水) 21:49:01 ID:???
>>587
【早く来てくれたのに、待たせてしまってごめんね!】
【おかげでレスは用意できたよ】
【前回のラストを書き直した形で続けたから、少し被ってしまうけど…】
【準備が良ければ投下するね?】

589 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/28(水) 21:56:19 ID:???
>>588
【私の方こそ、返事が出来なくってごめんね】
【とりあえず、お姉さんはいつでも準備OKよん?】

590 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/28(水) 22:03:15 ID:???
【気にしないで、来てくれたの分かってたから大丈夫!】
【今日もいけない授業よろしくお願いします、エクセレン先生!】
【それじゃ、投下するね?】

>>581
もう、自分を偽る必要はない…
俺が真の快楽を与えて、お前を支配してやるからな…
これからは淫らなフリをしなくて良い…感じるままに、本気で淫らに乱れるんだ
そうだな…お前は悪くない…こんな快感を教えた俺の責任だ
俺がお前を支配して責任を取ってやるぞ…
だから…エクセレン・ブロウニング…堕ちろ…!
(アラームが鳴り響く部屋の中で、出撃前の恋人同士のように、僅かな時間も惜しむようにエクセレンの唇を甘く貪る)
(心に自分への屈伏を刻みながら、心地良いキスで口を塞ぎ、楽しみを先に延ばすように誓いを止める)

…無粋な雑音の中で、お前が俺の物になる大切な瞬間を迎えたくないな…
お前の仲間…いや、俺の敵を片付けてから、改めてお前を俺の物にするとしよう
…行ってくるぞ…エクセレン…
(甘美な地獄のような絶頂から解放されたエクセレンが、すがるのを迷う中、踵を返して部屋を後にした)

(そのまま隣室に入ると、複数のモニターの前に座り、深く息を吐く)
(モニターが画面を映し出す数秒の間、瞳を閉じてエクセレンの痴態を思い出す)
(美しく、掴み所のない、あのエクセレンが追い詰まった姿は冷静なイングラムすら、興奮に駆り立てていた)
(部屋の至るところに隠されたカメラがエクセレンを様々な角度で捉え、映し出す)
(拘束されたまま、重すぎる絶頂の余韻に脱力するエクセレンを満足そうに見つめる)
(出撃を偽ってエクセレンの傍らから離れた時に仕掛けた罠がエクセレンを毒するのを待つ)

…ふふ…まずは成功か…肉体への洗脳は成功だな…
アタッドの仕込みもあったが、本人の素質もやはり大きいな…
(数時間の放置の果て、絶頂の満足感を失い、再び欲情するエクセレンを見守る)
(欲情の中に、自分への依存が根付いたことに成功の手応えを確信した)

絶頂と快楽を刻まれた今のお前には、胎内のバイブは無情で残酷だろうな…
少しだけ、情けをくれてやるか…
(動かないバイブに胎内を圧迫され、快楽を忘れられないエクセレンが甘く疼く体を切なそうに捩らせる)
(拘束されたままでは、十分な快感は得られず、いつ戻るか分からないイングラムを求め孤独に震えていた)
(残酷な笑みを浮かべ、手にしたリモコンを弄ぶと、モニターのエクセレンの様子が変わる)
(疼き、快感を渇望する胎内のバイブが静かに振動を再開していた)
(堕ちるのを再び恐れるエクセレンにはあまりに甘く、強い誘惑…)
(欲情を燃え上がらせるには十分だが、満足にはほど遠い快楽が、理性を奪っていく)

さあ、エクセレン…お前に刻んだ暗示の種が、お前を縛る蔓を生むように育ててやろう…
快感と共に、俺を求めてみせろ…
(エクセレンが微弱な快感に焦れ、狂乱しそうになると、再びリモコンを弄る)
(今度は胎内のバイブがゆっくりうねりだす)
(エクセレンを狂わるために調整されたバイブは、マシンバイブにより動いていた時とは違う快感でエクセレンを責め立てる)
(うねりながら膣内から抜けながら撹拌し、膣肉を擦りかき回す)
(そのままうねり、今度は奥まで突き上げ、子宮をこねる)
(バイブに連動し、乳首を覆うシートも再び機能を始め、エクセレンは再び快楽に包まれた)

さあ…お前が大好きな快感だぞ…
ただし、今回は俺が側にいない…孤独の中の絶頂はどんな気分だ…?
(待ち望んだ快楽に歓喜したエクセレンだが、しばらくすると快楽に霞む頭が不安に捕われた)
(今まで快楽を与え、淫らになることを許してくれたイングラムが、今はいない)
(孤独の中で絶頂を迎える不安と、イングラムがいない状態で淫らに狂うことへの恐れがエクセレンを縛る)
(体を襲い絶頂を呼ぶ快感に、淫乱らしく乱れてもそれを喜ぶイングラムはいない)
(そこに存在しないことで、イングラムの存在は重くなり、エクセレンを支配し始めていた)

591 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/28(水) 22:45:10 ID:???
>>590
もう、自分を偽る必要はない…
快楽に支配されちゃう淫乱が私の本当の姿…
少佐は…私に本当の快楽を与えてくれる…支配してくれる…
これからは、エッチなふりをする必要なんてない
だって、本当にエッチになっちゃうから…
エッチしてもらうために少佐の命令を何でも聞いちゃう淫乱にされちゃうから…
あぁ…少佐ァ…
(快楽に蕩けきったエクセレンの心に、快楽に支配される奴隷のような自分こそが、本当の自分だという意識が植え付けられる)
(それに抵抗しながらも、自然とエクセレンの顔は、快感にだらけた、媚びる犬のような笑みを浮かべていた)

そんなぁ…ぁ…
待って、少佐ァ…あぁ…
(去っていくイングラムの背中を嘆くエクセレン)
(その感情が、彼に苦しめられる仲間への感情か、あるいは主人に去られる人形のそれか、彼女自身にもわからなくなりつつあった)

(拘束されたまま、自分の体の疼きと焦燥に苛まれるエクセレン)
(次第にその思考は、仲間や恋人ではなく、自分にその快楽と孤独を与えたイングラムのみに集中していき)
んっ…!?
なんで、こんなタイミングでぇ…あぁ…でもやっぱりすごい…膣内を満たされたまま、ぎちぎちって…
さっきまで、動くって思ってなかったから、キク…ゥ!
ぅ…これ…これが欲しかったのぉ…! こういうふうにして欲しかったのお…ぉっ…!
おっぱいも、きゅうきゅうって…虐められちゃってぇ…!
あ、ああっ…また、いくっ…素敵ぃ…いっちゃえるぅ…!
あひっ、ひっ…きひぃ…ぃいいいいい!!
(容赦なく膣内を責めるバイブと乳首のシートに、エクセレンは悦びの声を上げる)
(四肢を拘束されたまま、全身を暴れさせて喜びを表現する様は、まるで淫靡な舞踏そのものに見えた)

…はぁ…あぁ…あ…少佐…?
少佐、どうして…っ…んくぅっ…くぅうううんっ!
ま、また…凄い、激しく、動く…さっきとは違う角度で…あっあああ!
やだ、またいくっ…でも、少佐がいない…んじゃっ…
見てもらえないっ…壊れちゃっても誰も止めてくれない…
本当に、イキっぱなしで、壊れちゃう…ぅううう!
(支配され、全てを管理されたまま、何もかも放り出して快楽を受け取る洗脳状態のセックスと)
(放置され、自分がいつ壊れるかの不安に苛まれながら快楽に襲われる今の状態は、本質的に真逆に近く)
(違う種類の快楽におびえるエクセレンのなかで、イングラムへの依存心と忠誠心が根を張っていく

592 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/28(水) 23:44:49 ID:???
>>591
俺を求めてくれるとは…洗脳は上手く機能してたようだな…
しかし、やはり特殊な体質だな…ここまでやれば、普通は壊れている…
…だからこそ、興味があるし、それに楽しみもな…
(普通なら精神崩壊しかねないレベルの快感に順応するエクセレンを感慨深く見つめる)
(手駒としか考えていなかったはずが、今では最高の玩具のようにイングラムを喜ばせていた)

さあ…孤独と渇望に乾いた体を、快楽で潤してやろう…
その快楽の中で、俺の存在を再確認しろ…
(イングラムに見られていた名残で淫らに快感と絶頂を表現するエクセレンが次の段階に堕ちるのを待つ)
(快感と絶頂に理性や思考を奪われたエクセレンは与えられた絶頂に歓喜していたが、やがて孤独に捕われた)
(しかし、バイブも乳責めも情け容赦なくエクセレンの意識を混濁させる)
(意識が混濁してくると、イングラムはモニターに向かって語りかけた)

どうだ?エクセレン…俺がいない快楽は怖いだろう?
お前が大好きな、望んだ快楽のはずなのに、俺がいないだけで、まるで悪いことをしているようだろう…
派手なイキ姿で俺を楽しませることもできず、一人だけで楽しむ…
俺に支配されているのに、ずるい淫乱だな…
(モニターに内蔵されたマイクを通し、エクセレンの部屋のスピーカーから低く重い周波が室内を満たした)
(イングラムの声を特殊な周波に換えてエクセレンの脳に響かせる)
(意識が混濁したエクセレンには自分の妄想するイングラムと対話しているように錯覚してしまう)

お前の側に俺はいない…
お前を奪い返すために襲ってかた、お前の仲間と戦っているからな…
お前を守るために…
なのに、お前は一人で楽しむ…悪い子だな…
(イングラムの言葉はエクセレンに罪悪感と、仲間への苛立ちを植えていく)
(イングラムが甘く囁くとバイブは子宮を執拗にこねて甘い絶頂を生み、)
(仲間への苛立ちを与える時には、振動により荒々しく快感を刻む)
(イングラムを思って絶頂をこらえたくても、今のエクセレンには無理…)
(それを知りながらイングラムはエクセレンを翻弄するように快感を与えた)

もしかしたら、俺はお前の仲間に討たれているかもな…
お前を満たし、支配する俺を倒したお前の仲間が、お前の姿を見たらどうなるかな?
軽蔑して、部隊の性欲処理便所にするかもな…
(イングラムの言葉に快感に霞む頭が淫らな妄想を生む)
(バイブに犯されている快感が、エクセレンを狂わせ、かつての仲間に犯されている幻覚を生む)
(イングラムを討った、かつての仲間が荒々しくエクセレンを責め、絶頂を与えて従えようとする苦しく淫らな妄想…)
(それはイングラムの存在に救いを求めるようにエクセレンを侵食していく)

【今日の限界はどれくらいになりそうかな?】
【限界来るまでに凍結できるように知っておけたら助かるよ】

593 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/29(木) 01:24:26 ID:???
【レスに時間かかったから、寝落ちしちゃったかな…?】
【連日相手してくれてたから、疲れちゃってただろうから無理もないよな…】
【無理させてたらごめんね!】

【もしまだ愛想尽かさないで付き合ってくれるなら、また是非続きをしたいな】
【今週は土曜か日曜まで空きがないけど、来週も空けられるから…】
【またここか、伝言板で連絡取れたら嬉しいよ】

【今日はもう少し待って、落ちさせてもらうね】

594 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/04/29(木) 07:06:50 ID:???
>>593
【ごめんなさい、寝落ちしちゃってたわん…】
【無理しないでって言われて、強がって、このざまじゃ本当笑えないわね…】
【もし、まだ相手をしてくれるって言うなら、また会いたいわ】
【今度来れるのは、4日の夜か、6日の昼になっちゃうと思うけどん…】

【本当にごめんなさい。連絡、待ってるわねん】

595 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/04/30(金) 01:39:12 ID:???
>>594
【お返事ありがとう!】
【寝落ちは仕方ないから気にしないで?】
【特に、連日遅くまで頑張ってくれてたし…疲れてないわけがないからね】
【そんな状況でも頑張ってくれたことに、お礼とお詫びを言わせてね!】

【まだ続行してもらえるなら、ほんと嬉しいよ!】
【こちらから、是非お願いするね】
【それじゃ、4日の夜でお願いして良いかな?】
【時間は夜9時半なら確実だと思う…それくらいにまた伝言板で待機してるね】

【それじゃ、4日を楽しみにしてるね?】
【連絡ほんとにありがとう!】

596 :春麗 ◆IW6jcG1Og6 :2010/05/01(土) 22:58:14 ID:???
【出典】
ストリートファイターW
【希望シチュ】
戦いに敗れた後調教される
【NG】
グロ、大スカ

597 :名無しさん@ピンキー:2010/05/01(土) 23:00:58 ID:???
>>596
元祖格闘ヒロインもといリョナヒロインですね

598 :春麗 ◆IW6jcG1Og6 :2010/05/01(土) 23:05:59 ID:???
【あなたが考える春麗調教をしてもらえたらうれしいかな。】
【シャドルーになってもいいし、独自のキャラでもいいから。】

599 :gadfre:2010/05/01(土) 23:13:08 ID:???
>>598
【戦いに敗れた後から始めても良いのかな?】

600 : ◆QxOLSfa6lU :2010/05/01(土) 23:14:40 ID:???
【適当にトリップ付けようと思ったら失敗、別のに付けなおしますね】

601 :春麗 ◆IW6jcG1Og6 :2010/05/01(土) 23:16:21 ID:???
>>599
【書き始めに倒すまでの情報を入れてくれたらそれでいいわ。】
【接戦でやられるのか圧倒的にやられるのか、卑怯な方法でやられるのかで状況が変わると思うから。】

602 :犯罪者 ◆QxOLSfa6lU :2010/05/01(土) 23:28:04 ID:???
>>601
【では適当に始めてみます】

へっへっへっ…どうしたぁ、さっきまでの威勢は?
(とあるスラム街でシャドルーに関係する男と闘っていた春麗)
(しかし闘いに負け、男を取り逃がしてしまう)
(そこまでは良かったのだが、この闘いを観戦していたスラム街の)
(チンピラが弱った春麗に近寄り、連れ去ってしまう)

俺はよぉ、お前みたいな気の強い女がボロクソにやられる姿が大好きなんだ…
(天井から吊り下げられたロープで春麗の手を拘束して吊るしあげる)
(そして後ろから首筋を舐めながら胸を揉み始める)

603 :春麗 ◆IW6jcG1Og6 :2010/05/01(土) 23:33:50 ID:???
…くっ
おまえなんかに…
(油断と連戦の体力不足によって、普段ならまけないようなチンピラに捕まってしまい腹立たしいばかり)

何が強い女が…
おまえが倒したのは弱りきった私…
普段の私を捕まえてからにしなさい…
だから今はやめて…解放しなさい…
気持ち悪いし…

604 :犯罪者 ◆QxOLSfa6lU :2010/05/01(土) 23:40:21 ID:???
>>603
へっ…負け犬のくせにムカつく女だ…
そういう口のきき方する女には……オラっ!!
(胸を揉むのを止めて、春麗の前に立つと腹部に何度も拳を打ち続ける)

ふん、女のくせにいきがってるからこういう目に遭うんだぜ、覚えておけよ!
(言い聞かせるように顔を近づけ春麗の股間をさする、そのまま後ろに少し下がり最後に蹴りを放つ)

605 :春麗 ◆IW6jcG1Og6 :2010/05/01(土) 23:50:39 ID:???
>>604
生意気なんて言ってないわ
どう考えたって私の方が…うっ…
何を…正気なの?
こんな…だめ…うっ…
(弱っている春麗にとってはいくらチンピラの拳とはいえダメージが蓄積していく。)

偉そうにって…私はただ私の仕事と使命を…
あなたたちはただ思うままに暮らして…遊んで…やめ…なさい…
あなたにこんなことをされる必要は一切ないわ…あぁぅ…
(最後のキックでまだ少しだけあった体力も削り取られ、ストリートファイトでのKO状態になりぐったりする。)
今に…みてろ…

606 :犯罪者 ◆QxOLSfa6lU :2010/05/02(日) 00:02:11 ID:???
>>605
あ〜ん?なにが今に見てろだって?
その生意気な口が聞けないようにじっくり遊んでやるよ…
(弱った春麗の太腿に触れるとそのまま勢いを付けてパンストを破く)
(そのまま秘部に手を侵入させ弄る)

お前ら〜、これから良いもの見せてやるぞ〜
(春麗の太腿を持ち上げ、無理矢理股を大きく開かせる)
(その様子を男の仲間達に見せびらかせる)

俺が楽しんだ後の次はあいつらが可愛がってくれるから感謝しろよ、クックックッ…
(春麗の服をナイフで切り裂き、大きな胸を露出させると荒々しく揉む)

607 :春麗 ◆IW6jcG1Og6 :2010/05/02(日) 00:14:07 ID:???
>>606
今日のことは…一生忘れないから…
絶対に…うぅっ…
(なされるがままにパンストを破られても、何もできずただただ睨むことしかできない。)
やめろ…そんなところ…触るな…

きゃぁぁ…そんな…こんな屈辱的な…体勢…
おまえらのもんになんかなるか…
(戦闘中の蹴りの体勢でなることはあっても、普通には有り得ない恥ずかしい姿勢に顔を赤らめながらも動けない)

こんな無理矢理されても…感じるわけもないし、おまえらに従うわけもない…
(乱れたコスチュームを晒しながらも、言葉だけはまだ屈しない。)

608 :犯罪者 ◆QxOLSfa6lU :2010/05/02(日) 00:25:27 ID:???
>>607
おうおう、まだ威勢がいいなぁ
それじゃお前が感じるまで俺も頑張らないとなぁ…
(ニヤニヤと笑いながら春麗の首筋から耳の裏まで舌先を這わせる)
(先程までと違い、今度はゆっくりと胸を揉み、別の仲間が春麗の股間に)
(顔をうずめて秘部を舐めはじめる)

これだけの上玉は滅多に手に入らないからなぁ
俺達が遊んだ後は売春婦として働かせてやらないとな…
(春麗の耳元でそう囁きながら身体をもてあそぶ)
(そんな春麗の姿を見ていた一人の男が春麗の手を掴み)
(自分のペニスをしごかせる)

609 :春麗 ◆IW6jcG1Og6 :2010/05/02(日) 00:37:05 ID:???
>>608
こんなんじゃ…こんなんじゃ…私は感じない…
いくらやさしく触ろうとも…お前らにだけは…
っ…やめろ…こんな体勢で舐めるなんて…
こんなんで…濡れたとか言っても…それは嘘…
(感じない、感じてはいけないという思いが徐々に春麗の精神を蝕んでいく。表面では気丈だが春麗にも限界がある。)

何これ…こんなの私に握らせて…ただじゃ…
売春婦とか何を…
きっと…いや絶対逮捕してみせる…

610 :犯罪者 ◆QxOLSfa6lU :2010/05/02(日) 00:50:14 ID:???
>>609
「なにが逮捕してみせるだ、もうこんなに濡らしてる癖によ…」
(春麗の秘部を舐めていた男が春麗の愛液が付いた指を見せつける)
(そのまま春麗の口に指突っ込み無理矢理舐めさせる)

ほぉら、このまま素直に俺達に任せれば楽になれるぜ…?
(硬くなった乳首を指で摘み、焦らすようにさする)

「そうだ、この際だからお前にこいつをやるよ」
「これをキメれば一気に昇天出来るぜ、ひっひっひっ…」
(そう言うと麻薬と思われる物を一人の男が持ち出し、春麗の腕に注射する)
(春麗が打たれた麻薬は性欲を増進させ、幻覚作用をもたらすものであった)

前にこいつを打たれた女は狂ったように俺達のチンポをくわえてたぜ
お前もすぐにそうなるから楽しみにしてろよ…

611 :春麗 ◆IW6jcG1Og6 :2010/05/02(日) 01:04:24 ID:???
>>610
違う…それは…私の愛液じゃなくて…お前の唾液…
そんな汚いもの…私の口の中に…

乳首だって…たってなんかない…お前が無理矢理引っ張ってるだけで…そんなムチャクチャが通用すると…
(どっちが本当のことを言っているのかはわからないが、春麗は必死で耐える。心の余裕と引き換えに。)

なにが…ここまでくればなの?
痛いっ…なにしたの?
昇天なんて意味が…わからないけど…
(知らぬ間に薬が蝕まれた春麗の心を犯していくところから始まる。)
(少しの間朦朧とした状態のあとに待っていたのは相手の言うことを何でも信じて言うことを聞いてしまう洗脳タイムだった。)

612 :犯罪者 ◆QxOLSfa6lU :2010/05/02(日) 01:20:08 ID:???
>>611
さっきまでの威勢はどうした?
薬で思考がぶっ飛んじまったか、クックックッ…
(これから行われる行為を想像し、ニヤけながら)
(性欲が増している春麗の秘部を弄る)

ほれ、床に四つん這いになれ!
これからお前は俺達のペットになるんだ、首輪をしなきゃなぁ
(春麗を四つん這いにさせ、革の首輪を付ける)

さて、これからお前に俺の自慢のチンポをぶち込んでやりたいが誓いの儀式をしなきゃなぁ
「私は貴方達の肉便器です、お願いですから私の汚らしいマンコにチンポをぶち込んでください」
と言ってみろ、そうすればすぐにぶち込んでやるよ、早く楽になりたいだろ?くっくっく…
(焦らすように春麗の乳首を責め立てながら、耳元でささやく)

613 :名無しさん@ピンキー:2010/05/03(月) 20:11:57 ID:???
ハァハァ

614 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/04(火) 21:45:08 ID:???
【スレをお借りします】

615 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/04(火) 21:49:43 ID:???
【スレをお借りするわねん】

616 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/04(火) 21:53:11 ID:???
>>615
【改めてよろしくね!】
【今日辺り誤認を利用した通信ごっこをやってみたいね】

617 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/04(火) 22:02:14 ID:???
>>616
【ふふ、楽しみねん】
【それじゃ、今晩もよろしくねん】

618 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/04(火) 22:03:51 ID:???
>>617
【何かやりたいこととかあったら、教えてね?】
【それじゃ…続きをお願いしても良いかな?】

619 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/04(火) 22:16:10 ID:???
>>618
【OK。それじゃ、ちょっと待っててねん】

620 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/04(火) 22:17:48 ID:???
>>619
【時間は気にしなくていいからね?】
【ドキドキしながら待ってるよ】

621 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/04(火) 22:23:25 ID:???
はぐっ…くぅ…うんっ!
お、おかしくなるぅ…膣内がいっぱいになってぇ…
気持ちいいとこ、全部いっぺんに刺激されちゃってる…ぅっ…!
おっぱいも、狂っちゃいそうなほど気持ちいい…んっ!
無理やりに何人に犯されたって、こんなによくならなかったのにぃ…
こんなの続いたらぁ…っ…うあぁ…少佐、少佐ァ…!!
(あまりに強い快楽に半狂乱になりながらイングラムを求めるエクセレン)
(既にその意識は、機械を止めて欲しいのか、それとも安心して快楽をむさぼりたいのか)
(自分でも判断がつかないようになっていく)

ああぁ…ごめんなさい、ごめんなさい、少佐ァ…
私ぃ…ダメな子なの、ダメになっちゃったのぉ…!
少佐に、淫乱で、はしたない、ダメなこにされちゃったのぉ…!
少佐がここにいなくたって、エッチなこと、我慢できずに
よがりまくって、イキ狂っちゃう、ダメなこになっちゃったのぉ!
皆が私を助けに来てくれたのにぃ、少佐もここにいないのにぃ
責められっぱなしで、イキ過ぎて、抜け出せないのぉ!
脱出しなきゃって思っても、頭が全然回らない…
ううん、淫乱だから、脱出しようだなんて思わなくていいって考えちゃうっ…
いつも皆にエッチなこと言ってたのも、ポーズのつもりだったのに…
これじゃ、本当の色狂いになっちゃうっ…気持ちよくしてくれる人に逆らえない、奴隷になっちゃうッ…!!
(混濁した意識の中に響くイングラムの声は、エクセレンを狂わせ、罪悪感を植えつけていく)
(そしてその罪悪感さえも快感に転じてしまう状況は、エクセレンの中に被虐心と絶望を生み)
(快楽を制御し、楽しむのではなく、快楽に隷属させられるエクセレンをつくりだしていく)

守る…? 誰から、私を守るの…?
っ…はぁ…あぁっ…や…いやぁ…!
みないで…こんなの見られたら…私…うぁ…あああっ…!!
たすけてぇ…助けて、少佐ァ…
(正気のエクセレンであるならば否定できた言葉も、今のエクセレンには否定は出来ない)
(イングラムの言葉通り、自分を軽蔑し、物のように扱う仲間たちの姿が、止めようとしても思い浮かんでくる)
(朦朧とする意識の中、仲間への不信とイングラムへの隷属がすりこまれていく)

【お待たせっ】
【とりあえず、こんな感じにしてみたわん】

622 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/04(火) 23:23:17 ID:???
【相変わらずのクオリティに大興奮だよ!ありがとう!】
【それじゃ、こちらも…】

>>621
そのバイブはお前がイケばイクほど、お前の弱点を学習して、お前を狂わせる
俺が側にいて、調整してやらなければお前が狂ってもイカせ続けるぞ…
お前を守る俺はいない…俺がいない時に貪る快感の恐怖を心に刻め…
(エクセレンの感じる場所、心地よい場所、絶頂を味わう場所を学習したバイブは残酷にエクセレンを責める)
(責める動きの一つ一つも的確で、ポイントごとに弱点を責め抜く)
(膣内から抜ける時はGスポットにカリを擦り付けながらうねり、)
(逆に挿入する時は膣壁全てをこねるように回転しながら最奥を目指す)
(子宮に到達すると、子宮をこねるようにうねりながら、エクセレンの収縮を利用してコツコツと軽やかに奥を叩く)
(絶頂を迎えそうになると子宮に強く押しあてたまま、振動を始め、快楽を刻み込む)
(絶頂による衝撃に朦朧とすると、今度は微振動と中途半端な抜き差しで焦らし、強制的に欲情を誘発する)

いいんだ…エクセレン…
お前が愛しい淫乱になってくれて、俺は満足している
淫らにイキ狂い、俺を出迎えてくれ…
無事に帰れたら…淫乱のお前に、俺が直接、お仕置きをしてやるからな
だから、どこにも逃げずに、俺を待っているんだぞ?
(制御できない快感と罪悪感により心を押さえつけた後、甘い言葉で逃げ道を与える)
(依存しつつある相手への罪悪感を抱え、優しくされたことで強い依存に繋がる)
(エクセレンの選択肢から自主的に逃げる意志を削除させてしまう)
(イングラムは部屋を出ると、再びエクセレンの部屋に戻る)
(仲間に犯される幻覚に乱れるエクセレンはイングラムの存在に気が付かない)

