2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

女の子同士でマインドコントロールえっちするスレ6

1 :名無しさん@ピンキー:2010/05/04(火) 02:18:36 ID:???
女の子同士で超能力・魔法・薬物・機械・催眠・蟲なんかを使い、
相手の精神を支配して、えっちな事をしちゃうスレです。

肉体変化やふたなりなどのオプションは相談の上で責任を持ってどうぞ。
洗脳方法やシチュに関しては事前によく相談してください。
待機の際には下のテンプレもご利用下さい。(可能な限りわかる範囲で)

名前:
年齢:
身長/体重:
3サイズ:
髪型:
性経験:
性格:
服装:
身体的特徴:
MCの希望:
出典:

【前スレ】
女の子同士でマインドコントロールえっちするスレ5
http://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/erochara/1261975647/l50

【姉妹スレ】
マインドコントロールえっちしちゃうスレッド25
http://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/erochara/1264486507/l50

マインドコントロールえっちなスレinオリキャラ板8
http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/erochara2/1255013305/

2 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/05/04(火) 19:28:40 ID:???
【出典】ジンキシリーズ
【希望】同作品の女の子…敵より味方の子に性道具、もしくは鬱憤を晴らす道具にされたいな
【NG】過度の暴力やグロテスクな肉体改造

待機させてもらうね。

3 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/05/04(火) 20:54:00 ID:???
待機を解除します。

4 :名無しさん@ピンキー:2010/05/05(水) 00:36:32 ID:???
【寄生は良いわねぇ…】
【リリンが産んだ文化ね……】

5 :アニス・アジート ◆C8bbLrfubw :2010/05/05(水) 00:44:53 ID:3BOjl8tC
【おーい、ナノナノー!】
【前のスレの二人は別人だぞー?】

【…と、前の最後の方のレスを返しておくぜ!】

6 :アニス・アジート ◆C8bbLrfubw :2010/05/05(水) 00:46:17 ID:???
【げっ…わりぃ、上げちまった】

7 :ナノナノ・プディング ◆pa2zbgxKsI :2010/05/05(水) 06:10:12 ID:???
【おおっ!おやぶんなのだー!!会えて良かったのだー!!
なるほど、それなら安心しておやぶんとHな事ができるのだーっ。

お互い都合が良い日を書いといた方がいいのだ?】

8 :アニス・アジート ◆C8bbLrfubw :2010/05/05(水) 15:41:21 ID:???
【もう一度貼っておくぜ!】
【性器から侵入して身体を乗っとる寄生蟲又はロストテクノロジーな何かに乗っとられた誰かが、
私を仲間にする為に、分裂したものを性器と性器を通して植え付けて行く…そんなシチュエーションでお願いするぜ!】

【キャラクター、作品変更は相談でたのむ】

【ああ、後どっちが攻めか受けかも決めるのも相談だな!】

>>7
【おう、ナノ!
そうだな、一応今か今夜、又は明日の十時くらいか】

9 :アニス・アジート ◆C8bbLrfubw :2010/05/05(水) 17:15:21 ID:???
【むー…とりあえずスレを返すぜ】
【後でまた来るぜ】

10 :ナノナノ・プディング ◆pa2zbgxKsI :2010/05/05(水) 22:26:27 ID:???
>>8
【おやぶんこんばんはなのだー!お昼に来てたとは気付かなかったのだ。ごめんなのだ。
キャラクターはおやぶんとナノナノでOKなのだ。

ナノナノは、できればおやぶんに攻めて欲しいのだ。】

11 :アニス・アジート ◆C8bbLrfubw :2010/05/05(水) 22:55:00 ID:???
>>10
【うーん…ナノは俺の言う事良く聞くよな……
そう考えてると、オレが攻めだとあんまりいつもと変わらねーんじゃないか?】

12 :ナノナノ・プディング ◆pa2zbgxKsI :2010/05/05(水) 22:59:33 ID:???
【確かにそうなのだ!じゃあナノナノがおやぶんを攻める事にするのだ。
おやぶんに寄生虫を植えつけて変態さんにしてあげるのだ!

あ、おやぶんはプレイにNGとかあるのだ?】

13 :アニス・アジート ◆C8bbLrfubw :2010/05/05(水) 23:02:34 ID:???
>>12
【おう、ふたなり化以外ならどんとこいだ!】

14 :アニス・アジート ◆C8bbLrfubw :2010/05/05(水) 23:06:32 ID:???
【おっと、聞き忘れてた】
【ナノ、時代的にはどの辺にすればいいか?】

15 :ナノナノ・プディング ◆pa2zbgxKsI :2010/05/05(水) 23:08:30 ID:???
【なんでもなのだ!?じゃあお尻に寄生虫を植えつけてパンツの中にうんちを漏らさせたr
尿道口に植えつけておしっこを漏らさせたり
恐怖感を100倍にした上で周り中にミントさんの幻覚を見せて失禁させたり…

もOKなのだ?】

16 :ナノナノ・プディング ◆pa2zbgxKsI :2010/05/05(水) 23:13:08 ID:???
>>14
【時代的…なのだ?
実はナノナノの中の人はアニメ(エンジェる〜ん)は観てたけど、
ゲームをやってないから細かい事はよくわからないのだ】

17 :アニス・アジート ◆C8bbLrfubw :2010/05/05(水) 23:13:43 ID:???
>>15
【お、大きい方はやった事は無いが……まあ、ナノが望むならやってみてもいいな……】
【後は幻影も無いな……後は大丈夫そうだな】

18 :アニス・アジート ◆C8bbLrfubw :2010/05/05(水) 23:18:38 ID:???
>>16
【そうか、オーケー分かったナノ!】
【アニメはこっちも観てるから、問題ねぇな】

19 :ナノナノ・プディング ◆pa2zbgxKsI :2010/05/05(水) 23:23:07 ID:???
>>17-18
【なるほど、よくわかったのだ!流れ次第で大きい方も入れてみるのだ!

よかったのだ、おやぶんがアニメを観てるなら問題ないのだ!

じゃあ、とりあえずナノナノが最初に寄生虫に感染するのだ
1.ロストテクノロジーを探しに行って、寄生された
2.ママから移された(他の人のプレイと微妙にコラボ)
3.おやぶんがトレジャーハントしてきたおたから(密閉してれば大丈夫だった)を勝手にあけた

どれがいいと思うのだ?】

20 :アニス・アジート ◆C8bbLrfubw :2010/05/05(水) 23:29:42 ID:???
>>19
【どれも悩むが、1かな……
ナノマシンコンプレックス(集合体)のナノを狂わせる程のロストテクノロジーだからなあ……よほど強力なシロモノだろうな】


【そうなれば、場所は遺跡かその周辺か?】

21 :ナノナノ・プディング ◆pa2zbgxKsI :2010/05/05(水) 23:38:25 ID:???
とてつもなく強力なロストテクノロジーがあるという報告を受け、ナノナノが一人で調査に行く事になった
すでに大量に被害者が出ており、他のものが行くと同じ被害にあってしまう恐れがあったのだ。
その点、ナノマシンコンプレックス(集合体)のナノナノなら大丈夫だろうという判断のもと、ナノナノが一人で来る事になった

「ちょっと疲れたのだ〜。ナノナノ一人に行かせるなんて皆、ひどいのだ〜」
めずらしく愚痴を垂れながらも、目的のロストテクノロジーのある建物を発見する
「ここなのだ…。とりあえず入ってみるのだ…」
不用意にドアをあけた瞬間…ゾロゾロ〜と寄生虫型ロストテクノロジーがナノナノの身体を這い上がってくる
「む、虫なのだ!?まさかこれが…ひゃふっ!?へ、変な所にはいっちゃダメなのだ!!あ、あひぃっ!!」
股間から進入した寄生虫はたちまちナノナノの子宮全体を支配していき…さらに直腸や体中のありとあらゆる穴から寄生虫が入り込んでくる

ナノナノの脳が支配されてしまうまで、そう長くの時間はかからなかった
「あひ…あひひ…気持ちいいのだ…最高なのだ!!皆にも教えてあげるのだ…」
【始まりはこんな感じなのだ?】

22 :アニス・アジート ◆C8bbLrfubw :2010/05/05(水) 23:53:01 ID:???
>>21
(一人でロストテクノロジーのある惑星に向ったナノナノを追って湖のそばの広い場所に着陸して
、しばらく探すとナノナノの紋章機を発見した)

(簡易なテントを立て終わり)
……まあ、
ナノの事だからすぐ帰って来るか……と良いつつ来ちまったな。

少し待って帰って来なかったら探してやるか。

(そう言って用意してあった釣竿を用意して岸に座り糸を垂らして時間を潰す)


23 :ナノナノ・プディング ◆pa2zbgxKsI :2010/05/06(木) 00:02:29 ID:???
(愛液や尿を撒き散らしながら何回もイッているうちに脳は完全に寄生虫に支配されてしまう)
とりあえず帰って皆にもこの虫さんを植えつけて気持ちよくしてあげるのだ!!
(寄生虫によって理性や罪悪感は消され、自分と他人が変態的快楽に酔いしれる事しか考えられなくされてしまって)
(全速力で自分の紋章機がある場所へと走る)

(アニスのテントを見つけて)
あれ?どこかで見た事のあるテントなのだ
(側で釣りをしているアニスを見つけて)
あ、おやぶんなのだ!!丁度いいのだ!!おやぶんとアソコをくっつければおやぶんも
変態さんにしてあげられるのだ!!(悪気なく嬉しそうに言う)

24 :アニス・アジート ◆C8bbLrfubw :2010/05/06(木) 00:11:14 ID:???
>>23
……釣れねぇな……あん?
(何やら声が聞こえる方に顔を向けると走り寄って来るナノナノが居て)

お、ナノ!
……って、ドロドロじゃねぇか!

これじゃ、汚くて帰れねぇぞ?
ああ……ほれ、そこの浅い所で身体を洗ってきな!
(湖を指差して)

……で、見つかったのか?
(頭をボリボリ掻いて)

俺は説明あんま聞いて無かったかんな……失敗したなら一旦帰るか、一晩テントだな。


25 :ナノナノ・プディング ◆pa2zbgxKsI :2010/05/06(木) 00:17:41 ID:???
(本来ならアニスの言葉に素直に従うのだが、寄生虫によって別の思考に誘導される)
別にいいのだ(にっこり)ドロドロのままの方がムラムラするのだ。

ナノナノのHな臭いをおやぶんに嗅がれてると思っただけで興奮してイキそうなのだ!
(ドロドロのまま、アニスに後ろから抱き付いて)

ロストテクノロジーなら見つかったのだ…今、おやぶんの身体にも移植してあげるのだ…
そしたらとっても気持ちよくなれるのだ!

26 :アニス・アジート ◆C8bbLrfubw :2010/05/06(木) 00:33:10 ID:???
>>25
何がムラムラだよ……って、くっつくな!?

こら、離れろ!

(くっつかれたまま、身体を振りほどこうとして)

だああっ、服が汚れるだろうがっ!

なっ……変な事口走ってねーで離れーろっ!

(上から見下ろし)
あ…?
何も持って無いじゃねーか!
何処にあんだよ…?


27 :ナノナノ・プディング ◆pa2zbgxKsI :2010/05/06(木) 00:42:36 ID:???
いやなのだ〜!おやぶんにくっついてるとものすごくムラムラするのだ。
これならアソコ同士くっつけたらものすごく気持ちよくなれるのだ〜。

汚れてもいいのだ!どうせすぐにおやぶんのお汁でドロドロになるのだ

何言ってるのだおやぶん、ナノナノはちゃんと持ってるのだ
(一旦アニスから離れて)ほら……ここに……
(ナノナノがパンツを下ろして秘部を見せると、そこからわずかに寄生虫が顔を出す)
ほら?ちゃんと持ってるのだ…ナノナノの体中、ちゃあんと寄生虫でいっぱいなのだ〜。
(と言い終わる前にアニスをがっちり捕まえて)
寄生虫の力でちょっとパワーもアップしたみたいなのだ。おやぶんと言えども逃がさないのだ〜

28 :名無しさん@ピンキー:2010/05/06(木) 00:43:00 ID:???
早く寝ろ

29 :アニス・アジート ◆C8bbLrfubw :2010/05/06(木) 00:54:00 ID:???
>>27
まだ言うか……って、
流石におかしいぞ、この状況は……

あ?
何処なんだ…………げ。

(ナノナノがインナーをずらし、秘所を見せると虫のようなものが秘穴から顔を出しているのが見え、思わず一歩下がる)

な、何なんだよ……今回の任務はさ……くっ…!

(と、驚いている間にもがっちり捕まえられ)

おい、ナノ! しっかり気を持て!!
すぐに取ってやるから!!
(何とか引き剥がそうとするが、異常な力で絞められて身動きが取れず、バランスを崩して後ろに倒れてしまう)

30 :ナノナノ・プディング ◆pa2zbgxKsI :2010/05/06(木) 01:13:47 ID:???
気をしっかりもっても無駄なのだ!ナノナノの脳はもうほとんどが侵食されていて
「私」が寄生虫なのかナノナノなのかわからないくらいなのだ。

(アニスが後ろに倒れて)
安心するのだ、おやぶん。おやぶんもすぐにナノナノの仲間になれるのだ
気持ちよい事しか考えられない変態さんに一緒になるのだ!
(アニスのズボンとパンツに手をかけ、ずり下ろす)
ほら、こうしてアソコとアソコをあわせれば…おやぶんも寄生虫に支配される事ができるのだ!

31 :アニス・アジート ◆C8bbLrfubw :2010/05/06(木) 01:26:19 ID:???
>>30
お前はナノナノだ!
寄生蟲なんかじゃねー!
だから……うわああああっ!?

(凄い力で一気にズボンとショーツが引きちぎられるように下ろされ褐色の肌が晒され)

待て待て待てナノっ!

(涼しくなった股間にナノナノが松葉崩しの体勢に持って行き、
秘所がぴったり貼り付くように置かれると、ねっとりとした熱い感覚が股越しに伝えられ、思わず股間に力を込め)

止めろっ、おいっ、こらっ!?
(襲い来る恐怖に鳥肌を立てる)



【ん、そう言えば、この蟲の効果って他に何かあったか?】

32 :ナノナノ・プディング ◆pa2zbgxKsI :2010/05/06(木) 01:38:47 ID:???
例えナノナノだとしても変態的な事と気持ち良い事しか考えられないナノナノなのだ
おやぶんの知ってるナノナノとは違うのだ!

(松葉崩しの状態から立ち上がってより密着度を上げて)
ふあ…ぁ…おやぶんとアソコを重ね合わせるの、とっても気持ちいいのだ〜
あれ?もしかしておやぶんも濡れてきてるのだ?
それなら話が早いのだ(自分のクリトリスをつまみ、しごいて)
あひっ…あふぅっ…で、出る…出るのだ…ああはあっ……!!
(ナノナノの股間から寄生虫がアニスの中へと進入していく…)
【とりあえず確認できるのは
「寄生した部位をエロくする
脳に進入して寄生主を操る(Hにする)とかですかね?

予定してる効果としては尿道に寄生して弛緩させるとか肛門に寄生して弛緩させるとか…

寄生させた人が新たに寄生した人を操れる…というのがあるんでしたっけ?】

33 :アニス・アジート ◆C8bbLrfubw :2010/05/06(木) 02:01:29 ID:???
>>32
俺の知っているナノは、エッチな事は言わねえよ!
くそっ…抜けられ

くあっ……!?
(急に立ち上がれられ、腰まで吊り上げられた体勢にさせられる)

だれが濡れているん…だ、よ…!
(激しく擦られて二人の股間は、ナノナノと寄生蟲から分泌された粘液でねちゃねちゃに滑り照らされ)

くああっ……!?
(ナノナノの膣内で分離した寄生蟲が飛び出し、アニスの股を無理矢理割って入り込んで来て)

いっ……痛……!
(結合部からは粘液と赤いモノが下にいるアニスの下腹部を伝っていく)

(下腹部に圧迫感に悶え、腰を震わせ)
ああああああっ、くそっ……嘘だろっ!?

(目からは、涙がこぼれ落ちて、赤い印を見つめる)

【了解だ。膣内に寄生させた人間の肉体や精神を操れるのはいいな!】
【その方向で頼む】

34 :名無しさん@ピンキー:2010/05/06(木) 07:20:19 ID:???
ビクビク

35 :アニス・アジート ◆C8bbLrfubw :2010/05/06(木) 09:08:59 ID:???
【あー流石にいないな】
【じゃあ落ちさせてもらうぜ!】

36 :ネージュ・ハウゼン ◆/xxVLdE0Uc :2010/05/06(木) 09:48:26 ID:???
【待機いたします】
【ヒルドさんか、ゲルダさん、沙夜さん、あるいは洗脳された仲間の方に洗脳されて】
【忠実な手駒になってしまう、という展開を希望いたしますわ】

37 :ゲルダ・ミロワール ◆nJfsYZnL3Y :2010/05/06(木) 10:25:21 ID:???
>>36
お前のような者が配下に加われば、戦力は一気に増強できるな。

38 :ネージュ・ハウゼン ◆/xxVLdE0Uc :2010/05/06(木) 10:47:09 ID:???
>>37
ええ、ド派手に役に立って見せましてよ。

39 :ゲルダ・ミロワール ◆nJfsYZnL3Y :2010/05/06(木) 11:02:05 ID:???
>>38
いいだろう。
私の配下に加えてやろうじゃないか。
始める前に、プレイの希望やNG等
子細を聞かせて貰えるか?

40 :ネージュ・ハウゼン ◆/xxVLdE0Uc :2010/05/06(木) 11:15:30 ID:???
>>39
ありがとうございますわ。

プレイの内容ですけれども
洗脳されていく部分をド執拗にやっていただきたいですわね。
私は既にヘイムレンの笛の音でトランス状態になっており、
そこからゲルダさんが私の戦う理由、守りたいもの、好きなもの、嫌いなもの、大切なもの、性癖…といった具合に
完全な下僕となった後は、アレディをいたぶりながら犯されたり、
神夜さんを同じ下僕にする手伝いをしたりしたいですわ。

NGは特にありませんでしてよ。

41 :ゲルダ・ミロワール ◆nJfsYZnL3Y :2010/05/06(木) 11:16:53 ID:???
>>40
子細は理解した。
書き出しはどちらがする?

42 :ネージュ・ハウゼン ◆/xxVLdE0Uc :2010/05/06(木) 11:32:13 ID:???
>>41
そうですわね。
私からやったほうがスムーズかもしれませんわ。

それでは少し待っていてくださる?

43 :ゲルダ・ミロワール ◆nJfsYZnL3Y :2010/05/06(木) 11:33:55 ID:???
>>42
それでは、頼もうか。
こちらの時間は十分にあるにある。
急ぐ必要はないぞ。

44 :ネージュ・ハウゼン ◆/xxVLdE0Uc :2010/05/06(木) 11:47:52 ID:???
(氷に閉ざされた修羅の拠点、アイスベルグ監獄)
(この地で凍鏡のゲルダを相手に、アレディたちは決戦を挑み――そして、敗れた)
(激闘の中、アルクオンと同等の羅刹機に進化していくアルコンテスに討たれる仲間たち)
(彼らに最後の希望を託されたアレディの拳と、ネージュのフェイスレイヤーは)
(しかしゲルダの業には届かず、無残にも敗れ去ってしまった)

(敗北したアレディたちは、今やアイスベルク監獄の中に捉われている)
(戦力を欲したゲルダは、彼らを殺めることよりも、己の戦力に加えることを選んだ)
(その中でも、真っ先に処置を受けたのは、魔倣の鏡の解除法を知るネージュだった)

は…ぁ…あ…ぅ…あぁ…
(壁に四肢を拘束されたネージュの口から、意味を成さない呟きが漏れる)
(虚ろに開いた眼は何も見ず、力のない声だけが唇から出て行く)

あ…ぁ…あ…
(外部に反応し、つややかな唇から声を漏らすネージュだが、既に顕在意識は眠らされている)
(己の敗北のショック、そして憎からず思っていたアレディを目の前で倒された衝撃は)
(彼女の心にヘイムレンの笛が割り込むに足るだけの亀裂を生み出していた)
(今や、ネージュは完全にトランス状態となり、あらゆる暗示を受け入れる準備を整えられていた)

45 :ゲルダ・ミロワール ◆nJfsYZnL3Y :2010/05/06(木) 12:06:10 ID:???
>>44
(アレディとネージュを始めとした面々に関する報告はヘイムレンからもたらされる度に驚かされた)
(特にヘイムレンを何度も退けたその強さは、配下に加え戦力にしたいと思わせるのに十分であった)
(この世界で争覇を成す戦力を手軽に得る為に、鏡の封印の解除を最優先に置き、ネージュの元を訪れた)

もしやお前達ならアルコンテスすらも倒すか、とも思ったが…期待し過ぎだったようだな。
まぁいい、おかげでこうして配下に加えるチャンスが訪れたのだから。
(ネージュの頬を撫で、口元で残忍な笑みを浮かべて)

ネージュ・ハウゼン、お前には私の配下に加わってもらうぞ。
その為には…今までのように生温く操ったりなどしない。
ヘイムレンの笛の音とこの私が二度と戻らぬよう、身も心も変えてやろう。

ネージュ・ハウゼンお前は何の為に戦う?

誰の為に戦う?
(耳元に顔を寄せ、囁くように問いかけた)


【それでは、よろしく頼む】

46 :ネージュ・ハウゼン ◆/xxVLdE0Uc :2010/05/06(木) 12:20:08 ID:???
>>45
アルコン…テス…
配下…ちゃん、す…
(虚ろに、言われた言葉をぶつぶつと繰り返す)
(傲慢にも思えるほどに自信に溢れた態度は今や見る影はなく)
(無防備に頬を撫でられている様は、彫像に近いものを連想させる)

わたくし…が……貴方の…配下に…
身も…心も変わって…二度と、戻れなく…なる…
(意味を理解することもなく、ネージュの心の中に、ゲルダの言葉が降り積もっていく)
(それは雪が積もるが如く、少しずつ静かに降り積もり、やがてネージュの心を真っ白に染め上げていく)

私は…自らの城を…取り戻すために戦ってきましたわ…
今は…この世界を守るために…
皆のために…私を支え、共に戦ってきてくれた皆様のために…戦っておりますわ…

【こちらこそ、よろしくお願いいたしますわ】

47 :ゲルダ・ミロワール ◆nJfsYZnL3Y :2010/05/06(木) 12:41:36 ID:???
>>46
(氷の牢獄に捕らわれているせいか、ネージュの肌は虚ろな表情と空虚な言葉と合わさって、陶器か氷かと思える程に冷たく)

そうか。
だが…もうそれらは全て忘れろ。
自分の城のこと、この世界を守ること、仲間への感謝、信頼、思い。
全てを雪の下へ沈めて凍りつかせてしまえ。
完全に凍りついたら…砕いてみろ。
(普段のどこか苛烈な口調とは異なり、静かで冷たい口調で語りかけていく)

さぁ、まずは自分の城のことからだ。

48 :ネージュ・ハウゼン ◆/xxVLdE0Uc :2010/05/06(木) 13:13:10 ID:???
>>47
忘れ…る…
(ネージュの表情に微かな陰りが生まれる)
(しかし、それはすぐに、人形のような無表情に変わっていき)

…はい…
全部…忘れますわ…
自分の城のことも…
この世界を守ることも…
仲間への感謝も…信頼も…思いも…全てを…忘れます…
雪の下に…沈めて…凍りつかせます…
完全に凍ってしまったら…そのまま…砕きます…わ…
(夢を見ているかのような、あやふやな調子でゲルダの言葉を繰り返すネージュ)
(実際に、ネージュは夢を見ているかのように、ゲルダの言葉をそのまま幻視し、そのとおりに心を動かされていく)
(自分の中にあった大切なものが凍りつくイメージが現れるたび、ネージュはそれらのものの大事さがわからなくなり
(砕けるイメージが現れると、それを思い出すことができなくなっていく)

忘れる…私の…城のこと…
凍りつかせて…粉々に砕いて…忘れ…る…
(ネージュが見るのは、自分が両手でそっと、ミニチュアのエスピナ城を抱いているイメージ)
(降り積もる雪が小さなエスピナ城にかかるたび、城は灰色に染まっていき)
(やがて、自らの手のひらがほんのちょっと勝手に動いただけで、城は粉々に砕け散った)
(その瞬間、ネージュの中から、エスピナ城の記憶も、そこで得た様々な想い出も砕け散り、思い出せなくなっていく)

49 :ゲルダ・ミロワール ◆nJfsYZnL3Y :2010/05/06(木) 13:25:22 ID:???
>>48
そうだ。
全て忘れて…雪のように真っ白な状態に戻れ。
まだ何も知らなかった子供のように。
(陰りが浮かんで、すぐに消えたことで事が順調に進んでいることを確信する)
大切なものが一つ砕ける度に、どうしようもなく高揚してしまう。
高揚は快楽となって、ネージュの身体を駆け巡る。
そう、例えば…こんな風に……。
(ネージュが見ているイメージが見えているかのように、それが凍りついていくのに合わせて)
(スカートの中に忍び込ませた手をそっと動かし、割れ目を擦りる)
(ネージュの見ているイメージが見えているかのように、それが凍りついていくに従い指使いは激しくなっていく)
(そして、ネージュが砕いた瞬間にカリッとクリトリスを引っ掻いてやる)

忘れることは気持ちいい…気持ちいいから忘れよう。
さぁ、次は何を忘れる?
(耳を軽く舐めてやりながら、また囁いて)

50 :ネージュ・ハウゼン ◆/xxVLdE0Uc :2010/05/06(木) 13:46:13 ID:???
>>49
忘れ…る…
全てを忘れて…雪のように…真っ白な状態に…
まだ何も知らなかった子供のように…
わたくしが…まだ、子供だった頃のように…
(普段の高慢さは影を潜め、素直にゲルダの言葉を聞き、繰り返す)
(記憶が消えていくたび、ネージュの心は強制的に子供のように純真で、無垢で、教育次第で簡単に捻じ曲がる状態に戻されていく)

どうしようもなく…高揚…
あっ…んっ…ふぅ…ううっ…んっ!
(緊張や警戒をすることの出来ないネージュの身体は、性的な刺激に一切の抵抗を示さず)
(敵であるゲルダの指に、まるで恋人にされているかのように素直に快楽を得て、愛液を絡ませていく)
(ネージュの表情も心なしか心地よさげに緩み、忘れることで得た快楽はネージュの抵抗を奪っていく)


くっ…ぅん…忘れるのは…気持ちいい…
気持ちいいから…忘れる…
次は…戦ってきた…理由を…忘れます…わ…
(敵であるゲルダに耳を舐められ、ネージュはその心地よさに鼻を鳴らし、積極的に忘却の暗示を受け入れていく)
(記憶に残っていたヴェルトバオムの樹の幼生体が、ネージュの手のひらの中で凍て付き、砕け散った)
(その瞬間、ネージュの脳裏から、エンドレスフロンティアが直面する危機も、その背後で蠢くアグラッドヘイムのことも消え去った)
(例え、もう一度、誰かの口から聞いても、ネージュはもう二度とそれを一大事と思えず、そのために戦おうという思考も出来ないだろう)

51 :ゲルダ・ミロワール ◆nJfsYZnL3Y :2010/05/06(木) 14:25:52 ID:???
>>50
そうだ。
忘れろ…忘れてしまえ。
忘れれば楽になれる。
忘れれば、新たに生まれ変わることができる。
快楽と共に今までの殻を脱ぎ捨てろ。
(何度も執拗に割れ目を擦り、指に愛液を絡ませていく)

どんどん忘れろ、忘れれば忘れる程に変わっていく。
妖精族の姫、ネージュ・ハウゼンはこの私…ゲルダ・ミロワールの忠実な配下へと変わっていく。

この地で争覇を成す為の、私の下僕。
私に尽くし、私の命令のみに従う…従順な下僕。
その調子で忘れていけ、不要な記憶を全て忘れた時…お前は生まれ変わる。
生まれ変わった暁には、傀儡のネージュの2つ名を与えてやろう。
(下着越しに触れていた手は下着の内側へ入り込み、直接割れ目を撫であげる)
(ネージュが忘れるに従って下着を下ろし、指を潜り込ませ指を秘所へと挿入し、かき混ぜる)
(責めは徐々に生々しく、過激になっていき、最後の記憶の頃には後ろの不浄の穴に三本もの指が押し込まれていた)

さぁ、生まれ変われネージュ。
私の奴隷にして忠実な下僕、傀儡のネージュとして!

52 :ネージュ・ハウゼン ◆/xxVLdE0Uc :2010/05/06(木) 15:19:43 ID:???
>>51
忘れる…全てを…忘れる…
忘れれば…楽になれる…あんっ…
忘れれば…新たに生まれ変わることが出来る…
くぅ…んっ…気持ちいい…
気持ちいいから…忘れる…全部、忘れて…生まれ変わる…
(幸せそうな、夢見心地の顔でネージュはゲルダの愛撫を受け入れ、従順にその暗示を受け入れていく)
(紅く充血した秘所から溢れた、どろどろとした愛液はゲルダの指に絡み、ネージュの太腿を伝わり落ちていく)

あぁ…気持ちいい…ですわぁ…
全部…全部凍って、崩れて、消えていく…
もう、何を壊したのかも…気持ちよすぎて、わからなくなりますの…
(夢の中で、ネージュは銀の平原の中、無数の氷像に囲まれていた)
(見覚えのある一体に、それが何なのかを調べようと、彼女はそっと手を伸ばす)
(しかし、その瞬間、下腹部から沸き起こった快楽に意識がぼやけ、手元が狂う)
(強く押された氷像は粉々に砕け、消えてしまう――それが、幾度となく繰り返されていく)

ひっ…ぃ…んっ…あはぁ…わた、くしはぁ…
んんっ…気持ちいい…ぐちゅぐちゅ、言ってるぅ…
おしりにも、ゆびがぁ…あはぁ…ああっ…んあああっ…!
(本能ゆえか、ネージュの体は貪欲にゲルダの指を求め、絡みつかせてくる)
(脱力しきっていても三本の指はきついか、抜き刺すたびにゲルダの白い指をくいしめ、引きとめようとする)
(熱く火照った体をゲルダにもたれかかせながら、ネージュは快楽の中に意識を沈めていく)

ゲルダ…
ゲルダ・ミロワール…
私は…ゲルダ・ミロワール様の忠実な配下…
この地で、ゲルダ・ミロワール様が争覇をなすための、下僕…
私は…生まれ変わる…ゲルダ様に尽くし、ゲルダ様の命令のみに従う従順な下僕に…
(最後に、若い拳士の像を砕き、ついにネージュの意識の氷原には何もなくなった)
(見渡す限りひたすらに白い平原では、散乱した氷像の欠片さえも降り積もる雪ですぐに見えなくなっていく)

っ…! ふあ、あああっ…あああ、ああああああーっ!!
(――全く唐突にネージュは自分の胸元に一片の氷がついていることに気づいた
(それは見る間に大きくなり、ネージュの胸を貫き、肉を掻き分け、奥に入っていく)
(痛みはない。ただ氷が大きくなるにつれ『ゲルダ・ミロワール』の名がネージュの意識を侵食し、心を占領していく)
(そして、自分が完全にその氷に貫通されるイメージを幻視したとき、ネージュは絶頂を迎えた)

ぁ…はぁ…あ…ああ…ぁ…
(ぐったりと頭をたれるネージュ、やがて、その頭が上がり――)

…ゲルダ…ミロワール…様ぁ…
(――その眼は、ゲルダに対する忠誠と崇拝の念で満ちていた)

53 :ゲルダ・ミロワール ◆nJfsYZnL3Y :2010/05/06(木) 15:54:16 ID:???
>>52
(まるで楽器のように自身の指の動き次第で喘ぐネージュの膣を指で掻き分けてやり)

そうだ。何もかも忘れろ。
嬉しいことも、辛いことも全て一度忘れろ。
今はただ、私への忠誠と崇拝だけあればいい。

壊せ、壊せ、目についた者全てを壊せ。
壊せば壊す程に私の言葉が心に響く。
(ネージュの意識に向かって語りかけてやりながら)
(膣壁を引っ掻き、愛液を書き出すように動かしてやる)

全てを破壊しつくした後、お前には私の言葉が神の言葉にも等しくなっているだろう。
ネージュの身体を貫き、全てを書き換える氷がその証…
私の言葉だけに耳を傾け、心にとどめろ。
神の言葉に疑問を持つことは許されない、疑うことも許されない。
私の言葉は常に正しく、私の言葉に従う限り快楽が途切れることはない。
(強い締め付けを楽しむように、肛門に沈めた指を強引動かし、指を開いて肛門を拡げ快楽を与えてやり)


ふん、目覚めたか。 傀儡のネージュよ。

さぁ、まずは生まれ変わった証に忠誠を立てて貰おうか。
(ネージュを拘束していた鎖と手枷を解いてやり)
(眼だけで忠誠と崇拝を示すネージュを見下ろした)

54 :ネージュ・ハウゼン ◆/xxVLdE0Uc :2010/05/06(木) 16:31:35 ID:???
>>53
わた…くしには…ゲルダ様への忠誠と崇拝だけが…あればいい…
っ…くぅ…んっ…他のことは…皆忘れる…嬉しさも、辛さも…全部…ひゃうんっ…!
(ゲルダの指が動くたび、ネージュは喜びの声を上げながら、全身を跳ねさせる)
(氷の監獄の中で、妖精族の姫は身も心もゲルダの玩具となっていた)

壊す…壊せば、壊すほど…この声を聞けますの…?
私を気持ちよくしてくれる…声…
もっと…もっと聞きたくってよ…もっと…もっとぉ…
あぁ…綺麗ですわぁ…皆、砕けて、壊れて…散っていきますの…
(夢の中、唯一、はっきりと聞こえてくる声に従い、ネージュは氷像に次々と触れ、壊していく)
(砕け散った破片が光を乱反射させる光景に、ネージュは酔い、さらなる快楽を求め破壊を続ける)

ゲルダ…様…ゲルダ・ミロワール様…。
貴方様の言葉だけに…耳を傾け、心にとどめる…
疑問を持つことも、疑うことも許されない…ぁ…ふぅっ…
だって、ゲルダ様の言葉は神様の言葉と同じ…いつだって、絶対に正しい…
だから…ゲルダ様の言葉に従えばいい…従う限り、ずっと気持ちいいままでいられる…
(ぎちぎちに広げられた菊花と、そこに入ってくる風に背筋を震わせながら)

(そして、洗脳は終了した)
(ヘイムレンの笛の音から解放されたのか、ネージュの表情や立ち居振る舞いは機敏で、優雅さを漂わせるいつものもの)
(唯一違うのはその精神のありよう――ゲルダを崇拝し、忠誠を誓う、傀儡と化したその精神だけだった)

(拘束を解かれると、ネージュは音もなくその場にひざまずき、一礼するとゲルダを見上げる)
はい。ゲルダ・ミロワール様。私のご主人様。
ネージュ・ハウゼン、いいえ、傀儡のネージュは、たった今、ド完全に眼が覚めました。
生まれ変わった私は、ゲルダ様のド忠実な下僕。ゲルダ様が争覇をなすための道具にございましてよ。

あぁ…ゲルダ様のお手が、私のドはしたない愛液と腸液で汚れておりますわ…
忠誠の証に…お清めさせていただきますわ…はむ…ちゅうっ…
んんっ…ふぅ…んっ…あはぁ…おいしい…本当に美味しいですわ…
ゲルダ様の指…雪のように白くて、氷のようになめらかで…この手に導かれて生まれ変われて、ネージュは本当に幸せでしてよ…
誓いますわぁ…この傀儡のネージュは、身も心も…髪の毛の一本に至るまで、全てド美しい貴方様のもの…
どのような命令にも従い…必ず実行いたしますわぁ…さぁ、何なりとご命令を下してくださいまし…ご主人様
(うやうやしく、ゲルダの手を捧げもつと、忠誠のキスを捧げるように、その手に舌を這わせ始める)
(自らの愛液や腸液を舐め取っている最中でさえ、ネージュの表情は喜びに満ちていた)
(それこそ、無垢な少女が神に身を捧げられることを心の底から悦ぶように)

55 :ゲルダ・ミロワール ◆nJfsYZnL3Y :2010/05/06(木) 17:08:55 ID:???
自分の汁がそんなに美味いか?
ネージュ・ハウゼン。
私達を倒すと息巻いていたのを忘れたか。
そのような相手に変えられて、忠誠を誓うとは恥を知らぬのか?
(部下と共に徹底的に変えておいて勝手な言い種だが、構わずに罵り舌を指で弄んでやる)


これからは私の為に働いてもらうぞネージュ・ハウゼン。
この地で私達の目的を達する為に。
(心身ともに傀儡となり果てたネージュの胸を握るように掴み)

ネージュハウゼンよ。
その言葉に偽りがないことを示す為、まずはその衣服を脱ぎ捨て自慰をして見せてみろ。

56 :ネージュ・ハウゼン ◆/xxVLdE0Uc :2010/05/06(木) 17:45:50 ID:???
>>55
ふぁ…は、はい。
ド淫乱のネージュは、ゲルダ様の指を舐められるというだけで
光栄で、身も心もイッちゃいそうなほど、気持ちよくなってしまいますの。
それにしても、たかが世界がどうこうといった理由でゲルダ様に刃向かうだなんて…
私ったら、本当に身の程知らずで、愚かでしたわ。
昔の自分が目の前にいたら、ブッ殺して差し上げたいぐらい…。
ですが、私は生まれ変わりました。
今の私にとって、世界も、仲間もどうだっていい。
ゲルダ様に従い、ゲルダ様に尽くすことだけが、この傀儡のネージュの使命。
そのようにゲルダ様が変えてくださいましたもの。
(舌をつままれ、思わず上を見上げるが、その視線に非難の色はない)
(あらゆる記憶を無価値なものと思うように洗脳されたネージュにとって)
(ゲルダだけが絶対のものであり、ゲルダにされることは全て悦びとなる)

はぅ…んっ…ええ、かしこまりましてよ。
魔倣の鏡の封印の解除だろうが…かつての仲間の処刑だろうが、
何であろうが、この傀儡のネージュにド任せあれでしてよ。
(豊かな胸はゲルダの指が沈み込むほどの柔らかさと、押し返す弾力を以って、主の指を迎え入れる)
(端正な顔を被虐の愉悦に歪めながら、妖精族の姫はかつての敵に媚びるような視線を送る)

まぁ! 私をお疑いですのね。でも、それも当然といえば当然…
いいえ、ゲルダ様に刃を向けた愚か者に忠誠を示す機会を与えてくださってると考えれば、ド光栄というものですわ。
では、まずは私めに二心がない証として、一糸纏わぬ私の姿をごらんくださいませ。
(あくまでも優雅に、服を脱ぎ捨てていくにつれ、白く、滑らかな素肌と淫らな肢体が露になっていく)
(言葉通り、ネージュは隠し武器の一つも持っておらず、完全な裸身をゲルダに晒す)

この乳房も、既にゲルダ様のもの…どのようにでも、お役立て下さいまし。
このように…んんっ…感度も、悪くは有りませんわ。
それどころか、いつも…こうやって、おっぱいを弄っているだけでしても…あぁ…んっ…!
(柔らかな乳房を自ら弄び、ぐにぐにと形を変えながら、ゲルダに向かってアピールをする)
(もっとも、それは単純なアピールではなく、ネージュ自身、どんどん荒い息をつき、肌を高潮させ、欲情の度合いを高めていく)
(既に腰はがくがくと震え、立っていることさえも辛そうな状態になりながら、命令どおり自慰を続ける)

57 :ゲルダ・ミロワール ◆nJfsYZnL3Y :2010/05/06(木) 18:31:27 ID:???
>>56
やはり、恥を知らぬか。
それに指を舐めただけで快楽を得るとは、妖精族の姫は余程の淫乱だな。

そこまで言うのなら、殺してみるか?
今までの自分を……。
(愚かさを悔いるネージュの前に、氷の鏡を作り出してネージュの姿を映し出す)
(写し出されたネージュは、不思議なことにいつもの衣服を身に付けており)
(ネージュに向かって、怒りながら何かを訴えているように見える)
(写し出されたのは、変わる前のネージュ。変わったネージュの中に、僅かに残った本来のネージュの残滓)
(ネージュが正気を取り戻す為の微かな希望)

さぁ、殺してみろ。
鏡を砕けば、全てが終わる。

鏡の封印も、解いてもらわないとな。
封印が解けたら今度は私達に都合の良いよう調整しろ。
二度と封印などできないようにしてな。


(命令に従い、自慰を姿を映画でも見るように眺めながら、柔らかな胸の感触を楽しみ)

もっとだ、奴隷に相応しくもっと乱れて見せろ。

58 :ネージュ・ハウゼン ◆/xxVLdE0Uc :2010/05/06(木) 18:54:13 ID:???
>>57
恥? この傀儡のネージュにとって、恥とはゲルダ様に刃を向けてしまったこと、
その罪を拭うためにゲルダ様に一層の忠誠を示すことを躊躇うことですわ。
それに、私はどうしようもない、ド淫乱。
ゲルダ様の操り人形になれたことが嬉しくて仕方ない、ドマゾ姫ですわ。
(当然のことを述べるかのように、歪んだ価値観を気負いも躊躇もなく語るネージュ)
(洗脳してもらったことさえも、今のネージュにとっては感謝の対象となる)

っ…ふふ、度肝を抜かれましてよ。
あら、何かを喋っているようですわね。
でも残念。聞いてあげる気がいたしませんの。
消えなさい。愚かな私。誰一人領民のいない妖精族の姫など、ド無駄。
ネージュ・ハウゼンは、この傀儡のネージュがいれば十分ですわ。
(僅かに抵抗を感じながらも、ネージュの行動は揺らぐことはない)
(フェイスレイヤーがない今、自らの拳を固めると、全力で鏡に振り下ろし、粉々に砕け散らせた)

もちろんですわ、ゲルダ様。
あの鏡とアルコンテスがあれば、エンドレスフロンティアに私たちの敵などおりません。
もし、ゲルダ様を悩ませるような輩がいたならば、私が片付けますわ。

はいっ…ゲルダ様。
ご覧になれまして…? ド淫乱のネージュのおまんこは、胸を弄っただけで、このように涎塗れになってしまいますの。
指だって…んっ…ほら、こうやって楽々2本入りますわ…っ…
ほぉら、中までぬめって、テカテカ光っているのが、ごらんいただけるかしら?
あんっ…気持ちいいっ…ネージュのおまんこ、とっても気持ちよくなってますわぁ…
こうやって、ゲルダ様にご覧になってもらえて…ド歓喜のあまり、泣き出してましてよ…
(ゲルダに尻を向け、地面に顔と胸をつけて、高々と尻を上げると、両手で自らの秘所を弄り始める)
(辺りに淫臭が立ちこめるなか、ネージュの自慰はますます激しくなり、水音が狭い部屋を満たしていく)

59 :ゲルダ・ミロワール ◆nJfsYZnL3Y :2010/05/06(木) 19:17:42 ID:???
>>58
ほう、そこまで私に尽くすと言うのか。
いいだろう、適当に使って捨て置くつもりだったがヘイムレン共々重用してやろう。
(最初はあれほどまでに強い力と意思を持っていたネージュが、軍門に下ったことに半信半疑だったが)
(ここまでするなら、信用してもいいだろう)
(何よりも『妖精族の姫』は『傀儡のネージュ』自身の手で砕かれたのだから)

どうだ?私に見られながらの自慰は。
ド淫乱のドマゾを自称するお前のことだ。
ただ見られるだけの快楽だけでなく、良からぬことを考えているんだろう?
(尻を掲げるネージュに近づくと力一杯叩き、アナルに指を沈め焦らすように動かしてやり)

そろそろ自慰はいいだろう。
だが、体勢は維持し続けろ。

60 :ネージュ・ハウゼン ◆/xxVLdE0Uc :2010/05/06(木) 19:41:08 ID:???
>>59
あぁ…ありがとうございます。
この傀儡のネージュ、ゲルダ様に全身全霊をもってド尽くしますわ…。
(心の底から嬉しそうに微笑み、ゲルダに応えるネージュの胸には最早妖精族の姫としての誇りはなく)
(ただ氷の平原で刻まれたゲルダへの忠誠と崇拝の念だけがあった)

はい、とっても気持ちいいですわぁ…
アレディも、修羅同士が手を取り合おうだなんてド馬鹿なことを口走ったものですわ。
弱き者、敗れた者は、強き者に隷属すればよいのです。
誇りも自らの意思も全て捨てれば、こんなに気持ちよくなれる…
この悦びを、他の皆にも教えてあげたいものですわね。
っ…くぅんっ…! は、はい…考えておりましたわ…
ドエロくオナニーして…こうやって、ゲルダ様の手で慰めてもらおうと思っておりましたの…!
(背中越しに媚びるような視線を送り、焦らすような指の動きに耐えかねたのか、自ら腰を動かし、肛門への刺激を強めながら)

はっ…はい…ゲルダ様、こうでして…?
んっ…あぁ…ゲルダ様に見られていると思うと…それだけで…
(絶頂を迎えることなく自慰を中断させられ、火照った体はゲルダの視線を得るだけで熱をますます帯びていく)
(高く掲げた秘所からは、ぽたぽたと愛液がたれ、監獄の床を濡らしていく)

61 :ゲルダ・ミロワール ◆nJfsYZnL3Y :2010/05/06(木) 20:07:37 ID:???
>>60
言うまでもないだろうが、重用するからには相応の働きはしてもらう。
(尻を掲げ続けるネージュに覆い被さるようにして、身体を重ねて)
(冷酷な表情で語りかける)

アレディ・ナアシュ…師のシンディ・バード共々修羅の面汚しめ。
絶望させた後に、惨たらしく殺してシンディ・バードに送りつけてやる。
(アレディと師のシンディが余程気に入らないのか、吐き捨てるように言って)

この悦びを教えたい…そう言ったか?

浅ましいものだな。
傀儡に成り下がったとは言え、元は妖精族の姫だろうに。
妖精族と言うのは皆こうなのか?ネージュ・ハウゼン。
(ネージュが腰を振り始めると、アナルに沈めた指は三本に増やし存分に刺激をしてやる)
(三本の指はおのおのがしなやかに、蛇のように蠢いて)

絶頂が欲しければ、仲間…いや、今は仲間ではなかったか。
元仲間を傀儡に変える手伝いをしろ。

それで、誰を引き込むのが有益だ?
あのアグラットヘイムを叩き潰し、このエンドレスフロンティアを制するには。
誰が良いと思う?

62 :ネージュ・ハウゼン ◆/xxVLdE0Uc :2010/05/06(木) 20:25:16 ID:???
>>61
あんっ…ふふ、この傀儡のネージュにド任せでしてよ。
さしあたって、アレディの処刑は私が行いましょう。
私が、ヘイムレンの笛の音とゲルダ様の氷に侵されて
ゲルダ様の忠実な下僕になったことを教えて差し上げますわ。
自分の無力さと思い上がりを知ったうえで、私直々に惨たらしく殺してあげましょう。
(背中にのしかかってくるゲルダの体温に嬉しそうに微笑み)

ええ…申しましたわ。
だって、このような悦びを知ってしまったら、妖精族だけではございません。
ヘイムレンの笛とゲルダ様の導きがあれば、
誰でも私のようなド淫乱でド幸福な奴隷に成り果てましてよ…っ…
はぁん…き、きついっ…でも、気持ちいい、ですわぁ…
あぁ…もっと、広げて、弄ってくださいましぃっ…!
そのためならば誰だろうと、傀儡に変えるお手伝いをさせて頂きましてよ…!

そう、ですわね…っ…それでしたら神夜さんが相応しいと思いますわ…
ヴェルトバオムの樹を止めるには、彼女の協力が不可欠…
それに、彼女の地位も、ゲルダ様ならば確実に利用できましてよッ…!!

63 :ゲルダ・ミロワール ◆nJfsYZnL3Y :2010/05/06(木) 20:47:20 ID:???
>>62
何?お前がアレディを討つと言うのか。
(少し驚いた表情を見せるが、すぐに残酷な笑みを浮かべ)

……面白い。
アレディ・ナアシュの件、お前に一任しよう。
ヘイムレンが何か言ってくるかも知れんが気にするな。
この件に関してはお前にあらゆる権限を与える。
(アレディ・ナアシュとネージュ・ハウゼンの両名が互いに好意のようなものを持っているのは先の戦いでも明らかで)
(そんな二人の片割れが、自ら討つことを願い出る)
(実際に二人が顔を合わせた時が今から楽しみで仕方ない)

その悦びを独り占めするのではなく、他にも分け与えると言うのか?
面白い奴だ、奴隷としても思う存分使ってやろう。
(グッと指を開いてアナルを拡げてやると、そこにフッと息を吹き込んでやる)

確か神楽天原の姫だったか、その力と立場。
なるほど、利用価値は高そうだ。
(有益な情報の褒美、とばかりに激しく指を抜き差しし)
(肛門での絶頂に追いやっていく)

64 :ネージュ・ハウゼン ◆/xxVLdE0Uc :2010/05/06(木) 21:00:50 ID:???
>>63
はい。
私、アレディ・ナアシュのことは気に入っておりましたの。
だからこそ、この私が、ド淫靡に、ド残酷に殺して差し上げますわ。
それこそがこの傀儡のネージュのアレディに対する愛情であり、
ゲルダ様への忠誠の証明となりましょう。
(うっとりとした顔で、自らの槍がアレディの胸を貫く瞬間を夢想するネージュ)
(どのようにすれば、どんな痴態を見せれば、アレディは最も絶望を味わい、悲しみの中で死ぬことになるのか)
(目の前で自慰を見せ付けてやるか、あるいは下級修羅兵との乱交でも見せてやるか)
(自分を助けられなかったことを責めながら、菊座で相手でもしてやろうか…と想像するだけで、ネージュの体温は上がっていく)

はうっ…くぅんっ…!
ゲルダ様の争覇に…戦力は幾らあっても無駄では有りませんでしょうっ…!

はぁっ…ああぁっ…すごいっ…おしりがぁ、おしりがやけてしまいますわぁっ…
はぁんっ…きもちいいっ…あぁ…いくっ、イッてしまう…ネージュ、ケツアナでいってしまいますわぁっ!!
(全身をびくびくと痙攣させて、肛門での絶頂を迎えるネージュ)
(優雅な精霊族の姫はもういない。ここにいるのは氷の修羅に仕える、傀儡の戦士だけだった)

【…この後ですが、いかがいたしましょう?】
【私とゲルダさまで、掛け合いをしながら、神夜さんを落としていきます?】
【それとも、私が神夜さん、ゲルダさんが私、ネージュを演じ、また別に落とします?】
【あるいは、時間を飛ばして、私が傀儡となった他の姫たちとゲルダ様に挨拶をする…等で締めますか?】

65 :ゲルダ・ミロワール ◆nJfsYZnL3Y :2010/05/06(木) 21:30:41 ID:???
その瞬間、今から私も楽しみだ。
そして…それでこそ私の下僕に相応しい。
どこまで無惨に始末できるか、見せてもらう。
(四肢から準に使えなくするのか、はたまた変わり果てた姿を存分に見せるのか)
(今からそれが楽しみで仕方ない)


フフフ…アハハハ!
いい、良いぞネージュ・ハウゼン。
その淫らな身体を存分に生かすがいい。
ほら、これはご褒美だ。
(そう言ってネージュに与えられたのは、新たな衣装)
(元より露出が多かった衣装の露出は更に増えており、胸や股間等の大事なところは剥き出しになるような)
(否、逆に卑猥さを強調するかのようなデザインで)
(おまけに首輪と二本のバイブ)
(出力を大幅に強化され、見た目も禍々しく生まれ変わったフェイスレイヤーが与えられた)


【そうだな、私が両者を演じ神夜姫を堕そうか】


66 :ネージュ・ハウゼン ◆/xxVLdE0Uc :2010/05/06(木) 21:49:03 ID:???
ふっ…ふふふ…ありがとうございます。
(絶頂の余韻に笑みを漏らしながら、ゲルダから新たな装備を受け取る)

んっ…はぁん…何て、ドいやらしくて、ド素敵な衣装…。
これで、私がもう妖精族の姫、ネージュ・ハウゼンではなく、
ゲルダ・ミロワール様に仕える奴隷、傀儡のネージュだと、誰が見ても一瞬でわかりますわ…。
それに、この二本のバイブと首輪…素敵ですわぁ。
こうやってつけるだけで…んっ…イッてしまいそうでしてよ。
(漆黒のドレスと紅い防具で出来た、新しい衣装を身につけると、その場で華麗に一回転する)
(その動きは以前にも増して鋭く、妖しい魅力に満ちていた)

私は傀儡のネージュ!
ゲルダ様が争覇を成す為の、忠実な下僕。
ゲルダ様に尽くし、ゲルダ様の命令のみに従う従順な下僕でしてよ!
おーほっほっほっほっ!!
(禍々しく強化されたフェイスレイヤーの刃を舐めると、高々と頭上に掲げ、宣言する)
(以前のネージュが純白の妖精とするならば、漆黒の妖姫とでも称するべきか)
(傀儡のネージュは、エンドレスフロンティアを戦禍と氷で包み込む悪魔の姫となっていくだろう)

【それでは、私は、次からは楠舞神夜ですかしら】
【私、ネージュ同様、既にトランス状態にあるところから始めますの?】

67 :ゲルダ・ミロワール ◆nJfsYZnL3Y :2010/05/06(木) 22:06:49 ID:???
>>66
(新たな装備を得て生まれ変わったネージュを満足げに見つめ)
(妖精から妖姫へと変わり果てたネージュをその腕に抱き)

それでは、傀儡のネージュに新たな任務を授ける。
この私と協力し、楠舞神夜を隷属の神夜へと貶めろ。

【それも悪くはないけれど…】
【差別化の意味も込めて、今度は正気の状態はどうかしら】
【暗示に重点を置いて堕としたのと対称的に、調教による快楽で堕とす…と】

68 :ネージュ・ハウゼン ◆/xxVLdE0Uc :2010/05/06(木) 22:22:33 ID:???
はい、かしこまりましたわ、ゲルダ様
(主に抱かれる光栄に比すれば、かつての仲間への愛情など、今のネージュには氷片程の価値もない)
(ゲルダの腕に抱かれながら、ネージュはどのように神夜を落とすか、その算段を立て始めた…)

【そうですわね】
【それでは神夜さんは、私とは違い、巫女としての耐性が強かったので肉体的な調教を施されており】
【現在、調教が始まってから数日、精神的には落ちてないが、被虐心は植えつけられてしまった…といったあたりでいかがでしょう?】
【書き出しは、どちらがいたしますか?】

69 :ゲルダ・ミロワール ◆nJfsYZnL3Y :2010/05/06(木) 22:39:14 ID:???
>>68
【そうね、次は私からにしましょうか】
【ここに来て、妖姫ネージュの初披露も面白そうですし】

70 :楠武神夜 ◆/xxVLdE0Uc :2010/05/06(木) 22:44:18 ID:???
>>69
【それでは、楽しみに待ってますね】

71 :ゲルダ・ミロワール ◆nJfsYZnL3Y :2010/05/06(木) 23:04:39 ID:???
(ネージュの洗脳と平行して行われた神夜への調教、精神的にはまだまだではあるものの)
(度重なる調教により、被虐の快楽を仕込むことには成功していた)


気分はどうだ?
楠舞神夜、今日はお前に会わせたい者がいてな。
少し遅れるが、ここに来る手筈になっている。
(神夜を捕らえた牢へと、いつものようにゲルダが入ってくる)
(いつもと違うのは、その表情が何かを楽しみにしているところで)

(手枷と鎖に捕らわれ、二つの穴にバイブをねじ込まれ、クリトリスと乳首にローターを貼り付けられる)
(常にそんな状態でいることを強要されている神夜のバイブを掴み)
(手首を捻りながら抜き差ししてやった)

72 :楠武神夜 ◆/xxVLdE0Uc :2010/05/06(木) 23:15:34 ID:???
(最深部での激闘から数日)
(神夜はゲルダの手のものによる執拗な調教を受けていた)
(なまじ精神面での耐性が有ったためか、ヘイムレンの笛は神夜にはあまり効果を奏さず)
(だからこそ、単純な肉体面での屈服を、ゲルダたちは手段として選んでいた)

最悪、極まりないですッ…!
(憎々しげな眼で、ゲルダをにらむ神夜だが、その瞳には憔悴の色がある)
(それも無理はない。昼夜を問わず、常に責め苦に晒され、神夜はまともにこの数日睡眠も取れていない)

私に会わせたい人…?
それはまた、誰なんですか?
といっても、こんな状況であわせるんだから、あまり素敵な人ではないとは思いますけれども。
まさか、あの牛さんや馬さ…あうっ…! くぅん…やめて、ください…!
(気丈にも眉を立て、ゲルダに抗おうとする神夜)
(しかし、被虐の悦びを覚えた体のせいで、その声は勝手に甘くなり、まるで迫力を持たないものとなっていく)

73 :ゲルダ・ミロワール ◆nJfsYZnL3Y :2010/05/06(木) 23:29:34 ID:???
>>72
ふん、身体の方は随分と素直になったと言うのに。
未だに抵抗を続けるとはな。
だが、それももう終わりだ。
今日、お前にも私の配下に加わってもらう。
そして、私達の目的の為に働くことになる。

あの者達も悪くはないが、あの者達より余程強く、優秀だ。
何しろ、ヘイムレン共々重用してやっているんだからな。
(被虐の悦びを覚えた神夜の乳首を捻り、バイブを膝で蹴って押し込んでやる)

74 :楠武神夜 ◆/xxVLdE0Uc :2010/05/06(木) 23:44:38 ID:???
>>73
あぐっ…くぅ…
こんなことを、何度やっても同じです…!
私は、貴方たちのためになんか、戦いませんッ…
折角、あの人たちは一緒に戦おうって誘ったのに
力でしか物事を収められない人に、この世界は渡せません!

ヘイムレンさん…あの修羅の人と同じぐらい…?
そんな…ここに来て、そんな人まで仲間にしただなんて…
はぐっ…ううっ!? んっ、んひぃぃぃっ!! ぁ…あ…あ…
(無理やり体内にねじ込まれたバイブに、白目を剥きそうになりながらも)
(調教されきった神楽の身体はそれを快楽に転じ、望んでもいない絶頂を迎えさせる)
(長い間我慢していたのか、絶頂で筋肉が緩んだ隙に、小便が漏れでてしまい)

75 :ゲルダ・ミロワール、ネージュ・ハウゼン ◆nJfsYZnL3Y :2010/05/06(木) 23:53:54 ID:???
分からないか?
お前達は敗北した。
つまり、後は私達かアグラットヘイムかだ。
他に我らや連中に対抗出来るものがいるとも思えんしな。

とても優秀で従順だぞ。
今も私が与えた命令を遂行しているだろう。
(小水を垂れ流す様を見て、ゲルダが口を開きかけた所で入り口の方から)
(聞き覚えのある声がして)

「あらあら、いい歳をしてド漏らしなんて暫く見ない内に随分とだらしなくなられましたのね」
(その刃から赤い血を滴らせながら、傀儡のネージュが姿を現した)

76 :楠武神夜 ◆/xxVLdE0Uc :2010/05/07(金) 00:10:46 ID:???
っ…それは…
…た…確かに、敗れてしまった以上、貴方の下についてでも
まずはアグラットヘイムの人たちを…っ…止めるのが正しいのでしょう…
ですが、それでは…それじゃ…私たちは何のために…
(納得がいかない、と言った様子で神夜は口ごもる)

優秀で、従順…?
っ……そんな、まさか…!
(部屋に入ってきたネージュの姿を見て、神夜は息を呑む)
(無事を喜ぶ前に、その姿を見た瞬間、神夜は何がネージュに起きたのかを直感した)

そんな…うそ、ですよね…
ネージュさん…貴方までも、この人たちの手に落ちて
ゲルダさんの部下になってるだなんて…そんなの、違いますよね…?
(扇情的なドレス、その細部にある修羅独特の意匠、血のついた大槍)
(全てが神夜に最悪の事態を指し示し、神夜はネージュのする首輪から目がそらせなくなっていく)

77 :ゲルダ・ミロワール、ネージュ・ハウゼン ◆nJfsYZnL3Y :2010/05/07(金) 00:25:18 ID:???
>>76
世界の為と謳いながら、詰まらぬ意地を通し機会を失うか。
今はただ頭を垂れ従うフリだけでもしておけば反旗を返す機会も狙えると言うのに。
(口ごもる神夜の耳を噛み、バイブの振動を強めてやる)


このド綺麗なドレスとド凄く改造していただいたフェイスレイヤーを見て…
まだ信じられませんの?
貴女の予測通りですわ。
私はゲルダ・ミロワール様の忠実な下僕、傀儡のネージュでしてよ。
(神夜のそれよりも、太く大きなものが振動を続ける所を見せつけるように、腰を扇情的にくねらせ)
(フェイスレイヤーを振るえば、刃に着いた血が飛び散った)

この首輪も、その証ですわ。
貴女もゲルダ様に仕えれば頂けますわよ。
(神夜の視線に気づいたのか妖艶な笑みを浮かべ、自慢するように首輪をなぞった)

ゲルダ様…アレディ・ナアシュの処刑を完了いたしました。
(ショックを受ける神夜を横目に、ゲルダに跪き仲間殺しの成果を誇らしげに報告していた)

78 :楠武神夜 ◆/xxVLdE0Uc :2010/05/07(金) 00:42:57 ID:???
>>77
はうっ…ぅ…あぁ…
今、だけ…従うフリだけ…すれば…
(強くなったバイブの振動に、快楽に思考がぼやけ始める)

っ…違う、違います…
そんなことをしたら、そんな戦い方をしたら、結局は…!!
(一度でも、形の上だけでも、きっと自分は元には戻れない)
(何重にも絡め取られ、完全に隷属する羽目になる、ゲルダにはそれが出来る、と神夜は直感する。)

そんな…ネージュさんまで…こんなふうに洗脳されて…
あぁ…あんなに、太いものまで…あんなものを入れられちゃったらっ…
でも…すッごい気持ちよさそうです…
(太く、大きなバイブが音を立て振動する様は神夜にその痛みと快楽を連想させる)
(幸せそうに首輪を撫でるネージュに、神夜は恐怖と絶望を感じながらも、その眼を離せずにいる)

あ、アレディさんを!?
嘘です! だって、ネージュさんはアレディさんのことを…!
何で、何でネージュさん、そんなことをッ…!?

79 :ゲルダ・ミロワール、ネージュ・ハウゼン ◆nJfsYZnL3Y :2010/05/07(金) 01:01:34 ID:???
>>78
ここまで言ってもまだ詰まらぬ意地を通すのか。
(感心した風を装い、これまで与えていた苦痛と快感を取り上げる為にバイブの振動を停止させ)
(更に拘束していた手枷までも解いてしまう)


「洗脳?それは違いますわ」
「私は自分の意思でゲルダ様にお仕えしていますのよ。ゲルダ様の為に働き、ゲルダ様に従い、ゲルダ様に尽くすことこそが私の使命」
「このバイブ、ド気持ちよくてよ。まぁ、ゲルダ様にして頂くことには劣りますけど」
(ズブズブバイブを抜き差し、愛液を撒き散らしながら見せつけて)

何で?
そんなのゲルダ様に刃向かったからに決まってますわ。
それに、ゲルダ様直々の命令ですし…処刑をしない理由がありまして?
(あれほどまでに親しかった者を自らの手で亡き者にした直後にも関わらず)
(その行為と結果に思うところが無いようで、むしろ誇らしげに話していた)

そんなことより…
この私の進言のおかげでゲルダ様に、ここまでして頂けているのに。
その態度は許せませんわ。
(解放された直後の神夜の身体を踏みつけて、フェイスレイヤーの先端で軽くクリトリスを撫でてやる)


80 :楠武神夜 ◆/xxVLdE0Uc :2010/05/07(金) 01:16:15 ID:???
意地、なんかじゃ…っ…え…!?
あっ…くぅ…んっ…
(手枷を急に解かれ、戸惑う間もなく、バランスを崩し、地面に横渡る)
(その位置は、皮肉にもネージュの足元、彼女の秘所のバイブが良く見える位置だった)

ネージュさん…あぁ…こんな、太いバイブを……
私も、この人に屈服しちゃったら…
今のネージュさんみたいに…ヒルダさんに仕えることしか考えられなくなって…
…そ、それに…こんなにいやらしく…
(目の前で嬌声を上げながら、愛液を撒き散らすネージュの姿は、洗脳の恐ろしさを伝えるが)
(同時に、被虐の喜びに目覚めてしまった神夜にとって、その姿はどこか魅力的に映り)
(自然と息は熱くなり、太腿を擦り合わせてしまう)

そんな…完全に、洗脳されちゃってます…
ゲルダさんのことしか考えられないようになっちゃってる…
(神夜の頭を『傀儡』の二つ名がよぎる。まさに今のネージュはヒルダの操り人形なのだろう)

はうっ…ぐぅ…んっ…
っ…あんっ…や、やめて…やめてください、ネージュさ…んんっ…!
(洗脳された仲間に踏みつけられながら、槍の先端で性器を弄られる)
(本来ならば恐怖を覚えるはずの場所で、神夜が漏らした声は、本人の予想以上に甘く、だらしないものだった)

81 :ゲルダ・ミロワール、ネージュ・ハウゼン ◆nJfsYZnL3Y :2010/05/07(金) 01:36:58 ID:???
>>80
どうした?
私の部下の股間がそんなに気になるのか?
(ネージュに目配せをすれば、すぐに意図を察して)
(文字通り、神夜の目の前で神夜の顔に愛液の雨を降らせるように顔に愛液をかけていく)

貴女もゲルダ様に仕えなさい。
あんなチャラ助ではゲルダ様の足元にも及びませんわよ。
(更に見せつけるように、肛門のバイブも合わせて抜き差しを繰り返して)

あぁん!
淫乱まんこ気持ちいいですわぁ。
はぁん、んぁぁ…マゾケツ穴も堪りませんのぉぉ。
(ただバイブのもたらす快楽に良い、ゲルダの言葉、ゲルダの視線を受け行動を起こす姿は正しく傀儡で)

ここは、怖がる所ですわよ。
もしかして、貴女はこうして支配されるのが好きなのではなくて?
ゲルダ様が、配下に加われば隷属の二つなをくださると言ってましたわよ。
ゲルダ様のみに仕える、証として…ね。
だから、ド早く忠誠を誓いなさい。
(振動は止まったが、刺さったままのバイブを踏みにじり)
(蔑むような視線を向けて、唾を吐きかけた)

82 :楠武神夜 ◆/xxVLdE0Uc :2010/05/07(金) 01:51:22 ID:???
そっ…そんなことは、ありません…
や…やだ、やめてください、ネージュさんっ…
あ…ぁ…こんなに、顔中にいっぱい…
(慌てて言い繕い、口では嫌がるが、愛液の雨を避けようともせず)

ひっ…そんな、そっちの方まで…
…でも…そんなに気持ちいいんですか…?
そんなにエッチに乱れちゃうほど…気持ちいいだなんて…
あぁ…愛液もこんなに溢れて…
私、こんなふうになったこと、ありません…
それとも…完全に支配されたら…皆、こんなふうに気持ちよく…
(気品も何もなく乱れ狂うネージュの姿をじっとみつめ)

そ…そんなこと、ありません…ありえません…
私が…支配されるのが好きだなんて…
ダメですっ…私、そんなこと、できません…
ネージュさんをそんなふうにしてしまい…
アレディさんを殺したゲルダさんに忠誠を誓うだなんて、出来ません…!
っ…くっ…んっ…ふああああっ…!!
(バイブを踏みにじられ、唾を吐かれ、身体はマゾの快感に屈服しそうになりながらも、気丈に言い返し)

83 :ゲルダ・ミロワール、ネージュ・ハウゼン ◆nJfsYZnL3Y :2010/05/07(金) 01:56:25 ID:???
【ごめんなさい、良いところなのだけど】
【眠気が来てしまったの】
【もし良ければ凍結して続きをお願いしたいのだけど…】

84 :楠武神夜 ◆/xxVLdE0Uc :2010/05/07(金) 08:30:16 ID:???
【すみません、私もちょうど同じ時期に寝落ちしてしまったようです…】
【私も、貴方と続きがしたいです。もし良かったら、都合のよい日を教えていただけますか?】
【私は、来週末であればゆっくりお付き合いできると思います】
【一応、平日も10時以降なら空いてますが、1時までには眠りたいなぁ…と】

85 :名無しさん@ピンキー:2010/05/07(金) 19:34:55 ID:???
長えよ

86 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/05/07(金) 22:21:58 ID:???
>>2で待機してみるね。

87 :黄坂ルイ ◆gZxstL356A :2010/05/07(金) 23:08:15 ID:???
>>86
よく飽きずに待機するね…
ん。
(コーヒー差し出す)

塩は入れてないから安心しなさいよ

88 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/05/07(金) 23:17:10 ID:???
>>87
あ、ルイ。今晩は
あはは…ちょっとしつこかったかな。

…本当?
あの時は本当にびっくりしたんだよ?
(ルイからコーヒーを受け取るものの、抗議めいた眼差しで見つめる)
(そして警戒するようにコーヒーを疑うように覗く)

89 :黄坂ルイ ◆gZxstL356A :2010/05/07(金) 23:29:00 ID:???
>>88
しつっこくて、頑固。泣き虫。お人好し。
でも、それがあんたの取り柄なんだから良いんじゃない?
そのお陰で私もここに気が付けたんだから。

びっくり?
ふぅん。ひと味違う方が美味しいと思ったんだけど。
南米式塩コーヒーはダメだったみたいね。…一番の友達の証なのに。
(しれっと流して、心で舌を出す)
(見た目には何の異常もないコーヒーに手をのばし)

…要らないなら、いいよ。南にあげるから

90 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/05/07(金) 23:48:50 ID:???
>>89
……それって褒められてるのかな。
なんだか複雑だけど…会えてよかった。ルイ。

塩なんて入れられても美味しくないよ!
しかも水飲まないといけないくらいしょっぱくしてるなんて…
…え?そうなの…一番の友達の証…
(意外なその言葉に酷く感動して)
南米ではあんなの…ううん、国が違えば味覚だって違うっていうし
ドイツの人が美味しいっていうビールは、日本人が飲んだらマズイって言うらしいし…
だったら南米の人はコーヒーに塩、入れてるのかも…
それにあのときだって、喧嘩したあとの仲直りだったし…
(ぶつぶつといいながら、いかがわしいルイの言葉に自分で納得のいく方向へと持っていって)

ああ!いる!いるわよ!
…ゴメンねルイ。ルイの気持ちも知らずに、私ったら酷いこと言っちゃって…
(コーヒーに伸ばされたルイの手をがしっと掴んで。曇ったその顔はルイを疑ったことへの罪悪感の現れで)
ルイの気持ち、私…喜んで受け取るよ。
(あのときの塩の味が蘇るが、これも友情の証だと思えば感激に変わるとぐいっとコーヒーに口をつける)

91 :黄坂ルイ ◆gZxstL356A :2010/05/08(土) 00:05:07 ID:???
>>90
何事も、プラス思考が良い結果を導くのよ。
まあ…うん。私も会えて良かったと思うわね。

……ほんとにまあ、(お人好し)。
(何やら自己暗示めいたつぶやきの欠片が耳に入り、括弧部位を隠して小さくつぶやく)
……そうね。私の気持ち、受け取って?
(止められた手をつるり、滑らせ青葉の手を握る)
(コーヒーを煽る青葉に片目を瞑り微笑むと)
塩は入ってないわ。入ってるのは…南米の呪術師の秘薬。
人の心を操る薬…ほれ薬みたいなもんかな。
薬を飲んでから、最初に見た人の言うこと何でも聞くドレイになっちゃうらしいんだけど…
(味は苦みの強いコーヒーに過ぎず。律儀に全部飲みほす様を眺めてから)

気分はどう?
包み隠さないで私に答えたら、最後に私をルイ様って呼んで?

