[PR] ジョジョの奇妙な冒険スターダストシューターズ 友達募集・ID交換掲示板 [PR]
2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【デュオで】アイドルマスターで百合 その5【トリオで】

121 :名無しさん@秘密の花園:2008/03/12(水) 01:32:24 ID:z23sGsth
「春香……ほんとうにいいの?」
「うん、千早ちゃんとなら」

春香はベッドに仰向けになり、シーツに手のひらを押し当てた。
緊張しているのだろう、千早はぎこちない動きで春香に覆い被さってくる。
長い黒髪が流れてきて、春香のほおをくすぐった。
見つめ合う。
もう、なにも迷いはないはず。
けれど、どうしようもなくこころがざわつく。
これから、どうすればいいのか春香たちは知らない。
千早も、きゅっと唇を結んで動かない。

「ん」
まったく同じタイミングで、二人はそっと呼吸を整えた。
それだけのことで、胸のどきどきがおさまった。
目の前の千早は、今まで見たことがないような優しい顔をしていた。
今、春香は幸せだった。体中が期待に満たされるのを感じる。
春香はそっと目を閉じ、千早の唇を待った。

何も起こらない。
何も起こらない。

「――あの、千早ちゃん?」
目をひらくと、千早がものすごい早口で何かを一人ごちでいた。

「タッチは優しく、タッチは優しく、タッチは優しく、タッチは優しく、タッチは優しく、タッチは優しく、タッチは優しく、タッチは優しく、
タッチは優しく、タッチは優しくタッチは優しく、タッチは優しく、タッチは優しく、タッチは優しく、タッチは優しく、タッチは優しく」

(んー、からだにさわりたいのかな?)

「タッチは優しく、タッチは優しく、タッチは優しく、タッチは優しく、タッチは優しく、タッチは優しく、タッチは優しく、タッチは優しく、
タッチは優しく、タッチは優しくタッチは優しく、タッチは優しく、タッチは優しく、タッチは優しく、タッチは優しく、タッチは優しく」

「――くっ。だめ、できないっ」
「私は平気だよ千早ちゃん。さわって?」

春香は千早の手をとり、そっと自らの胸元に導いた。

「ギャッー! なにか柔らかいものがっ!」

絶叫を残して千早は部屋から走り去っていった。

一人残され、春香はベッドの上で体育座りした。

sz=0
243 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.01.03 2014/02/20 Code Monkey ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)