お前は誰の奴隷だ?
今、お前を犯す奴らの奴隷か…?
それとも、今、お前を守るために戦う俺の奴隷か?
お前の体は快感に逆らえない…犯してイカせてくれる奴の奴隷になってしまう
だが、心はどうだ?
俺の物でいたいなら…心まで堕ちてはいけないな…
(絶頂地獄の中で続く、バイブの徹底的な快感責めはエクセレンに幻覚を描かせていた)
(ブリットが、ゼンガーが、ダイテツが、タスクが、イルムが…エクセレンと親しい者がエクセレンを犯している…)
(エクセレンのかすかな最後の理性がキョウスケだけは軽蔑する凌辱者に加えなかった)
(幻覚の中で、鮮明にイングラムの声がエクセレンの頭に響く)
(幻覚と混濁したエクセレンは自分が犯されていると誤認しながら、現実のイングラムに見られている事実を知る)
(イングラムの奴隷なのに、かつての仲間に犯される屈辱と恥辱はエクセレンを更に興奮させる)

安心しろ、エクセレン…俺が助けてやるからな…
お前が俺の奴隷として、他の男に堕とされなかったらな…
(自分への忠誠心で絶頂を制御できるか試し、暗示の調整の成果を測る)
(予想外のエクセレンの魅力にイングラム自身も欲望をようやく抑えている)

【おまたせ!】
【今日の限界はどれくらいになりそう?】
【それに合わせて凍結準備するね】

623 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/05(水) 00:32:08 ID:???
>>622
くっ…ひっ、ぎ…ぃ…んんっ…んはぁ!
なによ、これぇ…イクたびに、責める場所が変わってく…るぅ!
きつくされると弱いところも、優しくされた方が感じるところも…
かっ…はぁあ…すごいぃ…全部、知り尽くされてっちゃうぅ…
全部、学習して…っ…んっ、くっ、あああ、はぁんっ!
だめぇ…もう、意識が…あぁ……ぁ…
(バイブが動くたびに、ぐちゅぐちゅという音と共に溢れ出た愛液が拘束台を濡らしていく)
(立て続けの絶頂に本能がブレーキをかけ、意識を遮断しようとした瞬間、バイブの動きが鈍くなり)
…ぇ…どうして、急に…んっ…くぅ…うぅ…
待ってよ、今ごろそんなふうにされたら…逆に、疼いて…
っ…! あぁ…またぁ…また激しく…ぅ! 
こ、これってぇ…私が意識を失えないように…やば、いっ…
そんなことされたら…本気で壊されて…奴隷に作り直されちゃうっ…!!
(急激に動きを弱めたバイブに、意識がつなぎとめられ、欲情の炎を再点火される)
(それを見越したバイブが動きを強めると、再びエクセレンは絶頂地獄を味わうこととなる)

あ…あぁ…少佐ァ…
少佐が帰ってきたら、お仕置きされちゃう…お仕置きしてもらえるっ…
イキ狂ってた罰って言われて…調教されて、洗脳されるっ…
お仕置きされて…いやらしい私をたっぷりしつけてもらえるっ…
ちょっとずつ洗脳されて…クスハちゃんみたいな人形にされちゃう…
クスハちゃんみたいに洗脳してもらって…いっぱい気持ちよくなれる…
うぁ…あぁ…
(イングラムを敵として警戒し、仲間のために自我を保とうとする心と)
(調教で与えられる快楽に屈服し、イングラムに媚を売る奴隷になってしまおうとする心が)
(エクセレンの心の中で相反し、互いを侵食していく)

私は…もう、昔の私じゃない…
快感に逆らえない…自分をイカせてくれるひとの奴隷…
やっ…やめて…みんな…あぁ…違う、違うのぉ…
これは、エアロゲイターに色々されちゃったから…だからぁ…
やだ…もういやぁ…助けてよ、キョウスケェ…少佐ァ…
もう少佐の物でいいから…所有物になってもいいからぁ…
(仲間を大事にしてきたエクセレンだからこそ、その仲間に凌辱される想像はその心を削っていったが)
(それとは裏腹に、調教され、機会に長時間晒された体は容赦なく快感を刻み込んでいく)
(童女のように泣きじゃくりながら、必死で敵のはずのイングラムに助けを求める)

たす…ける…?
がまん…しなきゃ…がまん…っ…する…
(敵であり、恋人でもなんでもないイングラムにすがりつくいわれは、本来エクセレンには何もない)
(ただ、機械で朦朧とし、仲間たちに凌辱される想像に傷ついた心はそういった判断も出来ず)
(言われたとおりに、絶頂を我慢しようとする)

【今日はちょっと夜更かしできるから、3時ぐらいまではオッケーよん】

624 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/05(水) 01:39:11 ID:???
>>623
お仕置きをされたいのか?
それは俺に抵抗する敵としての罰としてのお仕置きか?
それとも、俺の奴隷として愛を込めたお仕置きか?
どちらにしても、お前の心に俺の存在を刻み込んでいくからな…
(エクセレンの心の葛藤をたやすく看破すると、どちらの心の行き着く先にも快楽が待つことを刷り込む)
(絶頂と焦らしの繰り返しの地獄に浸るエクセレンには、魅力的で絶望的な餌だった)

お前はクスハのような人形にはしない…
お前は俺の手で丁寧に壊してやるからな
クスハよりも強く、甘い快楽に蕩けて俺の物にしてやる
(クスハへの対抗心をくすぐりながら、洗脳を受け入れやすくするように…)
(部屋に戻ってきたイングラムは部屋に満ちる甘い女の香りと汗と淫汁の混じった香りに欲望を禁じえない)

お前の仲間たちは、お前に酷い扱いをするんだな…
まるで玩具のようにお前を犯してイカせる…
同じ境遇のクスハはあんなに愛してやっているのにな…キョウスケもクスハに夢中だ…
(エクセレンの目に別室で輪姦されて喜ぶクスハの映像が飛び込む)
(エクセレンの脳はイングラムに導かれるまま、クスハを輪姦する相手を仲間、そしてキョウスケと誤認する)

ほぅ…俺に助けを求めるか…
良いだろう…残酷な快楽地獄から、俺が助けてやろう
今、助けてやるからな…それまで我慢だ…
(泣きじゃくりながら、イングラムに助けを求めたエクセレンにようやくイングラムが近づく)
(その瞬間、エクセレンの脳はイングラムを仲間より信頼してしまう)
(同時に犯されて乱れる姿をイングラムに見られることに強い罪悪感と羞恥心を覚える)

どうした?俺以外に犯されて感じるのか?
俺以外に犯されてイクつもりか?
(強烈な羞恥と罪悪感をエクセレンに植え、忠誠心を高めようとする)
(エクセレンが快感を、絶頂を耐えようとするほどバイブは責めを巧みに、激しく快感を生み出す)

もう少しの辛抱だ…
今、助けてやるからな…
もう少し我慢すれば、俺がお前を抱いてやる
(快感を我慢させることで、その後に待つイングラムの与える快感への期待を募らせた)
(絶頂を無理矢理抑えるエクセレンの頭をクシャクシャと撫で、唇を重ねる)
(絶頂を堪えきれなくなり、壊れる寸前、イングラムの手がバイブを抜き去り、エクセレンの幻覚を消し去った)

もう大丈夫だ…良く我慢したな…
お前は俺以外の快感に屈しなかった…
さすが俺だけの淫乱奴隷だ…
(バイブを抜いたエクセレンに力強いキスを繰り返す)
(幻覚の影響が抜けないエクセレンは、本当にイングラムに救われたように錯覚してしまう)
(無理矢理絶頂を堪えていた体はイングラムの手が肌を撫でるだけで快感を求めてしまう)
(体を這う指が、大量の愛液に濡れた秘部を優しく撫で、膣口をそっと押し開く)
(膣内に満ちたねっとりした濃密な愛液が流れ、室内をより淫らに香らせた)

俺に抱かれたいか…エクセレン?
お前の高ぶり、疼いた体を俺の快楽で堕とされたいか?
(理性と暗示により混濁したエクセレンを生身の快感で翻弄しながら囁き、堕落を誘う)

【今日は遅くまで一緒にいられるね】
【じゃあ、無理しないくらいでいいから付き合ってね?】
【時間的にエクセレンの次のレスくらいで凍結して打ち合わせがいいかな?】

625 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/05(水) 02:27:47 ID:???
され、たい…お仕置き、されたいっ…
あぁ…んっ…違うのぉ…されたくないっ…少佐は敵なんだもの…
それに、お仕置きなんか、望んだら…それじゃ、ほんとのマゾに調教されちゃったみたいじゃない…
でも…あぁ…されたい…お仕置き、して欲しい…もっと気持ちよくして欲しいっ…!
どんなお仕置きでもいい…少佐に逆らえない体になっちゃっても…いいからぁ…
(休憩も気絶も許されない快楽の中、ぼやけたエクセレンの思考はさらなる快楽を望む)
(ジョークのようにごまかすことはおろか、もうその本心を隠すことさえ出来ず、口を突いて出てしまう)
(荒い息をつき、トロンとした目つきでお仕置きをねだる様は、完全に雌奴隷のそれだった)

クスハちゃんより…もっと…
もっと、頭の中を蕩けさせられて…少佐のものにされる…
気持ちよくされながら、壊されちゃう…あぁ…はぁんっ…
(従順で、理性さえも他人に預けて快楽をむさぼる、洗脳されたクスハの姿が、羨ましくさえ思えていたエクセレンには)
(彼女以上の快楽と、彼女以上の洗脳を約束してくれるイングラムの言葉は、魅惑的に思えて)

そん、な…キョウスケ…やめて…
やだ…お願いだから、クスハちゃんになんて、そんな…いやぁっ…
皆も、やめてよぉ…私、そんなんじゃない…皆のこと裏切ったわけじゃない…
全部エアロゲイターにされたからなの…信じてよぉ、キョウスケぇ…皆ァ…
(誘導されるがまま、脳裏に自分を便所のように扱う仲間たちと、その前でクスハを犯すキョウスケの姿が映し出される)
(それが幻であるかどうかも区別できず、バイブの与える快感に悶えながら)
(仲間に物扱いされる屈辱と、恋人が目の前で他の女の子と交わる絶望感を刻まれていく)

やっ…あぁ…たすけてぇ…少佐ァ…
っ…くぅ…ひぅんっ…もう、やなのぉ…
気持ちいいっ…仲間に犯されて気持ちよくなっちゃうのもぉ…
目の前でキョウスケにクスハちゃんを犯されてるのに、あそこをかき回されるのもぉ…
もういやぁ…

はっ…ぅ…くぅ…んっ…
たえなきゃ…たえないと、たすけてもらえないっ…
こんど、また、ほっとかれたらぁ…あたし…うぁっ…あぁ…あー…
(快楽に必死で耐えながら、イングラムの救援を待つエクセレン)
(退行し、精神の防壁を失いつつあるところに、強烈な羞恥と罪悪感が刻み込まれていく)

【それじゃ、今日はこのぐらいにしておく?】
【とりあえず、お疲れ様ねん】

626 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/05(水) 02:50:12 ID:???
>>625
【それじゃ、今日はここまで…】
【今日も遅くまで付き合ってくれてありがとう!】
【相変わらずほんとに上手で興奮したよ!】

【次の予定だけど…こっちは今週末の土日から先は一応空いてるから、都合が良い日を教えてね?】

627 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/05(水) 02:53:59 ID:???
>>626
【ほんと、おだてても何もでないわよん】
【少佐も、ぎっちりていねいに追い詰めてくれて、ありがとね】
【とっても興奮したわ…ただちょっとラブエロっぽい方向になりそうなのが気になるけど…】

【次なんだけど、今週の土日は空いてないの】
【会えるとしたら来週の月曜日以降になるわねん】

628 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/05(水) 03:04:48 ID:???
>>627
【おだててなんかないよ?ほんと褒めるに値する素晴らしい技量だよ】

【最近、自分の中で方向性がブレていたから、指摘してくれて助かったよ】
【元々、非ラブエロの方向でお願いしてたからね…】
【次から気をつけて、凌辱路線に戻すね…ありがとう!】

【それじゃ、来週の月曜日の22時頃に伝言板で待ち合わせ…でお願いしていいかな?】

629 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/05(水) 03:14:00 ID:???
>>628
【注文が多くてごめんね】
【それじゃ、来週の月曜日の22時、伝言板で待ってるわん】

630 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/05(水) 03:29:35 ID:???
>>629
【気にしないで?言ってもらえて良かったし、何よりブレてたのはこっちだからね】
【良いロールにして楽しんでもらえるようにしていくよ】

【それじゃ、今日も遅くまでほんとありがとう!】
【遅くなったけど、ゆっくり休んでね?】
【それじゃ、また月曜日に…おやすみなさい】

631 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/10(月) 22:28:53 ID:???
【スレをお借りします】

632 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/10(月) 22:29:00 ID:???
【スレをお借りするわねん】

633 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/10(月) 22:33:29 ID:???
>>632
【今日もよろしくね!】
【この前、ちょっと迷走しちゃったから、今日からは凌辱強めでいくね】
【機械責めはそろそろ終わりにして、イングラム本人に犯させて、途中で誤認を挟みつつ…って流れでどうかな?】

634 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/10(月) 22:42:45 ID:???
>>633
【ごめんね。よろしくお願いするわん】
【そうね。その流れでお願いするわ】
【ちなみにどんな誤認をする感じ?】

635 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/10(月) 22:50:15 ID:???
>>634
【エクセレンが謝ることはないよ!こっちが悪いんだから…ね?】
【前に出たアイデアだと、地球に通信してると誤認させる…マイクをバイブと勘違いさせる…とか】
【イングラムに抱かれている時にキョウスケと誤認させてイク寸前に解除して堕とす…とかかな?】
【他にやりたいネタがあれば、参考になるし、やってみたいから聞かせて欲しいな】
【誤認だけじゃなくて、今後の展開全般でもね?】

636 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/10(月) 23:13:06 ID:???
>>635
【その流れだと後者で、暗示への抵抗力を下げるってあたりかしらん】
【「疑えない」って暗示をかけて何回か切り替えを繰り返してもいいかもねん】
【今後の展開…というと例えば墜ち方とかかしらん】
【私自身は少佐の愛人っていうより、奴隷みたいな感じになりたいかしら】
【例えば少佐がクスハちゃんを抱こうとしたら、妬いたりせず、命令されたら手伝っちゃうような】
【催眠への耐性もとても低くってキーワード一つで感覚までいじられちゃう感じ】
【そんな感じにされちゃった後例えばキョウスケの前で犯されたり】
【レビちゃんを罠にはめたりしたいわねん】

637 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/10(月) 23:28:57 ID:???
>>636
【さすがはエクセレン先生…素晴らしいアイデアをありがとう!】

【とりあえずは体に快感は刻まれて戻れない状態で、精神的には暗示を自由に切り替えたり操れる感じかな?】
【それで、イングラム相手だと嫌々感じてイケないけど、キョウスケに誤認させるとイケちゃう…】
【何回かスイッチを切り替えて、イングラム相手にイッて、キョウスケを裏切ったショックで堕ちる…みたいな感じ?】
【…まあ、この辺は流れ次第で臨機応変が良いかもね…?】

【堕ちた後…すごく楽しみだね…】
【キョウスケの前で奴隷に堕ちたエクセレンを操って犯したいね】
【本当に素晴らしいアイデアをありがとう…今から興奮するよ】

【さて、少し遅くなったけど続き始めちゃおうか?】
【もし、今からだとキツいようなら、日を改めても構わないよ?】

638 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/10(月) 23:49:08 ID:???
>>637
【ほめてもらったぶん調子にのると】
【最後にもう一押し、堕ちるトドメとして、現実逃避や快楽欲しさに】【自分から催眠をねだらせて、耐性をゼロにしちゃうのはどうかしらん】
【まぁのびのびといきましょ】

【結局助けてくれなかったわね〜みたいな?】
【ぶっといバイブを入れられながらお尻の方を犯されちゃったりね】

【だいぶ遅くなっちゃったけど、少し遊んでくれる?】

639 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/10(月) 23:56:13 ID:???
>>638
【おかげでかなりやりやすくなったし、燃料補給してもらえて改めて楽しみになったよ!】

【キョウスケへの罪悪感から逃げるために催眠で現実逃避…たまらないね!】
【その催眠のおかげで、キョウスケに責任を被せて犯せそうだし…素晴らしい!】

【それじゃ、遅くなったけど改めてよろしくね?】
【一応、限界の時間の予想を聞いていいかな?】
【それを目安に今日の終わりを予定するから…】

640 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/11(火) 00:06:56 ID:???
>>639
【ふふ、ありがと】
【少佐はなにかやってみたいことある?】
【今日は0130までは起きてるつもりよん】

641 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/11(火) 00:17:56 ID:???
>>640
【キョウスケの前で…ってのはかなりグッと来たね…!】
【やってみたいことがあるとすれば、そのシーンだね】

【じゃあ、時間までよろしくね?】
【前回のお返事、ちょっとグダグダにしちゃったから、今日話した新しい展開用に書き直すね】
【少し待たせちゃうから、時間が厳しかったら、レスは次回でも構わないから…】

【では、少し待っててね?】

642 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/11(火) 00:50:42 ID:???
>>641
【ちょっと席を外してたわん】
【それじゃ楽しみに待ってるわねん】

643 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/11(火) 00:56:24 ID:???
【ごめん!お待たせ!】

>>625
フフ…もう快楽からは逃れられない体に仕上がったな…
快楽がお前の深層意識を侵食し、やがて意思を支配していく…
快楽を与えてくれる存在に逆らえず、快楽をもたらす命令に従う…
キョウスケへの愛より、隷属を求める…お前は雌奴隷だ…エクセレン…
(徹底的な快感地獄の果てに肉体を絶頂に支配されたエクセレンを残酷に笑って見下ろす)
(わずかな快感でも体を震わせるエクセレンを、いたぶるように優しく撫で、絶頂地獄を生むバイブを掴む)

さあ、今助けてやるぞ…
だが…本当に良いのかな…絶頂の連続に慣れたその体…快楽から解放されたら暴走するかもな…
(エクセレンの秘部を支配し、狂わせるバイブがゆっくり引き抜かれる)
(残酷なことにスイッチを切らずに引き抜かれるバイブは、エクセレンの胎内に留まろうと暴れ、最後まで絶頂を刻み込む)
(バイブが引き抜かれる断末魔の快楽の中で、エクセレンの意識は幻覚から解放されていく)
(慣れた快楽が消えていくと、自分を犯す幻覚も一人また一人と消えていく)
(最後には快楽を失い、すがった仲間の姿も見失い、満たされない虚しさだけが残った)

…気分はどうだ?
お前がどれだけ淫乱か…しっかり確かめさせてもらったぞ?
(出撃したはずのイングラムが冷たく笑いながら、バイブを弄ぶ)
(エクセレンの頭に安堵と屈辱と羞恥が混じる)

お仕置きが欲しい…とか叫んでいたが…
(エクセレンの愛液で白く汚れたバイブを豊かな胸の谷間に挟み、くねらせる)
(顔を寄せるイングラムの珍しく欲情を宿した瞳が、エクセレンの被虐を刺激する)
(体に刻まれた快感を求める淫乱の血と、心に刻まれた奴隷の性が、主として刷り込まれた男に反応してしまう)

【これから凌辱になるけど、エクセレンの意志は任せるよ】
【抵抗しながら感じても良いし、前みたいに堕とされるのを仕方ないと開き直っても良いし…】


644 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/11(火) 01:30:21 ID:???
はぁ…あ……あぁ…あ…
きもちいい…もうきもちいいの、いやなのにぃ…
にげだせない…きもちいいのから抜け出せない…抜け出したくない…
あっ…また…うあ、あああ…あーっ…!
わたしはぁ…もう逆らえない…
きもちよくしてくれる人に逆らえない…雌奴隷…
(絶頂地獄のなか弱った心にイングラムの暗示が深々とささっていく)

ひぃっ…んっ…
あ…あぁ…あ…あ…
(エクセレンを襲ったのは強烈すぎるほどの喪失感)
(解放されても、エクセレンを襲う疼きは彼女を正気には持たせられず)

え…
っ…し、少佐?
の、覗きなんて意外と趣味が悪いんじゃあないんじゃない?
(皮肉で答えようとするが、羞恥で顔が真っ赤になってしまい)

そ、それは…ひうっ!
やめ…なさいな。少佐…
こんなことをされたって…私は堕ちないわよ…た、たとえ…何回かイカされててもはぁ…あ……あぁ…あ…
少佐に、な、なびいたりしないわよっ…
こんなこと…されたって…は…あぁん…
(イングラムの手の内にあることを本能的に危険と察するが)
(調教されきった体はエクセレンに容赦なく快感を伝えてくる)

645 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/11(火) 01:38:02 ID:???
>>644
【レスありがとう!】
【心で抵抗しても感じちゃうのが興奮するし、堕としがいがあるよ!】

【1時半だけど、今日はここまでにしておく?】

646 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/11(火) 02:44:08 ID:???
>>644
覗き?俺は覗いてなんかいないぞ?
お前が俺に見て欲しいと盛って、イキ狂っただけだろう?
俺はお前の言う通りに見てやっただけだ…
(顎をすくうと、羞恥に染まった顔を背けられないようにして眺める)
(覗き込む瞳の情欲の光と冷たく淫らな笑みが、エクセレンに自分の痴態を思い出させた)

堕ちない…か…すでに堕ちているかもしれんぞ?
知らぬ間にアタッドに淫乱にされていたようにな…
(エクセレンに顔を近づけて囁きながら、手を乳房に伸ばす)
(乳の先を覆っていた悦楽を生む乳責めのシートを剥がすと、解放されて震える乳首を指で弾いた)
(開発されてしまった性感から生み出された快感は信じがたいほど鮮烈で、それまでとは比べ物にならない)
(イングラムは快感の嵐を生み出す乳房に顔を埋め、乳首を甘噛みしながら舌でねぶりあげる)
(片方の乳房は乳首を摘み、転がしながら指を食い込ませて乳房を揉み、エクセレンの性感を跳ね上がらせる)
(乳首を摘み、無理矢理寄せた乳房の中でうねるバイブは膣内を犯した時のように乳房を犯していた)

フフ…気丈なことだな…
ならば、今度は何回イカされても堕ちないか調べてやろう…
何回イッても俺にはなびかない…その意志が折れたら…雌奴隷の誕生だな
(エクセレンの心に意志のプロテクトが形成されたのを悟る)
(しかし、プロテクトが守る意志は、快楽と暗示によりすでに書き換えられ歪んでいた)
(イングラムの暗示1つで心に隙を生み出すのは容易だ)

お前の淫乱な肉体はすでに俺を求めている…
肉体と心…どちらが勝つか見物だな
(無理矢理寄せた両方の乳首を音を立てて吸いしゃぶりながら、右手で腹を撫でながら下へと伸ばしていく)
(やがてたどり着いた濡れた秘部に掌を押しつけてゆっくりと撫でる)
(快楽から解放されてしまい焦らされた秘部は歓んで愛液を流し、快感を受け入れてしまう)
(秘部が音を立てて撫でられ、快感が肉体を支配すると、心は羞恥と屈辱に燃え上がる)

ほら…お前の体が俺を汚すほど求めているぞ…
しかし、心は俺を拒む…その反発がお前を追い詰めていくぞ…
(掌を汚す白くねばる快感の証をエクセレンに見せ付ける)
(愛液を胸に塗りたくると、再び手を伸ばして、ひくつく秘部に指を潜り込ませた)
(待ち望んだように絡み付く秘肉を丁寧に指でほぐし、かき回す)
(体が快感に支配されるにつれ、心はイングラムを恐れ、拒み、ここにはいない愛するキョウスケを思い浮かべていた)



647 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/11(火) 02:50:25 ID:???
【こんな時間だし、もう寝ちゃったかな…?】
【限界の時間まで頑張ってくれてありがとう!】
【返事はいつでも構わないから、ゆっくり休んでね?】

【一応、用意できたレスだけ返しておくね】

【次回の予定を書いておくから、お返事もらえたら嬉しいな】
【今週は木曜の22時からが空いてるけど、週末は難しいかも…】
【木曜都合が悪いようなら、来週合わせるから、予定を教えてね?】

【それじゃ、今日も遅くまでありがとう!】
【次に会える日を楽しみにしてるね?】

648 :草薙素子 ◆d7vG.gKzAw :2010/05/13(木) 10:04:41 ID:???
【キャラクター】草薙素子
【原典】攻殻機動隊S.A.Cシリーズ
【容姿】ttp://pds.exblog.jp/pds/1/200509/27/35/e0025035_1533231.jpg
【性格】冷静 リーダーシップに優れる
【希望プレイ内容】「草薙素子」に成り代わろうとする偽者に敗北
           電脳的・物理的に犯し尽くされて隷属 アイデンティティを明け渡し忠実な下僕になる
【NG】スカ系


【募集してみるわね。質問があったら言って頂戴】

649 :名無しさん@ピンキー:2010/05/13(木) 10:16:09 ID:???
>>648
【草薙素子に成り代わろうとする偽物、と言うことは……こちらも女性の方がいいのでしょうか?】

650 :草薙素子 ◆d7vG.gKzAw :2010/05/13(木) 10:21:07 ID:???
>>649
【そうね、それも外見的にも私と瓜二つ……というのがいいわ】
【義体なんだから、似せるのは逆に難しくないはずよ】

651 :名無しさん@ピンキー:2010/05/13(木) 10:26:12 ID:???
>>650
【外見的に瓜二つで、アイコンも同じようで……でしょうか】
【最終的にはこちらが草薙素子に成り代わり、そちらは名無しの下僕に堕ちる、と言う風で?】

652 :草薙素子 ◆d7vG.gKzAw :2010/05/13(木) 10:42:14 ID:???
>>651
【そうなるわね>アイコンも】
【下僕兼、影武者…みたいなイメージよ。顔は仮面で隠してる感じね】