92 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/05/08(土) 00:31:17 ID:???
>>91
そうだよね。後ろ向きに考えても何にもならないし。
ルイも…。あ、あはは…なんだかルイがそんなこと言ってくれるなんて意外。
ルイってば素直じゃないし、意地悪だし…そういうこと思ってくれてても言ってはくれないって勝手に思ってた。

これがルイの友情の証なら私も応えなくっちゃ!
(コーヒーを飲むことにすら必要以上の意気込みを見せて)
(ごくごくとコーヒーを飲んでいく)
ル…ルイ?
(ルイに手を握られて、意外な行動に目を丸くする。なにやら照れくさく、綺麗な子と思っているルイに触れられ)
(女の子同士ということにも関わらず思わずドキドキしてしまう)
………えっ…?
なにそれ…?ルイっ!私に何飲ませたのよ!?惚れ薬って…一体どういうことよ?
ドレイって…奴隷だよね…?
酷いルイ!!私のことそんな風にしたいと思ってたの!?
(目に涙を浮かべてルイに向かい怒声を発し)

べ、別に…何にも変わったところなんて…
呪術師の秘薬なんて、信じないもん…
(けれどルイに手を握られたあのときから、心臓がドキドキして止まらない)
(そんな馬鹿なと思いつつも、実際に胸のドキドキは止まらずに)
……なんだか、よくわかんないけど、ドキドキしてる…
ルイに手を握られてから、ルイの綺麗な顔を見てたら…
私…まさか本当に?ルイは綺麗だけど・・・女の子同士だし…こんなの…
(いけないと思えば思うほどドキドキは募り、頬を赤くしてルイを見て)
ル…ルイ……様…

93 :黄坂ルイ ◆gZxstL356A :2010/05/08(土) 00:54:07 ID:???
>>92
…そっちの言葉は、絶対私を貶してるわよね?
(聞こえた言葉に、握った手にこもる力が強まっていく)
私だって、言うときは言うわよ。…したいことが叶いそうなら尚更。
(それはあんたを玩具にするってことだけどね)

ドレイは言葉の綾…
私があんた…青葉にしたいことはもっと別。
青葉に取られたモリビトの代わりに、私が青葉を盗るの。
今から、青葉は私の人機(モノ)に…私は青葉の操主(主人)になるの。
泣かないで。怒らないで。ほら、青葉の心は解ってるじゃない。
(と、空いた手で青葉の控えめな乳房に触れながら、くすぐるようになで回し)

こんなに胸を踊らせて、顔を赤くして…クス
綺麗な私のものになりたがってる。
良い子ね、青葉。
「あなたの大好きな、ルイ様のものになりなさい」…?
(瞳を細めて微笑むと、そっと唇を寄せ口づけてしまおうとした)

【青葉、私一時が時間】
【締めるか凍結か破棄か、任せる】

94 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/05/08(土) 01:01:06 ID:???
>>93
【ルイさえよければ私も凍結して続けたいな】
【明日っていうか、今日の夜からならまた会えるけどルイはどうかな?】

95 :黄坂ルイ ◆gZxstL356A :2010/05/08(土) 01:06:29 ID:???
>>94
【及第点は貰えたみたいね(…良かった)】
【私も続けたい。今晩で大丈夫だと思う】
【22時頃に掲示板で待てばいい?】

96 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/05/08(土) 01:09:16 ID:???
>>95
【ルイにしては珍しく弱気だね。私なんて楽しませられてるか心配なくらいだよ】
【うん!その時間に伝言板に行くね!】
【また会えたときにルイの希望とかも詳しく教えて欲しいな】
【じゃあ今夜はここでさよならだね。日付では今日だけど、また明日ねルイ】

【スレをお返しします】

97 :黄坂ルイ ◆gZxstL356A :2010/05/08(土) 01:13:58 ID:???
>>96
【…お互い様(べっと舌出し)】
【長々語っちゃうと迷惑だろうから、これでお休み。私からもスレを返すわ】




【いきなり仕掛けたのにのってくれて…勿論楽しいわよ、ありがとう青葉】

98 :フェイト・T・ハラオウン ◆mp2up15OsQ :2010/05/09(日) 10:32:58 ID:???
私を堕として、絶対の忠誠を誓うようにしてしまうナンバーズの誰か。
もしくは洗脳された六課メンバー。

99 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/05/09(日) 23:04:29 ID:???
待機してみます。
希望としては機械による調教・陵辱。
可愛い娘を対象に誘拐しては自分達に忠実な奴隷人形として作り変え
娼婦として売り捌く。そんな組織に捕えられてと言うのを希望してみます。
出展はらぶドルです

100 :ナノナノ・プディング ◆pa2zbgxKsI :2010/05/09(日) 23:26:15 ID:???
【うう…ここ数日書き込めなかったのだ……
おやぶん、この前は寝落ちしてしまってごめんなさいなのだ。
もし、まだ見てたらまた相手して欲しいのだ】

だからナノナノはおやぶんの知ってるナノナノとは違うのだ!エッチじゃないナノナノはもうどこにもいないのだ

(ワレメをアニスのワレメに擦りつけながら)
こ、こんなにビショビショに濡れてるのだ〜。おやぶん、寄生虫がなくても結構Hなのだ。
(寄生虫のものともナノナノのものともわからぬ粘液を指ですくいながら)

はふうっ!!こ、これで全部入ったのだ…おやぶんの中にっ!!
これでおやぶんもナノナノと同じ変態さんになれるのだ
(アニスの股間から赤いものが伝ってきて)
おやぶん始めてだったのだ?始めてが寄生虫なんて変態さんの代表みたいなのだ
もちろんナノナノも寄生虫が始めてだったのだ♥

これからお尻とアソコと尿道口にも寄生させてあげるのだっ!

101 :名無しさん@ピンキー:2010/05/09(日) 23:27:09 ID:???
>>99
ああ、PCが規制されていなければ、立候補したいのに…(;_;)

102 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/05/09(日) 23:31:08 ID:???
>>101
折角の申し出ですが、こればかりは仕方が無いですね。
また機会があればお相手してください。
引き続いて待機しています

103 :名無しさん@ピンキー:2010/05/09(日) 23:42:28 ID:???
>>102
洗脳による快楽を刷り込まれて、性欲処理兼洗脳の助手としての人形にされる、というのはダメかしら?

104 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/05/09(日) 23:49:52 ID:???
>>103
全然問題ないですよ。
私自身洗脳されて洗脳後は性処理人形兼新たな人材に対して洗脳処理を施す為の人形に。と言う事ですね?
と言う事は私自身もまた探さないといけなくなるのでしょうか?

105 :名無しさん@ピンキー:2010/05/09(日) 23:52:39 ID:???
>>104
そうなるかしらね。
ええと、あなた自身も探す、というのはどういう意味かしら?
洗脳された後、新しい人形候補をということなら、それはその時の流れ次第かしら。

106 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/05/09(日) 23:55:50 ID:???
>>104
私が洗脳された後、新しい人形候補をという流れで間違いないです。
そうですね、少し早期過ぎました。取り合えず私が貴方の手によって洗脳処理を施される所から、でよいでしょうか?

107 : ◆J2Unjqb3Mw :2010/05/09(日) 23:59:53 ID:???
>>106
そうね、私が気に入ってもらえるかわからないし。
始まりはそこからで問題ないと思うわ。
それと、今日は2時くらいまでしかできないけれど、凍結は大丈夫なのかしら?

108 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/05/10(月) 00:01:13 ID:???
>>107
凍結の方は大丈夫です。
それでは時間の方も少ないので始めましょう。書き出しはどちらからにしましょうか?

109 : ◆J2Unjqb3Mw :2010/05/10(月) 00:04:05 ID:???
>>108
ありがとう、それじゃあそちらからお願いできるかしら?

110 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/05/10(月) 00:07:47 ID:???
>>109
解りました。それでは少しお時間を頂きますね。


111 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/05/10(月) 00:17:15 ID:???
(それはある日の休日の事だった)
(連日の仕事から久しく解放された瑞樹は軽く変装をして街中を一人歩いていた。)
(その日は瑞樹にとっては休日でも、他の者にとってはごく普通の平日で)
(街中もお昼時にも関わらず人の気配は少なく、アイドルの瑞樹としては正体がバレた場合の事も考えれば有難かった)

次は何処に行こうかしら…
(そんな事を考えていた時だった。表通りから裏通りに差し掛かった時、突如背後から何者かに襲われてしまう)
んんん!ん〜〜〜〜!!
(あまりにも突然の出来事でパニックに陥るが、それでも必死に助けを求めようと抵抗するも)
(程なくして急激な眠気に襲われやがて意識は闇の中へと沈んでいくのだった)

【こんな感じで如何でしょうか?】

112 : ◆J2Unjqb3Mw :2010/05/10(月) 00:33:05 ID:???
>>111
(トップアイドルチーム、らぶドル)
(その一員である榊瑞樹を狙い始めてから半年が過ぎていた)
(息抜きとしての平日の散策と、お気に入りのコースが決まっているのは拉致する側としては酷く簡単で)
(クロロホルムで意識を奪って車へと積み込むと、そのまま自分の研究所へと連れ帰る)

(既に、彼女のパーソナルデータなどは十分に集まっており)
(大まかな調整の済んだ洗脳装置――ぱっと見はマッサージチェアにも似たそれへと横たわらせると)
(手早く拘束をして、頭部へとヘッドセットをはめる)
(さらに、ヘッドセットの両耳の位置に長いホースのようなものを装着すると)
(バイザーだけは下ろさないまま、頬を軽く叩いて覚醒を促す)
ふふ、可愛い顔して眠っているわね……さぁ、起きなさい、瑞樹。
起きていた方が、より気持ちよく、きちんとお人形に変わっていけるわよ……。

【ええ、それじゃあよろしくお願いするわね】
【多少なら時間が過ぎても大丈夫だから】

113 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/05/10(月) 00:44:58 ID:???
>>112
ん、ぅ……?
(頬に軽い痛みを感じゆっくりと瞼を開いていく)
(半ば呆けた表情をするのも一瞬で、我に返れば辺りを見回して)
こ、此処何処!?
私確か…そうよ、後ろから誰かに襲われて…え、なにコレ!?
(慌てふためいて居るせいか女性の存在には気づかず、現状自分の置かれた異常な状況に戸惑い)
(マッサージチェアの様な物に座らされ、手足はがっちりと拘束され身動きがとれず)
(頭部には奇妙なヘッドセットを装着させられていて)
(更にその先はホース状の物と繋がっていて。周囲を見渡すも明らかに自分の見知らぬ場所)

あ、貴方は誰ですか…!?此処、は何処ですか!?
それに私、どうしてこんな事に!?
(ようやく女性の存在に気づき、錯乱しながらも質問を投げかけて)

【解りました。それでは宜しくお願いします。】

114 : ◆J2Unjqb3Mw :2010/05/10(月) 00:55:16 ID:???
>>113
(目が覚めるなり、騒がしく周囲を見回す様子を面白そうに眺めながら)
(質問が飛んでくれば、少しだけ首を傾げると口元に笑みを浮かべて)
ようやくお目覚めね。
おはよう、榊瑞樹さん。
あらあら、質問が多いのね。
どうせ、直ぐに関係なくなるけれど……。
私はとある組織に所属する研究者よ。
ここは、私の研究……ううん、実験施設かしら。

それはね……あなたを、奴隷にするため。
(説明しながら、ゆっくりと近づいていくと)
(顎を軽く持ち上げて、いきなり唇を重ねる)
(万が一にもかまれないように頬を指で押さえながら)
(舌で唇をなぞり、感触を覚えこませるように舌を満遍なく口内に這わせて)
(しばらくキスを愉しむと、唾液の糸を引きながら唇を離す)
くす、どうだったかしら?
今の感触、忘れちゃダメよ?
(そう言うと、反論を遮るようにバイザーをおろして)
今から、あなたを私の忠実な奴隷人形に変えてあげるわ。
女の子が大好きで、洗脳されるのが大好きな変態のマゾアイドルになるのよ。
楽しみでしょう?
(そういうと、装置のスイッチを入れる)
(画面からは催眠状態に誘導するための強烈な光が一定のパターンで明滅し)
(両耳からは不可聴域の音波が発せられて)

115 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/05/10(月) 01:11:02 ID:???
>>114
とある組織に所属する研究者さん……?
此処は貴方の実験施設…ですか?
(返ってきた返事の余りにも突拍子もない内容に思わず聞き返してしまう)
(しかし周辺にある見慣れぬ機械等が視界に入り、瑞樹自身も拘束された現状では信じざるを得なくて)

ど、奴隷…!?奴隷ってあの…んっ!?
(更に質問をしようとした時だった。突然顎をも持ち上げられ視線が合った瞬間唇を奪われて)
んく、ちゅ、ちゅむ…ちゅく、んんん〜〜!!
んはっ、ぴちゃ、ちゅ、れるっ…ふぁ、んふぅ………
(思い人であるマネージャーからさえキスをされた試し等なかった。なのに瑞樹のファーストは呆気ない程簡単に奪われてしまった)
(それだけでなく、目の前の女性は執拗にまるで味わうかの様に何度も何度もキスをして来る)
(恋愛とは程遠い捕食者とされる者と言った構図と、柔らかな女性の唇の感触がリアルに脳裏に焼きついていく)
(更に口内陵辱は続き、酸欠気味になった所でようやく開放されて)
ぷはっ…はぁはぁ…。
ひ、酷い…私、まだ初めて…だったのに…。
(頬から涎が垂れ半ば涙目で睨み付ける様に女性を見るが、次の瞬間には頭部のバイザーを下ろされ)
い、嫌よっ、そんなの絶対嫌っ!
楽しみな筈ないでしょ!
私は奴隷人形になんてなりたくないっ、らぶドルの榊瑞樹のままで居たいの!
(必死で女性にそう懇願するが、当然聞き入れて貰える訳もなく、洗脳装置は無残にも作動させられて)
あ、あぁ……なにっ、耳が…んっ、あぁ…
まぶ、しい…んんっ、目が…チカチカして…
(視界がさえぎられたかと思えば七色に明滅を繰り返し、それはしばらくすれば視覚が麻痺させられ始め)
(同時に耳元から発せられる音はやがて聴覚を麻痺させていく)

116 : ◆J2Unjqb3Mw :2010/05/10(月) 01:29:00 ID:???
>>115
ええ、そうよ。
まぁ、急にそんな事を言われてもなかなか飲み込めないでしょうけど。
(詳しく説明する気は最初からなく、当惑気味の様子に肩をすくめて)

そうよ……そのど・れ・い♪
あら、初めてだったのね、それはとっても運が良かったわ。
楽しめたかどうかは知らないけれど、それならしっかりと刻めたでしょうから。
ごちそうさま、瑞樹。
(唾液で濡れた唇を、これみよがしに舌で一舐めしてみせて)

ええ、ちゃんとらぶドルの榊瑞樹のままでいさせてあげるわよ。
その方が価値があるもの。
(悲鳴じみた声にもくすくすと笑って軽い調子で答えて)

さぁ、段々頭がぼーっとしてくるわよ。
目の前の光を見ていると、何にも考えられなくなっていく。
何も考えられない。私のいう事だけしか聞こえない。
今からあなたは洗脳されるの。
それも、私に洗脳されるのが大好きな変態。
私に支配されるのが、無上の喜びの変態。
仕上げにしっかり弄ってあげるけれど、まずはじっくりと下地を作ってあげる。
(音波と光のパターンで自我を完全に奪うと)
(続いて目の前に女性同士のキスシーンが映し出される)
(1人は研究者だが、相手は何人もの女性が映し出される)
(彼女らは一様に虚ろな瞳で、積極的にキスをし、舌を絡めていて)
どうかしら?
とっても気持ちよさそうでしょう?
幸せそうでしょう?
私とキスすると、みんなああなってしまうの。
みんな洗脳されてしまうの。
あなたもそう。
さっき、私とキスしたわよね……さぁ、思い出してみて。
よぉく。ゆっくりと。じっくりと。
(ゆっくりと脳に快楽を送り込みながら、先ほどの記憶を喚起させて)

117 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/05/10(月) 01:45:45 ID:???
>>116
私にとっては最低最悪よ…!
くっ……後で、覚えてなさいよこの変態!
(ペロリ…と更に一舐めされればより鋭い視線で睨み付ける様に見て)

なっ……!?
か、価値がある、ですって…!?
(余りにも軽い口調で話す女性。女性にとっては瑞樹がアイドルである事など)
(精々金銭が転がり込んでくる程度にしか思っていないのだろう)

ぅ、ぁ……嫌、い……やぁぁ……
(必死で目を閉じようとも、瞼を透過して明滅する光は容赦なく瑞樹を襲う)
(やがて女性の言う通りに思考が定まらなくなっていき…)
なにも……考えれない……んぅ、貴方の声……だけ、しか…。
わた、し…せん、のう…?
私……は、洗脳されるのが…だい、すき…な。へん、た……い…。
あな、たに…支配……される、のが…無、上の喜び…ぅ、ぁぁ…。
(耳元からはやけにクリアに聞こえてくる女性の声)
(光の明滅と共に思考を奪われ自我を保てなくなり始めれば更に鮮明にはっきりと脳裏に木霊して)
(先ほどまでの威勢が嘘の様に、女性の声を復唱する様に呟いていく)
(暫くすると、視界が唐突に開けると共に、複数人の女性の姿が映し出されて)
(それは何処かで見た覚えのある女性に、瑞樹と同年齢位か少し上位の女性達。)
(その瞳はどこか虚ろでいて、皆積極的に深いキスを繰り返し行い始める)
気持ち……よさそう。
幸せ、そうに…してます。
貴方と、キスを…する、と…皆、洗脳…されて…しまう?
あ、ぅ…わ、たしも…キス、を?
(女性の声に反応し、記憶を探っていけば)
(それと同時に目の前にも全裸の瑞樹が映し出されて)
(何処か虚ろな表情をした自分は、周りの女性達同様、声の主である女性と深く濃厚なキスを繰り返し行っていく…)
は……ぃ。わた……し、貴方…と、き…す、しました…。

118 : ◆J2Unjqb3Mw :2010/05/10(月) 02:05:51 ID:???
>>117
ええ、覚えておくわよ。
2回目を楽しみにしておくわね。
(嫣然と笑って、瑞樹の怒りを受け流す)
(彼女の言う価値とは、さらなる人形集めのためのものだったが、それに関しては口にせず)

(光の明滅は抑えた色合いで、リラックスできるものへと変化する)
(それは、心の深い場所へと深く浸透し、洗脳を焼き付けていくためのもの)
そう……いい子ね……。
キスされるとどうなるんだったかしら?
ほら、思い出して。
何度もしたでしょう。
何度もしたら、どうなってしまうのかしら。

(何度も何度もキスのシーンを甦らせて、記憶と印象を操作し)
(まるで、自らキスをしたかのような記憶を植えつけながら)
ほら、気持ちよさそうでしょう?
ううん、違うわね。
とっても気持ち良い。
洗脳キス、気持ち良い。もっとしたい。ほら、みんなと一緒に、私におねだりするのよ。
洗脳して下さい。キスして下さい。
私の全てを捧げますから……どうか、私の脳味噌、お好きなように弄ってください、ってね。
(そう囁くと、耳につながれたホースから脳改造用の細いケーブルが何本も出て)
(耳朶を這いながら、脳へと向かっていく)
さぁ、言いなさい……そうすれば、もっと幸せに、もっと気持ちよくなれるわ。

119 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/05/10(月) 02:20:35 ID:???
>>118
に、二回目なんて、ある訳ないでしょ…!
(その言葉を最後に元人格の瑞樹は洗脳処置を施されていくのだった)

(光の明滅がゆっくり自然に落ち着き始めた頃にはスッカリ意識が漂白されていて)
(それでも尚も光は瑞樹の視界から意識を、自我を奪い心地よい気持ちを植えつけていく)
キス……されると、気持ちよくなり、ます…
貴方にキスをされる事は…きもち、いい……
なん、ども…何度も…キスを、しました…。
何度もする……と、せん、のう……され…ていく……。

(うわ言の様に女性に返答をすると同時に視界には何度も何度もキスを繰り返し行う自らの姿)
(その姿形は瑞樹自身の記憶として形を成し始めて)
は、い……凄く、気持ちよさそう…
ぁぁ、とっても、気持ち、いい…
洗脳キス…気持ちいい。もっと……した、い。ぁぅぅ、は、い…。
(そして遂に瑞樹自身の口から懇願の言葉が紡ぎ出されて)
洗脳……して、くだ、さい。キスして…下さい。
私の…すべ、てを。捧げます…から、どう…か…
どうか、私、の…脳味噌、お好きな様に……弄って、くだ、さぃ。
(バイザーで表情は読み取れないものの、ゆっくりと確実にその言葉を紡いで)
(だらしなく開いた口からはツーッと涎が垂れ、ポタリと足元へと落ちて)
(そして気づかぬ間にシュルシュルと音を立てながら両サイドの耳元へと細いケーブルが這う様にして近づき)
(くちゅり…と小気味よい音と共に進入していく…)
(ビクンッと身体を震わせるが一切の抵抗なく、うわ言の様に何度も呟いて)


120 : ◆J2Unjqb3Mw :2010/05/10(月) 02:38:18 ID:???
>>119
そうよね、キス、大好き。
私とのキスは、我慢できない。
私とキスをするって想像しただけで、ここがジュンとしちゃう。
洗脳キスされると、心も身体も感じて、気持ちよくて真っ白になる。
(囁きながら、太腿に手を這わせると)
(そのままスカートの中に手を差し入れて、下着の中心に指を押し込み)

そう……それじゃあ、キスしてあげるわね。
脳味噌改造しちゃう、洗脳キス。
キスした瞬間、気持ちよくおかしくなっちゃうだろうけど、もうそんな事は気にならない。
キスしてもらえるなら、なんでもするんだものね。
口を開いて、舌を突き出しなさい。
まずは、じゅるじゅるって吸ってあげるわ。
ほら、よく見なさい。私が、あなたにキスをしてあげるわ……。
(映し出されるのは、他の女性と研究者のキス)
(だが、それは今の瑞樹には自分自身と置換されており)
(そして、キスが始まると同時に、くちゅると脳味噌へケーブルが侵入する)
(キスの感触、キスの快感が直接に送り込まれ)
(同時に、その快楽に対する絶対的な屈服と服従が刷り込まれ)
(代わりに、これまで大事だった感情や記憶が現実感のないものと変えられていく)
今度は、舌、絡ませてあげるわね……次は、ベロ同士を舐めあうの。
(言葉のたびにキスシーンが再生され、それに合わせて脳改造も深いところへと進んでいく)
どう?
洗脳キス、最高でしょう?
キスだけでイキまくる、変態のレズマゾ人形にどんどん変わっていく。
キスすることと、私に従う事しか考えられない。
考えられなくなっていく。
瑞樹はキス人形。瑞樹はレズ人形。瑞樹はマゾ人形。
(言葉のたびに、耳の奥から水音を立てて、脳を弄り)
(性的な知識と淫語を変態性癖と共に植え付けていく)
ほら、自分からキス、誘いなさい。舌をくねらせて下品に誘うの。
(そう言うと、バイザーを上げて、表情を確認し)
……私を変態レズマゾ人形の瑞樹として生まれ変わらせるために、洗脳キスをして下さい。
お願いしますって、おねだりするのよ。
さぁ……。
(命令を下し、実行されると同時に唇を重ねれば)
(その瞬間、瑞樹の脳味噌は完全に掌握され、同時に改造が終了する)

121 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/05/10(月) 03:01:34 ID:???
【申し訳ないです、二時頃までと言っておきながら延長してしまって。】
【同時に少し寝落ちそうになっていたので一度凍結挟ませてもらってもよいでしょうか?】

122 : ◆J2Unjqb3Mw :2010/05/10(月) 03:04:35 ID:???
【はい、大丈夫です】
【それでは、次はいつがいいでしょうか?】
【私は近場だと今日か水曜の22時半以降なら大丈夫そうです】

123 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/05/10(月) 03:07:15 ID:???
【有難うございます。】
【近くなら今日と同じか少し遅い位の時間、後は土日になります。】
【もし良ければまた今日の深夜にお相手して貰えればと思うのですが…】

124 : ◆J2Unjqb3Mw :2010/05/10(月) 03:11:16 ID:???
【もちろん。それじゃあ、今日の23時に伝言板で待ち合わせでいいかしら?】

125 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/05/10(月) 03:12:02 ID:???
【了解です、と言いたいのですが恐らく1時頃になりそうです。申し訳ないです。】

126 : ◆J2Unjqb3Mw :2010/05/10(月) 03:16:32 ID:???
【んー、分かったわ。凍結にしても、キリの良いところまでは進めておきたいし】
【じゃあ、今日の25時に伝言板で待ってるわね】
【それじゃあ、今夜はお疲れ様。おやすみなさい、ね】

【スレを返すわね、ありがとう】

127 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/05/10(月) 03:18:54 ID:???
【無理いって御免なさい。】
【25時伝言板でお待ちしてます。】
【それでは本日は有難うございました。失礼します。】

【スレお返しします】

128 :フェイト・T・ハラオウン ◆t8VrmCRG.2 :2010/05/11(火) 02:14:37 ID:???
私を堕として、絶対の忠誠を誓うようにしてしまうナンバーズの誰か。
もしくは洗脳された六課メンバー。


129 : ◆edUx94su7Q :2010/05/11(火) 11:14:35 ID:???
【洗脳してくださる方を募集します】
【方法としては機械・もしくは寄生でお願いします】
【キャラはセーラー戦士などを考えていますが、ご相談に応じます】

130 :名無しさん@ピンキー:2010/05/11(火) 12:21:26 ID:???
【それはスケバン刑事……】

131 : ◆edUx94su7Q :2010/05/11(火) 12:32:12 ID:???
【どういう事でしょうか…?】

132 :名無しさん@ピンキー:2010/05/11(火) 12:34:14 ID:???
【ちなみに他の作品で出来そうなものはありますか?】

133 : ◆edUx94su7Q :2010/05/11(火) 12:40:28 ID:???
【ゲーム系だとFF6と7とDQ5、ストリートファイター系統とか古めです】
【漫画とかだとTOLOVEるとか、禁書目録系なら】

134 :名無しさん@ピンキー:2010/05/11(火) 12:54:12 ID:???
【むむ…この中だとFF6か7かDQ5かな?】
【NGは何でしょうか?】

135 : ◆edUx94su7Q :2010/05/11(火) 12:59:45 ID:???
【NGはふたなりと猟奇です】
【FF6ならセリス、7ならティファ、DQ5ならフローラで】
【脳に寄生体入れられたり、機械での脳改造で下品にされたいです】

136 :名無しさん@ピンキー:2010/05/11(火) 13:10:25 ID:???
>>135
【ふぅむ…じゃあFF7でお願いしたいです】
【こっちは……キャハハはアレなので中を取ってマリンと言った所でしょうか?】
【寄生シチュならZが適当かと…】

137 : ◆edUx94su7Q :2010/05/11(火) 13:17:31 ID:???
>>136
【ではFF7で寄生…という事でよろしいですか?】
【寄生方法はどうしましょうか…口などから入るというのと、何かに触れた際に神経を通じて支配というのは思いつきます】
【考えていたのは、ピアスを通じての神経支配ですけど、どうでしょうか?】

138 :名無しさん@ピンキー:2010/05/11(火) 13:22:59 ID:???
>>137
【ジェノバ細胞を使った支配で考えていますが】
【多分メインは口から脳へ…ですね】

139 : ◆edUx94su7Q :2010/05/11(火) 13:29:54 ID:???
>>138
【分かりました、ではメインはそれでお願いします】
【サブででも提案を取り入れて頂けましたら…と思います】
【あと打ち合わせで確認しておくことがありますでしょうか?】

140 :名無しさん@ピンキー:2010/05/11(火) 13:35:49 ID:???
【後は……そうですね】
【下品は何処まで大丈夫か、あとどちらから書き出しますか?】


141 : ◆edUx94su7Q :2010/05/11(火) 13:39:36 ID:???
>>140
【淫語を沢山言わされたり、アヘ顔させられたり、ポーズ取らされたりなどは平気です】
【食べるのは無理ですが、排泄を見せながら何かをするとかも大丈夫です…もっと下品な事も考えてますか?】
【リードをできればお願いしたいので、書き出しはお願いしたいと思っています】

142 :名無しさん@ピンキー:2010/05/11(火) 13:45:18 ID:???
>>141
【分かりました。
ではこちらから…少々お待ちをお嬢様】

143 : ◆edUx94su7Q :2010/05/11(火) 13:50:51 ID:???
【よろしくおねがいしますね…トリップも念のためおねがいします】
【では、お待ちしていますね】

144 :マリン・ウォーレス ◆MariNt/vrg :2010/05/11(火) 14:06:51 ID:???
(ミッドガルドのピザの下……即ちスラム街、そこから離れた場所にある森の奥。

ティファが居ない隙に人身売買組織に攫われたマリンを助ける為、
一人アジトに向かい、そして溢れる筋肉を遺憾無く発揮したティファは難無く組織を力で捩じ伏せた。)

(しばらく捜索すると、地下室を発見し、巨大な試験管が並ぶ通路を進むと地下牢を見つけ、
その中には、数人の女の子とおかっぱ頭のマリンがうなだれた格好で座り込んでいた。)

(ティファは鉄格子を腕で捩じ曲げマリンを居る地下牢の中へ入った)


【こんな感じでどうでしょう?】

145 :ティファ・ロックハート ◆edUx94su7Q :2010/05/11(火) 14:18:28 ID:???
(頼まれて預かっていたマリンが攫われ、情報を集めてなんとか監禁されている場所らしく所を聞き)
(襲ってきた者達を倒しながら中を進むうちに、地下へと繋がる通路を見つけて)
(中へと入るとしばらくして、マリンを含む数人の女児が魂が抜けたように座り込んでいて)
(自分と彼女たちの間にある鉄格子を開けると、まずはマリンに駆け寄って)

皆大丈夫…!?すぐにお医者さんに……。
全員一回では無理ね…どうしようかしら………。
(子供達に声をかけながら、どうするかを思案して)

【はい、ありがとうございます】
【よろしくおねがいします】


146 :マリン・ウォーレス ◆MariNt/vrg :2010/05/11(火) 14:32:55 ID:???
>>145
(鉄格子がひしゃげる様に破壊される音を聞き、顔を上げると)
あ、ティファお姉ちゃん……!

怖かった……もう、出られないかと思った……!

(感極まった声を上げると、ティファに駆け寄り腰に抱き付き、顔を埋め……しばらくしてから)


……ねぇ、ティファお姉ちゃん、おんぶして欲しいの……。

147 :ティファ・ロックハート ◆edUx94su7Q :2010/05/11(火) 14:37:15 ID:???
>>146
もう大丈夫よ…怖くないからね…。
皆ももう大丈夫…怖い人達は全部やっつけたから。
(泣いているような声で縋り付くマリンの頭を、そっと撫でて)
(周囲の子にも、安心させるように声をかけ)

おんぶ…でもそうすると……。
…分かったわ、じゃあ乗って?
(運べる人数を考えると、思案してしまうが)
(まずは自分が預かっている子を背中に乗せようと背をマリンに向け座り)
(残りの子はどうやって運ぶかを考えて無防備になっている)

148 :マリン・ウォーレス ◆MariNt/vrg :2010/05/11(火) 14:55:20 ID:???
>>147
うん……
ありがとう、ティファお姉ちゃん……

(後ろから覆い被さり、にこりと微笑むと)

助けてくれたお礼……受け取って?

(耳たぶに、はむっと甘噛みをして、離すとピアスの様なピンクサーモンの肉塊が張り付き、すぐさま運動中枢を支配支配し始める。)

(支配したのを確認すると、反対側の耳たぶにも甘噛み……耳元で囁き)
ねぇ……ティファお姉ちゃんも、リユニオンしよ?


149 :ティファ・ロックハート ◆edUx94su7Q :2010/05/11(火) 15:08:48 ID:???
>>148
お礼なんて後でいいわ…それに、当然のことだから。
(恥ずかしそうにしながら、マリンが乗りやすいように背中をマリンの身体に合わせ)

…何、くすぐった……!!
(耳たぶを噛まれ、首をすくめようとすると耳たぶに何か付いたような感覚がして)
(次の瞬間全身を一瞬だけ硬直させてから、動きが止まる)

う…ん…そう……ね……。
(声は聞き取れても口も瞳も動かずに、反対の耳にも同じように耳たぶに何かを付けられて)
(唇は半開きになり、リユニオンの言葉に支配した耳の物は唇から唾液を垂らさせて首を縦に動かす)
(心だけは閉じ込められ嫌がっても、顔は無表情になりマリンに神経が支配された事をしらせる)
(次の命令を待つように、身体をじっと動かさないで)

150 :マリン・ウォーレス ◆MariNt/vrg :2010/05/11(火) 15:21:05 ID:???
>>149
良かった……ティファお姉ちゃん素直になってくれて……ふふっ。

でもリユニオンする前には、身体を綺麗にしなくちゃいけないの。

だから、
(一人の少女を指差すと、幸せそうな表情でティファの前に座って顔を上げて)

そこの子におしっこを飲ませてあげてよ、お願いお姉ちゃん?

151 :ティファ・ロックハート ◆edUx94su7Q :2010/05/11(火) 15:33:42 ID:???
からだを…きれ…い…に?
(神経だけしか支配していない状態では、たどたどしくしか口が動かない)
(意思のないティファは頷いて立ち上がると、パンツとショーツを脱いで床に置き)

ん…ん…でる……きれい…に…はぁぁ……。
(ティファの精神が泣き叫んでも、体はしばらくの間を置いて膀胱を緩ませて)
(少女の口に尿を飲ませようと秘所を顔に擦りつけ、排尿の快感に震えて溜まっていた尿を排出して)
(終わると、マリンの口に命令とご褒美のキスを求める様にピンクのピアスのようなものを寄せて)
(マリンの前に表情のない顔を近づける)

152 :マリン・ウォーレス ◆MariNt/vrg :2010/05/11(火) 15:47:30 ID:???
>>151
(少女は美味しそうに飲み干し、恍惚として涎を垂らし股間に指を添えて水音を立て始める)

うん、流石ティファお姉ちゃんね……んっ……。
(ティファのピアスにキスを交わし、息を吹き掛ける)

いいなぁ……私もティファお姉ちゃんに飲ませたいなあ……
……おしっこしたいし。
ねぇお姉ちゃん、私のパンツを脱がしておしっこ飲んでくれる……?

153 :ティファ・ロックハート ◆edUx94su7Q :2010/05/11(火) 15:56:11 ID:???
>>152
(恍惚と尿を飲まれていくのを、閉じ込められたティファは半ば諦めを見せはじめて心は折れかけて)

ん……あふぅぅ………。
(神経に直接繋がっているせいか感覚が鋭く、ピアスを優しく刺激されるだけで甘く肉体の喜びに蕩けた声で反応して)
(女性としての無意識の動きで腰をもじつかせて、まだ欲しそうにみえるようにマリンをみつめ)

のむ…は…い…のむ……
んちゅ…くちゅ…のむ……
(マリンのスカートを口でくわえて両手でマリンのショーツを下ろして)
(膝よりも下までマリンの動きにあわせて持って行くと脚を上げて脱がせて)
(マリンの秘所のあたりに口をつけ、舌を這わせて排尿を促す)

154 :マリン・ウォーレス ◆MariNt/vrg :2010/05/11(火) 16:19:09 ID:???
>>153
んあっ……良いよお姉ちゃん……
(舌を這わせられると腰を震わせ、頭に抱き付き)

マリンも出ちゃう……しっかりと味わって飲んで……んっ!

(ティファの口の中に、甘い液が迸る……一口で発情したメスゴリラのような肉欲を与えるジェノバ液を膀胱いっぱいに……)



155 :ティファ・ロックハート ◆edUx94su7Q :2010/05/11(火) 16:24:49 ID:???
>>154
んぅ…んっ…ん……。
(頭を抑えられても苦しそうな顔もせずに、舌を這わせ続けて)

ちゅるっ…ん…ふぅ……んっ…はぁぁ…くちゅ…ぅ…。
(口の中に入ってきた液体を舌で味わってから飲み、表情がないまま顔が赤らんで)
(舌の動きが激しくなり、マリンが出すものを全て飲みこもうとする)

156 :マリン・ウォーレス ◆MariNt/vrg :2010/05/11(火) 16:32:32 ID:???
>>155
(激しく幼い入り口を攻められ)
ふぇっ、お、お姉ちゃん激しいよぉ……!
(腰を震わせると、尿の他に粘った液が染み出て舌に絡み付き)

ん……ちょっとイッちゃったよぉ、エッチなお姉ちゃん。
(舌を伸ばし、ピアスをペロペロ舐め)

ねぇ……ティファお姉ちゃん、今どんな気持ちか言ってみて?


157 :ティファ・ロックハート ◆edUx94su7Q :2010/05/11(火) 16:44:35 ID:???
>>156
ん、ちゅっ…ちゅぅ…んふっ…ぅぅ…。
(膀胱から出ているもの以外の液体も、舌で舐め取って飲みこみ)
(出されたまま奥に残っているものも、舌をすぼめて刺激して残らず飲みこんで)

んふっ…ん…ん…くふぅぅぅっ……!
っぁぁ……ふ……
(ピアスを舐められると腰をがくがくっとさせて、顔を少しだけ眉を寄せたようにすると)
(マリンに見えない所で、秘所から液体を吹いて絶頂に襲われ)
(健康的な太股を痙攣に震わせる)

気持ち……あふ…分からない……何も…
体しかないの……どうしたら…いいの…?
(ティファの精神は絶望で閉じこもったのか消えたのか出てこず)
(体を操られるままに、心の無いまま虚ろに答える)

158 :マリン・ウォーレス ◆MariNt/vrg :2010/05/11(火) 16:58:02 ID:???
>>157
心が無いの、お姉ちゃん?
(にこりと微笑み)
じゃあ、
ここにいる皆みたいにマリンのお人形さんになれば良いと思うよ?

そうすれば、幸せになれるよお姉ちゃん?

じゃあお姉ちゃん、横になって?

(ティファを寝かせると、足を絡ませ秘裂と秘裂を合わせ体液を混ぜ合わせ)

ん……あはっ……お姉ちゃんの温かいよ……!

ん……お姉ちゃん出ちゃうよ……あはっ…!
(下腹部に力を入れると、マリンの膣から飛び出したピンク色の卵の形の肉塊がティファの胎内へ潜り込み始め、
伸ばした触手が背骨を通して脳髄を支配していく)

159 :ティファ・ロックハート ◆edUx94su7Q :2010/05/11(火) 17:30:53 ID:???
>>158
うん…無いの……。
お人形………?
(何を言っているか分からないという様子で首をかしげて)

横に……うん…
あ…ああっ……
(言われるままに横になり、重なる部分に小さく悲鳴をあげ)
(何が起きるか分からないまま上をみていて)

出る……?
あ…きてる……あ……入って…んんっ……!
(胎内に膣を通して登るものを感じ、その頃にはもう触手が子宮をどのような方法か超えていき)

あっ…かは………っ…!
(脳を支配されると、白目を見せて全身の力がだらしなく抜け)
(痙攣を続けながら、肉塊とピアスに全てを支配されていって)

160 :マリン・ウォーレス ◆MariNt/vrg :2010/05/11(火) 17:40:39 ID:???
>>159
(肉体に馴染むのを確認して)
お姉ちゃん起きて?
今お姉ちゃんに入れたモノ……それがお姉ちゃんの新しいココロ……ほら、気分がいいでしょ?
エッチな事だけ考えて、リユニオンする仲間を増やせば幸せなんだから……?

(そう言いつつ小さな指をティファの肉壺とお尻の穴にねじ込みゆっくり攪拌する)

161 :ティファ・ロックハート ◆edUx94su7Q :2010/05/11(火) 17:53:29 ID:???
>>160
はっ…んっ……あぁ……。
これが…私の新しい……心……。
あぁ…本当に気分がいい……エッチだけ考える…仲間を増やす…♪
もっとエッチなコトして……あっ…気持ちいい…。
子宮から熱くて…ふぅ………最高の気分……あはぁ…♪
(声に反応して起きると、唇をにやっとさせて)
(指の動きに、腰を次第に大胆に動かして)
(蕩けた蜜壺は指に絡みつき、表情は女の喜びに蕩け)
(愛する男に向けるような、従順な瞳でマリンを見つめる)

162 :マリン・ウォーレス ◆MariNt/vrg :2010/05/11(火) 18:05:57 ID:???
>>161
(指から垂れる愛液をぺろりと舐めて)
美味しい……ティファお姉ちゃんの本当の味だね?

そうだ……まだ全部出してないよね?

ティファお姉ちゃん、逆立ちしてくれないかな?
(ティファの道具袋からポーションの瓶を取り出し、蓋を開けてお尻の穴に差し込み)
まだ出しちゃ駄目だよ?
いっぱいお尻で飲んでね?
(中身が無くなると次を差し込んで飲ませて行く)

163 :ティファ・ロックハート ◆edUx94su7Q :2010/05/11(火) 18:11:38 ID:???
>>162
本当の味……本当の私の味ね…♪
(舐められるのですらうっとりと見つめて)

逆立ち……こうでいいの……?
(脚を開くような形で逆立ちして、差し込まれた瓶の中身を受け入れて)
あっ…ふぅぅ…飲んでる…お尻が…ごくごくしてる…♪
もっと飲ませてぇ……。
(お腹が膨れるくらい飲まされても文句を言わなそうな声で、お尻を振り)
(蜜壺はひくひくとして、蜜を腹部に垂れ流しだして)

164 :マリン・ウォーレス ◆MariNt/vrg :2010/05/11(火) 18:34:04 ID:???
>>163
(唇を尖らせて)
むぅ……だめだよティファお姉ちゃん……
こんなに涎を垂らせて……

(唇を付け、愛液をじゅるじゅる音を立てて啜り)

(嬉しそうに指を頬に添えて)
ん〜…こっちもまんたんにしたいな。
(ポーションを口に含むと尿道に吹き込み、膀胱を満タンにし始める)

165 :ティファ・ロックハート ◆edUx94su7Q :2010/05/11(火) 18:40:00 ID:???
>>164
出ちゃうんだもの…最高の気分なの…
はぁぁ…いいの、感じちゃう…吸われてお腹ひくひくするぅ…♪
本物の私の味、もっと吸って……
(蕩けた顔を浮かべ、吸われた分以上にねばねばした蜜を溢れさせて)

こっちって…?
あ…んっ……両方入って…はぁ……
(入ってくるのをじっと耐え、尿道を力を入れて締めないようにして)
(行為が終わるまで、体勢を維持し続ける)

166 :マリン・ウォーレス ◆MariNt/vrg :2010/05/11(火) 18:50:46 ID:???
>>165
そろそろティファお姉ちゃんもいっぱい出したいちゃいよね?


お犬さんみたいになってお尻をあっちに向けて高く上げて?
(激しくまぐわう少女達に指を指して)

(耳たぶに顔を寄せて)
ふふ、ティファお姉ちゃん最高にイッちゃって?


(カリッと耳たぶとピアスを噛む)

167 :ティファ・ロックハート ◆edUx94su7Q :2010/05/11(火) 19:00:36 ID:???
>>166
出したい…お腹に溜まってるもの、出しちゃいたい…。
出したいのぉ……

犬みたいに………こう…?
(逆立ちをやめると、上半身を伏せて下半身を突き出して少女達の方へ向け)

最高に…分かったわ…最高にイク…♪
(寄り添うマリンに頷いて、お腹に集中し排泄の準備をして)

あはっ、いいぃぃぃっ…耳ぃ♪
イクイクぅ…出しながらイクぅっ…んはぁぁぁっ♪
(耳を噛まれると白目を覗かせながら全身の痙攣をはじめ)
(おならの音をさせてから、便とポーションの混ざったものを勢いよく高く吹きだし)
(ポーションが大半の尿も漏らして、マリンの前で保護者としては情けない蕩けた顔を晒す)

耳もっと噛んでいじって…出すの、出すのぉ…♪

168 :マリン・ウォーレス ◆MariNt/vrg :2010/05/11(火) 19:08:24 ID:???
>>167
いっぱい出したね、ティファお姉ちゃん?
(舌でピアスを舐めて)

……これ以上は、お姉ちゃんが仲間を増やす度に御褒美としてあげるよ?

その方が気持ち良いんだから
……みんな、ティファお姉ちゃんを綺麗にしてあげて?
(声を掛けると少女達が集まり、ティファの全身を舌で綺麗にして行く)


169 :ティファ・ロックハート ◆edUx94su7Q :2010/05/11(火) 19:14:39 ID:???
>>168
はぁぁ…出した…いっぱい…♪
(排泄でイってしまい、未知の快感に精神が追いつかないまま)

ごほうび…仲間増やす……分かったわ…。
(名残惜しそうに舌先を見つめて)

あっ…ん…はぁ……気持ちいい…
(舐められることですらも気持ちよく感じて蕩けてしまい)
(少女達の舌の動きに身を任せていく)

【こんな所で、そろそろ締めでしょうか?】

170 :マリン・ウォーレス ◆MariNt/vrg :2010/05/11(火) 19:24:17 ID:???
>>169
ね、ティファお姉ちゃん。
もうすぐ、近くを小さなキャラバンが通るの。
ティファお姉ちゃんにみんな連れて来て欲しいなあ……?
前仲間にした人達は、ティファお姉ちゃんに倒されちゃったし……

あ、噂だけどニンジャのお姉ちゃんも居るって聞いたね…
(期待するような目で)
…そのお姉ちゃんも、リユニオンの仲間にならないかなあ……?

【そうですね】
【長い時間お付き合いありがとう御座いました。】

171 :ティファ・ロックハート ◆edUx94su7Q :2010/05/11(火) 19:28:11 ID:???
【お昼から長い時間ありがとうございました。】
【それでは、失礼しますね】
【スレをお返しします】

172 :アロエ ◆3SzS4aiyEo :2010/05/13(木) 23:03:58 ID:???
出番を奪ったアイコちゃんかミューちゃんかシャロンちゃんをどれーにしたいよー!

173 : ◆J2Unjqb3Mw :2010/05/15(土) 22:17:38 ID:???
【瑞樹と一緒にスレを借りるわね】

174 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/05/15(土) 22:29:48 ID:???
【移動しました。前回の続きにお借りしますね】

はい…キス、大好き…。
貴方とのキスは…我慢でき、ない…
貴方とキスをするって…想像するだけで、アソコが…ん、ぁぁ…
洗脳…キスされると、心も身体も…かんじ、て…気持ちよく…まっしろ……に
(秘部から激しく水音を木霊させ、囁かれる言葉を復唱して)

キスした…瞬間、気持ちよく…おかしく……
キスして貰えるなら…なんでも、しま…す。
んっぁ……
(命じられるままにゆっくりと舌を突き出して)
(バイザー越しに移る自身と、研究者の姿)
(研究者の命じられるままに舌を差出し、唇が触れたかと思った次の瞬間には)
(まるで貪る様に何度も唇を重ね合わせては卑猥な音を立てて)

んっ、ちゅぅ…ちゅ、くちゅる…
(現実でも一人舌をくねらせながらだらしなく涎を垂らし室内に音を木霊させて)
(今の瑞樹にはバイザーに移る非現実が、リアルに繁栄されている為)
(例え何をされていない状態でも発情し、舌は空を切るがその事実に気づく事はない)
ふぅ、ぁぁ♪もっと……あむぅ…ちゅぱ、ちゅく…
(舌を絡ませてあげる。その言葉と同時に瑞樹の舌の動きが激しくなる)
(程なくすると自らキスを求めるような台詞を吐き出し始める)
(それは研究者に対して絶対の屈服と服従を植えつけられ始めた証拠)
(ケーブルが脳内に侵入し、度々ビクビクッ!と身体を激しく痙攣させて)
(快楽により自身が大切にしていた感情や記憶は漂白され走馬灯の様に一瞬脳裏に浮かんでは消滅していく…)

ふぁぁぁぁ…♪はひぃ…せんのうきす、最高…れすぅ、
キスだけで、イキまくる…変態のレズマゾ人形にぃ…。
キスする事と…貴方に従う事だけ…しか…考えられなく…。
私はキス人形…
私はレズ人形…
私はマゾ人形…
(激しく脳内をかき混ぜられ、研究者の言葉を何度も何度も復唱していく。その姿はまさに操り人形。)
(自身の持ち得ない性知識や淫語、変態性癖と言ったものが深く深く植えつけられていく)
(その度にアイドルとして歌手としての自身の姿が音を立てて砕けていく)
はい……わかりまし、た…ご主人…さま…。
(研究者を主と呼称し、バイザーを取られればそこには完全に虚ろな瞳をした瑞樹の姿が)
(だらしなくアヘ顔になりながら主の姿を認識すると)
わた…しを、変態レズマゾ人形の…瑞樹として生まれ変わらせるために…洗脳、キス…してくだ、さい…
(最後に残った理性なのか、涙をながしながらアヘ顔を浮かべながらそう呟いて)
(そしてゆっくりと唇が重なりあっていくのだった…)

【遅くなりましたが、本日もお願いします。】

175 : ◆J2Unjqb3Mw :2010/05/15(土) 22:52:39 ID:???
そうよ……ほら、こんなに濡らしちゃって。
いやらしい子。
キスだけで濡らす変態。
キスで屈服するキス奴隷。
(クスクスと笑いながら、バイザー越しの瑞樹の舌の動きにあわせて指を押し込む)
(それは、幻覚を見る瑞樹にとっては、キスするたびに身体を貫く快楽として認識され)

そうよ。
自分からキスして……上手ね。
キスが好きになればなるほど、洗脳は進むわ。
洗脳が進むほど、キスの虜。
洗脳されるほど、私の虜。
らぶドルから、私のキス・ドールに生まれ変わる。
あなたの唇は、歌を歌うためのものじゃない。
私に奉仕し、蹂躙されるために捧げるためのもの。
唇から私を受け入れて……隅々まで、支配されつくしなさい。
(舌を突き出し、唇を丸めて突き出す様子を愉しげに見ながら)
(ぐちゅぐちゅになった秘所を浅く弄りつつ、丁寧に暗示を植えつけていって)

んふ、いいわ……あむ、んちゅ、くちゅ、じゅるるぅぅっ!!
(虚ろな瞳を見ると、舌なめずりをしてから)
(唇を重ねると、舌を吸いだして、自分の口内で甘噛みし)
(表も裏も舐めしゃぶり、唾液を注ぎ込む)
(それは、想像の幻覚よりも、ずっと甘く、執拗なキス)
(同時に、脳の深部にまで到達したケーブルが最終的な改造を施す)
(外部からの電波によって、洗脳状態へと落とすための受信装置を植え付ける)
(これによって、瑞樹は外部からの電波で容易く洗脳される、リモコン人形同然の存在になって)
(そして、頃合を見て、激しく唇を啜ると同時に、秘所を抉り)
(その瞬間に、激しい絶頂を与え、思考を一時的に漂白)
(命令を受け付けるための人形へと変えていく)

ふぅ……くす、気分はどうかしら、瑞樹。
お前はこれからキスドールMよ。
さぁ、お前の主人に挨拶をしなさい。
そうしたら、私がお前に役割を与えてあげる。
(装置を解除し、バイザーを外して拘束を解除する)
(耳からもケーブルを抜いてやると、少し離れて振り向き)
(自らの作品の仕上がりを見るように、命令する)

【ええ、私こそよろしくね】

176 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/05/15(土) 23:21:35 ID:???
私はキスだけで濡らす変態…。
私はキスで屈服するキス奴隷…
(舌先に指が触れると即座に反応、ゆっくりと丁寧に舐めしゃぶり絡めていく)
(幻覚では指ではなく唇であり、それに奉仕する度に快楽が伴い脳内を支配していく…)

ちゅ、ぷはぁ…有難うございます…。
キスが好きになればなるほど洗脳が進んでいく…
洗脳が進むほど、キスの虜。
洗脳されるほど…私はご主人様の虜に…
らぶドルから、私はご主人様専用キス・ドールに生まれ変わる…
私の唇は、歌を歌うためのものじゃない…
ご主人様に奉仕して……蹂躙されるために…捧げるためのもの。
(研究者の執拗な暗示によりより強固に深く感情を支配されていく)
(トップアイドルとしての自我は完全に消え去り、新しく研究者の奴隷としての自我を植え付けられて)
(復唱する度脳裏に固着し、不可逆な記憶となっていく)

んぶっ!んんんっ、ちゅぱっ、じゅるるぅぅ!!
ちゅぷ、ぐじゅ…ちゅ、じゅ…こくんっ、ぁ、あぁぁあぁ…♪
(唇を重ね合わされればこれまで以上の快楽が全身に駆け巡っていく)
(一瞬にして自分の舌は蹂躙尽くされて)
(送り込まれてくる唾液はまるでジュースの様に甘く感じ、喉を鳴らし飲み込んでいく)
(それと同時に脳裏に洗脳電波を受信する装置を取り付けられるが、今の瑞樹にはそれを知る術はなく)
(例え気づいたとしても完全に快楽に支配された今となっては時がすでに遅すぎて…)
んっ!?んふぁ、あ、あぁぁぁぁっぁーーーーーーーー!!!?
(顔中を涎まみれになりながらその快楽は唐突に訪れる)
(秘所に強い刺激を与えられ絶頂させられてしまう。それは身体に強い電流が走ったかの様な錯覚さえ感じて)
(そして激しい快楽の海に飲まれながらも、意識が闇へと沈み思考が漂白されていき…)

(ゆっくりと拘束が解かれていく、手始めにバイザーと装置を解除され)
(不自由だった手足は自由になればその身体を起こして瞼を開いて)
おはよう御座いますご主人様…
はい、私は榊瑞樹ではなく、ご主人様にお仕えするレズマゾ奴隷、
キスドールMです…。
私の身も心も全てはご主人様の為にある物…
どうか末永くキスドールMをご主人様の愛玩具としてお使い下さいませ…
(直立不動の姿勢から頭を下げてそう告げる)
(その表情はまさに人形その物であり、感情と言う物を感じさせなくて)

177 : ◆J2Unjqb3Mw :2010/05/15(土) 23:39:25 ID:???
よろしい。
きちんと洗脳できているみたいね。
私にキス洗脳してもらえて、嬉しいでしょう?
(立ち上がり、直立不動の姿勢をとる瑞樹を見て、調整に問題ない事を確信すると)
(手元のリモコンを取り上げて、瑞樹へと向ける)
では、あなたの役割……使われ方を、教えてあげる。

あなたには四つのモードがあるわ。
1つ目は、命令を入力されるための受付モード。
自我も何もなくなり、私に命令を刷り込まれるだけの空っぽのお人形。
2つ目は、私の忠実な手足となる、変態のレズマゾ人形。
これから私の手伝いをしてもらうのは、主にあなた。
もう少しド変態になるように性癖を弄ってあげるから、楽しみにしていなさい。
3つ目は、榊瑞樹として私に服従する奴隷モード。
どうかしら、榊瑞樹として私の奴隷になる気持ちは?
悔しい? それとも、すごく幸せ?
4つ目は、元のまま、らぶドルの榊瑞樹。
これがないと、今までどおりの生活が送れないものね。
ああ、状況が分からないかしら?
大丈夫よ、すぐに分からなくなるんだから。
(それぞれの人格に声をかけながら、ボタンを押すごとに)
(テレビの番組を切り替えるように、次々と瑞樹の人格を変えていって)
(最後に、二つ目の人格へと切り替える)
さぁ、キスドールM。
スカートをまくって、あなたのいやらしい場所がどうなっているのか、報告しなさい。
そうね、性経験も申告するのよ。
オナニーの回数から、セックスの回数まで、ね。

178 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/05/16(日) 00:02:57 ID:???
はい、ご主人様。
キスドールMはご主人様に洗脳して貰えて、凄く嬉く思っています。
(言葉ではそう言うが、表情は人形そのもので)
はい、宜しくお願いしますご主人様。

四つの、モード……。っ、
(研究者が手元のリモコンを操作した、と認識した途端に意識が途切れて)
なんなりと、お申し付け下さいませご主人サマ…
(説明を受ける最中でも、瞬き一つする事すらなく研究者の言葉を一言として漏らすことなく聞き入れていく)

(続いてリモコンが操作されれば、脳内でスイッチが切り替わる様な錯覚を覚え)
んっ、は、い。私は変態の、レズマズ人形キスドールMです…。
はい、どうか末永く私をお使い下さいご主人様。
ぁぁ…♪はい、私をもっと弄って、もっとド変態に躾て下さいませ…

(発情しながらそう告げた途端、三度ボタンが操作され)
…はっ、私、あの人に捕まって…え!?
(何時の間にやら拘束は解かれ、なぜか直立不動で立ち尽くしていて)
(身体を動かそうとするが、ぴくりとも動かず)
榊瑞樹として…?
な、なに言ってるのよ!?そんなのが嬉しいはずないじゃないっ!
(瑞樹としてはあまりの唐突な質問と内容に戸惑いを隠せなくて)
4つ目……?あ、貴方さっきから何言ってるの!?
(リモコンを手にクスクスと笑みを漏らす研究者を前に慌てふためく事しか適わず)
(そうして訳もわからぬままに人格は再び切り替えられていく)

(植えつけられた4つの人格を完全に操作され、再び主の前へと呼び出されれば)
はい、畏まりましたご主人様。
(躊躇する事なく、主の前にグショグショに塗れたショーツを露にして)
見てくださいご主人様…キスドールMのオマンコは、ご主人様とキスをする事を考えただけでこんなに濡れています…
(恥じらいながら主に見せ付ける様にして報告し)
オナニーはその、週に数回位は…。
けど、セックスはその、まだした事がなくて…。

179 : ◆J2Unjqb3Mw :2010/05/16(日) 00:26:00 ID:???
(3番目のモードを見ながら、少し首を傾げて)
あら、少し失敗しちゃったかしら。
やっぱり人格を4つも詰め込んじゃうと、プログラムに齟齬が起きるみたいね。
後で、受付モードからしっかり修正してあげるわ。
瑞樹が瑞樹のままで私に忠誠を誓う、スレイブモードにね。
(そうとだけ告げると、すぐに次のボタンを押して)

(4つの人格を切り替え終われば、満足げに頷き)
まぁ、悪くはないわね。
レスポンスも、施術直後にしては安定しているわ。
ふふ、元々マゾの素質があったのかしら?
それとも、よほど装置と相性が良かったのか……。
どちらにしても、あなたは私に支配されるべく生まれてきた存在みたいね。

そう、セックス、したいかしら?
おまんこにチンポ、ぶち込まれたいの?
それとも、あなたは変態のレズマゾ人形だから……
やっぱり、女の子におまんこしゃぶらせたいのかしら。
おまんこしゃぶらせながら、私に奉仕キスするのが、あなたには最高の快楽。
……そうよね?
(自分の言葉を言い聞かせながら、リモコンに情報を入力して)
(自分が奉仕し、奉仕される光景を脳内で再生させ、それに異常なまでの快感と欲求を感じるようにしていく)

さぁ……キス、したいんだったわね。
いいわよ、させてあげるわ……いらっしゃい。
好きなだけ、私の下の口とキスして、涎すすっていいのよ?
(机に寄りかかったまま、自分もスカートを捲り上げると)
(瑞樹の痴態を見て興奮したのか、下着には性器の形が透けるほどに濡れていて)
(下着を下ろせば、愛液の糸がクロッチへと繋がり)
(肉厚の充血した秘所がむき出しにされる)

180 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/05/16(日) 00:51:01 ID:???
【申し訳ないです、少々眠気の方が襲ってきたのでまた凍結はさんでもらってもよいでしょうか?】

181 :名無しさん@ピンキー:2010/05/16(日) 01:02:22 ID:???
【分かったわ、私も急にPCの調子が悪くなっちゃって】
【悪いけれど、あなたの次の都合を書いておいてもらえないかしら】
【明日の夜までには伝言板に返事をしておくから】
【それじゃあ、今日もお疲れ様。先に落ちさせてもらうわね】

182 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/05/16(日) 01:04:35 ID:???
【了解しました。毎度お手数おかけします。】
【それでは本日はこの辺りで失礼しますね。】

【以下空部屋です】

183 :春風どれみ ◆DODOhO1Stw :2010/05/17(月) 02:23:13 ID:???
皆、こんばんは〜♪どれみだよ♪
プレイの希望はね〜、魔女見習い同士がHな魔法をかけあって、
お互い変な気分になって、アソコを擦り合わせたりしてイッちゃうの!!

人の心を操る魔法はアニメじゃ禁止されてるけど、もちろんどんどんやっちゃってOKだよ♪
あと、おしっこのおもらしとかできたらいいな〜♪

それじゃ、ちょっと待機してみるね〜♪

184 :春風どれみ ◆DODOhO1Stw :2010/05/17(月) 03:36:42 ID:???
うーん、こんな時間じゃ誰もいないみたいだね〜♪
それじゃ、待機解除するよっ。

スレを返すね〜♪

185 :名無しさん@ピンキー:2010/05/17(月) 09:39:36 ID:???
残念

186 :名無しさん@ピンキー:2010/05/17(月) 11:00:46 ID:3tlZaT1X
img20080915231533 jpg
http://www.up2d.net/ofuro/img/img20080915231533.jpg
youtube red png
http://jyouhouya3.net/0_onepoint/youtube_red.png
2009051009181737e jpg
http://www19.atpages.jp/imagelinkget/get.php?t=v&u=blog-imgs-27-origin.fc2.com/t/a/m/tamapupu/2009051009181737e.jpg


187 :名無しさん@ピンキー:2010/05/17(月) 12:18:29 ID:???
ましゃか! これがマインドコントロールでしゅか!

188 :春風どれみ ◆DODOhO1Stw :2010/05/18(火) 22:51:46 ID:???
こんばんはっ♪プリティーうぃっちーどれみっちだよっ♪
今日も>>183みたいな内容でやってみたいな〜っと思ってるんだよね。
誰か相手してくれないかなっ?
【待機します】

189 :春風どれみ ◆DODOhO1Stw :2010/05/19(水) 00:10:37 ID:???
だれもいないな〜。それじゃ、もう落ちるね〜♪
次は魔女見習いの皆と会えたっらいいな〜。
【待機解除します。以下空室です】

190 :鏡音リン ◆goPl0iFP.M :2010/05/20(木) 21:30:35 ID:???
あたしをマスターと崇めるミクを募集すンね
怪しいアプリで洗脳ってなかんじでよろしくー

191 :名無しさん@ピンキー:2010/05/20(木) 21:56:50 ID:???
【マスターとして崇めているって事は、もう洗脳されちゃってるってことかな?】

192 :金色の闇 ◆5mcardRJRA :2010/05/20(木) 23:17:53 ID:???
【誰もいない、のでしょうか……それでしたら、少しだけ待機させてもらいます……】

【出典】 to Loveる
【展開】 捕らえられて、あるいは騙されて改造・洗脳を施される。
【希望】 脳改造による記憶消去や忠誠心の植え付け。
     殺人や奉仕に対して性的快感を覚えるようにマインドコントロールされたいです。
     洗脳されたプリンセスや美柑が相手だと嬉しいですが、オリジナルでも構いません。

193 :名無しさん@ピンキー:2010/05/20(木) 23:27:03 ID:???
【こんばんわ、可愛い子ね。】
【人殺しをさせる趣味は無いんだけど、エロくて可愛いペットならしてあげてもいいと思うわ。】
【オリジナルでよければ、お相手できるのだけど…どういうご主人様がいいかしら?】

194 :金色の闇 ◆5mcardRJRA :2010/05/20(木) 23:37:38 ID:???
>>193
【こんばんは。声をかけてくださって、ありがとうございます】
【はい、オリジナルでも構いません】
【そうですね、可愛らしい外見とは裏腹の真性のサディストで】
【私の人格も思考も性癖も跡形もなく徹底改造し、存分に言葉で嬲りながら洗脳改造してもらえればと思います】

195 :名無しさん@ピンキー:2010/05/20(木) 23:44:11 ID:???
【裏表ある人間って感じが良いのかな?】
【思考も性癖も全部作り変えちゃうのね…ふふ、ゾクゾクしちゃう。】
【薬か何かで思考を書き換えながら、いう事を聞かせていくとか】

【ごめんなさいね、話し掛けた後からすごく眠くなってきちゃったの。】
【もしまた見かけたら、声を掛けるって事で許して貰えるかしら?】

196 :金色の闇 ◆5mcardRJRA :2010/05/20(木) 23:47:30 ID:???
【外見と落差があると望ましい、というイメージでしょうか】
【そうですね、そういう展開は好ましいです】

【そうですか、残念です】
【はい、それではまた機会があれば、その時はよろしくお願いします】
【まだあまり時間も経っていないので、もう少し待機してみます】

197 :名無しさん@ピンキー:2010/05/20(木) 23:50:17 ID:???
【本当にごめんなさいね。】
【また見かけたら声を掛けさせて貰うわね。これで失礼するわ。】

198 :金色の闇 ◆5mcardRJRA :2010/05/21(金) 00:09:02 ID:???
【日も変わりましたし、今日はこれで帰ります】

【スレをお返しします、ありがとうございました】

199 :鏡音リン:2010/05/21(金) 06:08:51 ID:???
>>191
返事返せなくてごめんねー
えーと個人的には、洗脳前から演りたいですよー
縁があったら遊んでくださいな

落ちー

200 :名無しさん@ピンキー:2010/05/21(金) 21:46:57 ID:???
私はミクよ初音ミクよ鏡音リンを助けるために敵を倒して進んで行くさまざまな困難乗り越えてマンホールを探しどこでもドアでさぁつき進もう怖いものなど何もないよ

201 :金色の闇 ◆5mcardRJRA :2010/05/23(日) 21:48:53 ID:???
>>192で少し待機させてもらいます】

202 :金色の闇 ◆5mcardRJRA :2010/05/23(日) 22:54:23 ID:???
【……どなたもいらっしゃらないようですね。スレをお返しします。ありがとうございました】

203 :小牟 ◆viM5pjX/dc :2010/05/25(火) 23:41:24 ID:???
【待機するぞ】
【ワシを洗脳してくれる沙夜を募集中じゃ!】
【あるいはナムカプやムゲフロのキャラでもかまわんぞ】

204 :小牟 ◆viM5pjX/dc :2010/05/26(水) 00:09:21 ID:???
【だ、誰もおらんのかのぅ…】

205 :小牟 ◆viM5pjX/dc :2010/05/26(水) 00:47:08 ID:???
【むぅ…帰るとするか】

206 :キャロ・ル・ルシエ ◆Bri4XYAdtc :2010/05/26(水) 04:11:47 ID:???
【私の心も身体も邪悪な召喚師に変えてくださる】
【ナンバーズの方か洗脳された六課メンバーの方を募集させてください】

207 :ヴィータ ◆A/yjRc5wmY :2010/05/26(水) 19:29:18 ID:???
オレまともにStS見てねーからなあ…

まあいいや
はやてー暇だぞ腹減ったぞ遊んでくれ

208 :八神はやて ◆kN22W6p88Q :2010/05/26(水) 19:47:17 ID:???
ちょお待ってな、もう少しでご飯できるから

209 :高町なのは ◆XC4Nleqmv. :2010/05/26(水) 20:36:52 ID:???
ご飯♪ご飯♪
はやてちゃんのご飯なのー♪
…ご飯まだ?なのー

210 :キャロ・ル・ルシエ ◆Bri4XYAdtc :2010/05/26(水) 21:17:18 ID:???
>>206で、また呼ばせてください】

211 :クアットロ ◆sifei0mhvw :2010/05/26(水) 21:54:49 ID:???
>>210
【私でもよろしいでしょうかしらねえ?】

212 :キャロ・ル・ルシエ ◆Bri4XYAdtc :2010/05/26(水) 22:22:38 ID:???
>>211
【はい、もちろんです】

【私の心も身体も変えてください】

213 :クアットロ ◆sifei0mhvw :2010/05/26(水) 22:29:09 ID:???
>>212
【一応NGなどを伺っておきましょうかしら】
【こちらのプランとしては……さほどはありませんが、全身に興奮すると浮かび上がる入れ墨などを考えておりますわ】

214 :キャロ・ル・ルシエ ◆Bri4XYAdtc :2010/05/26(水) 22:36:41 ID:???
>>213
【NGは猟奇くらいです】

【私の希望は…そうですね】
【胸の肥大化やクリトリスの肥大化】
【卑猥に改造されたバリアジャケットとデバイス、クアットロさんに仕えるに相応しい邪悪な思考…でしょうか】

215 :クアットロ ◆sifei0mhvw :2010/05/26(水) 22:47:12 ID:???
>>214
【ふむふむ、承知いたしましたわ】
【悪堕ちなどは大好物ですので、色々と考えさせていただきましょう】

【んー、こちらふたなり等で、そちらを洗脳、あるいは肉体改造を促す精を注ぎ込むとかはありでしょうかしら】

216 :キャロ・ル・ルシエ ◆Bri4XYAdtc :2010/05/26(水) 22:49:01 ID:???
>>215
【もちろんです】
【クアットロさんが私を変えてください】

217 :クアットロ ◆sifei0mhvw :2010/05/26(水) 22:59:25 ID:???
>>216
【承知いたしましたわ】
【ではまず捕らえたあたりから、と言うことで……そちらから開始お願いできますかしら?】

218 :キャロ・ル・ルシエ ◆Bri4XYAdtc :2010/05/26(水) 23:16:31 ID:???
>>217
【ごめんなさい、打ち合わせが終わってこれからなのに…急に眠気が来てしまいました】
【また後日、今夜と同じくらいの時間に顔を出すと思うので】
【見掛けたら、声を掛けてやってください】

219 :クアットロ ◆sifei0mhvw :2010/05/26(水) 23:17:02 ID:???
>>218
【承知いたしましたわ】
【ではまたの機会の時にでも。お休みなさいませ】

220 :御坂美琴 ◆gaxS29xrPGwN :2010/05/27(木) 20:45:45 ID:???
【木山先生に洗脳されてマゾ奴隷に落とされてみたいわね】
【暫く待機させてもらうわよ】

221 :御坂美琴 ◆gaxS29xrPGwN :2010/05/27(木) 23:23:04 ID:???
【そろそろ下がるわね。って随分長居してたわ】

222 : ◆kwSCe1fG4Y :2010/05/28(金) 12:11:44 ID:???
【寄生系の生物や疑似生物、機械が口の中やえっちな穴に潜り込んで、操られるシチュエーションで】

223 : ◆kwSCe1fG4Y :2010/05/28(金) 18:35:24 ID:???
【募集を終わらせてもらいますねー】

224 :御坂美琴 ◆gaxS29xrPGwN :2010/05/29(土) 21:23:06 ID:???
>>220で待機してるわ】

225 :御坂美琴 ◆gaxS29xrPGwN :2010/05/29(土) 23:00:51 ID:???
【下がるわね】

226 :西堀さくら  ◆v0lsxk2VFtB9 :2010/05/30(日) 19:19:40 ID:TymIM8mt
名前:ボウケンピンク/西堀さくら
年齢:22
身長/体重:162p
3サイズ:B65W61H84
髪型:結って流した黒髪のロング
性経験:処女
性格:生真面目の丁寧語口調
服装:SGS支給のピンクのジャケット。ベージュのミニスカート、ベージュのロングブーツ
身体的特徴:華奢な身体つき
MCの希望:怨みを持つ敵ネガティブにプレシャスで催眠にかけられ、豚だと洗脳され、最後は闇オークションで出品され無様な醜態を晒す。
出典: 轟轟戦隊ボウケンジャー


227 :名無しさん@ピンキー:2010/05/30(日) 19:27:40 ID:???
3サイズ:B65W61H84

貧乳ってレベルじゃねえぞw

228 :名無しさん@ピンキー:2010/05/30(日) 20:31:50 ID:r+jNDLYF
85でした。すいませんお願いします

229 :名無しさん@ピンキー:2010/05/30(日) 22:31:09 ID:???
まだいる?排泄系はNG?

230 :西堀さくら  ◆v0lsxk2VFtB9 :2010/05/30(日) 22:39:45 ID:???
私でしたら大丈夫です。

231 :高良みゆき ◆ALIWgCxN9tCJ :2010/05/31(月) 04:17:27 ID:???
【出典】らきすた
【希望】同作品の女性ならだれでも お尻や胸を人権無視でハードに責めて欲しい

【NG】グロ系


232 :西堀さくら  ◆v0lsxk2VFtB9 :2010/05/31(月) 21:34:23 ID:???
今夜もお待ちしています

233 :名無しさん@ピンキー:2010/05/31(月) 23:02:31 ID:???
>>232
まだいる? もういないかな

234 :西堀さくら  ◆v0lsxk2VFtB9 :2010/05/31(月) 23:06:29 ID:lyAp9K7U
いますよ
お相手してくれますか?

235 : ◆8gFTLOKh8A :2010/05/31(月) 23:15:55 ID:???
>>234
【何か不用意にageたりするからやる気なくなったから俺は破棄するよ】

236 :名無しさん@ピンキー:2010/05/31(月) 23:17:55 ID:???
>>234
えっと…シンケンジャーはみてたけど、ボウケンジャーはあまりみてなかったので
ちょっと上手くやれないかもしれないけど…それでもよければ。

237 :西堀さくら  ◆v0lsxk2VFtB9 :2010/05/31(月) 23:18:33 ID:???
すみません…sage消えていたようです。
以後、気をつけます。

238 :西堀さくら  ◆v0lsxk2VFtB9 :2010/05/31(月) 23:19:28 ID:???
>>236
よろしくお願いします!!

239 : ◆ZfQRGKmuAk :2010/05/31(月) 23:25:56 ID:???
>>238
こちらこそ、よろしくお願いします。
キャラとかはオリジナルでいいのでしょうか?

240 :西堀さくら  ◆v0lsxk2VFtB9 :2010/05/31(月) 23:28:09 ID:???
えぇ。構いません。やりやすいようにやってください。

241 :西堀さくら  ◆v0lsxk2VFtB9 :2010/05/31(月) 23:36:13 ID:???
「ボウケンジャー! スタートアップ!!」

タービンが高速で回転し、さくらの身体が光を放った。
一瞬でSGSファイバー製のスーツに身を包んだ戦士―コードネーム【ボウケンピンク】が誕生した。
 

「持っているプレシャスを渡しなさい!! 『魔王の瞳』は私たちが安全に保護します!!」

腰のホルスターから携行装備サバイブレードを引き抜き、相手の首筋に押し当てる。

「何とか言ったらどうなんです!?」

【わたしからはじめさせてもらいます】

242 :クサリガミ ◆ZfQRGKmuAk :2010/05/31(月) 23:47:16 ID:???
名前:クサリガミ
年齢:20代後半に見える
設定:ダークシャドウのツクモガミ。
   鉄鎖を基につくられ、自身も鉄鎖を全身に巻いた女性のような風貌をとる。
   嗅いだ者を陶酔状態にするプレシャス「天女の香」を狙い、
   手にしたところをボウケンピンクに邪魔をされた。
   結局、香は手に入ったものの、自分の顔に大きな傷を負い…

こんな形でどうでしょうか?
   


243 :西堀さくら  ◆v0lsxk2VFtB9 :2010/05/31(月) 23:50:39 ID:???
「ボウケンジャー! スタートアップ!!」

タービンが高速で回転し、さくらの身体が光を放った。
一瞬でSGSファイバー製のスーツに身を包んだ戦士―コードネーム【ボウケンピンク】が誕生した。
 

「持っているプレシャスを渡しなさい!! 『天女の香』は私たちが安全に保護します!!」

腰のホルスターから携行装備サバイブレードを引き抜き、相手の首筋に押し当てる。

「今度こそ逃がしません!! そのプレシャスを渡しなさい!!」


【了解です。先走ったのでリスタートですね。】


244 :クサリガミ ◆ZfQRGKmuAk :2010/06/01(火) 00:04:05 ID:???
【お手数をかけてすみません…(汗】

「っ…ち、ボウケンジャーか…!!」

悪態をつきながら、構えようとしたその瞬間には、
既にサバイブレードの刃はクサリガミの首筋に押し当てられていた。
見事な手際に内心舌を巻きながらも、その眼はすばやく辺りをうかがい、相手が一人であることを確かめる。

「わかった、わかったよ、お嬢ちゃん。
 だから、この首筋に当てられたものをどうにかしてくれないかねぇ。
 どうにもこれは落ち着かないよぅ」

両手を上に上げ、片手に香を掲げたたまま、静かに、クサリガミは
己の鎖のうち、足元に巻きついた部分を展開する。
鋭い切っ先を持つその鎖が完全に解け、ボウケンピンクの腹を狙える位置にたどり着いたのを確認し

「ところでさぁ。安全に保護するってことはだよ?
 …こうしちまうと、どうするんだろうねぇ?」

ぱっと香から手を離し、地面に落下させようとする。
それにピンクが気を取られた瞬間に、クサリガミは足元の鎖をピンクの腹部めがけて襲い掛からせた




245 :西堀さくら  ◆v0lsxk2VFtB9 :2010/06/01(火) 00:21:34 ID:???
「なっ!?」
予想外の行動に一瞬、挙動が遅れた。咄嗟にプレシャスを庇い両手を伸ばす。
体をひねったおかげで、串刺しは免れたものの脇腹にショートの火花が上がった。
「くっ!」
片手でプレシャスを掴むと、庇う様に胸に抱き後方へ転がり逃れる。
蛇のように追撃をかけてくる鎖を捌きながら距離をとり、刀身を折り畳む。
尚も追いすがる鎖にカウンター気味に銃口を向ける。

「サバイバスター!!」

無反動銃サバイバスターの銃口に閃光が迸った。
ビームは敵の頬を抉って彼方へ消えていった。
「プレシャス回収完了、でしょうか」
努めて冷静にさくら―ボウケンピンクは手の中のプレシャスをみやった。
しかし、それは次の瞬間色を失い、あっという間に砂になって消え去ってしまった。
「そんな…偽物?!」

【いいえ。お気になさらず。こちらの先走りですから】

246 :クサリガミ ◆ZfQRGKmuAk :2010/06/01(火) 00:33:00 ID:???
「ッ…」

偽物を掴ませ、その隙に逃げる――そのつもりでいた。
しかし、策通りになったというのに、クサリガミに笑みは浮かんでいない。
むしろ、その顔は憎悪の色に染まり、

「…あんた。よくも私の顔に傷をつけてくれたねぇ。
 楽に死ねると思うんじゃないよぉっ!」

激昂に任せ、全ての鎖を解き放つ。
前後左右上下、あらゆる角度から、蛇のような執念深さを以って、無数の鉄鎖が襲い掛かる。

【そう言ってもらえると助かります】
【この後はどうしますか? 一度倒して、アジトに帰って調教するか】
【それとも、この場で拘束し、暗示にかけてしまいましょうか?】

247 :西堀さくら  ◆v0lsxk2VFtB9 :2010/06/01(火) 00:45:50 ID:???
360度四方から襲いかかる鎖が一斉にボウケンピンクへ襲いかかる。
腕に。脚に。腹に。そして、首に。
何重にも鋼鉄の鎖が巻きつき、身体の自由を奪う。

「うぅ…プ・プレシャスをどうするつもりですか…? それが野に放たれればどういうことになるか、わかっているはずです……」

うめきながらもがき、なおも必死の抵抗を続ける。
しかし、締め付ける鎖の力に勝てずなすすべもなく、ボウケンピンクの体は宙高く舞い上がった。

【暗示にかけてください。命令で変身解除して道具も献上させる形で没収してください。当初の予定にさえ沿っていれば後はお任せします】


248 :クサリガミ ◆ZfQRGKmuAk :2010/06/01(火) 00:55:09 ID:???
「どうなるかって? どうなるかわかってるはずだって?」

拘束したボウケンピンクを見上げながら、さもおかしそうに笑うクサリガミ。
だが、その声色には隠しきれない憎悪の炎が篭っている。

「どうなるかなんて、私らの知ったこっちゃないねぇ。
 私らがそういう奴等だって知ってるから、あんたも血眼になってこいつを渡そうとしなかったんじゃないのかい?」

鎖を操作し、ボウケンピンクを自らの目線の場所まで降ろすと
くすくすと笑いながら、香炉の蓋を開ける。

「そうだ。どうせならあんたで実験してやるよ。
 …この顔の傷の報い、たっぷりと払ってもらうよ」

指先で炎を生み出し、香に灯をともすと
香炉をボウケンピンクの顔の前へと突き出し、その香りを嗅がせる。
マスク越しにも甘く、ねっとりとした蟲惑的な香りが、さくらの鼻に漂ってくる。

「そぉら。たっぷり嗅ぎな。
 抗おうったって無駄だよ。こんな良い香り、拒めるはずがないもんねぇ。
 そして、嗅いでると段々気持ちよぉくなっていくよ。
 気持ちよくって、ぼーっとして、頭の中がぼやけてっちまうんだよぉ」

【了解しました】

249 :西堀さくら  ◆v0lsxk2VFtB9 :2010/06/01(火) 01:19:44 ID:???
(くっ! これを嗅ぐわけには…)

咄嗟に顔をそむけるが、マスク越しに漂ってくる甘い香りがさくらの鼻孔をくすぐる。
(なん…とか…しない……と――…)
さくらの思いとは裏腹にアクセルスーツのフィルタリング機能すら透過する未知の粒子がマスク内に充満していく。
次第に周囲の視界が歪み、ピントがずれたようにぼやけていく。
視界だけではない。
ありとあらゆる音がスローモーションで聞こえ、思考が散漫になっていく。

――そぉら。たっぷり嗅ぎな……


筋肉が弛緩し、きつく握られた指が自然に開いていく。
(…あ…あぁ……あ…ぃゃ――……)
ボウケンピンクの手から離れたサバイバスターが地面と触れ合い、乾いた音を立てた。
四肢の力がゆっくりと抜けていく。
腕がだらりと垂れ下がり、頭を自然、垂れる格好になる。


――抗おうったって無駄だよ。こんな良い香り、拒めるはずがないもんねぇ…


朦朧とする意識の中でクサリガミの声だけが鮮明に脳裏に反響した。
さくらの精神をまどろみが浸食し、蝕んでいく。

――そして、嗅いでると段々気持ちよぉくなっていくよ…
――気持ちよくって、ぼーっとして、頭の中がぼやけてっちまうんだよぉ……

やがて、鎖の戒めがほどけても、ボウケンピンクは茫然自失のまま、そこに佇んでいた。
深い闇に囚われ、普段の屹然としたさくらは微塵も感じられなかった。

【好きになぶってください】

250 :クサリガミ ◆ZfQRGKmuAk :2010/06/01(火) 01:39:31 ID:???
「随分と可愛くなっちまったもんだねぇ。
 名前だけで私らを震え上がらせるボウケンジャーともあろうものが
 情けないもんだ」

立ち尽くすボウケンピンクをそっと抱き寄せると、香炉を鼻先に突きつけ
クサリガミはボウケンピンクの首筋をそっと撫で、背中に手を回していく

「その様子じゃあ今まで何をしてたのかも思い出せないだろ?
 何をしてたんだっけ? 誰を相手に、何を取り合ってたんだい?
 そもそも、ここはどこで、何をしにきたんだっけ?
 私は誰で、あんたは誰だったっけ?
 …何も思い出せないねぇ。
 ほら、もっとこの香りを嗅ぎな。
 もっと気持ちよくなれて、心がふわふわしてくるよ。
 その代わり…さらに何も思い出せなくなっちまうがねぇ」

ボウケンピンクを抱き寄せ、背筋を撫でながら、脱力した体を支えてやる。
そのままクサリガミはその毒々しい唇を耳元に寄せ

「自分が誰だかわからないなら、教えてやるよ。
 そうやってクンクン鼻を鳴らして、好きな臭いをかいでる動物の名前をね。
 …あんたは、豚さ。
 ボウケンジャーでも、いやさ、人間でもない。
 あんたは豚。私に飼われている、一匹の豚さ」

暗示がボウケンピンクの精神に食い込んだのを確認するとそっと手を離し、間を取る。
見下す視線をとったのは、ボウケンピンクが自分の立場に疑いを持たないようにするためでもあった。

「おやぁ? でも変だねぇ。
 この豚は、豚の癖に、スーツなんて着ているよ。
 豚にそんな素敵なスーツは勿体無いよ。豚は豚らしい格好をしないといけないねぇ。
 …さぁ、ご主人様想いの賢い豚は、どうするんだい?」

そっと手をボウケンピンクの前に差し出し、笑いかける。
その表情は、思うが侭になっていく女戦士への、嗜虐の喜びに満ちていた。

251 :クサリガミ ◆ZfQRGKmuAk :2010/06/01(火) 01:53:10 ID:???
【そういえば…聞きそびれていましたが、凍結はありなのでしょうか?】
【それと、今晩は何時ごろまでいらっしゃいますか?】

252 :西堀さくら  ◆v0lsxk2VFtB9 :2010/06/01(火) 02:28:22 ID:???
…――――――――
甘い香りだけが彼女がそこにいて、存在していることをかろうじて証明していた。
(わたしは……それに…ここは……――)
微かに残った自我が『自分』を形成しようと潜在的な問いかけが沸き上がる。
香りが強くなっていく。
答えが欲しくて、『自分』が欲しくて、体が唯一残された感覚に収れんしていく。
―いっ…みつけ……ないか…?…じ…ぶん…だ……け…のを……
不意に頭の奥でわずかなビブラートが声の様に聞こえてくる。
「?」
しかし、それはすぐに香りに負けて消えていった。
香りはどんどん強くなっていく。
彼女はその香りが増すたびに、鼻を強くならしていく。
「ワタシハ…」
無音の空間に音が生まれた。
「わたしは…ワタシハ……私は……――」



クサリガミの前に膝をつき、うな垂れて傅く。
頭を垂れたまま恭しく両手で自らの通信手段であり戦闘手段でもあるツールを敵に献上する。

「…私のアクセルラーをお渡しします」

西堀さくらは抑揚のない口調で言葉を紡いだ。
それが人としての最後の言葉になった。これからは与えられた時しか、言葉は使えない。
「――…」
人差指でさくらのアクセルラーを弄ぶクサリガミの目の前にしても、さくらは何ら反応を示さない
答えは香りに乗って届いた。
さくらは当然、そうすべき格好に自らを当てはめた。

膝を折り、両腕を前足に見立てて地面に手をつく。
制服のまま、さくらは四つん這いの恰好でクサリガミを見上げた。
毒々しい唇の色だけがなぜか、鮮明に記憶に残った。
――…チーフ
さざ波のように浮かんだ言葉を口にしようとして、さくらは声を出した。
舌を震わせ、のどの奥から音を絞り出す。

「ぶぅ…」

クサリガミの唇の端がさらに歪んでいく。さくらは更に音を紡いだ。

「ぶぅぶぅぶぅ」


【凍結はありです。再開はご都合をお聞かせいただければあわせます】
【わたしは何時でも。あわせますよ】

253 :クサリガミ ◆ZfQRGKmuAk :2010/06/01(火) 02:47:28 ID:???
「くっ…はははははは!」

おかしくてたまらない、といった様子でクサリガミは身を捩って笑う。
無理もない。先ほどまで凛とした表情で自分に敵対していた少女が
今では四つんばいになって豚の鳴き真似をしているのだから。

だが、それでもクサリガミの溜飲は下がらない。
さくらの人間としての尊厳を粉々に打ち砕いてやるまでは。

「いい子だよ、本当にいい子。
 このお宝は私らが有効に使ってやるよ」

手で弄んでいたアクセルラーを仕舞い込むと、
再度、鎖をさくらの全身にまとわりつかせる。
しかし、それは苦痛を与えるためでも、拘束を行うためでもない。
――快楽をもって、さくらに施した暗示を強化するためだ。

首筋に、乳房に、脇の下に、へそに、女陰に、太腿に、膝の裏に。
あらゆる性感帯に、細く、滑らかな鎖が肉を巻き込まぬように這っていく。

「雌豚ちゃん、嬉しいだろ?
 嬉しいとき、動物は尻尾を振って喜びを表現するんだけど、
 あんたには尻尾はないからねぇ。代わりにぃ」

ずぶり、と鎖の先端がさくらの肛門に侵入していく。
指ほどの太さまで細くしたためか、痛みはさほどないが、その異物感は顕著でもある。

「…こうやって、お尻をふって喜びを表現するんだよ」

腸壁を甘く擦るように鎖が左右に揺れ動く。

「さて、わかったら、自己紹介の時間だ。
 人間の言葉をしゃべっても良いから
 お前は誰で、私の何なのか、自分の口でしっかり説明するんだよ」

【わかりました】
【とりあえず、限界は0330でどうでしょうか?】

254 :西堀さくら  ◆v0lsxk2VFtB9 :2010/06/01(火) 03:16:29 ID:???
四つん這いのまま、さくらはまとわりついてくる鎖に強い動揺を示した。
「ぶひっ!? ぶひぶひぃ!!?」
しかし、最早抗う術を持たない哀れな雌豚は為されるがまま、全身に鎖が回っていく。
腋の下を這いずる感覚に、乳房の先端を掠める切なさに、さくらの全身は敏感に反応した。
「ぶひぃっ! ぶひぃぃっ!!」
今まで何重にもガードしてきたさくらの貞操は最も無惨な形で打ち砕かれることになった。
冷静なサブチーフの面影はすでになく、鎖に翻弄されまるで下手な踊りを踊っているかのように目茶目茶な動きを始めた。鎖はさくらの最も敏感な個所も無惨に蹂躙していく。
「ぶううううう!!! ぶひひいいいいいいいいっっっ!!!!」
体の一番脆弱な部分を一斉に異物が這い回る感覚にさくらは悲鳴を上げた。
髪を振り乱し、全身で与えられる快楽を享受するさくらを更なる衝撃が襲った。
ドズゥ。
鈍い音を立てて、太い鎖がさくらの肛門を強引に押し開いたのだ。
「ぶひいいいいいいいいいいいいいいいぃぃぃぃぃぃぃいいいいいいいいっっっ!!!!!!!」
劈くような一際大きな声をあげる。
さくらは恥も外聞もなく、腰を上げた格好で鎖の動きに合わせて尻を左右に大きく揺らした。

「わ・わたしは…元・西堀財閥令嬢!! 元・自衛隊ぃぃぃ特殊ぅ部隊所属ぅぅ!! 元・ボウ…ケンジャーサブチーーフのボウ、ケェェエエエンンンンピィィィィィィンクッ!!!!
元・人間んんんんんんんんっっ!!!!! にしほりぃさくぅらですっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

「み・見てのとおりぃぃぃ…わたしはっ! クサリガミ様のぉぉ!!!豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚
豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚豚ですううううううううぅぅぅぅぅぅぅうううううううううううううううう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


【了解です】

255 :クサリガミ ◆ZfQRGKmuAk :2010/06/01(火) 03:35:36 ID:???

「そうかい、そうかい、あんたはさくらちゃんって言うのかい。
 さくらちゃんはとぉっても良い子だねぇ。私の言うことをこれだけ聞けるんだから」

さくらの出した答えに満足そうに頷きながら、肛門から鎖を引き抜いてやる。
しかし、それもただスッと引き抜くのではなく、ゆっくり、じわじわと鎖の感触を菊花に覚えこませるように抜いていく。

「そんなに怯えるこたぁないんだよ、さくら。
 私は自分に従順なペットには、酷いことはしない。
 ただ、飼い主様の手を焼かせるようなペットには、たっぷりお仕置きするけどねぇ」

肛門から引き抜いた、腸液のついた鎖で、さくらの尻肉を撫で回す。
酷薄そうな笑みを浮かべながら、再度、クサリガミは氷のような声で命令を下す。

「優しいご主人様に出会えて、さくらは幸せだろう?
 嬉しいよねぇ? うれしかったら、どうするんだっけ」

全身を這いずり回る鎖の動きは先程ほど強くはない。
ただ、ゆっくりと、思い出したかのように這いずる鎖の感触は、
受ける側により鮮明にその嫌悪感と快楽を強く感じさせていく。

「うまくできたら、ご褒美を上げるよ。
 …たくさん人間の言葉を喋って、喉が渇いたものねぇ」

そういうと、クサリガミは鎖で作り上げた椅子の上にどさりと腰をつけると、
股を開き、その下に香炉を置いた。

「あんたの大好物になるものだ。たぁーっぷり舐めさせてやるよ。
 大丈夫。どんなに嫌がったって、あんたはこれが大好きになっちまうんだから。
 …言っとくけど、拒否権はないよ」

冷たい宣告と共に鎖がさくらを締め付ける。
その強さはさほどではないが、敏感な乳首を、女陰を、鎖が締め付ける刺激は酷く鮮明なものだった。

256 :クサリガミ ◆ZfQRGKmuAk :2010/06/01(火) 03:36:11 ID:???
【ここまでですね】
【本日はありがとうございました】
【…ご期待には添えていたでしょうか】

257 :西堀さくら  ◆v0lsxk2VFtB9 :2010/06/01(火) 03:38:52 ID:???
【はい、本当にありがとうございました】
【期待以上です! わたしこそちゃんとできていたか…】
【そちら様さえよければまたお願いします】

258 :クサリガミ ◆ZfQRGKmuAk :2010/06/01(火) 03:41:29 ID:???
【そういわれると恐縮です】
【早速ですが、次はいつごろご予定がよろしいですか?】
【私は今日の夜と木曜の夜ならば空いていますが…】

259 :西堀さくら  ◆v0lsxk2VFtB9 :2010/06/01(火) 03:42:25 ID:???
【私は大丈夫ですよ。何時頃がよろしいですか?】

260 :クサリガミ ◆ZfQRGKmuAk :2010/06/01(火) 03:45:10 ID:???
【10時ごろに会いませんか?】
【場所はまたここで。使っている人がいたら伝言板でお会いしましょう】

261 :西堀さくら  ◆v0lsxk2VFtB9 :2010/06/01(火) 03:46:09 ID:???
【了解です。では、また。本日は大変有意義な時間を過ごせました】
【重ねてお礼を言わせてください、ありがとうございました】

262 :クサリガミ ◆ZfQRGKmuAk :2010/06/01(火) 03:51:06 ID:???
【こちらこそありがとうございます】
【楽しかったです、今晩もよろしくお願いします】

263 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆mT0AnY5sB45K :2010/06/01(火) 14:56:29 ID:???
ミツコさんやオウカ姉様に洗脳されて
忠実な下僕にされたい

264 :桂ヒナギク ◆zEWvFkT0GQ :2010/06/01(火) 20:54:25 ID:???
…ナギを支配したい
ハヤテ君から引き離すために

265 :三千院ナギ ◆lPDhFl1pDg :2010/06/01(火) 21:31:02 ID:???
>>264
おーい、ヒナギクー!
まったく、急に呼び出したりして、一体何の用なのだ?

266 :桂ヒナギク ◆zEWvFkT0GQ :2010/06/01(火) 21:54:43 ID:???
>>265
あらら…まさか会えるなんて…そっか、会えちゃったんだあ…
じゃあ、良いよね、…神様
(後ろ手に注射セットを隠しつつ)
忙しい所をごめんね、ナギ。大した用じゃないの。
お願いがあるんだけど、聞いてくれる?

267 :三千院ナギ ◆lPDhFl1pDg :2010/06/01(火) 22:01:40 ID:???
>>266
む?
一体何を隠したのだ?
……まさか、ハヤテ絡みじゃ……。
(急に不安になってきたのか、じと目になりつつも)

まぁ、他ならぬヒナギクの頼みだ、聞いてやってもいいが……。
(腕組みをすると、チラチラとヒナギクの方を窺いながら)
は、ハヤテに関する相談なら、お断りだぞ!
あいつ、ここ最近すごく忙しくて、私もなかなか会えないくらいなんだからな!

268 :桂ヒナギク ◆zEWvFkT0GQ :2010/06/01(火) 22:12:58 ID:???
>>267
え?べ、別になにも隠してないわよ。
(努めて平静を装いながらも後ろで注射器を握り、ピストンに親指を乗せつつ)

と…ナギにしては察しが良いわね。
ハヤテ君のことよ。私、彼のこと好きなの。
ナギにも、他の誰にも渡したくないから、彼を私に頂戴?
……会うもなにも、私ら既に茅の外じゃないかなーって思うんだけどね……
(寂しげに呟きつつも、返る答えは想像できるから、すぐに飛びかかれるよう力を溜める)

269 :三千院ナギ ◆lPDhFl1pDg :2010/06/01(火) 22:24:41 ID:???
>>268
……怪しい……。
(完全に疑いのまなざしで見るが、すぐにあっけらかんと笑って)
まぁ、いっか!
誰でも詮索されたくない事の1つや2つあるものだからな!
(平たい胸に手を当てて、どーだ大人だろうと言わんばかりに自慢げに)

私にしては、というのがものすごく引っかかるのだが……。
って、おい、ヒナギク!?
(なんとはなしにそうではないかと疑った事もあったとはいえ、急なカミングアウトに動揺を隠せず)
(さらに続けて言われた内容を聞けば、顔を真っ赤にして眉を吊り上げて)
だ、ダメだー!
い、いいくらヒナギクの頼みでは、これだけは絶対に譲れん!
は、ハヤテは、ハヤテは私の執事で……あ、その、わ、わたしの執事なんだからな!
(それ以上大胆な言葉は口にできずに、結局同じ言葉を2回繰り返す)
(完全に血が上った頭では、ヒナギクの所作に気づく余地もなく)

270 :桂ヒナギク ◆zEWvFkT0GQ :2010/06/01(火) 22:40:35 ID:???
>>269
(若干…どころかかなり病ンデレ(←決してナギにデレているわけではぁない、がぁ(CV天の声)な笑顔を向け)
本当に…ナギが良い子で助かるわ…さすが、私の親友ね…
(親近感の沸く胸板を眺めつつ、大人大人と頷いて返しながら、親指に軽く力を込め
薬液の排出を確認した…よし)

ほら、気づいてなかったでしょう?
だから察しが悪いって言ったのよ…私、ずっと彼が…綾崎くんが好きだったんだから。
何?それ?執事なだけ?ふーん…
なら、新しい人を探せば良いじゃない。綾崎くんが来る前もそうだったんでしょうし、
もう一回おなじことをすれば良いだけでしょ?
彼もきっと、主のあなたが言うことなら素直に従ってくれると思うのよね?

…ま、予想通りの答えだし…ッ!
(何時もなら竹刀。だが今日は妖しげな薬の詰まった注射器を獲物に、
ナギを捕らえようと踊りかかる)
抵抗すると、痛いわよ… 引きこもりのお嬢様ッ!

271 :三千院ナギ ◆lPDhFl1pDg :2010/06/01(火) 23:00:55 ID:???
>>270
むう?
なんだか今日のヒナギクはいつもと違う感じがするぞ?
(素直に褒めてくる様子にどことなく親友の様子が違う事に首を傾げて)

き、気づ、気づいていなかったって……。
その、ヒナギクは、そんなにず、ずっと前からハヤテの事が……?
(うろたえながらも、ヒナギクの言葉から長年の思いを感じ取って)

そ、そんなわけないだろ!
は、ハヤテは……ハヤテは私の大切な、私だけの執事なんだ!
だから……だから、代わりなんていないし、ヒナギクにだって渡せない!!
(小さな身体を震わせて、ヒナギクの言葉に抗するように叫んで)

え……きゃうっ!?
な、ど、どうしたのだヒナギクっ!?
(鍛えているヒナギクの動きについていけるはずもなく、あっさりと捕らえられて)
(床へと押さえつけられてしまうが、涙目ながらもきっとにらみ返して)
そ、そんな脅しにビビる私ではないぞ!
それに、私がピンチになったら、ハヤテが助けに来てくれるんだ!
……だから……だから、そんな姿を見られても、いいのか……?
(ハヤテがこれを見たら悲しむだろう、となんとはなしに感じて)
(どこか気遣うような視線を向けて)

272 :桂ヒナギク ◆zEWvFkT0GQ :2010/06/01(火) 23:30:59 ID:???
>>271
(あっさりとナギを体の下に組み伏せ、首筋に注射針を宛てながら)
……やめてよね、本気で喧嘩したらナギが私にかなうはずないでしょ?
…って言わずにはいられないのは何故なの…

(そんな気持ちを振り払うように首を振り)
……そういうナギも、ほんとは私と同じでしょ?
大切で、代えられなくて、私にも渡せない理由は……
ナギ自身の執事であって欲しい理由の根っこにあるものは…何?
(病んだ表情の中、瞳だけが綺麗に澄んで…冷めた口調で淡々と問いかける)

……。
じゃあ、呼んでご覧なさいよ、彼を。
こうまでしたら、私はもう戻れないもの。綾崎くんに見られても見られなくても、進む道は一つしかないのよ、ナギ。
今日ここで、私とあなたが出会ってしまった時から…!
(首に押し宛てた注射器のピストンにゆっくり力を込めて、
催眠術にかかったように人の言いなりになってしまう薬をナギに注ぎ込んでいく)

…さあ、ナギを助けにきなさい…綾崎くん!
さもないと…
(この後に及んでそんな目を向けるナギから視線を背ける)

273 :三千院ナギ ◆lPDhFl1pDg :2010/06/01(火) 23:50:36 ID:???
>>272
うぅ……これがナチュラルとコーディネーターの違い……!
(歯を食いしばりながらも、呻くようにいつものノリで応えてしまうが)
(じっとりと滲んだ汗は、攫われ慣れている彼女の余裕のなさを表していて)

……そ……それは……。
(この期に及んでも口ごもり、視線を反らしてしまうが)
…………。
(それでも、しばらく沈黙をした後に視線をヒナギクに戻すと、呟く)
……………そうだよ、お前と……ヒナギクとおんなじだ。
(その瞳は、自らの執事に全幅の信頼を置いた、澄んだ瞳で)

……わかった。
(そう言うと、大きく息を吸い込んで、力の限り叫ぶ)
ハヤテェェーーーーーーーーーーーーーーッ!!!

こほっ、こほっ……ぁ……。
(咳き込むほどに叫んだ後に、注射器のピストンが押し込まれれば)
(力を使い切ったナギの身体はすぐにくたりと脱力し)
(段々と目から光が薄くなっていく)
……ハヤテ……ひな、ぎく……。
(そう、最後に口にすると、完全に力が抜けていく)
(そして、そこまでの時間が過ぎてもハヤテが現れることはなく)

274 :桂ヒナギク ◆zEWvFkT0GQ :2010/06/02(水) 00:17:08 ID:???
>>273
…ありがとう、ナギ。こんなにうれしいことは無いわ…
(付き合いの良い相手に思わずお礼を言ってしまいながらも
気がつけば注射器に手ごたえを感じなくなっていて
薬液を打ち終えたそれを地面に落としほうけた顔をする)
あやさきくん…?
何で、ナギを助けにこないのかな…ぁ?

これじゃあ、ナギは…
(続く言葉を飲み込み、ナギの顔を見る
ほんの数瞬前までは力強い言葉と意志のたぎる瞳が今は見る陰もなく
大きく深呼吸すると、急に笑い出す)
あは…あはははは、あはははは
そっか…綾崎くんは来てくれなかったんだ…あんなに信じてたのにね、ナギ?

じゃあ…その信頼してた気持ちごと、私がナギから貰うわね…?
綾崎くんを…
(くすくすと笑いながら、ナギの耳元に唇を寄せそっと囁く)

ナギ…私の声が聞こえる?
私が誰か、解る…?解るよね…私は桂ヒナギク…あなたの大事な、大好きなご主人様
ナギは私の気持ちの良いご褒美が大好きで、私の言うことなら何でも聞いちゃうの
(囁きかけながらナギをそっと抱きしめ、耳にふうっと息をかける)

275 :桂ヒナギク ◆zEWvFkT0GQ :2010/06/02(水) 00:20:34 ID:???
【レスが遅くてすみません】
【濡れ場でもなく長々とやってしまいましたが、お時間大丈夫でしょうか?】

276 :三千院ナギ ◆lPDhFl1pDg :2010/06/02(水) 00:27:24 ID:???
>>274
…………は……ゃ…………。
(可笑しそうに、そして狂った様に笑う親友を見上げる虚ろな瞳から、涙がこぼれる)
(無意識にか、それとも最後の力を振り絞ってか、唇が小さく震えて、大切な人の名を呼ぼうとして)
(そして、最後まで口に出せないまま、動きを止める)
(後に残されたのは、苛烈な意志が抜け落ちた、華奢な体の少女の器)
(丹精に整ったその顔は、まさしく人形のようで)

……ん……。
(ヒナギクに抱き起こされれば、胸にも垂れるように、力なく首を傾げる)

きこ、える……ひなぎく……だいじな、ごしゅじんさま……。
ごほうび、だいすき……いうことは、なんでもきく……。
ふぁっ……。
(耳元に囁かれた言葉を、そのままブツブツと復唱する)
(何の変化もないように見えるその行為は、内面に大きな改変をもたらしていき)
(耳に生暖かい吐息を感じれば、頬を赤らめて、ビクッと身体を震わせる)

277 :三千院ナギ ◆lPDhFl1pDg :2010/06/02(水) 00:51:41 ID:???
【あ、見落としてた……そうだな、時間はそろそろ危ない感じかもしれないな!】
【だから、ヒナギクがよければ、とうけつをしてやってもよいぞ!】

278 :桂ヒナギク ◆zEWvFkT0GQ :2010/06/02(水) 00:53:30 ID:???
>>276
そう。その通りよ。
ご主人様の言うことをきちんと聞けて、ナギは良い子ね…良い子にはご褒美よ!
(ひょっとしたら自分は、ナギが助かることを期待していたのかもしれない
でも、それは叶わなかった
ならば私は、最初に思ったとおりに突き進むだけだ…ナギから綾崎くんを奪い取る!)
(ナギの頭を胸に抱きながら髪を撫で、息を吹きかけた耳に舌を這わせ、耳たぶを甘く噛む)

…いいこと?
私の言うとおりにしていれば、ナギはずっと気持ちがいいの。
だから私に逆らっては駄目…良いわね?
(耳たぶを甘噛みしながら髪を撫で、厚みの感じられない胸にそっと触れ、乳首を探して指を蠢かす
恐らく自分でも触れたことのないであろう箇所を、ゆっくり快感に目覚めさせ、自分色に染めていこうとしながら)
ねぇ…ナギ。
私、ナギにお願いがあるの…ナギは良い子だから、なんでも聞いてくれるわよね?

279 :桂ヒナギク ◆zEWvFkT0GQ :2010/06/02(水) 00:57:09 ID:???
【今度は私が見落とし。ごめんね、ナギ。 あ、やっぱりそうだったんだ…】
【ほんと?じゃあ凍結!決まり! …っていうか、私なんかが相手で凍結しちゃっていいの?】

【…ありがと】

280 :三千院ナギ ◆lPDhFl1pDg :2010/06/02(水) 01:04:10 ID:???
【もちろんだぞ!】
【それじゃあ、凍結だな……ヒナギクはいつが都合がいいんだ?】
【私は木曜か金曜の夜なら多分平気だと思うけど……】

281 :名無しさん@ピンキー:2010/06/02(水) 01:08:42 ID:???
【こちらこそ。…スレがスレとはいえ、酷い事して御免ね】

【私は金曜の夜が空けられると思います。時間は…今回と同じくらいで良い?】
【都合悪くなったら掲示板にでも連絡下さい】

282 :三千院ナギ ◆lPDhFl1pDg :2010/06/02(水) 01:14:58 ID:???
【謝る必要なんてない……ヒナギクにされるの、嫌いじゃ、ないし……】

【ん、そうだな。それじゃあ、21時に伝言板に集合でどうだ?】
【万が一のときの連絡は了解だぞ!】

283 :桂ヒナギク ◆zEWvFkT0GQ :2010/06/02(水) 01:24:26 ID:???
>>288
【…ええと。私もその…、じゃ…そのじゃあ!ナギで…ナギの、一杯気持ち良いことさせて…ね】

【こほん!はい、了解!日時は承りました!】
【じゃあ、今日はこれでお休みなさい…?】
【楽しかったわ。次もよろしくね、ナギ】
【お先に落ちさせて貰うね。おやすみなさい、お付き合いありがとうございました】

284 :三千院ナギ ◆lPDhFl1pDg :2010/06/02(水) 01:26:50 ID:???
>>283
【ふぁあ……私も眠いから寝るぞ……おやすみ、ヒナギク……】

【スレを返すぞ、ありがとな】

285 : ◆kwSCe1fG4Y :2010/06/02(水) 13:13:09 ID:???
>>222で募集してみます】
【作品はギャラクシーエンジェルまたはアリアンロッド・リプレイ・レジェンド……あとは相談で】

286 : ◆kwSCe1fG4Y :2010/06/02(水) 14:29:53 ID:???
【募集を終了しますね】

287 :プレシア・ゼノサキス ◆2j8MlGxb5XqT :2010/06/04(金) 11:21:07 ID:???
魔装機神のプレシア・ゼノサキスです。
バンプレストオリジナルや、スパロボ参戦作品のお姉さんに調教されて、
専属奴隷にされたいんだけど、誰かいるかな?

288 :プレシア・ゼノサキス ◆2j8MlGxb5XqT :2010/06/04(金) 12:56:13 ID:???
いらっしゃらないようなので、落ちますね。

289 :名無しさん@ピンキー:2010/06/05(土) 00:05:00 ID:???
>>288
…勿体無いことをした…

290 :キュオン・フーリオン ◆bysZUnO6O. :2010/06/05(土) 08:05:14 ID:???
待機するね。
ヒルダさんや、あるいはもうヒルダさんに洗脳された仲間の人に
洗脳されちゃって、尖兵になってみたりしたいなぁ。

291 :キュオン・フーリオン ◆bysZUnO6O. :2010/06/05(土) 09:41:19 ID:???
…うーん。誰もいないのかなぁ。

292 :キュオン・フーリオン ◆bysZUnO6O. :2010/06/05(土) 11:03:44 ID:???
…帰るね。

293 :名無しさん@ピンキー:2010/06/05(土) 11:21:40 ID:???
見えそで見えない人来てたのか

294 :名無しさん@ピンキー:2010/06/05(土) 11:29:46 ID:???
しかし残念なことにヒルドさんなんだ
ゲルダさんと混ざってるよ

295 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆t8VrmCRG.2 :2010/06/05(土) 11:37:58 ID:???
ミツコさんやオウカ姉様、レビさんに洗脳されて
専属奴隷兼忠実な尖兵にされたい

296 :名無しさん@ピンキー:2010/06/05(土) 12:33:21 ID:???
>>295
良かったらお相手していただけますか?

297 :名無しさん@ピンキー:2010/06/05(土) 13:23:37 ID:???
>>295
いないのかな…。
えーと、こっちはミツコ・イスルギで考えてます。

298 :名無しさん@ピンキー:2010/06/05(土) 13:24:37 ID:???
辛抱強いのねアナタ
横取っちまいたいがスパロボは解らん

299 :名無しさん@ピンキー:2010/06/05(土) 13:49:54 ID:???
>>298
ふ、ふふ…いないのはわかってたけど、暇なんですよぉ。
スパロボわからないなら、何ならいける?

300 :名無しさん@ピンキー:2010/06/05(土) 14:02:05 ID:???
年寄りだから最近のには手出してないんだよねえ
魔装機神は解ったけど
なんか適当なのあるかなあ

301 :名無しさん@ピンキー:2010/06/05(土) 14:09:33 ID:???
>>300
魔装機神なら私もやってますよ。
リメイク版妙にサイバスターが強い…

302 :名無しさん@ピンキー:2010/06/05(土) 14:24:06 ID:???
>>301
SFC版しかやってないけど、アレすごく温かったなあ
出戻りプレシアのくるみ割りに吹いたのもいい思い出

もともとサイバスターは強かったような

303 :名無しさん@ピンキー:2010/06/05(土) 14:31:20 ID:???
>>302
プレシアはロリ担当なのか、ネタ担当なのか、未だにわかりません。
そして一騎で敵軍を壊滅させるサイバスター…これはテロの標的になっても仕方ない…

どうします、遊びますか?

304 :名無しさん@ピンキー:2010/06/05(土) 14:37:27 ID:???
>>303
妹担当でもあり娘担当でもあり、好きに使えということではないでしょうか
というか魔装機神計画自体が独裁的で反対食らうの当たり前(ry

遊ぶのはOKです。ネタをどうしましょう
スパロボ以外だとどんなのご存知でしょうと鸚鵡返しに問い返して見る

305 :名無しさん@ピンキー:2010/06/05(土) 14:50:01 ID:???
>>304
しかも後々フェイル殿下を殺してるあたりを踏まえると、最悪のテロ集団ですな魔装機神。
世界最強のアナーキストって…。

後は古いのだとサクラ大戦とか…魔装機神のころだと、聖戦の系譜とか餓狼伝説とかでしょうか?

306 :名無しさん@ピンキー:2010/06/05(土) 14:59:19 ID:???
>>305
えーだって、彼らは世界の安定のためなら自由な行動が許されてるじゃないですかー
やつらこそが世界の秩序ではなく、世界の歪みだとおもいます

あのころに限定されなくても多分大丈夫だとはおもいますが、
サクラ大戦やFEなら、多少怪しいけど解ります。餓狼やサムスピ…っていうかNEOGEO系なら大丈夫かな

ブレイジングスターの麻雪とか、THエグゼリカのようなメカ娘も好みだったりしますが

307 :名無しさん@ピンキー:2010/06/05(土) 15:17:25 ID:???
>>306
まぁ、勇者が視点を変えてみると世界の敵だったり、というのはよくある話ですね。

ブレイジングスターやエグゼリカは残念ながら…
KOFとかも大丈夫ですか? あと、私はスト2やギルティギアも大丈夫です。
あと、MCする側をご希望ですか? される側?

308 :名無しさん@ピンキー:2010/06/05(土) 15:23:18 ID:???
>>307
めでたしめでたし。

KOFは大蛇編の途中で脱落してますが、それで大丈夫なら。
ストリートファイターシリーズはやってませんでしたね…ギルティギアはキャラクターを知っている程度です
格ゲーならアルカナハートとかメルブラも知っている程度でよければ解りますよ

する側でもされる側でもどちらでも構わないのですが、今回はされる側の呼び掛けにお答えしていたようなので
される側ですね

309 :名無しさん@ピンキー:2010/06/05(土) 15:32:19 ID:???
>>308
めでたし。

魔装機神でなら、私はサフィーネか、洗脳されたリューネ
サクラ大戦なら水狐か、洗脳されたレニ
KOFで、私が、シェルミー、または洗脳されたアテナとかをやってみたいのですが、どうでしょうか?

310 :名無しさん@ピンキー:2010/06/05(土) 16:57:32 ID:???
>>308
帰ってしまったみたいですね…

311 :キュオン・フーリオン ◆bysZUnO6O. :2010/06/05(土) 20:10:33 ID:???
朝同様、待機してみるよ!
今度こそヒルドさんや皆に会えるといいなぁ…

>>294
あぅ…失敗失敗。

312 :名無しさん@ピンキー:2010/06/05(土) 21:13:01 ID:???
うわあああああああああああああああああああああああ

313 :キュオン・フーリオン ◆bysZUnO6O. :2010/06/05(土) 21:25:25 ID:???
うるさぁーい!!
…ったく、書き込みがあったから来て見たのに、何よもう

314 :名無しさん@ピンキー:2010/06/05(土) 21:29:18 ID:???
誰だかわからないんだぜ

315 :キュオン・フーリオン ◆bysZUnO6O. :2010/06/05(土) 21:34:08 ID:???
う…やっぱマイナーなのかなぁ。
無限のフロンティアってゲームなんだけど…

316 :名無しさん@ピンキー:2010/06/05(土) 21:37:39 ID:???
ぺろぺろ

317 :名無しさん@ピンキー:2010/06/05(土) 21:40:12 ID:???
マイナーでつね

318 :名無しさん@ピンキー:2010/06/05(土) 22:00:42 ID:???
メジャーじゃないだろうけど、そこまでマイナーってわけでもと思うよ。
結構浮かせてくれるし、ヒット数も多いし、キュオンは頑張ってる!
今は出先だから声はかけられないけど、ふぁいとっ!

319 :名無しさん@ピンキー:2010/06/05(土) 22:02:28 ID:???
いあ、どっちかといえばマイナーだろう
EXSEEDになる前の売り上げはそりゃあひどいものだった

320 :キュオン・フーリオン ◆bysZUnO6O. :2010/06/05(土) 22:13:49 ID:???
確かにねぇ…
二作目でようやく認めてもらえたって気もする。
…二作目だとあまりシナリオには絡めなかったんだけどさ。

321 :名無しさん@ピンキー:2010/06/05(土) 23:38:02 ID:???
催眠でエッチぃのが嫌いだけど、ヤリたくてしょうがなくなってる金色の闇と
催眠でエッチぃのが大好きになってる金色の闇と、どっちが良いと思う?

322 :名無しさん@ピンキー:2010/06/05(土) 23:49:57 ID:???
ひねりはなくても後者かな?

323 :金色の闇:2010/06/06(日) 00:05:04 ID:???
えっちぃのは嫌いです

324 :ララ・サタリン・デビルーク:2010/06/06(日) 00:10:28 ID:???
ねえねえ、ヤミちゃん、これ見て〜。
これ私が発明したゆらゆら振り子君って言うんだけど、
この振り子の振動を見てると、催眠にかかっちゃうんだよ〜!

325 :金色の闇:2010/06/06(日) 00:12:19 ID:???
こんばんは、プリンセス。
また発明ですか、懲りませんね…
(じっと振り子を見つめ)
……こんな……もので……

326 :ララ・サタリン・デビルーク:2010/06/06(日) 00:16:13 ID:???
いや〜。失敗ばっかりだったから、たまには成功する発明も作りたくてね〜。

ほ〜ら、ヤミちゃんはえっちぃのが大好きになる〜。えっちぃのが大好きになる〜
(一番嫌いなものを好きにさせる事ができれば実験成功だよねっ)

327 :金色の闇:2010/06/06(日) 00:18:19 ID:???
う……
(振り子を見つめていると瞳がとろんとして)

……はい。えっちぃことが大好きです…
(どうやら催眠にかかったようだ)

328 :ララ・サタリン・デビルーク:2010/06/06(日) 00:21:13 ID:???
やった!!ヤミちゃんえっちぃ事が大好きになったんだね?
実験せーこーだぁっ!!これをリトに使えばえっちぃ事やり放題だよ〜!

(しかし、振り子を見つめているとララ自身も瞳がとろんとしてきて)
あ、あれ…あたしもえっちぃの大好き……(目の前のヤミを熱い視線で見つめながら)

329 :金色の闇:2010/06/06(日) 00:24:36 ID:???
プリンセスも…ですか…
では……
(着ている服を脱いでしまい全裸になる)
えっちぃこと、しましょう。
脱いでください。

330 :ララ・サタリン・デビルーク:2010/06/06(日) 00:29:18 ID:???
うんっ!ヤミちゃんととってもえっちぃ事したいのっ!!

うん。じゃあ〜脱いじゃうね。ペケっ!
ペケ「はい、ララ様。衣服を解除します」
(ペケの出してた服を解除して、ペケを頭から外す)

じゃあ、えっちぃ事しよ〜!あ、知ってると思うけど、あたし尻尾が弱点だから
ここを重点的に攻められるとなんにもできないかも(と言いながら無防備に尻尾をヤミの方に向ける)

331 :金色の闇:2010/06/06(日) 00:33:30 ID:???
弱点を教えてしまうとは…
いいでしょう。尻尾を攻めてあげます。
(ララに近づくと、しゃがんでお尻に顔を近づけて)
これ、ですか?
(ララの尻尾をギュッと握る)

332 :ララ・サタリン・デビルーク:2010/06/06(日) 00:35:56 ID:???
えへへ、だって弱点を突かれた方がもっとえっちくなれると思ったんだもん

(尻尾をギュッと握られて)
ひあああっ!!ふ、ううん。や、やっぱり尻尾はダメェ(気持ちよすぎて声にならない声を出しながら)
(もっと触って欲しそうに、尻尾をフリフリする)

333 :金色の闇:2010/06/06(日) 00:45:09 ID:???
……ずいぶん気持ちよさそうですね。
ペロリ。
(尻尾を握ったまま尻尾の先をペロリと舐めて)

裸のプリンセスはえっちぃです。
(手を伸ばしてララのお尻をなでて)

334 :ララ・サタリン・デビルーク:2010/06/06(日) 00:47:49 ID:???
ふぁん!だって、尻尾は弱点なんだもん。
(尻尾の先を舐められて)
ひああん!!そ、そんなにされたら変になっちゃうよお!!

あたし、そんなにえっちぃかなあ?良かったあ、えっちくなれて
(お尻を撫でられて)
ふぅん…(甘い声をあげながら)
あ、そうだ。ヤミちゃんには弱点ないの?あたしだけ気持ち良くなったら悪いみたい。

335 :金色の闇:2010/06/06(日) 00:51:27 ID:???
ここは本当に弱いのですね。
(弱点の尻尾を噛み噛み)

プリンセスのからだはえっちです。
ここも…
(背後からララの胸を揉み揉み)

私ですか。ぬるぬるしたモノが苦手ですが、そう言う意味ではないでしょう。
では、私の弱点を探してくださいプリンセス。
(尻尾を離すとララの前に回って)

336 :ララ・サタリン・デビルーク:2010/06/06(日) 01:00:48 ID:???
うんっ!デビルーク族は尻尾を弄られると変態みたいになっちゃうんだよっ!
(噛み噛みされて)
ひ、ひあああっん!!噛んじゃダメェっ!!や、気持ち良過ぎるよぉ!!
い、イッちゃう!尻尾でイッちゃうう!!
(さらに胸を揉まれて)
や、胸も弱いの!やめて…あ、ああああっ!!(たまらず、軽く絶頂を迎えてしまう)

は、はぁ…はぁ…。ごめんね、先にイッちゃった。

(どうにか呼吸を落ち着けて)
うーん、ぬるぬるはただ苦手なだけか〜。
とりあえず色々触ってみるね。
(胸のささやかな膨らみを撫で回しながら)
ここはどうかな〜。
(その先端の突起を摘みながら)
これをコリコリしたら気持ちいいかも!

337 :名無しさん@ピンキー:2010/06/06(日) 01:02:13 ID:???
なんだろうこの同人誌感
正直キャラなんでも良いような気が駿河
いいぞもっとやれ

338 :金色の闇:2010/06/06(日) 01:04:51 ID:???
……もうイってしまったのですか。えっちぃです。
ぬるぬるしたモノに触れると私は動けなくなってしまいます。

あ……
(幼い胸をなでられるとポッと頬を赤らめて)
あっ そこは……
(胸の先端の突起をいじられると感じて来る)
変……です…
からだが熱く……

339 :ララ・サタリン・デビルーク:2010/06/06(日) 01:11:03 ID:???
>>338
ごめんね〜。尻尾を触られると、どうしてもイッちゃうんだ〜。

そうなんだ〜。あ、じゃあおトイレ行きたい時にぬるぬるに触っちゃったりしたら大変だね〜。

おっぱいの感度は悪くないみたいだね。えっちぃ事してるんだから熱くなって当たり前だよ〜。
(さらにヤミの股間に手を伸ばし)
(ワレメを少し撫でて)
あ、ここヌルヌルしてるけど、大丈夫?

340 :金色の闇:2010/06/06(日) 01:16:54 ID:???
………プリンセスは発想が豊かですね…

そ、そうですか…
(熱くなった肉体を持て余していると、股間に手が伸びて)
あっ
(刺激に小さく声を上げる)
そ、そこは……
(無毛の幼い割れ目をなでられるとわずかに蜜が)
う……へ、変です…
なんだかからだがふわふわして来ました…

341 :ララ・サタリン・デビルーク:2010/06/06(日) 01:21:50 ID:???
え〜?だって授業中におトイレ我慢してる時に
いきなり頭の上にかたつむりとかが落ちてきたら、そのまま放課後まで我慢する事になっちゃうかも知れないよ?
そしたら、やっぱりおもらししちゃうと思うけどな〜?

あ、もしかしたらここが弱点かな!?(ワレメに指を当てて何度も撫でる)
ふわふわしてきたの?うんっ!それでいいんだよ。私も尻尾を握られるとふわふわしちゃうもん!

あ、でも本当の弱点はこっちかな?(ワレメの上にあるお豆さんを摘んで、擦る)

342 :金色の闇:2010/06/06(日) 01:26:22 ID:???
……お漏らしは嫌ですが…
そんなことは滅多にあることでは…

あっ あっ そこばかり…
んっ あっ ああーっ!
(割れ目を擦り続けられると刺激に身を震わせ)
(割れ目は更に蜜をあふれさせ)

いっ あっ ああーーっ!!
(大きく声を上げて軽く絶頂に達する)
い、今のは……

343 :ララ・サタリン・デビルーク:2010/06/06(日) 01:30:01 ID:???
そっか〜。そう言えばそうだね〜。あ、でもぬるぬるした小型宇宙人とかはアリかもね

やっぱりココが弱点なんだねっ!わーいっ!ヤミちゃんの弱点わかっちゃったよ〜。

(ヤミが派手な声を上げて絶頂に達したのを見て)
わあっすごい!やっぱりホントの弱点はお豆さんの方だったのかなあ!?

あれ?もしかしてイクの初めてかな?えっちぃのが嫌いなら初めてでも不思議じゃないけど。

344 :金色の闇:2010/06/06(日) 01:39:01 ID:???
ぬるぬるした宇宙人…
それは私の天敵かもしれません…

そこが私の弱点…
(喜ぶララを潤んだ瞳で見つめて)

………
プリンセスにもしてあげます。
(その場でしゃがむとララの股間に手を伸ばす)
ここと…
(割れ目を指でなぞり上げ)
ここですね。
(割れ目の上の小さなクリを指で弾いて)

イク、とはあのような感じを言うのですか?

345 :ララ・サタリン・デビルーク:2010/06/06(日) 01:49:08 ID:???
でしょ〜?じゃあぬるぬるした宇宙人が来た時の為に授業前には
ちゃんとおトイレに行っとかなきゃだね〜っ。
あ、でもトイレでぬるぬる宇宙人に襲われたら漏らしちゃうか。
(神妙な顔つきで本気で悩む)

うんっ。弱点見つかってよかったね〜っ(にこにこ)

え、あ、ちょっと(ヤミの手がララの股間に伸びてきて、ワレメを指でなぞってくる)
ひ、ひああああん!!い、イイよおっ(媚声を上げ、愛液を大量にあふれさせながら)
ココ、あたしも弱点だったのかなあ?尻尾よりは弱いけど、おっぱいよりずっと感じちゃうよお!

くああっ!!(クリを弾かれて声にならない声を上げながら)
そ、そこ…そんなに!?お豆さんがこんなに気持ち良いなんて知らなかったあ!
もっと強く思いっきり弾かれたりしたら変になっちゃうよお!(口元から涎を垂らしながら、ねだるような表情でヤミを見つつ)

うん!何度もイキ続けてると、段々イカないと我慢できない体質になってきて大変なんだよね

346 :金色の闇:2010/06/06(日) 01:53:53 ID:???
………
お漏らしやトイレについてはまた後にしましょう。

やはりここはプリンセスの弱点…
(割れ目に指を当て、何度も何度も擦り上げ)
どうです、プリンセス。

(クリが弱いこともわかり、軽くつまんで指先で揉むようにし)
こうしたらもっとえっちぃ気持ちになりますか?
胸の先も…
(両手の指がふさがったので、唇で胸の突起を挟む)

そうなのですか。ではイき過ぎないように気をつけましょう。

347 :ララ・サタリン・デビルーク:2010/06/06(日) 02:03:13 ID:???
うんっ。そうだね〜。でもそれも「えっちぃ事」だから覚えといてねっ。

う、うん。そうみたい。や、ヤミちゃんそんなに何度も擦ると
(ヤミが何度も執拗にワレメを擦ってくる)
あ、あ、あダメっダメだよっ!!ああああっ!!(耐え切れずにさっき以上の絶頂に達してしまう)

(すでにイキ始めているのに、さらにクリを摘まれ揉まれて)
あ、あ、ああああっ!!や、そんな…頭の中真っ白に…ひああああん!!(これまで感じた事がないくらい深い絶頂の中で恍惚状態になりながら)
(さらに乳首を唇で挟まれて)
うあ…ひいいいあっ…あ、ダメ…おしっこ……
しゃああああああああっ……(余りの絶頂に尿道が弛緩してしまい、漏らしてしまう)

あ、ううん。えっちぃ女の子になる為にはイキ過ぎて、我慢できない体質になった方がいいんだよ。

348 :金色の闇:2010/06/06(日) 02:09:35 ID:???
………
またイったのですか。プリンセスはイき易い……!!

(目の前でプリンセスが漏らしてしまう)
プ、プリンセス……
(少し戸惑ってしまう)
だ、大丈夫ですか? イってしまうと漏らしてしまうのでしょうか……

えっちぃ女の子に?
そうですか…。では、私ももっとイった方が?

少し眠くなって来ました。プリンセス。
えっちぃことに付き合ってくれてありがとうございます。
では、おやすみなさい。

349 :ララ・サタリン・デビルーク:2010/06/06(日) 02:14:04 ID:???
う、うん。恥ずかしいけど、自分で何度もしてるうちにイキ易くなっちゃったみたい(それとも催眠の影響かな?)

ご、ごめん。私、いい年してヤミちゃんの前でおもらしなんて…(ちょっとゾクゾクしながら)

うん、女の子はあんまり気持ち良過ぎるとお漏らししちゃう事もあるみたいだよ〜。ヤミちゃんもしてみたい?

うん、心配しなくてもあたしが毎日相手してあげるから大丈夫だよ〜。

うん、あたしもなんだか眠いや。ふあ…さすがに頑張りすぎちゃったかなぁ〜。
ヤミちゃんもえっちぃ事に付き合ってくれてありがとね〜。
それじゃ、おやすみ〜(パタパタと手を振って)

あ、お互い催眠解いてないや…。まあ大丈夫だよね。
それじゃ…ぐぅ〜すぅ〜(そのまま眠りにつく)

350 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆t5A1gLVoQ. :2010/06/06(日) 06:54:41 ID:???
オウカ姉様や洗脳されたゼオラ、レビさん、ミツコさん
いずれかに洗脳されて、専用奴隷兼忠実で冷酷な尖兵にされたい

351 : ◆UbW9IudFz6 :2010/06/06(日) 11:00:15 ID:???
>>222で募集します。】

352 :名無しさん@ピンキー:2010/06/06(日) 11:05:49 ID:???
相手が操られてるってこと?

353 :フィオナ・グレーデン ◆TMKc0cGrUE :2010/06/06(日) 16:46:43 ID:???
ティスかデスピニスに洗脳されて
快楽の為ならどんな命令にも従う忠実なパイロットにされたいな

354 :名無しさん@ピンキー:2010/06/06(日) 19:48:39 ID:???
>>353
もう流石にいないかな?

355 :フィオナ・グレーデン ◆TMKc0cGrUE :2010/06/06(日) 19:56:43 ID:???
>>354
まだ見てたりして

356 :名無しさん@ピンキー:2010/06/06(日) 20:02:21 ID:???
>>355
もし良かったらお相手願えますか?
ティスで調教と洗脳をしてみたいと思います。

357 :フィオナ・グレーデン ◆TMKc0cGrUE :2010/06/06(日) 20:05:15 ID:???
>>356
こちらこそ、よろしくね。
私のNGは猟奇やグロだよ。
それ以外なら、大抵は平気だから。

書き出しはお願いしてもいい?

358 :ティス ◆oscgtlJ5oI :2010/06/06(日) 20:28:46 ID:???
(哨戒任務に出ていたエクサランス)
(それは同時に、戦力を望むティスからすれば格好の獲物でも有った)
(テュガティールによる強襲により、フィオナは呆気なく捉えられてしまう)

(そして、ティスの手による凌辱が始まった)
(寝る暇もなく、わざと時間の感覚を削ぐような、絶え間ない調教)
(執拗に責められる中、フィオナの精神は徐々に削られていく)

(調教、三日目――)

やっほー、フィオナ。
元気にしてた?