【ニセモトコとか、素子F(フェイク)を名乗らされようかと思ったけど…「名無し」と呼ばれるのも悪くないわね】

653 :名無しさん@ピンキー:2010/05/13(木) 10:46:42 ID:???
>>652
【何となく、口元だけ見える仮面で、拘束着を着せられているイメージが湧きました】
【名無し、でもいいですけれど、敢えてノーバディとかノーネームでもいいかもですね】
【電脳的にも、となると肉体があっては出来ないようなハードなプレイも出来そうですが、どのあたりまで対応可能でしょうか?】

654 :草薙素子 ◆d7vG.gKzAw :2010/05/13(木) 11:01:55 ID:???
>>653
【いいわね、それで行きましょう】
【名前は…そうね、ノーバディがいいかしら】                                            
【本来の意味である名無しだとか、とるに足らない存在と言うのと、様々な義体を操る、特定の肉体を持たないもの(Nobody)と言う呼称味と】
【あなたにとっては相棒ではない(No buddy)、ただの道具にすぎないモノ、の三重の意味を込めて……ね】

【一応、NGは挙げたから…それ以外は、概ねOKよ。どんなことがしてみたいのかしら?】

655 :名無しさん@ピンキー:2010/05/13(木) 11:05:50 ID:???
>>654
【ダブル……どころかトリプルミーニングですか。いいですね】
【個人的には道具に対する程度の愛情、歪んだ愛情は持っているつもりですが】

【スカNGですよね。んー、そうですねえ。たとえばフィストファックや、それに付随して子宮を直接揉むとか】
【あとは洗脳のイメージとして脳を舐めしゃぶるとかそのあたりでしょうか】
【支配、と言う意味では電脳ではこちらがふたなり化して精液漬けにする、とかでもいいかもですが】

656 :草薙素子 ◆d7vG.gKzAw :2010/05/13(木) 11:19:39 ID:???
>>655
【中々ハードね、そこまでするとなると、スレを移動したほうがいいかも知れないわね…】
【電脳空間の中で、ウイルス抽入のイメージとして人工頭皮を剥がれて、脳殻をむき出しにされて】
【脳殻の金属カバーも外されて、生の脳をねっとり舐められる…と言うことでいいのかしら】

【ふたなり化と精液漬けはいいわね、お願いするわ】
【先のアイデアと合わせて、額に女性器をイメージしたマークを刻まれて、そこに挿入…脳を直接犯されて、精液漬け(=ウイルス抽入)、でどう?】
【マークは…ちょっと別のゲームのだけど、 ttp://ecx.images-amazon.com/images/I/41rCRg1BsWL.jpg これを縦にしたようなのを考えてるわ】

657 :名無しさん@ピンキー:2010/05/13(木) 11:25:23 ID:???
>>656
【そうですね、ちょっとハードすぎるかもです】
【んー、そこまで物理的なイメージでなくても、それこそ舌が頭蓋を浸透して、とかでもいいと思います】
【もちろん、そちらがご呈示シチュの方がお好みならそれでもいいですが】

【いいですねえ、マーキングとか】
【ちょっとグロテスクな感じの脳姦ですね、好みですよー】
【マークも了解です。身体のそこかしこに刻んで、そこを犯す、とかでもいいかもですね】
【基本的には苦痛に喘がれるよりもあり得ない快楽に白痴じみたよがり顔で堕ちていくというほうが好みですが、そのあたりはどうでしょう?】

658 :草薙素子 ◆d7vG.gKzAw :2010/05/13(木) 11:40:20 ID:???
>>657
【確かにそうね、電脳空間でのプレイなんだから…それくらい出来ても不思議じゃないわね】
【貴方の案を採用させてもらうわ。後頭部に口付けされたかと思うと、脳を何かが舐め探っていくような感覚が…みたいな感じかしら?】

【私もよ、と言うより…苦痛系がいいなら、そもそもそっちのスレで募集してるわ】
【他にはないかしら?】
【こちらとしては後は…あなたに分身してもらって、複数のあなたに輪姦される、とか考えたけど…】

659 :名無しさん@ピンキー:2010/05/13(木) 11:48:14 ID:???
>>658
【はい、そんな感じでよいと思います】
【舐められながらデータ=記憶を啜られ、こちらが草薙素子になっていく、という感じでしょうか】

【そうですよねえ、すみません】
【いいですね、分身。刻まれたマークにズボズボはめられてよがりまくるんですね?】
【後は、そうですね……ノーバディとなっても始終発情しているのではなく、こちらが許可しない限り冷静沈着な感じでいて欲しいですね】
【その方が、元草薙素子を壊す感じが出るので……】

【こちらは元々草薙素子に憧れる少女、と言うことで……その憧れが自らが草薙素子になるという形に噴き出して、と言うことでどうでしょう?】

660 :草薙素子 ◆d7vG.gKzAw :2010/05/13(木) 12:09:31 ID:???
>>659
【代わりにこっちはデータや記憶、ゴーストを舐め取られて、少しずつ自分が誰なのか、何なのか解らなくなっていくのね…】

【いいのよ、別に怒ったりしてるわけじゃないし】
【なら、ノーバディ後のコスチュームは目元を隠すバイザー状の仮面、拘束衣を模したコート…】
【その下は常に全裸かピチピチのキャットスーツやレオタード、でどう…?】
【…人工皮膚に直接光学迷彩機能を付加されて、仮面以外は全裸のまま透明化して傍に控えてる、っていうのも燃えるわね…】
【勿論、全裸だけど、振る舞いはクールで冷静沈着よ】


【そちらの設定も了解】
【私に憧れる、私以上の実力をもった超ウィザード級ハッカーの少女………という訳ね】
【私に成り代わるために、様々な企業や政府施設からデータを盗んで、義体工場のラインも掌握】
【性能は段違いに上の、私そっくりの義体を組み上げて私に挑む…そんな感じかしら?】

661 :名無しさん@ピンキー:2010/05/13(木) 12:22:07 ID:???
>>660
【はい、データ、記憶、ゴーストが全てこちらに移され、空っぽになったそちらに精液=ウイルス、データを流し込み、ノーバディとして作り替えていきます】
【ノーバディになってからはあろう事か自分……草薙素子様に隷属する幸せに狂うって言う感じですね】

【基本は仮面と拘束衣を模したコートですね】
【その下は……うーん、皮膚には光学迷彩機能付きで敢えてピチピチレオタードでどうでしょう】
【こちらの電気信号でピチピチ度を調整できる、みたいなので】
【あ、ピアッシングとかは大丈夫でしょうか。乳首に鈴とか付けたいな】
【そうそう、それです。やっぱりクールで沈着冷静で……痴女にしたいですからぁ】

【はい、そんな感じで】
【最初はアイコンは少女のままとしましょうか。それとも最初からそちらを模した状態がいいです?】


662 :草薙素子 ◆d7vG.gKzAw :2010/05/13(木) 12:32:22 ID:???
>>661
【いいわね…完全に主従ところか、自他が逆転してしまうわけね】

【限界まで密着度をあげると、肌が透けて見えるくらい薄くなったりするのかしら】
【ピアスもタトゥーも大好きよ、存分にやって頂戴】

【そうね…】
【最初は少女で、私そっくりになるのと同時に、挑みかかってくる…のがいいわね】

【…御免なさい、呼び出しがかかったわ】
【概ね打合せは終ったと思うけど…とりあえず先に、日時の打合せに入らない?】
【私は今週は、朝から昼が来易いわ。土曜日以降はもうちょっと自由が効くけれど…】

663 :名無しさん@ピンキー:2010/05/13(木) 12:36:34 ID:???
>>662
【はい、サイバーっぽい感じでいいかと】

【もちろん薄くなったりもありますけれど、食い込みがきつくなったりも、ですね】
【では、ピアスとかタトゥーも盛り込むようにしますね】

【了解です。義体はそっくりで高性能、一人になったのを狙って組み付き、そのまま電脳にハックして……としましょうか】

【日時ですね。んー、実は今日こうやって覗けているのは偶然なので、基本は夜の人です】
【土日は先に指定さえいただければ朝〜昼でも大丈夫なことは多いですけれど】

664 :草薙素子 ◆d7vG.gKzAw :2010/05/13(木) 12:45:07 ID:???
>>663
【なら、土曜日か日曜日の朝からでどう?】
【こっちは最速で……9〜10時くらいから始めれるわ】

665 :名無しさん@ピンキー:2010/05/13(木) 12:54:18 ID:???
>>664
【了解です、では土曜日の10時頃からでいかがでしょうか】

666 : ◆HpASc9v3H6 :2010/05/13(木) 12:55:08 ID:???
【あ、今のうちにトリ付けておきますね】

667 :草薙素子 ◆d7vG.gKzAw :2010/05/13(木) 12:59:20 ID:???
>>665-666
【トリップ、確認したわ】
【土曜の10時にまた、伝言スレで待ち合わせましょう】

【ありがとう、素敵な相手が見つかって幸運だったわ…お疲れ様】

668 : ◆HpASc9v3H6 :2010/05/13(木) 13:02:52 ID:???
>>667
【はーい、了解です】

【こちらこそ良かったですー。期待負けしないように頑張りますねっ】
【それではー】

669 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/13(木) 22:39:59 ID:???
【スレを借りるわよん】

670 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/13(木) 22:41:38 ID:???
【スレをお借りします】

>>669
【改めて今夜もよろしくね?】
【続きをお願いしても良いかな?】

671 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/13(木) 22:51:01 ID:???
>>670
【こっちこそ、よろしくねん】
【ええ、それじゃ、ちょっとまってて】

672 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/13(木) 23:15:28 ID:???
>>646
っ…く…ぅ…ううっ…
ほ…本当に、悪趣味ねん…!
(悔しそうに歯噛みしながら、イングラムを睨み付けるエクセレン)
(しかし羞恥と欲情に染まった顔には迫力はまるでない)
(自分が痴態を晒したのも、それを見られることを願ったのも事実であり)
(そのことはエクセレンからいつもの軽口を叩く余裕すら奪っていた)

そ…そんな、はず、ないわ…
私が、既に堕ちちゃってるだなんて…
(目の前に近づいたイングラムの冷徹な瞳と、先ほどまでの自分の乱れた姿が対照的にうつり)
(自分が快楽に屈する弱い存在であり、イングラムはそれを制御する強い存在のように感じ、たまらず目をそむける)
っ…ふあ、ああっ…!? う、うそ…!? 気持ちよすぎるっ…
だめ、噛まないで、ちくびっ…おっぱい、やめて、今、されたらぁ…
そんな…ぁっ…ああっ…!? や、やだ、こんなはずっ…
い、いくっ…おっぱい、だけで…
そんな、は、ああっ…ああああっ!?
(長い間、外気に触れず、責められ続けた乳首にとって、新鮮な空気の冷たさと指の刺激はあまりに鮮烈で)
(経験の浅い少女のように、自分の得た快楽を制御できず、エクセレンは乳房への刺激だけで絶頂に達する)
(相手を得て、より深まった絶頂は、イングラムの言葉の説得力を強化し、エクセレンの自信を打ち砕いていく)

っ…そ、そう、よ…
私は…何回いっても…少佐になびいちゃったり、しないわ…
もし、自分から、少佐に屈服しちゃったら…そのとき、は…
(自分から誓った言葉は、暗示と共にエクセレンの心を縛り付ける)
(もし口先だけのつもりで、イングラムを求めたとしても)
(それは完全にエクセレンの心を砕き、完全な奴隷人形にせしめていくだろう)

は、うっ…うう……なんで、こんな…敏感になっちゃってるのよん…っ…
ちょっと、しゃぶられたぐらいで…こんなっ…んあっ…
は、ああっ…こんな、状態で、今、あっちを、触られたら…
っ…はんっ…んっ…んくぅぅっ…!!
(一度絶頂を迎えてしまった乳首は、ますます敏感になり、痛みすれすれの快楽をエクセレンに与える)
(絶頂地獄から解放されたエクセレンの秘所は、しかし、貪欲に快楽を求め、乳首での絶頂を経験したこともあり)
(物欲しげに涎を垂れ流す秘裂をなで上げられると、淫らな水音と共に、愛液が流れ落ちる)
(生娘のように反応してしまう身体に戸惑いながら、エクセレンはせめて声は少しでも聞かせるまいと下唇を噛む)

【お待たせしたわねん】

673 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/14(金) 00:05:59 ID:???
>>672
堕ちていないなら…耐えられるよな…悪趣味な俺の誘惑に…
(イングラムを睨み、弱ったその表情を隠すように瞳を反らした首筋に襲い掛かる)
(剥き出しの首筋を舐め、甘噛みし、きつく吸い付きながら、乳房を荒々しく責める)

ほら…どうした…?淫乱エクセレン…
お前らしくないな…まるで処女のように快楽に怯えている…
そのくせ、胸だけで簡単に絶頂を貪るとは、やはり淫乱だな
(首筋を舐め、エクセレンの表情を間近で見つめながら、乳房を責めて絶頂を味わわせる)
(惨めなのに、肉体は喜び盛り、逆らえない…屈辱と恥辱でエクセレンを縛っていく)

何度イッても構わないぞ…
お前の心が折れない限り、それはただの快感への正しい反応だ…
俺に屈しないお前がどれだけ乱れ、壊れるか…楽しみだな…
(エクセレンの心を縛る鎖をきつく締めるように残酷な宣言をして逃げ場をなくす)
(逃げ場を断たれたエクセレンは自分の言葉に縋り、自らを更に縛っていた)

フフ…素晴らしい感度だな…
犯されているのに、こんなに嬉しそうな顔をして…
(乳房に唇を押しあて、白い肌に赤い痕を残していく)
(乳房の中で暴れるバイブに淫らな肉の塊に変えられた乳房は、痛いくらいのキスも痛蕩な快感にしてしまう)

このいやらしくて大きな胸はどうしようもなく感じてしまうみたいだな…
(両手で乳房をこねるように揉み、真ん中に寄せて両方の乳首を一度に舐める)
(絶頂器官と化した乳房を丁寧に責め、我慢するエクセレンを弄ぶ)

それに…こっちが隙だからけだな…
フフ…濡れて火照って、無防備にも程がある…
(わざと派手な音をさせながら、膣内を掻き回す)
(淫らな愛液が自分を濡らすのが分かるくらいに溢れ、快感を求める)
(イングラムの邪悪な笑顔が声を我慢するエクセレンの顔を見つめながら、絶頂へと導く)
(声を我慢したまま絶頂に震えても、その責めは止まらず、次の絶頂へと連れ去る)

674 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/14(金) 00:40:51 ID:???
ひぅ…んっ…わ…わかってる、わよ…
少佐の悪趣味になんて負けたり、しないわっ…!
(首筋を舐められるたび、面白いほどに体を撥ねさせ、反応するエクセレン)
(強がる台詞も、声は震えており、まるで迫力を持たない)

はぁ…あぁ…変よ、これって…
こんなに感じるはずが、ないのに…全然、自分で気持ちよさを…コントロールできないっ…
いやらしいことをされてるだけで…そのことしか考えられなくなるっ…
で…でも…貴方たちが…私の体を…こんなふうにしたんじゃないっ…
何度も、調教と洗脳を繰り返して…それに少佐も、玩具で散々私の体をいじくって…
(度重なる絶頂への反応と屈辱に、エクセレンは身を震わせ、抗議する)
(しかし、そうしている間も固く勃起した乳首はぴんと張り詰め、秘所は愛液を溢れさせ、次の快楽を待ち望む)

あらん…精々、楽しみにしておくことね…
そうよ、キョウスケたちの邪魔になるぐらいなら…いっそ、ここで壊れたって…!
(仲間を想う気持ちはエクセレンの決意をますます強固にしていく)
(だがそれは決意が折れたとき、エクセレンが仲間への想いすらも朽ち果てさせることと同義でもあった)

や…やぁ…んっ…やめてよ…乳首、あとが、ついちゃ…っ…あぁ…!
そんなに吸われたら、いたっ…んっ…つぅ…うああぁ…あぁ…
嬉しがって…なんかいないわよぉ…悦んで、なんかぁ…はぁんっ…
あぁ…くる…また、きちゃう…あぁぁ…
(痛がり、嫌がっているはずの口さえも、だらしなく開き、無残に喘ぎ声と涎を垂れ流すための器官に成り果て)
(無意識に、快楽に緩んだ頬は、笑みの形を作っていく)

んっ…くぅッ…ひぅんっ…! ひぐっ…ぅっ…!
だ、だめ…もう、声、我慢できな…っ…あはぁ…ああああっ…!
やぁ…なんで、こんなぁ…いやらしい音、聞こえて…
ぐちゅぐちゅ、ぐちゃぐちゃってぇ…私の中まで、全部溶けちゃったみたいにぃ…!!
(下唇を噛み、我慢していた声も、度重なる絶頂に決壊し、大声で快楽を訴える)
(淫らな水音が立てられるたび、自分の体だけではなく、精神まで溶かされているような錯覚をエクセレンは与えられていく)



675 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/14(金) 01:15:00 ID:???
>>674
確かに洗脳と調教は施した…
俺もお前の心を犯した…
だが、別にお前の肉体は調整していない…
お前の体が淫らに反応するのは、お前自身の素質だ…
心の枷を外しただけで、お前はここで淫らな本性を晒す…
恨むなら、自分の淫らさを恨むんだな
(エクセレンを冷たく諭しながら、快感だけは絶えずに与え続ける)
(速く遅く、激しく緩く、甘く辛く、絶頂と焦らしを繰り返し、エクセレンの心を犯していく)

お前が壊れたら…キョウスケはどう思うかな?
壊れたお前のために苦しむキョウスケ…お前はそんな奴を望むのか?
フフ…お前はそんな女じゃないだろう…
ここで俺に犯され、俺の痕跡を残しながら、キョウスケの助けを待つがいい…
(エクセレンのキョウスケへの愛情を刺激しながら、犯された痕を刻み続ける)
(胸に無数のキスマークを刻みながら、痛む痕を優しく舐めて甘い刺激を染み込ませる)
(無意識に緩んだエクセレンの笑みの淫らさに、イングラムの欲情も高まっていく)

どうした?もう我慢できないのか?
いやらしい汁が止まらないな
お前が内側から淫らに狂い、蕩けている証拠だ
お前が淫乱になればなるほど、お前の中身はいやらしく蕩けて変わっていくぞ
(エクセレンの拘束を外すと、脚を撫でながら体を下半身にずらしていく)

さぁ、お前を縛る物はない…逃げたければ逃げれば良い…
逃げないなら…逃げたくなくなるように調教してやる
(腰は砕け、絶頂の連続に脱力したエクセレンに逃げる力はない)
(それ以上に、エクセレン自身の無意識が、逃げるのを拒んでいた)
(エクセレンの視界からイングラムが消える)
(愛液で潤み濡れた秘部を吐息がくすぐり、やがて熱く柔らかい物が押し付けられた)
(同時にエクセレンを貫く快感と、部屋に響く水の音)
(イングラムの唇は秘部をこじ開け、舌を膣口にねじこむと、溢れ出た愛液を音を立てて啜り上げた)
(指での責めなど比にならない、エクセレンの淫らさを引きずりだすような卑猥な責め)

【誤認を使って、この様子を地球に中継してる…ってネタはどうかな…?】

【ところで遅くなってきたけど、時間は大丈夫かな?】


676 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/14(金) 01:34:25 ID:???
はぐっ…くぅ…んっ…
私が…反応しちゃうのは…私自身の素質…?
少佐が外したのは私の心の枷だけ…
それじゃ、私は…本当は、こんな淫乱で…
エッチなフリをして皆をからかってるんじゃなく…
心の底から乱れたがってた…?
そんなぁ…はぁ…あああっ…!!
(快楽に判断力を奪われた今、イングラムの教育を拒む力はエクセレンにはなく)
(何もかもを支配され、快楽に悶えている今の姿こそ、本当の自分の望んでいたものと信じ込まされていく)

っ…キョウスケ…
キョウスケは…きっと私を…助けてくれる…
どんなふうにされても…きっと…
でも…だけど、それじゃ…私、キョウスケに合わせる顔が…
今だって、こんなふうに、少佐に…あ…ああっ…!
(苦痛を与えられた箇所に、優しい刺激を与えられ、いやおうなくエクセレンの体は反応していく)

私が…淫乱になるほど…私の中身も蕩けて変わっていっちゃう…
私が…いやらしく感じちゃうと…
私の心の中も…変わってっちゃう…少佐に作りかえられちゃう…
(白く、滑らかな足をなでられるだけでも、敏感にエクセレンの肢体は震え、快楽を訴える)
(細く、しなやかな足は快楽に弛緩し、無防備にイングラムのするがままにされていく)

逃げる…逃げられる…逃げなきゃ…
でも…体が…動かない…感じすぎちゃって…力、入らない…
こんなふうになっちゃうなんて…今までなかったのに…
でも…これが本当の私なの…? 快楽を支配するんじゃなくて…快楽に支配されちゃう…姿が…
(自分の体が逃げる力を失っていることが、エクセレンには自分自身が快楽を望んでいるかのように想われ)
あぁ…調教、されちゃう…逃げたく、なくなるように…少佐の奴隷に…調教されちゃう…
ひゃんっ…ひあ…あぁ…
あはぁ…んっ…はぁ…あぁ…ああああ…
(今までとは打って変わったような、優しく、しかし執拗な快楽にエクセレンが情欲の声を上げる)
(ねっとりとした快楽に包まれていくとともに、エクセレンの心理的な防御も緩んでいく)

【そうね、カメラで写されてるのに、それを認識できない…とか?】
【んー、そろそろやばいかも。格好悪いことになる前に、ここら辺でお開きにさせてもらえる?

677 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/14(金) 01:45:53 ID:???
>>676
【カメラで撮られてるのに気づかないで乱れるのも良いね!】
【カメラに撮られてると思い込ませて、必死に耐えさせるのも考えてたけど…】
【もしやるなら、好みの方にするから聞かせてね?】

【それじゃ、今日はここまでにしようか?】
【遅くまでありがとう!今日もほんと楽しませてもらったよ!…身も心もね…?】

【次は来週になっちゃいそうだけど…いつがいいかな?】

678 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/14(金) 01:56:46 ID:???
>>677
【ふふ、どっちも面白そうねん】
【私も楽しかったわん】
【来週は…火曜日だったらこれるかも】

679 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/14(金) 02:00:19 ID:???
>>678
【いつも楽しませてくれて、ありがとう!】

【それじゃ、火曜日でお願いしていいかな?】
【また22時に伝言板で良いかな…?】

680 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/14(金) 02:04:56 ID:???
>>679
【こっちこそありがと】
【ええ、それじゃ、火曜日の22時に】

【お疲れ様でした。おやすみね】

681 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/14(金) 02:09:47 ID:???
>>680
【お疲れさま、ゆっくり休んでね?】
【今日もほんとありがとう!おやすみなさい】

【スレをお返しします】

682 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/18(火) 23:27:37 ID:???
【スレをお借りします】

683 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/18(火) 23:34:48 ID:???
【スレをお借りするわん】

684 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/18(火) 23:36:01 ID:???
>>683
【改めてよろしくね?】
【レスはできてるから、すぐに始められるよ?】
【今日は何時くらいまでかな?】

685 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/18(火) 23:47:16 ID:???
>>684
【今日は2時までは大丈夫よん】
【それじゃ、よろしくお願いするわねん】

686 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/18(火) 23:50:32 ID:???
>>685
【じゃあ、時間までよろしくね…でも、無理はしないでね?】

>>676
そうだ…だから、輪姦されて喜んでいたのも、さっき機械相手にイキ狂ってたのも…全てお前自身が淫乱だからだ

(エクセレンの目の前に人差し指を立てると、見せつけるように豊かな胸の先にそっと押しあてる)
(じわじわと乳首を転がされるだけで這い上がる快感と期待)
(エクセレンに見せつけるように指先は乳首を乳房に押し込むようにめり込み、待ち望んだ強烈な快感を刻む)
(開発された胸は解き放たれた心のままに快楽を貪る)

…フフ…その顔だ…いやらしく惚けた淫乱の顔…
お前にからかわれた連中も、その顔を見たら呆れるだろうな…
大人の女の余裕ある冗談だと思っていたら、本当に淫乱だったんだからな…
(胸に押し込み、乳首を押しつぶした指を揺すりながら、冷たくエクセレンを嘲笑う)
(暗示によりエクセレンの意識はイングラムに集中してしまい、その痴態を隠しカメラで撮影されていることに気付けない)

そうだな…キョウスケはどんなことがあってもお前を見捨てないだろう
お前はそんなに愛されているのに、俺に屈して良いのかな…?
(エクセレンの痴態はカメラを通じて、地球へと配信されている)
(周波数は隠されているが、エアロゲイダーを追う者たちは間違いなく受信するだろう…きっとキョウスケも…)
(キョウスケを意識させながらも、快感で支配してエクセレンを蕩けさせていく)

体を縛る枷も、心の枷も全てなくなったぞ
お前は自由…お前自身が感じ、選んだ行動がお前の本当の姿だ
俺を倒して逃げるか、このまま俺に堕とされるか…望むままだ…
(胸にキスマークを刻んだ唇がエクセレンの唇に近づく)
(薄く笑みを浮かべた唇はエクセレンからのキスを誘うように吐息を漏らした)
(凌辱者に対して自分からのキス…それがカメラの向こうの仲間に何を思わせるか、カメラの存在を知らないエクセレンは当然知る余地もない)
(激しく求め合うようなキスをしながら、胸を我が物のように弄び、空いた手を秘部に伸ばして指で浅くかき回す)
(エクセレンを自由にしたが、快感という見えない鎖で繋いでしまう)

俺はお前を逃がすつもりはない…
だから、お前が堕ちるのは仕方ないことだ
考えてみろ…淫乱な本性を剥き出しにされたお前が、この快感に逆らえるか…?無理なはずだ…ならば快感に身を委ねろ…自分から求めてみろ!
(エクセレンの脚を持ち上げ、エクセレン自身に抱えさせる)
(剥き出しになった蕩けた秘部を指と舌でじっくりと責め抜く)
(機械責めとも、輪姦とも違う生身の一方的な奉仕に似た責めは新鮮な快感を植え付けていく)
(イングラム自身も極上の肉体を凌辱し、敵に見せ付ける行為に欲望を募らせていた)