(童女染みた仕草で手のひらをヒラヒラとふり、フィオナに近寄っていくティス)
(その行いはかわいらしくもあった)
(――ただし、その対象のフィオナが、四肢を拘束され、口も塞がれたままでいなければ)

…あ、ごめん。その状態じゃ喋れないか。
はい、どうぞ。
(手馴れた様子でフィオナのポールギャグを外す)
(フィオナの菊花はわざと最低の動きに設定されたバイブに責められ)
(手足全てを繋がれた状態では、フィオナにそれを外すことはできず、不眠不休の状態が続いていた)

359 :フィオナ・グレーデン ◆TMKc0cGrUE :2010/06/06(日) 20:42:53 ID:???
>>358
(エクサランス最強フレームであるエターナル)
(それを持ってしても、一人ではティスに敵わず囚われてしまった)
(それから絶え間なく加えられた陵辱は実際に経過した時間で3日に及び)
(フィオナの体感時間では、更に長い期間が経過していた)
(長い時間に及ぶ調教は心身共に、疲弊させるのに十分な時間だった)


はぁ、ぁ…あぁ…
(部屋に現れたティスに向ける目は、捕えられた時と比べて鋭さと光彩を欠いており)
(3日の間に肛門も開発されてしまい、漏れる声にも苦痛以外のものが混ざっていた)

こんなこと、あはぁ…されたって…
私はあなた達に…協力なんかしないし…時流エンジンだって…好きにはさせない……
(発する言葉にも勢いはなく、ほとんど蚊の泣くような声で)
(もはや決まり文句となった言葉を吐いて)

すぐに…みんな来てくれる……
そうなったら、あなた達なんて……

360 :ティス ◆oscgtlJ5oI :2010/06/06(日) 20:56:52 ID:???
>>359
(拒絶の言葉を吐くフィオナを嘲笑うようにわざと思案する顔を作り)
うーん。あたしがこぉんなに丁寧に協力を願ってるのに、
それでも、まだ駄目かァ…あっちの方は、こんなに素直になってくれてるのにねぇ。
(これ見よがしに取り出したバイブのスイッチを弄り、振動を一気に上げる)
(開発されたフィオナの肛門を、機会は容赦ない動きで蹂躙していく)

そうそう。きっと皆すぐに助けに来てくれるよ。
それを出迎えるのも、あんたの立派な役目なんだからさ。
(後ろに回るとフィオナの尻をティスは小さな手で撫で回す)
(バイブの動きが良くわかるようにぎゅっと尻肉を寄せてみたり)
(バイブに不規則な振動を与えるために、つんつんと指で叩いたりと)
(少女らしい無邪気さで、フィオナの体を弄ぶ)

それにしても良い声で鳴くよねぇ。
そんなにお尻の穴ほじられるの好きになっちゃった?
まだ処女なのに、おまんこからこんなに涎たらして…いやらしいね、フィオナ。

361 :フィオナ・グレーデン ◆TMKc0cGrUE :2010/06/06(日) 21:08:54 ID:???
>>360
んっ!
…当たり前でしょ。
もういい加減に諦め…はぁぁぁぁぁ♪
(もはや性器と言っても過言ではない程に開発が進んだ肛門をバイブが強烈な振動で蹂躙すれば)
(はしたない声をあげて喘いでしまう)


私が、出迎える?
んふぅぅぅ♥
ふぁぁ、はぁぁぁぁぁ…
(最低の振動で責められていたのが災いし、ティスの責めは摩耗したフィオナの理性を更に削っていく)

そんなの、好きじゃないわよ。
そんなとこばかり…責め続けるなんて、あなたこそ変態なんじゃないの?
(せめてもの腹いせに軽口を叩いてみるが)
(フィオナの秘所はティスの言う通り濡れていた)
(しかも太股を濡らし、床に水溜まりまで作る程に)

362 :ティス ◆oscgtlJ5oI :2010/06/06(日) 21:24:49 ID:???
>>360
そうだよ。あたしの可愛いペットになったフィオナが
昔の仲間のことを出迎えるの。
あたしたちを守ってくれるためにね。
(ぺちぺちと、軽い力で尻をたたきながら)

そっか、好きじゃないんだ。
残念。だったら…抜いちゃおっと。
(アナルバイブに手をかけ、引き抜いていくティス)
(しかし、その軽い口調とは裏腹に、バイブはわざと腸壁に擦り付けながらゆっくりと抜かれていく)
(そして、じわじわと抜きたっぷりとフィオナに性感を与えたところで、一気に、乱暴に引き抜いた)

【この後ですが…案としては、洗脳薬を浣腸し、じわじわと暗示をかける】
【クリトリスをペニスに変え、射精の快楽と放心状態を利用して洗脳する】
【乳首とクリトリスを重点的に責め、快楽地獄に…などがありますが、フィオナさんはどれがお好みですか?】

363 :フィオナ・グレーデン ◆TMKc0cGrUE :2010/06/06(日) 21:42:31 ID:???
>>362
私はペットになんかならないし…
仮になったとしても、私なんかが一人でみんなと戦うなんてできっこない。
エターナルでもあなた一人にすら負けてこの様なんだから。
そのエターナルも、あなたに徹底的壊されて…残ったのはアージェント・ファイターだけ…
無理なこと位分かるでしょ?
(ペットになっても仲間とは戦えない、ではなく)
(勝てるはずがない、と理由付けしていることが、既に自覚のないままある程度屈していることが伺わせる)
(尻を叩かれれば、無意識に小さく締まったお尻を振って)

んっ♥
んはぁ…抜け、ちゃ…くぅぅ…
(捕らわれてからずっとハメられていたバイブが抜けていく感触に、安堵を覚え)

んはぁぁぁぁっ♥
(一気に引き抜かれれば、与えられた性感が爆発し)
(絶頂させられ、みっともなく失禁してしまう)


【そうですね、3番目か1番目でしょうか】

364 :ティス ◆oscgtlJ5oI :2010/06/06(日) 22:12:00 ID:???
>>363
ふふ、大丈夫。
あんたの乗る機体も、それに相応しいドレスも、ちゃんと特注で用意してあるから。
あんたは可愛らしく尻尾を振ってればいいの。今、お尻を振っちゃったみたいにね。

あははっ、だらしない。
そういう子には罰を与えなきゃ。
ペットに躾をするのは飼い主の義務だものね。

例えばァ…この硬くなっちゃったクリトリスとかにね。
本当、赤く、大きく腫れ上がっちゃって…おいしそ。
えいっ、ちゅうううーっ…あはは、しょっぱくておいしっ。
(フィオナのクリトリスを唇に挟み、強い力で吸い付く)
(舌先でクリトリスを転がすように舐めたり、軽く噛んだり、舐めあげたりと様々な刺激を与えながら)

おっぱいも寂しそうだねぇ。
…そうだ、良いものがあるんだ。
じゃーん。生物兵器の実験中、偶然出来ちゃった毒をたっぷり塗った針。
これ、すごいよぉ。強制的にそこにある神経を鋭敏化させちゃうの。
今から、これ、あげるね。
(フィオナの背をがっちりと捕まえると、そのまま乳房に細い針を突き刺していく)
(極細の先端は僅かな痛みと、それに続く甘い痺れをフィオナにもたらしていく)

【了解です】

365 :フィオナ・グレーデン ◆TMKc0cGrUE :2010/06/06(日) 22:28:17 ID:???
>>364
私は…尻尾を振っていればいい?
(一瞬、犬が尻尾を振り飼い主に甘えるように)
(嬉しそうにティスに仕える自分の姿を想像してしまい)

そ、そんな…私はお尻を振ったりなんか……

え?あ、ダメ!
そんな、そこは本当にやめっ!
ぁっぁっ、くふぅぅぅぅぅ!
くぅ、ん♪
(ぷっくり膨れ上がったクリトリスは、ティスにしゃぶられ)
(噛まれ、吸われると皮がめくれて直接刺激を受けることになり、より強い快楽をフィオナに与える)

毒?
そんな、毒ってどういうこと?
ぅっ、あ…はぁぁぁぁ!
何?これぇ……
胸ぇ、ムズムズして疼いて…
触りたい…乳首ぃ…ムズムズして堪らないのぉ…
(涎を垂らし、拘束された身体でもがき、何とか疼いて仕方ない身体を慰めようとする)

(追い詰められたフィオナの頭は快楽で染められていき)

366 :ティス ◆oscgtlJ5oI :2010/06/06(日) 23:07:39 ID:???
>>365
まだ嘘をつくんだ。呆れた。
そんな嘘つきにはもう一本、お仕置きが必要だよね。
…えいっ。
(先ほどまでしゃぶっていたクリトリスを、三本目の針を何度も軽く突くと)
(一気に深々と突き刺していく)

そんなに触りたいんだぁ。
気に入った? あたしからのプレゼント。
でもダァーメ。これはフィオナに対するお仕置きなんだから。
(乳首をぴんと指で弾き)

こうやって…くりくりっと。
ご主人様に虐めてもらうしか、
フィオナが気持ちよくなれる方法はないの。
それに、これは素直になれないフィオナへのお仕置きだから、
気持ちよくしてはあげても、絶対にいかせてはあげない。
理解したかな? それ、ぐりぐりぐりぐりーっと。
(くるくると回すように乳首の針を弄ぶ)
(毒が馴染み、フィオナが快楽を充分得ると、ぱっと針を離してしまう)

れろぉ…ふふ、フィオナの涎、おいし。
どう? 謝る気になったかな?
それとも、まだまだ虐めて欲しい?
(クリトリスに指した針をちくちくと突きながら、ティスはフィオナの頬を舐め上げる)




367 :フィオナ・グレーデン ◆TMKc0cGrUE :2010/06/06(日) 23:27:17 ID:???
>>366
そんな、嘘をついてなんかない!
だから、もう針はやめ…
ひぁっ!あ、ぁぁぁぁ…
(無意識で行ったことなのだから、本人がそれを自覚しているはずはなく)
(フィオナからすれば、理不尽なお仕置きでしかなかった)

クリトリス…クリトリスもムズムズするのぉ…
触って欲しくて疼いてぇ…
おかしくなるぅぅぅぅぅ!
(ガクガクと腰を震わせれば、乳首とクリトリスに刺さった針が揺れ)
(その刺激が快楽となり、愛液が止まらない程に感じてしまっていて)

これは、お仕置き…
ご主人様に虐めてもらうしか、気持ち良くなる方法がな…ひぃ♪

…ご主人、?様

イキたい…イキたいのぉ…
謝るからぁ…乳首もクリトリスも虐めていいからぁ♥
お尻の穴また虐めていいからぁ♥

だからイカせてぇ!
何でもする、どんな命令でも聞くからイカせてぇ!
気が狂いそうなのぉ!
(毒の効能と針が乳首の中で回転する感覚と増大した感度による快楽)
(それらの前に屈し、ただ快楽が欲しいが為に半狂乱になって叫んだ)

ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!
謝るからぁ、もう許して…

368 :ティス ◆oscgtlJ5oI :2010/06/07(月) 00:00:18 ID:???
>>367
あははっ、そう、そんなにイキたいんだぁ。
すっごい素直になったよねぇ、フィオナ
(ぐりぐりと今までにはない力で針を捻りぬいていき、また深々と突き刺す)

あー、でも「虐めていいから」はダメだなぁ。
あたしは別に、あんたのこと、今、虐めたくないんだよねぇ。

だから、こう言わなきゃ。
フィオナは淫乱な、マゾペットです。
ティス様に虐めて欲しくて仕方のない変態です。
何でも命令を聞きますので
どうか私を虐めてください…ってね。 
(針から解放された乳首をつねり上げながら、ティスはフィオナの耳元で囁く)
(軽く曲げた膝はフィオナの股間に当てられ、微細な振動を送っている)

きちんと言えたら、たっぷりいかせてあげる。
その代わり、心の底から言わないとダメだよ。
嘘をついたら、またお預けしちゃうから。

369 :フィオナ・グレーデン ◆TMKc0cGrUE :2010/06/07(月) 00:12:03 ID:???
>>368
だ、だってぇ♪
イキたいの…イキたくてイキたくて堪らないの。
イクことしか考えられないのぉ…
ふぅぅ、ぉっ、ほぉぉぉ♥
(だらしなく舌を足らして悶える姿は三日前、針の毒に侵される前とはまるで別人だった)

は、はひぃ♥
フィオナはぁ、淫乱なマゾペットですぅ♪
ティス様に虐めて欲しくて仕方ない変態です♥
何でも命令を聞きますからぁ…どうか虐めてくださいませぇ♥♥
(少しでも快楽を得ようと、押し当てられた膝に割れ目を擦り付けるように腰を振り)
(媚びるような目でティスを見つめ、甘ったるい声で忠誠を誓う)

フィオナをティス様の奴隷にしてください…
フィオナはぁ、ティス様の命令なら何でもします
何でもできますぅ…

370 :ティス ◆oscgtlJ5oI :2010/06/07(月) 00:30:14 ID:???
>>369
そうなんだぁ。
それにしても、随分な変わり様だよねぇ。
幾らイキたい一心だからって、さっきまでの反抗が嘘みたい。

本気で言ってるのかな? 
それとも今は正気を失ってるだけかな?
…ま、どっちでもいいか。
フィオナはこれから二度と、正気には戻れなくなるんだから。
(ティスは三つの針にそっと触れる)
(そこに何かのスイッチがあったのか、針は自ら振動を始めた)
(フィオナの中の神経を攪拌し、強制的に快楽を味あわせるために)

イクたびに、こう言いなさい。
ティス様、イカせてくれてありがとうございます。
フィオナはティス様に永遠の忠誠を誓います…ってね。
何度イッても、何度イッても、必ず言うの。
もう満足しても、頭の中にずぅっとその言葉がこびりついて離れないようにね。
(振動は徐々に大きくなり、フィオナに容赦のない快楽を与え続ける)

とりあえず、3時間。
イキッぱなし天国にいっちゃおっか。フィオナ。

371 :フィオナ・グレーデン ◆TMKc0cGrUE :2010/06/07(月) 00:46:17 ID:???
>>370
お願い、イカせてぇ…イカせて、イカせてイカせてぇ!
(思考は快楽で染まり、絶頂することしか頭になく)
(今のフィオナならイカせてもらう為なら、どんな命令にも従いそうで)

(針が振動を始めてすぐに絶頂して)
ティス様、イカせてくれてありがとうございます。
フィオナはティス様に永遠の忠誠を誓います
ティス様、イカせてくれてありがとうございます。
フィオナはティス様に永遠の忠誠を誓います
ティス様、イカせてくれてありがとうございます。
フィオナはティス様に永遠の忠誠を誓います
ティス様、イカせてくれてありがとうございます。
フィオナはティス様に永遠の忠誠を誓います
ティス様、イカせてくれてありがとうございます。
フィオナはティス様に永遠の忠誠を誓います
(ティスに命じられた通り、絶頂する度に感謝と忠誠の言葉を繰り返す)
(絶頂により真っ白になった頭が自身の言葉で埋め尽くされていき)
(ティスへの感謝と忠誠で満たされるに従って、ティスの忠実な下僕に生まれ変わっていく)

ティス…しゃま、イカせれくれてありがとうございましゅぅ。
フィオナはぁ…ティス様に永遠の忠誠を誓います
(やがて呂律も回らなくなり、白目を向いて身体を痙攣させ涎を足らず)
(アへ顔を去らしながらそれでめ言葉を発するころには)
(ティスが何よりも大切な存在になっており)
(三時間が経過する頃には、ティスは神にも等しい存在になっていた)

372 :ティス ◆oscgtlJ5oI :2010/06/07(月) 00:58:27 ID:???
>>371
(3時間経過後――)
もう、そろそろいいかな。
たっぷりイケて嬉しかったかな、フィオナ?
(針の振動を止めるとゆっくりと引き抜く)

フィオナ、今のあんたは私に対する感謝の念でいっぱい。
もう、その感謝の気持ち以上に重要な感情はあんたの中には生まれない。
あんたは身も心もあたしに捧げたくって仕方ない。
そうだよね、フィオナ?
(涙と涎でベタベタになった顔を舐めて綺麗にしてやる)

さぁ、フィオナ。
あんたは何で、私はあんたの何?
(今のフィオナは先程ほど絶頂を求めてはいないはず)
(逆に言えば、今ここでの返答はフィオナの心に刻まれてしまったティスの言葉そのものとなる)


373 :フィオナ・グレーデン ◆TMKc0cGrUE :2010/06/07(月) 01:09:54 ID:???
>>372
はぁ…はぁ…はぁ…
(絶頂の余韻から、ビクッビクッと身体を跳ねさせて)
(ティスの言葉がフィオナの心に焼き付けられて)
(相変わらずのだらしのない表情はティスから、自分がどんな存在かと聞かれ一変)
(幼さの残っていた相貌には、妖しい色香が宿り)
(クスリと笑うとティスの足元に跪く)

はい、ティス様。
私はティス様の命令なら、どんなことでもする奴隷です。
淫乱で変態のマゾ奴隷です。
そして、ティス様は私のご主人様。
ティス様の命令に従うことは、何よりの幸せです。
どうか、私のような屑で良ければ使ってやってくださいませ。
(跪いたまま頭を垂れ、一度も言葉に詰まることなく)
(忠誠の言葉を口にした)

374 :ティス ◆oscgtlJ5oI :2010/06/07(月) 01:39:45 ID:???
>>373
(言いよどむことなく忠誠を誓うフィオナに満足げに微笑むと)
ようやく素直になれたね、フィオナ。
それじゃ、早速命令に従ってもらっちゃおっかな。
…はい。これ。
(フィオナの前に投げ出されたのは、極太のバイブ)
(しかも、ただ太いだけではなく、所々が隆起し、ごつごつとした異彩を放つ)

フィオナ、あんた、処女だったっけ?
捧げたい相手もいたんだよね。でも、それはもう意味がないこと。
あんたはこのバイブに処女を捧げるの。
無機物が相手なんて、ペットに相応しいと思わない?
(フィオナの頬を撫でながら)

上手く入れられたら、そこらへんに飛び散ってる愛液とか、全部綺麗にしてね。
ただ舐め取るだけでいいよ。
(酷薄な笑みを浮かべ、フィオナを見下ろしながら)

375 :ティス ◆oscgtlJ5oI :2010/06/07(月) 02:24:44 ID:???
【寝ちゃったかな?】
【私も寝るね。続きをもししてくれるなら、伝言板によろしく】

376 : ◆WAVpf9VaNI :2010/06/08(火) 12:13:59 ID:???
>>222で募集してみます】

377 :名無しさん@ピンキー:2010/06/08(火) 12:41:57 ID:???
>>376
【キャラの候補は?】

378 : ◆WAVpf9VaNI :2010/06/08(火) 12:47:45 ID:???
【そうですねー…アリアンロッド・リプレイ・レジェンドや、ギャラクシーエンジェルや、らき☆すたとかでしょうか?】

379 : ◆WAVpf9VaNI :2010/06/08(火) 14:10:17 ID:???
【うーん…居なくなったのでしょうか?】

380 :名無しさん@ピンキー:2010/06/08(火) 14:33:31 ID:???
【うーん、落ちる事にしますね】

381 :三千院ナギ ◆lPDhFl1pDg :2010/06/08(火) 22:16:08 ID:???
【ヒナギクと一緒にスレを借りるぞ!】

382 :桂ヒナギク ◆zEWvFkT0GQ :2010/06/08(火) 22:19:49 ID:???
【ふむ…1000は私がゲットしちゃったみたいね。駄目元だったんだけどなー】

【私からも、ご挨拶を】
【三千院ナギ◆lPDhFl1pDg と一緒にスレッドをお借りします】

【ひょんな出会いからのお付き合いだけど、よろしくね。ナギ】

383 :三千院ナギ ◆lPDhFl1pDg :2010/06/08(火) 22:25:11 ID:???
【うむ、私こそよろしくなのだ、ヒナギク!】
【それでは、私からだったのでレスを投下するぞ!】

384 :三千院ナギ ◆lPDhFl1pDg :2010/06/08(火) 22:25:24 ID:???
>>278
う、ん……わたしは、いい子だ……。
ん、ふゅ……ふぁぁっ……。
(優しく髪を撫でられながら、耳たぶを甘噛みされれば)
(くすぐったそうに胸へともたれかかりながらも、喘ぎめいた息を漏らす)

ずっときもちいい……だから、さからわない……。
うん……わかった……。
(服の上から身体をまさぐられても、それを拒否する事はなく)
(ただ、僅かにぴくっと震えるだけで、虚ろな瞳を彷徨わせたまま)
(まだ硬くなっていない乳首に触れられれば、目元を僅かに赤く染める)
うん……おねがい、聞くぞ……なんでも、聞く……。

385 :桂ヒナギク ◆zEWvFkT0GQ :2010/06/08(火) 22:43:31 ID:???
>>384
そう…いい子。
三千院ナギは、とても良い子な、桂ヒナギクの奴隷お嬢様…
(満足そうに微笑むと、あまり存在感のない胸でナギの顔を優しく包み髪を梳く)
あら…この位でこんなえっちな声を出すなんて、ただの奴隷お嬢様じゃないわね。
私よりもずっと年下なのに…いやらしさでも飛び級ね?
飛び級のインラン奴隷お嬢様よ…あむっ…
(優しく耳元に囁きかけながら、喘ぐ声の挙がる箇所をピンポイントに甘噛みし、時折舌で撫で回す)


(催眠状態でも恥じらいに染まる頬。それを確かめると、その様子が可愛らしく感じられて)
(探り当てた乳首を軽く摘み、軽くクリクリと捻る)
ふふ…可愛いナギ。むね…おっぱいは、気持ち良い?

じゃあ、お願い。あなたの執事…綾崎くん…ハヤテ君を私に頂戴?
ご主人様のお願いなら、何でも聞けるわよね…?
(心のどこかで何処かでナギを試す気持ちなのか)
(幾らか鋭くなった視線を濁った瞳に向けながら言う)


【はい。ナギからのレスポンス頂きました】
【ノリと欲望で突き進んでしまっていたから、今更ながらに聞いておこうと思うけど】
【このままの流れでいいのかしら。何かご希望があれば】
【私の出来る範囲で叶えてあげたいの】

386 :三千院ナギ ◆lPDhFl1pDg :2010/06/08(火) 22:58:13 ID:???
>>385
うん……わたしはいい子で……ヒナギクのどれーだぞ……。
ふぁ……だって……なんか、くすぐったくて……ひぅっ。
(探るように耳を唇で嬲られ、舌を這わせられると)
(くすぐったいのか、それ以外の感覚なのか、時折身を震わせて可愛らしい声をあげる)

あ、んぅっ……よく、わかんない、ぞ……。
あんまし、さわったこともなかったし……。
(そう言いながらも、乳首を弄られれば、耳の時よりも強く反応し)
(むずがるように身をよじって)

お願い……ハヤテを……ヒナギクに……。
うん…………。
(わかった、そう口が開きかけて、その動きが止まる)
(しばらく、口がパクパクと開閉した後、囁くような声音で、だがはっきりと)
…………やだ…………。

【む?……特にないな!】
【なぜならば、私も深くは考えてないからだー!】
【まぁ、そういうわけだから私はヒナギクの好きにしていいぞ!】

387 :桂ヒナギク ◆zEWvFkT0GQ :2010/06/08(火) 23:17:23 ID:???
>>386
くすぐったいだけ…?
もっと別の感覚…例えば、この辺りがムズムズしたり…
(と、いきなり不躾にナギの股間に手を這わせて局部をぎゅっと押し)
(押し付けた指をゆっくり上下に擦り付ける)
背中がビクビクッってきたりしない…?
(囁きながら、髪を梳く手を背中に滑らせ人差し指でつぃっ…と背筋を擽る)
それ、ナギが気持ちいいからなのよ?

……じゃ、じゃあ。
(身をよじる相手を拘束するように強く抱きとめて)
(「……何か私、女の子相手にすごいドキドキしてるんですけど。もう、こんな事しなくても言うこと聞かせられるような…」)
(「…これが背徳感…悪の心の誘惑ってものなのかしら」)
(などと思いながらも、密着したままナギの声と体を感じていれば徐々に気が高ぶり)
私が、解るまで触っててあげるわね。
ナギがおっぱいの先で感じちゃうえっちな子だって解るまで。
(摘んだり、引っ張ったり、弾いたり)
(ナギを喘ぐ楽器に見立てて乳首をいじめ続ける。揉めそうにない乳房は軽く撫ぜるだけ)

……そう、お願い。何でも聞くって言ったよね?
(わかった、と続けばそこでお仕舞い。その言葉だけを覚えたまま、薬の効果を切らして)
(元に戻ってもらうだけのはずだった…のに)
……なんで?
ハヤテ君はピンチのナギを助けに来てくれなかったのに?
ご主人様の命令なのに?
(愛撫も忘れて聞き返す)


【…ナギ。もう少し頭を使わないと早くボケるわよ】
【まあ、いいわ。そういうことならこの桂ヒナギク、好きにやらせてもらう!】
【んだからね】



388 :三千院ナギ ◆lPDhFl1pDg :2010/06/08(火) 23:32:06 ID:???
>>387
え……きゃぅぅぅっ!?
んあ……ひゃっ……ん、ぅぅ……そこ、そこはぁ……っ!
(いきなり布地越しに股間に指を押し込まれれば、二周りは大きい声をあげて)
(背筋を反らせ、上下に擦られるたびにビクビクっと震えてしまう)
(背筋をなぞられると、限界まで仰け反った後にぐったりと脱力し)
(虚ろな瞳の目尻に涙をためながら、切なげな声で)
これが……きもちいい……?
うん……わかった……きもちいい……。

ひゃぅっ、んふっ、あ、ら、めぇ……!
おっぱい……おっぱい、きもひいい……っ。
さわってもらうの、す、きぃ……っ!
(逃れられないようにしっかりと抱かれながら、執拗に先端を苛められれば)
(頬は紅潮し、ヒナギクの指には硬くしこった乳首の感触がしっかりと伝わって)
(幼い性感を開発されて、甘い喘ぎをあげていくようになっていく)

あ……。
(今のナギに明確な自我はない。ゆえに、無意識の拒否を説明できず)
(ただ、フリーズした機械のように、光を宿さぬ視線をヒナギクに向けて)
……だって……私は……ハヤテがいないと生きていけないんだ……。
ハヤテがいなくちゃ……しんじゃう……!
(平坦な口調に、どこか必死の色が混じる。それは思い込みに近い、絶対的な信頼)
(今のヒナギクの支配の及ばない無意識にまで、彼への信頼はしっかりと根付いていて)

389 :桂ヒナギク ◆zEWvFkT0GQ :2010/06/08(火) 23:58:16 ID:???
>>388
ならそれは、昨日までのナギよ。
今日からは…私のモノになったナギにはハヤテ君は必要ないの。
だってナギには、ハヤテ君が教えてなくれなかったこと……私が教えてあげた、気持ちいいことがあるんだから!!
(侵し切れないナギの意識に、何故か苛立つ)
(最初に襲い掛かったときの病んだ気持ち、狂気がまた自分の中で頭をもたげてくる)
ほら!
さっき覚えたじゃない…この!おっぱいで覚えた気持ち良いこと!
股間で…おまんこで覚えた気持ち良いことがあるから!
ハヤテ君がいなくても、ナギには私がいるの!
私と一緒に気持ち良いことに浸りきれば、何も考えないで気持ち良いことだけ貪っていれば、
死なないんだからぁ!

(苛立つままに声を荒げながら、再びナギの体を荒々しく弄ぶ)
(服越しなんてまどろっこしいことはもうしない…毟るように服を巻捲くり上げ)
(先ほど教えた快楽を、もっと深く、強く繰り返し学ばせていく)

あぁ、そっか…
私もナギにとって、絶対的な何かを手に入れればいいのかな…ぁ
たとえば…ナギの、女の子を奪ってみる…とか…
(ぼうっと呟き、視線がナギの秘所に移る)
(指を押し付けながら穢れを知らない部位を指先で弄くり、押し入るように何度か押す)
ねえ、ナギ…
別なお願い、しよっか…私にナギを…ちょうだい…?
ナギの特別な人にして頂戴…

――そしたらハヤテ君のことなんて、忘れられるよね…?――

390 :桂ヒナギク ◆zEWvFkT0GQ :2010/06/09(水) 00:03:49 ID:???
【と…日が変わってしまったわね】
【レスが遅くてごめんね、ナギ】
【時間は大丈夫?】



391 :三千院ナギ ◆lPDhFl1pDg :2010/06/09(水) 00:14:12 ID:???
>>388
……や、だ……やだぁ……ひゃぅっ。
あんっ、んぅ……きもちいい……っ。
おっぱい、きもちいい……おまんこも、きもちいい……。
はぁっ、んぅっ、あはぁ……っ!
や、つよ……おか、おかしく、なるぅ……!
(苛立ちで語気の荒くなったヒナギクの様子にも、怯えた反応はない)
(服を捲くられても抵抗する様子はなく、下着を剥がれて胸と秘所を露わにしても隠す様子もない)
(先程よりも強めの愛撫を受ければ、快楽に目覚め始めた身体は従順な反応を示す)
(それは、ヒナギクの思い通りになる催眠人形にしか過ぎなくて)

はぁ……ん……♪
(度重なる愛撫で、ぴったりと閉じていた秘所は僅かにほころび)
(とろとろと愛液を漏らしていて、指が出し入れされれば、卑猥な水音を立てる)
私を……?
うん……わかった……私を……ヒナギクにあげる、ぞ……。
(快楽に惚けたように唇の端から涎を零し、息を荒げながら)
(意味も分からぬまま、ヒナギクの言葉にこくりと頷く)
(それは、自らを改変する儀式への同意書にサインをする事と同じで)

392 :三千院ナギ ◆lPDhFl1pDg :2010/06/09(水) 00:22:35 ID:???
【む、確かに結構遅くなってしまったな!】
【そうだな、それじゃあ今日はヒナギクのレスをもらったら、またとうけつにするか?】

393 :桂ヒナギク ◆zEWvFkT0GQ :2010/06/09(水) 00:37:41 ID:???
>>391
なんで、…こんなに…っ素…直で、可愛い…!のに…ぃ、
思い通りになってるのに…、ハヤテ君のことだけは逆らうの…?
それじゃあ全然…いい子じゃ、ない…っわよナギ…ぃ…
(弄ばれて快楽に乱れる様を見れば満足になる)
(でも、ここでまたハヤテ君が欲しいと言えば拒まれるだろう)
(不思議とそれが解り、ナギの火照った体も空々しく感じた)
そう!そうよ…おかしくなっちゃいなさい…
ハヤテ君への想いも思い出も全部忘れてまっさらに…私の玩具に…人形になりなさい!!

はぁ、はぁ…はぁ…
(気がつけば激しく甚振る様にナギを弄繰り回していた)
(次の願いを素直に受け入れる言葉を聞くと、口の端を歪ませて笑う)
ふふっ…ふふふっ、やっぱりハヤテ君は特別なんだ…
自分はこんなに素直に差し出しちゃうのに…ナギ…
(それがナギを根底から変える行為になるのかなんて、自分には解らない)
(汗ではないとはっきり解る、ナギの蜜に濡れた指をほぐれかけた幼い秘所から引き抜けば)

……ありがとう、ナギ。あなたは私のもの。
昨日までの自分にサヨナラをして…私のナギに生まれ変わるのよ?
ナギにとって、私が全て。
ナギには私がいればそれで良い。
今までの大切な人は、もう忘れたの。
今日これからは…ナギにとっていちばん大切な私がいないと、ナギは死んじゃうの。

だって、ナギの初めての人は…私。桂ヒナギクなんだから――
(頷くナギを、M字に足を開かせて座るように言いつけ)
(それが済めば自らは屈み込んで押さない女陰に顔を寄せ、舌で舐める)
(ぴちゃぴちゃと大きく音を立てながら、ナギの花びらを優しく解きほぐし)
(蜜を啜りあげ、内側を嘗め回す)

(十分解れるまでの優しい愛撫を済ませれば、三千院ナギという高嶺の花を散らすために)
(指を立てて、幼い膣穴にあてがう)
……ナギぃ…? ――行くわよ……?――

394 :桂ヒナギク ◆zEWvFkT0GQ :2010/06/09(水) 00:40:06 ID:???
【…凍結してくれるんだ】

【ありがとう。私、所々狂ってて心配だったんだけど】
【正直、こんな私でごめん】


395 :三千院ナギ ◆lPDhFl1pDg :2010/06/09(水) 00:44:22 ID:???
【何を言ってるのだ? ヒナギクがヤンデレなのは来た時から一目瞭然だったぞ!】
【そもそも、終わってないのにここで終わったら、私が欲求不満だろうがー!】
【ともかく! 次か次の次くらいで終わるように頑張るのだぞ!】
【じゃあ、次だけど……えーと、今週だと木曜日、来週なら月曜か火曜が私は空いてるぞ!】

396 :桂ヒナギク ◆zEWvFkT0GQ :2010/06/09(水) 00:49:36 ID:???
【あははははははは!そうだよね?よね?ナギちゃんかぁいいおもちか(ピー)】
【三千院&桂先生の作品ご愛読ありがとうございました、次回作に…って流れもあるかも知れなくてよ?】
【まあ、そういう性質の悪い冗談は置いていて… ありがと】

【ごめんね、何度も凍結なんて。今回で〆るつもりだったのになぁ…】
【ええと、それじゃまた来週の火曜が良いかも。時間は…同じで良いのかな】

397 :三千院ナギ ◆lPDhFl1pDg :2010/06/09(水) 00:53:30 ID:???
【おい、混じってる。今凄い混じってるぞ】
【そんなソードマスター的な完結は断固拒否!私はNo!と言ってやるのが大好きなのだ!】

【まぁ、あれだ。休載挟みながらも頑張って連載続けてる作家もいるんだ、くじけちゃダメだぞ】
【うむ! では、来週の火曜日、同じ時間に伝言板でだな!】
【それじゃあ、今日は私が先に落ちるぞー。おやすみなさいだ、ヒナギク】

【スレを返すぞ!】

398 :桂ヒナギク ◆zEWvFkT0GQ :2010/06/09(水) 01:00:09 ID:???
【…私はつくづく思うのだ。このナギに出会えてよかったと――】

【その作家さんがいっぱいいすぎて特定できない気もするけど、まあいっか!】
【今日はとても楽しく病めました…ありがとうございます。 おやすみ、またね…ナギ】

【私もスレッドをお返しします。ありがとうございました】

399 : ◆WAVpf9VaNI :2010/06/11(金) 10:58:09 ID:???
>>222で募集してみます。】

400 : ◆WAVpf9VaNI :2010/06/11(金) 12:32:50 ID:???
【募集を終了しますね】

401 :ティス ◆yHI8QkbUEU :2010/06/11(金) 23:42:37 ID:???
【う…書き込みは観てたんだけど、こっちが中々こられなかったや】
【まぁいいや、しばらく待ってみよっと】

402 : ◆WAVpf9VaNI :2010/06/12(土) 14:03:31 ID:???
>>222の内容で募集をします】

403 :名無しさん@ピンキー:2010/06/12(土) 14:04:38 ID:???
どんなキャラ出来る?

404 : ◆WAVpf9VaNI :2010/06/12(土) 14:06:58 ID:???
【ええっと、>>378が候補ですね。】

405 :名無しさん@ピンキー:2010/06/12(土) 14:11:02 ID:???
女の子同士ってことはそう言う寄生生物の女性になれってこと?

406 : ◆WAVpf9VaNI :2010/06/12(土) 14:13:26 ID:???
【「〜使い」の女性でも問題は無いですよ】

407 :名無しさん@ピンキー:2010/06/12(土) 14:15:23 ID:???
なるほど。
ごめんなさい、用事が出来たので落ちます。

408 : ◆WAVpf9VaNI :2010/06/12(土) 14:16:51 ID:???
【了解しました。
用事を大切にして下さい。】

409 : ◆WAVpf9VaNI :2010/06/12(土) 16:41:19 ID:???
【募集をしますね】

410 : ◆WAVpf9VaNI :2010/06/12(土) 16:42:38 ID:???
【間違えました…募集を終了させてもらいますね】
【スレをお返しします】

411 :名無しさん@ピンキー:2010/06/12(土) 16:48:28 ID:???
GAならいけそうだったんだが、落ちたのか

412 :リューネ・ゾルダーク ◆nSIj9dk1NQ :2010/06/12(土) 20:32:30 ID:???
【待機するよ】
【サフィーネとか、彼女に洗脳された仲間とかに、洗脳されたいな】

413 :プレシア・ゼノサキス ◆2j8MlGxb5XqT :2010/06/12(土) 23:46:27 ID:???
【リューネお姉ちゃんはまだ待機してるのっかな?】
【もし待機していないのなら待機、させてもらおう、かな?】

414 :プレシア・ゼノサキス ◆2j8MlGxb5XqT :2010/06/13(日) 00:32:20 ID:???
【待機、解除しまーす】

415 : ◆kFAX/aKX4s :2010/06/14(月) 11:17:46 ID:???
>>222のシチュで募集してみます】

416 : ◆kFAX/aKX4s :2010/06/14(月) 12:41:29 ID:???
【後、キャラは、エターナルメロディーやギャラクシーエンジェル、ドラゴンクエスト、ハルヒのみくる等も……】

417 :名無しさん@ピンキー:2010/06/14(月) 12:46:07 ID:???
ハルヒの朝倉さんとかは?

418 : ◆kFAX/aKX4s :2010/06/14(月) 14:52:15 ID:???
>>417
【ごめん、それ無理】
【すいません…見落としていました。】
【朝倉さんは表現し辛いので】
【ではスレをお返しします】

419 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/06/14(月) 22:45:40 ID:???
前に話しかけてくれたルイと連絡がとれなくなっちゃったから
また>>2で待機してみるね。

420 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/06/14(月) 23:48:04 ID:???
今夜は落ちるね。

421 : ◆kFAX/aKX4s :2010/06/15(火) 12:44:24 ID:???
>>222のシチュで三十分くらい待機します】

422 : ◆kFAX/aKX4s :2010/06/15(火) 13:35:50 ID:???
【募集を終わらせて頂きます】
【スレッドをお返しします】

423 :桂ヒナギク ◆zEWvFkT0GQ :2010/06/15(火) 22:07:51 ID:???
【三千院ナギ ◆lPDhFl1pDg と、続きのためにスレッドをお借りします】

424 :三千院ナギ ◆lPDhFl1pDg :2010/06/15(火) 22:13:16 ID:???
【ヒナギクと一緒にスレを借りるぞ!】

>>423
【えーと、今日は私からだったな】
【準備してくるから、ちょっと待ってるのだ!】

425 :桂ヒナギク ◆zEWvFkT0GQ :2010/06/15(火) 22:15:18 ID:???
>>424
いってらっしゃ〜い…はぁ…

(体育座りで地面にのの字書きまくりつつ)
……変化球より直球のほうがいいんだもん……



426 :三千院ナギ ◆lPDhFl1pDg :2010/06/15(火) 22:29:11 ID:???
>>393
ふぁっ、んぁぁぁっ♪
すご、いぃ……おかひくなる、おかしくなっちゃうぅぅっ!
ぜんぶ、わしゅれてぇ……まっひろに……。
ごしゅじんさまのおもちゃに……人形になっちゃうぅ……っ♪
(嬲るように執拗に身体を弄られれば、不慣れな快楽が脳の許容量を超えたのか)
(焦点が合わない瞳を彷徨わせながら、身体を仰け反らせて)
(ヒナギクの独白を浅い呼吸を繰り返しながら聞き、指が引き抜かれれば甘い声をあげる)
んぁっ……。

うん……私はヒナギクのもの……。
わたしは……ひなぎくのにうまれかわる……。
今日からは……ひなぎくがいれば……ひなぎくが一番大切な、ごしゅじんさま……。
(耳に注がれる言葉を虚ろな瞳のまま繰り返せば、快楽と共に無意識から変化が起き始めて)

うん……こうか……?
(羞恥心が薄い為か、それともそういう行為を知識だけでは知っているのか)
(指示された通りのポーズをスムーズにとる)
(肉付きも薄く、体格もよくない彼女がとる卑猥なポーズはどこか背徳的で)

あ、あああ……っ!?
ふぁっ、それ、すご、い……ぬめっとしたのが入ってきて……っ!
私の、なかぁ……ぐちゅってかきまわされるぅっ!
さ、さっきよりも、もっと、すご、しゅごいぃぃぃ……っ♪
(舌奉仕によるあまりの快楽に筋肉が緩んだのか、ちょろちょろと尿道から黄色の液体が漏れて)
(次の瞬間、勢いよくじょぼじょぼと排尿を始めると、身体も心も完全に緩みきり)
(意味を理解できないまま、ほぐれきった膣口に指をあてられれば、こくりと頷く)
うん……いいぞ、ひなぎく……。

427 :桂ヒナギク ◆zEWvFkT0GQ :2010/06/15(火) 22:51:34 ID:???
>>426
かき回すだけじゃないのよ…?
ナギは耳年増だから、こんな風に、ここを触ったことも、触られた事もないでしょう…?
私は、あるんだぁ…大事な人を想いながら…何回も、何回も…ぉ♥
(宛がった指で、一気にナギを貫いてやろうと思ったが)
(小水まで漏らして感じまくる私だけの玩具に、色事に初心な少女の妖しい色香に酔わされたか)
(小水と蜜にまみれた指先で、少しだけ指を突きこんで入り口を擽る様に引っかき)
ふふふっ…頭の中まで痺れちゃいなさい…!
(愛撫に解れた花弁から覗いているであろう肉の芽に、舌を押し付け嘗め回し、ちゅうちゅうと唇で啄ばんだ)
さあ、ナギ…ナギっ!
今さっき覚えた大切な人を想いながら、何度も何度も想いながら、

      ―――二度と戻れないよう壊れてしまえ…っ!―――

(執拗に、何度も何度もナギを弄び、反応を楽しんで)
(壊れているのはどちらなのか…病的な笑い声をあげながら)
(おもむろに指を勢いよく突き上げ、ナギの一生に一度の大切なモノを奪い取る)

あはははははっ!ナギぃ… マリアさんかクラウスさんに、お赤飯炊いて貰わなくちゃねえ…?

428 :三千院ナギ ◆lPDhFl1pDg :2010/06/15(火) 23:09:30 ID:???
>>427
ふあぁっ、ふわぁぁぁっ、ん、は、おおおぁぁぁぁぁぁぁっ♪
しびれっ、あたま、しびれて、おかしくぅっ!!
あ、きつ、あ、か……んはっ、あ、ひー、はぁっ……!
そこ、くりとり、すぅっ♪
だめ、らめ、もうらめぇっ!
ひなぎく、ひなぎくぅっ♪
もうだめ、きもちいいのだめぇっ、らめらめぇっ♪
いやっ、いいっ、あ、らめ、ひなぎくっ、ひなぎくぅぅっ♪
(ちいさいながらもしっかりと充血したクリトリスに吸い付かれれば、弾みで皮が剥け)
(何度も舌で嘗め回し、ついばまれれば、愛液はとろとろに分泌されていく)
(頭も腰もとろけきって、壊れてしまいそうな快楽の中で、助けを求めるように誰かの名前を呼ぼうとするが)
(口をついて出るのは、自分の股座で笑いを上げる主人の名前だけで)

あぎい、あぐ……いぎっ……うああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!
(快楽に蕩けきっていても、なお処女膜を貫かれる痛みは言語を絶していた)
(辺り一帯に響き渡るような声で叫びながら、ピンと身体を伸ばして)
(助けを求めるように、『大切な人』を繰り返し、繰り返し頭にイメージする)
(しばらくすれば、その痛みは和らいでいき、変わりに快楽へと置換されていって)
(目尻から涙を零したまま、絶叫を上げた口はだらしなく開いて)
(まるで心は何も感じていないかのように、ヒナギクの手の動きにだけ反応する人形と化した)

429 :桂ヒナギク ◆zEWvFkT0GQ :2010/06/15(火) 23:29:44 ID:???
>>428
うん、うん…♪
よく知ってるじゃない。ここは、クリトリス…女の子の一番敏感なところ…♥
うふふっ…あははははっ!良いか悪いかハッキリしましょうねー、ナギ?
良いに決まってるんでしょうけどー♪
(先ほどの拒絶から思えば、今目の前でよがりくるって痴態を晒す)
(自分の名前しか呼ばないナギが心底可愛く思える)
(本当は誰を呼ぼうとしているのか、誰を呼びたいのか)
(そんなのは知らない…いいえ考えたくない考えない)

うん、うん♪
私はここにいるわ…ナギの大事なご主人様はー、ちゃんとー、こ・こ・に♪
(だから何も考えず、目の前のナギだけを受け入れて)
(優しくナギの手をとってしっかりと握ってあげた)

(…次の瞬間)

(ぎちぎちとナギの中にある指を締め付ける強い力)
(指から手を伝う、赤白いナギの体液と、耳に刺さる絶叫)
(――三千院ナギは、最後に誰を想ったのだろう――)
(目じりの涙と本当に虚ろになってしまった表情を目にして、考えた)
そんなの…私に決まってるじゃない。そうじゃなきゃ駄目なんだから。ねぇ、ナギ?
もう一度お願いしても良いかしら…?
(薄い、冷たい笑いを浮かべると自らが造り上げた人形の耳元に唇を寄せ、そっと囁く)
ナギ…お願い。あなたの執事…綾崎くん…ハヤテ君を私に頂戴?

    ――ご主人様のお願いなら、何でも聞けるわよね…?――

430 :三千院ナギ ◆lPDhFl1pDg :2010/06/15(火) 23:39:27 ID:???
>>429
あ……ぁ……ごしゅじんさまぁ……っ!
(手を握られれば、反射的に強くつかんでしまう)
(その相手は、本当に望んだ相手ではないが、今のナギには本当に大切な人にしか思えず)
(いかに強固で強い思い込みも、体験したことのない快感と経験でどろどろにされてしまえば)
(後はただ、強く、強く依存を刷り込まれていくだけで)

…………はい……人形の私は、ご主人様の命令は、なんでも聞きます……。
だから、ハヤテはあげる……ごしゅじんさまに、あげます……。
(僅かに空いた間は、無意識の最後の抵抗か、それとも思考が鈍くなった為か)
(しかし、本人にしか理由の分からないその間は、ほんの二呼吸程度で)
(能面のような表情のまま、ヒナギクの言葉にこくりと頷き)
(大切だった人を、大切な人に明け渡す事を承諾する)

431 :桂ヒナギク ◆zEWvFkT0GQ :2010/06/16(水) 00:01:37 ID:???
>>430
……良い子ね
(まるで姉が妹に見せるように優しく微笑みかけながら)
(手を握り返し、汗と雌の匂いに包まれた人形を抱きしめる)
(幼い頃、自分が姉にそうされたように)
(髪を撫でながら頬にそっと口付け、優しい暖かな姿をナギの中に刷り込んでいく)

(――もっとも、今のお姉ちゃんにはそんな姿…見る影もないけどね――)
(独り心で呟きながら)

うん、やっと解ってもらえたみたいね。
あなたにとって、一番大事な人が誰なのか…良い子に生まれ変わったわ、ナギ。
そういうナギは大好きよ?
(元からすれば生気がうせたようにしか見えない相手に微笑みかけると、もう一度抱きしめる)

……じゃあ、早速お屋敷に帰って今自分が言ったことを実行して頂戴?
ちゃんとできたら、また明日…ううん、これからずっと…ナギの大好きな、
とっても気持ちいいことを、ご褒美にしてあげるからね?

――ナギの一番大切な、あなたの初めての人になった私…ご主人様の、桂ヒナギクがね――



【って感じで、こちらは〆で良いのかしら】
【……ごめんねナギ。罪悪感でいっぱいよ、こんな私に誰がした……!】

432 :三千院ナギ ◆lPDhFl1pDg :2010/06/16(水) 00:06:35 ID:???
【うむ、お疲れ様なのだ!】
【ここで区切った方が物語的に美しそうだし、ヒナギクので締めの方が良さそうだな!】

【それに、この後帰って私がこんな事言い出したら、100%怪しまれるだろうしなぁ……】
【上から(ハヤテが)来るぞ、気をつけろ!】
【でもまぁ、私も楽しかったぞ! だから、ヒナギクも気に病まずに楽しんだって事にしておけ!】

433 :桂ヒナギク ◆zEWvFkT0GQ :2010/06/16(水) 00:18:48 ID:???
【ああ良かった、今日きちんと終わらせられて】
【美しい、の?…まあ、うん、そっか、わかったわ!】

【というか、100%正気に見えないと思います】
【MCの道具から展開から、我ながら超gdgdgdgd… ほんとうにお付き合いいただいて嬉しかったわ。ありがとうね、ナギ】
【じゃあ、せっかくだから私はこの赤い扉を選ぶわね】
【――っていうか、私このあとハヤテ君に色々されちゃって明日の夜明けが見られないと思うわ】

【私はとても楽しかったです。…また、機会があったら遊んでね】
【今度は綾崎ハーマイオニーたんで百合な感じでいくからッッッッ!!1111】

【長いお時間のお付き合い、ありがとうございました】
【多謝と愛を込めて。――またの機会がありますように!】

434 :三千院ナギ ◆lPDhFl1pDg :2010/06/16(水) 00:24:45 ID:???
【……言われてみると、自信がなくなってきたな】
【まぁ、とにかく最後までできて私も大満足だぞ!】

【後の事は気にしない! 若さとは振り向かないことなのだ!】
【って、ちょっと待てヒナギク、お前、一体どこに行くつもりなのだー!?】

【私の方こそ、最後まで付き合ってくれてありがとうなのだ!】
【楽しい時間に礼を言うぞ。ああ、また機会があればな】

【それじゃあ、スレを借りたのにも感謝して、さよならだ!】

435 :桂ヒナギク ◆zEWvFkT0GQ :2010/06/16(水) 00:30:02 ID:???
【行ける所まで行くだけさ…!この長い(ピー)をよ…!】
【返さずにはいられない…何故なのかしら…】

【ほんと、楽しかった。――でもそれって、いつか終わりがあるからなのかもね】
【ありがとうナギ、おやすみなさい!】

【私からもスレッドをお返しします。長々とお邪魔させて頂き、ありがとうございました】

436 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆bWaqUPltOQ :2010/06/16(水) 01:46:52 ID:???
待機してみるね。

437 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/06/16(水) 21:57:37 ID:???
また>>2で待機してみるね。

438 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/06/16(水) 23:46:32 ID:???
そろそろ落ちるね。長々とお借りしました!

439 :アグリアス ◆h4EN2wGYi2NS :2010/06/18(金) 07:18:06 ID:???
【待機させて貰う】
【何せ、あまりメジャーな作品ではないので、相手は作品外あるいはオリジナルでいい】
【具体的な希望としては、人外のモンスターに洗脳調教され、魔物化したり、
 敵軍に捕えられ……と言った展開が好ましい】

【10時ぐらいまで待機させて貰おう】

440 :アグリアス ◆h4EN2wGYi2NS :2010/06/18(金) 10:47:13 ID:???
【一度落ちさせてもらおう】

441 :アグリアス ◆h4EN2wGYi2NS :2010/06/18(金) 16:55:47 ID:???
【もう一度>>439で待機させてもらおう】

442 :名無しさん@ピンキー:2010/06/19(土) 14:22:51 ID:???
>>222のシチュエーションで…
希望の作品をいくつか提示して貰えるとすり合わせが楽になるかと】

443 : ◆kFAX/aKX4s :2010/06/19(土) 18:53:49 ID:???
【募集を終了させてもらいますね】

444 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/06/19(土) 21:41:31 ID:???
また>>2で待機してみるね。

445 :中野梓 ◆liv.Ylq.Vk :2010/06/20(日) 05:44:07 ID:???
私を洗脳して、アへ顔晒してイキまくる
変態雌奴隷にする澪先輩

446 :西沢歩 ◆0jh5kQhfUA :2010/06/21(月) 21:29:37 ID:???
ハムスターなナギちゃん!

447 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/21(月) 22:43:17 ID:???
目が合ったそれを、さくらは何であるか認識しかねていた。
しかし、逃れようのない現実が目の前に転がる4つの生首の形を伴って現れる。
「いや…いやあああああああああああああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!」
悪夢から逃れようとするようにさくらは髪を振り乱して絶叫した。
グラキはそっと囁く。
「みんな…わたしの所為で…死んだ……」
そう、4人の仲間はさくらを助けようとして死んだ。グラキが殺した。この、邪悪竜が、みんなを。
さくらの眼に意思の光が宿る。
それを見止めたグラキはさくらの目の前にアクセルラーを落としてみせる。
乾いた音を立てて地面へ転がったそれを、さくらはむしる様な勢いで掴みあげると、その場に立ちあがった。
「邪悪竜グラキ! あなただけは…絶対に許しません!!」
いつもの様に迅速に。肩にアクセルラーをあてがい、一気にタービンを回転させる。


「ボウケンジャー! スタートアップ!!」


だが、さくらの願いは叶わなかった。さくらの身体はタービンを回したのにも関わらず、ボウケンピンクへと変身していなかった。
「な、なんで? ボ、ボウケン…ジャー……ス…タート、アッ…プ」
さくらは懸命にアクセルラーのボタンを押し、懸命にタービンを回す。
必死でタービンを回すが、さくらの姿は変わらない
「な、なんで?! ボ、ボウケン…ジャー……ス…タート、アッ…」
グラキがおかしくて仕方ないという様に指さす。アクセルラーのディスプレイは暗くブラックアウトしていた。それが、何を意味するかさくらは知っていた。
即ち、サージェスがパラレルエンジンのエネルギー供給を打ち切ったのだ。
「そんな…そんな…―!!」
仲間の死。組織の裏切り。その二つの事実に押しつぶされるようにさくらはその場に崩れた。
奇しくも、両手を地へ着いた四つん這いの恰好に。
―これで、さくらはお終いだ。
今までの様に偉そうなサブチーフから一番の下っ端へ―
グラキは囁く。さくらが詠唱する。


「みんなはわたしを助けようとして死んだ」「わたしの身体は淫売です」
「全部、わたしの所為」「わたしは罰を受ける」「わたしは仲間の仇をとれない」
「サージェスは私を見捨てた」「わたしは、自分の意思で、人を、殺した」

「わたしは、あなたの、ペット…罰を、受けます」


機械の様にうわごとの中でさくらは人間の自由と尊厳を手放していった。


448 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/06/21(月) 22:46:19 ID:???
誤爆しました。すみません…

449 :アグリアス ◆fKSuWJA0gJBJ :2010/06/22(火) 00:40:21 ID:???
>>439で1時半まで待機させて頂こう】

450 :名無しさん@ピンキー:2010/06/22(火) 14:41:17 ID:???
…1時半までか…もういないよね

451 :リューネ・ゾルダーウ ◆ABM5odHy/Q :2010/06/22(火) 16:35:20 ID:???
【待機するよ】
【サフィーネか、彼女に洗脳された仲間に洗脳されたいね】

452 :リューネ・ゾルダーウ ◆ABM5odHy/Q :2010/06/22(火) 18:33:49 ID:???
【…誰もいないみたいだね】

453 :アグリアス ◆fKSuWJA0gJBJ :2010/06/22(火) 18:45:24 ID:???
>>450
【すまない…1時半まではおきていたのだが、睡魔に襲われてダウンしていた…】
【落ち宣言が出来なくて済まなかった】

【さて、>>439で再び……20時頃まで待機してみる】

454 :アグリアス ◆fKSuWJA0gJBJ :2010/06/22(火) 18:46:40 ID:???
【と、すまない、>>452は既に落ちているのだろうか】
【もし、良ければ私が相手になるが……魔装機神は詳しくないので、
 SRW関係になってしまうが】

455 :リューネ・ゾルダーウ ◆ABM5odHy/Q :2010/06/22(火) 18:56:59 ID:???
【えっと…まだいるよ】
【SRWって言うと、例えば?】

456 :アグリアス ◆fKSuWJA0gJBJ :2010/06/22(火) 19:01:34 ID:???
【そうだな……ヴィレッタやレビ…ゼオラ、オウカ、この辺りだな】
【まあ、無理にとは言わない。好みが合わなければ意味がないからな】
【もし難しいようであれば、此処はそちらに譲る】

457 :リューネ・ゾルダーウ ◆ABM5odHy/Q :2010/06/22(火) 19:14:14 ID:???
【良かったら、相手してもらえるかな?】
【相手はレビちゃんがいいかな…】

【…あるいは、私もFFTはやったことがあるよ】
【ちょっとうろ覚えになっちゃうけど…そっちがよければ、そっちでもいいよ】

458 :アグリアス ◆fKSuWJA0gJBJ :2010/06/22(火) 19:25:45 ID:???
【そうだな……こちらは別にFFTでなくても、世界観にはあまり拘ってないので、
 そちらの出来るキャラでやって貰えればいいのだが…どちらがいいだろう?】
【そちらのやりやすい方で任せる。】

459 : ◆ABM5odHy/Q :2010/06/22(火) 19:44:05 ID:???
【それじゃ、折角だし、アグリアスさんのままで】
【私はエルムドア様の眷属に吸血鬼に変えられた少女ってところでどうかな?】

【アグリアスさんたちは近隣の村で私を保護するんだけど】
【既に吸血鬼化されていることを知らずに、夜中、一人で様子を観にきちゃって…とか】

460 :アグリアス ◆fKSuWJA0gJBJ :2010/06/22(火) 19:47:18 ID:???
【いいのか? そちらが良いのなら、その案に乗せてもらうが】
【だが、すまない。急用が出来てしまい、今日は20時半頃までしか出来なくなってしまった】
【それでもいいのであればお相手させていただこう】

461 : ◆ABM5odHy/Q :2010/06/22(火) 19:50:38 ID:???
【別に、大丈夫だよ】
【20時30分かぁ…それじゃ、今日は打ち合わせと、次の約束だけにしておく?】

462 :アグリアス ◆fKSuWJA0gJBJ :2010/06/22(火) 19:54:32 ID:???
【申し訳ないな。明後日の22時からなら空いているがどうだろうか?】

【それと具体的な要望とかはあるだろうか?】
【私としてはお前の下僕にして貰えればそれで十分なのだが】
【NGとかがあれば、併せて教えてもらっておきたいな】

463 :アグリアス ◆fKSuWJA0gJBJ :2010/06/22(火) 20:00:15 ID:???
【済まない、予定が早まってしまった。】
【これで失礼するが、もちろん破棄にしてもらっても良い。
 まだ打ち合わせ段階だしな。それでも相手をしてくれるというのなら、明後日の22時から頼みたい。
 もし都合が悪ければ、またこのスレに予定を残しておく】
【慌しくて済まない。相手をしてくれてありがとう】

464 : ◆ABM5odHy/Q :2010/06/22(火) 20:00:32 ID:???
【じゃ、明後日の22時に】

【私も、特にNGとかはないよ】
【アグリアスさんはしてみたいこと、ない?】
【とにかくいっぱい犯されたいとか、おっぱいを虐めて欲しいとか、お尻を弄って欲しいとか】
【SMとか露出とかふたなりとかスパンキングとか】

465 :アグリアス ◆fKSuWJA0gJBJ :2010/06/22(火) 20:15:17 ID:???
>>464
【出先からだ】
【……その全てがストライクゾーンだな】
【贅沢を言えば、その全てをして貰いたいぐらいだ】
【それでは申し訳ないが今度こそこれで失礼する】
【明後日を楽しみにしているぞ】

466 : ◆ABM5odHy/Q :2010/06/22(火) 20:17:28 ID:???
【うん、それじゃ、また明後日】

467 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆GIPAnIY34I :2010/06/23(水) 14:27:41 ID:???
【私を洗脳、調教するオウカ姉様】
【もしくは、同シリーズの女性キャラクター】

468 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆GIPAnIY34I :2010/06/23(水) 16:37:29 ID:???
【待機を解除する】

469 : ◆ABM5odHy/Q :2010/06/24(木) 22:13:29 ID:???
アグリアス ◆fKSuWJA0gJBJ さんとの待ち合わせにスレを借ります

470 :アグリアス ◆fKSuWJA0gJBJ :2010/06/24(木) 23:06:28 ID:???
【すまない!私情にて大幅に遅れてしまった!】
【まだいるだろうか……】

471 : ◆ABM5odHy/Q :2010/06/24(木) 23:18:55 ID:???
うん、まだいるよ。

472 :アグリアス ◆fKSuWJA0gJBJ :2010/06/24(木) 23:23:56 ID:???
【すまない、ハプニングが起きてその対処で遅れていた】
【こんな時間になってしまったな…】
【流石に今からだと中途半端になってしまうだろうから、】
【そちらがよければ明日に仕切りなおしたいと思うのだが、どうだろう】
【もちろん、都合が悪ければ日時の変更や破棄も考えるが】
【本当に迷惑をかけてすまなかった】

473 : ◆ABM5odHy/Q :2010/06/24(木) 23:35:37 ID:???
>>472
明日は都合悪いな…明後日とかどう?

474 :アグリアス ◆fKSuWJA0gJBJ :2010/06/24(木) 23:39:01 ID:???
【明後日だと、此方が難しい……その次はどうだろう?】
【日曜日になってしまうが】

475 : ◆ABM5odHy/Q :2010/06/24(木) 23:45:12 ID:???
日曜日はきついな…その次だと来週の水曜日とかになるかも

476 :アグリアス ◆fKSuWJA0gJBJ :2010/06/24(木) 23:51:59 ID:???
【そうか……なら、一応来週の水曜日ということにしておいてくれ】
【時間は今日と同じぐらいで】
【もちろん、あまりそちらを束縛しても私の本意ではないので、
 私とのロールは破棄にして、新しいお相手を探していただいてもいい】
【迷惑をかける】

477 : ◆ABM5odHy/Q :2010/06/24(木) 23:53:37 ID:???
【んー、わかった】
【それじゃ、とりあえず来週の水曜日に、ここでね】

478 :アグリアス ◆fKSuWJA0gJBJ :2010/06/24(木) 23:57:01 ID:???
【本当に済まない。恩に着る。】
【それでは、これで失礼する】

479 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/06/25(金) 21:27:34 ID:???
また>>2で待機してみるね。

480 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/06/25(金) 23:33:32 ID:???
待機を解除するね。

481 :烏丸ちとせ ◆wMrOli8DCM :2010/06/26(土) 08:27:15 ID:???
【待機にお借りします】
【出典はギャラクシーエンジェルです】
【機械や薬物で洗脳され、忠実な人形にされたいです】
【お相手はミルフィー先輩かヴァニラ先輩、あるいはノアを希望してみます】

482 :烏丸ちとせ ◆wMrOli8DCM :2010/06/26(土) 09:50:01 ID:???
【スレをお返ししますね、ありがとうございました】

483 :楠武神夜 ◆7Jrj.1KFXA :2010/06/26(土) 13:15:14 ID:???
【待機します】

名前: 楠武神夜
MCの希望: ゲルダさんやヒルドさんに忠実な兵士に変えてもらいたいです
出典: 無限のフロンティアシリーズ


484 :名無しさん@ピンキー:2010/06/26(土) 14:32:17 ID:???
SRWシリーズの人なら出来そうなんだけどな……

485 :名無しさん@ピンキー:2010/06/26(土) 14:34:03 ID:???
SRWと聞くと8ボイが思い浮かぶから困る

486 :楠武神夜 ◆7Jrj.1KFXA :2010/06/26(土) 14:41:26 ID:???
>>484
SRWシリーズの人って?

487 :名無しさん@ピンキー:2010/06/26(土) 14:45:09 ID:???
>>486
ああキャラってことね

488 :楠武神夜 ◆7Jrj.1KFXA :2010/06/26(土) 16:26:52 ID:???
うーん、やっぱりマイナー過ぎるんでしょうか…

489 :名無しさん@ピンキー:2010/06/26(土) 16:52:06 ID:???
敵キャラ募集は難しいかもねえ

490 : ◆WAVpf9VaNI :2010/06/26(土) 19:46:30 ID:???
>>222のシチュエーションで、少しだけお借りします】

491 :名無しさん@ピンキー:2010/06/26(土) 19:48:12 ID:???
需要もないのによくやるな

492 :名無しさん@ピンキー:2010/06/26(土) 19:49:01 ID:???
だがそれが良い。

493 : ◆WAVpf9VaNI :2010/06/26(土) 19:54:42 ID:???
【キャラ変更は相談で…】
【後、こちらはされる方を希望したいです】

【うーん…時間ですので、スレッドをお返しします】
【長時間失礼しました。】

494 :博麗霊夢 ◆3VPna2XJ5Y :2010/06/26(土) 20:05:54 ID:???
【待機するわね。魔術とか妖術等で操られて柔順な人形にされるって流れで希望するわ同作品でなくてもいいわよ。】

495 :名無しさん@ピンキー:2010/06/26(土) 20:06:24 ID:???
待機時間8分で長時間?

496 :アリス・マーガトロイド ◆F8Nn3ClIAk :2010/06/26(土) 20:52:04 ID:???
>>494
【ふふ、霊夢。柔らかくなっちゃうわよ、それじゃあ】
【誰でもいいなんて言って、本当は私にお人形にされたいんでしょ?】

497 :博麗霊夢 ◆3VPna2XJ5Y :2010/06/26(土) 21:02:30 ID:???
>>496
また誤爆ったわね…やはり少々慣れない環境のせいなのかも。
まあ図星を言われれば、ね。
でも名指しよりは相手が見付かるかもしれないでしょ?
それよりお相手のほうしてくれるのかしら?



498 :アリス・マーガトロイド ◆F8Nn3ClIAk :2010/06/26(土) 21:04:39 ID:???
>>497
へぇ、殊勝な心がけじゃない。
本当は、そんなのじゃ満足できないくせに。
ええ、もちろんよ。その為にわざわざ足を運んだんだから。
たまには、変わった人形が欲しいって思ってね。


499 :博麗霊夢 ◆3VPna2XJ5Y :2010/06/26(土) 21:12:15 ID:???
>>498
う、うるさいわねぇ。(顔真っ赤にして照れ隠し)
さっきもいったけど少し反応が遅めになるのよね。
そのあたり御了承願いたいわ。


500 :アリス・マーガトロイド ◆F8Nn3ClIAk :2010/06/26(土) 21:13:56 ID:???
>>499
あらら……うーん、私、どちらかというと長くなる性質なのよね。
ちゃんと返せるなら良いんだけど、そうじゃないなら今日は止めておこうかしら。
あんまり長く時間がかかっても、お互い大変でしょうし。

501 :博麗霊夢 ◆3VPna2XJ5Y :2010/06/26(土) 21:20:05 ID:???
>>500
一応返事は返せるとは思うわ。
私もどっちかと言えば長文のほうがいいしね。
まああまりに長すぎるのは確かに大変だと思うけど
もしよければ一度回してみない?



502 :アリス・マーガトロイド ◆F8Nn3ClIAk :2010/06/26(土) 21:23:32 ID:???
>>501
……ま、いいわ。
折角ですものね。
それじゃあ、どんな感じに始めましょうか?
私の家に来てもらう所からでもいいし、もう、すぐに始めちゃっても良いわよ?
それと、嫌な事があったら教えてちょうだい。

503 :博麗霊夢 ◆3VPna2XJ5Y :2010/06/26(土) 21:31:09 ID:???
>>502
まああまりにも私の返事が遅くなるようならその時にはということで。
そうねぇ。無難にアリスの家に行って一服盛られたっていうのでどうかしら?
嫌なことはあまりにも痛々しい表現とかね
良ければ書き出してもらえないかしら?

504 :アリス・マーガトロイド ◆F8Nn3ClIAk :2010/06/26(土) 21:33:52 ID:???
>>503
まぁ、それじゃあ私もなるべくのんびりやらせてもらおうかしらね、と。
じゃあ、起きるのを待ってるって所から始めちゃっていいかしら?
それでよければ、準備するわね。

505 :博麗霊夢 ◆3VPna2XJ5Y :2010/06/26(土) 21:39:45 ID:???
>>504
ええ、私も無理のない程度で頑張るわ。
そうね、ベッドなりで寝かしつけられてる状態とかでどうかしら
アリスのやり易い形でスタートしてちょうだいな

506 :アリス・マーガトロイド ◆F8Nn3ClIAk :2010/06/26(土) 21:44:34 ID:???
ふぁぁ……暴れられたら面倒だからって、大盛りにし過ぎちゃったかしら。
まったく、もう日も暮れちゃったのに、いつまで寝てるのよ、霊夢ー。
(軽く伸びをしてから、窓越しに沈んでいく日を見つめる)
(視線を戻すと、そこには寝息を立てる霊夢が四肢をロープでベッドの足に括りつけられていて)
(多少動ける程度の緩みはあっても、それは一見してはりつけの様な形だった)
(家に招いて、ちょっと豪勢なお菓子とお茶に薬を混ぜて出すと)
(賽銭不足からか、無警戒に手をつけて、眠り出した霊夢)
(一通り持っていた呪符などを剥ぎ取ってから、服を整えてやって、こうして目が覚めるのを待っている)
ねぇ、早く起きなさいよ、霊夢ってば。
もう、妖怪の時間よ……?
(頬を人差し指でぷにぷにと押しながら、始めてしまおうかと考えつつ)

507 :博麗霊夢 ◆3VPna2XJ5Y :2010/06/26(土) 21:58:59 ID:???
(人形使いアリスの館はベッドの上ですやすやと小気味良い寝息を立てて)
(遡る事お昼頃、その日も神社で入るはずのない賽銭箱を眺めていれば突然のアリスからの茶会の誘いが)
(是非もなく招かれは豪勢なお茶菓子を頬ばった途端意識が混濁しはじめて…


ぅ、ん…なによもう、折角気持ちよく寝てたのに…って!?
(頬を何者かにつつかれた事でようやく目を覚ます)
(その時になりようやく自身がおかれた状況に気づいて)
これはどういう事なのかしらアリス?
事と次第によっちゃただじゃ置かないわよ!?
(自身のあまりの不甲斐なさを棚にあげながら磔にされた状態で睨み付け)


508 :アリス・マーガトロイド ◆F8Nn3ClIAk :2010/06/26(土) 22:13:00 ID:???
……あ、ようやく起きた。
よかった、もう待ちくたびれて始めちゃおうかと思っていたところだったのよ?
(唇を尖らせて、咎めだてるような口調で手足を括られてる霊夢に文句を言い)

え、どうって……ほら、新しい人形が欲しいなって。
(何故か頬を赤らめながら、恥じ入る乙女のような口調で)
うん、あなたじゃなくて、魔理沙なんだけど。
で、霊夢には、その為の道具になって欲しいの。
実験台も兼ねて、ね。
もし失敗して壊しちゃったりしたら大変でしょ?