俺の奴隷にするためには…俺に仕えることも教えなくてはな…
淫乱なお前のおかげで欲情した飼い主のチンポを、奴隷らしく楽しませてみろ…牝犬め…
(エクセレンを抱き上げ、椅子からベッドへと運ぶ)
(ベッドの周囲は複数のカメラが作動し、あらゆる角度で二人を捉える)
(しかし、エクセレンはカメラが見えていても、その存在を認識できない暗示を受けていた)
(心理的な防御が緩んだエクセレンの顔の前にズボンを押し上げる股間を見せ付けた)


【カメラは見えても認識できない誤認で行くね…途中で気付かせてもいいかもね】
【本格的に犯す前に少しエッチな奉仕をさせられる姿を見たくて追加しちゃったけど、面倒ならスルーしてね】
【これから、クライマックスに向けて本格的に犯していくよ】

687 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/19(水) 00:38:59 ID:???
>>686
私は…淫乱…
輪姦されて悦び、機械相手にイキ狂っちゃう…淫乱っ…
はぅ…っ…!? くひぃ…んはぁぁんっ…!!
私ぃ…淫乱…エッチなことが我慢できなひぃ…いんらん…っ…!!
おっぱ…おっぱいがぁっ…わたひのぉ…おっぱい、指で犯されてるぅ…!
あひぃ…やだぁ…やぁ…んっ…
(自分はただの淫乱だと、快楽に負けても仕方のない存在だと思った瞬間)
(ぞくぞくと背筋を這い上がってくる、今までにない快感にエクセレンは眼を見開く)
(それは被虐の快楽。マゾを『演じる』のではなく、本当の奴隷の悦び)
(自分を弱いものだと定義して、抵抗をやめることで味わえる、一種の安堵の境地だった)

やぁ…いわないでよぉ…!
こんな顔、こんなみっともなく感じてる顔、誰にも見せたことないのぉ…!
こんな…ひあぁ…だらしないかお、見せさせられたらぁ…しんじゃう…
恥ずかしくて、外なんか歩けないぃ…誰にもあえなくなっちゃうわよぉ…!
(勝手に舌がでて、閉じられない口の端から涎が垂れ流しになる)
(胸の快楽だけで白目を剥きかけてる自分の姿を見たら、仲間に何といわれるか)
(それを想像しただけで、エクセレンの心はきしみ、崩れかけていく)

あぁ…んっ…キョウスケぇ…ごめんね…
だけど、体…言うこと聞いてくれない…ぃっ…
抵抗しなきゃいけないのに、いつもだったら拒めるのにぃ…
頭も体もどろどろになって、うごけなくなっちゃうのぉ…!
(胸をよぎる恋人の姿に、エクセレンの心に罪悪感が満ちていく)
(彼女にとって、撮られていることがわからないことだけが、救いでもあった)

あぁ…卑怯よぉ…ここまで、私をぐちゃぐちゃにしておいてぇ…
こんなふうにされたら、耐えられない…耐えられるはずないのにぃ…
だって、私は淫乱だったんだもの…大人で、余裕のある私は見せかけ…
エッチなことに我慢が効かない、だらしなくて、いやらしい私が本当の私…
だから…ああ…
(恨み節を言いながらも、エクセレンの唇がイングラムの顔へと近づいていく)
(手は無意識のうちに、イングラムにすがりつき、さらなる快楽を願ってキスをしてしまう)

っ…はぁあ…大きい…
これに…今から、私は犯されるのねん…
(うっとりとした顔で、目の前に突きつけられた屹立に頬ずりをする)
(箍が外れてしまったのか、媚びるような目つきでイングラムを見上げながら、ジッパーを下ろしていく)

688 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/19(水) 01:01:29 ID:???
>>687
そうだ…お前は淫乱なんだから、もう我慢する必要はない…いや、我慢などできない
ほら…気持ち良いだろう…恋人でもない俺に胸を犯されてるのに、もう止まらない…
(快楽に従わされる悦びを知ってしまったエクセレンを更に快楽で押しつぶす)


689 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/19(水) 01:03:03 ID:???
>>688
【ごめん!間違えて途中で投稿しちゃった…すぐ続き書くね?】

690 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/19(水) 01:31:47 ID:???
>>689
【気にしないで】
【そんなにあせらないでも大丈夫よん】

691 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/19(水) 01:36:32 ID:???
>>687
そうだ…お前は淫乱なんだから、もう我慢する必要はない…いや、我慢などできない
ほら…気持ち良いだろう…恋人でもない俺に胸を犯されてるのに、もう止まらない…
(快楽に従わされる悦びを知ってしまったエクセレンを更に快楽で押しつぶす)
(胸に押し込み、加圧しながら刺激した乳首を一瞬解放する)
(解放され、揺れ弾んだ乳首を指で摘むと、今度は胸を持ち上げるように強く引っ張る)
(両方の乳首を片手でまとめて摘み、擦り合わせながら胸を揺らし視線でも犯した)

輪姦されている時でも、そこまでだらしないエロ顔は見せてなかったな…
フフ…お前の淫乱顔を知るのは俺1人…かな?
しかし、素晴らしくいやらしい顔だ…是非、お前の仲間にも見せたいな…特にキョウケに…
お前の本性を引き出せるのが俺だけだという証をな
(摘んだ乳首を引っ張り、無理矢理抱き寄せると、カメラの方にエクセレンを向かせ、崩れた美貌を撮影する)
(狂ったように敏感な豊かな胸を胸板で潰し、グリグリと刺激しながら、だらしなく伸びた舌に唾液を垂らす)
(唾液を絡ませながら、淫らなキスをカメラに見せ付けた)

もうキョウケでは満足できないだろう…
お前の体を満足させられるのは誰だ?
お前の体は誰に支配された?
キョウケを忘れるまで、お前の体も心も淫乱に相応しく作り替えてやる!
(エクセレンの罪悪感を被虐で刺激し、心を犯していく)
(それは同時に、映像を見るキョウケへの挑戦状でもあり、欲望を抱く者への誘惑でもある)
(耐えられないエクセレンの淫らな告白を顎を掴んでカメラに向かって呟かせる)
(無意識のエクセレンが求めるままに、手を絡ませ、舌を交わらせて唇を味わわせる)
(褒美のような触れ合いは、エクセレンに隷属の悦びを教える)

淫乱なお前を満足させられるかは分からんが…さっきのバイブより、お前の好みに合うだろうな
物欲しそうな顔をして…気に入ったのか?
好きにして構わないぞ…ただし…バイブを自分で挿入したらな
(まだ愛液で濡れているバイブをエクセレンに持たせ、その手を秘部に導く)
(エクセレンの手でまろびだされた肉棒は固く大きく太く熱い)
(エクセレンの緩んだ美貌に肉棒を擦り付け、その雄の匂いで雌を呼び覚まさせる)
(エクセレンの手で待機するバイブより、更にエクセレンを期待させた)

【時間が近づいてきたから、レスが厳しいようなら、ここまでにしておく?】

692 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/19(水) 01:54:04 ID:???
>>691
【途中まで打ってみたけど…間に合いそうにないわねん】
【今日はここまでにしましょか】

693 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/19(水) 02:00:11 ID:???
>>692
【お疲れさま!】
【いやー…今日もほんとエロくてたまんなかったよ?】
【興奮しすぎて、途中で粗相しちゃってごめんね?】

【さて、次回はいつが良いかな?】
【今週だと申し訳ないけど、日曜夜以外は予定がはっきりしないみたいなんだ…】

694 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/19(水) 02:06:27 ID:???
>>693
【あまりお返事かけなくてごめんね】
【うーん、日曜日は用事があるのよね…】
【来週の水曜日あたりはどうかしら?】

695 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/19(水) 02:11:56 ID:???
>>694
【その分、中身で楽しませてもらってるから大丈夫!】
【今日、これ以上ダメ押しされたら…空っぽにされちゃうとこだったよ?】

【それじゃ、来週の水曜日に…お願いしちゃおうかな?】
【また22時に伝言板でいいかな?】

696 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/19(水) 02:18:41 ID:???
>>695
【ふふ。相変わらずお上手ねん】
【それじゃ来週の水曜日にね】
【お疲れ様、楽しかったわん】

697 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/19(水) 02:22:17 ID:???
>>696
【今日もありがとうね?】
【いっぱい楽しませてもらったよ!】
【それじゃ、少し間空けて申し訳ないけど…また水曜日に】
【お疲れさまでした!おやすみなさい】

698 :小此木藍子 ◆yP.nXemvSy1j :2010/05/25(火) 23:49:03 ID:???
【キャラ名】 小此木藍子
【原典】 サガフロンティア レッド編
【容姿】 黒い髪のショートカットの少女、身体は成長途中。
【性格】 少しブラコン気味で甘えん坊。
【希望】 ブラッククロスの四天王さんに洗脳調教されて、女怪人になりたいな
【NG】 大スカトロと、四肢欠損とか痛いことはダメだよ。


699 :小此木藍子 ◆yP.nXemvSy1j :2010/05/26(水) 00:56:19 ID:???
待機解除するよー。

700 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/26(水) 22:39:46 ID:???
【スレをお借りします】

701 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/26(水) 22:45:51 ID:???
【スレをお借りします】

>>700
【続きを書いてくるので、ちょっと待っててねん】

702 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/26(水) 23:12:33 ID:???
>>691
ええ…そうね…私はもう、淫乱なんだもの…
そういうふうに改造されて、開発されて、調教されちゃった…
だから…んっ…我慢できなくっても、仕方ないの…
恋人じゃない少佐に胸を犯されて、ひっぱられてぇ…
止まれなくなっちゃっても仕方ないのぉ…んッ…!
(淫乱という言い訳を得て、エクセレンの中の枷が外れていく)
(良いように嬲られていく乳房を見ながら、エクセレンは被虐の快楽に支配される)
(快楽にこらえきれず、身じろぎするたびに金のポニーが揺れる様は、まるで犬が媚びて尻尾を振っているようですらあった)

あ…ああ…私…キョウスケにも見せたことない顔…してるのね…
少佐に、淫乱に改造されて…えっちなことに逆らえない体になっちゃった…
でも…仕方ないのよね…だって、私は淫乱なんだもの…
それに…誰にも今、見られてないなら…
(密着感と、ひどく敏感になった乳首への刺激に、エクセレンは淫猥な表情を晒しながら悦びの声を上げる)
(カメラのことを認識できない今、エクセレンにとってこれはあくまで秘密の一幕であり)
(その安堵感が、口中に侵入してくる舌と唾液に、積極的に舌を絡ませる結果となっていく)

ええ…悲しいけど、きっと私、キョウスケじゃ満足できない…
私を嬲って、虐めて、可愛がって、満足させてくれるのは少佐だけ…
少佐に調教されて、私の体は、少佐に、少佐の与えてくれる快楽に支配されちゃったんだもの…
(カメラを認識できないエクセレンは、取り返しのつかない呟きを強要されながら、舌を絡ませる)
(もし、今、暗示から目覚めされられたら、エクセレンは現実からの逃避を選ぶだろう)

さっきの…バイブより……あれより、きもちいい…っ…
ええ、気に入ったわ…んっ…硬さも、熱も、大きさも…すごい…
は…ぁ…っ…くぅん…もう、我慢できないっ…
あはぁぁあ…んっ…!!
(淫乱という言い訳と、ここにいるのはイングラムと自分だけという認識が、エクセレンを突き動かす)
(バイブ以上の快楽に生唾を飲み込みながらも、自らバイブを秘所にいれ、うっとりとした声を上げる)
(そして、目の前にある肉棒の臭いと味に心を奪われ、自ら積極的に舐めしゃぶってしまう)


703 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/27(木) 00:11:34 ID:???
>>702
フフ…美しい金色の毛並みの雌犬のようだな…
そうだ…お前は俺の恋人でも奴隷でもない…
俺に飼われ、飼い主のために働き、尽くす雌犬にしてやろう
(快感に揺らめくエクセレンの金色の髪に、雌犬を連想する)
(愛犬を可愛がるように、エクセレンの豊かな胸を揉みつぶして快感を与える)

淫乱なお前の恥ずかしい姿を楽しめるのは、お前を改造した俺だけ…
だからお前も楽しめ…快感に逆らえないのだからな…
ほら…俺の可愛い雌犬…犬らしく舌を出してみろ
(絡め合う舌を貪りながら、カメラに熱いキスを見せ付ける)
(口を放すと交じり合った唾液を開かせた口にドロッと流し込む)
(カメラに向けて口を開かせ、舌を伸ばさせると、伸ばした舌を淫らに吸いエクセレンの美貌を淫らに歪めさせた)

フフ…キョウスケが聞いたら哀しむかな…?それとも怒るかな…?
今、キョウスケが助けに来たら…お前は俺から逃げられるか?
お前の望む快感を与える唯一の飼い主の俺から…
(エクセレンを背後から抱きしめ、振り向かせて唇と舌を味わう)
(背後から鷲掴み、胸をこね、乳首を摘んで重い胸を引っ張り、淫らに変形させる)
(カメラの前で淫らに戯れ、求め合いながらエクセレンに堕落の告白を導いていく)

気に入ってもらえたようだな…これが欲しいか?
これでお前の中をかき回し、擦り、子宮を突いて、お前の中を俺のモノにしてやるぞ
我慢できないか?はしたない雌犬だな…
さあ、大好物をやるぞ…しっかり味わって、飼い主を喜ばせてみろ…
(エクセレンの口に肉棒を与えると、淫らな奉仕に任せる)
(仁王立ちでエクセレンの頭を撫でながら、カメラに痴態を見せ付ける)
(待ち望んだ肉棒を口で奉仕するだけで、雌犬となったエクセレンは快感を覚えた)
(エクセレンの快感に応じるようにバイブは動き、奉仕すれば快感を得られるようにエクセレンに教え込んでいく)

そのいやらしい胸も使ってみるか?
俺に奉仕するだけで快感を覚える今…
改造された上に嬲られたその胸で奉仕したら…フフ…どこまで狂うかな?

704 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/27(木) 00:49:43 ID:???
>>703
っ……雌…犬…
私が…雌犬……少佐に飼われて…少佐のために働き、尽くす…雌犬…
犬……私が犬……雌犬…
(快楽に翻弄されながら、与えられた言葉をつぶやくエクセレン)
(被虐の快楽に目覚め、己の意思を捨て、屈服する安堵を知ったエクセレンに)
(犬としての有り方はひどくしっくりとくるものでもあった)

そうね…そう、よね…
私は淫乱で…雌犬で…どうせ、快感には逆らえないんだもの…
だったら、徹底的に楽しまなきゃ…どうせ、誰も見てないんだし…
はい、あぁーん…ちゅぅ……ちゅっ…るっ…
(犬としてのあり方は休息にエクセレンの意識に食い込んでいく)
(わざと犬を演じるように舌を出し、吸われ、快楽に身を震わせる)

私…きっと、逃げられない…
ダーリンが幾ら悲しんだって…私は、もう、淫乱な雌犬なんだもの…
少佐のところからは逃げられない…
淫乱の私が望む快楽を与えてくれる、唯一の飼い主の少佐からは…
(淫らな笑みを浮かべ、はっはっと荒い息をつき、与えられる乳房への快楽を甘受する)
(ぐちゃぐちゃに蕩けた意思はイングラムを己の飼い主として受け入れていく)

ええ…ええ…欲しいわ…
完全に少佐のものになっちゃっても、かまわない…
これでかき回して、擦って、子宮を突いて欲しい…
あぁ…おいし…ぃ…頭がボーっとしちゃう…
脳みそまで、ペニスでかき回されちゃってるみたい…よ…
(嬉しそうに肉棒をほうばり、味を舐め取るように舌を這わせる)
(奉仕の悦びと、バイブが与えてくれる快感に酔いながら、頬がへこむほど強く吸い、舌で裏筋をしごきたてる)

このおっぱいで…
っ…はぁんっ…やっぱり、きもちいい…
ぐちゅぐちゅ言ってるぅ…もっと、もっとしちゃえっ…!
あはぁ…
(涎を垂らしながら、柔らかな乳房でペニスを包み込み、優しく、強く、圧力を与えていく)
(体中が蕩けるような快楽に包まれているエクセレンには、肉棒の硬さはとても頼もしく映り)
(乳房で自慰をするかのように、自らも胸の快楽をむさぼりながら、奉仕を行っていく)

705 :エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWs :2010/05/27(木) 01:08:44 ID:???
【うーん、名残惜しいけど、今日はここまでねん…】

706 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/27(木) 01:38:35 ID:???
>>704
そうだ…お前は雌犬…俺の可愛い忠犬だ…
金髪の尻尾を振り、俺からの快楽を求める雌犬…
飼い主に奉仕して喜ばせるのは楽しいだろう
(犬として扱われることで奉仕する意義を見いださせる)
(犬の真似をするエクセレンを褒めるように微笑み、頭を撫でて舌を味わう)
(嬉しそうなエクセレンの様子はカメラの向こうの仲間を、恋人を苛むだろうがエクセレンは知る由もない)

飼い主から逃げた雌犬は野良犬として孤独の中で惨めに堕ちるしかないぞ…
お前を飼い馴らせないダメな昔の飼い主を忘れさせてやろう…
お前を俺の雌犬に生まれ変わらせて喜びを与えてやるからな
(背後から抱きすくめられ、乳房を嬲られて淫らに笑うエクセレンをカメラに見せ付ける)
(雌犬としての幸せを刷り込みながら、荒々しく乳房を揉み、揺さぶっても淫らな快感に変わっていく)
(エクセレンの豊かで美しい胸が自分の物になったと見せ付けるように歪に形を変えて弄ぶ)

フフ…これを受け入れて快感を知った時…お前はもう俺の物…
そして、このチンポはお前の物になるぞ
…いやらしい顔で味わうじゃないか…
雌犬のお前は飼い主が喜べば喜ぶほど感じるらしいな…
さあ、もっと味わえ…お前の味覚を俺のチンポの中毒にしてやる
(エクセレンの頭を撫でながら、ますます固くなる肉棒で口を犯す)
(イングラムの肉棒が脈動するとエクセレンを犯すバイブがねちっこく子宮をこね、快感をリンクさせる)
(奉仕すればするほど、エクセレンは深い快感でイングラムの肉棒を求めるように変わっていく)

そのいやらしい巨乳は、俺を喜ばせる雌肉になったようだな
この柔らかい肉で固いチンポを味わうと気持ちいいだろう?
お前の体が俺の物になっていく証だ…この巨乳は俺専用に堕ちたぞ
(まるで乳房で自慰をするように奉仕するエクセレンを気持ちよさそうに見つめる)
(挟み込んだ乳房の中に感じる肉棒の熱さはエクセレンを淫らに溶かし、再び体を変えていく)
(貪れば貪るほど、胸の快感は強く重くエクセレンを追い詰めていく)
(エクセレンの淫らな奉仕をカメラに見せつけながら、その体が自分の物になる様を勝ち誇る)

どうした…?パイズリでイキそうな顔をしているぞ?
フフ…俺専用の乳マンコはパイズリオナニーでイケるくらい淫乱に仕上がったようだな…
いいだろう…お前に絶頂の褒美をやろう…
俺を射精させたら、お前もイッていいぞ…
(柔らかい乳房の感触と、貪るような動きにイングラムも限界が近づく)
(エクセレンの額を撫でると、心に雌犬の証を刻み込む)
(飼い主を満足させない限り、自分も満足できない…そう刻み込むため、バイブの動きが変化する)
(エクセレンを散々いたぶった焦らし地獄の動きに切り替わった)
(満たされない快感を埋めるのは、奉仕する淫らな乳房からの快感のみ)
(絶頂を求めて激しく淫らに乳房で奉仕するエクセレンにイングラムは上り詰めていく)

フフ…イケなくて苦しいだろう…もう一息だ…
俺の精液を浴びながら、絶頂を迎えるが良い…
お前の淫らで美しい顔を汚して、俺の物の証をくれてやる!
(エクセレンの胸を犯し、胸に犯されながら震える肉棒を乳房に焼き付ける)
(限界を迎えると胸の谷間からエクセレンの顔に向けて大量の白い飛沫が噴き上げ襲いかかる)
(美貌を凌辱の証で汚され、絶頂という隷属の証を受け入れるのをカメラはしっかりと撮影していた)

【時間押しちゃったけど、レス返させてもらうね】
【そろそろ時間だよね?】

707 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/05/27(木) 01:41:31 ID:???
>>705
【ごめん…リロミスして見逃してた…】
【遅くなってごめんね?】
【もう寝ちゃったかな…?】
【今週は一応、土曜日の夜が空いてるけど、それ以降は来週になりそうだなぁ…】
【もしもう落ちてたら、伝言板で連絡くれたら嬉しいな】

708 :名無しさん@ピンキー:2010/05/29(土) 12:49:01 ID:???
妖麗とセックスしたいなぁ……

709 :リューネ・ゾルダーク ◆x/ft3AXNmM :2010/05/31(月) 23:27:14 ID:???
【待機するよ】
【ノイエDCの一派に洗脳され、パイロット兼政治的シンボルにされるのが希望だよ】
【洗脳方法は機械や催眠術で、暗示を何度もかけられて…って言うのが好みかな】

710 :名無しさん@ピンキー:2010/05/31(月) 23:39:25 ID:???
【素晴らしいチョイスです。今度来た時は是非声を掛けさせてください】
【今日は所用で落ちないといけないのでが良い人が来ることを祈っています】
【一言落ち】

711 :名無しさん@ピンキー:2010/05/31(月) 23:52:00 ID:???
>>709
【まだいらっしゃいますか?】

712 :リューネ・ゾルダーク ◆x/ft3AXNmM :2010/06/01(火) 00:04:54 ID:???
>>711
【ああ、いるよ】

713 : ◆Qw9YrbQcFU :2010/06/01(火) 00:10:58 ID:???
>>712
【トリップつけました】
【こちらは、中年の副官もしくは若いノイエDCの幹部兼エース】
【表向きはリューネを上に立ててるが、二人きりでは人形としてもてあそんでる、みたいなのを希望です】

【洗脳方法は、機械をかぶらされて暗示を……という方向ですね】

【いかがでしょうか?】

714 :リューネ・ゾルダーク ◆x/ft3AXNmM :2010/06/01(火) 00:15:32 ID:???
>>713
【どっちかっていうと若い方が好みかな】
【立場としては、◆Qw9YrbQcFUさんの言うとおりの状態がいいかな】
【演説したり、改修したヴァルシオーネで出撃したりするたび、ご褒美に犯してもらう…みたいにさ】

【洗脳方法も、そういうの大好きだよ】
【暗示のところとかねちっこくやってくれると嬉しいかな】

715 :キーツ ◆Qw9YrbQcFU :2010/06/01(火) 00:18:05 ID:???
>>714
【了解しました】
【書き出しはどうしましょうか?】

716 :リューネ・ゾルダーク ◆x/ft3AXNmM :2010/06/01(火) 00:28:21 ID:???
>>715
【えーと、お願いしちゃってもいいかな?】

717 :キーツ ◆Qw9YrbQcFU :2010/06/01(火) 00:29:56 ID:???
>>716
【はい、では少々、お待ちください】

718 :キーツ ◆Qw9YrbQcFU :2010/06/01(火) 00:46:50 ID:???
(単独行動しているところをノイエDCに撃墜され、捕まえられたリューネ)
(研究所らしい場所の一室に連れてこられ、無理矢理に椅子に座らさせられる)
(椅子に手枷足枷で拘束された彼女の前で、彼女を撃墜したキーツという若い男が笑みを浮かべていた)

博士のお嬢様が、こんなジャジャ馬とは思いませんでしたよ。
(勝ち気な口調を崩さない彼女に、そんな言葉をかける)
しかし……
(リューネの肢体に、いやらしい眼差しを向ける)
これから、あなたは私の忠実な道具になるのです。
その身も心も……。そして、自分から私に喜んで足を開くようになるのです
――やれ。
(男の指示に研究者らしい白衣の男がうなずき、リューネの頭上からヘルメットのようなものが下りてくる)
(それがリューネの頭に装着されると同時に、リューネの脳に暗示が送り込まれていった)
(音声や強烈な光や震動が、リューネの意識を乱して暗示をすりこんでいく)

お前は、目の前の男に身も心も捧げるのだ。
それが、愛する父親の夢をかなえることにつながる。
この男の言うことに従えば、間違いはない。
リューネ・ソルダークは、キーツ様の忠実な下僕。
その命令に従って戦い、言うとおりに行動をするのだ……

(キーツに従属を強いる暗示がリューネを襲った)
(念には念を入れ、数日に渡ってそれは行われた)

そして、それからしばらくして……
リューネは、改造されて妖艶になったヴァルシオーネを駆って敵を撃破して本拠へと帰還する。
それをキーツは出迎え、リューネの私室に向かうのだった。「

【こんな感じでしょうか?】



719 :リューネ・ゾルダーク ◆x/ft3AXNmM :2010/06/01(火) 01:04:51 ID:???
>>718
【え、えっと…折角書いてもらって悪いんだけどさ…】
【その…どっちかっていうと、洗脳されていくところをやりたかったっていうか何というか…】

720 :名無しさん@ピンキー:2010/06/01(火) 01:05:36 ID:???
まだいますかに当たりなし

721 :キーツ ◆Qw9YrbQcFU :2010/06/01(火) 01:08:39 ID:???
>>719
【うーん、どうも受け取り方が違ってたみたいですね】
【時間的にもコレから方向転換は無理そうなので、破棄してもらっていいですか】
【申し訳ないです】

722 :リューネ・ゾルダーク ◆x/ft3AXNmM :2010/06/01(火) 01:16:10 ID:???
>>721
【ううん、あたしの方も書き方が悪かったわけだし…】
【そっか、残念だね…】
【それじゃ、また今度会えたときに、よろしくね!】

723 :名無しさん@ピンキー:2010/06/01(火) 01:22:47 ID:???
【時間が時間だしもう落ちたかな】

724 :リューネ・ゾルダーク ◆x/ft3AXNmM :2010/06/01(火) 01:54:11 ID:???
【いるにはいるんだけど…もう遅いしね】
【打ち合わせと、次会う約束ぐらいになっちゃうと思うけど】