あらら、怖い怖い。
やっぱり、起きる前に済ませちゃうべきだったかしら。
(全く脅威がない事を理解しているのか、霊夢の剣幕に取り合う様子もなく)
(指先から魔力を練りこんだ糸を出すと、霊夢の足へとその先端を伸ばし、接続する)
人形繰りの操り糸……まずは、足からね。
ゆっくり、じっくりお人形にして上げるから、楽しんでちょうだい。

509 :博麗霊夢 ◆3VPna2XJ5Y :2010/06/26(土) 22:29:42 ID:???
始める…一体なにをしようっていうの?
馬鹿な事言ってないで早くほどきなさいよ!
(置かれた状況のせいで激しく激昂して)

新しい…人形?
(アリスの恥じらいの様子を見、一瞬頭に?を浮かべる。自分の置かれた状況と人形作製とどういう関係があるのかと。)
魔理沙を人形に欲しい…私は道具って…
(発言からやがて目論見が見え始めれば顔を真っ青にして)
ふ、ふざけないでよ!魔理沙を人形にする…?私はその為の実験台!?
そんなのお断りよ!
(必死に身体を動かそうとするも拘束は緩まずよりきつく食い込んで)

こ、のっ…
(今度は霊力を集中させようとするが、思いの外力は集まらずやがて焦りの表情を浮かべる。そうしている間に魔力糸が手足に接続されれば…)
嫌っ…やめ、なさいよっあぅぅ…
(意思とは無関係に動く足を見れば怯えを見せ
)


510 :アリス・マーガトロイド ◆F8Nn3ClIAk :2010/06/26(土) 22:41:11 ID:???
そう?
それじゃあ仕方ないわね。
(霊夢の言葉に首を傾げてから、あっさりと頷いて)
それじゃあ、無許可で勝手にしちゃう事にするわ。

ダメダメ、呪符でのズルもできないし、印も結べない。
おまけに、ここは私のテリトリーよ?
魔法使いの家なんて、要塞も同然。
この中でなら、普通にやったって負けはしないわ……多分だけど。
それでもって、術がなければあなたは普通のニンゲン。
(霊夢の抵抗も余裕の表情で見守るが、ロープが食い込むほどに暴れるのを見ると眉をしかめて)
もう、あんまり暴れないでちょうだい、霊夢。
私の人形に、傷がついているなんて耐えられないもの。

まずは足、ね。
(足にしっかりと糸が接続出来たのを確認すると、足の拘束を外して)
ほら、ご開帳〜。
最初は恥らうように閉じてから、段々と開いて見せてちょうだいね♪
それじゃあ、次はどこにしようかしら……。
選ばせてあげるわ、霊夢。
腕と、その開いた足の間にある場所、どっちがいい?
ちゃんとした返事がなかったら、恥ずかしそうな方にしちゃうからね。
(そう言いながら、糸を腕と足の間へと伸ばして、触れる寸前で止めて答えを待つ)

511 :博麗霊夢 ◆3VPna2XJ5Y :2010/06/26(土) 22:57:54 ID:???
卑怯よこんなのっ…
(アリスのいう通りにどれだけ印を結んでも一向に効果が発動せず)
(頼みの符さえも取り上げられてはいくら霊夢といえどなす術なく。)
(そして唯一の抵抗さえも操り糸によって抵抗出来なくされると悔しさからアリスを睨み付け)

なっ!?止めなさいよっい、嫌ぁー!
(拘束が解かれ自由になったはずの脚はアリスに命じられるままに焦らしながら股を開いていく…)
嫌っ!
見るなーっ見ないでよっあ、あぁぁあ…
(程なく大股開きになるとスカートからショーツが見え隠れして)
(その羞恥に顔を真っ赤にして)
そ、そんなの撰べる分けないでしょばかぁ…!


512 :アリス・マーガトロイド ◆F8Nn3ClIAk :2010/06/26(土) 23:05:47 ID:???
卑怯じゃなくて、効率的って言って欲しいけれど。
ま、いいわ。
卑怯で結構よ、だって、魔理沙を手に入れるためだもん。
それに、霊夢だって、すぐに私のいう事に賛成してくれるようになると思うわ。
(そう言うと、霊夢の視線ににっこりと笑ってみせて)

あら、そう?
素直に腕がいいですって言えば、恥ずかしい思いをしなくて済んだのに。
ああ、それとも、そんな風に言って置きながら、ほんとは期待しているのかしら。
自分のおまんこが私の思い通りにされるの、興奮しちゃう?
(支配をしていく感情が、嗜虐的な悦びに通じるのか、頬を紅潮させながら)
(糸を股座の奥、秘所へと繋げていくと魔力を送り込み)
ふふ、奥はお人形にしてからじっくりと可愛がってあげるわね。
それじゃあ……発情しなさい、霊夢のおまんこさん♪

513 :博麗霊夢 ◆3VPna2XJ5Y :2010/06/26(土) 23:25:07 ID:???
なにが効率的よっこんなの狂ってるわ…
それにこんな事をしてまで魔理沙をてにいれたいだなんて…
だ、誰が賛同なんてするもんですか!
(アリスの笑顔をみれば背筋が凍るような感覚を覚えて)

嫌よっ身体は操られても誰があんたの言うことなんかにしたがうもんかっ!
興奮…そ、そんなのする訳…っ!?あぅっ…くっはっぁぁ!?
(言い終わる前に問答無用と言わんばかりに秘所に繰り糸をつなげられ途端に筋肉が緩み始めれば表情をこわばらせ)
そん、なっ嫌っ…このっ、私の身体っ!
お願いだから言うことを聞きなさい…よぉ…嫌嫌嫌ぁぁーーーー!
(悦に入るアリスの目の前で意思と関係なしに強制発情させられ
何度も何度も激しく絶頂させられ…)
はぁ……はぁ……
(やがて焦燥感漂う表情でアリスを見つめはじめるまるで許しを請うかのように)

514 :アリス・マーガトロイド ◆F8Nn3ClIAk :2010/06/26(土) 23:36:37 ID:???
そんな事言っても、『そんな事』をする予定なのはあなたなんだけどね。
良いわよ、今は好きに喋らせてあげる。
もう、そういう事が出来る時間も短いんだからね。
(そう言うと、面白がるように糸ではなく、自分の指で霊夢の顎をくすぐって)
もうじき、私の望む言葉しか言えなくなっちゃうんだもん、ね。

へぇ、随分派手にイッちゃうのね。
私の指令ってイメージ的なもの多いし……案外、淫乱なんじゃないの、あなた。
そんなに股を広げて、ほら、愛液が垂れてベッドに染み作っちゃってる。
(実際にはこんな事をさせられるのではないか、という恐れがイメージを増幅させたのだが)
(そんな事はおくびにも出さずに、霊夢の顔を見て糸を伸ばすと)
(腕と身体にも糸を接続してから、拘束を完全に解く)
どうしたの、その顔。そんな弱気な表情、あなたらしくないわよ?
……っと、はい、これで身体は私の思い通り。
もう、表情だって私の言いなりよ。
声帯も支配できるんだけど……そこはまだ、好きにさせてあげる。
ほら、自分で汚したシーツ、自分で舐めて綺麗にしなさい。
もちろん、笑顔でね。
(命令を実行し始めたのを見ると、左右の乳首にも糸を接続して魔力を流す)
それと、これはご褒美よ……胸でも、ヨガりなさい、霊夢。
綺麗に出来たら、私の足元に跪いて頭を差し出すの。
私に捧げるため、私に支配されるために、ね

515 :博麗霊夢 ◆3VPna2XJ5Y :2010/06/27(日) 00:01:03 ID:???
私が…魔理沙に…嫌よっ、そんな事誰がするもんですかっ
(顎を指先で擽られながらもなんとか睨み付けるようにみて)
(少しずつ自身の身体をアリスの糸が蝕み支配していく感覚を感じながら…)

違……私淫乱なんかじゃ……ない、もん…
こ、これだってアリス…あんたのせい……でっあぁぁぁ!!
(トドメと言わんばかりにビクン!と大きく絶頂して)
はぁはぁ………う、るさい…私は弱気に…なんて…
(口でそう告げるも明らかに屈服した者の表情で)
そ、んな……汚い真似出来な…ああぁ!?
(遂に腕と身体まで糸に絡め取られるとぎこちなくも悦の表情を作り自ら作り出した染みへと顔を近づけていく…)
ふぁ、じゅる、ぴちゃぁ…じゅずずずず…んぐぅ!んんんんーーーー!
(ムワッと口内にアンモニア臭が漂う。思わず吐き出したくなるそれは無情にも喉をならし飲まされて)
ひぐぅぁ!?あっぁぁ!?!じゅるっぴちゃ…イグっいっちゃ、あがぁっぁぁぁーーーーー!
(乳首に絡みついた糸により絶頂させられそしてシーツが汚れる度アリスの満足いくまで丁寧に掃除させられ…)

(完全に意識を失い虚ろな瞳をただよわせながらゆっくりとアリスの足下へと頭をさしだすのだった)
)

516 :アリス・マーガトロイド ◆F8Nn3ClIAk :2010/06/27(日) 00:18:53 ID:???
そうよ、私のせい。
そうやって、だらしなく足を開いてるのも、何度も惨めにイッちゃってるのも、みんな。
みんな、あなたが私の思い通りになっているからなのよ。
私は優しいから、ちゃんとお人形の性欲も処理してあげるわ。
これから、毎日3回はイカせてあげるから、感謝してよね?
(反抗の言葉を逆手に取り、より自分が屈服しているのだと思い知らせてやって)

あらあら、また汚しちゃって……。
本当、仕方ないわねぇ。
やっぱり、私がどうこうは関係なく、あなた自身に淫乱の素質があるんじゃないかしら?
(何度もシーツの上を這いまわり、自分の汚した場所を舐めながら、何度も乳首で絶頂する様を見て)
(少し呆れた表情で溜息をつきながら)
ん、もういいわよ、霊夢。

ふふ、もうすっかり抵抗する気力もなくなっちゃったみたいね。
そうやって、抵抗する意志がない方がお人形にしやすいもの。
でも、結構楽しめたから、ご褒美あげるわね。
今からあなたに一本ずつ糸を繋げていくわ。
一本繋がるごとに、お礼を言いなさい。
そして、自分がどうなっていくのか、どうなっていっているのか、口に出して説明しなさい。
しなくてもいいけど、したらもっと気持ちよくなれるから。
それじゃあ、まずは最初の一本……。
(少し顔を引き締めると、糸を二本伸ばして、霊夢の両耳から脳へと接続していく)
(接続された糸に魔力が注がれれば、霊夢の意識の支配が始まり)
(同時に、じんわりとした快感と、人形になる事への悦びが植えつけられ始める)

517 :博麗霊夢 ◆3VPna2XJ5Y :2010/06/27(日) 00:42:11 ID:???
そうよ、これは全部 アリスのせいよ…
私が何度も絶頂してるのも全部アリスのせい…
ぁれ…私が、全部アリスの思い通りに…?私アリスに操られて…
いぁ…そんなの、嫌ぁ…
(涙を流すももはや完全にアリスに屈服させられているのだと理解させられ、そうして被虐心を植え付けられていく)

はぁ…じゅるっ、ビクビクビクっ!ぁぅ、また…汚れて…うぁぁっ…
(何度も繰り返し絶望感を植え付けられながらもアリスが呆れ果てるまでその行為は続き)

…………ご、めんなさい…もぅ…許して……なん、でもする…から…
(うわ言のように何度もそう言うが)
ご、褒美……糸……繋げ、る…?
解りました……一本繋がるたびお礼を…いいます…
最も気持ち、よく……んああぁぁ!
(然したる抵抗もなく両耳から糸が進入していく)
ぁははぁぁぁ♪しゅごいぃ、頭が軽くなってぇ…
んぅぅ…あれは私……?
(脳裏に強烈な快感が流れ出すと同時に霊夢はある幻を見始める)
(巫女服ではなくメイド衣装のような服装をきた自分がそこには居て
)

518 :アリス・マーガトロイド ◆F8Nn3ClIAk :2010/06/27(日) 00:51:13 ID:???
そう。
そうやって、はじめから素直になっていれば、私ももっと優しくしてあげたのに。
でも、いいわ。
ちゃんと自分で認めてくれたなら、今からは優しくしてあげる。
自分からお人形になりたくて仕方なくなるくらい、気持ちよくしてあげるわ。
(涙を流しながら、うわごとを呟く霊夢の頭を撫でてやりつつ)
(偽りの笑顔を向けながら、仕上げの思考支配へと移行していく)

んふふ……そうよ、それはあなた……。
ほら、霊夢……しっかりとあなた自身の心の声に耳を傾けなさい。
そして、その言葉に従うの……だって、自分の言葉だもんね。
ほら、一緒に言いなさい……そして、変わっていくの。
私に支配される、忠実なお人形にね。
(耳へと二本目の糸を伸ばしながら、イメージを送り込む)
(それは、人形としての理想の霊夢のイメージ)
(糸が一本繋がるたびに、そのイメージはより鮮明になり、霊夢自身の意志へと干渉していき)
(自らの存在意義を広げようと、霊夢の意志を浸食し、支配される快感と共に人形へと造り変えていく)

519 :博麗霊夢 ◆3VPna2XJ5Y :2010/06/27(日) 01:08:20 ID:???
これは……私…私自身…
(時折脳裏に聞きなれた、けれどもなかなか思い出せない声が木霊する)
(その声に導かれるままに目の前に居る自分の声に耳を傾けて)
私は……人形……ご主人様に支配された……忠実なお人形…
御主人様は…この声の人……
私はこの声の人に従える忠実な人形…
(目の前の自分自身が頬にそっとてを添えて何度も語りかけてくる)
(目の前にいる自分は人形として完成された理想のイメージで質素な巫女服ではなく規律のとれたメイド衣装を着こんでいて)
(そのイメージはやがて自身を呑み込み浸食しては巫女としての自身のイメージを塗り替えていく)
(そして曖昧だった声の主…主の姿が鮮明に浮かび上がりはじめて)

520 :アリス・マーガトロイド ◆F8Nn3ClIAk :2010/06/27(日) 01:28:21 ID:???
【ふぁ……ごめんなさい、眠くなってきちゃったみたい】
【よかったら、今日はここまでにしてもらえないかしら?】

521 :博麗霊夢 ◆3VPna2XJ5Y :2010/06/27(日) 01:32:52 ID:???
【お疲れ さまー。私のレスが遅れてごめんなさいね】
【凍結は大丈夫だけど次はいつになるかしら?】
【私は早ければ明日でもいいけど】

522 :アリス・マーガトロイド ◆F8Nn3ClIAk :2010/06/27(日) 01:35:55 ID:???
【私のほうこそ、ご期待に添えているかしら?】
【それじゃあ、間が空くのもなんだし、明日にしちゃいましょうか】
【21時半に伝言板でどう?】

523 :博麗霊夢 ◆3VPna2XJ5Y :2010/06/27(日) 01:41:05 ID:???
【全然大丈夫よ。私のほうこそってきりがないわね。】
【明日21時半了解。場所は伝言板ね。】
【それじゃそのときにまた会いましょう今日は有り難うね本当


524 :アリス・マーガトロイド ◆F8Nn3ClIAk :2010/06/27(日) 08:05:44 ID:???
【やっぱり寝ちゃったわね……】
【もしも待っていたらごめんなさい。それじゃあ、今夜の21時半に待ってるわね】

【スレを返すわ、ありがとう】

525 :烏丸ちとせ ◆wMrOli8DCM :2010/06/27(日) 08:57:22 ID:???
>>481の内容で待機させてもらいます】

526 :烏丸ちとせ ◆wMrOli8DCM :2010/06/27(日) 10:49:37 ID:???
【スレをお返ししますね、ありがとうございました】

527 :アリス・マーガトロイド ◆F8Nn3ClIAk :2010/06/27(日) 21:59:00 ID:???
【霊夢と一緒にスレを借りるわ】

528 :博麗霊夢 ◆3VPna2XJ5Y :2010/06/27(日) 22:02:29 ID:???
【移動完了っと】
それじゃ昨日は私のレスで終わったし
少し待たせてもらうわね

529 :アリス・マーガトロイド ◆F8Nn3ClIAk :2010/06/27(日) 22:04:14 ID:???
>>519
そうよ、霊夢。
私に従うのが、あなたの役割。
支配されるのが、人形の役割。
操ってもらうのが、人形の幸せ。
ほら、お礼の言葉を忘れているわよ?
ちゃんと……こうやって繋げてもらうたびに、言いなさい。
(糸をさらに伸ばして、耳から脳へと接続すると同時に、霊夢の脳に快感と主人の姿が鮮明に浮かびあがって)
私を人形にしてくださって、ありがとうございます。
どうか、その糸を全て私に繋げて、早く完全なお人形にして下さい、ってね。
(そう言いながら、見せびらかすように無数の糸を手から出して見せる)


【それじゃあ、今夜もよろしくね、霊夢】

530 :博麗霊夢 ◆3VPna2XJ5Y :2010/06/27(日) 22:24:32 ID:???
あなたに従う事が私の役割…
支配される事が、人形の役割…
操って貰う事が、人形の幸せ…
(精神世界でもう一人の自分が、そして何処からともなく聞こえてくる声が)
(暗示の言葉を囁きかけてくる。そしてその言葉を復唱していくうちに)
(もう一人の自分に意識が吸い込まれやがて一つとなっていく)
んっ、ふぁっぁぁ!はっい…お礼の…言葉…
(3本目の糸が脳に接続された途端に強烈な快感とそして声の主たるアリスの姿が鮮明に浮かびあがり…)
私……を人形に…してくださり…有り難うございます…
ど、どうか…その糸をすべて…私に繋げて…完全な御人形にして…ください…
(完全に意思と思考がアリスに服従するものへとすり替えられ虚ろな瞳で残る糸を見つめながらそう懇願するのだった)

【お待たせそれじゃ今日も宜しく】

531 :アリス・マーガトロイド ◆F8Nn3ClIAk :2010/06/27(日) 22:39:25 ID:???
くす……堕ちたわね。
可愛いわよ、霊夢。
いつものお喋りなあなたよりも、ずぅっと、ね。
それじゃあ、優しいご主人様の私が、可愛いお人形の願いを叶えてあげる。
……完全なお人形にしてあげるわ。
さよなら、霊夢。
(それまで、一本ずつじっくりと繋げていっていた糸を数十本全て、一度に霊夢に接続する)
(耳だけでなく、頭すらも透過し、さらに全身にまで糸を接続してから、一斉に魔力を流し込めば)
(霊夢の体内も脳も、その全てがアリスの魔力で染め上げられていき、思考を快楽の白で漂白される)
(そして、ついにその身体の隅々にまでアリスの支配が行き渡り、人形が完成した)
さぁ、ドール・レイム。
私に挨拶とお礼をなさい。

532 :ドール.レイム ◆3VPna2XJ5Y :2010/06/27(日) 23:02:54 ID:???
は…い…有り難うございます御主人様…
(懇願の言葉が受け入れられれば無数の糸が身体に絡み付いていく)
んんんんっ、ふぁっ、あはぁぁぁぁー!!
(脳に、手足に、身体に…余すところなく糸という糸が絡み付き身体の自由を奪っていく。)
(そして大量の魔力が体内に流れ込み自身の持つ霊力を取り込み魔力へと変換されて。)
(今までの自分を構成してきた記憶も支配され快楽の白へと漂白され、アリスへの忠誠や自分が人形である事等植え付けられていき、完全な人形へと作り替えられそして…)

お早うございますご主人様…。
私はドール.レイム…御主人様の忠実な人形です…
私を作っていただき、誠に有り難う御座います…
私は御主人の所有物…どうぞご自由にお使い下さいませ…
(衣服は以前のままだが身体中に絡みついた糸と)
(そして一切の光を宿さぬ瞳でそう告げると再びアリスの足下に頭をたれ挨拶をする)

【名前も変えてみたわ】

533 :アリス・マーガトロイド ◆F8Nn3ClIAk :2010/06/27(日) 23:08:34 ID:???
ふぅん……うん、まぁまぁ良い出来じゃない。
私、結構あなたの事、気に入ってきたかもしれないわ。
それじゃあ、早速ご奉仕……の前に、言葉で私を楽しませて。
惨めで、無様で、そして、完全に私に屈服し、忠実なお人形になったのが分かるように、私の質問に答えるの。
人形の役割は、ご主人様を楽しませることだもん。
簡単でしょ?
(椅子に座ると、くすくすと笑いながらそう命じて)

それじゃあ、3つだけ質問するわね。
1つ、私に人形にされる前の、あなたの態度、どう思うかしら?
2つ、私に人形にしてもらえて、どんな気分?
3つ、私に魔理沙を人形にする為の手伝いを命令されるの、嫌かしら?
それとも……早く、命令して欲しい?

534 :ドール.レイム ◆3VPna2XJ5Y :2010/06/27(日) 23:25:31 ID:???
有り難う御座いますご主人様…それともマスターの方がよろしいでしょうか?
(思考もアリス一色になったせいか何処か洋風な言い回しをして)
ご主人様を楽しませる…畏まりました…私はご主人様の人形、
人形は御主人様の為に有るものですから。

まずは一つ目…これに関しましては万死に値する行為かと思います
失礼な暴言と態度の数々お詫びしても足りません…

続いて2つ目に関しては感謝致して居ります…
主に召し使える事の喜びを教えて下さり有り難う御座います…
以前の怠惰な私ではきっとつまらぬ生を送っていた事でしょう。
最後三つ目ですが、これに関しては人形たる私としましては別段嫌とも思いません
主の為に働ける喜びは何事にも勝る快楽なのだから…
(人形になる以前とは真逆の感想をアリスに伝えれば頬を赤らめて)


535 :アリス・マーガトロイド ◆F8Nn3ClIAk :2010/06/27(日) 23:35:54 ID:???
ふふ、そうね……それじゃあ、マスターにしておきましょうか。
どこかの吸血鬼と趣味が似ちゃいそうなのが引っかかるけど。

(質問の答えを頷きながら聞いているが、聞き終わるとつまらなそうに椅子に頬杖をついて)
最後の質問以外は、つまらない答えね。
何が足りないのかしら?
ん……まぁ、いいわ。
色々試しながら、考えていきましょうか。
折角呼び名も変えてくれたんだし……衣装も、それに相応しいものにしないとね。
(指を鳴らすと、背後のタンスから洋風のメイド衣装が浮かび上がる)
(それは、先ほど霊夢がイメージの中で見たものと同じで)

欲しいでしょう?
でも、まだお預け。
術式を固定したいから、私の体液を浴びてもらわないとね。
……そうだ、少し、下品になってもらいましょうか。
霊夢、命令よ。
今から、私のおまんこに奉仕させてあげる。
あなたは今から、私の性欲処理人形。
私の性処理をすることが、最高に気持ち良い。
私の性器の臭いと味に夢中になる。他の事は考えられない。
さぁ……尻穴までしゃぶり尽くして、私をイカせなさい。
空いている両手で自分を慰めながらね。
もちろん、私がイカない限り、あなたもイケないんだけど。
あなたが思いつく限りの、変態的で下品な奉仕をしなさい。
(糸を伝って、言葉どおりの性癖を霊夢に刷り込みながら)
(椅子にもたれて、下着を脱ぐと足を開き、うっすらと濡れた秘所と、ヒクヒクと蠢く肛門を見せつける)

536 :ドール.レイム ◆3VPna2XJ5Y :2010/06/27(日) 23:59:48 ID:???
畏まりました。ではマスターとお呼びします。
(ペコリと頭を床につけて)

申し訳ありませんマスター。
私の考えが及ばぬせいで詰まらない思いをさせてしまいました。
(無表情ながらも申し訳なさそうな声色を見せるその姿は本物の人形のようで)
はい…私はドール.レイム…以前の博麗霊夢では在りません…

(背後からメイド服が浮かびあがれば物欲しそうな表情で見つめる
まるで服自体が自らの一部のようにも思えて)
下品に…?んぁっ
(糸を介して脳に直接伝わってくる性癖と奉仕の仕方を刷り込まれれば復唱して)
私は性処理人形…
マスターの性処理をすることが最高に気持ちいい…
マスターの性器の臭いと味に夢中になる…他は考えられない…はぁぁん…♪
(うっとりした表情で開かれたアリスの股へと顔を埋めていく)
んぁ♪マスター…すごい香りです…ちゅ、ぴちゃ…じゅるり。
(一頻り匂いを楽しみながら尻穴に指を差し込みながら具合を確かめる様に弄り回すと同時に秘所へと口付けてはなめ回して)


537 :アリス・マーガトロイド ◆F8Nn3ClIAk :2010/06/28(月) 00:11:50 ID:???
いいのよ、素質の問題もあるし。
あなたで色々試して、魔理沙はちゃんと楽しめるようにするつもりだから。
私の実験の役に立つのよ。
人形にとっては、最高に幸せでしょう?
(平伏して謝る様子を見れば、すぐに機嫌を直して笑い)

ふふ……早く、着たいでしょ?
あれを身に着けて、完全なお人形になって、私に命令されたいでしょ?
でも、今はセックスドールとしての役目が優先よ。
んぅっ……ほらっ、もっと、下品に……もっと媚びなさい……っ。
私を愉しませるの……もっと激しく、もっと下品に、ね……。
自分の変態なところ見てもらうの、最高に気持ち良いでしょう?
奉仕だけしか頭にない、変態セックスドールの霊夢。
(奉仕によって、愛液をとろとろと零しながら、霊夢の舌に自分の味を覚えさせていく)
(スカートの下で期待に蒸れあがった臭いは、鼻腔を犯していき)
(主人の臭いを人形に植え付けて、それだけで興奮するように変態奉仕人形に改造していって)
(差し込まれた指をきゅっと肛門で締め付けながら、ぺろりと舌なめずりをする)

538 :ドール.レイム ◆3VPna2XJ5Y :2010/06/28(月) 00:28:24 ID:???
はい…私で色々試して下さいませ…
(全ては後に魔理沙を人形にするための実験台なのだとしても
人形となった霊夢にとっては主の役にたてる事が最高の幸せであり嬉しそうに頷いて)

はい…早く完全な人形に…
マスターからのご命令をお受けしたいです…
(うっとりしながらメイド服へと手を伸ばそうとする)
んぅ…畏まりましたマスター…
んむぅ、ぴちゃちゅくっ、ふあぁぁ♪
マスター!マスターのお汁もっと、もっとぉぉぉ♪
この淫乱で変態のセックスドールにマスターの愛液をくださいぃ♪
(無我夢中で一心にアリスの愛液を啜りあげ片手で自慰をし、もう片方は尻穴を攻めて)
ちゅ、そろそろ此方も…
(秘所から顔をはなすと今度は尻穴をなめほぐして)



539 :アリス・マーガトロイド ◆F8Nn3ClIAk :2010/06/28(月) 00:32:03 ID:???
【んー、終わらせたかったんだけど、ちょっと時間切れね】
【もう1回凍結させてもらってもいいかしら?】

540 :ドール.レイム ◆3VPna2XJ5Y :2010/06/28(月) 00:39:56 ID:???
【少し私の反応遅いわねごめんなさい凍結は可能よ。】
【ただ次は来週まで無理なのよね… 】


541 :アリス・マーガトロイド ◆F8Nn3ClIAk :2010/06/28(月) 00:46:34 ID:???
【いいのよ、それは聞いていたんだし】
【それじゃあ、いつが良いのか霊夢の都合を教えてちょうだい】
【それを聞いて、平気そうな日を言うから】

542 :ドール.レイム ◆3VPna2XJ5Y :2010/06/28(月) 00:49:40 ID:???
【とりあえず現状だと来週日曜日ねー】
【他は今のところ未定って所】

543 :アリス・マーガトロイド ◆F8Nn3ClIAk :2010/06/28(月) 00:56:19 ID:???
【来週って、4日でいいのよね?】
【それなら、4日の21時半に伝言板でどうかしら?】

544 :ドール.レイム ◆3VPna2XJ5Y :2010/06/28(月) 01:01:30 ID:???
【オッケー。それじゃ来週は4日の21時半に伝言板で逢いましょう。】
【今日もお付き合いしてくれて有り難うね。それじゃこれで失礼を】
【スレを返すわね】

545 :アリス・マーガトロイド ◆F8Nn3ClIAk :2010/06/28(月) 01:04:11 ID:???
【ええ、お疲れ様、霊夢】
【それじゃあ、おやすみなさい。私もスレを返すわね】

546 :十六夜アキ ◆s64kYnVUec :2010/06/28(月) 18:16:57 ID:???
名前:十六夜アキ
出典:遊戯王5D's
MCの希望:女性型モンスターによる洗脳、同種にされてしまう
もしくは同作品のキャラによってカードを使われて洗脳

【少し特殊だけれども待機しますね】

547 :十六夜アキ ◆s64kYnVUec :2010/06/29(火) 00:40:15 ID:???
【長い間ごめんなさい、待機解除します】

548 : ◆bc.v5kgifQ :2010/06/30(水) 21:33:54 ID:???
とりあえず、アグリアスをまって待機してみるね。

549 : ◆bc.v5kgifQ :2010/07/01(木) 00:26:56 ID:???
…こないな。とりあえず帰るね

550 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/07/03(土) 21:27:38 ID:???
また>>2で待機してみるね。

551 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/07/03(土) 23:20:51 ID:???
待機を解除しますね。失礼しました!

552 :アイビス・ダグラス ◆ui5BKmjrUI :2010/07/04(日) 11:00:35 ID:???
名前:アイビス・ダグラス
出展:スーパーロボット大戦シリーズ
MCの希望:ミツコさんに洗脳されて、忠実な兵士になりたいな

待機するね。

553 :フィオナ・グレーデン ◆i0S07Ep7GI :2010/07/06(火) 05:40:48 ID:???
ティス、デスピニス、ミツコ
この中の誰かに忠実な奴隷兼兵士にさろたいな

554 :フィオナ・グレーデン ◆i0S07Ep7GI :2010/07/08(木) 13:07:04 ID:???
ティス、デスピニス、ミツコ・イスルギ
この中の誰かの忠実な奴隷兼兵士に洗脳してもらいたいわ

555 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/07/08(木) 21:38:19 ID:???
また>>2で待機してみるね。

556 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/07/08(木) 23:11:18 ID:???
待機を解除しますね。スレをお借りしました。

557 :フィオナ・グレーデン ◆i0S07Ep7GI :2010/07/10(土) 12:16:32 ID:???
>>554でまた待機するわ

558 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 19:48:34 ID:???
一応落ちる時は宣言してもらえると助かる

559 :ナツメ・イザヨイ ◆3OF47hBeQA :2010/07/11(日) 04:01:26 ID:???
【出展:ギャラクシーエンジェルU】
>>222で三十分くらい募集してみるのじゃ】
【キャラクター変更は相談でな?】

560 :ナツメ・イザヨイ ◆3OF47hBeQA :2010/07/11(日) 04:33:09 ID:???
【ふむ……三十分たったか】
【ならば募集を終わる事にするのじゃ】
【では、スレを返すぞ?】

561 :フィオナ・グレーデン ◆i0S07Ep7GI :2010/07/11(日) 08:36:19 ID:???
>>554で10時位まで待機してるわ

562 :フィオナ・グレーデン ◆i0S07Ep7GI :2010/07/11(日) 09:57:29 ID:???
待機を解除するわね

563 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/07/11(日) 12:38:20 ID:???
サフィーネや洗脳されたリューネお姉ちゃん。
あとは、他のスパロボOGシリーズのお姉さんや、
オリジナルのお姉さんに洗脳されて、専用のペットとかにされたいな。
待機させてもらうね。

564 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/11(日) 13:12:25 ID:???
>>563
そういうことなら、貴女を私の妹に洗脳してあげるわ。

565 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/07/11(日) 13:17:29 ID:???
>>564
オウカさん!? ちょっと驚いたけれど、オウカさんがそれでもいいのなら喜んで。

566 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/11(日) 13:22:51 ID:???
>>565
ええ、私がプレシアを可愛がりたいと思ったんだから。
たくさん洗脳して、私だけの妹にしてあげる。
詳しい希望を聞かせて貰えるかしら?

567 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/07/11(日) 13:30:08 ID:???
>>566
詳しい希望かぁ。
最終的には、お兄ちゃんの事は完全に忘れ去るとか、逆に殺意しか感じないくらいにされて、
オウカさんだけが、心のよりどころにされちゃうのがいいかな。
オウカさんにご褒美をもらえることだけが生きがいの妹にされちゃうのが希望。

機体もディアブロを改修するとかして、専用機にしてもらえると嬉しいかも。

で、プレイの内容だけれど、あんまり痛い事とか、スカトロの大きいほう以外なら、ほとんど大丈夫だよ。


568 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/11(日) 13:40:08 ID:???
>>567
わかったわ。
それでは、マサキの妹であったことは忘れてもらって
最初から私のことが大好きで妹に記憶を改竄。
私から声をかけられるだけで、幸せになれるようにして。
そして仲間や特にマサキには強い殺意を覚えるように洗脳してあげる。

ディアブロも生まれ変わったプレシアに相応しく改修してあげる。
それに乗る時に着るパイロットスーツも用意してあげるわ。

プレイのNGはわかったわ。
書き出しはどちらがする?

569 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/07/11(日) 13:42:28 ID:???
>>568
書き出しはオウカさんにしてもらっていいかな?
たぶん、とらわれたところから、になると思うけど、場所はオウカさんのお任せしたいな、って思うから。


570 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/11(日) 13:47:22 ID:???
>>569
それでは私から書き出すわね。
少し待っていて

571 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/11(日) 14:08:30 ID:???
(転移の反応があった地点を調査して、ディアブロを発見したのが数日前)
(そこでディアブロを発見し、同じようにやってきたハガネやヒリュウと交戦)
(それらを退け、ディアブロとプレシアをスクールへと護送した)



気分はどう?
色々と不自由をかけたけれど、今日の検査が終ればこの部屋から出してあげられる。
もう少し我慢してね。
(部屋に入って来たのは黒髪の女性、大人びた冷たい雰囲気を漂わせながら)
(それまでプレシアに様々な検査や投薬を繰り返した研究者達とは異なり)
(どこかプレシアを気遣うような優しい雰囲気も漂わせていた)

新しい部屋はこことは違って、広いし綺麗だから……
早く検査を終わらせてそちらに移動しましょう。
(プレシアが捕らわれ、拘束された部屋は、さながら独房のようで)
(扉一枚で繋がった隣室は様々な薬品や機械が並び研究室のような様相になっていた)

【それじゃあ、よろしくね】

572 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/07/11(日) 14:17:44 ID:???
(義兄でもあるマサキがクリストフ、いや、シュウを追って地上に出ていった)
(その後、ラ・ギアスで生活をしていたものの、ディアブロに遊び半分で搭乗した直後、地上へと転送されてしまった)
(勿論、地上の右も左もわからない以上、どうすればいいのかさ迷うしかなかった)
(その後、紆余曲折あって、スクールへと保護、というなの護送をされ、数日)
(慣れない検査や投薬、実験動物を見るような研究者達相手に、疲れていて)
(これからどうされるのか、と思っていた中、部屋へと入ってきた女性を見上げる)


あ、オウカ…さん?
いいえ、その、オウカさんにも、ご迷惑をおかけしてごめんなさい。
異世界から来たって言っても、他の人には、あまり信じてもらえなくて。
(唯一、優しい雰囲気をもっているように見える女性には、ぎこちないながらも笑顔を向けて)

やっぱり、今日も検査なんですね。
あたし、やっぱりこっちの世界だと、怖がられたりするのかな。
(狭く、お世辞にも広いとはいえない部屋に囚われ、更には検査)
(今日もされるのか、と、不安な面持ちのまま、オウカについていくように、隣室へと歩いて)

【こちらこそ、よろしくおねがいしまーす!】

573 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/11(日) 14:33:05 ID:???
>>572
あなたは気にしなくていいわ。
そんなことより、検査が続いて疲れているでしょう?
今からやる検査が最後だからもう少し頑張って。
(表面上はプレシアを気遣うような素振りを見せながら、内心ではどこかオウカを慕っているプレシアを嘲笑う)

それに、今日の検査は特別なの。
終ればきっと楽になってるわ。
(プレシアを連れて、隣の部屋へ移動し今まで一度も使われなかった装置を起動させた)

さぁ、そこの椅子に座って。
座ったら一度注射を打つわね。
少しチクッとするけれど我慢はできる?


574 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/07/11(日) 14:39:21 ID:???
>>573
今日の検査で最後、なんですね。
よかった…。 あたし、病気とかしないから、ああいうのが苦手で。
病院とかにもあまり行ったことがないんです。
でも、特別な検査、ですか?
何か、機械とか、そういうものを使ったり…。

(頭で思い浮かべる検査、というものの映像)
(何か大掛かりな機械でも使うのか、と思いながら、隣室へ移動する)
(その後、薦められた椅子にそのまま腰掛けて)

楽に、ですか?
そう、ですよね。 検査ももう終わるし、少しは楽になれるかも。
早くお兄ちゃんも見つけないといけないし。

(心底、敬愛をしている義兄、ちょっとお調子者だけれど早く会いたい)
(最初に、検査などが終わればあわせてもらえる、という言葉を額面どおりではないが、ある程度は信頼していて)

大丈夫ですよ、注射はもう慣れちゃいましたから。
(心配しないでください、といって腕を差し出して)

575 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/11(日) 14:57:44 ID:???
>>574
えぇ、今日で最後よ。
最後だから、と言うわけでもないけれど
大掛かりで特別な機械を使うことになるわね。

あなたの乗っていた機体…ディアブロの修理も今日終わるわ。
検査の結果に異常が無ければ、すぐにでもお兄さんに会いに行けるから。
(注射器で暗示性を高める薬を吸い上げて、それをプレシアに投薬する)

薬の効果が出れば、眠くなったり体が重くなったりするけれど
その感覚には逆らわず、眠くなれば眠ればいいし無理に体を動かそうとしたりしては駄目よ。
(装置から伸びるいくつものケーブルが繋がった、頭をすっぽりと覆い隠すようなヘルメット)
(それとコードで繋がったパットをプレシアのこめかみに貼り付け、ヘルメットを被せる)

プレシア、今被せたヘルメットの内側にはディスプレイが搭載されているのだけれど。
今、ディスプレイは起動している?

576 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/07/11(日) 15:03:13 ID:???
>>575
どういう機械でも、今日で最後になるなら、それだけで嬉しいです。
検査の時が来ると、どうしても気分が落ち込んじゃうから。
(どんな機械なのだろう、と思えば、椅子とヘルメット、それと大きな機械が見えて)

やっぱり、ディアブロも壊れちゃってたんだ…。
地上に飛んでくるなんて、魔装機神でもないと無理なのに。
あの、オウカさん、本当にありがとうございます。
いろいろ面倒を見てくれて、ディアブロのことまで。
(ぺこり、と小さくお辞儀をする中で、注射針が刺さり、体内に投薬されていく)
(説明を聞かされれば、それに応じるようにこくり、とうなずいて)

あんまり、無理はしないようにしますね。
(言うとおりにしよう、今日で終わりだから、と思いつつ、パットとヘルメットをつけて)
(起動させられたディスプレイを確認しながら)

はい、ちゃんと起動してるみたいです。 大丈夫ですよ。
(どんな検査なのだろうか、と考えながら、画像を見つめていて)

577 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/11(日) 15:20:59 ID:???
>>576
本当に検査が嫌いなのね。
ごめんなさい、今まで辛かったでしょう?

いいの。
私も本当の妹ができたみたいで、楽しかったわ。
また遊びに来い、とは言えないけれど。
(部屋の時計で薬の効果が出るまでの時間を計りながら心にもないことを口にして)

それじゃあ、今から装置を動かすわね。
(低い駆動音を響かせながら装置が起動して)
(同時にディスプレイには風景や動物などの映像が映し出される)
(普通の映像には見えるが、サブリミナル効果を狙ったものである為要所要所に数コマだけ、残酷な映像が織り混ぜられていて)

プレシア、あなたは私の言葉に耳を傾けてじっと映像を見ているだけでいいわ。
今日の検査はそれだけよ。
(時間の経過と共に映像は徐々に意味の無いものへと切り替わっていき)

578 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/07/11(日) 15:25:08 ID:???
>>577
いえ、謝らないでください。
だって、オウカさん達はそれが仕事なんですから。
あたしの方こそ、たくさん迷惑をかけちゃってごめんなさい。

(相手の真摯な様子に、迷惑をかけてしまったことなどをわびつつ)
(装置が動いていけば、ディスプレイに映る映像に眼を凝らす)
(残酷な映像には気づくことなく、そののんびりした風景に見入っていて)

それだけで、いいんですか?
なんか、今までの検査の中で、一番楽な検査、かも…。

(座って、話を聞きながら映像を見ているだけでいい)
(そういわれれば、検査といわれていたために張っていた緊張の糸も緩む)
(そのまま、あらわされる映像を一枚一枚、気にもせず見つめていて)

579 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/11(日) 15:42:25 ID:???
>>578
ありがとう、プレシア。
あなたのように優しい妹がいるなんて、お兄さんは幸せね。
(ここまで人を思い、捕らえ監禁している人間の一員にすら気遣うような言葉を口にできるプレシア)
(そのプレシアを変える)
(冷酷で非情な傀儡に変えること想像すると、愉快で堪らない)

ええ、それだけでいいの……
(映像は意味の無いものから更に切り替わり、略奪や殺害、強姦など残酷なものばかりになり)
(次にはハガネやヒリュウの面々の写真と殺せ、敵は殺せとしか表示されなくなり)
(ヘルメットに仕込まれたスピーカーからも敵を殺せと繰り返される)
(そればかりか、写真に写った人物を少しでも傷つけることを想像すれば)
(装置によって脳へと快楽を感じる信号が送られる)
(送られる快楽は相手の傷が深ければ深い程に大きいもので)

プレシア、私の声が聞こえる?
あなたは私の妹。
私のことが大好きで、私に気持ち良くしてもらうのが大好きな、おまんこ妹。
おまんこ妹のプレシアは、とっても甘えん坊。
だから、私に嫌われるのも私を不機嫌にするのも恐くてたまらない。
だって甘えさせてもらえなくなるから。
私さえいれば、他には何もいらない。
私に声をかけられ、命令されればそれだけで幸せで堪らない。
(映像が佳境に差し掛かると、いよいよ本格的にプレシアの洗脳を開始する)

580 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/07/11(日) 15:55:25 ID:???
>>579
でも、お兄ちゃんがそう思ってるのかな、って。
短気なことも多いし、方向オンチなのに地図をもっていかないで飛び出しちゃうし…。
地図を持っていても、あんまり変わらないことが多いから、
あたしがしっかりしないと、って思うこともいっぱいあるから。
(義兄の方向オンチに泣かされたのは一度や二度でもない)
(実際、今も大丈夫なのだろうか、という不安のある中で、映像が切り替わって)

え…?!
(映し出された映像に驚きの声を上げる)
(残酷な映像、テレビでこんなものが流れればすぐにチャンネルをかえるようなもの)
オ、ウカさん…、なんですか、この映像…?
なんか、すごく怖い映像ばかりで。
(何かが違っているんじゃないか、と思うものの、それを考える前に、更に画像が切り替わる)
(映し出されるのは、人の画像、それに殺せ、の文字)
(更にスピーカーからも、音声で殺せ、と命じられる)
こ、殺すって、そんなこと…
(魔装機でも、コクピットの直接攻撃など禁止されている)
(可能な限り、それ以外を攻撃することを考える中で、もし傷がついたら)
(あらわされている紫色のツンツン髪の少年のコクピットをすれすれで傷つけたら)
(そんな想像をした瞬間)
ぅ、く…っ?!
(感じたことのない、頭の奥底がしびれる感覚が全身へと伝わっていく)
(それから徐々にエスカレートしていく想像が、しびれる感覚をも強調していき)
ぁっ…、だ、め、考えちゃ、だめ、なのに…こんな、ことぉ…!
(想像してはいけないことをしてしまっている中、聞こえてきたオウカの声にふと気づき)

オ、ウカさん…? あ、たしは…オウカさんの、いも、うと…?
(唐突にかけられる言葉、オウカさんが大好きで、気持ちよくしてもらうのが大好き)
(おまんこ妹で、甘えん坊の自分、だから、オウカさんに逆らっちゃ、いけない)
(オウカさんだけ、いればいい、という中、言葉に懸命に逆らおうとして)
ち、ちが…、あ、たしは…お、にいちゃ、んが…いま、す…。
あたしは…オウカさんの、妹、じゃあ、ない、です…。
(書き換えられそうな感覚から逃れようと、兄の事を必死につむいで)

581 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/11(日) 16:20:58 ID:???
>>580
さぁ、私はプレシアのお兄さんではないから。
ただ、人によっては優しいとは思わず煩わしいと思う人もいるかもしれないわね。
それが近しい人で年下なら尚更。
私はプレシアくらいしっかりした子は好きだけれど。
(不安と疑惑を抱かせるような言葉を意図的に口にして)


そんなに驚くことではないでしょう?
だってプレシアはこういうの、大好きなんだから。
(映像はその手の映像を好むような人間ですら目を反らしたくなるような過激なものへと変化して)

敵は殺さなければならない。
生かしておけば、必ず報復に来るわ。
また必ず勝てるとは限らない。
今度はプレシアが殺されるかもしれない。
だって、プレシアが殺さないように注意したからと言って、敵が同じようにしてくれるとは限らないでしょう?
だから、殺すの。
殺すことは悪いことではないのよ。
(自分の命を守る、そんな免罪符を与えて抵抗を無くしていく)

お兄ちゃん?
プレシアにはお兄ちゃんなんていないでしょう?
いるのは私、兄ではなく姉よ。
よく思い出して、本当にお兄ちゃんがいたのかを。
(装置はプレシアの記憶を書き換えて、マサキをオウカへとすげ替える)
(そればかりか、それまで兄や仲間達と過ごした記憶を洗い流して)
(スクールで過ごした記憶へと書き換える)

お兄ちゃん、なんてプレシアにはいない。
お兄ちゃんを名乗りお兄ちゃんのように振る舞う人は憎くて堪らない。
プレシアと私を子供すらも騙せない嘘で引き離そうとするのが絶対に許せない。そんな人は殺したくて殺したくて堪らない。
一度や二度殺しても殺し足りないくらいに、憎くて憎くて仕方ない。
殺せるものなら千回でも万回でも殺したい。
そうでしょう?
私の可愛い可愛い、おまんこ妹のプレシア。

582 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/07/11(日) 16:40:45 ID:???
>>581
わずらわ、しい…?
お兄ちゃん、そんなこと…。 でも…。
(ふと思い返す。父が死んだ直後に起こしてしまった諍い)
(それから、後ろめたいものがまったくない訳でもない)
(だが、仲直りしたはず、と深く考えるよりも前に、映像が一層過激なものに変わっていき)

いや…、こ、んな映像…見たく、ないのに…。
オ、オウカさん、お願いだから、この映像をとめて…。
(少し朦朧としてきた意識、だが、画像だけは鮮明に頭に残ってしまいそう)
(そんな中、殺せ、という声と、オウカの声だけが聞こえて)
殺さなきゃ、だ、め…?
殺さなきゃ、今度は、あたしが、殺され、る…?
あたしが、注意をしても、敵が…してきたら…、あたしは、殺され、ちゃう…。
(ちょうど画像で、自分ほどの少女が爆風で吹き飛ばされる映像が見えて)
い、や…、死にたく、ない…。
死にたく、なんか、ない、よ…ぉ…。
(死にたくなければ殺すしかない。 自分を守るために、殺すのは仕方ないこと
(殺すのは、悪いことではない、と、徐々に認識が変化していき)

え、そ、んな、こ、と…
(あるはずない。 確かに、本当の兄ではないけれど、と思い返そうとした瞬間)
(頭に思い浮かんでくるのは、別の記憶。 いつも優しい姉のオウカ)
(言うことを聞き、いい子にしていれば、甘えさせてくれた大好きな姉)
あ、あ、あぁ…、そ、んな、は、ず…
(ないはずなのに、思い返せば、思い返すたび、洗い流され消えていく)
(自分が誰なのか、それすら流されそうな中、自分はスクールにいた、と)
(スクールですごしつづけていた自分に、兄などいるはずがない、と)

お、にいちゃ、ん、なんて、いない…。
あ、たしに、いるのは、おねえ、ちゃん…。
おねえ、ちゃんと、いつも、一緒、だった、あたし…。
それ、なのに、引き剥がそうと、する…おと、こ…。
(瞬間、マサキの姿がディスプレイに映って)
ゆる、せない…。 ころ、したい…。 なん、かいも…、何回、でも。
は、い…、オウカ、おねえちゃんの…言うとおり、です。
お姉ちゃんだけ、が…、あたしの、お姉ちゃん。
お兄ちゃんなんて、あたしには、いない…。

(数度、言葉を詰まらせながらも、オウカ・ナギサ、その人物だけ)
(自分がおねえちゃんと呼ぶのは彼女だけだ、と。 心からの認識を話して)

583 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/11(日) 16:57:42 ID:???
>>582
止めてもいいの?
(映像が止まると、快楽を与えられていた身体が冷めていき)
(ただの疼きに変わるよう装置を操作する)

そうよ、それに殺すことはとても気持ちのいいこと。
敵の悲鳴も苦痛に喘ぐ声も、聞いているだけでとても興奮する。
呼び掛ける言葉も説得の言葉も面白くて仕方ない。
羽虫にも足らない弱者が弱者がいくら喚いても、滑稽でしかない。
その愚かさを嘲笑いながら、より痛ぶって苦しめるだけ苦しめて殺してやりたくなる。
ためしてみなさい、プレシア。
(プレシアの手に玩具を銃を握らせる)
(映像は銃を構えた人間からみた景色に切り替わり、プレシアが玩具の引き金を引くたびに)
(映像では銃弾が放たれ老若男女問わず、次々と死んでいき)
(そのたびに装置によって、性的な興奮と快楽を与えて殺害と快楽を結びつける)

さぁ、今から映像に映る男を殺せば検査は終わりよ。
(映像の最後、洗脳されたプレシアに向かって必死に呼び掛け説得し、正気に戻そうとするマサキが映し出されて)

584 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/07/11(日) 17:10:02 ID:???
>>583

(止められた画像、目の前には何も移らないディスプレイが映る)
(だが、画像が止まったと同時に、別の感覚が生まれて)
は、ぁ、はあ、ぁ…。
どう、して? さっきまで、なんでもなかったのに…。
か、らだが…、止まらない。 内側から…、とま、らない、よぉ…。
(疼きが止まらず、椅子に座ったままで、全身を震わせる中)
(殺すことを肯定したことで、疼きが収まり、まだ画像を再生させられて)

殺すことが、気持ちのいい、こと…?
弱い人が、何を言っても、ただ、面白い、だけ。
弱い人の説得なんて、意味も、ない…。
その様を、見るのが、面白いから、いたぶって、こ、ろす…?
(そんな中、渡された玩具の銃)
(射撃は苦手、とはいえ、全く心得がないわけではない)
(そう、射撃の仕方はお姉ちゃんから教えてもらったんだから)
(撃ち方を思い出して、引き金を引いていく)
(銃弾が発射され、目の前にいる人物を次々と射殺していく)
(射殺をするたびに、閉じていた口元が笑みの形に変わっていく)
(白い肌も上気して、僅かに赤らんでいきながら)

は、ぁ、撃つのが…殺す、ことが、こ、んなに…いいこと、だったなん、て。
次の、映像で、おわ、り?
(間の抜けた声をあげる中、目の前に映ったのは緑髪の男)
(瞬間、ギリ、と歯を噛み締めて、銃口を向ける)
(数秒、銃が震え、抵抗を見せる、が、引き金を引いて)

うるさい、マサキ・アンドー…。
あたしは…アンタの妹なんかじゃ、ない。
あたしにお兄ちゃんなんかいないし、あたしが大切なのは…。
お姉ちゃん…、オウカお姉ちゃんだけ!!

(そう叫んで、引き金を何度も引く。 両手足、腹部、なぶり殺しにするように引き金を引いていく)
(最後に、マサキの頭を打ち抜きながら、仰向けに倒れたマサキに向け、何度も何度も引き金を引き続けて)

585 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/11(日) 17:22:43 ID:???
>>584
(たとえただの映像で、擬似的なものであっても容赦なく兄を痛め付けて殺したのを確認すると、装置を止めて)
(ヘルメットを外し、パットも剥がしてやる)

プレシア、これで検査は終わりよ。
気分はどう?
予定よりも随分長く検査していたから、心配だわ。
(実際予定よりも念入りな洗脳を施しており、その心身にかかる負担も大きくなっていた)
(しかし、言葉とは裏腹にプレシアのスカートの中に手を入れて割れ目を擦るように撫でてやる)

大切なプレシアに何かあったら大変だもの。
少しでも不調を感じたら、すぐに教えてね。
(万が一にも、洗脳が解けることがあってはならない)
(解けそうになる前に洗脳を施すくらい慎重でなくては)

586 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/07/11(日) 17:31:03 ID:???
>>585
ん…、は、あぁ…。
(装置が止まり、マサキの画像がなくなれば、玩具の引き金をカチカチ、と引いて遊んでいる)
(ヘルメットをはがされ、パットも剥がされれば、数度、頭を振って違和感を取り除こうとする)
(少し疲労に満ちた色と、赤らんだ顔をオウカに向けて、笑顔を向けながら)

ううん、大丈夫だよ、オウカおねえちゃん。
気分は…、不思議な感じ、だけど…とっても幸せな気分、かな…?
そんなに、長く検査をしてた、…ぁんっ、ふや、ぁんっ…!?
あ、あぁ、お、オマンコぉ…、お、ねえちゃ、ん…、心配、して、くれて、あり、がとぉ…。
(心身の疲労はあるものの、姉であるオウカに心配はかけない、と笑顔を浮かべる)
(そして、その割れ目は、先までの擬似的な殺害で感じた性的快楽ですでに濡れ始めており)
(姉に擦られるだけでも、甘い声を漏らし、甘えるような目つきで見上げながら)

う、ん…。お姉ちゃんに、迷惑をかけないように、する、ね…?
あたしは、お姉ちゃんのおまんこ妹、だから…、心配、かけさせたくないし。
(現時点での洗脳は硬く、姉であるオウカの声に素直な反応を示して)

587 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/11(日) 17:42:38 ID:???
>>586
そう、良かったわ。
さっきまで元気がなかったから。
心配してたのよ。
大事な大事なおまんこ妹に何かあったらどうしようって。

ええ、そう…随分と長く検査していたの。
だけでさっきも言ったように検査も終わりよ。
早くここを出ましょう。
(下着を押して、下着に愛液をたっぷりと染み込ませてやる)
(プレシアを労るように手を引いて立たせて)

だけど、その前に…
おまんこ妹に下着はいらないでしょう?
ここに捨てて行きなさい。
(甘えるようなプレシアに言い聞かせるように、頭を撫でながら普通ならば従わないであろう行為を命じて)

私を気遣ってくれるの?
やっぱり、プレシアは優しいわね。
『私の妹』として鼻が高いわ。
(今はただの洗脳だが、たとえ洗脳されてなくても、いずれは心の底から妹になるように変えてやろうと企んでいた)

588 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/07/11(日) 17:50:58 ID:???
>>587
ん…、どうしてだろう?
おかしいな、お姉ちゃんには迷惑をかけないように、って思ってたのに。
でも、もう大丈夫だよ、元気だし、いつでもお姉ちゃんの言うこと聞けるよ。
(だからもう心配しないで、と嬉しそうに微笑みながら)

そ、っか。 だから、まだちょっと頭がくらくらするんだ。
でも、これで検査も終わりなら、大丈夫だよ…んっ、あ、は、あぁ…んっ。
(下着を押し込まれ、敏感になっている割れ目から、愛液を滴らせて)
(下着にその愛液をしみこませながら、立ち上がって)

あ、そうだよね。
おまんこ妹だから、おまんこは出してないとダメだよね。
ちょっとだけ待っててね?
(言えば、何のためらいもなく、下着を脱ぎだしていく)
(まだ子供がはくような下着を脱ぎおろして、床に捨ててしまう)
(勿論、それに恥ずかしさを感じるような様子もないまま)
ごめんなさいお姉ちゃん、待たせちゃって。
(これで大丈夫だよね?と、見上げて笑顔を浮かべつつ)

だって、オウカお姉ちゃんの妹なんだからしっかりしないとダメかな、って。
オウカお姉ちゃんの役に立てるようなおまんこ妹になりたいんだから。
(役に立ちたい、という、本来の兄に感じていた感情を、彼女にあらわにして)

589 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/11(日) 18:03:22 ID:???
>>588
まだ本調子じゃないのかもしれないわね。
少しずつ元のプレシアに戻ってね。
これからの戦いは、プレシアが必要なの。
私の為に、たくさん殺してくれたらとても嬉しいわ。
(軽く頬にキスをしてやり、プレシアの手を引いて)

そうよ、常におまんこを濡らして
いつでもすぐにおまんこを使えるようにしておくのがおまんこ妹。
下着なんかいたら、すぐに使えないでしょう。
(下着を脱いだプレシアを軽くたしなめて、手を引いて部屋を出ていく)

そこまで言ってくれるなら、役に立つ立派なおまんこ妹になる為にトレーニングしてみる?
(横に並んで歩いていたが、プレシアの背後に回って)
(後ろから抱くように腕を回すと割れ目に指を潜り込ませた)

590 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/07/11(日) 18:10:27 ID:???
>>589
【ごめんなさい、オウカお姉ちゃん。ちょっと出かけなきゃいけなくなっちゃった】
【もし、お姉ちゃんさえよければ、凍結したいんだけれど、どうかな?】
【そういっても、来週の週末になっちゃうけど】

591 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/11(日) 18:14:00 ID:???
>>590
【来週の週末でも大丈夫よ】
【ただ、23時からになってしまうの】
【夜でもプレシアは大丈夫かしら?】

592 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/07/11(日) 18:15:40 ID:???
>>591
【あたしは、普段だと深夜0時からしかできないから、逆に歓迎だよ】
【16と18があるけれど、どの日がいいかな?】

593 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/11(日) 18:19:08 ID:???
>>592
【それじゃあ、16日にしましょうか】
【時間が時間だから長くするのは難しそうだけるど…】
【それなら16日の、時間は24時にする?】

594 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/07/11(日) 18:21:26 ID:???
>>593
【ん、わかったよ】
【遅い時間だから、お姉ちゃんも無理をしないでね】
【時間はそれくらいからが嬉しいかな】
【念のための確認だけど、16日から、17日にかわるとき、で大丈夫だよね?】

595 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/11(日) 18:25:04 ID:???
>>594
【時間はそうしましょう】
【この時間帯は日時の感覚が人によって違って、曖昧だものね】
【ええ、そうよ16日から17日に変わる時に伝言板で会いましょう】
【出掛けないプレシアをいつまでも引き留める訳にはいかないから】
【そろそろ解散かしら、入れ違いにならないよう確認もできたしね】
【お疲れ様、楽しい時間をありがとう】

596 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/07/11(日) 18:26:29 ID:???
>>595
【うん、わかった、ありがとう!】
【それじゃあ、出かけてくるね!】
【お姉ちゃんもありがとう、とっても楽しかったよ】
【またできるときを楽しみにしてるね!】

597 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/11(日) 18:29:40 ID:???
>>596
【気をつけてね】
【私も楽しみにしているわ】

【スレを返すわね】

598 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/07/11(日) 21:34:22 ID:???
また>>2で待機してみるね。

599 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 22:35:50 ID:???
よく見るけど、ジンキシリーズがどうにもなじみが無くて、
お相手立候補できないのが歯がゆい。

600 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/07/11(日) 22:45:10 ID:???
>>599
もし私たちを知ってる人なら私も相手してほしかったです。
はぁ…残念。私たちって思ってたよりマイナーなのかなぁ。
(モリビトフィギュアをいじりながらいじけてみて)

601 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 22:50:57 ID:???
今度エロゲー化するんだよな、滅茶苦茶驚いた

602 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/07/11(日) 22:59:46 ID:???
>>601
あ、あはは…あれは私もビックリした。
ジンキを動かすとか、そういうゲームじゃないみたいだね
しかも「待望の」って…
あ、あれ?ジンキってそういうシリーズだっけ???

603 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 23:06:11 ID:???
このスレ的に外れるが、カリスがきっと活躍するに違いない…がんばれ。
青葉の邪魔になるので待避。

604 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/11(日) 23:09:00 ID:???
そう思うならなんで話しかけてきてんだよ
邪魔にしかならないのはわかってたはずだろ?
ナニ?名無しでもいいですかと言ってもらえると思ったの?w

605 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/07/11(日) 23:11:43 ID:???
>>603
あー…なんかそういうのは遠慮したいかも。
私としてはジンキをガシガシ動かして遊べるようなゲームがよかったなぁ…はぁ。
いいもーん。海○堂が作ってくれたモリビト2号で遊んでるもーん。
うん、じゃあね。おやすみなさい。

606 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/07/12(月) 00:08:21 ID:???
そろそろ待機を解除しますね。
ありがとうございました。

607 :ナツメ・イザヨイ ◆3OF47hBeQA :2010/07/12(月) 13:56:11 ID:???
>>222のシチュエーションで少し待機するのじゃ】

608 :ナツメ・イザヨイ ◆3OF47hBeQA :2010/07/12(月) 14:18:12 ID:???
【ふむ、ここまでじゃな】
【ではお暇するのじゃ】

609 :ナツメ・イザヨイ ◆3OF47hBeQA :2010/07/13(火) 12:12:58 ID:???
【ふみゅ……>>222のシチュエーションで14分くらい待機するのじゃ】

610 :ナツメ・イザヨイ ◆3OF47hBeQA :2010/07/13(火) 12:29:08 ID:???
【作品・キャラクター変更は相談の一文を入れ忘れておったがまあ、時間じゃな】
【では暇する】

611 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/07/13(火) 21:42:15 ID:???
また>>2で待機してみるね。

612 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/07/13(火) 22:46:23 ID:???
待機を解除します。お休みなさい

613 :名無しさん@ピンキー:2010/07/13(火) 23:25:25 ID:???
TRPG系かもしくはパワプロ(みずき×あおい)で掛けてくれる人を募集してみる

614 :名無しさん@ピンキー:2010/07/13(火) 23:28:42 ID:???
>>613
TRPGってたとえば? …というか、半ばオリジナルのような気が。

615 :名無しさん@ピンキー:2010/07/13(火) 23:32:53 ID:???
>>614
はやっ。
リプレイとか…かな。アリアンとかナイトウィザード辺りが希望です。

616 :名無しさん@ピンキー:2010/07/13(火) 23:48:54 ID:???
>>615
うーん…残念ながら、わかりません…

617 :名無しさん@ピンキー:2010/07/13(火) 23:54:04 ID:???
>>616
そうですか……あとは、ソードワールド(へっぽこ、ぺらぺら)は分かりますが出来るかはわからなくて……
そちらが分かるシステムはなにがあるでしょうか?

618 :名無しさん@ピンキー:2010/07/13(火) 23:57:28 ID:???
>>617
ソードワールドは何回かやったことがありますが、リプレイは読んでいなくて…残念です。

619 :名無しさん@ピンキー:2010/07/14(水) 00:02:22 ID:???
>>618
そうですね……今回はごめんなさいでも大丈夫でしょうか?