725 :リューネ・ゾルダーク ◆x/ft3AXNmM :2010/06/01(火) 22:15:51 ID:???
【昨日に引き続き、待機してみるよ】

726 :ヴィシャス ◆WcydQuRswE :2010/06/01(火) 22:21:12 ID:???
>>725
【こういう名前の、眼鏡の神経質そうなノイエDC士官でお相手お願いしてもいいでしょうか】

727 :リューネ・ゾルダーク ◆x/ft3AXNmM :2010/06/01(火) 22:29:43 ID:???
>>726
【もちろんだよ!】
【えっと…私の希望は>>709の通りなんだけど、それでよかったら相手して欲しいな】

728 :ヴィシャス ◆WcydQuRswE :2010/06/01(火) 22:32:01 ID:???
>>727
【はい、そのつもりでおります】
【最初からがご希望ですので……まずは機械での洗脳の下地作りに、快楽信号を限界まで流し込み、イキ狂わせてから刷り込み洗脳をするような方向で行こうと思いますが、よろしいでしょうか】

729 :リューネ・ゾルダーク ◆x/ft3AXNmM :2010/06/01(火) 22:37:15 ID:???
>>728
【いいねっ、そういうの大好きだよ】
【指一本触れられてないのに、何度も絶頂を味合わされたりとか】
【逆にバイブヤローターを併用されて、イキっぱなしで放置されたりとか】

730 :ヴィシャス ◆WcydQuRswE :2010/06/01(火) 22:45:05 ID:???
>>729
【イキ狂わされ、イクたびに変態性癖を刷り込まれて淫乱痴女になっていくとか】
【放置のあとで優しく身体を撫で回されてそれだけでイキながら幸福感を感じさせられたりとか】
【表向きはノイエDCの指導者だけど、その実こちらの性奴隷痴女みたいなのでお願いしたいですね】
【いつも通りちょっと蓮っ葉な感じでエロポーズ取って悦んだりとか】

731 :リューネ・ゾルダーク ◆x/ft3AXNmM :2010/06/01(火) 23:02:58 ID:???
>>730
【そうやって洗脳された後も楽しみだね】
【本当のあたしだったら絶対に着ないようなハレンチなドレスを着て】
【バイブを仕込まれたまま、全国のDC残党に決起を呼びかけさせられたりとか】
【あるいは何個も人格を仕込まれちゃっても良いかも】
【人を惑わす毒婦や、冷徹な殺人マシーンや、淫乱な精液便所の人格を、何個も切り替えさせられたり】

732 :ヴィシャス ◆WcydQuRswE :2010/06/01(火) 23:11:10 ID:???
>>731
【あまり破廉恥すぎては士気に影響するだろうから、表向きはノイエDCのジャンヌ・ダルク】
【実際には私の淫乱ハメ穴奴隷……と言う具合にしておきたいな。勿論扇情的なドレスにバイブなどはいいのだがね】
【人格をいくつも仕込み、その人格を全て犯し狂わせ隷属させるというのもいいな、ふふ】
【NGなどはどうだろうか?】

733 :リューネ・ゾルダーク ◆x/ft3AXNmM :2010/06/01(火) 23:27:55 ID:???
>>732
【そうだね。表向きは親父の遺志を受け継いで、正義の心に燃える少女…だったり】
【あるいはノイエDCを率いる、冷酷無比な女帝とかでもいいかもね】
【NGは…まぁ、特にないかな】

734 :ヴィシャス ◆WcydQuRswE :2010/06/01(火) 23:29:55 ID:???
>>733
【そのあたりは複合で行こうか……まあ、外面の話に過ぎないがね】
【NGはないか。まあ、話の途中でも厳しそうなら【】で言ってくれれば方向転換はするよ】
【さて……良ければ始めたいが、どうかな?】

735 :名無しさん@ピンキー:2010/06/01(火) 23:31:00 ID:???
途中から口調が変わったなヴィシャス
NGなしってことは尻コキありだな

736 :リューネ・ゾルダーク ◆x/ft3AXNmM :2010/06/01(火) 23:40:26 ID:???
>>734
【まぁね。逆に、内面は犯してもらうためならどんな役柄も演じちゃう肉奴隷みたいなのかな】
【NGに関してはわかったよ。…そ、そんなヒイちゃいそうなことを…楽しみになってきたかも】
【そうだね。えっと…書き出しはお願いできる?】

737 :ヴィシャス ◆WcydQuRswE :2010/06/01(火) 23:43:05 ID:???
>>734
【本質はそんな感じになるだろうな。勿論、そう洗脳するわけだが】
【いやいや、そこまでヒクようなことは出来ないと思うよ、普通普通】
【了解した、では少し待ってくれたまえ】

738 :名無しさん@ピンキー:2010/06/01(火) 23:46:28 ID:???
途中で尻コキに入る気だな情熱め

739 :ヴィシャス ◆WcydQuRswE :2010/06/01(火) 23:50:41 ID:???
(DC創始者の娘、リューネ・ゾルダーク)
(だが彼女は長く、その身を反DCと言うべき連邦に置いていた)
(血筋、そして能力共に新たなるDC、ノイエDCの旗頭となるべきにもかかわらず……)
(だから、とある戦闘で、彼女を捕らえたノイエDCの士官が彼女を洗脳し、ノイエDCの旗頭とし、自らは実権を握ろうと考えたのは、ある意味当然だったのかもしれない)

ああ、動かない方がいいですよ、リューネ・ゾルダーク。
あなたの筋力も考慮して、その拘束具は作られていますから、無駄な努力にしかなりませんよ。
(捕らえたリューネをごてごてと機械の備え付けられた椅子に拘束する)
(その言葉通り、拘束具は極めて頑丈に作られており、さしものリューネでも引きちぎることは出来そうにない)

さて、あなたにはこれから、ノイエDCの思想を「理解」していただきます。
私はスクールのものたちと交流を持っていましたのでねえ……そう言うのは得意なのですよ、ふふ。
(そう言って、リューネの頭に金属製のバンドのようなものを巻き付ける)

ですが、少々乱暴なのでね。
望むらくは、あなたの方から我々の大義に賛同し、同調して欲しいのですが……いかがです?


【このような感じで始めますね】

740 :リューネ・ゾルダーク ◆x/ft3AXNmM :2010/06/02(水) 00:01:10 ID:???
(哨戒任務に出ていたヴァルシオーネ諸共、ノイエDCの手に落ちてしまったリューネ)
(不利な状況にあってなお、その眼光は衰えるところを知らず、凛とした風貌は陰ることがない)

く…ぅ…っ…こんなもんもなけりゃ、
女の子一人ともまともに向き合えないなんてね!
DCも格が落ちたもんだよ!!
(拘束具をぎちぎちと鳴らしながら、リューネは憎悪の篭った目で男を見つめる)
(うっすらと額に汗をかきながらも、さらに力を入れようとするが、拘束は緩む気配すらない)

っ…あんた、スクールと…!?
それじゃ、こいつは…!!
(男の言葉と頭に巻かれていくバンドに、リューネは息を呑む)
(脳裏を過ぎるのはスクールの傀儡となり、幾度となく剣を交えたゼオラやオウカの姿だった)

ふんっ…お断りだよ!
あんたたちに大義なんてない!
親父が死んで、アイドネウス島でマサキたちに未来を託したとき、DCの役目は終わってるんだ!
今のあんたたちはただのテロリストだよ! そんな奴らに同調なんてしてやるもんか!

741 :ヴィシャス ◆WcydQuRswE :2010/06/02(水) 00:14:47 ID:???
>>740
(捕らわれてもなお、その凛とした心は、風貌は変わることなく)
(それだけにヴィシャスは笑みを深める)

格も何も……それだけあなたのことを危険視していると言うことですよ。
おわかりですか、リューネ・ゾルダーク。
あなたはそれだけの力を持った人間なのですよ。
(言い聞かせるようしながら、リューネの身体の各所に電極を着け)
ええ、残念ながら彼らの技術をそのままというわけには行きませんでしてね、少々不格好ではありますが。

……やれやれ、では仕方ないですね。
(わざとらしくため息をつき)
気が変わるまで、少々責めることとなりますが、よろしいですかね?
(そう言ってすぐに装置のスイッチを入れ……リューネの身体に一瞬「耐えられる程度の苦痛」を走らせる)

742 :リューネ・ゾルダーク ◆x/ft3AXNmM :2010/06/02(水) 00:36:05 ID:???
ふん…小娘一人を随分と高く買ったもんだね。
あんたたちが私をどう思ってるかは知らないけど、
今の私はビアン・ゾルダークの娘として戦ってるわけじゃない。
ハガネの一員、ヴァルシオーネのパイロットとして戦ってるんだ。
あんたたちの期待には添えないね!

っ…く、ううっ…!?
ぐ…ぅ……あ、あんた…一体、何を…!?
(いきなり全身を貫いた鋭い痛みにリューネはうめき声を上げる)
(機械の設定どおり、リューネにとっては耐え切れないほどではない苦痛だったが)
(どこからきたのかもしれない痛みは、その想像の範疇を超えていた)

あ、あんた…今のは…
(未だ、体の中には痛みが残っているようにも感じる)
(その感触と、何より痛みの小隊が不明確であることが)
(リューネの凛とした態度に僅かな綻びを生み出していく)

743 :ヴィシャス ◆WcydQuRswE :2010/06/02(水) 00:46:43 ID:???
>>742
ビアン総帥の英才教育を受けられたあなただ、どれだけ高く評価してもしすぎではないでしょう。
おやおや……あなたは一介のパイロットで終わるような器ではない。
そのぐらいはご自分でもおわかりかと思っていましたが……

ん、ああ。
何、装置の効果と言うだけですよ。
拷問器具をそろえてどうこうなどと言うのは今時ナンセンスですからね。
この装置一つで、どのような痛みも与えることが出来るのですよ。
(見せつけるように装置のコントローラをちらつかせ)

どうです、意味のわからない苦痛というのはなかなか新鮮でしょう?
(コントローラを操作して、ぴりぴりと全身に薄い苦痛が走るようにしながら講釈を垂れる)
いかがです、気が変わったりなどはしませんかな?
そう、私の言うとおり、我々に同調する気が起こったりなどは?

744 :リューネ・ゾルダーク ◆x/ft3AXNmM :2010/06/02(水) 01:07:02 ID:???
>>743
ふ…ふんっ。
確かに、ちょっと面食らったけどね。
だけど…っ…タネが割れちまえばこっちのもんさ…!
(見せ付けられたコントローラを睨み付けると、わざと鼻を鳴らし)

別に痛かろうが…実際に怪我を負わせられてるわけじゃないとするなら
私には何のおどしにもならないよ…!
むしろ…く…スクールの関係者が、この程度の手品で喜んでるんじゃ…拍子抜けだね!
(全身を走るピリピリとした苦痛はリューネの敵意と恐怖を煽っていく)
(強がって見せる内心では、感覚を簡単に操る男たちの技術にリューネは怖気を覚えていた)

745 :ヴィシャス ◆WcydQuRswE :2010/06/02(水) 01:10:58 ID:???
>>744
ほう、さすがに精神力も強いようですね。
これだけ苦痛をもコントロールされれば、普通ならば恐怖に縮こまるものですが。
(コントローラを睨み付けるリューネを褒めそやし)

クク、確かに……実際の怪我とは関係がないですからねえ。
ですが、それだけにあり得ない苦痛も味わわせることが出来るとも思いませんか?
(リューネに顔を近づけ、ねっとりと囁きかけ)
ですがね……所詮苦痛には耐えることが出来るのですよ。
そう、あなたなら慣れてしまえばどうと言うことはない。
ですが……
(コントローラを操作し、今度はリューネに絶頂快楽を一瞬だけ与える)
……快楽ならば?

746 :リューネ・ゾルダーク ◆ZfQRGKmuAk :2010/06/02(水) 01:41:56 ID:???
>>745
ありえない、苦痛…
(リューネがこの装置を体感し真っ先に想像したのもそれだった)
(もし、仮に人体が許容しうる限界を超えた苦痛を浴びせられたら)
(そのときは身体は無事でも、精神は無事ではいられるまい)

まァ、所詮は痛いだけだからねっ…
それに…私たちはロボットのパイロットをやってるんだよ…
これぐらいの、痛みなんてどうってことは……!?
(痛みにも慣れてきたのか、挑むような笑顔を浮かべようとした矢先)
(全く違うベクトルになった刺激に、リューネは眼を見開く)

なっ…なに、これ…っ……あ、ああっ…うあ、あっ…
ひぅ…っ…んっ…くひぃ…んっ…んんっ…んんんんんんーっ!!
(正体不明の感覚に、リューネは全身を震わせ、その刺激を受け止めていく)

っ…もしかして…今のって…
(それが快楽による絶頂だとリューネが理解したのは、完全に絶頂を迎えた後だった)
(火がついたかのように顔が一瞬で真っ赤に染まり、リューネは男をにらみつける)

747 :ヴィシャス ◆WcydQuRswE :2010/06/02(水) 01:52:11 ID:???
>>746
ですが、苦痛というものにはリミッターが掛かってしまいましてね。
この装置では残念ながら、精神を破壊するほどの苦痛は与えられないのですよ。
(リューネの想像に答えるかのように言い)

そう、そうでしょうとも。
痛みなどであれば耐えることも出来ましょう。
ですが……ねえ?
(目を見開き、快楽を与えられ、絶頂するリューネを薄ら笑いを浮かべて眺め)

……ええ、今のは絶頂快楽というものですよ。
普通初めて味わえば、白目を剥いてだらしない姿を晒すものですが、いやはやさすがはリューネ・ゾルダーク。
(嘲笑混じりの賞賛を浴びせ)

クク、どうしました、そんな怖い顔をして。
気持ちよかったでしょう……ほら。
(再びコントローラを操作し、先ほどの絶頂快楽よりは弱いものの、断続的に二度三度と快楽を与えてやる)

748 :リューネ・ゾルダーク ◆ZfQRGKmuAk :2010/06/02(水) 02:16:07 ID:???
>>747
こ…この…よくもやってくれたねっ…
こんな顔なんて誰にも…っ…んっ…くぅ…んんんっ!?
(憎々しそうにヴィシャスをみつめ、怒りをぶつけようとした矢先)
(快楽の奔流に飲み込まれ、リューネは苦情を中断させられる)
(後に残るのはやり場のない怒り、そして植えつけられた快楽だけだ)

あ、あんた一回だけじゃ…飽き足らず…っ…
よくも、こんな悪趣味な…うあっ…ああああっ!!
あ…くぅ…んっ…あ、ああ…あ…
(何度も訪れる快感にリューネは全身を撥ねて迎え撃つ)
(何度も無様な姿を晒させられて、リューネの心は怒りと羞恥に染まっていく)

っ…こ、こんな、こと…幾らされても…無駄、だよ…
私は…っ…これにだって、耐えて見せる、から…!!

749 :ヴィシャス ◆WcydQuRswE :2010/06/02(水) 02:22:15 ID:???
>>748
そうでしょう、そうでしょうとも。
あなたのそのいやらしいイキ顔など、誰も見たことはありますまい。
……もっと見たいですなあ。
(いやらしい笑みを浮かべ)

ええ、一回では満足できませんでね。
何度もイカせて差し上げますよ。

……ほう、耐える、と。
(にやにやと笑みを浮かべながら、コントローラを見せる)
(中心にダイヤルと、いくつかのボタンがあるだけの簡素なコントローラ)
このダイヤルが強度設定です。今は……30%程度ですか。
耐えるというなら……
(一気にダイヤルを右に回しきり)
……試しましょうか?
(そうしてスイッチを入れる)


【申し訳ないが、少々眠気がひどくなってきた】
【可能なら、凍結を願いたいが……】

750 :リューネ・ゾルダーク ◆x/ft3AXNmM :2010/06/02(水) 02:44:19 ID:???
>>749
っ…言うな…言うなぁっ…!!
あんた、覚悟しておくんだねっ…
こんな、こと、されて…ただですますほど…
私は…温厚じゃないんだよっ…!!
(いやらしい笑みを浮かべるヴィシャスを悔しそうに見つめ)

何回も…だって…!?
く、くそっ…ぉ…!!
(下卑た思惑に気づいても、そこから脱する術は見つからず)

さ、30パーセントっ…!?
ま、まさか、そんな…
っ…ひ、ひぐっ…ううううううっ…!?
ぐぅっ…ひぃ…いく、いくいくいく…!
いく、やだ、いっちゃう、やだ、いくのやだぁ…うああああああーっ!!
(先程のものとは比べ物にならないほど、深く、大きな絶頂に体を震わせる)
(荒い息をつきながら、呆然とリューネは絶頂の余韻に捉えられていく)

【そうだね…こっちもお願いしたいなって思ってたところだよ】
【いつごろ今度はこれる?】

751 :ヴィシャス ◆WcydQuRswE :2010/06/02(水) 02:46:42 ID:???
>>750
【そうですね、こちらは22時以降であれば、概ねいつでも可能ですよ】

752 :リューネ・ゾルダーク ◆x/ft3AXNmM :2010/06/02(水) 02:55:43 ID:???
>>751
【それじゃ、もし良かったら、今晩の22時とかどう?】

753 :ヴィシャス ◆WcydQuRswE :2010/06/02(水) 02:58:39 ID:???
>>752
【はい、今晩……6/2の22時ですね、OKですよ】

754 :リューネ・ゾルダーク ◆x/ft3AXNmM :2010/06/02(水) 03:00:10 ID:???
>>753
【それじゃ楽しみにしてるよ】
【お疲れ様。おやすみなさい】

755 :ヴィシャス ◆WcydQuRswE :2010/06/02(水) 03:03:26 ID:???
>>754
【こちらこそ楽しみにしておきますね】
【それではお休みなさいませ】

756 :ヴィシャス ◆WcydQuRswE :2010/06/02(水) 22:14:11 ID:???
【リューネさん、いらっしゃるかな?】

757 :小此木藍子 ◆yP.nXemvSy1j :2010/06/04(金) 00:05:49 ID:???
【キャラ名】 小此木藍子
【原典】 サガフロンティア レッド編
【容姿】 黒い髪のショートカットの少女、身体は成長途中。
【性格】 少しブラコン気味で甘えん坊。
【希望】 ブラッククロスの四天王さんに洗脳調教されて、女怪人になりたいな
【NG】 大スカトロと、四肢欠損とか痛いことはダメだよ。


758 :小此木藍子 ◆yP.nXemvSy1j :2010/06/04(金) 01:23:23 ID:???
待機、解除するね

759 :名無しさん@ピンキー:2010/06/04(金) 20:31:59 ID:???
なかなか懐かしく、またコアなキャラ選択だよなぁ
ベルヴァかアラクーネかシュウザーか……

760 :リューネ・ゾルダーク ◆x/ft3AXNmM :2010/06/04(金) 22:47:09 ID:???
>>756
【水曜日はごめんね…】
【PCが不調になって、インターネットが出来なくなっちゃってたんだ】
【本当にごめん…】

761 :ヴィシャス ◆WcydQuRswE :2010/06/05(土) 23:10:12 ID:???
>>760
【それでは仕方ありませんね】
【望むべくは、これからお願いしたいところだけど……さすがにいらっしゃらないかな?】

762 :ゼオラ・シュヴァイツァー ◆EhR5ie4bf6 :2010/06/08(火) 13:19:07 ID:???
【スクール残党の研究者に囚われて、オウカ姉様の意志を継いだ新生スクールの象徴として】
【また、新生スクールのパイロットとして研究者の奴隷として洗脳されたいな】

763 : ◆hbXINcGvbE :2010/06/08(火) 13:22:49 ID:???
【新たなスクールのパイロットとして育てつつ、ゼオラを女として見ている研究者に奴隷として洗脳されていくとか?】

764 :ゼオラ・シュヴァイツァー ◆EhR5ie4bf6 :2010/06/08(火) 13:39:41 ID:???
>>763
【ええ、そんな感じ】
【命令通りに働いたご褒美に調教やセックスとか…】

765 : ◆hbXINcGvbE :2010/06/08(火) 13:45:21 ID:???
>>764
【敵機を五機以上撃墜すればご褒美、それに満たなければ何も無しとノルマを課したりするのはどうだろう】
【希望としては洗脳の初期段階からゼオラにじっくり教え込んでいきたいね】

766 :ゼオラ・シュヴァイツァー ◆EhR5ie4bf6 :2010/06/08(火) 13:53:09 ID:???
>>765
【ノルマか…】
【ノルマが達成できなかったら、ご褒美無し&更なる強化措置、かな】

【初期段階からは構わないわ】

767 : ◆hbXINcGvbE :2010/06/08(火) 14:01:02 ID:???
>>766
【ノルマ達成すればセックスなどで快楽を与え、達成できなければ再強化や調教を施すのはどうかな】

【ありがとう。初期段階ではアラドのことを思ったりしていて、ゼオラの自我が強く洗脳が不完全で】
【不完全とはいえ研究者には逆らえないゼオラの処女を奪えば精神が崩壊して洗脳が完成に近づいていく、など】

768 :ゼオラ・シュヴァイツァー ◆EhR5ie4bf6 :2010/06/08(火) 14:07:20 ID:???
>>767
【うーん、それなら調教されたいからわざと達成しないとかしちゃいそうだし】
【そういう方向性より、快楽と一緒にって言うのがいいかな】
【アラドにされるより気持ち良くて逆らえなくなる…みたいな】

769 : ◆hbXINcGvbE :2010/06/08(火) 14:10:19 ID:???
>>768
【洗脳の効果か、それで足りなかったら薬物を使って感度を高めて快楽に沈めていこう】
【ゼオラは洗脳されてるせいもあって簡単に快楽に溺れていく感じで】

770 :ゼオラ・シュヴァイツァー ◆EhR5ie4bf6 :2010/06/08(火) 14:17:18 ID:???
>>769
【それじゃ、大体の方向性は決まり…かな】

771 : ◆hbXINcGvbE :2010/06/08(火) 14:20:44 ID:???
>>770
【そうだね、最初は洗脳が思わしくないゼオラを快楽で躾けるために呼び出そうか】

772 :ゼオラ・シュヴァイツァー ◆EhR5ie4bf6 :2010/06/08(火) 14:27:06 ID:???
>>771
【だとしたら、書き出しは私から…かな】
【それと私からお願いなんだけど、洗脳が終わって完全に貴方の思い通りになったら】
【ファルケンなんかより、ずっと強力でラピエサージュみたいな禍々しい機体と】
【卑猥なパイロットスーツ、卑猥な普段着とかも貰いたいな】


773 : ◆hbXINcGvbE :2010/06/08(火) 14:30:59 ID:???
>>772
【ちょっとした書き出しでいいのでお願いするよ】
【研究者の部屋、もしくは休憩室とは名ばかりの性交部屋。他にいい場所が思いついたらそれでもいいし】
【洗脳し終わったらいかにも悪役に変貌ってわけだな。任せといてくれ】
【普段着は最初から与えておいてもいいかもしれない】

774 :ゼオラ・シュヴァイツァー ◆EhR5ie4bf6 :2010/06/08(火) 14:41:25 ID:???
>>773
【私が以前洗脳されてた時以上に敵に対しては冷酷非情に】
【貴方に対しては、従順で淫乱で変態なマゾ奴隷件優秀なパイロットに私を変えてね】

【それじゃあ、普段着は既にもらっておこうかしら】
【あと、いつまでも貴方じゃなんだから適当に名前でもあるといいのだけど】

775 :ゼオラ・シュヴァイツァー ◆EhR5ie4bf6 :2010/06/08(火) 14:50:37 ID:???
(ここに捕らわれ、洗脳を受けて数日後)
(先の戦闘でビルガーを確認した途端、精神が不安定になった為に戦闘中に回収されていた)
(その件で話があると、ここのトップである研究者に呼び出され、所長室とも言える部屋を訪れる)

失礼します。
(部屋に入るなり、直立不動で立ち男が口を開くのを待つ)

(ゼオラが今身に付けている衣服は、殆ど紐のような物でV字の形状をしたそれは)
(乳首と股間を辛うじて隠している、卑猥なものだがそれを当たり前のように着こなしており)
(また今の姿が恥ずかしいとも思っていないようだ)

776 :クリフ・ソラミヤ ◆hbXINcGvbE :2010/06/08(火) 14:51:40 ID:???
>>774
【それは楽しみだな、じっくりマゾ奴隷パイロットに躾けてやるからな】

【名前を付けたが、半分は日系の人間だと思ってくれ。日本人に近いほうがなんとなくやりやすいのでな】
【まだ始まる前なのだが1〜2時間ほど席を離れないといけなくなった】
【この時点で凍結はしてもらえるか?後日でもいいし、今日の夕方なら再開することは可能だ】

777 :ゼオラ・シュヴァイツァー ◆EhR5ie4bf6 :2010/06/08(火) 14:58:20 ID:???
>>776
【凍結はいいけど、一時間か二時間か、はっきり解ると助かるかな…】

778 :クリフ・ソラミヤ ◆hbXINcGvbE :2010/06/08(火) 14:59:54 ID:???
>>777
【一時間だとギリギリなので、一時間半後にはちゃんと戻ってくる】

779 :ゼオラ・シュヴァイツァー ◆EhR5ie4bf6 :2010/06/08(火) 15:04:15 ID:???
>>778
【それじゃあ、またそれくらいに…】
【楽しみに待ってるね】

780 :クリフ・ソラミヤ ◆hbXINcGvbE :2010/06/08(火) 16:12:08 ID:???
【ゼオラ、お待たせだ】

781 :ゼオラ・シュヴァイツァー ◆EhR5ie4bf6 :2010/06/08(火) 16:16:13 ID:???
>>780
【お待たせしました、クリフ様】
【クリフ様の忠実な性奴隷ゼオラをたくさん洗脳、調教してください】
【クリフ様、改めてよろしくお願いいたします】

782 :クリフ・ソラミヤ ◆hbXINcGvbE :2010/06/08(火) 16:21:12 ID:???
【ゼオラを調教していくのが楽しみで仕方がないんだ】
【ああ、こちらこそよろしく頼むよ】

>>775
……入れ。
(洗脳が思うように進んでいないゼオラを呼び出したが、きっちり時間通りにやって来たゼオラを所長室に招き入れる)
(姿勢正しく指示を待つゼオラの洗脳は完璧に思えるのだが)