620 :名無しさん@ピンキー:2010/07/14(水) 00:09:05 ID:???
はい。…半ば、興味があって声をかけただけですし。
お邪魔して済みませんでした

621 :名無しさん@ピンキー:2010/07/14(水) 00:12:59 ID:???
>>620
いえいえ、声かけだけでもありがたかったです。
今夜はこの辺で失礼しますね。スレをお返しします

622 :名無しさん@ピンキー:2010/07/14(水) 01:18:22 ID:???
ほぅ

623 :黄坂ルイ ◆3tPwipIads :2010/07/14(水) 23:31:06 ID:???
>>611
何時も頑張ってるから、差し入れ。
つ【媚薬入り塩コーヒー】

ジンキも時間経つにつれて色々変わっちゃったけど、私はやっぱり無印が一番好き。
ぶっさいくな青葉がね(クスクス

まぁなんて言うか…最初の気持ち貫くのって難しいのかもね。
じゃ、「また」ね。青葉。

624 :来海えりか ◆Is4G49rpOQ :2010/07/15(木) 02:00:39 ID:???
【出典】ハートキャッチプリキュア
【希望】砂漠の使徒に捕まえられて洗脳。従順な僕にされる

【待機するわ!砂漠の使徒って言っても女じゃサソリーナかダークプリキュアしか
いないと思うけど。】

625 :来海えりか ◆Is4G49rpOQ :2010/07/15(木) 03:06:50 ID:???
【待機解除するわー】

626 :ナツメ・イザヨイ ◆3OF47hBeQA :2010/07/15(木) 13:38:25 ID:???
>>222のシチュエーションで1分くらい待機してみるのじゃ】
【キャラクター変更は相談でお願いしてたもれ】

【おお、関係はあんまりないが、アリアンロッドやナイトウィザードのリプレイキャラは出版が新しい方なら…
古い方はキャラクターを思い出せばやれなくも無いかも……じゃな】

627 :ナツメ・イザヨイ ◆3OF47hBeQA :2010/07/15(木) 13:42:52 ID:???
【むぅっ……一分って何じゃ!?】
【ん、む、まあ書いてしまったものは仕方がないのじゃ】

【今日はこれで待機を解除するぞ】
【では、暇する】

628 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/07/15(木) 21:41:27 ID:???
>>623
ルイが私に?へぇ…なんだかへんなの。
ん、でもありがとう。えへへ、頑張ってるってほどのことでもないけど。
(はにかみながらルイから渡されたコーヒー口を受け取る)

うん私もね、一番好きなのは最初の頃なんだ。
今ももちろん好きだけど、あのときが一番楽しかった。
ぶ、ぶさいくって…わ、私そこまで言われるほどひどい顔してないもん!
(むぅっとしながら、心配そうに鏡をちらちらみて)

(ルイがくれたコーヒーへと口をつけるが)
んんんんんん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!??
(ありえない塩の味に目を大きく開いて、いつかのように口を押さえて走り回る)
ちょ、ちょっと…ルイ!またやったわね!
(じとぉっと恨めしそうにルイを見て)

【声をかけてくれて嬉しいよルイ】
【今夜も見てくれてるかわからないけど、また>>2で待機するね】

629 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/07/15(木) 23:29:28 ID:???
そろそろ待機を解除するね。ありがとうございました。

630 :黄坂ルイ ◆3tPwipIads :2010/07/15(木) 23:42:43 ID:???
>>628
あら、私が給仕するのは変?
ふぅん…普段青葉が私をどういう風に見てるか解っちゃった。
……仲良く出来ると思ったのに。これで青葉と私は敵同士ね。

(冷たく見つめながらも、差し入れに口を付けた青葉にぽつりと一言)
……飲んでるし。
んー。感謝してね?
普通味なら、飲んだ今青葉は今ごろ大変なコトになっちゃってたから。
…どうなったか、知りたい?
(期待通りのリアクションに満足そうに頷きつつ、薄く微笑んで)
鏡、見るだけ無駄よ。今のあんたは立派に美少女だし。
……あのころがぶさいくで嫌なら、地味でもいいわね。
主役とは思えないモブ顔でも、目付き悪いヲタ姉ちゃんでもいい。
(猫がネズミをいたぶるような笑顔で、酷い例えを連発し)

でも、まぁ、私も楽しかんでるわ。……喧嘩からの出会いって奴から、ずっと。
(恨みがましい視線を受け流しながら、真剣な眼差しを返し)
(突然、可愛くにこりと微笑んだ)
……好きよ、青葉。

【応じてくれてありがとう】
【とりあえず置きレスポンス。都合、伝言にでも上げてくれれば時間あわせる】
【今日は此まで。…じゃ、またね】

631 :名無しさん@ピンキー:2010/07/16(金) 21:13:26 ID:???
青葉、待ち合わせ伝言板だけでなくここにも返事書いておいたら良いのに。

632 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/17(土) 00:08:34 ID:???
【プレシアとスレを借りるわ】

633 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/07/17(土) 00:12:36 ID:???
【オウカお姉ちゃんとスレッドを借ります】
【次はあたしから、だったよね】
【少し待っててね】

634 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/17(土) 00:19:49 ID:???
>>633
【焦らず、ゆっくりね】

635 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/07/17(土) 00:22:23 ID:???
>>589
そう、なのかな?
少しずつでも…ちゃんとあたしにならないと。
だって、あたし、お姉ちゃんの役に立たないといけないんだもん。
お姉ちゃんが必要だって言ってくれるなら、あたし何でもするから。
お姉ちゃんのためなら、たくさん、たくさん殺すから…ぁ。
(頬へのキスだけで顔を赤く染めて、うっとりした様子で見上げて)
(キスをされた場所を、指で軽くなぞって)

うん、おかしいなぁ…。
ちゃんと覚えてたはずなのに、どうして忘れちゃったんだろう?
お姉ちゃんのおまんこ妹だって、いつも言われてたのに。
ごめんなさい、お姉ちゃん。 手間なんかかけさせちゃって。
(手を引かれて部屋を出て行けば、姉を手間取らせたことにすまなそうな表情を浮かべて)
(一緒に廊下を歩く中、急に後ろに立たれれば、一瞬、驚いた表情を浮かべるものの)

トレー、ニング…?お姉ちゃんと、一緒に?
(少し戸惑い、困惑を浮かべるものの、割れ目に指が這っただけで声が上ずって)
ひゃ…ぁんっ、んぅ…。 トレーニング、す、るぅ…。
お姉ちゃんの、おまんこ妹に…、立派なおまんこ妹になる、トレーニング、して、ほしいの。
(告げながら、オウカの手に自分の手を合わせる)
(すでに割れ目は軽く潤っていて)

636 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/17(土) 00:43:34 ID:???
>>635
そう言ってくれるだけで、嬉しいわ。
プレシア、焦らなくていいの。
少しずつおまんこ妹になってくれればいいのだから。
(そっと頬を撫でて、笑いかける)

ちゃんと思い出してくれたから、気にしなくていいの。
プレシアは洗脳されていたみたいだから。
でも、もう大丈夫。
洗脳は解けて、プレシアはおまんこ妹に戻れた。
もう何も心配しなくていいの。
(優しく話しかけながら歩き、申し訳なさそうなプレシアの頭を撫でて)

そう、トレーニングよ。
おまんこ妹のトレーニング。
私はおまんこを弄ってあげるから、プレシアは乳首を弄りながら歩きなさい。
そのまま、部屋まで行くわよ。
(プレシアの割れ目に指を沈めて、中を擦って)

637 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/07/17(土) 00:56:56 ID:???
>>636
あせらなくていいのかも、しれないけど…。
でも、やっぱりおかしいなぁ、って。
お姉ちゃんのこと、大好きなのにお姉ちゃんのおまんこ妹だって、
何があっても忘れないように、って思ってたはずなのに。
(どことなく不安そうな表情を浮かべてしまう)
(しかし、頬を撫でられれば、それだけでも不安が消えていき、安堵感が生まれて)

洗脳…?
あたし、もしかして洗脳されてたの?
(信じられない、と驚いた表情を浮かべつつ、頭を撫でられ、こくり、とうなずいて)
お姉ちゃんが、洗脳を解いてくれたんだよね。
あたしが利用されないようにって、ちゃんと元に戻れるように、って。
でも、それだったら、ハガネも、ヒリュウも…みんな殺さないと気が済まないかも。
(植えつけられた敵意、ハガネ、ヒリュウ、無論、マサキへの殺意や憎悪をあらわにするものの)
(頭を撫でられてしまえば、沸き立っていた殺意も収まり、軽く身体を預けつつ)

う、ん…。
おまんこ妹のトレー、ニング…ぅ、ん。
乳首を…?こう?こう、すればいいの…?
(シャツの下、まだブラもつけていないような幼い胸)
(シャツのすそから手を入れて、乳首をゆっくりとさすり始める)
(その中、指を沈められると、若干湿った音を響かせて)
ん…ぁ、ふぁ、ん…。 ちゃ、ちゃんと、歩かない、と…ぉ。
(中を擦られると歩む速度が落ちてしまう)
(すられるたびに、オウカに体重を預けてしまいそうになって)

638 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/07/17(土) 01:29:36 ID:???
【もしかして落ちちゃった、かな?】
【もう少し待ってみるね】

639 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/17(土) 01:31:04 ID:???
>>637
そうね。
一人にしてごめんなさい。
ずっと不安だったでしょう?
もっと早くプレシアに会いに行ければ良かったのだけど。
お詫びと言うわけではないけれど、これからはずっと一緒に居られるわ。
プレシアの機体、ディアブロを改修したの。
私のラピエサージュと対になるように。
だから、普段も戦場でもずっと一緒。
嬉しいでしょう?おまんこ妹、プレシア。
(頬にキスをして、小さな身体を抱き締めて)
(耳元で囁いた)


えぇ、そう。
おまんこ妹であることを忘れるくらいに、強力な洗脳を受けていたの。
しかも、それが解けないようにお姉ちゃんではなく、お兄ちゃんがいるんだと思わせて。
お姉ちゃんの役に立ちたい気持ちを、お兄ちゃんの役に立ちたい気持ちに変えたの。
そして、全く他人をお兄ちゃんに仕立て上げて、プレシアのお兄ちゃんの役に立ちたい気持ちを利用していたのよ。
(つい今、自分がしたことをそっくりそのまま)
(そう、洗脳されていたのだと吹き込んで)

そう、許しちゃ駄目なのよ。
彼らは皆殺しにしないと。
ラトもゼオラもプレシアと同じように洗脳されてしまっているの。
しかも、二人の洗脳はプレシアよりもずっと強力。
プレシアと同じように助けてあげたいけれど……。
どうしても無理なら…仕方ないわね。
(プレシアの殺意を制御するように、身体を預けるプレシアを優しく撫で続けて)

そう、その調子。
最初は優しく擦ってあげて。
その内固くなっていくわ。
コリコリに固くなってきたら摘んだり、引っ張ったりしてみなさい。
(ゆっくりと歩くプレシアに合わせて歩みを進めていく)
(プレシアの身体を支える姿はまるで姉妹だが…)
(ただし、プレシアが立ち止まれば沈めた指の動きも止めてしまい)


640 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/07/17(土) 01:49:04 ID:???
>>639
大丈夫だよ、お姉ちゃん。
だって、あたしはお姉ちゃんのおまんこ妹なんだから。
少しくらい、不安で、寂しくても、泣いたりとか、寂しがったりしないように、我慢できるから。
それに、これからずっと一緒にいられるんだったら、それだけであたしは幸せだもん。
って、ディアブロを?
お姉ちゃんの機体と、対の機体になれるように…。
うん!あたし、お姉ちゃんにそこまで思ってもらえるなんて、すごく嬉しい!
お姉ちゃんのおまんこ妹で本当に幸せだよ、あたし!
(頬に落とされたキスと、全身で感じるオウカの体温)
(姉と一緒に戦場に立って役立てる、というだけで感じ入ってしまうほど)
(顔を赤くほてらせて、オウカへの信頼、傾倒、愛情をいっぱいに瞳に写し)

そんなに強力な洗脳をされてたん、だ。
だから、ずっと頭が重たくて、最近のことが、ぜんぜん…。
(記憶に齟齬がある部分が消えている)
(違和感はあるものの、それが洗脳による後遺症と思えば不思議でもなんでもなく)
おにい、ちゃん…? あたし、お兄ちゃんなんていないもん。
あたしにいるのは、オウカお姉ちゃんなんだから。
だから、お兄ちゃんって名乗ってるあの男だけは、絶対に許せない。
お姉ちゃんの前で、八つ裂きにしてあげるからね?
(姉の前で、姉への思いを利用した男を八つ裂きにする)
(そんなことも躊躇いなく口にしながら、オウカへの笑顔を向ける)
(時折頭に生まれている頭痛なども、全て洗脳から開放された後遺症だ、と思い込んで)

ラトゥーニや、ゼオラお姉ちゃんも…あいつらに…。
でも、お姉ちゃん。 あきらめないで?
だって、あたしだって助かったんだもん。
あたしも協力するから、ね?
(制御される殺意、そして―――刷り込まれた記憶)
(自分よりも年上の二人の少女、ラトゥーニとゼオラ)
(スクールで、同じようにオウカを慕っていた姉妹)
(あの二人も、利用をされていると聞けば、二人を助けたい、と思う反面で)
(一層、ハガネやヒリュウへの憎悪が高ぶっていく)
(そんな中、オウカの手で撫でられれば、殺意や憎悪を少しずつ静めて)

すこしず、つ…やさ、し…く、ぅ…。
硬く、な、ったら…自分でつまんだり、ひ、っぱったり…?
んっ、ぁ…こう、すれば…いいの?
オウ、カおねえちゃ、ん。 あたしの、乳首、ちょっとずつ、硬くな、ってる。
これで、いいんだよね…んっ、ふは、ぁ…ん。
(支えられ、歩みながら自分に乳首を愛撫していく)
(指先が、少しずつ硬くなる乳首を感じ取り、言葉通りに乳首への刺激を強める中)
(いったん、足が完全に止まってしまって、指の動きも止まれば)

ぁっ…、ご、ごめ、んなさ…ぃ。
あるく、から…ぁ、ちゃんと、歩くから、おまんこ…とめない、で…ぇっ…。
(指を止められると、甘えさせてもらえない、と思ったのか)
(懇願をするような口調でオウカにねだりながら、また、ゆっくりと歩き出して)

641 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/17(土) 02:18:27 ID:???
>>640
そうね、プレシアは良い子だから我慢してくれるわ。
でも我慢したからと言って、 不安や悲しみ、寂しさが消える訳ではないでしょう?
敵に弱味を見せるべきではないけれど、私にはちゃんと正直に言ってもいいの。
そうでなければ、また洗脳されつしまうわ。
彼らはそういう心の弱い部分につけこんで洗脳しているの。
ゼオラやラトだけでなく、プレシアともまた離れ離れになって
その上戦うなんて…私は堪えられないわ。
(自身へどんどん傾倒していくプレシアを見て、微笑んで)
(プレシアから見れば、洗脳が解けて一緒にいられて嬉しいから優しく微笑んだように思えるかもしれないが)
(実際は今も尚、洗脳が進んでいることを確信して笑みを浮かべたに過ぎず)

そうよ、それに伴って追加の武装や機能もあるからちゃんと使えるようになるのよ。
私と一緒に戦えるように…ね。
(プレシアと共に歩きながら、そっとクリトリスを弾いて)

そう、強力な洗脳が解けたばかりだから、暫くは記憶の混乱や頭痛と言った後遺症があるかもしれないけれど。
それも私と解消して行きましょうね。
一番確実なのは、プレシアのお兄ちゃんをプレシア自身が殺すことでしょうけど……
それはとても危険な方法だもの。
洗脳か解けたばかりで、不安定なプレシアにどんな影響が出るか分からないから。

ありがとう、プレシア。
二人で助けて、二人で洗脳を解いてあげましょうね。
(膨れ上がる殺意の鎮静を続けながら、殺意や憎悪を強化し過ぎたかと不安になるが)
(この後、実際にシミュレーションをして失敗かどうかを探ることを決めて)


胸の先がだんだん痺れたみたいになって来たでしょう?
プレシアが感じている…乳首で気持ち良くなっている証拠よ。
おまんこ妹でいれば、その気持ちいいのをずっと味わっていられるの。

ゆっくりでもいいの、ただ立ち止まらないように。
あぁ、イッた時は立ち止まってもいいわ。
(プレシアが歩き始めると、再び指を動かし始める)
(今度はさっきよりも少し早く、深く動かして)

【さっきは、待たせてごめんなさい】
【そろそろ眠くなってきてから、また凍結をお願いしたいのだけれど】

642 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/07/17(土) 02:21:26 ID:???
>>641
【ううん、大丈夫だったみたいでよかった】
【時間も時間だし、お姉ちゃんがまたしてくれる、っていうなら喜んで】
【今度は、一番早くて18日の深夜が空いてるんだけれど、お姉ちゃんは?】

643 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/17(土) 02:24:57 ID:???
>>642
【心配かけてごめんなさい】
【18日なら、私も大丈夫よ】
【ただやっぱり開始は早くても23時、翌日が早いからリミットも今くらいになるのだけど】
【それでもいいかしら?】

644 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/07/17(土) 02:27:04 ID:???
>>643
【うん、あたしも今日と同じくらいになっちゃうから、時間はそれでいいよ】
【またお姉ちゃんにかわいがってもらえるだけで嬉しいから】

645 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/17(土) 02:31:13 ID:???
>>644
【開始は23時、と言うことでいいかしら?】
【それとも今夜と同じように24時にする?】

【そう言って貰えると嬉しいわ】
【次は本格的な調教に移れるといいわね】

646 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/07/17(土) 02:41:52 ID:???
>>645
【ごめんね!再起動してた】
【時間は24時のほうが確実だから、そっちのほうがいいかも】

【調教は、えっと…やさしく、してね(?)】

647 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/17(土) 02:42:29 ID:???
【ごめんなさい】
【本当に寝てしまいそうだから、私はこれで落ちるわね】
【今夜はありがとう、とても楽しかったわ】

648 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/07/17(土) 02:43:49 ID:???
>>646
【最後に確認できて良かった】
【それじゃあ、24時楽しみにしているわ】
【お休みなさいプレシア】

649 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/07/17(土) 02:46:36 ID:???
>>648
【ううん、こっちこそごめんね!】
【それじゃあ、18日の24時に今日と同じ場所で待ってるね】
【お姉ちゃん、今日はありがとう! またね!】

【スレッドをお返ししまーす!】

650 :名無しさん@ピンキー:2010/07/17(土) 03:03:55 ID:???


651 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/07/18(日) 00:16:52 ID:???
名前:西堀さくら/ボウケンピンク
年齢:22
身長/体重:162センチ
3サイズ:85−61−84
髪型:一部を結って流した黒髪のロング
性経験:処女
性格:生真面目
服装:SGS財団支給のピンクのジャケット。ミニスカート。ロングブーツ。
身体的特徴:細身
MCの希望:風のシズカに洗脳され、無様にもてあそばれて下僕に。
出典:轟轟戦隊ボウケンジャー
待機します。


652 :ナツメ・イザヨイ ◆3OF47hBeQA :2010/07/18(日) 13:53:51 ID:???
【出展:ギャラクシーエンジェルU】
>>222で27分くらい募集してみるのじゃ】

【キャラチェンジは相談で】

653 :名無しさん@ピンキー:2010/07/18(日) 14:20:24 ID:???
はいノシ立候補します。
二時間位しか時間はないけど大丈夫?
希望は>>613な感じです。

654 :ナツメ・イザヨイ ◆3OF47hBeQA :2010/07/18(日) 14:24:25 ID:???
>>653
【ま、まさか人が来よるとは……】
【それはそうと、それはアリアンロッドかナイトウィザードの選択になるのかえ?】

655 :名無しさん@ピンキー:2010/07/18(日) 14:32:09 ID:???
>>654
手を挙げれそうだから少しだけ気にしていた訳だけど、驚かれるとは思ってなかった訳で……

えーと、アリアン・レジェンドのフレアとかできますか?
こっちはセレネがしたいかなぁと

656 :ナツメ・イザヨイ ◆3OF47hBeQA :2010/07/18(日) 14:33:12 ID:???
【アリアンロッドだったら、アキナ・ブルックスか、ベネット。
ナイトウィザードだったらエリスかくれはがやりやすいのじゃあとはそれなりじゃな】

657 :ナツメ・イザヨイ ◆3OF47hBeQA :2010/07/18(日) 14:35:38 ID:???
>>655
【おっと、フレアじゃな?】
【了解じゃ】
【で、シチュエーション展開は連鎖落ち風味かの?】

658 :名無しさん@ピンキー:2010/07/18(日) 14:40:50 ID:???
>>657
【ベネット……!!】
【いやいや、えーと違うギルドにセレネがいっちゃうやつがあったと思うのですが、使い魔にして一緒に……とかをとりあえず考えてました】
【連鎖落ちするとしたら、誰なんでしょうか…?】

659 :フレア・コロローナ ◆3OF47hBeQA :2010/07/18(日) 14:43:57 ID:???
>>658
【えっとですねー】
【セレネちゃんが既に操られていてさらに仲間を増やすと言う意味でだよ?】

660 :セレネ ◆LEcBL3r1H3Bv :2010/07/18(日) 14:48:00 ID:???
>>659
【あ、うん。(堕ちてる)のは間違いなくわたしなんだけど…】
【(黒幕は)カタリーナ辺りなのかなぁ、って】

661 :フレア・コロローナ ◆3OF47hBeQA :2010/07/18(日) 14:51:19 ID:???
【そうかも、分からないけど】
【あ、>>222の要素はどうしよう?】
【後は書き出しはどっちからにする?】

662 :セレネ・コロローナ ◆LEcBL3r1H3Bv :2010/07/18(日) 14:55:15 ID:???
【いきなりじゃなくていいなら、食べたら催眠に掛かっちゃうワリをわたしがお姉ちゃんに食べさせて】
【最後に寄生生物をたべさせるパターンで】

【いきなりだったら、使い魔のポメロからのアルコールのようなものに混ぜちゃうの、とかどうかな?】

663 :フレア・コロローナ ◆3OF47hBeQA :2010/07/18(日) 15:00:42 ID:???
>>662
【なら後者で良いと思うよ?】
【じゃあトイレに入って無防備でいる所でポメロに襲われて
アルコールに混ぜたような催眠物質を注入または嗅がされる展開で】

664 :セレネ・コロローナ ◆LEcBL3r1H3Bv :2010/07/18(日) 15:06:06 ID:???
>>663
【うん、じゃあそんな感じでやってみますね】
【書き出してみるけど、なにか初期状態とか展開に希望はあります?】

665 :フレア・コロローナ ◆3OF47hBeQA :2010/07/18(日) 15:10:01 ID:???
>>664
【うん、お願いねセレネちゃん】
【そうだねー…じゃあ足元からのモンスター又はトラップ(特殊効果有り)をトイレに…まあ出来たらでいいよー?】

666 :セレネ・コロローナ ◆LEcBL3r1H3Bv :2010/07/18(日) 15:22:20 ID:???
お姉ちゃんを私にくれるって、ご主人様がいったんだ。
ばれちゃったらいけないし絶対に成功させないと……あ、でもお姉ちゃんだともしかしたら私とおんなじじゃあ上手く行かないかもしれないし……
(あれから(度々)借金の足しに少しでもなればとセレネはカタリーナの家でたまにメイドとして働いている)
(実はその度に、催眠薬に浸けられた結果、価値観に大きな歪みが生じているわけだが、いつもはこれまで通りにふるまっていて、姉を堕とす機会を伺っていた)
(で、場所に選んだのは、商会にあるトイレでここなら二人だけになるはず…)
(そんなわけである時「一緒にいく」と言ってぶつぶつと聞こえないよう独り言を呟きつつ、フレアの側をついて行く)
(上手く行けば、個室に仕掛けた罠が作動して、動きを鈍くさせてくれるはずだ)


【お待たせしました。こんな感じで、どうですか……?】

667 :フレア・コロローナ ◆3OF47hBeQA :2010/07/18(日) 15:35:13 ID:???
>>666
(セレネに誘われ、嬉しそうな笑顔でカタリーナの家に行くフレア)
新作のワリを食べさせてくれるなんて楽しみだねー、セレネちゃん!

(商会に着くと、あらかじめ盛られた利尿剤が効果が表れたのか、もじもじとしながら、セレネに耳打ちをして)

あ、セレネちゃん…ちょっとおトイレに行ってくるけど…え、一緒に行く?
うん、いいよ。
(そんな会話をしているとトイレに着き、アを開けて入る)

【流石セレネちゃん、気合いが入っていて良い感じだよ!】

668 :セレネ・コロローナ ◆LEcBL3r1H3Bv :2010/07/18(日) 15:50:10 ID:???
>>667
うん、名前以外は普通のお菓子だもんね。
あとでお土産もってかえろ?
(カタリーナと目配せをしている、計画通りにフレアにワリを沢山食べさせて)

うん、実は私も行きたくなっちゃって……
(と、そんな感じでトイレについて行く)
お姉ちゃん……でも、最初だけだから♪
(個室に入ったらすぐにトラップは発動するようになっている)
(それ自体は麻酔のような、動きをただすこしだけ鈍くさせるようなもので)
(力の劣るセレネでも、分かってないフレアの隙を一瞬でもつくことができるはずで)
(戸に身を滑り込ませて、フレアの口の中にカプセル状のものを放り込む)
(この中には、セレネに寄生しているのと全く同じものが沢山入っていて)

【それは、相手がお姉ちゃんですからっ】
【……とはいったものの、四時辺りには出かけなきゃいけません。凍結とか大丈夫ですか?】

669 :len=108:2010/07/18(日) 15:58:21 ID:???
【いや、やっぱりまだ大丈夫です。予定の方を五時くらいに伸ばしたから】

670 :フレア・コロローナ ◆3OF47hBeQA :2010/07/18(日) 16:09:04 ID:???
う〜、おトイレおトイレ〜!

ひゃっ…!?
(催しがさらに高まり、少し小走りに扉を開けて中に入ると、突然ガスが顔に吹き出吸し、
ガスを吸い込んでしまう)

あうぅ…
(ガスの効果一瞬意識を失い倒れかかるとセレネに抱き止められ、少ししてぷるぷると頭を振り)

セレネちゃんありがとう…あむっ!?
……こくん。

(お礼を言おうと口を開けた瞬間、口の中に何かを放り込まれ、思わず飲み込んでしまい、カプセルは胃の中に入ってしまう)

【なるほど…近い内なら火曜日から土曜日の十二時からくらいになるけど…】

671 :フレア・コロローナ ◆3OF47hBeQA :2010/07/18(日) 16:16:43 ID:???
【あ、了解です。】

672 :セレネ・コロローナ ◆LEcBL3r1H3Bv :2010/07/18(日) 16:21:59 ID:???
えへへ……飲んじゃったね、お姉ちゃん。
そだ、お姉ちゃんってトイレにおしっこをしに来たんじゃなかったの?

(くらっと、よろめいたフレアの体を抱きとめて、飲み込むのを助けるように顎に指を当て、ちょっと持ち上げる)
(飲み込んだのを確認するとえへへ、と軽く笑みを浮かべてもともとなにをしに来たのかを思い出させる)

……でも、お姉ちゃんは、どんなに力をいれても、どんなにくるしくてもおしっこできないよ。ね、お姉ちゃん。
(……一つの指令をおまけにつけて)

【ええっ……えーと……こまったなぁ…土曜でもいいかなぁ?時間はそれで構わないよ】

673 :フレア・コロローナ ◆3OF47hBeQA :2010/07/18(日) 16:36:17 ID:???
>>672
(飲み込んだカプセルから出た寄生体は、吸収され血流に乗って脳や下半身に取り憑いて行き支配していき頭の中がだんだんと霞みがかかって行く時、セレネの声がして)

あ、そうだった!
おしっこをしなくちゃ!

(セレネの次の言葉を聞くことも無く、
だるそうに起き上がるとトイレに入って白い下着を下ろししゃがみ込んで下腹部に力を入れるが…)

ん…んん〜〜あれっ、あれ〜?
(そんな声がトイレの個室から聞こえて来る)

【じゃあ土曜日でと言う事で】

674 :セレネ・コロローナ ◆LEcBL3r1H3Bv :2010/07/18(日) 16:46:50 ID:???
そうだよね、おしっこできないよね。
お姉ちゃん、それはね。
お姉ちゃんは私の…セレネの所有者(もの)だから。
私が、命令してあげないとおしっこもできないの。
あのね、でも「ご主人様」がいいよって命令するとものすごく気持ちよくおしっこできるの。
気持ちよすぎて、なんにも分からなくなっちゃうの。
なんにも分からなくなって、聞こえるのは私の声だけになっちゃう。

ね、お姉ちゃん。だから、ご主人様にお願いしてみて?
私に「ご主人様、おしっこしたいです」っていってみて?

(だるそうにしゃがむフレアの耳元までゆっくり近寄って)
(ひとつひとつ染み込ませるようにフレアに向かって話し続ける)
(カプセルの生物、麻酔のトラップ、尿意が、二人のいる、置かれている状況とセレネの異常さをぼやけさせる役割を果たしているはずで)

【はい、了解しました】
【場所はここでなく、待ち合わせスレでお姉ちゃんを待ってますね】

675 :フレア・コロローナ ◆3OF47hBeQA :2010/07/18(日) 16:55:59 ID:???
>>674
(ぼーっとした目で、下半身を震わしながら力んでいると、耳元でセレネに囁かれ)

んんっ…
そ、そうなんだ……うん、分かった
おしっこしたいよ、セレネちゃん……!

(セレネの方を涙が浮かんだ目で見つめながら)
ええっと、ご主人さまおしっこがしたいです…!

【はい、了解しました。】

676 :フレア・コロローナ ◆3OF47hBeQA :2010/07/18(日) 17:04:53 ID:???
【と、5時過ぎましたね…さてどうしましょう?】

677 :セレネ・コロローナ ◆LEcBL3r1H3Bv :2010/07/18(日) 17:05:59 ID:???
うん、良くできたね。お姉ちゃん♪
おしっこをすると気持ちいい。たくさんおしっこできるから、すごく気持ちいい。
気持ちよくて、なんにも考えられなくなる。深く、深く落ちていく……
ちゃんと分かったら、お姉ちゃんはおしっこできるよ。
お姉ちゃんのご主人様が、おしっこを許可してあげる。

(うるうると見つめられると、凄く幸せな気分になると同時に)
(お姉ちゃんの嫌なことはしたくないという気持ちにもなって、少しだけ言葉を足したあと)
(許可の言葉を言う)

【ごめんね、お姉ちゃん】
【今日はこのレスで失礼するね、ここまでありがとうございました】

678 :フレア・コロローナ ◆3OF47hBeQA :2010/07/18(日) 17:30:09 ID:???
>>677
【相変わらず下半身ぷるぷるさせて、息を荒げながら見つめていると、
セレネから命令を受けて、そしてぼんやりとした感じ復唱し始める】

うん、
おしっこすると気持ちいい…たくさんするとすごく気持ちいい…
気持ちよ過ぎて何にも考えられなくなって、深く深く落ちていく…

おしっこのきょかき……!
(途端に尿道の括約筋が緩み股関から温かな黄みがかった水が勢い良く便器に叩き付け)

ふああっ…!?
出てるっ、おしっこがでてるっ、ふぁあああっ…気持っ、気持ちいいよぉ…!
(あまりの気持ち良さに顎をガクガクさせ、白目を軽く向きかけ、
錬金師謹製の洋式便器の周りを汚しながら排尿を楽しむと、吸い込まれる様に意識が闇に落ちて行き寄りかかるように仰向けに倒れ)

(股関からは、尿と共に愛液が便器に糸を引くように垂れ落ちていた。)

【はい、行ってらっしゃいセレネちゃん。】

679 :なずな ◆lGPL2JgHs. :2010/07/19(月) 22:59:25 ID:???
【出典】ひだまりスケッチ☆☆☆
【性経験】無し
【希望】同じ学校の生徒や教師・ナンパしてきた歳上女性などに催眠術・薬などを使われてHな写真を撮られたり軽く悪戯・調教される
シャッター音で感じる様に暗示を受けて撮影・媚薬や利尿剤などの影響でおもらしやオナニー・
催眠術で本人の自覚ないままに雑談しながら服を脱いだりエッチな格好をしてしまったり…など
【NG】痛い系・ふたなり・肉体改造・攻め側・処女を失う様な激しい行為・極端な短文レス連発

【需要あるか判りませんけど…プロフ投下しておきます】

680 :黄坂ルイ ◆3tPwipIads :2010/07/20(火) 21:42:18 ID:???
…暑いから何もする気ないけど、青葉への返事代わりにちょっとだけ待機

681 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/07/20(火) 21:50:11 ID:???
>>680
あ、ルイ?
えっと、とりあえずこんばんは。
覗いたらルイがいたからびっくりしちゃった。


682 :黄坂ルイ ◆3tPwipIads :2010/07/20(火) 21:56:11 ID:???
>>681
…私が居ると驚くの?
ふぅん。普段青葉が(以下前回文リピート)

…なんて、からかえないくらいだるいのよ。日本の暑さは嫌い。
とりあえず、今晩和。
なるほど、この時間なら会えるのね。

683 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/07/20(火) 22:02:50 ID:???
>>682
え?ち、違うよ!だって急にいたから…
来るなら伝言してくれればいいのに。
違うってばぁ!私別にルイのことそんな風に思ってるわけじゃないわ!
ただ急にだったからびっくりしちゃっただけよ。
敵同士とかなんでそんな物騒に構えるのよ〜
(ややしどろもどろになりながらルイをなだめようとして)

…十分からかわれてる気がするんだけど。
ん〜外国の人からは日本の夏ってキツいって言われるみたいだけど
やっぱりルイも外国育ちだからこの暑さは苦手?
まぁ私も…毎年経験してるけど全然大丈夫じゃないけどね。うう〜カキ氷食べたい〜イチゴシロップのたっぷりかかったのが…
ん、まあね。いつもってわけじゃないけど、大体はこの時間には来れてるかな。

684 :黄坂ルイ ◆3tPwipIads :2010/07/20(火) 22:33:23 ID:???
>>683
さすが、氷イチゴ好きだけあって考えが甘いわね。
突然現れた相手には、驚き必以上に時めきも感じるはずよ。いいえ、感じなければいけないわ!
なぜなら青葉は私の術中に落ちているはずだから。
(ずびし、と指を突きつけながらじっと見つめ)
(しどろもどろな相手の様子に、ちらっと明後日を向き、呟く)
なんでって…もちろん見ていて面白いから。


……まあ、からかってるんだけど。
(ふ、と表情あらため、ふいに爽やかに微笑む)
青葉と出会えて良かった。(からかいがいがあって)とても楽しいから。

でもこの暑さは苦手。嫌い。だれる。日本人の青葉がダメなのに、私が大丈夫なわけないじゃない。
…まぁ、そんなこんなで私は今日は此処までなの。
雑談に終始してごめんね?

次に会えたら、むっつりすけべの青葉好みのエロいことしましょ?
(ぱちっとウィンクして、いきなり唇を奪おうと顔を寄せ)
(結果はどうあれ、ひらりと体を泳がせ逃げていく)

【時間にて先落ち失礼します、お話だけでごめんなさい】
【こんなわたしでよければ、「また」ね。青葉】
【おやすみ】

685 :津崎青葉 ◆SE8YOtnb0k/2 :2010/07/20(火) 22:54:41 ID:???
>>684
あ、甘いって…カキ氷好きとは関係ないでしょ1?
ときめきって…ルイってばイキナリ何を言い出すのよ。
術中って…
(綺麗な顔立ちのルイの瞳にじっと見つめられてついドキっとして赤くなる)
お、面白いって…る、ルイのいじめっこ!

うう〜やっぱりからかってたんじゃない。
そう言ってもらえると嬉しいけど…なんか含みを感じるなぁ。

そうよね・・・中にいても外にいても暑いし、汗かくし、汗かいたらベタベタするし…
あ、でもね。日本の夏は花火があったり、海に行ったり、色々楽しいこともあるのよ?
うん、わかったわ。じゃあねルイ。
ううん。私だってルイと話せて楽しかったわ。

む、むっつりすけべって…私は…!!?
(不意に唇に柔らかい感触が伝わり、何が起こったのか把握できずにいたが目の前にはルイの顔)
え?今…私、ルイと…え、ええぇぇ〜〜〜!!!?
(唇を押さえて、顔からも頭からも湯気を噴きそうなくらいに赤くなって、そのままルイが去っていくのを見つめる)

【お話だけでも楽しかったわルイ】
【うん。私もまた会いたいわ。都合がいい時間があったら伝言板で連絡して欲しいな】
【私も落ちるね。お休みなさい】
【スレを返します】

686 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/07/20(火) 23:09:33 ID:???
名前:西堀さくら/ボウケンピンク
年齢:22
身長/体重:162センチ
3サイズ:85−61−84
髪型:一部を結って流した黒髪のロング
性経験:処女
性格:生真面目
服装:SGS財団支給のピンクのジャケット。ミニスカート。ロングブーツ。
身体的特徴:細身
MCの希望:風のシズカに洗脳され、無様にもてあそばれて下僕に。
出典:轟轟戦隊ボウケンジャー
待機します。



687 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/07/21(水) 00:50:20 ID:???
落ちます

688 :山吹祈里 ◆SMTPcQ74sA :2010/07/22(木) 00:43:42 ID:???
イースかノーザに洗脳、調教されてエターナルに忠誠を誓った闇の戦士にされたいな。

689 :山吹祈里 ◆SMTPcQ74sA :2010/07/22(木) 02:39:48 ID:???
落ちるね

690 :名無しさん@ピンキー:2010/07/22(木) 03:51:00 ID:???
むしろ祈里は、攻め役でラブのアナルに手を突っ込むのが似合うよw

691 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/07/22(木) 22:16:36 ID:???
>>687で待機します

692 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/07/22(木) 23:31:08 ID:???
落ちます

693 :アイビス・ダグラス ◆eu.nl7PFkc :2010/07/22(木) 23:47:40 ID:???
【待機するよ】
【ミツコさんに洗脳されて、忠実な下僕になりたいな】

694 :アイビス・ダグラス ◆eu.nl7PFkc :2010/07/23(金) 00:50:44 ID:???
【誰も来ないみたいだね…】
【残念だけど、堕ちるよ】

695 :名無しさん@ピンキー:2010/07/24(土) 10:15:42 ID:???
遅かった

696 :セレネ・コロローナ ◆LEcBL3r1H3Bv :2010/07/24(土) 12:33:45 ID:???
【しばらく使わせていただきますね】

【あのね、今日の為にいろいろ考えてたんだけど……そういえば嫌なこと(NG)聞いてなかったなぁ、って】
【それと、大分確定が混ざっちゃうと思うので、したいことされたいことを聞いておきたいです】
【レスは少しだけ待っててね】

697 :フレア・コロローナ ◆3OF47hBeQA :2010/07/24(土) 12:42:16 ID:???
>>696
【うん、分かった。
嫌な事……うーん特に無いかな?】

【されたい事は寄生体の繁殖とか……そう言えば、寄生体の設定ってあったかな?】

【あ、後は今日は17時くらいまでってことかな?】

698 :セレネ・コロローナ ◆LEcBL3r1H3Bv :2010/07/24(土) 12:49:13 ID:???
お姉ちゃん……気持ちよさそう…あぅ……私もっ…はぁ…ぁ…っ…
(自分の言った通りに乱れるフレアを見て、自分も欲情してしまい)
(ぽーっとした目で、ただフレアだけを見て潤んだ秘所を指で弄くる)

これからが本番だね……
お姉ちゃんは今、ふわふわと気持ちよく漂っています。
気持ちいいのが大好きだから、今のお姉ちゃんはすごくいい気分。
もっと気持ちよくなりたいと思ってる。そうだよね?
……でもね、思い出して?誰のおかげで気持ちよくなれたのかな。
思い出して、言葉にしてみて?
そうすると……もっと気持ちよくなれるよ?

(後ろに倒れ込むフレアを抱き止めて)
(ここから、自分が姉を変えちゃうんだという異常性に声が震えて、体をぞくぞくとさせつつ)
(全身から力が抜けきったフレアに、ゆっくりと後ろから声を掛けていく)

【分かりました。今日もよろしくね?】
【あぅ……寄生体は催眠の深化に使おうと思ってたくらいで忘れてた。
えっと…俗にいう「孕みたい」ってことかな?

【時間は、制限は有りません。けど、再凍結するとしても切りの良い所まではいきたいです。
お姉ちゃんは時間ってあるの?】

699 :フレア・コロローナ ◆3OF47hBeQA :2010/07/24(土) 13:07:49 ID:???
(徐々に脳内に侵入した寄生体が細胞を書き換えていき、その度に、
あ…う…と、たどたどしい声をあげて)

(抱き止められ、浮遊感を感じつつ、言のように口を開き)

うん……気持ちいい……

(トロンとしたまま)
もっと……気持ち良くなりたいよ……

うん…ご主人さまがしてくれたから、気持ち良くなれたの…ん……あふっ……。

(言葉に出すと、じんと背筋が温かくなって思わず甘い声をあげてしまう)

【なるほど、あ、寄生体だから増えたら新しい苗床を求めて体外に出るかな、と。】

700 :セレネ・コロローナ ◆LEcBL3r1H3Bv :2010/07/24(土) 13:21:59 ID:???
そう……ご主人様のおかげ。お姉ちゃんのご主人様が命令したからすごく気持ち良くいられるの。
お姉ちゃんは気持ちいいのが大好き、ご主人様の命令が……大好き。
命令に従っていると、お姉ちゃんはずーっと気持ち良くなれるの。

じゃあ、命令してあげるね。「フレアはご主人様の奴隷です」って沢山言ってみて?
一回ごとに、気持ち良くなっていくよ。気持ち良くて、言ってる言葉がどんどんお姉ちゃんに染み込んでいく。
染み込んで、お姉ちゃんはその通りになっていくよ?私も手伝ってあげるから……ね?
(うんうん、と頷いて)
(ちょっとずつ慣らした本当の理由を言葉に出す)
(セレネ自身の愛液でべとべとな手は、フレアの秘所に当てられ、くちくちと愛撫の気持ちよさと寄生体になってしまっているセレネの体液で、快感を別に与えていて)


【血とか体液に混じって増えていくのかなーとか思ってて。
だから、キスだとか、舐めさせたりなのかなぁ……と思ってた】
【そういうのでもいい?】


701 :フレア・コロローナ ◆3OF47hBeQA :2010/07/24(土) 13:37:41 ID:???
(先程の快感のせいか、腰が抜けていてまだセレネに抱き止められたまま)

うん…気持ちいいのが大好き…ご主人さまの命令を聞くのが大好き…
ご主人さまの命令を聞いていると頭の中が気持ちいい…

ご主人さまの命令…うん、言うよ…フレアはご主人さまの奴隷です…ん…フレアはご主人さまの奴隷です…
ああ…フレアはご主人さまの奴隷です…ひっ、ああフレアはご主人さまの奴隷です…!
(忠誠の言葉を紡ぎ出す度に脳内に刷り込まれていき、さらに快楽中枢が刺激され、
そしてセレネの股間への愛撫とセレネの寄生体の刺激で手とスリットの間に淫らな水音を立て、フレアの頭の中が更に白くなっていく)

【了解しました。】
【じゃあそれでいきましょう】

702 :セレネ・コロローナ ◆LEcBL3r1H3Bv :2010/07/24(土) 13:51:59 ID:???
そう、おねえちゃんはずっとわたしの奴隷。
どこまでも、つれていくから。
(命令を復唱して、どんどんと変わっていくフレアを見て)
(昔に同じように変えられた自分を重ね合わせる)

うん、もうそろそろかな。お姉ちゃん、もういいよ。
お姉ちゃんがご主人様の奴隷だってちゃんと思い出せたね。

じゃあ、これから命令するよ?
私が、三つ数えたら、お姉ちゃんは全部覚えたまま目を覚ますよ。
でも、「私の大切な姉奴隷」って言ったら、この深く眠った状態に戻るの。
わかったかな?

いくよ?
いち……段々と意識がはっきりしてくる……
に……辺りが明るくなってきました……
さん……体に力がちゃんとはいります……

せーの!!
(ちゃんと、定着したのを感じ取って、最後に起こす為の暗示を掛ける)
(とりあえずはこれで催眠はおしまいだが、いつでも落とせるようキーワードは仕込んでいて)
(自分の手で変えた姉がどうなっているかを楽しみにしている)

【なんか期待通りじゃなくてごめんね?ありがとうございます】

703 :セレネ・コロローナ ◆LEcBL3r1H3Bv :2010/07/24(土) 14:00:21 ID:???
(パンッと大きな音を立てて、手を叩きフレアをちゃんと覚醒させる)

【あうぅ……最後の()に一文忘れてる。追加しておいてください】

704 :フレア・コロローナ ◆3OF47hBeQA :2010/07/24(土) 14:08:53 ID:???
(もういいよ、の声に反応して言葉を止め、高ぶったままの状態にさせられつつも頷き)

うん…わたし奴隷……

大切な私の姉奴隷で眠った状態になる…分かったよ…ご主人さま…

(いち…にの…の声と共に意識がはっきりとしていき、さん!の声でゆっくりと起きて被りを振り少し澱んだ目でセレネを見て)

あれ…あ、ご主人さま…きゃあっ!?

(と、そのまま視線を落とすと下着を着けていないのに気付いて顔を赤らめつつ)

ご、ごめんなさいご主人さま、ちょっと向こう向いてくれない?

705 :セレネ・コロローナ ◆LEcBL3r1H3Bv :2010/07/24(土) 14:23:31 ID:???
おはよう、お姉ちゃん。
(私を呼ぶ名前が「ご主人様」になっていることから、お姉ちゃんを変えるのは成功したみたいで)

大丈夫だよ。だって、お姉ちゃんは発情しっぱなしのはしたない奴隷だから、下着なんかいつもつけてないじゃない。
ね、そうでしょ?だから大丈夫。

それよりもね、お姉ちゃんがおしっこしてたのをみて、私もおしっこしたくなっちゃったの。
お姉ちゃんなんだから、私がどうして欲しいかわかるよね?

(きゃあっと、本当にいつも通りな反応なフレアに、下着はいらないと命令をしてみる)
(直に「命令」って言わなくても通じるのかなぁと思ったので、テストも兼ねていて)
(姉に催眠を掛けて安心したら、自分も実は怪しまれないために利尿剤入りのワリを食べていたことを思い出して)
(ふるっと体を震わせて問いかけてみる)

706 :フレア・コロローナ ◆3OF47hBeQA :2010/07/24(土) 14:35:36 ID:???
>>705
あ、おはようご主人さま。

(下着を着けないのが普通と言われ)
え、そうだったかな…?
そうだね、ご主人さまの言うとおりだよね。
わたしは発情しっぱなしだから下着は着けないんだった。
(そう言いつつ立ち上がり、目の前で股間をティッシュでふき、白い下着を脱ぎ捨てる)

え、おしっこがしたいのご主人さま?

どうしたら…うーん…

(考えるがそうした知識は無く)
ごめんね、ご主人さま。
わたしどうして良いかわからないんだけど?

707 :セレネ・コロローナ ◆LEcBL3r1H3Bv :2010/07/24(土) 14:47:20 ID:???
そうだよ、お姉ちゃんは下着濡らしちゃうくらいおまんこからとろとろ流しちゃうから。
(おしっこでぬれた床に下着を脱ぎ捨ててるのをみて、勿体無いなぁ…と呟いて)

うんとね、お姉ちゃんにおしっこを飲んで欲しいの。
これはお願いなんだけど、私お姉ちゃんがそうしてくれたらすごく嬉しいんだ。

708 :フレア・コロローナ ◆3OF47hBeQA :2010/07/24(土) 14:53:26 ID:???
>>707
(飲んで欲しいとセレネに頼まれうっとりとした表情を浮かべ)
え……飲むの?
(少し考え)
うん分かった、じゃあ飲みやすいように……

(ポーチを探ると錬金術製ストローを取り出しにこりと微笑んで)
これを差し込んでみるね、ご主人さま。

709 :セレネ・コロローナ ◆LEcBL3r1H3Bv :2010/07/24(土) 15:05:26 ID:???
(嫌な顔をするのだろうと思っていて、どう説得するかを考えていたら)
(うっとりと、どんな言葉を疑わないというようにフレアは頷いて)
(むしろ、言った自分の方がびっくりしている)
うぁ!?す、ストロー……?
うん、じゃあお願いします。
(にこりと微笑む姿に、ぺこりと頭を下げて)
(ストローを差し込みやすいように、真っ赤になりつつ股を広げる)
(いくら奴隷だっていっても姉にそういうのは恥ずかしくて)

710 :フレア・コロローナ ◆3OF47hBeQA :2010/07/24(土) 15:17:56 ID:???
>>709

ん…おしっこを飲むなんて、お母様以来かな……
(そう言いつつこちらもお辞儀をして)
じゃあ、頂きますご主人さま。
(しゃがみ込み、セレネのスカートの中に頭を入れて、既に愛液で濡れ果てている下着をずらし、
ストローを秘所に当てて)

この辺かな……ん、違うかな?
(愛液で滑り何度も違う場所に入れそうになりつつも、おしっこの出る穴にストローの先を埋め、愛液を潤滑油代わりに徐々に奥に潜り込ませて行き)

うん、入った。
(膀胱までたどり着いたのを確認して、ストローに口をつけ息を軽く吹き込む)


711 :セレネ・コロローナ ◆LEcBL3r1H3Bv :2010/07/24(土) 15:32:09 ID:???
>>708
え゛お母様の飲んでたの!!
(思わずびっくりしてしまい)

あう……まじまじと見ないでください。あ、ううん見てください……
(下着が水音を立てれば、そういえば、自慰のせいで自分の秘所はべとべとになっていて、真っ赤になってと首を振る)
(が、下手に行動を遮るような言葉を発すると、素直に受け取ってやめちゃうかも知れない)
(そう気づいてしまえば、恥ずかしいのに自分から次をおねだりしないといけないような状況になっていて)

はぁっ…お姉ちゃん、もう大丈夫、そこは尿道だよぉ……奥までいくの?
うう……いいよ、もっとしてぇ…
(普通に秘所のおしっこのでる場所に当てるんだろうなぁ…というのは姉に対しては甘い話で)
(奥に奥に進む異物に潤んだ目でもっととねだる)

ひゃんっ…え、え?奥壊れちゃうよぉ。
(息を吹かれると、元から限界間近な体は脂汗を吹き出して)
(傷つけそうで、動けないので泣きそうな声で哀願の声を上げる)

712 :フレア・コロローナ ◆3OF47hBeQA :2010/07/24(土) 15:45:59 ID:???
>>711
うん分かったよ、ご主人さま。
(まじまじと見つめるが)
……よく見えないね。

(苦しそうに懇願するセレネの声を聞いて)

お母様は一回吹いてからが良かったみたいだったけど、ご主人さまは嫌だった?

……あれ?
もう漏れ始めてる……?
(溢れてきた愛液を指の腹で秘所にこすりつけるように何度も拭い)

(ストローの口を押さえてた指を離し、口を再びつけ、
ちう−と言う音と時折泡を立てる音と共に、セレネのおしっこをゆっくりと飲み込んでいく)

713 :セレネ・コロローナ ◆LEcBL3r1H3Bv :2010/07/24(土) 16:03:18 ID:???
>>712
いいから、早くしてよぉ……
(いつも通り、どこかずれてる姉に泣きそうな反応を見せる)

……嫌じゃないけど。
私、お父さんを探す気力がなくなっちゃいそう。
(はぅ、と溜息をつく)
(漫画ならバックで、「だー」、と滝の涙を流してるセレネがいて)

はぁっっ…違うよ。
それはあとできれーにしていいから。
お願い、早く吸ってよぉ。
(姉にされてるんだと思うと、愛液があふれてきて)
(それを、ぐりぐりと秘所に擦られると思わずみをよじりたくなる)
(しかし、実際には出来るはずもなく、ただ、切羽詰まった声で次を催促するだけで)

あはぁ……すあれてるよぉ……お姉ちゃん、わたしぃ…気持ちいいよぉ…
(溜め込んだおしっこが吸われていくのは、初めてだが、ひどく快感を覚えるもので)
(ぽーっと放心しつつ、姉の息づかいを感じている)

714 :フレア・コロローナ ◆3OF47hBeQA :2010/07/24(土) 16:16:28 ID:???
>>713
ん…んん……
(椰子の実ジュースのように喉口を鳴らして飲み尽くした後、
二、三度さらに膀胱の中身を吸い出そうとして、……出ないので口を離し)

嫌じゃない?
良かった、流石お母様っ子だね、ご主人さま。

(ストローを勢いよく引き抜き、股間に息を吹きかける)

715 :セレネ・コロローナ ◆LEcBL3r1H3Bv :2010/07/24(土) 16:33:09 ID:???
>>714
あー、ぅぅ……はぁぁん……ちょ、まっへ、もうにゃいから、ないからぁ!!
(おしっこが膀胱からなくなっても、それ以上に吸われて)
(きゅううと強制的に収縮させられるのは暴れだしそうになるもので)
(ぎゅっと、自分の服をつかんで快感に耐える)

きゃあっ、な、なにを……ふぁぅ……そうでした、私のここきれいにしていいんですよ?お姉ちゃん。
そこで褒められるのは……なぜか、良い気がしません。お父さんもお姉ちゃんとおんなじよーな気がします。
(ストローがもたらす尿道の摩擦に、体をわかりやすくびくびくと震わせ)
(的確な(であろう)短評に、小さく呟くように返事を返す)

(なにはともあれ、フレアに飲ませたおしっこは)
(セレネの体液、愛液はもちろん汗も唾液もおしっこでさえも微小の寄生虫が沢山混じっていて)
(一番最初に飲ませたカプセルよりもずっとずっと効力も強く量も多いもので)
(これまでよりずっと早く、フレアの内部を変えていくのだろう)

716 :フレア・コロローナ ◆3OF47hBeQA :2010/07/24(土) 16:50:31 ID:???
>>715
もちろん綺麗にしないとね…ご主人さまを綺麗にするのは、当然だから。

(お母様にも同じ事をやったと子供の頃を懐かしみつつ、
セレネの下着を下げると、直接秘所に舌を這わせ音を立てて愛液を舐め取っていき)

ん……ご主人さまのここ、なんだか甘くて美味しいよ……

(美味しいのか、だんだんと秘所の奥へと舌を伸ばし、中から溢れ出る蜜を舐め取っていき)

(フレアの体内ではより濃度を増した寄生体がフレアの肉体を内部から乗っ取って行く)

717 :セレネ・コロローナ ◆LEcBL3r1H3Bv :2010/07/24(土) 16:58:25 ID:???
>>716
んっ…はぁん……あぁっ!!おねぇちゃんっ、お姉ちゃんだから、私のエッチなお汁止まんないの。
あのね、お姉ちゃんも気持ち良くなるよ、私が悦ぶとね、、おんなじだけお姉ちゃんも気持ち良くなるよ?
一緒に気持ち良くなって?ご主人様のめいれいだよ。はふぅ、いっちゃうよぉ……イかせて?
私のクリトリスぎゅっとして、一緒にイって?
(姉の奉仕で、快楽に融かされていたセレネにはクンニであっという間に登りつめてしまっていて)
(切羽詰まった声で、あらたな命令と共に絶頂を迎えようとしていて)

718 :フレア・コロローナ ◆3OF47hBeQA :2010/07/24(土) 17:23:34 ID:???
>>717
ん……ちゅ……分かったよ、ご主人さま…!
(セレネの命令と喘ぎ声に快楽中枢が反応して、
欲情にとろける表情を…スカートの中で見せて床で自分の秘所を直接擦り始め)

一緒にイク……分かったよ、ご主人さまぁ……!
(スカートの中と床で水飴を混ぜる音がトイレの中に響き)

ん……もう、何も考えられな……!
(セレネを愛撫する舌を離し、クリトリスをキュッと噛むと同時に自分のクリトリスも指で摘み)

ん、わたし……クる……ふああぁあああ……!?

(激しく絶頂を迎え、愛液と尿を吹き出し、水溜まりを作っていく)


【ごめんなさい、そろそろ時間です】

719 :セレネ・コロローナ ◆LEcBL3r1H3Bv :2010/07/24(土) 17:27:37 ID:???
【私ひどい勘違いをしていました。
そちらが五時までってことですね】
【なにやってるんでしょう……私orz】

【ですので本文を飛ばして用件だけ】
【一応切りは付く場所なんですが、もし凍結していただけるのでしたら曜日と時間を書いて頂けると嬉しいです】
【あとは、私が伝言板なり、〆のレスなりしますので】

720 :フレア・コロローナ ◆3OF47hBeQA :2010/07/24(土) 17:37:06 ID:???
>>719
【うーん…次の土曜日は難しいかも】
【それ以外なら火曜日から金曜日の昼になってしまいますが…】

【と、そろそろ出る時間ですので一旦失礼させてもらいますね】

721 :セレネ・コロローナ ◆LEcBL3r1H3Bv :2010/07/24(土) 17:38:43 ID:???
【私の予定は伝言板に書いておきます。
本当にごめんなさい。
それとここまでありがとう。いってらっしゃい、お姉ちゃん】


【それでは、私も落ちますね】

722 :神楽坂明日菜 ◆4kWe40FpHM :2010/07/25(日) 00:54:52 ID:???
【待機してみるわね。】
【希望は魔法世界で一人情報収集をしてる時に攫われて
薬物とか特殊な術で洗脳されて性奴隷に仕立て上げられるってのを希望してみるわ。】
【名無しさんでも大丈夫よ】

723 :桜咲刹那 ◆hxh/c7Ksr2 :2010/07/25(日) 01:00:48 ID:???
>>722
【私では不足ですか?】

724 :名無しさん@ピンキー:2010/07/25(日) 01:01:49 ID:???
>>722
【では、名無しで参加させて頂きましょう】
【NGとかはあれば申告のほどお願いします】
【それから、どういう性奴隷になるのがお好みですか?】


725 :神楽坂明日菜 ◆4kWe40FpHM :2010/07/25(日) 01:06:00 ID:???
>>723
【刹那さんは不足という訳じゃないけど…】
【私の希望シチュと、あと一応このかが居るんだし合わない気がするのよね、ごめんなさい…】

726 :桜咲刹那 ◆hxh/c7Ksr2 :2010/07/25(日) 01:07:43 ID:???
>>725
【そうですか】
【良いお相手が見つかることを祈っています】

727 :名無しさん@ピンキー:2010/07/25(日) 01:12:07 ID:???
>>723
【あや、刹那がきたからダメかと思ってたら】

728 :神楽坂明日菜 ◆4kWe40FpHM :2010/07/25(日) 01:13:54 ID:???
>>724
【ってすぐ後に返事来てたのね。少し気づくの遅れました御免なさい。】
【NGは猟奇的な表現だけ避けて貰えれば大丈夫です。】
【そうですね、主に従順って感じもいいけど、娼婦として作り変えられて商品にされてしまうってのはどうかしら?】

729 :名無しさん@ピンキー:2010/07/25(日) 01:17:07 ID:???
>>728
【従順なのがお好みですか……お人形のように可愛がってあげましょう】
【商品化も面白そうですが、そこは展開次第と言うことで】
【シチュとしては、フェイト配下の名無しが、】
【明日菜に魔法生物を寄生させて……というのを考えてます】

730 :神楽坂明日菜 ◆4kWe40FpHM :2010/07/25(日) 01:24:31 ID:???
>>729
【シチュの方了解よ。魔法が効かないけど魔法生物は確かに効くかも。】
【うん、まあ展開次第で考えてもらう位で大丈夫。ムリに組んでも難しくなると思うし。】
【それじゃ早速だけど書き出しの方は私からって事でいいかしら?】

731 :名無しさん@ピンキー ◆B8w2MTe.yM.x :2010/07/25(日) 01:34:34 ID:???
>>730
【了解しました。鳥もつけました】
【では、私から……】

(両手両足をかっちり縛られた明日菜を見ながら)

こんばんわ。
どうやら偵察行動だったようですが……
単独で偵察とはずいぶん無謀なことをされますわね。

それにしても……かわいい子ですわね。
そうだ、この子を私のモノにしてしまいましょう。
では早速魅了魔法を……

(明日菜の魔法無効化能力でキャンセルさせる)

えっ、魔法が効かない!?
そんなレアな能力持ちなんて……
これはますますモノにしたくなったわね。
でも、魔法はキャンセルされるから……

(しばし思案の末、何かをひらめいたような表情を浮かべる)

【ということで、よろしくお願いします】

732 :神楽坂明日菜 ◆4kWe40FpHM :2010/07/25(日) 01:35:44 ID:???
【書き出ししてくれたのね…一人先走りすぎたわね(汗】
【それじゃ改めて宜しくお願いします。返事の方書き出すわね】

733 :神楽坂明日菜 ◆4kWe40FpHM :2010/07/25(日) 01:50:21 ID:???
>>731

なにがこんばんわよ!
う、五月蝿いわね。少し油断しただけよ。それにネギ達が直ぐに駆けつけてくるわよ?
それより貴方、あのフェイト達の仲間なんでしょう?
(ネギ達が修行をしている間、少しでも情報を集めようとオスティア市街地で聞き込みをしている時だった)
(ソレらしき人物達をみたとの目撃を頼りにある一人の女性を見つけ、連絡を取るでもなく単身偵察行動を取っていた所)
(偵察行動がバレてしまい、戦闘に。魔法世界で多少なりとも力をつけた明日菜だったが、本物の力には及ばず返り討ちにあってしまう)
(衣服はアデアット時の物だが、両手両足を拘束され身動きが取れずにいた)

なっ……なにいってんのよこの変態は!?
魅了…魔法?やれるもんならやってみなさいよ。
(その表情は余裕の笑みが。それもその筈魔法無効化能力がある為)
(相手がなにやら呪文を唱え、自分に仕掛けても完全に無効化してしまう)

そういう事。私には魔法の類は一切効かないわよ。
(なにか閃いた様な表情を浮かべる女を見れば、途端に背筋に寒気を覚えて)

734 :名無しさん@ピンキー ◆B8w2MTe.yM.x :2010/07/25(日) 02:00:03 ID:???
>>733
あなた、フェイト様のことを知って……
そうか、あなたが噂のアスナ姫なのね。

これは僥倖。
あなたをフェイト様に捧げれば、
フェイト様の親衛隊に入ることも夢ではないわ。
ならば、ますますもってあなたを私のモノにしなければ……

魔法がキャンセルされてしまうなら、
魔法以外の何かで頭をいじってしまえばいいのよ。
とすると……あれが使えるわね。

(言いながら、一度部屋を出て行く)
(再び戻ってきた彼女の手には、粘っこく絡むゲル状のものが)
(それを明日菜の足元に落とす)

さて、確か私の血を混ぜればよかったのでしたかしら?

(言いながら、自分の指を魔法でわずかに切って、)
(血を2,3滴垂らす)
(すると、ゲル状のものがうねうね動きながら、)
(明日菜のもとに迫る)

うふふ、いきがいいわね。
じっくり撫で回しながら侵入させるのもいいけど、
一気に頭をいじってしまって、従順になったこの子で遊ぶのもいいわね。
ねえ……あなたはどちらがいいかしら?

【えー、明日菜さんはどちらがお好みでしょうか?>じっくりと一気】

735 :神楽坂明日菜 ◆4kWe40FpHM :2010/07/25(日) 02:11:38 ID:???
>>734
………?
確かに明日菜だけどお姫様とかじゃないわよ?人違いじゃないの?
(首を傾げながら女の質問に答えて)

ぎょう……こう?あ〜もうっ、さっきから訳解らないわねこのオバサンはっ!
(姫は兎も角僥倖等難しい言い回しは中学生には少し難しいらしく)
とりあえず貴方が私に対してよからぬ事を考えてるってのは解ったわ。
だからオバサンの物になんかならないってば!
(自由が利かない身で出来るせめてもの抵抗といわんばかりに相手を罵る)
(ソレさえ相手にされぬまま、戻ってきた女の手にはスライムの様な、ゲル状の物質が握られていて)

な、なによコレ…嫌っ、気味悪い…本当にいい趣味してるオバサンね。
これでなにをする積りよ!?
(足元に落とされ、女の血を吸ったゲル状の物体が蠢きながら近づいてくる)
(必死で身をくねらせるが拘束された状態ではなす術さえなくて)
そ、そんなのどっちも嫌に決まってるでしょ…!
(青冷めた表情を見せながら)

【じっくりの方が好みではあるわね。】

736 :名無しさん@ピンキー ◆B8w2MTe.yM.x :2010/07/25(日) 02:23:14 ID:???
【了解、可能な限りゆっくり……といっても、限りがありますが】

おばさんおばさんうるさいわね……
いいわ、その口からおばさんなんて言わせないように、
ねっちりとあなたをいじってあげるわ。

(明日菜の足にスライムが絡む)
(スライムは明日菜の体を這い上がりながら、)
(明日菜の毛穴から中に侵入していく)
(同時に、快楽物質を明日菜の中に放出)
(明日菜の神経を刺激していく)

ふふ、どうかしら、スライムがじっくりと浸透していく感想は?
その手の感覚に慣れている娼婦とかでも、
足全体に張り付いてしまえば耐えられないほどの代物よ。
何も知らないねんねなお子様にはちょっとキツイかもね。

(そう言う間にも、スライムは明日菜の膝上まで覆っていく)

さあ、おばさん発言は撤回してもらえるかしら?
そうしたら楽にしてあげるわよ。

737 :神楽坂明日菜 ◆4kWe40FpHM :2010/07/25(日) 02:37:01 ID:???
>>736

おばさんにおばさんって言ってなにが悪いのよおばさんっ!
(まるで駄々っ子の様な口調で言い放ち)

ん、ふぅ…なに、よコレぇぇ…!?
あひぃぃぃ…!んっ、いやっ、気持ち悪…ふあぁぁぁ…!
(足元に到達したスライムが、ブーツを覆えば)
(やがて内部に入り込み、ねっとりした感触を絡ませながら体内に侵入し始めて)
(細い毛穴全体からスライムが入り込む感触。それに伴い足元からじんわりと広がり始める奇妙な感覚)
(それに伴いこみ上げてくる高揚感は身体に駆け巡ればビクビクと痙攣を始めて)

はぁはぁはぁはぁはぁ……んんんんっ…!!!
こ、んなの…き、もちよくなんってぇぇぇぇぇ…♪
気持ちよく、なんてないんだっからぁぁぁ…
(感触が膝上に広がり始めた頃には、秘所から愛液を垂れ流し始めて)

い、やよ…。おばさんに…おば、さんっていって…はぁぁぁぁっ♪


738 :名無しさん@ピンキー ◆B8w2MTe.yM.x :2010/07/25(日) 02:49:33 ID:???
>>737
しつこいわねえ、おばさんおばさんって……
でも、その根性だけは認めてあげましょう。
そんな強情な子が、一変して私に傅くようになる……
ああ、考えただけでうっとりするわあ。

さあてと、スライムをもっと絡ませて……

(あらたに明日菜の体にスライムを垂らす)
(追加されたスライムは、すでに体を覆うスライムと融合すると)
(勢い良く明日菜の体をはい上がっていく)
(秘所やお尻の穴、乳首の穴からも侵入)
(やがては肩まですっぽりとスライムで覆われる)

ふふ、どうかしら、今の気分は?
気持ちイイでしょう?
いや、気持良すぎてひょっとしたら痛いかもしれないわね。

まあ、その感覚を味わえるのも今のうちよ。
そろそろ、自分の体の感覚がなくなっているのではなくて?

(神経系統が明日菜の頭から切り離されていく)
(それを自覚させるため、あえて意識をそちらに向けさせる)

739 :神楽坂明日菜 ◆4kWe40FpHM :2010/07/25(日) 03:07:20 ID:???
>>738
だ、誰…が、傅くもん、です、か、あうっ!?
ふぅふぅ……ッ、アァぁぁぁ♪
(膝元まで覆い始めたスライムはより穴という穴から体内に侵入すれば)
(快楽物質をより一層放ち、否が応にも絶頂へと導いていく)

い、嫌、やめな、…ああぁぁぁぁぁぁぁーーーーー!!!!
(追加される事で勢いが増したスライムが一気に下半身を覆ったかと思った次の瞬間には)
(つい先ほどイかされたばかりにも拘らず再び快楽中枢を擽り)
んんんんんっ、そん、な…嘘ッいや、そこ…はうぅ!?
あんっ、ソコ、大事な場所…っ!?嫌っ、お尻の穴…ま、で…?
だめぇぇぇ♪ソコ、乳首…そんなにっ…責め、ないでぇぇぇーーーー!!!
(強制的に与えられる快楽、当然性知識のない明日菜が始めて体験するにはあまりにも強烈過ぎて)
(強引に秘所や尻穴、乳首の穴から逆流するスライムの感触に耐えれず何度も何度も身体を痙攣させてイキ続けて)

はぁはぁはぁ…きも、ち…イイ…?
これ、が…キモチ、イイ…なの?あぁぁぁん♪ま、た…イッちゃ、うぅぅ…!!
(ぼやけた意識、呂律の回らぬ状態で返事をしながら何度目かの絶頂を迎えて)
イタイ……?ぁんっ、もう、嫌ぁぁ…これ、以上されたら、こわれ、ちゃうぅぅ♪
かん…かく……?あ、っぅぅ…。
(女の言葉通りに意識を集中させるも、肩までスライムに覆われた部分は確かに指の一つさえ動かせずに)
(けれども身体は痙攣しつづけ、何度も激しく絶頂させていく)

740 :名無しさん@ピンキー ◆B8w2MTe.yM.x :2010/07/25(日) 03:20:27 ID:???
>>739
「壊れちゃう」か……じゃあ、本当に壊しちゃいましょうか?
このスライムを頭から覆ってしまえば、
口や耳からスライムが入って、あなたの頭をスライムに置き換えちゃうの。
そうすれば、今のアスナ姫は綺麗サッパリ壊れちゃって、
私に傅く、従順なお人形さんの出来上がり。

でも、単純に壊れるだけじゃないわよ。
壊れる瞬間、普通じゃ絶対に味わえない快感があなたを襲うの。
それはもう、気持良すぎて幸せ以外のすべてが消えてしまうぐらいに。
どう、そんな快感味わってみたいでしょう?

味わいたいって言ったらあげるわ……なんて言う前に、
もうあげちゃうんだけどね。

(明日菜の返答を待たずにスライムを明日菜の頭にかける)
(明日菜の体に貼りつくスライムと融合すると)
(宣言したとおり、明日菜の口や耳からスライムが侵入していく)
(やがて、スライムは明日菜の体の中に消えていく)

さて、そろそろいいかしら……
アスナ姫、私はあなたの何かしら?

741 :名無しさん@ピンキー ◆B8w2MTe.yM.x :2010/07/25(日) 03:21:38 ID:???
【あ、ごめんなさい。】
【最後の一文は「アスナ姫、あなたは私の何かしら?」としてください】

742 :神楽坂明日菜 ◆4kWe40FpHM :2010/07/25(日) 03:40:20 ID:???
>>740
壊れ…ちゃう…?ワタシ、壊されちゃう…?
ん、んんんっ、い、やぁ…そん、なの、嫌…よぉ♪
(何度もイカされ、完全にアヘ顔を浮かべながらも残された意思でそう答えて)
わ、たしは…あぅぅ、ひぁぁぁぁぁーー!!!!
(何十回目ともいうべき絶頂を迎えさせられながら無慈悲な女の声だけが耳元に残り)

ひゃ、ひゃめ…なさい、よぉ…!
んぶぅぅーーー!?ん、んおぉぉぉぉぉ♪
じゅるっ、ひゃぐぅ!?あふっ、ひっ、あがあぁぁぁぁぁーーー!!!
(頭に垂らされたスライムは額を滑り落ちれば身体のスライムと融合して)
(瞬く間に頭部を覆い、そして即座に目から鼻から耳から口から、毛穴からまでも体内に侵入を開始する)
(溺れそうになる意識の中、チクリと頭部に鋭い痛みが走る)
(その瞬間、なんとも言えない程の快感が、幸福感が体中を優しく包み込んでいく)

−ワタシ…どうして、こんなに気持ちがいい事を…拒んでたのかしら−
−気持ちいい…ずっと、この気持ちよさに…浸って…イタイ……−
−ワタシは…ダレ…?ううん、もう…どうでも、いい……−
(幸福感の中で、自分自身さえ見失い始め、最早明日菜という名前すらも思い出せなくなっていく)
(そんな中、何処からか声が聞こえてきて)

ワタシは……貴方様のお人形…です。
(現実ではスライムが完全に体内に収まり、虚ろな表情をみせながら女に対しそう呟く少女の姿が)

743 :名無しさん@ピンキー ◆B8w2MTe.yM.x :2010/07/25(日) 03:51:47 ID:???
>>742
そうよ、あなたは私のお人形。
私の言うことならなんでも喜んで従うお人形……そうよね?

じゃあ、早速命令するわ。
これからは私のことを「お姉様」とお呼びなさい。
私はあなたのことを「お人形さん」と呼んであげるわ。
でも、一応「アスナ」と呼ばれたときにも反応なさい。

それからそうねえ……その無粋な服は脱いでしまいなさい。

(服を脱ぎ捨てていく明日菜を見ながら)

ああ、興奮してきたわ……
お人形さん、私のここをお舐めなさい。

(服をはだけ、アソコをむき出しにする)
(そこは愛液でしっとりと濡れていた)

744 :神楽坂明日菜 ◆4kWe40FpHM :2010/07/25(日) 04:03:26 ID:???
>>743
はい、ワタシは貴方様のお人形…
貴方様の言うことならなんでも喜んで従うお人形デス…。
(瞳からは意思の光が消え、まさしく人形そのものになったかの様な冷たい表情さえ浮かべて)
(スライムに血を混ぜた事によりその情報から女を主と認識し、明日菜の意志を乗っ取って完全な人形へと作り変えていく)

解りましたお姉様。
私はお人形さん……
アスナ…?解りましたお姉様。
(与えられる命令を受け取れば脳を刺激し、記憶を作り上げて)
(主の呼び名を、自身の呼ばれ方を認識すればそれを固定化し、脳裏に刻み付けていく)

畏まりましたお姉様。お姉様の言う通りにします…
(女の目の前でしゅるり…とドレス風のコスチュームを脱ぎ捨てていく)
(やがてグローブにブーツ。そして下着姿になるが、それさえも恥じる事なくゆっくり焦らす様に脱ぎ捨てて)
(やがて全裸になれば、女の前に傅いて)

わかりましたお姉様…ん、ちゅ、じゅる…ぴちゃ…
ちゅるるぅ、こくんっ…じゅ、ぴちゃぁ…
(先ほどまで女の事をオバサンと罵っていたとは思えないほど従順に従い)
(そして言われるままに秘所へと近づけば愛液をなめとっていく)

745 :名無しさん@ピンキー ◆B8w2MTe.yM.x :2010/07/25(日) 04:16:13 ID:???
>>744
いい子ね……ああん、そう、そこ気持ちイイわ。
あなたのお口、素晴らしいわ。
とてもさっきまで、私を「おばさん」と罵ってたとは思えないぐらい。

さあ、私の愛液の味、じっくりと覚えなさい。
お人形さんにとって、私の愛液は至上の美味。
それから、私の体の匂いも覚えなさい。
この匂いが、あなたを幸せに導く匂いとなる。

ああ、いいわ、この口の愛撫……
あ、なんだか催してきたみたい。
お人形さん、今からあなたは便所よ。
私の聖水をその口で受け止めなさい。

(明日菜の口に聖水を注いでいく)

どうかしら、私の聖水は?
とっても美味しいでしょう?

746 :神楽坂明日菜 ◆4kWe40FpHM :2010/07/25(日) 04:27:27 ID:???
>>745
ちゅむ、ぴちゅ…んふぅ♪
お姉様にお褒め戴き…、お人形は凄く嬉しいれすぅ、んちゅ…
お姉様を…おばさんだなんて……
(うっとりしながら更に奉仕の手を強くして)

ふぁい…お姉様の味、じっくり覚えます…。
私にとって、お姉様の愛液は至上の美味…
私にとって、お姉様の匂いは幸せに導く匂いとなる…。
んんん、ちゅ、ぴちゃ…くちゅる。
(言われた事を復唱し、舌での愛撫は止めることなく)
(脳に深く刻みつけていけばより人形として完成されていく…)

ちゅる、ぴちゅ…ふぁぃぃ♪
私は、お姉様専用の便所…
どうか、お姉様の聖水を、私の中に注ぎこんでくらはい…♪
(うっとりした表情で命令を受ければ口を大きく開いて)
(そして流れ出た黄金の液体を零す事無く口内へと溜め込んでいく)

んっんくっ…じゅる、こくっこくん…
あぁぁ♪はい、お姉様…お姉様の聖水凄く甘美なお味がします…。
(頬を朱に染めながらそう呟く。そこには神楽坂明日菜という少女の姿は最早跡形もなくて)

747 :名無しさん@ピンキー ◆B8w2MTe.yM.x :2010/07/25(日) 04:37:42 ID:???
>>746
もう、こんなに可愛くなっちゃって……

(明日菜の頭をそっと撫でる)

では、続いて私が押し倒して、お人形さんを味わわせていただくわ。

(明日菜を押し倒し、まずは乳首を舐め始める)
(右手は反対の乳房をやや激しく揉む)

うふふ、どうかしら、私の愛撫は?
今度はどのあたりをもんであげようかしら……
このあたり?

(左手で明日菜のおしりの穴に指を突っ込んでみる)

ほら、スライムに性感帯を開発してもらったから、
これも気持ちイイでしょう?

(奥深く指を入れて、何度か往復させる)
(その後、指を抜いて明日菜の前に突きつけ)

ほら、あなたのおしりの味、自分で味わってみなさいな。

【そろそろ眠気がきつくなってきたかも……】
【あとの扱いにつきましてはお任せしますが】
【今回で終わるなら、もう少し頑張ります】

748 :名無しさん@ピンキー ◆B8w2MTe.yM.x :2010/07/25(日) 05:06:36 ID:???
>>746
【あや、先に落ちられてしまいましたか?】
【こちらはもう少し待って反応がなければ、落ちることにします】

749 :名無しさん@ピンキー ◆B8w2MTe.yM.x :2010/07/25(日) 05:30:47 ID:???
>>746
【申し訳御座いません、ここで落ちさせていただきます】
【今後について返事いただければ幸いです】

750 :アイビス・ダグラス ◆i0S07Ep7GI :2010/07/25(日) 07:02:37 ID:???
【ミツコさんかレビに忠実なパイロット、兼奴隷にされるのが希望かな】
【洗脳された後は改造された専用機や卑猥なパイロットスーツとか、貰えたら嬉しい】

751 :名無しさん@ピンキー:2010/07/25(日) 14:15:15 ID:???
>>750
【さすがにもういないかな?】

752 :名無しさん@ピンキー:2010/07/25(日) 14:25:21 ID:???
いるわけない

753 :アイビス・ダグラス ◆i0S07Ep7GI :2010/07/25(日) 19:17:57 ID:???
>>750でまた呼ばせてね】
【しばらく待機してるから】


754 :アイビス・ダグラス ◆i0S07Ep7GI :2010/07/25(日) 20:55:01 ID:???
【そろそろ落ちるね】

755 :名無しさん@ピンキー:2010/07/25(日) 21:36:02 ID:???
>>753
またしても、タイミングを失したか…
せめて11時頃いてくれれば…

756 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/07/26(月) 20:39:12 ID:???
名前:西堀さくら/ボウケンピンク
年齢:22
身長/体重:162センチ
3サイズ:85−61−84
髪型:一部を結って流した黒髪のロング
性経験:処女
性格:生真面目
服装:SGS財団支給のピンクのジャケット。ミニスカート。ロングブーツ。
身体的特徴:細身
MCの希望:無様にもてあそばれて下僕に。
出典:轟轟戦隊ボウケンジャー
待機します。


757 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/07/27(火) 00:07:02 ID:???
落ちます

758 :アイビス・ダグラス ◆i0S07Ep7GI :2010/07/27(火) 00:16:36 ID:???
>>750で、待機してみるね】

759 :アイビス・ダグラス ◆i0S07Ep7GI :2010/07/27(火) 03:13:36 ID:???
【落ちるね】

760 :アイビス・ダグラス ◆i0S07Ep7GI :2010/07/27(火) 19:49:51 ID:???
>>750で、また待機させてね】

761 :アイビス・ダグラス ◆i0S07Ep7GI :2010/07/27(火) 22:52:54 ID:???
【今夜も駄目かぁ、落ちるね】

762 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/07/28(水) 00:43:21 ID:???
今日も待機します。

763 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/07/28(水) 01:25:46 ID:???
落ちます

764 :ラクス・クライン ◆RvSSBBSdtA :2010/07/28(水) 09:45:03 ID:???
ミーアさんに洗脳されて奴隷になりたいです

765 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/07/28(水) 22:05:28 ID:???
名前:西堀さくら/ボウケンピンク
年齢:22
身長/体重:162センチ
3サイズ:85−61−84
髪型:一部を結って流した黒髪のロング
性経験:処女
性格:生真面目
服装:SGS財団支給のピンクのジャケット。ミニスカート。ロングブーツ。
身体的特徴:細身
MCの希望:椅子に四肢を拘束され、乳首、性器に通電されながら洗脳。
出典:轟轟戦隊ボウケンジャー
待機します。


766 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/07/29(木) 21:58:03 ID:???
機能は落ちを宣言せず、すみません。
再度、待機します。

767 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/07/29(木) 23:32:19 ID:???
落ちます

768 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/08/01(日) 01:43:13 ID:???
【プレシアとスレを借りるわ】

769 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/08/01(日) 01:47:55 ID:???
【スレッドをお借りします】
【あたしから、だったよね。 ちょっと待っててね!】

770 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/08/01(日) 01:49:21 ID:???
>>769
【ええ、時間はたっぷりあるから焦らなくてもいいわよ】
【今夜もよろしくね】

771 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/08/01(日) 02:04:33 ID:???
我慢をしても…不安や、寂しさ、が…。
お姉ちゃんの前でなら、何を言っても、いい。
お姉ちゃんだから、正直に言って、いい…。
そうじゃないと、また洗脳されて…おねえちゃんと、戦わされる。
ゼオラお姉ちゃんや、ラトゥーニみたい、に…。
もう、オウカお姉ちゃんに、そんな事はさせたく、ないもん。
(優しい姉、自分のことを思い、妹であるゼオラ、ラトゥーニ、自分。)
(自分の弱いところもさらけ出していい、という安心感に包まれて)
(心の底から安堵に包まれているほどで)

は、い、お姉ちゃん…。
ちゃんと、お姉ちゃんと一緒に戦えるように、強いパイロットに、なり、ま…ぁんっ!?
(はじかれたクリトリス。 下半身がしびれるような刺激に、甘い声をあげて)

あたしの、お兄ちゃん?
マサキ・アンドーの、こと…?
でも、そんな事いわないでお姉ちゃん。
だって、マサキ・アンドーは、お兄ちゃんを騙って、お姉ちゃんと戦わせようとしたんだから。

それに、ゼオラやラトゥーニだって助けなきゃいけないし、
少し、痛くても…我慢する、から。
(だから一緒に戦わせて?と、一緒にいる事、そのことに依存をすること)
(それで殺意を弱めながら、オウカに身体を預けて)

胸の、先、が…?
う、うん…。しびれてる…きも、ちいい…。
おまんこ妹なら、ずっと、この気持ち、いいのを…んっ、ぁ…。
(乳首を弄られるたびに甘い声が漏れるようになりながら)

ぅ、ん…。たちどまら、ない、からぁ…、は、ぁん。
き、きもち、いい…、よぉ…。
おまんこ、され、るの…気持ちいい、よ、ぉ…!
(甘い、蕩けそうな声をあげながら一緒に歩いていく)
(既に太股の辺りまで、蜜がこぼれていて)

772 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/08/01(日) 02:30:25 ID:???
>>771
そう、だから少しでも不安や不調を感じたら教えて。
私が洗脳されないように対処をするから。
(安堵しているプレシアへ愛撫を続けながら共に歩いていき)

その為にはもっと気持ち良くならないとね。
プレシアは気持ち良くなればなるほど、強くなるのだから。
あら、クリトリスを弾かれるの…気に入った?
(何度も繰り返し弾いてやり)

そうね…
もう洗脳されない……そう思えたら戦ってもらうわ。
プレシアが一番倒したいでしょうし……。
そのかわり…戦うからには必ず殺しなさい。
絶対に逃がしたり仕留め損ねては駄目よ。
確実に殺すのよ、憎い憎いマサキ・アンドーを。

おまんこ気持ちいいって言いながら歩いてみなさい。
そうすれば、また違った気持ち良さを味わえるわよ。

773 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/08/01(日) 02:44:57 ID:???
>>771
うん…。 お姉ちゃんには、何でも言う…。
お姉ちゃんに任せれば、全部…大丈夫…。
(愛撫をされながら、刷り込まれる言葉にうなずいていく)
(もはやオウカの言葉が全て正しく、他の言葉になど価値すらないように思えて)

気持ち、よく…なればいいの?
気持ちよくなるだけで、気持ちよくなれるほど…強くなれて…っ…ひっ、あんっ!?
あっ!?気、気持ち、いい、っ!ク、クリトリスはじ、かれると、びりびり、するのぉっ!
(繰り返しはじかれる刺激に、まだ幼いクリトリスも徐々に充血し硬くなっていく)
(全身を小刻みに震わせ、クリトリスをはじかれるたびに、声が上ずって)

う、ん…。 お姉ちゃんの心配がなくなったら…戦う…。
お兄ちゃんを騙ったマサキ・アンドーを…必ず、コロス…。
そうしたら…お姉ちゃん、ご褒美、くれる…?
(甘えるように、すがるように、全身を預けながら尋ねて)

お、まんこ、きもち、いい…? そう、いえばいい、の?
(姉の言う言葉、徐々に快感が高まっていく中で、薦められれば)
お、まんこ…きも、ちいい…。 おまんこ、きも、ち、いい…っ。
(中をかき混ぜられ、余計に感じそうになる中で推奨された言葉を繰り返し)
おまんこ、きも、ち、いい…っ、お、お姉ちゃんに、されてぇっ、おまんこきもち、いいっ…!
(何度も繰り返し言うことで、余計感じてしまうのか、蜜は更に噴出し、そして)
おまんこ…きもち、い…いいぃっ…!!
(軽いものであるが、ついにオウカの指で絶頂を迎えて、ぷしゅ、と蜜を噴出して)

774 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/08/01(日) 03:08:58 ID:???
>>773
そう、私に全て委ねればいいの。
そうすれば、ずっとおまんこ妹でいられるわ。
私の言葉だけに耳を傾けて。
他の誰の言葉も耳を貸す必要はないわ。
(耳元で囁きかけて、ふっと息を吹き掛ける)

そう、ディアブロにはそういう装置も付けてあるの。
パイロットが快楽を得れば、その分出力が上がるおまんこ妹専用機。
イキそうなら、イッてもいいのよ。
(充血し始めたクリトリスをクリクリと弄り、絶頂へと追い込んで)

そう、マサキ・アンドーを殺すの。
どんな手を使ってでも。
ちゃんと殺せたらご褒美も上げるわ。
(甘えるようなプレシアの身体を優しく抱いてやり)
(割れ目に入れた指を少し深く、入れて)


おまんこ気持ちいいって言えばいいの。
おまんこ気持ちいいって言うと、どうしても意識しちゃうでしょう?
(プレシアがおまんこ気持ちいいと言う度に、指を激しく動かしていき)
(プレシアが絶頂すれば、クスリと笑って)

イッたのね。
どう?こんなところで絶頂した気分は?
(ゆっくり指を引き抜き、イッたばかりの割れ目をなぞり)

ちょうど目的地についたことだし。
プレシア、この部屋の扉はここにプレシアのおまんこを押し当てて開けるのよ。
さぁ、扉を開けて。

775 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/08/01(日) 03:27:29 ID:???
>>774
全部をゆだねて…いるだけで、いい…。
おまんこ、妹…。 あたしは、オウカ、お姉ちゃんのおまんこ妹…。
それだけで、いい…。 他は、何も聞かなくて、いい…、ぁは、ぁ。
(吹きかけられた吐息、耳にかかっただけれも、せつなそうに息を漏らして)

快楽を得れば…出力が、あがる…。
おまんこ妹の、あたしだけの、機体…んっ、ふあ、ぁっ!?
イく…?イきそ…ぁっ、は、ぁんっあっ、あ、ああぁぁぁんぅっ!?
(クリトリスへの刺激が強まっていけば、またしても絶頂へと追いやられる)
(おいやられた絶頂に、更に全身の力を抜き、弛緩をさせてしまいながら)

マ、サキ・アンドーを殺す…。
どんな、手を使って、でも…、そうしたらぁ…ご褒美…ぃ。
(ご褒美がもらえる。 憎いマサキを殺せば、大好きなお姉ちゃんからご褒美がもらえる)
(一層深く、割れ目に指が入ってくれば、それだけでも甘い声を漏らし、自分も小さく腰を揺らし)

う、ん…。
おまんこ、きもちいい、っていうと…頭の中がおまんこでいっぱいになる…。
おまんこのことだけ考えて、おまんこの気持ちよさが、ぁ、あたま一杯に広がるの…ぉ。
(その気持ちよさで、絶頂を迎えてしまった以上、大きく肩で呼吸をしながら)

イった…?こ、れが、ぁ…?
(未体験の感覚に酔いしれながら、小さく息を吐きつつ)
は、はずかしかった、けれど…、お姉ちゃんに、されて、おまんこでイけて…、気持ちよかった、よぉ…。
ん…は、ぁ、イったばかり、でぇ、敏感にな、ってる…。
(割れ目からは、つぅ、と糸を引きながら、指に絡み付いて)

目的地…? おまんこを押し当てれば、いいの?
(姉の言葉にうなずけば、さし占められた場所に秘所を押し付けて)
ん…ぅ…。
(押し当てるだけでも、甘い声を漏らしながら)

776 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/08/01(日) 03:55:09 ID:???
>>775
プレシアは私のおまんこ妹。
プレシアのお姉さんは私だけ。
それを忘れないでね。

(絶頂して弛緩した身体を抱いて、それでも身体を撫で回すように愛撫をして)

ご褒美が楽しみでしょう?
今からマサキ・アンドーをもっと憎んで、殺意を抱いて。
いつでも殺せるようにしておきなさい。

おまんこで頭がいっぱいになったの?
おまんこで頭がいっぱいで気持ち良くなったなんて、プレシアはイヤらしい子ね。

(指に絡み付いた愛液を舐めとり、からかうように指摘してやり)

そうよ、そこに押し当てるの。
(プレシアが割れ目を押し当てると、プシュッと空気の抜けるような音と共に扉が開いて)

(ベッドやテーブル等生活に必要な家具類に加えて、バイブやローター等の玩具が散乱した部屋が現れる)
ここがプレシアの部屋よ。

777 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/08/01(日) 03:56:58 ID:???
>>776
【お姉ちゃん、ごめんね】
【ちょっと睡魔が強くなってきちゃった】
【また凍結をしたいんだけれど、いいかな?】

778 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/08/01(日) 04:16:26 ID:???
>>777
【ええ、分かったわ】
【私も眠気を感じ始めていたから】
【次はいつにする?】

779 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/08/01(日) 04:18:13 ID:???
>>778
【あたしがいいのはまた週末になっちゃうかな】
【6日か7日の深夜がいいんだけれど、お姉ちゃんはだいじょうぶ?】

780 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/08/01(日) 04:20:20 ID:???
>>779
【それなら7日にしましょうか】
【時間は24時でどうかしら?】

781 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/08/01(日) 04:23:19 ID:???
>>780
【うん、あたしもそれで大丈夫だよ】
【じゃあ、今度は7日の24時ね!】
【でも、今日は本当に待たせちゃってごめんね?】


782 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/08/01(日) 04:26:43 ID:???
>>781
【また来週会いましょう】
【気にしなくていいの】
【こうして会えたのだから】
【今夜はもうお休みなさい】
【来週楽しみにしているわ】
【お疲れ様、プレシア】

783 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/08/01(日) 04:28:01 ID:???
>>782
【うん、じゃあ、また来週ね】
【今夜は本当にありがとう、お姉ちゃん】
【また、あえる事を楽しみにしてるね】
【それじゃあ、おやすみなさい!】

【スレッドを返します】

784 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/08/01(日) 22:01:38 ID:???
>>767
で待機します

785 :名無しさん@ピンキー:2010/08/01(日) 23:55:22 ID:0iBBQ5xZ
落ちます

786 :名無しさん@ピンキー:2010/08/02(月) 16:35:37 ID:???
てす

787 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/02(月) 21:28:26 ID:???
【待機します】
【レビさんやアタッドさん、またはエアロゲイターに洗脳された仲間に洗脳されたり】
【洗脳された私が、ハガネの仲間を洗脳したりするのが希望です】

788 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆fM9WgwevPU :2010/08/02(月) 21:44:21 ID:???
>>787
【洗脳される側でお相手して貰っていい?】

789 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/02(月) 21:52:40 ID:???
>>788
【もちろん!】
【あ、でも、ラトゥーニちゃんだったら、フェアリオンを手に入れてからの方が面白いから】
【私はミツコさんに洗脳されたとかのほうがいいかな?】
【それと、どういうふうにラトゥーニちゃんは洗脳されたい?】

790 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆fM9WgwevPU :2010/08/02(月) 21:58:25 ID:???
>>789
【クスハが、その方がやりやすいなら】
【機械とか使われた方がいい】
【もしくは薬と暗示とか】

791 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/02(月) 22:03:21 ID:???
【うん、私もそっちの方がやりやすいかな】
【だったら機械と暗示はどう? 脳に直接快感をいれちゃって】
【意識が朦朧としているところに暗示、とか】

792 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆fM9WgwevPU :2010/08/02(月) 22:08:47 ID:???
>>791
【それならクスハはミツコさんに洗脳された、と言うことで】
【機械と暗示の洗脳も大丈夫】
【書き出しはどうする?】

793 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/02(月) 22:15:06 ID:???
【私がやった方がいいのかな】
【ちょっと待っててね】

794 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆fM9WgwevPU :2010/08/02(月) 22:17:29 ID:???
>>793
【それじゃあお願い】
【待ってるから】

795 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/02(月) 22:27:56 ID:???
(突如、行方不明となったクスハ)
(ハガネのクルーたちは大々的に、あるいは裏から、その行方を追っていた)
(皮肉にも、真っ先に情報に触れたのはテツヤやギリアムではなく)
(イスルギ社がスクールの技術をサルベージしている一件を調べていたラトゥーニたちだった)

(だが、相手に触れると言うことは、相手に気づかれると言うことでもある)
(ラトゥーニは、フェアリオンの戦闘データの提供と解析と言う名目でイスルギ社に呼び出される)
(狭いが、豪奢な応接間に通されたラトゥーニを迎えたのは意外な人物だった)

――久しぶりね、ラトゥーニちゃん。
(ドアを開け、イスルギ社側の人間として入ってきたのは――クスハ・ミズハだった)
(ごく普通の会社員のようなスーツに身を包み、優しげに微笑むクスハには以前と変わったところはない)
(だからこそ、異常だった)

こんなところで会えるだなんて思ってなかったよ。
ねぇ、紅茶はどう? イスルギ社の紅茶って高い茶葉使ってるのかな。凄く美味しいんだから。
(行方不明になっていたクスハが、まるで以前と変わらぬように話しかけてくる)
(断絶をなかったかのように装っている違和感があった)

796 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆fM9WgwevPU :2010/08/02(月) 22:42:53 ID:???
>>795
(クスハの捜索の合間にイスルギ社を訪れて、現れたのは捜していたクスハ当人だった)

嘘…そんな…どうして?
(どうしてクスハがここにいるのか)
(どうして今まで連絡が無かったのか)
(どうしてイスルギ社の社員のように振る舞っているのか)
(様々な疑問が沸き上がり次の言葉が出るまで、幾分か時間を要し)

どうして、クスハがここにいるの?
どうして、今まで連絡してくれなかったの?
みんな心配してたし、みんなクスハのことを探してたのに。

紅茶なんかいらない
そんなことより……帰ろう。
データの提供が終わったら、一緒に。
クスハが見つかったって分かったら、みんな安心するから。

797 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/02(月) 22:55:45 ID:???
ど、どうしたの?
そんなにびっくりしちゃった?
…でも、嘘なんかじゃないよ。
ここにいるのも当たり前だよ。
だって、私、イスルギ社の社員になったんだから。
(事も無げに言い放つクスハには、何の罪悪感もない)
(違和感の正体はクスハの目。ラトゥーニのよく知る、感情を制御された者の目つきだった)

連絡できなかったのは、ミツコ様の命令だったから。
だから、仕方なかったの。許してね。
でも、一緒に帰るのは駄目。
だって私、ミツコ様のものになれて、本当に幸せなんだもの。
(赤いチョーカーにそっと手を添えながら、つぶやき)

…そっか。ラトゥーニちゃん、紅茶飲んでくれないんだ。
そう言えば昔から、勘がよかったものね。
残念。力づくでやらなきゃいけないんだなんて。
(紅茶をそっと口に含むと、ラトゥーニが戸惑っている間にすっと近寄り)
(強引に唇を奪いながら、口に含んだ紅茶を流し込んでいく)

おやすみなさい、ラトゥーニちゃん。
大丈夫、次目覚めたら、きっと…ラトゥーニちゃんも帰りたいだなんて思わなくなってるから

798 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆fM9WgwevPU :2010/08/02(月) 23:13:53 ID:???
>>797
イスルギ社の社員?
ミツコ様のもの?
(クスハの姿を見た時から感じていた違和感)
(クスハを良く観察すれば、違和感の正体にようやく気づく)

クスハ、あなた…洗脳されてる?
ん、ぅ……んん…

クスハ……お願い、正気…に……
(紅茶を飲まされると、混入されていた薬のせいで強烈な眠気に教われてしまい、眠りに落ちた)

799 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/02(月) 23:33:00 ID:???
(1時間後、クスハは拘束されたラトゥーニの前にいた)
(椅子のようなものに縛られたラトゥーニは、ヘルメットのようなものをかぶせられ
(それ以外、何もされてはいない――いや、する必要がなかった)

ふふ、それじゃ、始めよっか。
――ラトゥーニちゃんの洗脳を。
(そっと首筋を撫でたクスハは、いきなりラトゥーニの胸をわしづかみにしてこね回す)
(本来ならば、まだ幼さの残るラトゥーニには痛みしか残らない行動だが)

どう? 気持ちいい?
気持ちいいよね。
だって、それ以外の感覚は全部変換しちゃってるもの。
痛覚も嫌悪感も全部、快感になっちゃうようにね。
(乳首を捜しあてた指がそっと抓りあげる)
(膨大な痛みと、それの置換された快楽がラトゥーニを襲っていく)

…あ。ご、ごめんね。つい夢中になっちゃった。
ちゃんと洗脳しなきゃいけないんだったよね
(クスハが機械を弄った瞬間、ラトゥーニの脳裏に膨大な情報が流れ込んでくる)
(マゾ、奴隷、奉仕、乳首、ニプルファック、SM、痛み、快楽、調教、洗脳)
(あらゆる言葉と共に、それが示す性的なイメージが実際に映像で脳に飛び込んでいく)

800 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆fM9WgwevPU :2010/08/02(月) 23:57:01 ID:???
>>799
(どれほどの間眠っていたのか)
(目が覚めれば椅子に拘束されており、ヘルメットか何かを被らされているのか何かバイザーのような物が視界を遮断していた)

私の…洗脳?
(スクールにいた頃は自分も受けていた洗脳)
(意思をねじ曲げ、都合の良いように改竄するその行為には、嫌悪感しか抱いていなかった)
(そのはずが、洗脳と聞いた途端に胸が高鳴ってしまう)
(未発達の身体に加えられる刺激も快楽となって)

あ、ふぅぅぅ!
くぅ、んぁぁぁぁ!
痛みも、嫌悪も…快感に……変換…。
あはぁっ!
(洗脳と聞いて胸が高鳴ったのにも、痛みが快楽となった理由も)
(それを信じるならば、納得することができる)

洗脳…
やぁっ!
あぁっ!やめて…やめてっ!
入って…来ないで……
(幼いラトゥーニが知るはずのない様々な淫らな情報)
(怒濤のように流れ込むそれは、幼い為に性的な物に対して無垢で潔癖だからこそ生理的に嫌悪を感じるものばかり)
(そうでなくとも、中には拷問としか思えない行為も混ざっており到底受け入れられるものではない)
(しかし、流し込まれるそれはラトゥーニの知識として蓄積されていき)
(やがてコンピューターが使わないデータを削除を新たにデータを納めるスペースを作るように)
(既にあるラトゥーニの意思を、感情を、思いを削り取りながら侵食するようにラトゥーニの中に留まっていく)


あ、ぅ…いや、いや、やめて…やめて…
(それらは身体が覚えている洗脳される感覚と同じ)
(自分が自分でなくなっていくことに、感じる恐怖と嫌悪も快感されてしまい)
(気を緩めればその感覚に身を委ねてしまいそうになる)

801 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/03(火) 00:15:42 ID:???
怖いんだ、ラトゥーニちゃん。
大丈夫、受け入れちゃえば、何もかも楽になるよ。
頭の中を空っぽにして、全部素直に受け入れるの。
(嫌がるラトゥーニに、クスハは優しく微笑む)
(それは仲間を仲間として愛することを禁じられた、人形の微笑だった)

ほら、もっとよく、頭の中に映し出されるイメージをよく感じて。
皆、嫌がってなんかいない。ほら、喜んでる。
だって、本当は気持ちいいことなんだもの。
頭を空っぽにして、誰かに従うだけの人形になるのは気持ちいいことなの。
エッチな命令に従って、気持ちよくなって、褒められて、満たされるのは最高に幸せなことなの。
皆、気持ちよさそうでしょ?
(様々な画像がラトゥーニの脳裏を駆け抜けてゆく)
(膣を蹂躙され、悦ぶ女。自らペニスを咥えにいく少女。調教に礼を言う雌奴隷)
(クスハは既にラトゥーニに触れては居ない。だが、機械は勝手にラトゥーニの感覚を弄り)
(誰も触れていないのに、イメージの少女たちと同じ場所を責められる快感をラトゥーニに流していく)

ラトゥーニちゃんも段々気持ちなっていくよ。
拒んだって駄目。わかるでしょ? そういうの、洗脳のために造られた装置には無駄だって。
気持ちいい。気持ちいい。気持ちいい。それだけで頭が埋まっていく。
抵抗しようにも、どうやって抵抗してたのか。思い出せなくなっていくの。
ううん、何で抵抗しようとしてたのかすら。
代わりに、もっと気持ちよくなりたくて仕方なくなる。
エッチなイメージがどんどん頭の中に入ってくる。
自分もこういうふうに犯されたいって思う。
ぼやける。ぼやける。頭がとろーって溶けていく。
(そっとラトゥーニの耳元で囁きながら、装置の出力を上げていく)

802 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆fM9WgwevPU :2010/08/03(火) 00:34:23 ID:???
>>801
違う…違う!
楽になるんじゃない……受け入れても、私が私でなくなるだけ…。
(流されてはいけない、どんなに辛くとも流されてはいけない)
(流されたら最後、自分は変えられる)
(そう、自分に言い聞かせる)

違う、違う、違う…
私じゃない、私じゃない、私じゃない……
私じゃ…ない…んぅ、私…じゃ…
(脳裏に映し出されるイメージに同調するような感覚と快楽)
(そのイメージは自分なのだと)
(少女たちのイメージが自分とダブりそうになるのを、言葉に出して違うと言うことで防いでいた)
(それは、ラトゥーニが自分なりに編み出した洗脳されない為の術)


やめて、違う!
気持ち良くなんかなりたくない!
気持ち良くなんかない!気持ち良くなんか……。
(ラトゥーニの持つ術は外部から送られる情報には、抵抗できるが)
(事実、そこにあるものには抵抗できない)
(故にいくら気持ち良くない、と否定したところで実際に快感を得ているのならば)
(それは抵抗ではなく、ただの強がりでしかない)


気持ち良く……ない、気持ち…良く…なんか…
(必死に快感を否定するが、幼い割れ目から愛液を垂らす程に身体は快楽を得ており)
(思考が快楽で埋め尽くされていく)
(引き上げられた装置の出力が引き金となり、ラトゥーニの自我は快楽漬けのまま粉々に砕かれてしまった)


803 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/03(火) 00:45:12 ID:???
そう、今のラトゥーニちゃんには違うように見えるんだ。
でも、もっとよく感じて。意識をイメージに集中するの。
…ほら、見えてきたでしょ。
感じているのはラトゥーニちゃんなんだよ。
あっちでセックスをねだってるのも、あっちでお尻を叩かれて喜んでるのも、
あっちでバイブを捻じ込まれて笑ってるのも、あっちでオナニーしながらエッチな言葉を言い続けてるのも
皆、ラトゥーニちゃん。

ラトゥーニちゃんはエッチな子。
ラトゥーニちゃんは虐められて喜ぶ変態さん。
ラトゥーニちゃんはマゾ。
ラトゥーニちゃんは誰かに支配して貰いたがってる。
ラトゥーニちゃんは調教してもらいたい。
ラトゥーニちゃんは洗脳されたい。
嘘だって思うなら、言って。
「私はエッチな子です
 私はは虐められて喜ぶ変態です。
 私はマゾです。
 私は誰かに支配して貰いたがってます。
 私は調教してもらいたいです。
 私は洗脳されたいんです」って。
嘘なんだから、口に出したって平気だよね。
嘘なんだから、全然怖くないよ。
口に出すたびに、頭の中に染み込んで言っちゃうけど、嘘だから大丈夫。
ほら、始めてごらん。
(特定の単語をラトゥーニが口にするたび、機械は快楽と強烈なイメージを流し込み)

804 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆fM9WgwevPU :2010/08/03(火) 01:05:30 ID:???
>>803
イメージに意識を集中……。
感じているのは私。
お尻を叩かれて、喜んでいるのは私。
バイブを捩じ込まれて笑っているのは私。
オナニーしながら、エッチな言葉を繰り返しているのは私。

私はエッチな子。
虐められて喜ぶ変態、マゾ。
私は支配されたい、調教されたい、洗脳されたい。

私はエッチな子です。
私は虐められて喜ぶ変態です。
私はマゾです。
私は誰かに支配して貰いたがってます。
私は調教してもらいたいです。
私は洗脳されたいんです

私はエッチな子です。
私は虐められて喜ぶ変態です。
私はマゾです。
私は誰かに支配して貰いたがってます。
私は調教してもらいたいです。
私は洗脳されたいんです

私はエッチな子です。
私は虐められて喜ぶ変態です。
私はマゾです。
私は誰かに支配して貰いたいです。
私は調教してもらいたいです。
私は洗脳されたいです。
(快楽とイメージを送られる度に、ビクッビクッと身体を痙攣させて絶頂する)
(イメージと快楽は強くラトゥーニの中に焼き付いて、事実言葉通りの人間へとなっていく)
(その証拠に幾度目かの絶頂と痙攣からは、薄い笑みすら浮かんでいて)

805 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/03(火) 01:36:00 ID:???
そう。ラトゥーニちゃんはエッチな子。
誰かに調教されたくて、洗脳されたいマゾの変態。
もう一度、自分で声に出してごらん。
とっても気持ちよくなっちゃう。
それは嘘じゃないから。
ラトゥーニちゃんは、嘘を言って気持ちよくなっちゃう悪い子じゃないよね?
私の言うことをちゃんとよく聞ける良い子だよね?

あはは、こんな聞き方しちゃだめかな。
だって、これじゃ、ラトゥーニちゃん、さっき自分で言ったこと、嘘だって言えなくなるよね。
嘘をついてたとしても、それを本当にしなきゃいけなくなるよね。
本当に、洗脳されたくて、調教されたいマゾにならなきゃいけなくなっちゃうよね。

おわびに、洗脳されたいラトゥーニちゃんに良いご主人様を紹介して上げる。
――この人がね、ミツコ・イスルギ。私たちのご主人様。
私たちを支配してくれる人。私たちを調教してくれる人。私たちを洗脳してくれる人。
この人の命令は絶対。自分の命に代えてでも従わなきゃいけないの。
でも、従うと気持ちいいご褒美、いっぱいくれるの。
辛いことは考えないで良い。自分で考えないで、ミツコ様に従えばいいの。
素敵でしょ?

素敵だって想ったら、こう言って。
「ミツコ様に忠誠を誓います。私の全てを捧げます」って。
言うだけで、それは現実のものになる。
今まで大事だったものを全部ミツコ様が塗りつぶしていくんだ。
私も、こうやって洗脳されて、帰りたくなくなっちゃった。
ブリット君もリュウセイ君ももうどうでも良い。ミツコ様さえいればいいの。

洗脳されるのって本当に素敵。
ラトゥーニちゃんもそう想うよね?

806 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆fM9WgwevPU :2010/08/03(火) 01:53:21 ID:???
>>805
ぅ……
……わ、私は……私……は……
(言い澱んだのは最後の抵抗か、しかしそれも意味はなく)

私はエッチな子。
誰かに調教されたくて、洗脳されたいマゾの変態。
んぁっ、くぅ……
う、ん…ちゃんと…クスハの…言うこと…聞ける。

ミツコ・イスルギ……。
私達のご主人様…。
この人が調教してくれる。
洗脳してくれる、支配してくれる。
…ミツコ・イスルギの命令は絶対。
命に変えて従わないといけない。
気持ちいい、ご褒美…たくさん……くれる。

考えず、ミツコ…様に従う。

洗脳されるの、素敵……
リュウセイもシャイン王女も……どうでもいい。
(もう、迷わないと決断するように)
(淡い恋心を抱いた男と、親友を切り捨てるような言葉を口にした。そして…)

ミツコ様に忠誠を誓います。
私の全てを…捧げます。
(決して後戻りできない、決定的な言葉を口にする)

807 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/03(火) 02:13:45 ID:???
よくできました。
…ご褒美を上げなきゃ、だよね。
今からラトゥーニちゃんはすッごく気持ちよくなれる。
同時に全身を撫でられ、同時に全身を舐められ、全部の性感帯を一辺にいじめてもらう。
頭を弄られてる最中じゃないと味わえない気持ちよさがくるよ…ほらっ。
(クスハが装置を操作すると、ラトゥーニの脳裏に様々な概念が流れ込んでくる)
(「忠誠」「調教」「洗脳」「ご主人様」「隷属」「信仰」「戦闘」「命令」「奉仕」)
(全身の性感を偽造されながら、ラトゥーニの脳裏に刻まれていく)

でも、イケない。
私の言うとおりにしないと、絶対にイケないの。
でも、代わりに言うとおりにしたら、その瞬間にイケちゃう。
何度でも何度でも立て続けにイっちゃえる。

これが最後のラトゥーニちゃんの自分の意思の選択。

洗脳や催眠って普通のやり方じゃ長くは維持できないって、知ってるよね?
だから、今我慢して、何とか脱走すれば、きっとラトゥーニちゃんは元の自分に戻れる。
戻れなくても、さっきのイメージみたいな変態のマゾ人形にはならない。
でも、我慢できなくて…ここで何度もイクことを選んじゃったら、それはラトゥーニちゃん自身の選択。
ラトゥーニちゃんが望んだ洗脳だから、もう解けない。
万が一解けちゃっても、また洗脳されたいって願うようになっちゃうの。
(ラトゥーニの拘束がするするとほどけていく)

ラトゥーニちゃん。その可愛い胸をぎゅってにぎりなさい。

808 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆fM9WgwevPU :2010/08/03(火) 02:31:11 ID:???
>>807
ご褒美…クスハが、ご褒美…くれるの?

はぁぁぁぁぁぁぁぁ♪
んはぁぁぁぁぁぁぁ♪

(ミツコに対する忠誠が、ミツコの調教を願う気持ちが)
(ミツコに洗脳される喜びが、ミツコに支配される幸福が)

(ミツコを神にも等しい存在として称える感情が、ミツコの為に戦う悦びが)

(ミツコの命令に従える名誉が、ミツコに奉仕する愉悦が)
(快楽と共に刻み付けられる)
(しかし絶頂することはなく、まるで頂上に到達する一歩手前で足踏みしているように、絶頂を封じられていた)

最後の選択……今なら、戻れる…戻れなくても…マゾ人形にはならない。

イッたら…洗脳は解けない…解けても…洗脳を望む…。

私……はミツコ様に忠誠を誓った。
だから、私は……脱走なんて…しない。
(拘束が解けるのを待ち兼ねていたように、迷うことなく)
(クスハと対照的な、なだらかな胸をギュッと掴む)

ん、ぅぅぅぅ♪
あっふぅぅ♪
あひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ♪
イク♪イク♪イクぅぅぅぅぅぅ?
(身体をガクガク跳ねさせ、揺さぶりながら)
(ヘルメットの下ではだらしのないアへ顔を晒し、失禁し愛液を噴き出し繰り返し絶頂して)

809 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/03(火) 02:47:54 ID:???
自分の意思で、選んじゃったね。
…私と一緒。
私も、少佐に洗脳されたときの気持ちよさが残ってて、
ミツコ様に洗脳されちゃった。
自分の意思で、みんなを、ブリット君を捨てたの。
ミツコ様のために。ふふ…ミツコ様…ミツコ様…ミツコ様…
(ラトゥーニの痴態に当てられたのか。自らも秘所を弄りながら)

可愛いイキ方だったね。
もっと見たいなぁ…ふふ、良いよね、ラトゥーニ。
次の命令は、自分でお尻の穴をいじって気持ちよくなること。
でも、大丈夫だよ。私が教えてあげるから。
(ラトゥーニのヘルメットを外すと、抱きかかえるようにして立たせ)
(そのまま真正面からラトゥーニを抱きしめたまま、右手に手を添え、肛門へと導く)

こうやって、最初は皺を伸ばすように撫でて、
それからちょっとずつ指を入れていくの。深く、深く、深く、ね。
(肛門に導いた手の指を操作し、アナルオナニーの快感をラトゥーニに覚えこませていく)

感じながら言うの。
「私はミツコ様の下僕です」
「私はイスルギ社の兵器です」
「私の全てはミツコ様の物です」
「私はミツコ様の所有物です」
「ミツコ様の敵は私の敵です」
「ミツコ様の命令には絶対服従します」
「身も心も全てミツコ様に捧げます」
「殺せといわれれば誰であろうと殺します」
「昔の仲間だろうが、民間人だろうが、必ず殺します」
「私はミツコ様に忠誠を誓います」
(ぎゅっと抱きしめると柔らかな体がラトゥーニを包み込み)

810 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/03(火) 02:51:51 ID:???
【そろそろ限界みたい…】
【凍結とか、大丈夫?】

811 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆fM9WgwevPU :2010/08/03(火) 09:06:09 ID:???
>>810
【ごめんなさい、待っている間に私の方が限界が来たみたい】
【もし、クスハがまだ遊んでくれるなら遊んで欲しい】
【私の方は今夜23時からか、明日22時からなら大丈夫だけれど…】

812 :天羽みう ◆/evBIOIDeI :2010/08/03(火) 21:11:36 ID:???
待機してみるね。
希望は陵辱と調教で、
私と新吾くんが結ばれた状態なんだけど、
それを快く思わない人(作品のヒロインでもいいよ)から陵辱と調教を受けて
最後はその人の奴隷になっちゃいたいな♪
出展は「ましろ色シンフォニー」だよ

813 :天羽みう ◆/evBIOIDeI :2010/08/03(火) 22:29:46 ID:???
う〜ん…
誰もいないのかな?
日を改めてまた来るね

【落ちるよ〜】

814 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆fM9WgwevPU :2010/08/03(火) 22:54:13 ID:???
【約束とも言えないものだけど、少し待機するね】

815 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/03(火) 23:11:41 ID:???
【ごめんね、待たせちゃった】

816 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆fM9WgwevPU :2010/08/03(火) 23:23:24 ID:???
>>815
【昨夜はごめんなさい、急だったのにまた会ってくれてありがとう】

817 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/03(火) 23:31:03 ID:???
>>816
【こっちこそ、無理させちゃってゴメンね】
【それじゃ、さっそくだけど、はじめる?】

818 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆fM9WgwevPU :2010/08/03(火) 23:34:21 ID:???
>>817
【眠気を感じてすぐに言い出さなかった私が悪いから】
【今夜はちゃんと伝える】
【私から、だね】
【用意しておいたからすぐに投下する】


819 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆fM9WgwevPU :2010/08/03(火) 23:35:49 ID:???
>>809
クスハと一緒……クスハも洗脳されることを望んだの?
ミツコ様の為に…みんなを捨てた……。
ミツコ…様……。
お尻の穴を…弄って……気持ち良く……
(ヘルメットを外され、現れたラトゥーニの表情は人形じみたクスハのそれと同じものに変わり果てていて)

んぅ、くぅ…お尻がぁ、ムズムズ…して…気持ちいい…
(クスハに言われるまま、導かれるまま指を動かして、肛門を弄りうっとりとした表情を浮かべる)

もっと、奥……ずっと、奥……
あっ、私はミツコ様の下僕です
ふぅ、私はイスルギ社の兵器です
はぁ、私の全てはミツコ様の物です
んぁぁ、私はミツコ様の所有物です
ミツコ様の…あふぅ、敵は私の敵です
ミツコ様のぉぉ、命令には絶対服従します
身も心も全て……ミツコ様に捧げます
殺せといわれれば誰であろうと殺しますぅぅ
昔の…仲間だろうが、民間人だろうが、必ず殺します
私はミツコ様に忠誠を誓います
(言葉を吐くたびに、ミツコへの忠誠が沸き上がり、根付いていき)



820 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/04(水) 00:06:14 ID:???
うん、そう。
最初は抵抗したけど、ミツコ様が本当の私の望みを教えてくれたの。
あのとき、エアロゲイターに洗脳されてたときの気持ちよさが忘れられない私を。
もう一度洗脳されることを望んでいる私を。
今のラトゥーニなら、私の気持ち、わかってくれるよね?
(喜び以外の感情を禁止された、人形の微笑を浮かべたまま、ラトゥーニにキスをして)

忠誠を誓うたび、気持ちよくって仕方ないでしょ。
これが洗脳される気持ちよさなんだよ。
ミツコ様は、ラトゥーニもイスルギ社にいれてくれるって。
仕事は、もちろんパイロット。
ミツコ様の命令で、ミツコ様の邪魔になる人を殺すの。
他にも色々あるよ。ミツコ様のストレス解消の玩具になったり
接待の道具として、どこかの社長に抱かれたり、
同じミツコ様の下僕になるべき人をさらったり、
イスルギ社のためにならない人を脅したり、殺したり。
全部、ミツコ様のため。
ミツコ様のために働けるの。
とっても素敵な場所だと想わない?

イスルギ社に入るつもりなら、アラドたちにはお別れを言わないとね。
…あそこのカメラ、見える? 今日の様子、全部撮影してたの。
だから、今、ちゃんとお別れを言ったら、それ、皆に届けてあげられるよ。
ほら、良い子のラトゥーニはきちんとお別れ、言えるよね?
(ラトゥーニの指にアナルで快感を得る方法を覚えこませると)
(自らは手を離し、背後に回り、カメラに見えるよう小さな乳房の愛撫を始める)

821 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆fM9WgwevPU :2010/08/04(水) 00:26:57 ID:???
>>820
うん、わかる……。
わかるよ…洗脳されるの気持ちいいから。
クスハのキスも……同じくらい、気持ちいい。
(仲間と出会い豊かになりかけていた表情は、以前にも増して変化に乏しくなっていた)

うん、気持ちいい。
気持ち良くて、もっと洗脳してもらいたくなる。

私もイスルギ社に?
ミツコ様の為に働くパイロット……
ミツコ様の為…色々な仕事があるんだ。

うん、できる。
そんなことで、ミツコ様の為に働けるなら。
(アナルに指を沈めて、快楽を味わいながらカメラを真っ直ぐに見つめる)

さようなら。
リュウセイ、アラド、シャイン王女……
みんなも、さようなら。
私はイスルギ社でミツコ様の為に働くから。
フェアリオンの戦闘データの解析が終わっても帰らない。
ずっとずっと、ミツコ様の為に働くの。
助けよう…なんて思わないで。
助けられたりしたら、迷惑。
それと、ミツコ様の邪魔をするなら……殺すから。
(クスハに胸を愛撫されながら、アナルで自慰をしたまま)
(この映像を見るであろう仲間に決別を告げる)

822 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/04(水) 00:58:49 ID:???
大丈夫。これから、何度でも何度でも洗脳してもらえるよ。
絶対に正気に戻れないよう、定期的に、しつこく、ね。
頭の中がすっかり壊れて、ミツコ様のために存在する機械になるまで。
だから、これぐらいで、そんなに気持ちよくなってたら、後が持たないかも。
んっ…
(にっこりと笑いながら、ラトゥーニの首筋に舌を這わせ)
(無理やり自分の方を向かせると、一息に唇を奪う)
(深く差し込まれた舌は、ラトゥーニの口内を凌辱し、唾液を流し込んでいく)

っ…ちゅっ…はぁ…あぁ…
…ふふ、私も、気持ちいいよ。
それに、感じてるラトゥーニちゃんを見てると、凄く楽しい。
その年で、こんなにエッチな子になっちゃっうなんて、大変だよ。
この先、どんなに素敵な恋人が出来ても、絶対に満足できない。
ラトゥーニちゃんはもう一生誰かの雌奴隷になるしかないの。

そうやってちゃんと覚えててくれると、洗脳した私も嬉しいな。
もっとエッチなご褒美を上げたくなっちゃう…
…ねぇ、あの時、色んなエッチなイメージ、頭の中に焼き付けられちゃったよね。
体験してみたいもの、ある?

823 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆fM9WgwevPU :2010/08/04(水) 01:11:53 ID:???
>>822
本当?
…そんなに洗脳して貰えるなんて嬉しい。

クスハは…どうなの?
頭の中が壊れて、ミツコ様の為に存在する機械になれた?

もたなくて…いい……
ずっと洗脳される気持ち良さに溺れていたいから。
んっ…
(ピクリと身体を震わせ、吐息を漏らす)
(唇を奪われても抵抗することはなく、積極的に舌を絡ませ唾液を飲み込んだ)

恋人?
恋人なんていらない……私はミツコ様のものだから。
ミツコ様が恋人を作れって言うなら作るけど……
一生、ミツコ様の雌奴隷でいい。

体験したいもの?
………お尻を叩かれて気持ち良くなりたい。

824 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/04(水) 01:28:33 ID:???
私もね、一週間に一回、再洗脳を受けてるんだよ。
もう自分じゃ完全にミツコ様の人形になれたと思ってるんだけど…
でも、万が一があったら大変だものね。
さっきの装置にかけられたまま、ミツコ様の言葉を聴きながら、忠誠を誓い続けるの。
凄く感じて、イキそうでイケない状態が一日中続くんだよ。

ミツコ様のお話じゃ、私がブリット君とリュウセイ君を殺せたら、洗脳が定着するんだって。
それまでは再洗脳を受けなきゃ…あ、次はラトゥーニちゃんにしてもらうのも、楽しいかも。

お尻を? …こうかな?
(わざと柔らかく何回かたたき)

それとも…こうっ!?
(大きく振り上げて、加減なしの平手をラトゥーニの尻肉に叩き込む)
(そのままラトゥーニの尻が真っ赤になるまで何度も何度も振り下ろし)

…あ…可哀想…
でも、仕方ないよね、自分で選んだことだもの。
ラトゥーニちゃんは、エッチで卑猥で下品な、ミツコ様の牝人形だものね。
(優しく語りかけながら、真っ赤になった尻肉をゆっくりと撫で)

825 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆fM9WgwevPU :2010/08/04(水) 01:49:29 ID:???
>>824
私も早く、それくらい洗脳されたい。
一日中ミツコ様に忠誠を誓って気持ち良くなれるんだから。
ミツコ様…
(アナルに指を沈め、たお尻を左右に振って

クスハ……それなら、今度は私がする。
だから、私が洗脳できるように教えて……
たくさん洗脳して、覚え込ませて。

違う…もっと……強くぅ。
(弱く叩かれて、不満そうな表情を浮かべるが)

んはぁぁぁぁぁ♪
そう、そう…
気持ち…良い。
叩かれるのぉ、気持ちいい♪
(強く叩かれる度に、プシュっと潮を吹いて絶頂し続けて)


うん、そう…
エッチで卑猥で下品な雌人形、それが今の私。
本当の私。
(ダラリと舌を垂らしたまま、クスハに撫でて貰い快楽を味わって


826 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆fM9WgwevPU :2010/08/04(水) 02:03:26 ID:???
【ごめんなさい、眠くなって来たから】
【凍結してもらっていい?】

827 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/04(水) 02:10:26 ID:???
叩かれて、そんなに気持ちいいんだ。
元々、マゾの素質があったのかな?
…それとも、スクールにいたときに、教えられちゃった?
(赤く腫れ上がった尻の皮膚を、わざと爪で掻き)

せっかくだから、もっとたくさん味わって。
一回叩かれるたびに、ラトゥーニの心の中の余分なものが壊れていくよ。
理性も、プライドも、次々に粉々になっちゃう。
後に残るのは、いやらしい淫乱のラトゥーニだけ。
一日でお尻の気持ちよさを覚えちゃった、エッチなラトゥーニだけだよ。
(再び何度も何度も尻を叩いては、今度は尻穴を弄り、苦痛と快楽を交互に与え続ける)

可愛いなぁ、ちっちゃな舌を懸命に出して。
…意地悪したくなっちゃう。
(舌を空いているほうの手で捕まえ、ぐにぐにと弄びながら、叩く力を徐々に弱めていく)
(そして、ラトゥーニの口の中に自分の指を突っ込み、その瞬間、今までの最大の力を振り下ろした)

828 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/04(水) 02:20:58 ID:???
【うん、そうだね】
【次はいつにする?】

829 :名無しさん@ピンキー:2010/08/04(水) 03:06:04 ID:???
落ちたな

830 :ラトゥーニ・スゥボータ ◆fM9WgwevPU :2010/08/04(水) 03:20:56 ID:???
>>828
【再起動に時間が掛かって、返事が遅れてごめんなさい】
【昨日言ったみたいに、今夜は大丈夫】
【それ以降になると、何日か後に伝言板になりそう】
【今夜もありがとう】
【申し訳ないけれど、私はお先に失礼するね】

831 :天羽みう ◆/evBIOIDeI :2010/08/04(水) 22:07:09 ID:???
>>812で待機してみるね〜

832 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/08/04(水) 22:19:11 ID:???
【キャラクター】  西堀さくら/ボウケンピンク
【性格など】    生真面目な性格。年齢:22 身長/体重:162センチ
          3サイズ:85−61−84 髪型:一部を結って流した黒髪のロング
          性経験:処女 身体的特徴:細身
          服装:SGS財団支給のピンクのジャケット。ミニスカート。ロングブーツ。
【プレイ内容】   椅子に四肢を拘束され、乳首、性器に通電されながら洗脳。
【凍結の不可】   凍結は可能
【お相手の希望】  オリジナルありのキャラコテ希望
待機します

833 :天羽みう ◆/evBIOIDeI :2010/08/04(水) 22:28:03 ID:???
>>832
【えっと…この場合って私が先、でいいのかなぁ?(汗】

834 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/08/04(水) 22:29:32 ID:???
失礼しました。
退散します。

835 :天羽みう ◆/evBIOIDeI :2010/08/04(水) 22:35:39 ID:???
>>834
うん、ごめんね〜

836 :天羽みう ◆/evBIOIDeI :2010/08/04(水) 23:37:07 ID:???
落ちるね〜

837 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/08/05(木) 22:04:36 ID:???
昨日は失礼しました。
>>832
で待機いたします。

838 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/08/06(金) 01:00:37 ID:???
落ちます

839 :春日野さくら ◆AZLzHb81/. :2010/08/07(土) 19:20:29 ID:HcYgWvdc
待機するね
キャミィさんや研究者に洗脳されて
ベガ親衛隊に入りたいな

840 :春日野さくら ◆AZLzHb81/. :2010/08/07(土) 21:39:50 ID:???
誰もいないみたいだし帰るよ

841 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/08/08(日) 00:42:21 ID:???
【スレを借りるわ】

842 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/08/08(日) 00:44:30 ID:???
【スレッドをかりまーす】
【今回もあたしから、だったよね】
【ちょっとまっててね】

843 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/08/08(日) 00:47:02 ID:???
>>842
【ええ、待っているわ】

844 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/08/08(日) 00:58:27 ID:???
あたしは…お姉ちゃんのおまんこ妹…。
あたしの、おねえちゃんは、オウカお姉ちゃん、だけ…。
それが、絶対…。 いつまでも、かわ、らない。
(絶頂直後、緩んだ身体に、緩んだ精神)
(そこに染み入るように聞かせられる言葉をそのまま反芻して)

だって、お姉ちゃんからご褒美をもらえるなら、あたし、何でもするもん…。
マサキ・アンドーのことは…たくさん憎む…。 憎んで、殺せるように、しておく…。
絶対に、お姉ちゃんの前で殺してみせるから、ちゃんと見ててね?
(姉に自分のやる事を見ていてほしい、とお願いしながら、割れ目に指が沿った感覚に震えて)

ひゃ、ぁ…。
だ、って、お姉ちゃんの腕の中で、お姉ちゃんの指でおまんこされてるん、だよ?
そうなったら…おまんこだけで、頭いっぱいになっちゃうよ…ぉ…。
(からかわれるような指摘、だが、姉にされていれば当然、とばかりに少し反論をしながら)
(そんな中、割れ目を押し当て、与えられた部屋を見つめる)

ここが、あたしの部屋…。
(必要な家具は勿論だが、散乱している玩具に目を向けて)
ねえ、お姉ちゃん…?あれ、なに?
(そう告げて、やや大きめのバイブに目をあわせて)

845 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/08/08(日) 01:12:59 ID:???
>>844
そう、憎むのよ。
憎くて、憎くてマサキ・アンドーのことを考えただけで膨れ上がった殺意が破裂しそうな位に。
ちゃんと見ているわ。
プレシアが彼を殺すその時を。
(プレシアの耳元に顔を寄せて囁いて)


とってもエッチね、プレシアは。
だけどそれでこそ私のおまんこ妹よ。
これ?
これはバイブって言うのよ。
プレシアのことを気持ち良くしてくれる玩具…
(やや大きなバイブを手に取り、それをプレシアの小さな割れ目に押し当て)
(ゆっくりと押し込んでいき、バイブを挿入し終えるとまずは弱く震えさせた)

846 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/08/08(日) 01:21:56 ID:???
>>845
見て、もらえる…。
お姉ちゃんに、あたしがマサキ・アンドーを殺すところ、を…。
お姉ちゃんに見てもらえて、ご褒美も、もらえ、る…。
(姉の代わりを演じていたマサキを、姉の前で殺す)
(想像をしただけでも、軽い絶頂を迎えそうになるのとこらえて)

だって、エッチじゃないと…おまんこ妹になれないんだから。
お姉ちゃんのおまんこ妹になれるように、たくさん努力しないといけなくって…。
(だから、たくさん勉強をするし、たくさんエッチにもなる、と言いながら)
バイブ…? あたしの事を気持ちよくって…あ…っ。
(やや大きめ、どう考えても自分の割れ目よりも大きいそれが押し当てられて)
んっ、ふあ…あっ、お、っきいよ、これ…ぇ?!
お、おねえ、ちゃ…、あ、あく、うぅっ!?
(挿入されてしまったバイブ、もちろん純潔をそれで奪われてしまう)
(もっとも、姉に奪われた、ということは悦びでもあって、軽い震えに声が漏れて)

847 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/08/08(日) 01:43:06 ID:???
>>846
我慢せず、イッてもいいのよ。
だって、殺すと気持ちいいのはよく知ってるでしょう?
まぁ想像だけでイキそうになるくらいに、プレシアがエッチだなんて
嬉しい誤算だけれど。
(絶頂を堪えているのを感じ取ると、我慢はしなくていいと伝え)
(更に快楽と殺人の結び付きを強めようとして)


良い子ね、プレシア。
プレシアはもう立派なおまんこ妹よ。
だから、安心しなさい。
焦らず、ゆっくりと一つ一つ丁寧に覚えて行けばいいの。
焦ったところで、中途半端にしか身に付かないわよ。
(気負い気味なプレシアに肩の力を抜くようにとキスをしながら、囁いて)

プレシアが珍しそうに見ていたから、このバイブを選んだけれど
少し大きかったかしら?
(振動をしているバイブを掴み、ゆっくり抜き差しし)

プレシアの初めて…私が貰っちゃったわね。

848 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/08/08(日) 01:56:05 ID:???
>>847
我慢、しなくてもいい、の…?
殺すのは、気持ち、いい、けれど…、んっ…ぁ。
(想像が強くなっていく。 コクピットを貫こうか)
(それとも、外から焼いたりしようか、想像が浮かびながら)
ん…うっ、ふあ、…あっ…!
(またしても腕の中で、小刻みに震えて絶頂を迎える)
(殺す事の気持ちよさ、殺す事は気持ちいい。)
(その結びつきが、一層強固になっていく)

ん、お姉ちゃんの…おまんこ、妹…。
ひとつ、ひとつ丁寧に覚えれば、いいの、かな…?
あ、たし…お姉ちゃんの役に、たちたい、か、ら…んっ。
(優しいキスに、小さくうなずき、力を抜くように、自然体になるように、と心がけつつ)

んっ…ちょ、っと、大きい、けど…っ、は、ぁんっ!?
が、がま、ん、する…ぅ、ちゃん、と、慣れる、からぁ…っ!

(大き目のバイブを、純潔と今までの刺激であふれた蜜でぬらしつつ、出し入れされる)
(バイブを抜き差しされるたび、声が軽く上ずり、オウカの服のすそをつかんで)

い、いい、よ…?
だ、って、お姉ちゃんに初めてをもらわれる事は…、すごく、嬉しい事、だ、からぁ…。

849 :オウカ・ナギサ ◆MzKA4SI90o :2010/08/08(日) 02:17:13 ID:???
>>848
何度でもイッていいの。
だってプレシアはおまんこ妹なんだから。
けれど?
何か不安があるの?
何でもいいわ。
思うところがあるなら、聞かせてちょうだい。
(軽くクリトリスを摘まんで、捻りながら訊ねて)


役に立ちたいって言う気持ちは嬉しいけれど。
それで気負い過ぎて、また洗脳されないか…
私はそれば心配なの。
(ゆっくりとプレシアの体を労るようにバイブを動かして)

ありがとう、プレシア。
お礼に、お尻にもバイブを入れてあげるわ。
(アナルバイブを手に取り、それをアナルに挿入し)


850 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/08/08(日) 02:24:43 ID:???
>>849
ん…、あの、ね…?
何回も、イくと…頭の中が、真っ白になって、ふわぁ、ってなって…。
それで、何か、大切な事を、忘れちゃいそうな、気がして…。
だから、いいのかなぁ、って…、ぁっ、んっ?!
(絶頂を迎えるごとに何かを忘れてしまうような感覚)
(それに不安を覚えるが、クリトリスを引っ張られて、すぐに疑問も消し飛び)

そう、なんだ…。 気負いすぎると、また、洗脳され、ちゃう…。
それだけは、失敗しないように、する、ね?
お姉ちゃんに…心配をかけさせないように、なるん、だから…。
んっ、ふあ、ぁん…ぅっ、こ、れが、バイブの、ぉ、きもちよさ、ぁ…?
(中に差し込まれ、バイブが動かされるたび、甘い声をあげ、オウカにすがりつつ)

お、しりにも…?
んっ?!あっ、ひ、ぃん…うぅっ!?
お、お姉ちゃん、そ、そっちは、ぁ、だ、だめ、きたない、よぉ…!
(アナルバイブを挿入された事にあわてながらも、決して抵抗はせずにいて)

851 :プレシア・ゼノサキス ◆MSlzkFJplKiM :2010/08/08(日) 03:21:31 ID:???
>>849
【ごめんね、お姉ちゃん】
【ちょっと眠気が強くなってきちゃった】
【もし、お姉ちゃんがよかったら、また今度、続きをしてくれると嬉しいな】
【待ち合わせ伝言板に、お姉ちゃんが出来る日を書いてもらえると嬉しい】
【それじゃあ、今日はこれで落ちておくね】
【お姉ちゃん、おやすみなさい】

852 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/08/08(日) 15:30:15 ID:???
【キャラクター】  西堀さくら/ボウケンピンク
【性格など】    生真面目な性格。年齢:22 身長/体重:162センチ
          3サイズ:85−61−84 髪型:一部を結って流した黒髪のロング
          性経験:処女 身体的特徴:細身
          服装:SGS財団支給のピンクのジャケット。ミニスカート。ロングブーツ。
【プレイ内容】   椅子に四肢を拘束され、乳首、性器に通電されながら洗脳。
【凍結の不可】   凍結は可能
【お相手の希望】  オリジナルありのキャラコテ希望
待機します




853 :天羽みう ◆/evBIOIDeI :2010/08/08(日) 20:44:56 ID:???
【えっと、>>852さんってまだいるのかな?】
【いなかったら>>812で待機してみるね】

854 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/08/08(日) 20:47:01 ID:???
いちおう、まだいます・・・すみません

855 :天羽みう ◆/evBIOIDeI :2010/08/08(日) 20:49:32 ID:???
>>854
【あ、いたんだね】
【ごめんね、私は引っ込むね…。本当にごめんね】

856 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/08/08(日) 22:13:00 ID:???
落ちます

857 :天羽みう ◆/evBIOIDeI :2010/08/09(月) 22:07:20 ID:???
>>812で待機してみるね〜

858 :天羽みう ◆/evBIOIDeI :2010/08/09(月) 22:41:34 ID:???
落ちるね〜

859 :クスハ・ミズハ ◆NFzhLc2j2s :2010/08/11(水) 23:29:55 ID:???
待機するね。
レビちゃんやミツコさんに洗脳されたいな

860 :名無しさん@ピンキー:2010/08/12(木) 17:51:22 ID:???
まだいる?

861 :アイビス・ダグラス ◆78WuxJ1qcU :2010/08/12(木) 20:36:19 ID:???
私を洗脳する、レビさんかミツコさんを呼ばせてね。

862 :名無しさん@ピンキー:2010/08/13(金) 02:05:58 ID:???
>>861
さすがにもういない?

863 :名無しさん@ピンキー:2010/08/13(金) 02:23:09 ID:???
いるわけねーだろ

864 :クスハ・ミズハ ◆NFzhLc2j2s :2010/08/13(金) 23:07:56 ID:???
待機します。
希望は>>859のとおりです。

865 :名無しさん@ピンキー:2010/08/14(土) 13:19:16 ID:???
いるわけねーだろ

866 :アイビス・ダグラス ◆i0S07Ep7GI :2010/08/15(日) 10:00:07 ID:???
私を洗脳して、奴隷兼パイロットにするミツコさんかレビを呼ばせてね

867 :名無しさん@ピンキー:2010/08/15(日) 12:31:40 ID:???
他に出来そうなSRWキャラってどういうのがいますか?

868 :アイビス・ダグラス ◆i0S07Ep7GI :2010/08/15(日) 12:39:24 ID:???
他?
他はフィオナくらいかな?

869 :アイビス・ダグラス ◆i0S07Ep7GI :2010/08/15(日) 13:19:14 ID:???
いなくなったみたいだね。
改めて待機してるね

870 :アイビス・ダグラス ◆i0S07Ep7GI :2010/08/15(日) 14:10:58 ID:???
待機を解除するね

871 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/15(日) 23:58:31 ID:???
待機します。
希望は>>859のとおりです。

872 :ミツコ・イスルギ ◆0Yhs9L8emo :2010/08/16(月) 00:34:51 ID:???
>>859
クスハ・ミズハ、貴女を我がイスルギ社に迎えたいのですが、よろしいですか?

873 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/16(月) 00:37:11 ID:???
>>872
は、はい!
是非お願いします!

874 :ミツコ・イスルギ ◆0Yhs9L8emo :2010/08/16(月) 00:40:44 ID:???
>>873
ありがとうございます。
それでは貴女の希望の詳細とプレイにおけるNGを教えていただけますか?

875 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/16(月) 00:55:53 ID:???
>>874
ミツコさんに催眠暗示をかけられて、淫乱で忠実な下僕の人格を植え付けられ
イスルギ社の社員としてミツコさんの奴隷兼パイロットにされたり
ハガネに戻されて、スパイとして活動させられたりしたいです。
プレイの希望は薬物や調教を併用した催眠暗示が主、
NGは特にありません。

876 :ミツコ・イスルギ ◆0Yhs9L8emo :2010/08/16(月) 01:04:43 ID:???
>>875
希望てNGは確認しました。
NG無しと言うのはいいですわね、
色々としてあげたくなりますわ、色々と。
さすがに猟奇やグロの域にまで及ぶつもりもありませんが。

書き出しはどういたしますか?

877 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/16(月) 01:19:36 ID:???
>>876
楽しみです。よろしくお願いしますね。
もしミツコさんがよろしければ、何回かに分けて念入りに洗脳して欲しいです。
色んなプレイをされるたびに、少しずつ洗脳が深くなっていったりとか。

書き出しはお願いできますか?