ゼオラよ、君の忠誠心を疑いたくはないのだがいささか不安な報告を受けたんだ。
なので君を試すことになるが……なに、大した事ではないさ。
(ほぼ全裸と言っても差し付けない、局部と大事な場所を隠すだけの紐状の衣服)
(顔色一つ変えないゼオラの大きな乳房をおもむろに鷲掴みにし、どのような反応をするか顔色を窺っていた)

783 :ゼオラ・シュヴァイツァー ◆EhR5ie4bf6 :2010/06/08(火) 16:30:05 ID:???
>>782
私を試す?
はい、分かりました。
あふぅ…
(胸を鷲掴みにされると、吐息を漏らして顔を赤らめる)

どうですか、私のいやらしいおっぱいの触り心地は…気に入っていただけてますか?
(胸を張り、より触れやすくし)
(媚びるような目を男に向けていた)

784 :クリフ・ソラミヤ ◆hbXINcGvbE :2010/06/08(火) 16:40:16 ID:???
>>783
そうだ、君の忠誠心を試させてもらうだけだよ。
疚しいところがなければ…何も苦になることはないから。
(乳房を掴んでみれば嫌がるどころか感度は良好なようで、赤らんだ顔を見ればつい口元を歪めてしまう)

触り心地はそれなりといったところか…たかが触っただけで満足させられると思うよな?
ゼオラ、こっちに来るんだ。
(身に纏った白衣を脱げば、綺麗に純白のシーツを広げたベッドに腰を下ろしていく)
(一度だけ手招きし、あとは冷たい視線をゼオラに浴びせていくだけで)

785 :ゼオラ・シュヴァイツァー ◆EhR5ie4bf6 :2010/06/08(火) 16:52:48 ID:???
>>784
はい、わかりました。
どうか私の忠誠心をお試しください。
(手招きされれば、ベッドの傍まで近づいていきその場で跪く)
(乳首を隠していた布地を引っ張り、胸の外側へと外し乳首を晒す)
(肩に掛かっていた部分が外されたせいで衣服は脱げて)
(柔らかく豊かな胸と肉付きのよい尻を持つ裸体が男の前に晒された)

786 :クリフ・ソラミヤ ◆hbXINcGvbE :2010/06/08(火) 16:57:07 ID:???
>>785
なんと美しい体だ。
よし、ならば忠誠を誓うキスをしてもらおうか?
(跪いたゼオラの眼前に仁王立ちになれば、スラックスを下ろして己の股間を晒していく)
(まだ反応を示していない大人しい肉棒を晒しそれを指さした)
(手や足にキスするのではなく、そこにキスをして忠誠を誓えという意味だった)


787 :ゼオラ・シュヴァイツァー ◆EhR5ie4bf6 :2010/06/08(火) 17:04:14 ID:???
>>786
はい、わかりました。
(目の前に晒されたペニスを目にして、ゴクリと唾を飲み込んで)
(恭しくそれに手を添えて持ち上げると、ゆっくりと唇を近づけていくそこまでは順調だったが…)

や、ぁ…い、嫌…嫌ぁぁ…
こんな、こと……助けて…
(唇が触れる直前、途端に拒絶し始めてそのまま顔と手を離してしまう
)

こんなのもう嫌!嫌!嫌なの!
アラド…アラド…助けて…早く助けてくれないと…私…私…

788 :クリフ・ソラミヤ ◆hbXINcGvbE :2010/06/08(火) 17:13:33 ID:???
>>787
ほお、あの洗脳を受けても自我がこんなにも残っているとは。
(報告にあったため驚くことはなく、助けを求めるゼオラをただ静かに見下ろしていた)
(洗脳をさらに強固なものにするため薬の力を使用すると決めていた男の手にはカプセル状の物体が握られていた)

ここから躾けていくのも楽しいんだ。
ゼオラ……んうっ!
(抵抗しないよう片手を掴むとゼオラの口内にカプセルを放り込み)
(飲み込むまでその口を塞いでしまおうと、素早くキスして蓋をした)

んううっ…んっ!
(全裸のゼオラを抱きしめると、その身体を求めるためベッドへと引きずり込んでいく)

789 :ゼオラ・シュヴァイツァー ◆EhR5ie4bf6 :2010/06/08(火) 17:31:03 ID:???
んっ!んぅぅ!
(カプセルを飲み込み、口の中を蹂躙されて)
(身体の力が抜けた所をベッドに引き摺り込まれる)
(洗脳が不完全でも、調教の方は施した分しっかりて反映されている為)
(敏感になっており…)


【もっと、奴隷として扱って貰えると嬉しいです】


790 :クリフ・ソラミヤ ◆hbXINcGvbE :2010/06/08(火) 17:44:50 ID:???
>>789
さあ、ゼオラ…この身体は誰の為の物か言ってみろ。
パイロットではなく、女としてのゼオラは俺を喜ばせるための道具だ。
(薬のせいでおそらく火照っているであろう身体に触れて)
(品定めするように、胸から腰のラインにかけて指をなぞらせていく)

理解しているのか?
この胸も…何もかも…!この私の物だということを…
(声を荒げる瞬間胸を掴むに力がこもり、跡がつくほどきつく胸を握り)
(男としての本能を隠そうともせず両手は零れんばかりの乳房を揉みしだいていく)

【ちょっと乱暴な雰囲気にしてみましたが、ねちっこい責めがいいでしょうか】

791 :ゼオラ・シュヴァイツァー ◆EhR5ie4bf6 :2010/06/08(火) 17:59:57 ID:???
>>790
この、身体は…クリフ…様…
嫌、違う…クリフ様…アラド…アラドの…クリフ様…
(元より開発され尽くした淫らな身体を撫でられ敏感に反応する)
(洗脳が解けるかどうかの境界で、自身の心と暗示の狭間で苦しんで)

はぁぁ、クリフ様の…ものぉぉ…
クリフ様…スクールの為に…違う…
アラド、助け…クリフ様ぁ…
クリフ様のものぉぉ…
(クリフの手の中で胸はクリフが胸を掴むまま、自在に形を変えて程よい弾力で押し返す

【私はどちらも好きですよ】
【ただ、恋人やパートナーと言うよりも主人と奴隷、そうはっきりと上下関係がしている方が好きなので】


792 :クリフ・ソラミヤ ◆hbXINcGvbE :2010/06/08(火) 18:11:36 ID:???
>>791
まだか、薬もすぐに利いてくるだろう。
…強がっていられるのも今この瞬間だけだ…
(アラドの名前が混じるのは不快で、その名が聞こえるたび)
(大きな乳房に添えられた手はお仕置きとして肌に爪を食い込ませていく)

もう少しだ…お前は誰の所有物なのか、しっかり頭に叩き込んでおけ!
言ってみろ…クリフ様の憤りをゼオラの身体で発散してくださいと。
出来ないのか?早くしろっ!!
(高圧的に罵倒するが、視線は胸から股間へとゼオラの身体にばかり興味を示し)
(発育のいい身体を干渉しているだけでペニスは大きく勃起していった)

【このままの流れで楽しめそうですか?訂正できるとこがあればそうしますので】

793 :ゼオラ・シュヴァイツァー ◆EhR5ie4bf6 :2010/06/08(火) 18:28:11 ID:???
>>792
ひっ!ぎぃぃぃ!
(爪が立てられても漏れるのは快楽の声で)

クリフ…様のぉぉ、憤りをを…
ゼオラの身体で、鎮めてくださぃぅぃぃ!
(乳首は固くなり、股間も濡らし)
(クリフに命じられるまま、言葉を口にする)


【ありがとうございます】
【クリフ様も何かあれば仰ってください】

794 :クリフ・ソラミヤ ◆hbXINcGvbE :2010/06/08(火) 18:39:48 ID:???
>>793
よく言った!
ふふ…お前の身体で鎮めさせてもらおうか。
(股間を開かせれば淫らに濡らした秘所が見え)
(愛液を溢れさせる部位に、熱く滾るペニスを触れさせる)

丁寧に愛撫してやる必要もないだろう。
お前は勝手に感じていればいいんだ…くっ、ああ!!
(腰のくびれを持って下半身を少し浮かせると)
(洗脳と薬のおかげで潤いに満ちたそこにペニスを突き入れていく)


【ああ、何かあれば伝えることにする】

795 :ゼオラ・シュヴァイツァー ◆EhR5ie4bf6 :2010/06/08(火) 18:51:03 ID:???
>>794
ん、ぅぅ……
あ、はぁぁぁぁぁ!
(太く、固いペニスをゼオラの秘所は容易く受け入れ、膣壁が包み込むように締め付ける)
(薬が効果を発揮し始めて、洗脳しやすくし…)

太いぃ、太くて、固くてぇぇぇ…
気持ちいい…ですぅ。
アラドより、ずっとずっと…気持ちいいですぅ。
クリフ様のぉ、最高ですぅ。
ゼオラのオマンコ喜んでます…。

796 :クリフ・ソラミヤ ◆hbXINcGvbE :2010/06/08(火) 19:01:35 ID:???
>>795
う、ぉ…俺のが身体に馴染んでいくだろう?
ゼオラのおまんこ、んっ…馴染んで…
(ペニスで突くたび膣内が自分のペニスの形に馴染んでいくようで)
(快楽に流され、忠誠を誓うゼオラの奥に固いペニスをご褒美として突き込んでいく)

嬉しいだろう?
こんなに…突いてもらえて…
ほらっ!もっと喜べ!ゼオラの身体で…んぉっ…!
果ててくださいと…はぁ…言えっ!

【もうすぐ夕食の支度にかからなければいけない】
【よければ凍結にしてほしいのだが】

797 :名無しさん@ピンキー:2010/06/08(火) 19:12:36 ID:???
>>796
【分かったわ】
【再開はいつにする?】

798 :クリフ・ソラミヤ ◆hbXINcGvbE :2010/06/08(火) 19:15:24 ID:???
>>797
【土曜日はどう?時間は夜にしてくれると助かる】

799 :ゼオラ・シュヴァイツァー ◆EhR5ie4bf6 :2010/06/08(火) 19:17:23 ID:???
>>798
【ごめんなさい】
【土曜日は都合が悪い上に先の予定もたってないの】


800 :クリフ・ソラミヤ ◆hbXINcGvbE :2010/06/08(火) 19:19:38 ID:???
>>799
【残念すぎるけど続きは出来そうにないってことか】
【今日は振り回して悪かったな。俺ばっかり楽しんでしまったし】

801 :ゼオラ・シュヴァイツァー ◆EhR5ie4bf6 :2010/06/08(火) 19:24:41 ID:???
>>800
【本当にごめんなさい】
【また見かけたら遊んでね】
【スレを返すわ】

802 :クリフ・ソラミヤ ◆hbXINcGvbE :2010/06/08(火) 19:26:35 ID:???
>>801
【またな、今日はありがとう】
【スレをお返しします】

803 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/06/08(火) 21:51:27 ID:???
【エクセレン・ブロウニング ◆0uBC7UDnWsへの伝言にお借りします】

【少しご無沙汰しているけど、元気かな?】
【伝言板がもうじき埋まりそうだから、こちらに伝言を残させてもらうよ】

【もし良かったら、またロールの続きをしたいな…】
【全体の7割か8割くらいまで来てるから、最後まで付き合ってもらえたら嬉しいよ】

【取り敢えず今週は水曜の22時と、日曜の22時が空いてるし、来週も比較的空けられそうだから、またお相手願いたいな】
【お返事、待ってるよ】

804 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/06/09(水) 22:13:16 ID:???
【取り敢えず待機してみようかな…】

805 :イングラム・プリスケン ◆Ff4fWrrs3. :2010/06/09(水) 23:40:42 ID:???
【空待機も申し訳ないから、落ちるとするね】
【それじゃあ、連絡待ってる】

806 :名無しさん@ピンキー:2010/06/12(土) 19:21:08 ID:???
来ないかな

807 :春麗 ◆LGhwjoLBxk :2010/06/13(日) 02:15:10 ID:???
【シャドルーに寝返っていた仲間に不意をつかれて犯されそのまま悪堕ちしていまうシチュで待機します。】

808 :名無しさん@ピンキー:2010/06/13(日) 02:24:40 ID:???
>>807
【同じ捜査官だけど、実はシャドルーに寝返っていたスパイに……と言う感じでよろしいのでしょうか?】

809 :春麗 ◆LGhwjoLBxk :2010/06/13(日) 02:32:06 ID:???
>>808
【任務でシャドルーとの戦闘になった際に自分の後ろを任せるくらい信頼していた捜査官に裏切られ、その場捜査官やシャドルー戦闘員に屈服してしまう感じです】

810 :名無しさん@ピンキー:2010/06/13(日) 02:35:07 ID:???
>>809
【なるほど、了解です。実直そうに見えて鬼畜という感じで行きますね】
【シャドルー戦闘員に、と言うことはこちら複数というのをご希望でしょうか?】

811 :春麗 ◆LGhwjoLBxk :2010/06/13(日) 02:38:19 ID:???
>>810
【複数といえば複数になりますね。メインは捜査官で手の回らないところや言葉責めなどシャドルー戦闘員が出るくらいです。】

812 :紅龍 ◆I7swbJByKc :2010/06/13(日) 02:45:40 ID:???
>>811
【なるほど、了解です。戦闘員ではなく、ベガ親衛隊(キャミィとかユーニとかあのあたり)でもいいでしょうか?】
【名前は一応これで】

813 :春麗 ◆LGhwjoLBxk :2010/06/13(日) 02:52:34 ID:???
>>812
【では、前からキャミィ後ろからユーリに挟まれた状態で背中合わせに双方戦おうとする感じからでよろしいでしょうか?】

814 :紅龍 ◆I7swbJByKc :2010/06/13(日) 02:57:24 ID:???
>>813
【はい、それでOKですよ】
【ああ、NGなどを伺えますでしょうか?】

815 :春麗 ◆LGhwjoLBxk :2010/06/13(日) 03:02:35 ID:???
>>814
【ユーリとユーニを間違ってたみたい。どうせなら両方でいいかな。】
【NGはグロスカふたなり改造かな。あとはだいたい大丈夫だと思う。】

816 :紅龍 ◆I7swbJByKc :2010/06/13(日) 03:08:58 ID:???
>>815
【ふむふむ、それならキャミィは除けてユーニ、ユーリで。と言ってもきっちりと演じられるわけではないかもですが……(汗)】
【NG了解しました。では、開始そちらからお願いできますでしょうか?】

817 :春麗 ◆LGhwjoLBxk :2010/06/13(日) 03:20:30 ID:???
>>816
(シャドルーにまた怪しい動きがあったので再びベガを倒しに行くことになった。)
(この前とは違い新たなパートナーを得て軽々と突き進んでいく。)
(さすがにベガの近くになると動きも察知されているようで親衛隊のユーリ、ユーニに前後から挟まれる形になる。)

紅龍、後ろの方は任せたわ。倒せなくてもいいから私が前を倒すまでは負けないでね。

(あらたなパートナーは春麗と共に数々の修羅場をくぐり抜けてきた。少なくともユーニに負かされることはないと確信していた。)

818 :紅龍 ◆I7swbJByKc :2010/06/13(日) 03:35:06 ID:???
>>817
(インターポールで春麗と共にシャドルーを追う捜査官)
(だが、実はすでにシャドルーに通じている裏切り者であった)
(武術の達人であり、実直な性格……そう見せかけて春麗の信頼を得てきた)
(それも、この時のため)

ああ、任せろ……
お前に近づけやしないさ。

……そう、近づけたりは、な。

(背を任せるように前に向き直る春麗の背中に、頸を打ち込む)
(身体機能を狂わせる効果を持つ頸を……)

819 :春麗 ◆LGhwjoLBxk :2010/06/13(日) 03:44:43 ID:???
>>818
わかっているから。さあ気合いをいれていく…わ…よ。
(予期せぬ方向からの攻撃を全く防御できず食らってしまいその場に倒れ込んでしまう)

どういう…こと…私への恨み?それとも…裏切り…
(思うように動かない体を必死に動かそうとするがほとんど動けない。)

820 :紅龍 ◆I7swbJByKc :2010/06/13(日) 03:50:13 ID:???
>>819
恨みはないな。
裏切りといえば裏切りか。
(冷静な様子で春麗を見下ろし)

身体が動かんだろう?
こういう頸の使い方は見せたこともなかったしな。
抜くツボもわかるまい?

(ユーニとユーリが近づいてきて)
ちょうどいいところに来た。
準備してやれよ。そう言うの得意だろ、おまえら。
(横柄に命じると、二人は嫌な顔一つせず、春麗に近づき)
(ユーニが春麗を背後から羽交い締めにするようにして起こし、ユーリがその太股に触れて撫で回していく)

821 :春麗 ◆LGhwjoLBxk :2010/06/13(日) 03:59:21 ID:???
>>820
【ちょっと時間がかかりすぎてきついかな。私もうまくできてないので気にしないでください。】

822 :紅龍 ◆I7swbJByKc :2010/06/13(日) 04:00:30 ID:???
>>821
【申し訳ない……】

823 :シェルミー ◆97f129nt2hq4 :2010/06/13(日) 22:00:44 ID:???
【待機します】

824 :名無しさん@ピンキー:2010/06/13(日) 22:04:32 ID:???
>>823
お相手よろしいですか?

825 :椎名遼 ◆ekZtn67LDEam :2010/06/13(日) 22:09:07 ID:???
KOFのシェルミーなら相手して欲しい……

826 : ◆ekZtn67LDEam :2010/06/13(日) 22:11:03 ID:???
すいません、スルーしてください


827 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/15(火) 21:31:55 ID:???
名前:ボウケンピンク/西堀さくら
年齢:22
身長/体重:162p
3サイズ:B85W61H84
髪型:結って流した黒髪のロング
性経験:処女
性格:生真面目の丁寧語口調
服装:SGS支給のピンクのジャケット。ベージュのミニスカート、ベージュのロングブーツ
身体的特徴:華奢な身体つき
M希望:奴隷犬にして見世物にしてください。尊厳を打ち崩す感じで弄っ手いただければ幸いです。
できれば、最終的には両手両脚を切除してくれるとうれしいです。できればで結構ですが。

10半まで待機します。

828 : ◆eDcm987OIM :2010/06/15(火) 21:43:17 ID:???
もうすでに捕まってて奴隷調教始めるところからでいいのかな?
洗脳したり催眠術かけたりして奴隷犬にしてゆく感じでいい?
見世物って事なら街中での野外調教というシチュでしてみたいな。

829 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/15(火) 21:45:13 ID:???
構いません。
ただ、できれば戦って敗北だとうれしいですね。
戦闘開始→敗北の流れで


830 : ◆eDcm987OIM :2010/06/15(火) 21:48:54 ID:???
了解。戦闘中に催眠術を使うのはありかな?
危険なプレシャスがあるという嘘情報でさくらをおびき出し
罠にかけて奴隷犬にするのが目的だったという流れで
こちらから書き出しをしてもいいかな?

831 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/15(火) 21:49:47 ID:???
結構です。よろしくお願いします。
敵キャラの設定もお願いしますね。

832 : ◆eDcm987OIM :2010/06/15(火) 21:54:01 ID:???
よしよし、情報操作はこれでOK、と
これで暴れればボウケンピンクだけがここにやってくるはずだ。
(黒っぽい肌で人間に近い体躯で2m近くの身長があり)
(腹にはMCの力を秘めた機械が埋め込まれている怪人が街中に現われると)

よーし、出て来いボウケンピンク!!
(ビームを放ちながら街を破壊しはじめ、さくらのおびき出しを始める)

【それじゃあ、よろしく】

833 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/15(火) 22:00:57 ID:???
「無駄な破壊はやめなさい! プレシャスはわたしたちが安全に保護します!!」
黒い艶を放つ髪をなびかせ、西堀さくらが眼前に現れる。
眉を寄せきつく相手を睨む。

「ボウケンジャー、スタートアップ!!」

素早く肩のホルダーからアクセルラーを引き抜くと腕にあてがい、一気にタービンを回転させる。
一瞬の輝きと同時にさくらの姿はアクセルスーツをまとった戦士―ボウケンピンクへと変わる。


「あなたはいったい、何者なんです!?」
携行装備である可変銃サバイバスターを構えて叫ぶ。

【よろしくお願いします。名前があるとやりやすいです】

834 :ガルガント ◆eDcm987OIM :2010/06/15(火) 22:05:13 ID:???
おお、来たか。何者?何者ねえ。
一応名前だけでも教えておくか。俺は催眠魔人ガルガント!
貴様のような生意気な女を奴隷犬に変えてやるのが目的だ!
(にやにやと笑いながらさくらに向かって手を突き出して構える)

分かったかい?ボウケンピンクの西掘さくらちゃんよ!
(腕からまぶしく光るビームが何筋も発生し)
(それがさくらのいる足元のコンクリートを直撃し)
(バチバチと火花を散らしながら小爆発が何度も起こる)

835 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/15(火) 22:13:52 ID:???
「ガルガント? 知りませんね。あなたは私を知っているようですが…どういうつもりかわかりませんが、あなたがネガティブシンジケートの一員であることは確かなようです!」

ボウケンピンクはスーツによって十数倍に高められた身体能力を解放し、ビームを擦りぬけながら敵との間合いを詰めていく。
(くっ…! 結構素早いですね…手数も多い。チーフたちが間に合えばいいんですが…)
仲間は別動隊に足を取られて救援に来れないことをさくらは知らなかった。
地表を抉るビームの猛攻がやんだ一瞬の隙。
「はぁっ!」
地を蹴り、空高く舞いがある。

「サバイブレード!」
そのまま空中で武器の刃を起こし、敵との距離が零になる瞬間の斬撃を狙う。
微細に振動する刃が相手の体を袈裟がけに切り裂けと、大きく刃を振りおろした―…


836 :ガルガント ◆eDcm987OIM :2010/06/15(火) 22:17:09 ID:???
くくく…近づいて来い…そうだそこが射程範囲だ
(呟きながらMCマシンをONにする)
(さくらが一定距離まで近づいた瞬間、さくらも気付かぬ内に催眠術にやられ)

おっと!
(さくらの認識が催眠術によって惑わされ)
(ガルガントめがけて振り下ろしたはずの刃は)
(ガルガントのすぐ横の地面を空しく叩く)

どこ狙ってんだよ!ハハハ!
(そして、すぐさまさくらの横っツラを叩くように拳を振るい)
(ガルガントがさくらを地面に叩き伏せようとする)

837 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/15(火) 22:24:02 ID:???
敵と相手の距離が消滅するその瞬間、視界が歪に乱れる。
「え…?」
一瞬、気を取られがるガルガントから視線を外す。
(!?)
ガルガントが、消えていた。
敵の体を切り裂くはずだった刃は地面へめり込み、背後から嘲笑が浴びせられた。
背後で無傷のまま不気味な笑いを浮かべるガルガントに違和感を覚える。
(な…加速機能…それにしても視界にノイズがかかったような、あれは一体…? あれはマスクの故障ではなく、わたしの視界が歪んでいた…?)
考える暇を与えず、逆に間合いを詰めたガルガントの拳がボウケンピンクのマスクを殴打する。
「きゃああああああ!!」
横薙ぎの衝撃にボウケンピンクの体は地面へとしたたかに叩きつけられた。
(またです…また視界が歪んだ…一体、何を…?)


838 :ガルガント ◆eDcm987OIM :2010/06/15(火) 22:28:21 ID:???
よしよし、いい感じだな…次は…
(MCマシンがキィィンと鳴り始める)
(さくらの脳波に催眠電波が浴びせられると)
(さくらにはガルガントが恐ろしくて敵わない相手に思わされ)
(恐怖心と服従心でさくらの脳味噌が占領されてしまう)

しょうがない、俺とお前の力の差はありすぎるからな。
(そして、さくらの胸倉をぐいっと掴み、起き上がらせ)
(ガルガントの言葉に逆らえないように洗脳していく)

ここで降参すればこれ以上痛めるつもりは無いぞ。
大人しく降参して俺の奴隷犬になると誓え、分かったな?
(催眠電波の出力を上げながら脅迫するように誓わせる)

839 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/15(火) 22:42:13 ID:???
(うっ…ま・またです…気のせいじゃ…な…かった…)
今度ははっきりとさくらの脳裏を揺さぶるように干渉してくる“何か”の力を感じていた。
激しく揺さぶられるなかで精神は酩酊していく。もはや、視界は二重三重にダブり昆虫の複眼の様にいくつもの世界が目の前に現れ、そのすべてをガルガントが占めていた。
「…プレシャスを…回収…し・なけれ…ば……」
それでも己が職務を果たさんと立ち上がるが、異変はさらに強くなっていく。
おぼつかない手つきで武器を構えるが、先ほどまでの切れはなく刃は震えている。
「あぁ…っ……――――…ぁぁ………」
背筋に走る戦慄。強化服を着ていて初めて感じた悪寒にさくらは震えた。
―――怖い。
相手が、ガルガントが怖い。
自衛隊特殊部隊を前歴に持つさくらにとって、それは初めて感じた敵への恐怖そのものだった。

ガルガントには敵わない…
ガルガントとは力の差がありすぎる…
ガルガントには屈服されるしかない…
ガルガントには降伏しなければならない…

関を切ったように溢れ出す恐怖の感情とさくらは必死に戦っていた。
ガルガントが隷属を、さくらに迫る。
(…降伏すれば…助けて…もらえ…ま…す―――…)

「…あ・あなたには…ま・負けません…―」



言ってしまえば、これまで培った大切な何かがへし折れて、もう戻ってこれない。
そんな漠然とした、しかし確信めいた不安にさくらの口をついたのは蚊の鳴く様な反抗の言葉だった。
しかし、さくらの尊厳はミシミシと音を立てて限界を迎えようとしていた。

【じっくり洗脳してやってください】

840 : ◆eDcm987OIM :2010/06/15(火) 23:07:52 ID:???
【すいません回線トラブルが起きました…】
【とても心苦しいのですが今回は破棄という事でお願いできますでしょうか】

841 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/15(火) 23:09:09 ID:???
わかりました。残念です。他にお相手をしていただける方、12時までお待ちします。

842 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/15(火) 23:09:35 ID:???
本日はありがとうございました。

843 :名無しさん@ピンキー:2010/06/15(火) 23:23:49 ID:???
>>842
帰っちゃったのかな。残念…

844 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/15(火) 23:25:53 ID:???
大丈夫です。まだいますよ。

845 :名無しさん@ピンキー:2010/06/15(火) 23:36:05 ID:???
>>844
以前「女の子同士で」で相手してもらった者だけど、また相手してもらえるかな。
それと、どうせなら両手足を切断して見世物用になってもらうより、
怪人に改造して、部下として使っちゃいたいんだけど、そういうのはダメかな?

846 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/15(火) 23:38:50 ID:???
お久しぶりです。
どんな怪人でしょう? なるべく無様なのがいいんですが…

847 :名無しさん@ピンキー:2010/06/15(火) 23:49:33 ID:???
>>846
お久しぶりです。
犬の習性を植えつけられた犬の怪人や、
見た目でいくなら、イカやタコの怪人はどうでしょうか?

848 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/15(火) 23:56:09 ID:???
犬怪人よさそうですね。
屈服させられ、洗脳されて、犬怪人に…それでいきましょう。
今回もよろしくお願いします。

849 :名無しさん@ピンキー:2010/06/16(水) 00:11:54 ID:???
>>848
今回も私は女の方がいいでしょうか?
それとも醜悪な男の怪人にいたしますか?
またプレイのご希望等はございますか?

850 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/16(水) 00:17:03 ID:???
キャラクターの性別はお任せします。
一点だけ、さくらを奴隷犬にすることに強いこだわりさえ持っていて下さればそれで構いません。
さくらに対して強い劣等感を持つ裏返しで、征服したいという願望を持つといったらわかりやすいでしょうか。
プレイは今度は屈辱を与えることをメインにしていただければ方法も問いません。
犬怪人という内容的にMCかと思うのですがw

851 :名無しさん@ピンキー:2010/06/16(水) 00:33:53 ID:???
名前:邪悪竜グラキ
身長/体重:202p
外見:巨大なツチノコのような怪人。非力だが頑丈。
   全身からあらゆる毒を分泌する
性格:下卑た丁寧な口調。激昂すると粗野になる

こういった形でいかがでしょうか?
屈辱と言えば、身体操作やマーキング、脱糞などが思いつきますが…。

852 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/16(水) 00:34:40 ID:???
大丈夫ですよ。
はじめましょうか。今回はそちらからでよろしいですか?

853 :邪悪竜グラキ ◆LGhfW73aL6 :2010/06/16(水) 00:57:11 ID:???
ゲヒッ、ヒッ、ヒィ、ヒィーッ!!

(笑うような、泣き叫ぶような、引きつった声を上げながら一匹の蛇が野を駆ける)
(その手に握っているのは、見た目から既に高貴な雰囲気を漂わせている紅玉)

こんな…ところまで、追ってくるとはッ…
いささかしつこいんじゃないですかねぇ、お嬢さん!

(軽口でありながら、その声色には全く余裕は無い)
(グラキの背中には無数の傷がある。全て、逃亡しながら受けたものだ)
(グラキの体を覆う毒の粘液が微妙に攻撃をそらしていても、やはりダメージは避けられない)
(追いつかれれば死。それがグラキの置かれた立場だった)

グヒィー、ヒィー…あのくされアマ…
ここまで逃げちまえば、さすがに…

(森林に逃げ込み、息を整える)
(後は地中に逃げ込み、宝と共に帰還することも可能…なはずだった)

854 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/16(水) 01:08:19 ID:???
「見つけましたよ、邪悪竜グラキ」
そう言いながら、ボウケンピンク=西堀さくらは目の前の醜い怪物を見やった。
スーツ越しにもその傷口から垂れる体液の匂いが漂ってきそうで、無表情な仮面の下、さくらは顔を強くしかめた。
哀れな竜はあっさりと自分の居場所が割れたことにひどく動揺しているようだった。
「あなたはもう、終わりです。森の中に隠れれば逃げられるとでも思いましたか? 体液をそこら中にばらまいて逃亡すれば追いかけてきてくださいと言っているようなものです。
…お粗末にも限度がありますね」
そう言いながら、専用兵装ハイドロシューターを構える。

「プレシャスを渡してください。それはわたしたちが安全に保護します」

努めて冷静に、圧倒的優位に立った立場に驕ることもなくさくらはいつもと変わらぬ口調で言い放った。
(それにしても、みんなとは大分離れてしまいましたね…この森は磁場が強くて通信が不安定です。早くこの場を収めてしまわないといけませんね)


855 :邪悪竜グラキ ◆LGhfW73aL6 :2010/06/16(水) 01:25:40 ID:???
「グギッ、ヒィッ!!」

冷たい宣告に、巨大な竜が身を震わせる。
真っ向勝負ではたった一人のボウケンジャーにすら、この邪悪竜は勝てない。
――そう、それが真っ向勝負であれば、だ。

「わ、わかりましたよ、お嬢さん。
 確かに貴方達に渡したほうがいい。私には過ぎた宝だったようだ。
 今から渡すから、こっちに来てくれないか?
 罠が怖いのなら、ほら、こうして手を上げておくから、さ」

両手を上げ、屈服の体勢をとりながら、ボウケンピンクの接近を待つ。
冷や汗の代わりなのか、体液はますます量を増し、辺りに甘ったるいにおいを漂わせていた


856 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/16(水) 01:36:55 ID:???
「…いやに諦めがいいんですね」
両手をあげてさっさと白旗を上げたグラキを訝しがりながらも、ボウケンピンクは銃口の照準をそらした。
「そのままプレシャスを地面へ置いて後ろへ下がりなさい。回収を完了次第、あなたを拘束します。どの道、あなた方ネガティブをほおってはおけませんから」
相手がどんなに従順だろうが、敵はジャリュウ一族の邪悪竜だ。さくらに油断はない。
目立った特性といえば、精々身体が粘液に包まれていて攻撃を受け流せる程度だ。
しかし、完璧に防御しているわけではない。
それだけ、だ。
「何をたくらんでいるか知りませんが、無駄ですよ。この森にはわたし以外にも仲間がいますし、あなたの負けは確定的です。余計なことは考えないほうが身のためです。抵抗しなければ命まで取ろうとはしません」
そう言いながら、下卑た笑みを浮かべながら宝を地面へ置き後ずさるグラキを睨み据える。
さくらの視界には先ほどからグラキの体から立ち上る得体のしれない物質の増加をとらえていた。

(別に毒物というわけではないようですね…まさか、仲間だけに感じ取れるSOSでしょうか?)

思考を張り巡らせながら、さくらは地面の勾玉へ近づいて行った。



857 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/16(水) 02:23:06 ID:???
【凍結?でいいのでしょうか。一応、明日夜10時に来ます】

858 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/16(水) 22:06:11 ID:???
待機します

859 :名無しさん@ピンキー:2010/06/16(水) 22:11:28 ID:???
ロールのノリが好きだから、この間のお相手来なかったらお相手願いたいね
戦隊は分からないから別キャラ希望になりそうだけど…

860 :邪悪竜グラキ:2010/06/16(水) 22:16:56 ID:???
昨日はいきなりいなくなってしまってすみません…
今晩は少し早く帰れそうにありません…
明日なら10時にはいられるのですが…

861 :名無しさん@ピンキー:2010/06/16(水) 22:18:56 ID:???
>>860
今、別スレでロール中だもんな、○○○○で

862 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/16(水) 22:21:31 ID:???
>>859
お申し出は大変ありがたいのですが、これ以外のキャラは逆に私ができないので…すみません

>>860
わかりました。何かトラブルがあったのかと思い心配してました。
忘れられてなくて良かったw 明日、お願いするということでよろしいでしょうか?

863 :邪悪竜グラキ ◆LGhfW73aL6 :2010/06/16(水) 23:04:49 ID:???
>>862
とりあえず帰ってこれたけど…もうさすがにいらっしゃいませんか?

864 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/16(水) 23:08:16 ID:???
いますよw
やりますか?

865 :邪悪竜グラキ ◆LGhfW73aL6 :2010/06/16(水) 23:10:49 ID:???
>>863
よかった。
もしよかったらお相手していただけますか?

866 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/16(水) 23:14:26 ID:???
わかりました。前回の続きからお願いします。

867 :邪悪竜グラキ ◆LGhfW73aL6 :2010/06/16(水) 23:32:24 ID:???
「小娘が…調子に乗ってくれる…」

聞こえぬよう、忌々しげにボソリと呟き、グラキは勾玉を地面に置く。

「…諦めが良いも何も、貴方の言うとおりですからねぇ。
 この森には恐らく貴方の仲間もすぐに入ってくる。
 無駄な抵抗はしない方が身のためというものでしょう?」

数歩、間合いを置きながら

「貴方の分析能力も大したものだ。
 私が毒を使えることは全てご存知なのでしょうねぇ。
 …ああ、ご褒美と言うか、情けと言うか、一つだけ教えていただけますかねぇ。
 いえいえ、貴方のその分析能力に関するものですよ。つまり、毒はわかってしまうとしても――」

と、ここまで言った瞬間、グラキのまとう空気が一変した。

「――薬もわかりますかねぇ?」

次の瞬間、ボウケンピンクの足元は脆く崩れ去った。
それをしたのはグラキではない。グラキの体液により異常に活発化した蟲たちの行いだ。

「ええ、ええ、余計な抵抗などいたしませんとも!
 ですが、貴方を捕らえ、逃げおおせるなら、それは余計でも何でも有りませんよネェ!!」

逃げ場をなくすように、グラキは体液を投げつける。
人間であれば一滴でも昏倒するほどの麻痺毒が、縦横に飛散し、ボウケンピンクに襲い掛かる。

868 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/16(水) 23:56:23 ID:???
「なっ…!?」
地表が大きく歪み、足元が大きく沈んでゆく。
勾玉とグラキ、二つの対象に注意を向けていたために反応が遅れた。
体勢が大きく崩れ、ボウケンピンクは自らの足元の異変に目をやった。

「む・虫…!? …い・いやああああああ!!!!!」

先ほどまでの機械を思わせる冷徹さから一転し、さくらはマスクの下で悲鳴を上げた。
思わぬ伏兵が生んだ効果はさくらの精神に更なる動揺を与えた。


(何を投げつけて…ま・まさか……毒を!?)
マスクのディスプレイに表示された体液の組成は強力な麻痺毒。
だが、冷静に考えればスーツをまとったボウケンピンクにそれは無効であり、仮に浴びたとしても無害である。しかし、グラキが振りまいた毒の結界にさくらのとった行動は適切とは言い難かった。

「ハ・ハイドロシューター!!」

上ずった口調で毎秒90リットルの水流を放つジェットウォーターガンの引き金を引く。
たちまち辺り一面に放水される水のベールがグラキの姿をかき消してしまった。
視界から消えた敵の姿をせわしなく求めた時、勝敗は決していた。
背後から押さえつけられ、敵の腕が背面のベルトに収められたアクセルラーを抜き取ったからだ。



869 :邪悪竜グラキ ◆LGhfW73aL6 :2010/06/17(木) 00:24:13 ID:???
「いけませんねぇ、戦いの最中に、自分から視界を閉ざすだなんて!
 幾ら私が非力と言えども、これでも邪悪竜の端くれなんですよぉ?」

予想外の素早さでさくらの背後に回り、アクセルラーを抜き取ったグラキ。
その膂力はジャリュウとしては弱くとも、人のままで抗うにはあまりに強い。

「く…くく、く…クヒィ?」

さくらを抑えるグラキの体表から、ぼたぼたと体液が漏れる。
毒は瞬く間にさくらを冒し、触れた箇所に発熱したかのような痛みと気だるさをもたらしていく。

「グヒッ! グヒィーヒッヒッヒヒッ!
 てめぇの実力を過大評価し過ぎなんだよぉ小娘がァ! 
 冷静さが見る影もねぇ! 無様なもんだよなぁグヒヒヒヒヒヒッ!」

鋭い爪が、さくらの肌に僅かに刺さりながら、毒を流し込んでいく。

「そぉんなに蟲が嫌いですかぁ? 人間も蟲も同じ下等生物じゃないんですかぁ?
 同じ地球船宇宙号の仲間だろ、仲良くしろよぉ! ギヒヒヒィーッ!」

甘ったるすぎて、鼻が痛くなるほどの臭気をばらまきながら、
グラキはおさえつけたさくらの頬を嘗め回す。

「ギヒ、ヒ、ヒヒッ…ヒィー……ヒィー…ふぅ…あ、安心してくださいよぉ。
 抵抗しなければ、いいえ、抵抗しても命は取ってあげません。
 貴方には私の邪魔をしてくれた罰を受けてもらわないとねぇ!」

ひときわドロリとした青い粘液が、舌を伝わってさくらの口中へと流し込まれた。

【まずは体のみ操って、街中で露出プレイなどいかがでしょうか?】

870 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/17(木) 00:53:12 ID:???
「あ! それは…!!」
かつての戦いでボウケンジャーの弱点がアクセルラーであることは一部のネガティブに知られてしまっていた。しかし、これまでにそれが大きく問題として取り上げられたことは少ない。
敵に戦闘中にアクセルラーを奪われる事象は少なかったからだ。
複雑なキー操作を敵が解明していないということが主だった理由だった。
今までは。
ボウケンピンクの体が薄い燐光に縁どられ、舞い散る桜の花びらの様にスーツは光の粒子となって大気に溶けていった。
(そんな…スーツが…アクセルスーツの操作が行えるのはわたしたちとSGSの理事たちだけのはず…なんでこんな邪悪竜が…)
生身へ還元されたさくらの疑問を感じるいとまを与えず背後からグラキが羽交い絞めにする。
「くっ! 離しなさい!! 変身ができなくなったくらいであなたに従うつもりはありません!」
毅然と言い放つさくらの表情がグラキのプライドを刺激したらしい。
あるいは他の触れてはならないスイッチを入れたのか、竜の言動は明らかに荒くなっていた。
さくらの首筋に突き立てられた鋭い爪。
「あ…あ……あぁ…――…」
その先端に設けられた分泌線からグラキの体液がさくらの体内へ流し込まれる。

さくらの頬をざらついた舌が粘液を擦りこむように何度も這いずって行く。
「くぅ…っっ…!! や・やめなさい……!! や・やめて……――」
眉を寄せ、顔をそむけようとするが、無理やり正面に顔を向けられさくらはきつく表情をしかめた。
しかし、目の前の竜の姿がわずかにぶれる。
「な・んで――?」
まるで熱に浮かされたように声が、遠い。
(身体がだるい……こ・れは……敵の……声が…遠く……――)
さくらの意識が悲願に遠のき、抵抗が弱まったすきをグラキは見逃さなかった。
節くれだった指が、さくらの口を無理に開かせる。
「ひゃ……ひゃめてく…ださいっ!…や・ひゃめ…ひゃ……めぇえぇぇぇ―――――――…」
抗議の声を上げ身体を揺さぶるが、緩慢な動きはもはや抵抗とは呼べない代物だった。
「ふむんんん……ひゃめえええぇぇぇぇ……――」
堅い女。
「くっくちが…口を滑って…お・奥へ…――」
美人だが近寄りがたい雰囲気をまとうさくらにとって、初めての口づけは体内へありったけの粘体を喉の奥へぶち込まれる一生忘れられないものになった。

(い・や……――…嫌……―――)

わずかに視界が曇る。
しかし、それはにじみ出るほんの少しの涙のせいだった。

【はい、お願いします】

871 :邪悪竜グラキ ◆LGhfW73aL6 :2010/06/17(木) 01:11:30 ID:???
「キヒ…それじゃ、はじめましょうかぁ。
 ボウケンピンク、お前が私への非礼を詫び、罪を償うための大切な大切な儀式を。
 ギヒ、ヒィーッヒヒヒ…」

意識の暗転していくさくらを抱え、グラキは森の闇へと消えていく。
毒は、暴走した虫たちに余さず食い尽くされ、残ったのは僅かな粘液の後だけだった。

-----

ふらふらとさくらは夜の繁華街を歩く。
その足取りは夢遊病者のように儚く、頼りない。
事実、今のさくらは夢遊病者のようなものなのだ。
グラキの爪、首筋に一本だけ刺さったまま残された爪から流し込まれる毒により
さくらはその意識の大半を眠らされていた。

<いい格好ですが…これだけでは足りませんねぇ。
 目覚めなさい、さくら>

グラキの声が爪を介し、直接さくらの元に届く。
その瞬間、さくらの意識は殆どが覚醒した。
もっとも、その体の自由は未だグラキに奪われたままだったが。

<聞こえますか? 聞こえますよね。
 この声が聞こえているなら、貴方は起きている。もっとも、体は私の支配下にありますがね>

かすんだ声が遠くから響いてくる。

<美しいボウケンピンク。
 貴方はボウケンジャーでありながら、邪悪竜の私に負けてしまった。
 今から貴方は、人々にその償いをしなければいけません>

喜びを隠そうともしない、くぐもった下卑た声。
声は、さくら自身の意思とは関係なく、絶対的な命令となって体に響いていく。

<敬礼ッ!>

<西堀さくらに命令する! 
 お前の所属と姓名を大声で叫んだら、速やかに服を脱ぎ、その場に四つんばいになれ!>

872 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/17(木) 01:46:15 ID:???
きらびやかなネオンの極彩色の輝きが幻想の中にいるような錯覚をさくらへ与える。
(…ここは……どこなんでしょう……わたしは…一体…どこへむかっているんでしょうか……
――)
否、彼女は確かにまどろみの囚われ人。意思なく歩を進める人形そのものだった。
命令のない世界にさくらはいた。
これまで誰かが彼女に『命令』をくれた。父が、母が。自衛隊特殊部隊の上官が。
(―――――――……―――……………――)
そして、SGSがチーフの明石暁が西堀さくらに命令をくれた。
―自分だけの宝を探す冒険者。
自立した、落ち着いた、大人の女。誰もが西堀さくらに抱くイメージだ。しかし、明石の言葉に乗せられ、彼女は踊っているだけだった。
チクリ、と霞がかった意識に針でつつかれたような鈍い痛みが走る。
さくらは背筋をびくっと震わせ、その場に立ち止まった。
唐突に意識が回復する。
(…わ・わたし、どうして、ここは??)
直立不動の姿勢で気をつけしたまま、さくらの中から夢の中と同じ疑問がついて出る。
試しに指を動かそうとした。
(か・体が動きません…し・舌も…!! 一体、どうなって――…)
しかし、かつて脳からの指令で筋肉を刺激し関節を曲げて指を折り曲げたという作業は過去のものとなり果てていた。身体の感覚がまるでない。
(ま・全く動きません…!! これでは…助けを呼ぶことも……!)
道行く人々は固まったさくらを訝しげに見やりながら通り過ぎていく。
―――――――――――…
その時だった。
不意に脳裏にノイズが走る。

「はい! 聞こえます!! 身体の支配は全く効かず、一歩も動けません」

今までのことが嘘の様にさくらの口をついて言葉が飛び出した。
遠巻きにさくらを見つめる人々にどよめきが起こる。
その瞬間、さくらの意識の霧は晴れ、身体が自然と動いた。
水平に伸ばした手を額に付け、大きく背筋を伸ばす。

「敬礼っっ!! SGS財団極東支部所属轟轟戦隊ボウケンジャー・サブチーフ・コードネーム【ボウケンピンク】、西堀さくらは邪悪竜グラキ様に敗北しました!! これより、人々への償いを始めさせていただきますっ!!」

さくらは素早くSGS支給のジャケットに手をかけると手際よく袖を抜き取ると、
インナーシャツの袖に大きく手をかけた。
(…な・なんでこんなこと……くっ…身体が、勝手に…止まりません!! な・なんで、こんな…!!)
ミニスカートのジッパーを下す音が響き渡る。
ベージュのブーツを脱ぎ去り、紺のハイソックスを脱ぐと、さくらの美しい素足が露わになる。
(し・下着が……みんなに見られています!! や・やめてええええええええええ!!!)

人々の嘲笑を浴びながら、西堀さくらは両手を前へつき四つん這いの姿勢で次の命令を待った。


873 :邪悪竜グラキ ◆LGhfW73aL6 :2010/06/17(木) 02:05:47 ID:???
<ギヒャヒャヒャヒャヒャ!
 良い敬礼、良いご挨拶です!
 流石は元自衛隊の特殊部隊様ですねぇ!>

まるで耳元で囁いているかのように、深いな割れた声がさくらの耳を打つ。
しかし、辛うじて動く視線を左右に動かしても、グラキの姿はない。

<ほら、皆様が理解してくれなくては償いになりませんよぉ?
 まずは、自分が何の真似をしているのか、皆様にわかってもらいましょう。
 はい、わん、わんわんっ>

さくらが身じろぎをするたび、新たな毒は容赦なくさくらを冒していく。

<楽しそうに、楽しそうに、何度でも鳴き真似するんですよ。
 強制的にさせられてると思ったら、皆に誠意が伝わりません。
 大声で言いなさい。貴方は自分の意思でこれをしている。
 これはボウケンピンクの趣味、西堀さくらの性癖でございます。
 皆様の前で性癖を晒せて、嬉しい、嬉しい、嬉しいですわーんってねぇ!>

意識を一部活性化させ、意識はぼやけても、決して失われないように。
神経を過敏化させ、薄い、微熱のような快感を強制的に与えていく。
グラキの毒は決してボウケンピンクを逃がそうとしない。

<犬は嬉しいとき、どうしますか?
 人に媚びて、擦り寄って、抱きついて、頬を舐めなさい。
 発情した犬のように腰を振り、股座を擦り付けなさい。
 雌犬としての正しい態度を身につけなくては、ね>

周囲には既に人だかりが出来ていた。
異様な熱気と、軽蔑と落胆、絶望と欲情が入り混じった視線がさくらの肌を焼く。
その感覚を強化するかのように、甘い媚毒が流し込まれていく。

<あたりの皆を御覧なさい。貴方の痴態をどう見てますか?
 今日だけでは有りませんよ、ボウケンピンク。
 こいつらはずっと、凛々しい貴方がこう乱れる姿を想像して、楽しんでたんです>

874 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/17(木) 02:28:53 ID:???
(どうして…――? 全然、体が動きません。さっきまであんなになめらかに動いていたのに…まるで、彫像にでもなったみたいに身体の自由が効かないなんて……)
身体の感覚は消えうせても意識は毛ほども削られてはいなかった。
隠したい箇所は山の様にあった。
汗をかき、湿った腋。
淡いピンク色の乳首が外気と触れ合い尖った乳房。
陰毛の奥で息づく小陰唇。
長い時間、野外をブーツで歩き蒸れた足。
そのすべてが観衆に晒されていることをさくらは強く理解していた。
人々は好奇の視線でさくらの一挙一等速を見守っている。
「わ…」
さくらの唇がわずかに開く。全員の視線がさくらの顔に注がれた。

「わん、わんわんっ」

口をついて出たのはもはや言葉ですらなかった。
さくらは犬のまねごとを始めた。
(…今、耳元に声が……やはりグラキはわたしのすぐそばに……でも、一体どこに…――)
しかし、四方を群衆に囲まれてグラキの姿はどこにも見止められない。

「ワンワン、お見苦しいものを……お見せして…もうしわけありま…せん… こ・これは…わたしの…西堀さくらの趣味なんです! わたしの趣味は一人ぼっちの部屋で大好きな人を思い浮かべながら、
こうやって服を脱いで…四つん這いになって…空っぽの…空っぽになるまで、獣になりきることなんですっ」
それは、確かにグラキの言葉を引用してはいたが、内容はわずかに変容していた。
誰にも見せてこなかった、本当の自分が頭をもたげていく。
「ワオォォ〜〜〜〜〜〜ンッッ!!!……ゥゥゥウウウワオオオォォォーーーーーン!!
こ・こんな大勢の人にわたしの性癖を見てもらえるなんて…嬉しくて、嬉しくて、嬉しくてたまりません……う・嬉しいわーーーーーーーん!!」
腰を振り振りしてさくらはその場に仰向けになる。

「ハッハッハッハッ……――」

舌を垂らし、きれいな頤を唾液が伝って落ちていく。
(…い・ぃゃ…胸を…見ないで…ください…あ・あなたがたはどこかで…あ! わ・腋の匂いは嗅がないで…― あっ! そこはダメ!! そこはダメですっ!!)
人々はたちまち無防備な雌犬に群がった。
一人ひとりの顔には見覚えがあった。
彼らは皆、さくらが務めるサージェスミュージアムで学芸員をしていた時の来館者たちだった。
かつて、繁栄の石事件の際、任務でアイドルになったさくらの映像が流出したことがある。
サージェスの力でさくらの特定には至らなかったが、あの事件以降、さくらのガイドには大幅に客が増えたのだ。


875 :邪悪竜グラキ ◆LGhfW73aL6 :2010/06/17(木) 02:32:15 ID:???
もうしわけありません
そろそろ眠気が限界のようです…
凍結をお願いしたいのですがよろしいですか?

876 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/17(木) 02:33:47 ID:???
わかりました。
次はいつにしますか?