878 :ミツコ・イスルギ ◆0Yhs9L8emo :2010/08/16(月) 01:24:56 ID:???
>>877
だとすれば、凍結前提になりますわね。
快楽を与え、調教を進めながら段階を踏んでその心を変えて行く。

それでは、少し時間をいただけますか?

879 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/16(月) 01:33:25 ID:???
>>878
ミツコさんさえよろしければ、凍結しながら何晩もじっくり洗脳して欲しいです。
一回あうごとに調教一日分経過とか…。

はい、お待ちしています

880 :ミツコ・イスルギ ◆0Yhs9L8emo :2010/08/16(月) 01:36:53 ID:???
(イスルギ社がリオン系列とは別の系列の機体を開発を開始した)
(その新たな機体はPTに近いリオン系列とは逆のグルンガスト系列のような特機で)
(グルンガストのパイロットを務めていたクスハをアドバイザーとしてイスルギ社に招いていた)
(クスハは応接室に通され、その応接室に社長であるミツコが姿を表した)

すみません、お待たせしました。
この度は、私共の要請を受けてくださりありがとうございます。
お約束通りハガネやヒリュウには見返りとしてパーツ等の物資を提供させていただきますわ。
(クスハの正面に腰を下ろし、どこか値踏みするようにクスハを見つめる)


【このような感じで如何でしょうか?】
【よろしくお願いしますね、クスハさん】

881 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/16(月) 01:52:22 ID:???
(イスルギ重工の応接室に通されたクスハはその身を縮めるようにしてじっと座っていた)
(生来の生真面目さ、臆病さに加え、一般家庭で育ち、最近はハガネの無骨な内装に馴れたきたクスハには)
(応接室の豪華な調度や様式はやや見慣れないものだったからであり、心細げに視線をさまよわせていた)

(しかし、ミツコが現れたことにより、クスハの表情が変わる)
(気品に溢れ、同性から見ても魅力的な肢体をもつミツコはまさに大企業の社長に相応しく)
(その一方で、どこか冷たい光りを宿したその視線に、僅かな警戒心を抱き)
い、いえ、私たちのほうこそ、ありがとうございます!
おかげで、これでまた皆しばらくの間は戦えます…。
…でも…いいんですか? 幾ら交換条件だって言っても…
私たちはこの程度しかイスルギ重工には協力できないのに。
(申し訳なさそうに視線を伏せながら、自分たちにあまりに有利に思える条件を確認し)

【こちらこそ、よろしくお願いします】
【この形だと、補給を受けるたびに調教され…といったところでしょうか】

882 :ミツコ・イスルギ ◆0Yhs9L8emo :2010/08/16(月) 02:14:56 ID:???
>>881
(合法、非合法問わずハガネやヒリュウのパイロットについて様々な調査をした結果)
(ミツコ自身の欲求を満たすのに、クスハが一番適任だった)
(後はクスハに合わせて機体を開発し、適当な理由を付けて呼び出すだけ)
(呼び出しさえすれば、後は好きにできるのだから)

ええ、構いませんわ。
そもそもこちらから提示した条件ですもの。
今更違えたりはしません。
これはビジネスです。
クスハさんの協力で新たな機体の開発に成功し生産ラインに乗せれば、提供した物資以上に利益が出ますから。
何より、私も一人の人間として今地球を取り巻く状況には憤りを覚えていますの。

(本来の目的と悪魔のようにしたたかな素顔を隠したまま、あくまでも一人の事業者としてクスハに言葉を返す)

それと、これは新たな機体が完成した際の話になるのですが。
クスハさんがテストパイロットを務めてくださるなら、更に物資を提供しすることも考えていますわ。
(クスハに出した茶のカップが空になっているのを見て、新たに持ってくるよう、内線で指示を出し)

883 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/16(月) 02:23:10 ID:???
>>882
ご、ごめんなさい。
せっかく私たちに協力してくれるのに疑うようなことを言っちゃって…
私なんかが協力したって、そんなに良い機体が作れるかどうかわからないけど、
私のできることだったら何でもします! 協力させてください。
(利益をしっかりと口にする様はむしろ誠実ですらあり)
(事業者として完璧な返答に、クスハは己がミツコに疑念を抱いたことを恥じ)

え…私が、テストパイロットをしたら、ですか?
えっと、すぐには返答できないけど…もし、できるなら、よろこんで。
(急な提案に戸惑いつつも、物資を提供してくれるとの申し出には心が動き)

あ、ごめんなさい…
やだな、何だか私、はしたないですね。
でも、この紅茶、本当に美味しくって…。
(すぐにお代わりを手配してくれたミツコに詫びながら)
(アイビスたちから聞いていた話や前評判からミツコを警戒していたクスハだったが)
(その振る舞いはイメージを裏切るものであり、逆に警戒を解いてしまい)

884 :ミツコ・イスルギ ◆0Yhs9L8emo :2010/08/16(月) 02:39:02 ID:???
>>883
気になさらないでくださいな。
私自身、これでも自分に関する噂くらいは知っていますわ。
それがよくないものであろうことも。
実際に戦場に出てらっしゃる方の意見はそれだけで貴重なものですわ。
ありがとうございます。
そう言っていただけると、こちらも助かります。
(暗示をかけ、洗脳する際、強制的に意識を改竄することもできるが)
(それより、本人の意思で何らかの下地がある方がそれらは容易で)

返事は急ぎませんし、実際に機体を見てからでも構いません。
ゆっくり考えてください。

クスハさんはお客様ですもの、良質なものを提供するのは当然ですから。
(少しして、新たな茶が運ばれてくる)
(ただし、最初に出した極普通の高級な茶であったそれとは異なり)
(今度は暗示、洗脳の為の薬がたっぷりと混入されているが)

【クスハさんは、その方がいいですか?】
【こちらとしては、滞在してもらうつもりでいたのですが】
【洗脳が進むにつれて、こちらに入り浸るようになるのも、面白そうですわね】

885 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/16(月) 02:53:47 ID:???
>>884
そんな…
本当にごめんなさい。
その代わり、私、ミツコさんに協力します!
私も、ちゃんとした兵士として教育を受けたわけじゃないけど
それなりには頑張ってきたつもりですし
私の知ってることや感じたことなら素直に言います。
良い機体にしましょう!
(ミツコへの罪悪感からか、クスハは徐々にミツコへの協力を願うようになり)

は、はい…。
でも…皆が助かって…ブリット君たちが少しでも楽になるなら…
(正直なミツコの人柄や応接室の優雅な雰囲気、部隊の苦境を想うと、既に答えは決まりつつあり)

んっ…何だか、さっきのと…少し、味が違うような…
でも、これはこれで…うん、美味しいかも…
おいしい…こうちゃ…
(若干の違和感に一瞬戸惑うが、かまわず紅茶を飲み込んでいき)
(その無防備な心は、簡単に薬に蝕まれていき)

……ぁ…あれ…?
なんで…まぶたがおもくなってきちゃった…
ねぶそく…だったかな…
(薬が回ってきたせいか、次第にクスハの目はトロンと蕩け)
(ボーっとカップの中の紅茶を見つめており)

【滞在するのもいいですけど、通ううちに…っていうのもいいかなって】
【毎回、したときの記憶を消され、また次回調教時までの「予習」を指示されたりとかはどうですか?】

886 :ミツコ・イスルギ ◆0Yhs9L8emo :2010/08/16(月) 03:12:26 ID:???
>>885
ありがとうございます。
そこまでクスハさんが言ってくださるのなら、こちらも妥協はできませんわね。
(下地は完成した、と笑みを浮かべる)

まぁ、そこは追々話を詰めることに致しましょう。
今決めてしまっても、そちらに即戦力として投入ともいかないでしょうし。
(押して、相手の気持ちがその気になった時に引く)
(それは、より惜しく感じさせる為)
(長年の交渉で培ったテクニックの一つ)

別の茶葉を使ったせいかもしれませんわね。
少し癖はありますが、悪くない味でしょう?
(クスハが薬に蝕まれるのを見守って)
(クスハが薬に侵されると、クスハの背後に回って)

クスハ・ミズハ、貴女は何故ここに来ましたの?
私の要請に答えただけではないでしょう?
誰の指示で、何のために来たのか教えてくださいます?
(万が一にも薬が効いていなかった時の為、言い訳のきく範囲で)
(薬が聞いているのかどうかと、クスハの真意を探る)

【それは楽しそうですわね】
【ただし、消すのは調教と洗脳を受けた記憶と予習を命じられた記憶のみ】
【その身に刻まれた快楽はそのまま、と言うのは如何です】

887 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/16(月) 03:31:01 ID:???
>>886
はいっ。
よろしくお願いしますね!
(ミツコの笑みを己を許してくれた笑みだと勘違いしながら)

え…は、はい…そう、ですね。
わかりました。ではそっちはまたあとで…
(急に先延ばしにされてしまったことに、残念そうに目を伏せながら)

はい…おいしい、です…
ちょっと変だけど…でも、おいしい…
それに…何だか、お酒飲んだときみたいに…ぼーっとしてくるんです…
(少しずつ薄くなっていく意識は、紅茶を飲むことに専念され)
(ミツコが背後に回ってもまるで気にとめる様子はなく)

私は…テツヤ艦長に頼まれて…ここにきました…
要請に答え…物資を補給するのと一緒に…
イスルギ重工がインスペクターと繋がっていないのか…
協力するふりをして…そっちの情報も集めてくれって…
(細く、小さな口調ながら、ミツコの問いに素直に答えてしまい)

【はい、それでお願いします】
【自分では自覚のないまま快楽に貪欲な操り人形の人格を作られ】
【意識が覚めてても、身体がどんどん開発された影響がでてきてしまい…と言った形で】

888 :ミツコ・イスルギ ◆0Yhs9L8emo :2010/08/16(月) 03:47:58 ID:???
>>887
クスハさんになら、いくらでもお出ししますわ。
いつでも飲みにいらしてくださいませ。

そう、そんなつもりでいましたの。
でしたら、伝えてください。
イスルギ重工はインスペクターと通じてはいない、と。
(胸に手をかけ、マッサージするように愛撫をしながら囁いて)

クスハ・ミズハ、貴女は私のもの。
その身も心も私、ミツコ・イスルギに捧げる為にここに来た。
全ては私の為に。
(耳元で囁きながら、胸にかけた手を大胆に動かしていく)
(その手つきも徐々に卑猥になっていき)

全ては私の為。全ては私の為。
私の命令に従い、私の為に働くことは何よりの幸せ。
クスハ・ミズハはミツコ・イスルギに忠誠を誓った下僕。
忠実な奴隷にしてイスルギ社の社員、そしてイスルギ社専属のパイロット。
(スカートの中に手を潜り込ませ、下着の上から割れ目をなぞり)



【それでは、そのように】
【クスハさんも知らない内に私の奴隷になっていき】
【最後は自分の意思で私のものになって頂きますわ】

889 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/16(月) 04:07:35 ID:???
>>888
っ…は…はい…
つたえ、ます…
イスルギ重工は…ぁっ…
インスペクターとは通じていませ…んっ…
(胸を揉まれると心地よさそうな声を漏らしながら快感に身を震わせる)
(柔らかく、大きな乳房はミツコの意のままに形を変え)
(そのたびにクスハの口からは熱い吐息が漏れていく)

私は…あ…貴方のもの…
クスハ・ミズハは…貴方のもの…
身も心も…貴方に、ミツコ・イスルギに捧げるために来た…
あれ…でも、私は……あ、あんっ…んんっ…
だめ…なにもかんがえられない…
言われたとおりにしか…考えることが出来ない…
(胸からもたらされる快楽がクスハの思考能力を奪っていく)
(より淫らになった手つきに答えるように、既に乳房はじっとりと汗ばみ)
(二つの乳首もかたくかたくなっていく)

全ては貴方のため…
全ては…ミツコ・イスルギさまのために…
貴方の命令に従い、貴方の為に働くことは何よりの幸せ…
ミツコ様の命令に従うのは…ミツコ様のために働くのは…何よりの幸せ…
だって私は…クスハ・ミズハはミツコ・イスルギに忠誠を誓った下僕だから…。
忠実な奴隷にしてイスルギ社の社員、そしてイスルギ社専属のパイロット。…
だからミツコ様に従う…ミツコ様のために働く…
んんっ…くぅんっ…!!
(下着の上から淫裂をなぞられ、たまらず声を漏らしのけぞる)
(催眠で警戒心をそがれているためか、既に秘所はじっとりと濡れており)

【はい、楽しみです】
【…といっても、私は今日はここで限界のようですが…】
【次はいつお会いできますか?】

890 :ミツコ・イスルギ ◆0Yhs9L8emo :2010/08/16(月) 04:13:30 ID:???
【次は20日、23時以降ですわね】
【クスハさんの予定はどうですの?】

891 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/16(月) 04:19:28 ID:???
【20日の23時以降ならば私も空いています】
【では、そのときに】

892 :ミツコ・イスルギ ◆0Yhs9L8emo :2010/08/16(月) 04:21:37 ID:???
>>891
【それでは、その時までお別れですわね】
【朝早くまでありがとうございました】
【おやすみなさいクスハさん】
【当日、伝言板でお会いしましょう】

893 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/16(月) 04:26:56 ID:???
>>892
【お疲れ様でした】
【それでは、またお会いしましょう】

894 :ミツコ・イスルギ ◆0Yhs9L8emo :2010/08/16(月) 04:28:39 ID:???
>>893
【クスハもお疲れ様】
【ゆっくり休んでください】

【スレをお返ししますわ】

895 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/20(金) 23:13:58 ID:???
【スレをお借りします】

896 :ミツコ・イスルギ ◆0Yhs9L8emo :2010/08/20(金) 23:32:33 ID:???
>>895
直接来られたんですね。
お待たせしてしまい申し訳ありません。

897 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/20(金) 23:36:57 ID:???
>>896
【あ…待ち合わせ場所を間違えてしまいました】
【ごめんなさい】

898 :ミツコ・イスルギ ◆0Yhs9L8emo :2010/08/20(金) 23:41:50 ID:???
>>897
【こうして会えたのですから、お気になさらず】
【私から、でしたわね。今夜もよろしくお願いしますね】


>>889
しっかりと伝えておいてくださいね。
あなた方の認識は誤解だと。
(柔らかく大きいクスハの胸の感触を楽しみながら、衣服の上から乳首の位置をを探り)
(掴むような手つきで胸に指を沈み込ませた)


そうですわ。
クスハ・ミズハの全ては私のモノ。
その身も、心も…魂すらも私のモノ。
そう、貴女は私に全てを捧げるつもりで来たと言う認識はありませんわ。
貴女は私達を探るつもりでここに来た……
では、何故事実と貴女の認識とではズレがあるのでしょう?
(固くなった乳首をコロコロと弄び、衣服に手をかけて胸を露にする)
(汗ばみ手に吸い付くような胸を直接揉みしだいて、乳首を軽く引っ張ってやり)

クスハさん、何故ズレがあるのか分かりますか?

そう、クスハさんはイスルギ社専属のパイロット。
私直属の特殊部隊のリーダー。
クスハさんは私の指示でハガネやヒリュウに近づいた。
一般人を装って。
だけど彼らにバレて洗脳されてしまった。
だから、今まで貴女は彼らと共に戦っていた。

本来のクスハは私の奴隷、私の手足となって働く忠実な下僕。
思い出してください、本当のクスハを。
(下着の上から濡れているのを確認すると、そっと手を離す)

クスハ今から着ている物を全て脱いでください。
一枚脱ぐたびにクスハは本当の自分を思い出す。
私の忠実な下僕に戻って行く……
分かったら、順に衣服を脱いでいってくださいな。

899 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/21(土) 00:10:26 ID:???
はっ…はい…伝えます。
私たちは誤解をしていました…
イスルギ社は…インスペクターとの関係はありません…
(僅かに呼吸を早くしながら、クスハは小さく、しかししっかりと呟き)

私の…全ては…ミツコさんのモノ…
その身も、心も、魂すらもあなたのモノ…
ここにはミツコさんに全てを捧げるつもりで来た…?
わから、ない…私、なんで…認識…ズレ
私…わたしは…? うあ…あぁ…はぁ…
だ、めぇ…むね、もんじゃ…あたま、ぼやけて…
(衣服がずらされると、窮屈そうにしていた乳房が零れ落ちてくる)
(柔らかいながらも弾力に満ちた胸は、ミツコの指にされるがままに形を変え)
(強制的に植えつけられていく認識に、クスハの理性は警戒しようとするが)
(乳房に与えられる快感は、その理性を少しずつ溶かしていき)

私は…イスルギ社専属のパイロット…?
ミツコさん直属の特殊部隊のリーダー…
ハガネやヒリュウに近づいたのは、ミツコさんの指示…
だけどバレて洗脳されて…今まで一緒に戦ってきた…
…ぁ…あぁ…わたしは…本当の私は…ミツコさんの奴隷…
連邦軍に入るまで普通の市民だったのは…そう装ってただけ…
でも、洗脳されて、それが真実だと…想わされた…
昔の記憶は…リュウセイ君との記憶も、全部…後から付加、された…?
わた、し…本当の私…

は…い…
一枚脱ぐたびに私は本当の自分を思い出します…
ミツコさんの忠実な下僕に戻って行きます……
(強引に植えつけられた新しい「本来のクスハ」と自己との葛藤に苦しめられながらも)
(ミツコの指先で昂ぶらされ、火照り、汗で濡れた体は、指示通り服を脱ぎ始める)

っ…あぁ…はぁ…ああ…
ミツコさん…
…ミツコ…様…
(クスハ自ら暗示のきっかけとなる脱衣を行うことで、新しい人格は加速度的に定着していき)
(最初は苦しげにひそめられていた眉は、服を完全に脱ぎ終わった頃には、人形のような無表情に変わり)

900 :ミツコ・イスルギ ◆0Yhs9L8emo :2010/08/21(土) 00:51:26 ID:???
>>899
そう、その通りですわ。
よろしくお願いいたします。
(耳元で囁き、チロッと耳を舐めて)

洗脳されてしまったけれど、クスハは私への忠誠を忘れていなかったから私の元へと来たのですわ。
それほどクスハは私に忠誠を違っていたのよ。
(露になった胸を見てクスリと笑みを浮かべ)

柔らかくて、私の手によく馴染むこの胸…誰のものかしら?
(下から持ち上げるように手を回し、胸を叩いて揺らしながら尋ねる)

そこは間違いなく本当のことですわ。
一般人であったクスハはイスルギ社にスカウトをされて、イスルギ社のパイロットになった。
パイロットの養成は社内でも極秘でしたから…表向きはこれまで通り一般人を装った。
ですから、パイロットになるまで、なってからもリュウセイ・ダテと交流があっても不思議はありませんし。
(事実と虚構を混ぜ合わせることで、その境界を曖昧にしていき)

私も手伝って差し上げますから、思い出していきましょうね『私のクスハさん』。
(脱衣の手伝いをしながら、さりげなく身体を撫でるなどして愛撫を加えてゆく)
(大きな胸にきめ細かい肌、形と肉付きのよい尻、括れた腰)
(これらが全て自分のモノになると思うと喜悦が沸き上がり、ニィィッと口元が吊り上がる)

クスハさん、いえ…私の奴隷、雌犬クスハ…ちゃんと目覚めることができまして?
(人形のように表情を無くしたクスハの腕に、自分の腕を絡め)
(頬を撫で、もう一方の頬を舐めながらクスハに語りかけ)

901 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/21(土) 01:33:46 ID:???
あぁ…っ…
は、はい…わかりました、ミツコ様…
イスルギ重工はインスペクターと通じてない…
私たちの…誤解でした…
(耳を刺激され、切なそうに喘ぎながら、命令を繰り返し)

私は…ミツコ様への忠誠を忘れてなかった…
だから、ここにきた…
ここにきたのは、私がミツコ様への忠誠を忘れてなかったから…
私はミツコ様に忠誠を…ちかってた…
変…でも、私、ここにきて……あ、あぁ…?
…私…私のおっぱいは…はんっ…くぅ…
ミ、ミツコさま…ミツコ様のものです…
(徐々に、クスハの意識は植えつけられた暗示に支配されていき)

本当…?
リュウセイ君とのことは本当…
でも、私はイスルギ社のパイロット…
極秘に…養成され……私はリュウセイ君を騙して…
っ…あぁ…わからない…
どれが本当の記憶で…どれが嘘の記憶なの…?
こわい…やだ…助けて…誰か、教えて…私…は…
助けて…ミツコ…様…
(事実と虚構の境界を見失い、不安定になった意識は縋るものを求める)
(優しく自分を抱き、自信に溢れた口調で教えてくれるミツコは、クスハの中で女神染みた存在となり)

は…ぁい…ありがとう…ございますっ…
思い出します…一生懸命、思い出します…ミツコさんの所有物だったこと…全部…くぅんっ…
(縋るものを見つけたクスハは、本来の自分を思い出すことではなく)
(ミツコのいうとおりの自分を「思い出す」ことに専念していく)

は…はい…思い出し…ました。
私は…ミツコ様の奴隷……牝犬のクスハです……。
(どこかうっとりとした声で、ミツコに返答する)
(クスハの中に、ミツコに絶対服従するもうひとつのクスハが作成された瞬間だった)

902 :ミツコ・イスルギ ◆0Yhs9L8emo :2010/08/21(土) 02:09:44 ID:???
>>901
再びいらぬ誤解を受けぬよう、信用させてください。
それと…私達、ではありませんわ。
クスハはこちら側の人間でしょう?
テツヤ艦長達…ですわ。
(フッと息を吹き掛け、乳首を弾いてやり)


変?どこが変ですの?

たとえ洗脳されても、私のことは覚えていたから無意識にでも私の元に来た。
テツヤ艦長からイスルギを調べるよう命令が出るように行動していたのだから。
それでは、ここ…オマンコは誰のものかしら?
こちらのケツマンコは?
(割れ目を撫で、肛門を引っ掻き)
(快楽と共に暗示に染めていき)


恐がる必要はありませんわ。
私の言葉を信じなさい。
私が救ってあげますわ。
こんなにもクスハが脅えているのに、震えているのに
助けるどころか、声を掛けることすらしないブルックリンとは違って…
私だけは、いつでもクスハを助け導いて差し上げますから…
どうか安心なさってください。
(敵対関係ではなく協力と援助の関係なのだから、助けに来るはずのない恋人の名を出し助けに来てくれないことを印象付けようとする)


思い出すのはいいですが…
無理はしないでくださいね。
ゆっくりと、二度と忘れないよう思い出せば良いのですから。
ゆっくりと、自分がどんなに下品で卑猥で変態な女だったのか思い出せるよう…
調教をおさらいしましょうね。
(クスハの唇を奪い、貪り舌を絡ませる)


それでは、牝犬クスハ。
今日の調教を始めましょうか。
まずは、四つん這いになってくださいますか?
(犬にそうするように、完成したばかりの新たなクスハの頭を撫でながら乳首を引っ張り命じて)

903 :クスハ・ミズハ ◆63uDeqn5n2 :2010/08/21(土) 02:42:02 ID:???
はぁっ…んっ…は、はい…
誤解してたのは…彼ら…「テツヤ艦長たち」です…
私は…ぁ…ミツコ様の側の人間です…
(焦らすような刺激に、物欲しげな瞳でミツコを見上げ)

私は…無意識にでも、ミツコ様のところに来てた…
テツヤ艦長は…ここを調べるように…誘導されて…
私の全部は、ハガネにいたときも、ミツコ様の手のひらの上にいたんだ…
本当なのは、ミツコ様のほう…私は、ミツコ様のもの…なんだ…
私の、お、おまん、こ、は…ミツコ様のものです。
ケ、ケツマンコも…ミツコ様のものですっ…
(下半身を溶かしていくような快楽の波は、クスハの中に暗示を染み込ませていき)

ブリット君は…助けてくれない…
リュウセイ君も、他の皆も…
助けてくれるのはミツコ様だけ…
救ってくれるのはミツコ様だけ…
ミツコ様を信じていれば…助けてもらえる…
不安でも、怖くても、ミツコ様が導いてくれる…
どうすれば良いのか、命令してくれる…

んっ…ちゅっ…は、はい…おさらいします…
自分がどんなに下品で卑猥で変態な女だったのか…
ミツコ様の忠実な奴隷としての私を…思い出します…
二度と忘れないように…洗脳されないように…

あぁ…はい。ミツコ様。
悦んで四つんばいになりますっ…
(空っぽのクスハの中に、ミツコが頭を撫でる心地よい感触が広がっていく)
(真っ白な生まれたばかりの人格は、ミツコの愛撫がきっかけに、忠誠と肉欲にみたされ)
(無表情もどこか幸せそうな微小に変わっていき)

904 :ミツコ・イスルギ ◆0Yhs9L8emo :2010/08/21(土) 03:07:23 ID:???
>>903
あらあら、物欲しそうに見つめてどうしたのかしら?
言ってご覧なさい。
クスハは何が欲しくて私を見つめているのかを。
(口元だけで笑みを浮かべ、乳首を)

ようやく分かりましたの?
私の偉大さが。私の正しさが。
クスハはそんな私の片腕。
神を気取るつもりはありませんが…例えるならば神の尖兵。
クスハさんの全て、私が支配し管理して差し上げます。
そうすれば、ずっと気持ちのいいまま。
ずっと幸せなままでいられますわよ。
(クリトリスを摘み、転がして)


そうですわ。
他の誰も信用できない。
信用できるのは私だけ。
私の言葉だけが真実。
疑うことは勿論、疑問を持つことも許されないのよ。
(自身が思うように変わっていくクスハをどう変えてやろうかと考えながら)
(四つん這いになったクスハの肛門に指を一本沈めて、ゆっくりと抜き差しをする)
(肛門の快楽を教える為に、肛門を性器にする為に)

905 :ミツコ・イスルギ ◆0Yhs9L8emo :2010/08/21(土) 05:00:45 ID:???
【どうやら眠ってしまわれたようですね】
【もし続けて頂けるのなら、都合の良い日を避難所の伝言板に書き込んでおいてください】
【私はこれで失礼致します】

906 :名無しさん@ピンキー:2010/08/21(土) 21:35:17 ID:???
ここは募集するしか無いかな…?

907 :名無しさん@ピンキー:2010/08/23(月) 18:06:33 ID:???
浮上

908 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/08/23(月) 21:11:40 ID:???
【キャラクター】  西堀さくら/ボウケンピンク
【性格など】    生真面目な性格。年齢:22 身長/体重:162センチ
          3サイズ:85−61−84 髪型:一部を結って流した黒髪のロング
          性経験:処女 身体的特徴:細身
          服装:SGS財団支給のピンクのジャケット。ミニスカート。ロングブーツ。
【プレイ内容】   生意気な後輩に洗脳され、いいように操られる。
          生真面目な性格からは想像もつかないような奇行に走らされ、死ぬほどの大恥をかく。
【凍結の不可】   凍結は可能
【お相手の希望】  オリジナルありのキャラコテ希望
待機します



909 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/08/24(火) 20:49:03 ID:???
引き続き募集します

910 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/08/25(水) 01:06:44 ID:???
落ちます

911 :西堀さくら  ◆frvpzY8O6NrX :2010/08/26(木) 21:32:54 ID:???
募集します

912 :名無しさん@ピンキー:2010/08/26(木) 21:51:51 ID:???
またおまえか

913 :名無しさん@ピンキー:2010/08/26(木) 22:04:15 ID:???
前この人のロール見たけど、相手が可哀そう。
相手の行動m全部決めてるし、やりづらい

914 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/08/27(金) 12:45:26 ID:???
>>99で待機してみます。

915 : ◆v.dvEPetSU :2010/08/27(金) 13:24:29 ID:???
>>914
私が貴女を変えてあげるわ。

916 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/08/27(金) 13:26:14 ID:???
>>915
こんにちわ。お相手して貰えるという事で宜しいのでしょうか?

917 : ◆v.dvEPetSU :2010/08/27(金) 13:27:55 ID:???
>>916
ええ。
貴女の希望、もう少し詳しく聞かせてちょうだい。

918 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/08/27(金) 13:43:59 ID:???
無意味にあげてしまいました。失礼を。
シチュの方は上記>>99の通りですね。
苦労の末にたどり着いたアイドルとしての夢を一瞬にして無にされ、
捕えられた先で新たに性奴隷としての教育を施されて自らの価値観を変えられて。
そんな流れで洗脳後は調教を施してもらえればと思います。
NGに関しては猟奇的表現を避けてもらえれば。

919 : ◆v.dvEPetSU :2010/08/27(金) 13:49:09 ID:???
>>918
わかったわ。
アイドルからは程遠い奴隷人形にしてあげる。
書き出しをお願いできる?

920 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/08/27(金) 13:52:50 ID:???
>>919
解りました。少々お時間貰いますね。


921 : ◆v.dvEPetSU :2010/08/27(金) 13:57:30 ID:???
ええ、待っているわね

922 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/08/27(金) 14:07:35 ID:???
−−それはあるコンサートの日。
人気アイドルグループの一人として活躍する瑞樹もまた、そのコンサートの中心人物で。
歌い踊り、優雅に舞台の上を回り、最後には観客に挨拶をしてその日のコンサートは幕を下ろした。

お疲れ様でした。あ、はい。ではまた明日も宜しくお願いします。
(コンサートが終わっても当然仕事が終わる訳ではない)
(次なる仕事の為に小休憩を貰って外出した時の事だった)

んんんんんっ!?ん、んんんーーーーー!!!
(それは突然の事だった、背後から何者かに羽交い絞めにされ)
(そして口元にハンカチを押し当てられてしまう。必死で抵抗するが、ビクともせず)
ん、んんっ…………
(やがて瞼が重くなり、意識が深い闇へと堕ちていく…)

−−あれ……わた、し?此処は…
(朦朧とする意識の中重い瞼をこじ開けていく)
(半覚醒した意識で辺りを見回すが明らかに先ほどまでいたコンサート会場ではなくて)
(周囲からファンの声援ではなく、機械の駆動音が聞こえてきて)
…な、なによコレ…!?
(意識が完全に覚醒すればようやく事態の異常さに気がつく)
(身体は怪しげな機械に取り込まれる様な形で拘束され完全に身動きが取れなくされていた)
(視線だけを頼りに周囲を改めて見回せば同様に機械に取り込まれた若い女性が何人もいて)
(一つ違いをあげるとするならば、彼女達にはより怪しげな装置が取り付けられており、そして皆苦しむような、
嬉しいような様々な表情を見せていた。)

【おまたせしました。それでは宜しくお願いします】

923 : ◆v.dvEPetSU :2010/08/27(金) 14:21:13 ID:???
>>922
ようやくお目覚めね。
初めまして、私はここの責任者よ。
そして、あなたは選ばれた。
(複数いる女性の一人が瑞樹の傍らまでやってきて瑞樹に話し掛ける)

今日から奴隷人形に生まれ変わるの。
(機械を操作しながら、一方的に告げる)
(それまで小さな音しか立てていなかった機械が大きな音を立て洗脳の為のプロセスを本格的に構築していく)

私が今組み上げたプロセスを実行すれば、あなたはあなたで無くなる。
を最後に言い残すことはある?


924 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/08/27(金) 14:34:36 ID:???
>>923
私が選ばれた?それはどういう事…ですか?
(責任者を名乗る女性と相対するとそう返事をする)
(少なくとも自分の記憶の中でこの女性と会った経験はなく)

ど、奴隷人形?なんですかそれっ…!
そんなの一方的過ぎます!!
(奴隷人形が一体どんな物なのかは解らないが、奴隷と人形という単語)
(そして自分と同じ様に機械に取り込まれた女性達の姿からなんとなくだが想像は出来て)
(機械が操作される傍らで必死で脱出を試みようとするが機械はビクともせず)

嫌よっ、そんなの絶対にお断りよ!!
最後に言い残す言葉なんかない!
此処から抜け出して直ぐに警察に通報してやる…!
(駆動音が高くなり、いよいよ洗脳が開始されようとしているのだろうか)
(必死で足掻くがどうする事も出来ず、焦る中でけれど言葉だけは虚勢は張って)

925 : ◆v.dvEPetSU :2010/08/27(金) 14:54:03 ID:???
>>924
貴女の美貌と美声。
それが私の目に止まった…ということよ。
(機械に拘束された瑞樹の身体を舐め回すように見つめて、舌舐めずりをし)

そのままの意味よ。
どんな命令でも聞く、性技に長けた奴隷。
性処理をする為の生きた人形。
レベルの高い女性を捕らえて、奴隷人形にするのが私達の組織。
そうして奴隷人形になった者を大金と引き換えに引き渡すの。
だけど…貴女は別。
売り払うには惜しいわ。
だから、貴女は私専用の奴隷人形にしてあげる。

無駄よ。
警察にもお得意様がいるもの。
さぁ、生まれ変わりなさい榊瑞樹。
(女が実行キーを押すと、洗脳の為のプロセスが実行に移される)
(まずは聴覚と視覚によるプログラム)
(人の耳では聞き取れない音で催眠状態へと導き)
(連続するフラッシュのような閃光の間に一瞬だけ映し出される卑猥な映像で無意識に卑猥な情報を焼き付ける)


926 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/08/27(金) 15:12:19 ID:???
>>925
ひっ……!そ、そんな……
(恐らくは褒められてはいるのだろう)
(けれどもこの状況化ではそれさえ受け入れる余裕すらなく)
(舌舐めずりをする女性の表情がまるで獣の様に見え、思わず悲鳴をあげてしまう)

い、嫌よっ!絶対にそんなのになりたくないっ!
私は榊瑞樹、アイドルとして居たいの!
奴隷人形になんか、ならないから……!
(説明を聞かされれば必死で自身のあり方を唱えて)
(機械の拘束から抜け出そうともがくが一向に外れる事はなく)
(そして無慈悲にも洗脳プログラムが作動し始めて)

嫌っ…嫌ぁぁぁーー!!!!
(悲痛な叫び声と共に機械が瑞樹を奴隷人形にするべく作動を開始する)
あ、あぁぁぁ…
(聴覚から放たれる特殊な音、聞こえるはずの無いソレは鼓膜を振動し強制的に脳を一種の催眠状態に誘う)
(それに伴い表情が緩み、瞼も半開きの状態へと移行して)
なに…こ、れ…わた、し?い、嫌っ…ち、がう…こんなの、わた、しじゃ…
(同時に視覚プログラムによりフラッシュの際性交をしている女性の姿が視界に映る)
(それは自身に酷似した女性が激しく犯され乱れている映像で)
(その情報を必死で否定しようとするが、情報は問答無用に脳裏に深く焼きついていく)

927 : ◆v.dvEPetSU :2010/08/27(金) 15:34:38 ID:???
>>926
大丈夫よ。
辛いのは最初だけ。
すぐに幸せになるわ。
(目の前の少女が身も心も自分の物になる)
(そう考えたらだけで、股間を潤ませ、瑞樹に見せつけるように、自ら股間を撫でて)

心配しなくていいわ。
この装置から解放されても、貴女はアイドルだから。
ただし、夢を忘れ忘れたことすら忘れた哀しい人形。
哀人形。

いいえ、それは貴女。
犯され、恥辱を味わわされ、それを快楽に変える変態女。
良く見てごらんなさい…
(次に映し出されるのは隠し撮りされた瑞樹のライブ映像)
(ただし、映っているのはスカートの中ばかり)
(しかも映像には加工が施され、バイブを入れたままライブを行っているように見える)

これは貴女でしょう?
いつもこんな物を入れてライブをしているような変態が、あれくらいのことしない訳がない。
どうして、こんなことをしていたのか聞かせてくれるかしら?
(事実無根極まりないが、判断力を失った瑞樹はどう取るか)
(それによって、今後の方向性を決める必要があるだろう)

928 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/08/27(金) 15:56:06 ID:???
>>927
い、やぁ…!そんな幸せは…いら、ないぃ…
(駆動する機械に苛まされる中木霊する女性の声)
(目の前で嫌らしく自慰に耽る姿を見せ付けられれば)
(どうしてかそれが卑猥な姿ではなく、寧ろ気持ちよさそう等と思い始めて)

はぁぁ…ん、くぅぅ…い、やぁ…
私は、アイドルで……あ、夢を忘れて…
忘れた事すら、忘れる…哀しい人形…哀人形……
(女性の言葉は深く自らの脳裏に焼きついていく)
(焼きついた言葉を更に自分で無意識の内に反復し、哀人形である事実を植え付けらえていく)

違…ぅ…あぁぁ、これ、は私……?
んん、恥辱を味わわされて、それを快楽に変える…変態女。
あ、ああぁぁぁ…!!!!
(女性に言われるままに続いて映し出された光景、それは先ほどのライブの映像)
(観客に手を振り歌を歌い笑顔をみせて。自分の理想とした姿が映し出されて)
(けれど、その様な映像は極僅か。殆どがローアングルからスカートの中を撮影された物ばかり)
(そしてショーツの中をよく見れば太いバイブがささっていて…)

うっ…あぁぁ…嘘、こん…なのっ…うぅ、あぁぁぁぁ!!!!
(視覚からの情報が脳裏に焼きつき、そして【事実】として書き換えられて)
(【事実】を認めてしまえば、先ほど観客に向けていた笑みが、卑猥な笑みへと変貌していく)
(バイブをさしながら笑顔を向けて男性に対し手を振るなアイドル。)
(上っ面だけの笑顔を張り付け本当はバイブを突き刺して自らの秘部を刺激し悦楽を得るアイドル)
(その【事実】が今までの瑞樹の有様を否定し、拒絶反応を起こさせて)
私、は……
アイドル…としての、立場を…利用、して…自慰を…していま、した。
こん、な淫らな行為を…へい、ぜんと…して…でも、お客、さんも…喜んで……
(冷静に考える思考は既になく、【事実】を曝け出され尋問されるように言われれば)
(ソレについて返答し、そして先ほどの映像の卑猥な女性の姿を自身だと受け入れ始めて)

929 : ◆v.dvEPetSU :2010/08/27(金) 15:59:30 ID:???
【ごめんなさい、良いところなのだけど】
【急な呼び出しが入ってしまったの】
【瑞樹が良ければ凍結してもらえないかしら】

930 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/08/27(金) 16:15:14 ID:???
【返事遅れました。凍結可能です】
【再開時刻については如何しましょうか?明日明後日でよければ同じ時刻空いています。】

931 : ◆v.dvEPetSU :2010/08/27(金) 16:21:50 ID:???
>>930
【それでは明日、今日と同じ時間から伝言板で待ち合わせて始めましょう】
【今日はありがとう、もう限界だから今日は失礼するわね】
【明日、楽しみにしているわ】

932 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/08/27(金) 16:24:10 ID:???
>>931
【解りました。それでは明日の今日と同じ時刻伝言板でお待ちします。】
【以下空き室です。】

933 : ◆v.dvEPetSU :2010/08/28(土) 13:16:35 ID:???
【スレをお借りします】
【今日は私からね】
【始める前に伝えておくことと、確認したいことがあるの】
【まずは、伝えたいこと】
【今日は16時がリミットにしまうから、それより伸びるならまた凍結をお願いすることになるの】
【確認したいことは、瑞樹はこうして会うのは昼間の方がいいの?それとも、この2日はたまたまで】
【夜の方がいいのかしら?】

934 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/08/28(土) 13:19:54 ID:???
【スレお借りします。】
【凍結の件了解です。此方は構いません。】
【偶々、ですね。基本は夜、おもに深夜ですが…。】
【とりあえずは明日明後日であればどの時間でも空いています。】

935 : ◆v.dvEPetSU :2010/08/28(土) 13:23:38 ID:???
>>934
【凍結を受け入れてくれて、ありがとう】
【明日は少し都合が悪いから次は間が空いて1日、22時以降なら瑞樹に合わせられるけれど1日はどうかしら?】

936 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/08/28(土) 13:30:46 ID:???
【1日は申し訳ないですが、時間の方は空いていなくて…ごめんなさい。】
【その日ならばお昼からなら空いているとは思うのですが。】

937 : ◆v.dvEPetSU :2010/08/28(土) 13:33:29 ID:???
>>936
【気にしないで都合が合わないのは仕方ないのだから】
【昼でも大丈夫だけれど、やっぱり今日と同じリミットになるの】
【それでも構わない?】

938 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/08/28(土) 13:39:45 ID:???
>>938
【その点は大丈夫です。時間の方ももう少し早くても構いませんよ?】

939 : ◆v.dvEPetSU :2010/08/28(土) 13:41:51 ID:???
>>938
【ありがとう】
【私も早くなる分には問題ないわ】
【瑞樹は何時がいいかしら?】

940 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/08/28(土) 13:45:36 ID:???
>>939
【どの時間から回せるか?にもよりますが。早くて10時からなら回せると思います。】


941 : ◆v.dvEPetSU :2010/08/28(土) 13:48:00 ID:???
>>940
【それなら10時にしましょう】
【確認することは、これくらいね】
【今からレスを投下するけれど、したいこと、されたいことがあれば】
【遠慮なく伝えてね】

942 : ◆v.dvEPetSU :2010/08/28(土) 13:51:42 ID:???
>>928
あら? どうして?
貴女は変態、支配されることが大好きな生まれついての奴隷女なのだから望むところでしょう?
素直になりなさい。
気持ち良いわよ、瑞樹。
(瑞樹の秘所にとアナルに、他の女性達同様にプラグが差し込まれ)
(身体の感度を引き上げる薬液を注入しながらバイブのように振動を始める)

嘘ではないわ。
よく見てみなさい、自分が何をしていたのか。
(スカートの中を良く見れば、バイブがささっているのは秘所だけではなくアナルにもささっていて)

こんな変態が他にもいると思うの?

お客さんが喜んでいた?
喜んでいたのはあなただけでしょう?
(加工された映像であるそれは、瑞樹に向けられた声援も罵声に置き換えられていて)
(股間とアナルにバイブを捩じ込んだ女が、浴びせられる罵声の中で笑顔を浮かべ歌っている物にしか見えず)


943 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/08/28(土) 13:51:45 ID:???
【了解です。それではお待ちしますね。】

944 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/08/28(土) 14:15:43 ID:???
>>942
ち、違…ぁぁぁぁ。は、い…私、は…支配…される事が、大好き…
生まれついての、奴隷…おん、な…う、うぅぅ…
素直、に…気持ちよ、く…?ああぁぁぁ!!
(映像に映る瑞樹の姿は女性の言う通りの変態な女性で)
(そして現実では無慈悲にも二本のプラグが秘所とアナルを貫き、瑞樹の破瓜を散らしていく)

あ、あぁぁぁ…!!!
(映像が再びローアングルになり、そして下着部分を拡大していけば)
(そこには確かに極太のバイブを加えこんだ映像が映し出されていた)
(そして振動する中でも平然と舞台の上で歌を歌い続けていて)

ぅ…ぁぁ…。
は、はい。私だけが、満足しながら喜んで歌っていまし、た。
んんん、はぁ…♪お客、さんが…私を罵ってくれてるの。
ん、ふぅ。私は、変態アイドル…こんな面前でバイブを刺して自慰をしながら
平然と歌い続けるへん、たい……です。
(やれ変態だのもっと見せろだのとファンに罵声を浴びせられながらもそれに笑顔で答える自分の姿)
(これ等は女性の言う通り全てが【事実】であると記憶を捻じ曲げられそして自身が変態であると認識させられていく)
(現実でも喘声をあげながら、破瓜の痛みを知る間もなくバイブに何度もイカされ続けて)


945 : ◆v.dvEPetSU :2010/08/28(土) 14:33:18 ID:???
>>944
気持ち良いでしょう?
オマンコで、クソ穴で震えるバイブの震動が。
この快楽は支配された人間だけが得られる快楽。
支配された奴隷人形だけに許された特別な快楽よ。
それでも、あなたは奴隷人形になることを拒むのかしら?
(注入された薬液は破瓜の痛みすらも快楽に変えてしまい)

そう、あなたは変態。
だけどどんなに見せろと言われても、見せては駄目よ。
貴女は特別な奴隷人形。
男と見れば、誰でもなく股を開くような下劣な奴隷人形とは違うわ。
私専用、私の為に奴隷人形よ。

今から瑞樹が口にした言葉は、全て事実、瑞樹にとっては真実になるわ。
いい?
助かるつもりにしても、奴隷人形になるにしても。
口にする言葉は慎重に選びなさい。
(瑞樹に囁きかけながら、周囲の女性達と同じように瑞樹の身体に様々なコードや装置が取り付けていく)
(否、周囲の女性達よりも遥かに多くの装置やコードを取りつければ、それらに覆い隠され瑞樹の体は見えなくなってしまう)

榊瑞樹、貴女は何?
アイドル?それとも、奴隷人形かしら?
榊瑞樹、貴女は普通の女の子?
それとも、卑しい変態のマゾ女?
榊瑞樹、貴女にご主人様はいる?いない?
いるのならば、それは誰?

946 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/08/28(土) 14:54:08 ID:???
>>944
んんん、ぁぁぁ♪きもち、いいです…
オ、マンコで…クソ…穴で、震えるバイブの震動…♪
支配された、人間だけが得られる…快楽。
支配された、奴隷人形にだけ…許された特別な快楽…、あ、あぁぁ……♪
(小刻みにビクビクと身体を震わせながら、女性の言葉を復唱していく)
(奴隷人形、快楽といった単語が脳裏に浮かび焼き付けられていく)

わた、しは…へん、たい。
は、い……わかり、ましたぁ…♪
私は特別な、奴隷人形…。
貴方様、専用の、奴隷人形……
(【事実】を刷り込まれた事により生まれた被虐心。更にそれを利用し自らの手駒へと変えていくプロセス…)
(強気の姿勢を保っていた瑞樹の表情は今ではすっかり奴隷人形のソレに変わり果てて)

今から私が口にする言葉は…全てが事実…私にとっての真実。
んんんんっ、たす、かる…?奴隷、人形…あ、あぁぁ……
(その言葉を最後に身体中の至る箇所にコードや装置類が取り付けられていく)
(乳房にはまるで搾乳機の様な器具を取り付けられ、頭部にはヘルメット状の機械が取り付けられ口元以外覆われてしまう)
(口元にも怪しげなマスク状の器具が取り付けられて)
(その外各部比較的性感が強いであろうと思われる部分には電極等が取り付けられ次第に身体中全身がコードにより見えなくなっていく))

−榊瑞樹、貴女は何?
(私は…榊瑞樹…私は…ナニ?)
−アイドル?それとも、奴隷人形かしら?
(私は…アイドル…アイドルの…ううっ、ど、れい人形…。奴隷人形…です。)
−榊瑞樹、貴女は普通の女の子?
それとも、卑しい変態のマゾ女?
(私は…普通の…あっ、ぁぁ…違う…私は…卑しい、変態の…マゾ、女…)
−榊瑞樹、貴女にご主人様はいる?いない?
いるのならば、それは誰?
(ご、しゅじん…様…?は、い…いま、す。ご主人…様…)
(んっ貴方様が…ご主人様…。嫌らしいマゾ奴隷の瑞樹の…ご主人、様…)

947 : ◆v.dvEPetSU :2010/08/28(土) 15:18:05 ID:???
>>946
そうよ。
アイドルでは決して味わえない快楽。
それでも、貴女はまだアイドルを目指す?
(女がキーボード叩くと、プラグが前後に動き始め)
(さながら、ペニスが出入りしているかのようで)

(取りつけられた機器の数々は、先程のように音や光を発して更に洗脳を進める物)
(電流を流して刺激し、胸を、腰を、尻を太ももを身体の全てを極上の奴隷の身体へと変貌させるもの)
(ガスを液状の薬を口の中や鼻の穴、秘所やアナルに流し込み感度を引き上げる等、身体の内側から奴隷人形のそれに変えるもの)
(それぞれが、唸りをあげる程にフル稼働しているが、女は構わずに出力を上げていく)

もうすぐ、もうすぐよ。
もうすぐ、私だけの奴隷人形が出来上がる。
榊瑞樹は榊瑞樹のまま私だけの奴隷人形に生まれ変わる。
(笑みを浮かべ、本来ならば複数人で作業するはずの操作を一人で行う女の目は瞳はある種の狂気すら感じさせる)

(機械がオーバーヒートを起こして壊れるのと全ての洗脳カリキュラムを終えるのは同時だった)

さぁ、瑞樹。
目覚めの時間よ。
(瑞樹に取りつけられた、数々の危機を取り外して、装置から解放し瑞樹の頬を撫でて)

948 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/08/28(土) 15:42:39 ID:???
>>947
はあぁぁぁ♪んっ、くぅ、はぁはぁ…あぁぁぁー♪
これ、があい、どるでは…決して、味わえない、快楽ぅ♪
あんっ、ふぁ…もう、アイドル…なんて、どうでも、いい…♪
ソレ、よりも、もっと気持ちよく…してぇぇ…♪
(機械類に取り込まれる様な形にされ、脳内思考も殆どが快楽だけに塗り替えられて)
(自身がアイドルだった事さえも否定し、ただ快楽だけを求めるようになっていく)

(朦朧とする意識の中、次から次へと流し込まれては刻み付けられていく奴隷人形としての知識)
(どれだけ否定を繰返してもそれらの情報は強引に脳裏に記憶として焼き付けられていく)
(アイドルとして活躍していた記憶、メンバーとの楽しい思い出。肉親の存在。)
(それら全てが邪魔な記憶として扱われ機械と薬物によりデリートされていく)
(走馬灯の様に走り抜けては消えていき、それらに代わって性知識や奉仕の仕方)
(奴隷人形としての有様等…卑猥な記憶が植え付けられそれらが元記憶として植え付けられていく)
(身体つきも薬物によりよりスレンダーでしなやかな物へと変貌させられ)
(胸元や尻といった部分まで少女のソレから大人のソレへと作り変えられていく)

(女性の狂気の色に染め上げられた哀れなアイドルは、夢半ばにして消去され)
(代わりに女性を喜ばせる為だけの文字通りの人形へと作り変えられてしまう)

…んっ、んんんっ。
(声により、意識が覚醒していく)
(目の前には自らの頬を優しく撫でる一人の女性の姿。その女性の姿を認識すれば)
(ゆっくりと機械から身体を抜け出し、その生まれ変わった姿を露にして)
(そして跪く様にして頭を垂れ、その女性に挨拶を交わして)

おはよう御座いますご主人様。
私はミズキ…ご主人様にお仕えする忠実な奴隷人形です。
私の身も心も全てはご主人様の為に……
(虚ろな瞳でそして妖艶な笑みでそう告げて)

949 : ◆v.dvEPetSU :2010/08/28(土) 15:58:14 ID:???
>>948
瑞樹…いいえ、ミズキ。
奴隷人形に生まれ変わった気分はどう?
(壊れてしまった数々の装置、機器はどれも決して安いものではないが)
(それでも女からすれば、瑞樹を手に入れた代償としては安いものだった)
(跪き、頭を垂れる瑞樹の頭を撫でて)

貴女は私の最高傑作。
これからは私専用の奴隷人形として、奴隷人形を作り上げる私の助手として働いてもらうわ。

ところでミズキ。
周りの女性達のこと、どう思う?
(先程までの瑞樹と同じように、機械に捕らわれた少女達)
(浮かべる表情はバラバラだが、大きく分けて二種類)
(苦しそうにしていて洗脳を拒んでいる女か、気持ち良さそうな顔をしていて洗脳を受け入れた女)

【残念だけど、そろそろ時間ね】
【今日はこれで終わりにするのか、瑞樹がこれに返して終わりにするのかは、任せるわね】
【1日、楽しみにしているから】
【それでは一足先に失礼わ】
【今日も楽しい時間をありがとう瑞樹。お疲れさま】

950 :榊瑞樹 ◆Ieg.lvQrJo :2010/08/28(土) 16:08:39 ID:???
【此処で終わりにしておきます。私も少し用事があるので…】
【はい、では一日の日にまたお待ちしています。】
【本日もお付き合い下さり有難う御座いました。】

951 :ナノナノ・プディング ◆2fV29O1Igc :2010/08/30(月) 13:50:11 ID:???
寄生蟲や触手的なものを使ったのを募集するのだー

952 :ナノナノ・プディング ◆2fV29O1Igc :2010/08/30(月) 18:20:36 ID:???
募集を終了するのだ!
スレをお返しなのだー。

953 :名無しさん@ピンキー:2010/08/31(火) 03:56:05 ID:???
つまんね

954 :ナノナノ・プディング ◆2fV29O1Igc :2010/08/31(火) 12:27:51 ID:???
>>951で募集するのだー。
【出典・ギャラクシーエンジェルU】

955 :ナノナノ・プディング ◆2fV29O1Igc :2010/08/31(火) 13:12:48 ID:???
募集を終了しちゃうのだ。
スレを返すのだ!

あ、キャラ変更は受け付けるのだ、今更だけど

956 :ナノナノ・プディング ◆2fV29O1Igc :2010/09/01(水) 12:13:00 ID:???
>>951の設定で待機するのだー。

957 :ナノナノ・プディング ◆2fV29O1Igc :2010/09/01(水) 16:17:47 ID:???
待機終了なのだ。
スレをお返しなのだ!

958 :ナノナノ・プディング ◆2fV29O1Igc :2010/09/02(木) 12:51:41 ID:???
>>911の設定で、13時まで待機するのだ!

959 :ナノナノ・プディング ◆2fV29O1Igc :2010/09/02(木) 12:52:47 ID:???
あ、>>951だったのだ。
にゃははは、失敗なのだ。

960 :ナノナノ・プディング ◆2fV29O1Igc :2010/09/02(木) 13:02:19 ID:???
にゃ、13時になっちゃったのだ!
じゃあ、
ほいっと、スレッドをお返ししちゃうのだ。


961 :鎧羅王ポラリス ◆gGK4tUqKfY :2010/09/02(木) 21:52:03 ID:???
【待機するわ】
【アスタロットに洗脳されて、皇魔族の兵士になるのが希望よ】

962 :鎧羅王ポラリス ◆gGK4tUqKfY :2010/09/02(木) 23:33:03 ID:???
【どうやら誰もいないみたいね…】
【失礼するわ】

963 :アイビス・ダグラス ◆7a6JaqYY2A :2010/09/03(金) 00:53:41 ID:???
【ミツコさんかレビに洗脳されて、イスルギ社やエアロゲイターのパイロットにされるのが希望かな】

964 :名無しさん@ピンキー:2010/09/03(金) 03:32:25 ID:???
過疎

965 :ナノナノ・プディング ◆2fV29O1Igc :2010/09/03(金) 10:58:39 ID:???
>>951のシチュエーション、
またはそれに近いので募集するのだー。

966 :ナノナノ・プディング ◆2fV29O1Igc :2010/09/03(金) 11:58:22 ID:???
募集を終了するのだ。
スレをお返しするのだー!

967 :名無しさん@ピンキー:2010/09/03(金) 19:49:51 ID:???
>>966
平日の昼はどうしても人がいないからねえ……
今来てくれたらお相手できるんだけど。

968 :小牟 ◆dcCKHjXTWM :2010/09/03(金) 23:54:02 ID:???
【沙夜か、無限のフロンティアに参戦したキャラクターに洗脳されて、部下になりたいのぉ】

969 :名無しさん@ピンキー:2010/09/04(土) 00:04:12 ID:???
>>968
【なかなか面白いシチュエーションね】
【沙夜でやってみたいかなと思うけど、】
【小牟をどう呼んでいたかがいまひとつ思い出せないわね】

970 :小牟 ◆dcCKHjXTWM :2010/09/04(土) 00:10:43 ID:???
>>969
【…そういえば、沙夜は零児ばっかりかまって、わしとはあまり会話しとらんかもな】
【普通に「あなた」じゃったかと思ってるが】

971 :名無しさん@ピンキー:2010/09/04(土) 00:14:02 ID:???
>>970
【そういえばそんな感じだったかしら……】
【では、お相手願えますでしょうか?】
【導入部とか過程、洗脳完了後の状態などに特に希望はありますでしょうか?】

972 :小牟 ◆dcCKHjXTWM :2010/09/04(土) 00:21:05 ID:???
>>971
【こちらこそ、よろしく頼むぞ】
【洗脳完了後は、ただエッチなだけじゃなく、沙夜のためなら何でもする下僕のようになりたいのぉ】
【敵として片那と同じ格好をさせられ、戦闘員にさせられてもよいし】
【exceedのときのように一見対等な仲間じゃが、実は沙夜の部下になっておったり…というのも萌え萌えだと思わんか?】

973 :沙夜 ◆mHp2Gy8p7Y :2010/09/04(土) 00:36:46 ID:???
>>972
【鳥をつけさせてもらったわ】
【そういうのなら……片那ちゃんのような自我の希薄なコにしてあげたいわね】
【導入としては、exceedであなたがクロスゲートから召喚されたとき、】
【アレディたちがそこに立ち会えなかったために】
【アグラッドヘイムに囚われて……というのでどうかしら?】

974 :小牟 ◆dcCKHjXTWM :2010/09/04(土) 00:50:36 ID:???
>>973
【おお、よいなよいな!】
【わしは、沙夜の命令なら何でも従う人形になるのじゃな】
【確かに、あそこでアレディたちが現れなかったらそういった目にあっておったかもしれんのぉ】
【んむ、よろしく頼む!】

975 :沙夜 ◆mHp2Gy8p7Y :2010/09/04(土) 00:54:17 ID:???
>>974
【それでは始めさせてもらうけど……】
【その前に時間が1時間強ぐらいしか取れなさそうなのよね】
【どうしようかしら?】
【凍結前提か、そうでなければ取りやめにするか】
【判断は任せるわね】

【あと、始めるとして、書き出しは私からの方がいいかしら?】

976 :小牟 ◆dcCKHjXTWM :2010/09/04(土) 01:03:46 ID:???
>>975
【凍結上等っ…と言っても、わしは次来れるのは月曜日以降じゃがな】
【ぬしがよければ、是非遊んで欲しいところじゃ】

【できれば、書き出しはお願いしたいのぉ】

977 :沙夜 ◆mHp2Gy8p7Y :2010/09/04(土) 01:17:11 ID:???
>>976
【了解したわ……あと、次のスレの準備もしないといけないわね】

(牢に閉じ込められた小牟。)
(捕らえられるまでさんざん暴れたためか、手足を厳重に固定されている)

あらあら、ロック・アイ様が魔獣を召喚したと聞いて来てみれば、
まさかあなただったとはね……

どうしてこんなところに私がいるのか……という顔をしてるわね。
それは、あなたと同じ理由よ。
私もロック・アイ様に召喚されてここに来た、というわけなの。

で、そのロック・アイ様から、あなたを手なずけるよう命じられたのよ。
手段は問わず……ってね。
私も、あなたを私に傅く下僕にしたら面白そうと思うのよね。
それを、あのぼうやに見せつけたらって……

さて、立ち話はこれぐらいにして、
そろそろ始めさせてもらおうかしら……

978 :小牟 ◆dcCKHjXTWM :2010/09/04(土) 01:25:17 ID:???
>>977
(ひとしきり暴れて気が済んだのか、単に疲れたのか)
(大人しく固定されたまま、うな垂れていた小牟だったが)
(沙夜の声を聞くなり、弾かれたかのように顔を上げ)

沙夜っ!?

ぬしまで来ていたのか。…いや、わしらの縁を考えればこれも当然か。
どっちにしろ、再会を喜び合う、という関係じゃないがな。

にしてもロック・アイ『様』か。
ぬしもその手なずけられた口…というわけじゃないわな。
ぬしゃそんなタマじゃなかろうて。
大方何か企んでおるのじゃろうが…そうそう上手くいくとは思うなよ。
わしがぬしの下僕になるなぞ、想像しただけでサブイボができるわ!

979 :沙夜 ◆mHp2Gy8p7Y :2010/09/04(土) 01:47:15 ID:???
>>978
そうそう上手くいくと思うな、ね……私もそう思うわ。
こう見えても、あなたのことは高く評価しているのよ。
あなたの妖術を真正面から打ち破って支配するなんて、
この私でもまず無理ね。

でも、搦め手を使えば、あなたを手なずけることも無理じゃない。
ここにはあなたの知らない技術があるわ。
逢魔にも森羅にも、そしてエンドレスフロンティアにもない技術が、ね。
それと私の持つ逢魔の秘術を組み合わせれば、
森羅の優秀なエージェントといえど、耐えきれるかしら?

(妖しげな、カプセルのような椅子が運び込まれ、)
(そこに拘束した小牟を無理矢理座らせる)

これは、一種の拷問装置のようなモノ。
特殊な組み合わせの映像と音楽をひたすら見せることで、
対象者の自我や判断力を鈍らせ、
自白を促そうというモノだそうよ。
それをこれからあなたに試してあげる。
せいぜい頑張って耐えなさいな。

(装置のスイッチを入れると、映像と音楽の洪水が小牟を襲う)

【あ、レス数と容量、どっちが先に尽きるかな?】
【どっちが次のスレ作ります?】

980 :小牟 ◆dcCKHjXTWM :2010/09/04(土) 02:12:34 ID:???
ふ、ふふん、そうじゃろうそうじゃろう♪
もっとわしを讃えよ。そして敬え。

…とは言わんよ、沙夜
ぬしに褒められる、というのもやっぱり気味の悪いものじゃな。
わしもぬしのことは認めておるよ。
…正護をあのように殺したぬしを侮ろうなどとは思わん。

っ…わしらにも、ぬしらにも、エンドレスフロンティアにもない技術…!
沙夜、ぬしが大人しくしておるのは、さてはその技術が目当てか!
何を企んでおる…いや、何を企もうと、わしと零児がおる限り、上手くいくとは思うなよ!
(カプセルの中に座らせられながらも、沙夜をにらみつけ)

拷問、じゃと…?
っ…ぐ、くぅっ…なんじゃ、これは…
頭が…クラクラする…っ…
これは術ではない…物理的な…っ…ぐぅうっ…!!
が…っ…あ…だめ、じゃ…これには…抵抗できん…
抵抗する方法が…な…いっ…
ぐ…ぅ…あぁっ……あ…
(映像と音楽の洪水に意識を奪われながら)

【そうじゃな、要領を切らしてしまった方、でよいのではないか?】

981 :沙夜 ◆mHp2Gy8p7Y :2010/09/04(土) 02:28:55 ID:???
【了解、様子を見ながら続けるとするわね】

あらあら、とても苦しそうねえ……
まあ、拷問用の機械なんだから、ある意味当然だけど。
ちょっとだけ同情したくなるわね。

さて、そろそろいい感じに仕上がってきたかしら……

(小牟の顔を覗き込みながら)

聞こえるかしら?
あなたがこの世界に来るまでの間、
あなたとあのぼうやはなにをしていたのかしら?
正直にお答えなさい。
それから、あのぼうやと一緒に寝るとき、
どんなことをするのかしら?
包み隠さず答えるのよ。

(小牟が回答する様子を見ながら)

さて、ここからが本番。
さらに自我を削りながら、同時に逢魔の秘術で
深層意識に私への忠誠心と依存心をたっぷりとすり込む。
普通なら一般人や力の弱いエージェントを手駒にする程度しか使えないけど、
限界まで自我を削られたあなたなら……
まあ、自我を削ってしまった状態で固定化されるから、
私の命令がないと何もできないお人形さんになってしまうけど、
それでも妖術を使う分には問題なし。

さあ、次に目覚めるときは、私の可愛いお人形さんよ……

(秘術を発動させ、小牟の精神を一気に蝕む)

982 :小牟 ◆dcCKHjXTWM :2010/09/04(土) 02:45:04 ID:???

(映像と音の奔流に苦しめられる小牟だったが、次第にその抵抗する力さえも失い)
(虚ろな目で、ときおり思い出したかのように呻く程度になり)

ぁ……きこえ…る…
わし…らは……わしと…零児は……ぬしらの足取りを…つかむために…
…ずっと…捜査して…いた……本来の任務とは違ったが…
零児は…ぬしらが…憎くてたまらん…のじゃろう…
怒りで眠れそうにない夜もあった…猛ってしまい、どうしようもないときもあった…
だから……わしが一緒に寝るとき…は…
零児の…怒りを……なぐさめてやったり…した…
口で……あやつのを……


っ…あ…あぁ…
なにか…ながれこんでくる……
なん、じゃ…これは………わし…が…消えてく……
心が…こわれて……あたまが…ぼーっとする……
流れ込んで来たものに…ながされて…わしが消えて……う、あぁ……あ…
たすけ…て……たすけて……零…児…

…ぁ…
(完全に術が染み渡ったのか、虚ろな目でじっと沙夜を見つめる小牟)
(その顔は人形のように無表情で、何の感情も有していなかった)

983 :沙夜 ◆mHp2Gy8p7Y :2010/09/04(土) 02:55:50 ID:???
ふふ、いい感じに仕上がったようね。
では、目覚めの時よ……

(小牟に強めに口づけし、目覚めさせる)

おはよう、私の可愛いお人形さん。
そう、あなたは私のお人形。
名前もなければ、自我もない。
ただ私の命令に従うだけの存在……
理解したなら、そこに跪いて、靴を舐めて、
私への忠誠を示してご覧なさい。

(小牟の拘束を外す)

984 :小牟 ◆dcCKHjXTWM :2010/09/04(土) 03:16:16 ID:???
んっ…ぅっ…ぁ…

…おはよう…ございます………

理解しました…
わしは…沙夜様の人形です…んっ…
ちゅっ…沙夜様の…ご命令に従うだけの存在…
自我も…名前も…持っていない…
沙夜さまの命じるとおりに動く…人形…です…
沙耶さまの命令が無ければ…なにもできない…
人形に…なりました…
(拘束をはずされると、獣のように四つんばいになって沙夜の前に進んでいく)
(一片の躊躇いも無く、その小さな舌が沙夜の履くブーツへと延ばされ)
(忠誠を示すための愛撫をはじめた)

985 :沙夜 ◆mHp2Gy8p7Y :2010/09/04(土) 03:27:12 ID:???
そうよ、良くできました。
ご褒美に、あなたにたっぷり命令してあげる。
嬉しいでしょう?

じゃあ、まずは服を脱ぎなさい。
人形であるお前は、私が指示したとき以外、服を着る必要はない。
だから、普段は常に裸でいる……当たり前の事よね?
脱いだ服ももう不要だから、あなたの妖術で燃やしてしまいなさいな。

(命令を実行する様を見る)

次は……私の目の前でオナニーをなさい。
いつもの通り……いえ、いつも以上に大胆に弄りなさい。
私に命じられてするオナニーは、今までで一番気持ちよかったオナニーの
10倍気持ちよくなれるのよ。
さあ、10倍気持ちいいオナニーの感想を述べなさい。
私がやめろと言うまで、立ったままオナニーを続けるのよ。

【あ、いい文章やりとりしている間にこんな時間……】
【さすがにこれ以上起きているとまずいので、ここで凍結でよろしいですか?】

986 :名無しさん@ピンキー:2010/09/04(土) 03:34:57 ID:???
らきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすた
らきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすた
らきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすた
らきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすた
らきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすた
らきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすた
らきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすた
らきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすた
らきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすた
らきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすた
らきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすた
らきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすた
らきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすた
らきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすた
らきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすた
らきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすたらきすた

987 :小牟 ◆dcCKHjXTWM :2010/09/04(土) 03:49:53 ID:???
>>985
【名残惜しいが、確かに時間じゃの】
【それでは今晩はここまでとしよう】
【ぬしゃ次はいつごろ来れる?】

988 :沙夜 ◆mHp2Gy8p7Y :2010/09/04(土) 03:52:46 ID:???
>>987
【あなたが指定した月曜日なら来られるわよ】
【時間的には20時頃なら大丈夫だと思うけど】
【後はそちらで調整して】

989 :小牟 ◆dcCKHjXTWM :2010/09/04(土) 04:12:12 ID:???
>>988
【了解、それじゃ月曜日の20時ごろに会おう】
【今晩は遅くまで付き合ってくれてありがとう】
【それではグンナイじゃ!】

990 :沙夜 ◆mHp2Gy8p7Y :2010/09/04(土) 04:13:07 ID:???
>>989
【こちらも了解したわ】
【それでは、シーユーアゲイン☆】

991 :名無しさん@ピンキー:2010/09/04(土) 18:51:03 ID:???
そう言えば、
スレ立ての季節でござるな。

992 :名無しさん@ピンキー:2010/09/04(土) 20:46:42 ID:???
スレ立て駄目だった

993 :名無しさん@ピンキー:2010/09/04(土) 21:02:57 ID:???
はい……ご命令の通り、新スレ立てておきました……

女の子同士でマインドコントロールえっちするスレ7
http://babiru.bbspink.com/test/read.cgi/erochara/1283601709/l50

499 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)