877 :邪悪竜グラキ ◆LGhfW73aL6 :2010/06/17(木) 02:35:54 ID:???
私は今晩でも大丈夫ですよ

878 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/17(木) 02:38:23 ID:???
では、当初の予定通り、夜10時から始めましょうか?
本日は遅くまでありがとうございました。またよろしくお願いします。

879 :邪悪竜グラキ ◆LGhfW73aL6 :2010/06/17(木) 02:47:25 ID:???
いえいえ、こちらこそありがとうございました。
それでは、また。

880 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/17(木) 22:01:34 ID:???
待機します。続きから始めましょう。

881 :邪悪竜グラキ:2010/06/17(木) 22:03:55 ID:???
すみません…
計算が狂い今日も11時ぐらいになりそうです

882 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/17(木) 22:04:40 ID:???
わかりました。お待ちしています。

883 :邪悪竜グラキ ◆LGhfW73aL6 :2010/06/17(木) 23:19:51 ID:???
ようやく帰ってこれました。
続きを打ち込むので、少し待っていてください。

884 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/17(木) 23:20:08 ID:???
了解です。

885 :邪悪竜グラキ ◆LGhfW73aL6 :2010/06/17(木) 23:35:29 ID:???
今や、さくらを貫く視線の群れはハッキリと欲情の色を示していた。
性欲しか篭っていない男たちの視線。
かつて、清らかな彼女に崇拝に近い念を抱いた者たちの心も、
今では卑しい変態を見て、自らも興奮するという下卑たものに入れ替わっている。

<探しても、無駄ですよぉ。
 私は貴方に刺した爪を使って、遠隔操作で話しかけてるに過ぎません。
 他のボウケンジャーに見つかってしまったら、私などすぐにやられてしまうでしょうからねぇ>

嘲笑うようなグラキの声に呼応して、背中の毒の流れは激しくなっていく。
回った毒はさくらの理性を焼き、犬の真似へと残った意識を集中させていく。

<さくら、空っぽになりながら、よぉーく周りを見渡しなさい。
 これが、あなたが守ろうとした人間たちです。これが人間の本性なのです
 …こんなものを守るだなんて、馬鹿らしいとは思いませんか?>

宣告と同時に、今までとは違う熱が、突如、さくらの下腹部に湧き上がった。

<その人たちの中に貴方のファンがいたようですからねぇ。
 少し、サービスをしてあげましょう。…漏らしなさい、さくら>

さくらの意思とは関係なく、氷の宣告はさくらの身体を動かし、下腹部に力を入れさせる。
尿道を締められたのはせめてものの慈悲か、あるいは皮肉か。
やがて、我慢の限界を迎えると同時に、さくらの股座から綺麗な黄金の小便水がほとばしった。

<どうですかぁ? 気持ちいいでしょう! 守るべき人たちに小便をかけ、侮辱するのは!
 ほら、放尿ショーの口上はどうしたんです? それに、靴に小便がかかってしまった人がいますねぇ。
 犬のさくらちゃんはどうするんですか?>


886 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/18(金) 00:08:49 ID:???
ミュージアムのガイドのシフトが回ってくるたび、努めて冷静に、手ぬかりなく。
さくらの説明は聞きやすくはあるが、面白みに欠ける。
彼らはさくらの発する見えない迫力に押されて話しかけることすら誰ひとりできなかった。
それが今や、四方から無遠慮にフラッシュの輝きが、罵声がさくらへ投げかけられるのだ。
(お願いです! 誰か…誰か…――!!)
さまよう視線はこの世の地獄をまざまざと見せつける。現実という名の地獄を。

さくらのブラに頬ずりする者がいる。
ブーツの匂いを吸いこむように嗅ぐ者がいる。
夢中でさくらの股間をひたすらビデオに収める者がいた。
「ワオォーーーーン!!」
一際大きく吠え声をあげ、ギャラリーを制する。
西堀さくらを堪能する者たちへさくらは口角をあげ、頬にえくぼを作って微笑んで見せる。

「皆さんへ私からのとっておきのプレゼントです。ぜひ、受け取ってください」

美人ではあるが、愛想のないさくら。
仲間たちでさえ見るのが稀な笑顔でさくらは自らのファンに応えた。

ややひきつった笑顔の裏で、さくらはグラキの声を聞いていた。
彼の言の葉の示すまま、さくらは下腹部に力を入れる。
笑顔から一転。口を真横に結び、強く力んだ。
陰部の割れ目がわずかに開き、勢いよく水流が迸った。
(あ―――――――――…)
股間から放出される黄金の放物線をさくらはどこか他人事のように見つめていた。
きれい、だった。
まるで時間が止まった様に周りの人間もあっけにとられていた。
そして、長い長い、実際には刹那の地平からさくらの意識が帰還した時、一気になだれ込む現実にさくらの思考は沸騰した。
毛穴という毛穴が開き、背筋がぴんとはりつめる。
(そんな…こんな……こんな…―――こんな!!!)
成人女性が、人前で、放尿した。
その事実にだれもが、それを浴びたものですら正しく認識していなかった。
そして、さくらは―

「わたしの放尿ショ―へようこそ!! 皆さん、たっぷり受け取ってくださいね!!
衣服や靴が汚れた方は私が責任を持って舐めさせていただきます!!」



887 :邪悪竜グラキ ◆LGhfW73aL6 :2010/06/18(金) 00:28:19 ID:???
<無駄ですよぉ! ギヒッ、ヒィーヒヒヒ!>

愉快で堪らないといった色で、グラキが嗤う。

<助けて欲しいですか? でも、これが現実です!
 これが貴方たちが、私たちから守ってきたものです!
 馬鹿らしいじゃないですか。必死で我慢して、禁欲して、守ってきてやったのに!
 貴方が頼る番になると、助けるどころか凌辱に参加する! 
 身勝手で下らない生き物を守るだなんて、貴方馬鹿ですかァ? ギヒヒヒヒ!>

その身が毒を纏うように。
グラキの言葉はさくらの心を腐らせる毒となっていく。

<…こんな連中に守る価値などない。
 貴方は欲望のままに生きるべきだ>

反論の暇すら与えず、さくらの身体は自動的に動いていく。
四つんばいで近くの男に這い寄ると、身体が勝手に舌を出し、靴を舐め始めた。
泥の味が口中に広がっていくが、気にせずに舌は靴を嘗め回していく。
やがて、その舌が上に上り、太腿とベルトをなめるころになったとき。

さくらの尻に、熱と痛みが突如現れた。

痛みの正体は、さくらに衣服を舐められていた男の平手打ち。
ニヤニヤといやらしい笑みを浮かべたまま、さくらを見下ろす。

<おや、まぁ。舌で舐めるだけでは気に入らなかったようだ。
 今まで自分を守ってくれたボウケンピンクを相手に、狭量なことですねぇ。
 ですが、これも教育。犬のしつけには大事なことです>

わざとらしく溜息をつきながら

<さぁ、さくら。躾けて貰ったお礼を言いなさい>

888 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/18(金) 00:47:37 ID:???
さくらの行動は素早かった。
足元にうずくまり、その足を両手で包むとその端正な顔を近づけていった。
「――――――…」
足についた泥を上目遣いで必死に舌で懸命に丁寧に舐め取っていく。
泥と尿の混ざった不気味な味わいが口に広がった。
「えぇ…そうです。ブラのサイズは84センチですね。Cカップ…でしょうか?
結構、着やせするタイプなんです…基本不規則な生活になるので生理の時は辛いですね。
織物も人より多めですし…携帯ナプキンは欠かせないんです」
舌で靴を舐める傍ら、投げかけられる質問にさくらは即座に回答した。
「ストレスのたまりやすい仕事ですし、残業も多いですから…普段の自分と仕事の自分を分けるために動物の形態模写をしているんです……ですから、これは立派な科学的根拠を持つストレス発散法で…」
必死に言い訳しながらもさくらのしているのは、だらしなく伸ばした舌を這わせる無様な醜態だった。外気と触れ合ってすっかり乾いた舌に自らの尿が浸透していく。
(…わたしは……わたしは――)
揺らぐ自信と醜態の狭間で、それでもさくらは必死にぎりぎりのところで耐えていた。
(仲間が、きっと、助けに来てくれます…)
虚ろな視線で、それでもさくらはグラキの姿を追っていた。
人ごみのさらに先―…
そこにいた一人の少女の姿を見止め、さくらは胸が潰れんばかりの驚きを隠しきれなかった。
パープルのジャケットを着込んだ髪の長いハイティーンの少女。
いつか、SGSのミュージアムであったことのある、あの少女だ。
彼女の口が何事かを告げる。
(…なんて……ば・い…ばい…ピ…ンク…ちゃん?)
それが誰あろうSGSの最高権力者の一人「ミスターボイス」の化身であることをさくらは知らない。彼女がグラキをそそのかしたことも。そして、もう二度と現れないことも。
(あなたは…いった…いっ!?)
不意に頬に走る衝撃にさくらはびくりと体を震わせた。
今度はもっと、唇の動きを読むのは早かった。
―牝犬。


「…この平手打ちは至らないわたしへの躾と捉えてよろしいでしょうか? ありがとうございます!…ありがとう…ございます!!……」

安堵の気持ちとは裏腹にさくらの瞳からは涙が止まらなかった。
―自分が自分でなくなってしまう。
さくらの自我に亀裂が生じ始めた。


889 :邪悪竜グラキ ◆LGhfW73aL6 :2010/06/18(金) 01:07:56 ID:???
<未だに仲間の助けを信じていられるのですか?
 同じことです。仲間が貴方を助けてくれるはずはない。
 今の貴方の姿を見て、仲間は貴方を助けるどころか、軽蔑し、罵倒するでしょう。何故なら>

亀裂の生じたさくらの精神を冒すように、グラキの言葉が響く。
僅かに組成の変わった毒は、さくらの肉体ではなく精神こそを冒し始めた。
判断力が奪われ、麻薬染みた心地よさが強制的にさくらにもたらされていく。

<貴方は、牝犬なのだから>

静かな一言は、しかし、今日、グラキが吐いた言葉のどれよりも重く、さくらの胸に入り込んだ。

<ほら、皆様に改めて宣言しなさい。
 ただ、今度はただの宣言じゃない。
 今から、貴方が言った言葉は貴方にとって全て事実となる>

さくらの身体が、勝手にちんちんの姿勢を取る。
腰を左右に揺らしたまま、さくらは宣言を強要される。

<さぁ、いきますよ。
 私は牝犬です。わんわん。
 私は牝犬です。わんわんわん。
 私は牝犬です。わんわんわんわん…>

いつの間にか、さくらの前にはグラキが立っていた。
股間のペニスは高らかに屹立し、気化した媚薬と麻薬を周囲にばら撒いている。

「ギヒッ…」

周囲の男たちは、グラキに一切の興味を示していない。
彼らもまた、少しずつ毒にやられていたのだろう。

「発情した牝犬にご褒美を上げましょう。
 嬉しいですよね。だって貴方は牝犬なんだから」

言った言葉はさくらにとっての真実になる。
その暗示を加えた上で、グラキは堕落をさくらに強要していく

890 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/18(金) 01:24:14 ID:???
(…真墨…蒼太くん…菜月……)
さくらの精神は度重なる衝撃に疲弊しきり、うわごとのように仲間たちの名前を呼んでいた。
(チーフ……)
グラキを目の前にしてもさくらに変化はなかった。
その瞳は虚ろに曇り、焦点が定まっていない。
呆けた表情からは、普段の屹然としたさくらは微塵も感じられなかった。
(どこに…どこにいるんですか……)
それが誰へ向けての言葉なのか、グラキか、仲間たちへ、なのか当のさくらにもわかっていなかった。
そう、さくらは何もわかっていなかった。
もはや、仲間たちはこの世のものではないことを。最初の森でさくらを助けようとして、死んだ。
グラキだけがその真実を知っている。知っていて、さくらの仲間を求める姿を楽しんでいる。
そのカードを切るタイミングを見計らいながら。
(これは…グラキの催眠術です……このままだとわたしはそれに呑まれて…――)

SGSはもう随分前からボウケンジャーを見限っていた。
簡単な話だった。莫大な経費のかかる金食い虫であるボウケンジャーと都度契約のネガティブシンジケート。どちらの生む利益が大きいかなどもはや考えるまでもない。
度重なるチームの暴走と秘匿されるべき存在があまりにも公に顔を売りすぎたことも手伝って
ボウケンジャーの『廃棄処分』は理事たちの共通認識だった。
ただ一人、西堀さくらを除いては。
「…今から行う宣言は…わたしにとっての…真実に…なる」
身体が見えない糸に操られるようにその姿勢を変えていく。
膝を折り、中腰になりグラキを見上げた。


「わたしは牝犬です…真墨…軽蔑してください…あなたの鋭い目で……
わたしは牝犬です…蒼太くん…わたしはクールなんかじゃないんです……――
わたしは牝犬です…菜月……わたしへの憧れは捨ててください……」

男性器を凝視しながらさくらの宣言は続いた。

「わたしは牝犬です……チーフ……勝手に腰が揺れてしまうんです……
…あなたに捧げるつもりだった…わたしの全てを…捨てて…宣言します―――……
わん…わんわん…―――わんわんわんわんわわんわんわん……わんわんわんわん……
ワンワン、ワンワンワン…ワウゥ…ワンワンワン…
西堀さくらは牝犬…グラキ様の雌犬…」


891 :邪悪竜グラキ ◆LGhfW73aL6 :2010/06/18(金) 02:03:29 ID:???

「ギヒヒッ…良く言えましたねぇ。さくら。
 皆への別れも、雌犬としての宣言も上出来です。
 偉いですよぉ」

慈愛に満ちた手つきでさくらの頭を撫でるグラキ。

「本当によく頑張りました。
 貴方はこれで立派な牝犬になれました。
 とぉーっても嬉しいでしょう?」

グラキがSGSから依頼されたのはボウケンジャーの始末と『リサイクル』
有能で、使命感に溢れたボウケンジャーたちは、場合によっては自分たちの邪魔になる。
ならば――リサイクルすれば良い。

「さくら、貴方が今まで大事にしてきたものは何の価値もありません。
 牝犬となった貴方にとって、大事なものはご主人様の命令だけ。
 貴方を助けてくれなかった仲間たちも、
 貴方を軽蔑するばかりだった人々も、もう貴方にとってはどうでも良い。
 嬲られ、犯されて味わう牝犬の快感に比べたら、人々の命なんて何の価値もない」

そっと背中の針を抜きながら、グラキが囁く

「これからのさくらは、欲望に素直に生きるようになる。
 そうですよね。だって貴方は犬。牝犬なんだから、正義も倫理も気にしないで良い。
 犬は犬らしく、ご褒美をくれる人になつき、媚を売り、餌をもらって生きていくのです」

そしてグラキは一人の男、さくらの尻を何度も殴打した男を、さくらの鼻先に突きつける。
グラキの毒が消えたのか、男は怯え、周囲を見渡す。
さくらの手には、いつのまにかグラキの針が握られていた。

「さぁ、さくら。
 ご主人様の命令です。こいつを殺しなさい。
 …ちゃんと殺せたら、ご褒美にたっぷり犯してあげます」

892 :邪悪竜グラキ ◆LGhfW73aL6 :2010/06/18(金) 02:26:17 ID:???
連日すみません…
そろそろ眠気が…

893 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/18(金) 02:28:44 ID:???
「わたしが…人を……殺す?」
手に持った針を不思議そうに眺めながら、さくらはつぶやいた。
―この針で、目の前の男を刺し殺せ。
それはさくらが待ち焦がれた『命令』だった。
腕が、自然と上がっていく。針の先端が鋭く閃いた。
「………………―――」
さくらの腕は頭上で止まっている。
薄皮一枚分の理性がさくらを押しとどめていた。
ぶす。
グラキが、さくらの腕をつかむ。そして、腕を振り下ろした。
男の体から血が噴き出し、さくらの白い肌を汚した。
ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶすぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。
さくらは抵抗しなかった。グラキの腕の動きに従ってさくらは自分の体を動かした。
何度も、何度も。返り血を浴びても、さくらは意に介すことなく。
むしろ、その速度を一層速めて――

ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶすぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。
ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶすぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。ぶす。

血塗れになった男が倒れても、さくらはそれを止めようとしなかった
グラキが笑っている。いつの間にかグラキの手は離れ、さくらは自分だけで人を刺していた。
取り巻きは一目散に逃げ出していた。
さくらはそれを追わなかった。
後にはグラキと、生まれたままの西堀さくらが残された。

【次の段階へ進みましょうか】

894 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/18(金) 02:30:09 ID:???
わかりました。再度凍結しましょう。
ご予定はありますか? 今後、プレイ内容にご希望はありますか?

895 :邪悪竜グラキ ◆LGhfW73aL6 :2010/06/18(金) 02:31:56 ID:???
申し訳ありませんが、堕ちます。
次に入れるのは日曜日の23時からだと思われます。

896 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/18(金) 02:33:14 ID:???
わかりました。また続きでお願いします。容量的に次スレになりそうですが。
立っていなければ伝言板で。本日はありがとうございました。

897 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/20(日) 23:00:58 ID:???
待機します

898 :邪悪竜グラキ ◆LGhfW73aL6 :2010/06/20(日) 23:09:37 ID:???
お待たせいたしました。

899 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/20(日) 23:11:09 ID:???
はじまめしょう。また、続きからお願いします。

900 :邪悪竜グラキ ◆LGhfW73aL6 :2010/06/20(日) 23:31:58 ID:???
「素晴らしい、素晴らしいですよ、さくら」

言うことを聞いた子供をそうするように、グラキはさくらを抱きかかえる。
毒でぬめる太い指がさくらの菊花をくすぐり、少しずつ中へと割り入っていく。

「人を殺した貴方はもうボウケンジャーのさくらではない。
 邪悪竜のペットのさくら、私の忠実な犬のさくらです」

ぬるりと、長い舌がさくらの頬を撫で回し、唇をむさぼり、喉の奥まで入っていく。
グラキの舌と指が今分泌しているのは麻薬。
さくらの中に、ペットとしての幸福感を植えつけるための麻薬だった。

「…このまま犯して差し上げてもいいのですが、
 やはり、犬は犬らしくして差し上げないと、ですよねぇ」

竜の腕力でさくらは地面へと押し倒される。
その女陰へと、邪悪竜らしい、疣だらけのゴツゴツとした異形のペニスが押し当てられた。
人間のそれよりも数段太く、熱く、脈の打つそれが、さくらの性器を押し広げていく。
痛みを与えないようにというよりも、疼きと物足りなさを与えるように敢えてゆっくりと入っていく。
そして、長大なペニスの約半分ほどが入った後

「さぁ――良い声で鳴いてくださいね」

ズン、と。
一気に深く、さくらの膣内をペニスが奥まで入り込んだ。
そのままグラキはさくらの体を貪っていく。
ぐちゃぐちゃという水音と、愛液と毒液の混ざり落ちる音が辺りに響いた。


901 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/21(月) 00:01:21 ID:???
(誰かを傷つけて得られる幸せ…命令されるままの幸せ……わたしが欲しいのは本当にそんな――…)
さくらの華奢な体はグラキに抱きかかえられ、唇が押しあてられる。
ぐちゅ。じゅぷっ。ぬちゃ。べちゃ。
貪る様な口付けにさくらの理性は蝕まれていく。
かつて、“誰にも自分だけの宝はあります。そしてそれは、誰も与えてくれない”と毅然と言い放った唇をひくつかせながら、さくらは獣の営みに溺れていった。
舌がさくらの口内をかき回し、喉の奥まで蹂躙する。
(もう…何も考えられません……あ・頭がふやけて……わたしは…これから…どうなるんでしょう――…)
たっぷりと唾液を交換した後、さくらは冷たい地面へと仰向けに寝かせられた。
さくらも知識では屹立した男性器を女性器に挿入し、射精に至るのが性交であることは理解していた。
グラキのたくましい腕がさくらの足首をしっかりとつかみ左右に押し広げていく。
為す術もなく、さくらはグラキの股にそびえたつ彼の肉棒を凝視していた。
「あ・あぁ………――そんな…そんなモノを…?」
おびえたように上ずった口調のさくらに構わず、グラキは己が分身をゆっくりとさくらの股座へ沈めていく。
「あ…――――――――――!」
( 熱くて、苦しくて…堅いものがわたしの中で這いずって…!!)
混乱する思考の中で確かにさくらはごつごつとしたものが身体の中心にわけ入る感覚を感じていた。
(背筋の震えが止まりません…でも…でもこれは…怖いからじゃない…わたし…期待している…―?!)
ドズゥ。
思考は急に下腹部を襲った痛みにかき消された。

「お・お腹が…お腹が異常ですっっっっっ!!! 子宮が、盛り上がって!! 形がおかしっ…
いっ……たっっっっ!!!!…いたいいたいたいたいたいたいたいたいいいいいいぃぃいぃぃいい!!!」

さくらの絶叫に構わず、グラキは腰を大きく揺らした。

―おまえが腰を振らないからいけないんだろう?

「はっはいっっ!! わ・わたしの処女だから、うまく出来なくて申し訳ありません!!
西堀さくら、腰を振らせていただきますっ!!」

「あああああああああああぁぁぁぁぁああああああ!!!!!!!!!!!!!!




902 :邪悪竜グラキ ◆LGhfW73aL6 :2010/06/21(月) 00:39:32 ID:???
「…ク、クヒヒヒ!
 やはり処女でしたか。
 初めてが邪悪竜相手とは可哀想にねぇ!」

さくらを犯しながら、まるで心を込めていない声でグラキはさくらを哀れむ。

「ですが、仕方ありませんよネェ。
 さくらは私のペットなのですから、
 ペットはご主人様が楽しめるよう頑張らないと」

さくらの腰の動きに応じ、グラキも体を揺する。
時には動きを合わせ、さくらの痛みが減るように、
時には正反対に動き、強い快楽と痛みをもたらせるように。

「っ…く…ふふ、それにしても、良い締まりだ。
 さくら、貴方の体は最高ですよ。
 男を喜ばす淫売の素質を持っている」

さくらが自分のペースで快楽を得られるよう、また奉仕の実感が沸くように
少しずつ、グラキは自分の動きを減らしていく。
代わりに長い舌を持って首筋を舐めあげ、指で菊花を穿っていく。

「最後です。
 …精液に、心に作用する毒を混ぜて流し込んで差し上げます。
 精液を吸収したとき、貴方にまだ反抗心が残っていれば、貴方は元のボウケンピンクに戻れる。
 でも、その心が犬としてのそれに近ければ…貴方は犬から戻れなくなる」

グラキのペニスがさくらの中で膨らんでいく。

「いきますよ…キヒ、ヒヒヒ!」

放水染みた勢いで、さくらの子宮に、グラキの精液が叩きつけられた。

903 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/21(月) 00:54:34 ID:???
「わ・わたしが…淫売?……わたしの…身体―――…」
さくらにはボウケンピンクとしての意識がまだかろうじて残っていた。
それが今の状態にわずかな違和感を見出し、宣言を終えた今でもさくらの心をつなぎ止めていた。
しかし。

「の・喉が…!」
強烈な渇きに襲われ、思わずさくらの手が宙を何かを求めてかすった。
毒の効能がやっと現れだしたらしい。
内心、ほくそ笑みながらグラキはさくらの尻を左右の手で持ち上げてやる。
さくらは無我夢中でグラキの唇に吸いつくと、積極的に自ら唇を押し当ててきた。
「し・失礼…しますっ!…むぐっ」
舌をからめグラキの唾液を貪る。
ぐちゃぐちゃと耳障りな水音を立てる下半身の結合部と連動するように、グラキはその速度を速めながらさくらの喉の奥まで舌を這わせていった。自身の姿態のあまりの状態に思考が追いつかないのか、さくらはされるがままだ。
「ぐ…はぁ…あっ…あっ、あっ、あ!!」
グラキの舌の動きに応えるさくらは、気が付かない。
「んぁ…あぁぁぁ…ゃぁ…んああぁぁ―――…」

(口も…腰も気持ち良くて仕方ありません……もう、もう、どうすればいいのか―――…)

さくらは気付かない。最大限に開かれた足。その上で、緩やかに腰を揺らしてしまっている自分自身に、恍惚の表情でそれに応えていることに。
「へん、です。私……あ、あぁぁん…っ!」

プっしァアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア
アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア
アアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア――――――――…


凄まじい射精を終え、地面に身体を投げ出し、それでもさくらは自らの中で葛藤していた。

「っはぁ…わ・たしは…ボウケ・ン…ピンク…――西堀…さくら…ボウ…ケ…ャー……――
プレ…シャスを…守る……ミッ…ション…――――…」

グラキの最後の言葉が頭にこびりついているのだろう。
自らの膣に指を入れ、必死でグラキの毒を、精液を掻きだそうともがいていた。
ボウケンピンクが、西堀さくらが人目もはばからず股を開き、真剣な顔で性器を弄っているのだ。それはあまりに無残で、あまりに滑稽な姿だった。

「わ・わたしはぁ…あなたのペット……ペットは……もう…元には……戻れない――そ、ん…な―――ぃ―――ゃ―――――――…」

既に勝敗は決していた。
後は、さくらの中に残る人への執着をいくつかの事実を提示してやれば、彼女は堕ちるだろう。
グラキは温存してきた切り札を使うべき時が来たのを悟った。

【洗脳を完了してください。続きは改造でしょうか?】

904 :邪悪竜グラキ ◆LGhfW73aL6 :2010/06/21(月) 01:15:58 ID:???
「…よもやここまで抵抗しようとは。
 その努力を讃えて、貴方にプレゼントを差し上げましょう」

グラキの尾が、背後から取り出したさくらの足元に投げつける。
四つほどのサッカーボールほどの大きさの塊がさくらの足元に転がった。

「如何せん、私の戦い方は毒の使用なので、
 ちょっとばかり表面は溶けているかも知れませんが」

塊は転がりながら、さくらに面を見せる。
その一つと、さくらの眼が合った。

「――なに、仲間だったなら、わかるでしょう?
 ギヒッ、ヒィ、ヒィーヒヒヒ!」

悪趣味、という形容すら生温い贈り物とともに、グラキが嗤う。
その哄笑はまさに「邪悪」の名に相応しい、おぞましく、禍々しいものだった

【すみません…今日もそろそろ限界のようです】
【この後は改造後のさくらさんを、ジャックしたTV局で犯そうかと思っていましたが】
【改造そのものや、他にやってみたいこと等、ありますか?】

905 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/21(月) 01:21:33 ID:???
【了解です。次はいつになさいますか? 改造はやりたいですね。
容量的にあれなので、こちらで。以後は打ち合わせしましょう。
ttp://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/erochara/1276002527/590n-】

906 :邪悪竜グラキ ◆LGhfW73aL6 :2010/06/21(月) 01:29:30 ID:???
【私は今晩10時ぐらいから大丈夫ですよ】
【それでは、次回からそちらでいたしましょう】

907 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/21(月) 01:30:52 ID:???
わかりました。本日はありがとうございました。

908 :名無しさん@ピンキー:2010/06/22(火) 18:29:57 ID:???
使うだけ使って逃げるとか糞だな

909 :名無しさん@ピンキー:2010/06/24(木) 15:42:29 ID:???
いけるか

910 :名無しさん@ピンキー:2010/06/24(木) 20:52:40 ID:???
何が

911 :名無しさん@ピンキー:2010/06/24(木) 23:34:42 ID:???
容量一杯につき次スレになります
http://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/erochara/1277387057/

912 :名無しさん@ピンキー:2010/06/25(金) 00:36:36 ID:???


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.03.00 2017/10/01 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)